★阿修羅♪ > 雑談専用40 > 579.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
無限に増え続けるフクイチの汚染水タンクの単純な解決法
http://www.asyura2.com/12/idletalk40/msg/579.html
投稿者 日 日時 2013 年 9 月 04 日 00:49:09: IR1H95zbmUf8k
 

素人なので専門家の御意見を承りたい。

放射能物質を濾過する装置に、何もタンクの全量を通す必要はないはず。

それらも金属。水より比重は重い。

事実、それらは雨に流され、より低きに高濃度で溜まり、やがて海底に沈殿する。

それをタンクに置き換えれば、静置した底に沈殿していることは明白。

これは沈殿濾過状態にあると言って良く、その上部9割の水は上からそっと吸引し、分離させれば良いはず。

それを別タンクに貯める。

そこがいっぱいになったら、しばらく静置させておくと、またその9割が分離出来る。

これを繰り返すなら、タンクは一定量で回す事が出来る。

なんでこんな簡単な事ができないのだろうか?

役人が無能なのは解りきっていたが、技術者も柔軟性に欠けるようだ。

メキシコ湾の重油流出事故の時にも似たような提案をした。

その時は何の反応も得られず、トンデモ案なのかな?とがっかりし、今回の案も提出が遅れた感が有る。

しかし、恥など気にしない。

思ったことを書きました。

誰か反応してくれ!


参考までに


希望その2 比重≒0.8(原油)、2.16(塩分)
http://www.asyura2.com/09/jisin16/msg/343.html
投稿者 日 日時 2010 年 7 月 06 日 21:30:22: IR1H95zbmUf8k

皆さんは試したことがあるだろうか?

野外などに10年以上も放置された灯油の再生方法を御紹介する。

それらには例えばドラム缶容器の鉄サビ、枯葉や虫の死骸などのゴミが混じり、茶色くなっていたとする。
これに同量の水(適当で構わない)を入れ、シャッフルする。
10分程静置させておくと、ゴミなどを水が溶かし込んで下に沈む(勿論鉄サビも)。
上にあるのは水によってクリーニングされた灯油。
これを容器を傾けながら別容器に移す。
多少色が残ってしまう場合も有るが、温風ファン式ではない灯油ストーブ(やかんを載せるタイプ。)には何の問題もなく新品同様に使える。

此度のメキシコ湾

原油の比重は≒0.8、塩分は2.16である。
上記の方法で塩分も沈殿濾過が可能。
油を掬う工夫を網に施し、湾内全域に仕事が無くなった漁船を走らせたらと考える。
これを海洋上の何箇所かに集中させ海水上の油のみをホースで吸い取る。
これで沿岸に打ち寄せる油が減り、吸い取った油は漁師の物だ。

懸念される海底での水蒸気爆発だが、水深の深い所では津波被害は少ないはず。

どうでしょうか?
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月04日 01:14:04 : Z7S5eROfaM
補足です

>これは沈殿濾過状態にあると言って良く、その上部9割の水は上からそっと吸引し、分離させれば良いはず。

分離した水は放射能が含まれていないことになる。
確かな計測後、ゴルフなんかをする前に、阿部さんらにそのプールで泳いでもらい、海洋に戻す。

>それを別タンクに貯める。

これは上記以外で1割残った沈殿水の事


02. 2013年9月04日 09:15:50 : Z7S5eROfaM
訂正です

トリチウムは水素の同位体で金属ではありませんでした。
ただ重水として軽水(普通水)より軽い質量差、性質差を利用して、遠心分離できるとあるので、少しは沈殿してくれているといいのだが、そのような根拠は無いのだろうか?


03. 2013年9月04日 10:10:40 : Pq7kSn9v42
名案ですね、政治家と官僚、東電社員に現場に入ってやってもらいましょう、高級を還元してもらいましょう。そうなればこの連中は真っ先に逃げ出すでしょうね。

04. 2013年9月04日 19:14:58 : Z7S5eROfaM
>名案ですね

多分トンデモ案なんでしょうね。反応してくれてありがとうございます。


05. 2013年9月04日 23:03:04 : xW7rc0IbUU
線量を下げることはできそうだよね?
少なくとも近寄れもしないタンクは減るんじゃないか

06. 2013年9月04日 23:41:58 : Z7S5eROfaM
反応ありがとうございます
唯々諾々とあの巨大なタンクを何百何千と増やし続けるなんて、能が無さ過ぎると思いませんか?
タンク内の下部・中部・上部の線量を測って差があれば、まずは分けて、タンクを識別する。
多核種除去設備「ALPS」がどれほどの能力があるか知れませんが、コストがかかるのと処理能力の限界もあるわけです。
一括して「ALPS」に頼るのではなく、重力利用の自然沈殿法をまずは利用し、
危険度や多核種を前もって分け、処理を簡素化しておけば、その後の除去設備は「ALPS」以外でも可能になるかも。

07. 2013年9月05日 09:11:12 : 3nTXkp9TvA
汚水貯蔵タンクを何百、何千、増やし続ける事は確かに無能極まり無いが、
抜本的解決策が発明、実行されるまでは例え敷地の外へと
範囲を拡大させる事になろうとも止める事は許されない。
汚染の濃度別にタンクの中身を分けるアイデアも、
今の安普請のタンクを使い続ける間はいずれ全部から漏れ出すのだから
余り意味が無い。
後、(今の溢れて来る汚染水の)水に溶けた放射線物質は、
時間を置けば自然沈澱するものなのだろうか?
例え沈澱したとしても地震発生や、
移送や濾過作業の際にちょっとでも揺れたりしたら
また混ざってしまうような気が?
これは良く解りませんが。

08. 2013年9月05日 10:20:56 : 3nTXkp9TvA
>>07

追記→あと、水(水素原子•酸素原子)自体の「放射化」もね、
コレが起きていたらもう、どう仕様も無いです。


09. 2013年9月05日 12:45:39 : Z7S5eROfaM
反応ありがとうございます。
>範囲を拡大させる事になろうとも止める事は許されない。
>追記→あと、水(水素原子•酸素原子)自体の「放射化」もね、
コレが起きていたらもう、どう仕様も無いです。

やがて人の範囲を超えるタンク対策。既にですが。
それでもゴルフが出来る首脳連。矢面は東電に向いていると思っている脳内が透けて見える、戦場の木偶の坊。
現場にしろ、深く考えずに与えられた指示をこなす事で個人的重責からは逃れられる。
危機意識があっても、末端の民衆には要するに他人事。個々の生活に追われているから。
ジャーナリストも職業。自分の首は絞められない。
カタストロフィの当日まで。
だから腹を括り、覚悟を決めました。

放射化と物質の励起を結びつけるような、これはトンデモ案なんです。
それを段階的に行う。

>後、(今の溢れて来る汚染水の)水に溶けた放射線物質は、
時間を置けば自然沈澱するものなのだろうか?
例え沈澱したとしても地震発生や、
移送や濾過作業の際にちょっとでも揺れたりしたら
また混ざってしまうような気が?
これは良く解りませんが。

家では雨水を溜めてるんですが、屋根の埃やゴミが入ります。
主タンク(1.5t)は取水直前の濾過をオーバーフローで行い、99%濾過(市販の雨水タンクに無い機能。)。
副次的にある野外シンクや桶の中の濾過は原始的です。
@まずシンクを掻き回し、シンク底や内壁も掃除する。
A1〜2分後。渦を巻くように回した訳でもないのに、四角いシンク中央の底に微粒子上のゴミが集まって沈んでいる。
一度沈んだゴミは多少の振動では動きません。水流が起きることで攪拌されます。
Bなのでそこに洗面器を沈めておき、大まかにゴミを取る。
これを繰り返すとシンク内は綺麗になります。


10. 2013年9月05日 13:40:24 : 3nTXkp9TvA
どうなんでしょう?
長い時間をかけて海底とかの泥に混じり、確かに重い放射性元素は沈殿していくし、
タンク内でもそうだろうとは思いますが
(何か、吸着し易い作用をする薬剤や物質を入れておけば良いのかな?)。

(余り関係無いですが)海水には金やウランの原子が混じっていて、
世界中の全海水からこれを回収出来たらかなりな量だが、
技術的問題とコスト面から採算は採れないだろうと、昔何かで読んだ気が…?



11. 2013年9月05日 22:35:20 : Z7S5eROfaM
>どうなんでしょう?

タンクと同じ手法で呆れたのはまだあります。
初期の除染作業の段階でも、校庭などの地面をアバウトに10センチ以上の厚みでブルドーザーで削り取っていました。
でも、それをする前に何故表面に掃除機をかけなかったのでしょう?
それで線量は下がったはずだし、隔離する土砂は格段に減らすことが出来たはず。

それをせず、いきなりブルドーザー。結果、汚染物質をその数兆倍の土砂と混ぜてしまい、トン袋の山。で永久保管。
その保管場所からもシートが破れ、汚染物質が漏洩していますしね。
そんな無能の極みを見ている内に思いました。

皆、結局攻撃の矢面に立たされれば、責任を引き受けることは嫌なので、個人判断を放棄して、上の指示に従う羊に成り下がる。上は汗も掻かない、現場を知らない
学者や技術者、官僚たち。

中間で手ぐすねを引いていたのは、土木業者やゼネコンといった図式では無かったか。
無い掃除機を揃え、人員を配置するより、あるブルドーザーを動かす方が、慣れている上に金も取り易い。

依頼を受けた土木業者「ではこうしましょうか?」と我田引水に誘導。
発注する学者や技術者、官僚たち「お任せします」てなもんか?

タンクもえらく納入出来た業者は特需景気に湧いているでしょう。
これら一連のフクイチ閉炉作業には目先の利益しか見えない業者と、
その収賄利権集団があると見ています。

馬鹿らしいですね。
末端民衆もそろそろ腹を括り、放射化同位体としての世界に生きる道を探すべきかもしれません。


12. 2013年9月06日 13:13:02 : HDwovAiKsc
 海水中にはナトリウム・マグネシウム・ストロンチウム・・・ウラン・チタン・コバルトなどが溶け込んでいる。これらは何年たとうとも沈殿はしない。
 水の中にどのような存在形態であるかによって異なるが微粒子であれば時間とともに沈殿するであろうが溶解している場合は化学的に反応させないと沈殿しない。

 記事のように単純にはいかないでしょう。だからこそ福一ではあれだけ苦闘しているんでしょう?


13. 2013年9月06日 13:17:00 : q931E3NW4E
観念に過ぎればその毒老いて身にやつすだけであることは周囲を見わたせば真実として明か
まとわりつく毒霧に引きずり込まれて沈んでしまわれぬ様
メキシコ湾では我々の知識は万策尽き
真の解決は我々の意識の外郭から齎されたのであり
それは我々の意識に変化を促す貴重な事象であったのであり
それは自らがそれを演じたのです
我々自身があらゆる物事に差別意識を持つことなく
差異を感じる為のすべての境界線をその意識から消して行ければ
森羅万象は我々の意識を通じて産まれたものである事を理解する事になり
そしてそれは以後円滑なものへと変わっていくでしょう

繰り返し吹き荒れる暴風や戦争という人災なる惨劇さえも
我々自身の内奥からのかつてない呼びかけに対して
我々がもはや路頭に迷うだけの存在であるとは返答せず
失われたものは求めずして失う事は無いのだと気づきはじめ
そして自己への否定性をただ強化するということを止め
これ迄を振り返るのを止め
逸脱したあり方を突き進んで来たことをひとつのプロセスと捉えれば
それを人類のステップアップの為の
真の内省または反省と認める事が出来るでしょう

すべては我々ひとりひとりの自身の資質への気付きの為に世界全体が共同でやっていることです
人類史をも人ひとりの一生に例えれば
末期に迎える結果論がバリエーションに富んだものである事は理解出来ることです
予定されている事は未定なのでありチェンジする意図は誰にでもその意思の中に常に認められています
人体を構成する細胞のたった一つが変質すればそれは全体に影響するのです
意識はそれを無視する事は出来ません
すべてはひとつでありひとつはすべてです
そしてのそのひとつ(すべて)は無限のバリエーションとして生まれ続けています
生むという行為があるからこそそこに生まれるのです
死という概念もまた生み生まれたのです
たったひとりの人間の意識が変質すると云う事は
その者自身の見る世界を変化させると同時に共有化された世界に変質を齎します
人は世界に一人ではなく世界観もまたそこにたったひとつではありません


14. 2013年9月06日 15:42:42 : 3nTXkp9TvA
>>12さんへ

水の持つ様々な物質を溶けこませる(水溶液)特性は凄いです、
コップの水にインクを垂らしても時間が経てば沈殿するのに、
コーラのペットボトルを立てて置いても上部と下部で濃度差は感じられません。

溶け込む物質と条件による差違だとは思いますが、
この投稿に有るように放射能汚染水を容器に溜め置いて、
時間経過した後に沈殿を確認し、綺麗な上澄みだけを安全に掬う…
なんて事は残念ながら無理だと思います。


15. 2013年9月06日 18:27:43 : Z7S5eROfaM
>>12
ご指摘ありがとうございます。
そうだとは思うのですが、ダメ押しにお聞きします。
海洋には様々な海流(深層と表層の横方向とそれを繋ぐ縦方向)、嵐、波、海底火山(ここから様々な金属元素が湧き出してきます)があるので、攪拌され海中に溶け込んでいる様に見える可能性は無いでしょうか?
勿論、化合物となって熔解もしているわけでしょうが、海の活性が0になれば、結構沈殿するのではないかと。
それと実際には海ではなく、相手が地下水や雨水の場合ストロンチウム・・・ウラン・チタン・コバルトの化合物化は防げる様な気がしますが、いかがでしょうか?あと静置タンクなので。

>記事のように単純にはいかないでしょう。だからこそ福一ではあれだけ苦闘しているんでしょう?

とにかく膨大な量になり、打つ手無し状態です。
少しでも効果があれば試してほしい。可能性は全く無しでしょうか?


16. 2013年9月06日 20:04:55 : kFSBHHnrzo

 いっぷく、気休めに
>科学の基本はダメ元で試してみる、と教わったが・・・
採用されることのない放射能鎮静化技術!!
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1799917.html
↓中に 福島原発問題は解決できる 放射能を9分で中和し無害化 ポール・ブラウン博士
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/832.html#c4
福島原発問題は解決できる 放射能を9分で中和し発電すらも可能に 888
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/203.html


17. 2013年9月06日 21:31:32 : Z7S5eROfaM
>>16 検索ありがとうございます
>採用されることのない放射能鎮静化技術!!
ご紹介のアイディアもそうなんですが、
たしか事故1〜2ヶ月後位に新聞記事で読んだと記憶しますが、ケッシュ財団(どういう組織なのか不明ですが)から日本政府に、地球外文明的?な超・放射能除去装置などの製造技術が無償供与されており、その中には電気、医療の無料化も含まれているそうですね。
にもかかわらず一向に表に出てきません。

18. 2013年9月07日 01:22:44 : 3nTXkp9TvA
>>17さんへ
オカルト(特に宇宙人)に目を向けては終いですよ。

あなたが何とかならないものかと、自分の頭で「沈澱法」のアイデアを思い付き、
真面目に「如何でしょうか?」と質問として投げ掛けたからこそ、
私も含め沢山の方がこれほどのコメントを寄せてくれたのです。

善意の宇宙人が救いの手を、なんてのはアニメの中だけのお話しです。

これからも日本人自身が、世界中の人間自身が、
あなたがしたように自分の頭で考えていかなければ永久に解決出来無い問題です、
考える事を諦めてはいけません。


19. 2013年9月07日 12:09:18 : Z7S5eROfaM
>>13
あなたに何度かレスしようとしたんですが、うまく書けません。
仰る事はニュアンスとしてはわかります。けれど当方具体的なことを動くことによって前に進むようにしています。その途上では未熟ですから、喜怒哀楽の感情が迸り出てしまいます。けれどそれも良しとしています。

芥川龍之介の「杜子春(とししゅん)」では(朧な記憶での再現)

仙人に弟子入りを請う杜子春が仙人に試験されます。
「今からお前の両親の幻影を見せる。それは地獄で苦しむ幻影だ。幻影であるそれに心を動かされるようなら失格。見事声も立てず、静視出来れば合格。」
しかし、杜子春は耐え切れず、失格する事を承知の上で、幻影の両親を救おうとした。
幻影は消え、仙人が微笑みながら
「それで良い。もしも最後までお前が静視していたなら、人としても失格、死ぬところだったぞ。」

理解していただけると嬉です。


20. 2013年9月07日 18:47:57 : AiChp2veWo
●癌もすでに治療法はできているが薬剤を売るために公表していないとよく書いてある。●横断歩道の幅50センチくらいの白線が車の通行方向に縦に書いてあるので、道路の濃い灰色とまだらになり、夕方や夜は特に歩行者等が白線の縦方向と道路のまだらにまぎれて見えにくい。どうして車から見て左右の横方向に書かないのかが判らない。歩行者は横の太い白線に十字となって目立つはず。これもあえてやらない意図があるのかな?。タンクを建て続けるって、最初から絶望的・・・賢い技術者が大勢いるはずの組織のやる事ですかね。

21. 2013年9月07日 20:58:53 : 7qYCehaDEQ
12へ解けていて沈殿しないものでも、何か混ぜれば沈殿するんでないですか。
素人ですが。

22. 2013年9月08日 06:19:19 : CgbwIvoIWE
要は、13氏は特別進化してもいない。けだし、これからは…

だが、19氏は、進化した視点から、
語っていると。

謙虚に、焦点を射ているのか、
という命題、、

彼は、間もなく死ぬる、
として
どうあるべきか。

どう、生死を越ゆるべきかの
問いかけとしての、トシシュン


23. 2013年9月08日 06:28:16 : CgbwIvoIWE
祖先を敬うべし、とはモラルではなく
己自身を通した実感として
実践すべし

…じゃないと、子孫に繋げることは、出来ないからね、、


24. 原子心母 2013年9月08日 06:33:38 : xevnQJ255zy12 : CgbwIvoIWE
感謝とは、
儀礼ではないから。

25. 2013年9月08日 06:47:01 : CgbwIvoIWE
自分が生まれてこれたことが、
純粋に有難い、と思えるかどうかでしょう、要は。

26. 2013年9月08日 06:58:40 : Z7S5eROfaM
>>18
>オカルト(特に宇宙人)に目を向けては終いですよ。
>考える事を諦めてはいけません。

阿修羅に数百投稿していますが、「地球外文明」という熟語すら使ったのは初めてですし、否定も肯定もしていません。
それを取り上げただけで否定されるのは色眼鏡では無いでしょうか。
主観を述べれば、宇宙の広大さと神秘を前にすれば、人類はまだ幼年期だと感じます。
だからこそ客観的に予断を許さず、あらゆる事象に可能性が秘められているというスタンスをとります。アニメでも。


27. 2013年9月08日 07:28:45 : CgbwIvoIWE
>26
仰せのまま

こうとうします。それぐらいの
認識も持てないようでは、
何も解決はしまい。

人類は、所謂人知を超えた、
岐路に差し掛かって
いるのですから…


28. 2013年9月08日 07:35:13 : CgbwIvoIWE
世界や、宇宙の教えを、
素直に乞うべき。

29. 2013年9月08日 19:40:09 : Z7S5eROfaM
>>20
横断歩道の白線の矛盾には気付きませんでした。なるほど、ご指摘の通りかも知れませんね。

>>21
12さんから>>15での再質問にまだお答えを頂いていないのですが、
静置タンク内で地下水や雨水のため、水酸化するミネラル類と違い、
多くの多核種放射元素は化合物化の心配は少なく、混ぜずとも沈殿するいのではないかと。淡い期待ですが。

>原子心母 CgbwIvoIWE さん

いくつものコメントありがとうございます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談専用40掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧