★阿修羅♪ > 自然災害18 > 227.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マグニチュード9の地震の前に急速に加熱された日本上空の大気
http://www.asyura2.com/12/jisin18/msg/227.html
投稿者 taked4700 日時 2012 年 4 月 09 日 20:48:08: 9XFNe/BiX575U
 

http://tokyo.secret.jp/art/3-11-02.html

In Deep 記事
衝撃のデータ: 3月11日の地震の前に観測された日本上空の赤外線と電子量の急激な変化
(2011年05月20日)

マグニチュード9の地震の前に急速に加熱された日本上空の大気

オリジナル記事(英語)
Atmosphere Above Japan Heated Rapidly Before M9 Earthquake
Technology Review 2011.05.18


震源地上空の赤外線放出が東北大地震の前に急激に増加していたことを科学者が突き止めた


地質学者たちは、これまで、大地震の前に報告され続けていた奇妙な大気の現象についての理解に戸惑っていた。これらには確証がなく、また、これらの大気の状態と地震の関係を物語る上での裏付けとなるデータを手に入れることも難しかった。

しかし、近年、世界中の様々な研究チームが、地震地帯に監視ポイントをを建設し続けており、そして、そのいくつかの監視ステーションからは、すでに地震が発生した前後の高層大気の状態と電離層のデータを衛星に送っており、そこからのデータを入手することが可能となってきている。

2010年1月にハイチで発生したマグニチュード7の地震の前に、DEMETER宇宙船から得られたデータでは、超低周波無線信号の大きな増加を示していた。

そして、今回、 NASA のゴダード宇宙飛行センターが 3月11日に日本を荒廃に追い込んだ超巨大地震に関してのデータを提示した。

このデータの結果には多くの人々が驚くと思われる。

日本の東北でのマグニチュード9の地震の数日前より、電離層全体の電子量が劇的に増加したことがわかったとゴダード宇宙飛行センターの研究スタッフは言う。そして、この電子量は地震の3日前に最大限に達した。

同時に、衛星は巨大な赤外線放出を観測した。この赤外線の放出は、地震直前にピークに達した。

これは言い換えると、空気が加熱していたということになる。


これらの観測は「地圏 - 大気圏 - 電離圏結合」( Lithosphere-Atmosphere-Ionosphere Coupling )メカニズムと呼ばれる考え方と一致している。


この考え方は、地震の前日には、実際には与えようとしている断層の大きなストレスがラドンの大量の放出を引き起こすという考えだ。

このガスからの放射能は大規模に空気をイオン化し、いくつかの影響を与えると思われる。水分子が空中でイオンに引きつけられるので、イオン化が水の大規模な凝結を誘発するのだ。

しかし、結露のプロセスも熱を放つ。
赤外線放出を引き起こしている理由はこれだ。

NASA の研究チームは、 「3月8日赤外線の急速な増加が衛星データから観察されたことを、我々の最初のデータが示している」と言う。

これら赤外線の放出は、電離層とその全体の電子の含有量を増加させる。そして、これは確かに、岩石圏、大気と電離層がひとつの方向として不安定にさせられるという意味を持つと思われる。問題は、今回得られたこの証拠が、どの程度まで一般化した意見となり得るかだ。


日本で発生した大地震は、世界で起きた地震の中で最も大きなもののひとつであり、今後においても研究されるべきトップクラスの現象であり続ける。

今回のデータを最大限に活かすチャンスを作らなければ、地震研究に明日はないかもしれない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月09日 22:07:21 : jwq3wpiFHy
2009年にすでに、今回の国民新党分裂騒ぎの中心人物USACSISの研究員 浜田和幸が自然改変装置としてのHAARPに言及しています。

以下参照してください。

http://blog.goo.ne.jp/youteifan6/e/bc70720849933ce7ce459e90dd96b8aa


02. 2012年4月09日 22:16:58 : 3CNLte9sGM

>衝撃のデータ

そうかな?

>マグニチュード9の地震の数日前より、電離層全体の電子量が劇的に増加
>。ヨ地圏 - 大気圏 - 電離圏結合」

地震前後で地殻からのイオン放出量が増大し、電離層に影響することは、前から報告されているから、

複数の地震と電離層の電子量の増加量との相関をきちんと示さないとあまり意味はないだろう


03. 2012年4月09日 22:22:10 : 3CNLte9sGM

なんだ、
どうも見覚えがあると思ったら、元記事は古いニュースじゃないか

http://arxiv.org/ftp/arxiv/papers/1105/1105.2841.pdf

Atmosphere-Ionosphere Response to the M9 Tohoku Earthquake Revealed by Joined Satellite and Ground Observations. Preliminary results

Dimitar Ouzounov, Sergey Pulinets, Alexey Romanov, Alexander Romanov, Konstantin Tsybulya, Dimitri Davidenko, Menas Kafatos, Patrick Taylor
(Submitted on 13 May 2011)

The recent M9 Tohoku Japan earthquake of March 11, 2011 was the largest recorded earthquake ever to hit this nation. We retrospectively analyzed the temporal and spatial variations of four different physical parameters - outgoing long wave radiation (OLR), GPS/TEC, Low-Earth orbit tomography and critical frequency foF2. These changes characterize the state of the atmosphere and ionosphere several days before the onset of this earthquake. Our first results show that on March 8th a rapid increase of emitted infrared radiation was observed from the satellite data and an anomaly developed near the epicenter. The GPS/TEC data indicate an increase and variation in electron density reaching a maximum value on March 8. Starting on this day in the lower ionospheric there was also confirmed an abnormal TEC variation over the epicenter. From March 3-11 a large increase in electron concentration was recorded at all four Japanese ground based ionosondes, which return to normal after the main earthquake. We found a positive correlation between the atmospheric and ionospheric anomalies and the Tohoku earthquake. This study may lead to a better understanding of the response of the atmosphere /ionosphere to the Great Tohoku earthquake



04. 千早@オーストラリア 2012年4月09日 23:33:28 : PzFaFdozock6I : 1rndgn6nqg
03さん、

本文最初の方に (2011年05月20日) と日付も出ていますよ。
私もこれを

ジム・ストーン「ディモーナの邪悪な連中が『福島の50人』を殺ったのか?」&「福島:アジアの9/11」等の主張
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2012/01/50911.html

を書いたときに"Fukushima: The Asian 911(福島:アジアの9/11)"のリンクで
http://jinnwe.com/quest.php?id=419
見ていますが、

>超低周波無線信号の大きな増加

って、HAARPですよね。
http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/scmag/disp-scmag.cgi?Bx=on&date=20110310


05. 2012年4月09日 23:45:47 : 3sHWANfu0s
>>超低周波無線信号の大きな増加
>って、HAARPですよね。
超低周波信号で高熱って、陰謀論者って馬鹿だろ?


06. 2012年4月10日 01:46:33 : 3CNLte9sGM

>>04 超低周波無線信号の大きな増加 って、HAARPですよね

こっちに関しては2年前の元記事を、ちゃんと読んでみるといい

http://arxiv.org/pdf/1012.1533v1
Enhanced ULF radiation observed by DEMETER two months around the strong 2010 Haiti earthquake
M. Athanasiou, G. Anagnostopoulos, A. Iliopoulos, G. Pavlos, K. David
(Submitted on 7 Dec 2010)

In this paper we study the energy of ULF electromagnetic waves that have been recorded by the satellite DEMETER, during its passing over Haiti before and after a destructive earthquake. This earthquake occurred on 12/1/2010, at geographic Latitude 18.46o and Longitude 287.47o, with Magnitude 7.0 R. Specifically, we are focusing on the variations of energy of Ez-electric field component concerning a time period of 100 days before and 50 days after the strong earthquake. In order to study these variations, we developed a novel method that can be divided in two stages: first we filter the signal keeping only the very low frequencies and afterwards we eliminate its trend using techniques of Singular Spectrum Analysis, combined with a third-degree polynomial filter. As it is shown, a significant increase in energy is observed for the time interval of 30 days before the strong earthquake. This result clearly indicates that the change in the energy of ULF electromagnetic waves could be related to strong precursory earthquake phenomena. Moreover, changes in energy were also observed 25 days after the strong earthquake associated with strong aftershock activity. Finally, we present results concerning the comparison in changes in Energy during night and day passes of the satellite over Haiti, which showed differences in the mean energy values, but similar results as far as the rate of energy change is concerned.  


3 Conclusions
In this study we are focused on changes of the energy for the Ez component of the electric field of electromagnetic ULF waves (0-20 Hz) that were recorded by satellite DEMETER concerning a time period of 100 days before and 50 days after a strong earthquake which took place in Haiti in 12/1/2010. For these signals we applied a novel method of two stages: first, the signals are filtered keeping only the very low frequencies and consecutively their trend was eliminated by applying techniques of SSA, combined with a third-degree polynomial filter. The results reveal a significant increase of the energy of ULF waves, up to 360%, for a period of one month before the main earthquake compared with the energy of the background. Also a gradual
reduction of wave energy occurs one month after the main earthquake. Additionally, the comparison of pre-seismic day-passing and night-passing signals showed differences in the mean energy values, but similar results as far as the rate of energy change is concerned. The results of this paper clearly indicate that ULF electromagnetic waves can be very useful in revealing possible precursor seismic phenomena in Ionosphere. Following this line of evidence, other strong earthquakes occurred in low geographic latitude will be studied using ULF waveforms in order to further establish the hypothesis of ULF seismo-electromagnetic precursory emission.


07. 2012年4月10日 02:01:12 : 3CNLte9sGM

こっちの方がわかり易いかも
いずれにせよ地殻変形のピエゾ効果による超低周波を検出するのは簡単ではないし、それを地震予知に使うのは難しそうだな


Back in 2004, the French space agency CNES launched a small satellite called DEMETER into polar orbit some 700 km above the Earth's surface.

DEMETER's is an unusual mission. Its job is to monitor low frequency radio waves generated by earthquakes.

Today, a group of geoscientists release the data associated with the M 7.0 earthquake that struck Haiti in January. They say that DEMETER saw a clear increase in ultralow frequency radio waves being emitted from the Earth's the crust in that region in the build up to the quake.

The anecdotal evidence of electromagnetic effects associated with earthquakes is legion. Various accounts link earthquakes with mysterious light and heating effects. Then there is the widespread evidence that certain animals can sense impending quakea, possibly because of a sensitivity to low frequency electric fields.

But good data is hard to come by. Geoscientists have been measuring the currents that flow through Earth beneath our feet for over 100 years. These so-called telluric currents are thought to be generated by friction and piezoelectric effects within rock. And the flow of electrons they cause has been linked to various atmospheric phenomena such as thunderstorms.

But the role these currents play in earthquake physics is unknown. It makes sense that any currents generated by friction and piezoelectric effects should be dramatically influenced by the relative movement of different parts of the crust.

But these effects occur over vast distances and at frequencies that are hard to measure and difficult to separate from background noise. Which is why DEMETER was launched , (DEMETER stands for Detection of Electro-Magnetic Emissions Transmitted from Earthquake Regions).

Now Michael Athanasiou at the Technical University of Serres in Greece and a few buddies say that DEMETER spotted good of evidence of a change in ultralow frequency radio waves in the ionosphere above Haiti in the run up to the quake. "The results reveal a significant increase of the energy of ULF waves, up to 360%, for a period of one month before the main earthquake compared with the energy of the background," they say. That's a dramatic increase. These emissions dropped gradually in the month after the quake.

The implications are interesting. Athanasiou and co say: "The results of this paper clearly indicate that ULF electromagnetic waves can be very useful in revealing possible precursor seismic phenomena."

That's carefully worded and for good reason. Any talk of earthquake prediction needs to be qualified with a good deal of hedging. It may well be that the crust generates more low frequency waves in the build up to an earthquake but there may be other mechanisms that produce a similar signal but are not linked to quakes.

These effects would have to be teased apart before a forecast of any use could be made.

Then there is the problem of the timescale over which these emissions are produced. The increase in pressure that causes earthquakes occurs over geological timescales. It's not yet clear how this process changes the emission of low frequency em waves.

That means the predictions from this kind of data may be never be any better than the ones geophysicists already make, ie giving the percentage likelihood of a big 'un in the next 50 years, for example. That helps with things like building standards (in developed countries that can afford to implement them) but it is not much use in preventing the kind of catastrophe that hit Haiti in January.

Clearly, there's work ahead on a multitude of fronts. Geophysicists need bigger and better data sets of low frequency em wave emissions over longer timescales. They need a better theoretical understanding of the processes that generate telluric waves. And they need some way to test new ideas when they emerge.

And DEMETER is certainly a significant step along the way.

Ref: arxiv.org/abs/1012.1533: Enhanced ULF Radiation Observed By DEMETER Two Months Around the Strong 2010 Haiti Earthquake

TRSF: Read the Best New Science Fiction inspired by today’s emerging technologies.

http://www.technologyreview.com/blog/arxiv/26114/


08. 2012年4月10日 21:16:23 : uz4zqg3c5L
上空の電離層を温めるハープを否定工作しても、もう無駄だね。あらゆる雑誌にのってるよ。エロ雑誌にも綿密に説明が載ってるわ笑。

日本人大衆の血税で作った昭和基地のハープもいったい何をしてるんだか。

こないだの強風も電磁波の輪がレーダーにでてたよな。しかし10年に渡って工作員はしつこく否定してきたが、その結果が311と瓦礫による全土の汚染強化だ。工作員も利用されてるだけだろ。


09. 2012年4月10日 22:17:01 : cqRnZH2CUM

現実が見えない妄想工作員はおまえだよ


10. 2012年4月10日 22:51:04 : SmB7LKQAQ6
>エロ雑誌にも綿密に説明が載ってるわ笑。
エロ雑誌の綿密な説明(笑)

11. 到達 2012年4月11日 06:54:49 : 6ZKdttLSPlJAY : 6D2n2sXQx2
>01さんへ
今、上記のお勧めサイトを閲覧させてもらいましたが、とても良い情報に満ちていました。
一年かけて色々研究して来た自分としては、全くの同感です。
「GEQ(グレートアースケイク)」(阪神大震災は人工地震であるという小説。角川書店 柴田哲孝著)という本を書いた柴田氏は、80年代以降の大地震はそれ以前の「3倍」もの頻度で起こっていると指摘しています。

12. 2012年4月11日 09:25:04 : ONyhHSLPvU
柴田氏には「監視」がついているらしい。
満員電車にはご注意。

13. 2012年4月11日 09:28:03 : IYyRSPdFJA
ピエゾ効果による電磁波や地磁気のゆらぎ等に関しては、もう10年以上も前から電波工学博士たちの手で見つかっている。特別に目新しいことではない。電気通信大学の早川正士博士の本を読むべきだ。地震学者は地殻振動の検知だけを目的にするから地震予知ができない。電車が来るのを電磁波である光を使えば、遠い場所の電車の姿も目に入るが、線路を伝わる音波だけを聞いて電車を捕らえるとなれば、遠くのものは分からない。光速度と音波速度はあまりに差がありすぎるからだ。地震検知でも同様なことだろう。

14. ぷー太郎 2012年4月11日 11:14:34 : SfzS8mL7Jkbj2 : dth1uv1jOI
地震学者が地殻振動の検知に固執するのは、震度計の購入に伴って、いろいろあるからだろう。おそらく随意契約だろうし・・・・・・

巨大地震に際しては岩盤が破壊されてオゾンや電磁波が放出されて計測されたり、地震雲や登り竜のような形の雲が見られるのを地震学者は無視している。
それは震度計を大量に購入する必要がなくなるからだ。震度計をたくさん購入しなければ当然・・・・・

まあ、利権だな。
震度計ってどこの会社がつくってるのかな・・・・


15. 2012年4月11日 12:03:22 : 8oypI74Iow
電磁波の揺らぎを地震予知に生かそうとされてる方もいらっしゃいますが
こういう情報をリアルタイムで継続的に公開してくれれば素人でも地震予測が可能かも知れませんね

16. 2012年4月11日 12:11:52 : cqRnZH2CUM

>>13 線路を伝わる音波だけを聞いて電車を捕らえるとなれば、遠くのものは分からない。光速度と音波速度はあまりに差がありすぎる

いや、地震の前兆現象を捉えて予測に使いたい場合、音速(振動)と光速(電離層からの信号)の違いは、あまり関係ない

なぜなら振動は、地殻構造の変化を直接知らせるものだが
電離層が変化するのは、地殻からのラドンイオンなどが拡散して到達し、ある程度の量になって初めて検出されるからだ

もちろんピエゾ効果によるEMの検出が高い精度で観測衛星からできればベストだが、ULF観測衛星の充実にかかるコストは非常に大きいうえに、現実にはノイズの埋もれて、簡単ではないようだ

やはり、ちきゅうがやっているように、重要地域には地殻中に歪・イオン等の複合センサーを埋め込み、そこから直接信号を取り出して集めるのが一番確実だろうな
ただし、こちらもULF衛星ほどではないがコストはかかるから

後は例によって、選択と集中、コストパフォーマンスの問題になってくる



17. 2012年4月11日 12:16:24 : cqRnZH2CUM

海上(または海中)に定点観測ブイを設置して、そこでの信号を拾うという案も可能だな

コストパフォーマンスとしては、その方が優れているか


18. 2012年4月11日 19:42:49 : idbIh9iF62
震度計よりも、温度計だね。

19. 2012年4月11日 19:53:26 : lqOPOFnyLE
13の人のコメントに追加して、二つの資料を参考に。

◎地震電磁気現象の計測技術と研究動向/早川 正士
http://www.bitway.ne.jp/earthquakenet/biglobe/guide/principle.html
下記に一部引用。

1-1 ULF放射研究の歴史と現状
1980年代後半に入り、地震に関連すると見られるULF帯の地磁気変動に関する研究が開始された。一般に高い周波数の電磁波は表皮効果により地表まで伝搬出来ないが、ULF帯電波にはこの問題はない。後出する日本のフロンティア計画が開始されるまでで、地震に先行する磁場変動として信頼できる事例は、(1)アルメニア.スピタク地震(1988年12月8日マグニチュード(M)6.9,深さ(d)6km)(2)アメリカ.ロマプリータ地震(1989年10月8日M7.1、d=15km)、(3)グアム地震(1993年8月8日M8.0、d=60km)の三つであった。

1-2 関東地区におけるULF観測ネットワーク
国内での地震電磁気現象の研究は神戸地震後の旧科学技術庁主導によるフロンティア計画により大きな発展をとげた。二つのフロンティアは(1)理化学研究所と(2)旧宇宙開発事業団(早川担当)によるものである。
-------
2-3 地圏・大気圏・電離圏結合の解明に向けて
学問的には地圏の効果がいかに大気圏や電離圏まで影響するかという問題が注目され、我々が提唱した「地圏・大気圏・電離圏統合」という言葉は地震電磁気分野で一般的な言葉として近年定着している。可能な結合機構は三つのチャネルが考えられる。(1)chemical channel、(2)acoustic channelと(3)electromagnetic channelである。
(1)の化学チャネルは地震の前に地下からのラドン放出等により大気の導電率が変化し、それに伴う大気電界の変調が電離層じょう乱を引き起こすものである。(2)の音響チャネルは大気振動(主としては大気重力波、大気音波)によるエネルギーの下部電離層への伝達によるもの。最後の(3)の電磁チャネルは電磁波による結合で、地震前兆の電磁波(ULF波等)による下部電離層の直接的加熱・電離やULF波が磁気圏へ侵入し内部放射帯プロトンと相互作用し、電離圏へ粒子を降下させるなどとするものである。第3チャネルは強度的に不十分であることを我々は既に示しており、第1のchemical channelと第2のacoustic channelについての考察が重要になると思われる。
------
「電子情報通信学会論文誌」((社)電子情報通信学会2006)抜粋


◎研究アーカイブ - 東北太平洋沖地震
http://www.bitway.ne.jp/earthquakenet/biglobe/guide/archive_03.html
2011年3月11日の東北太平洋沖地震の前兆は?
---
図2(a)はNLK-CHFパスの観測結果である。夜間の平均振幅の日変化である。この夜間の平均振幅はその日30日間の値の標準偏差によって規格化されている。図2(a)より3月5日、6日にて明瞭な前兆が検出されている。更に、3月5日の振幅減少は-3σよりも大きいことがわかる。図2(b)、(c)はKCH及びKSGでの対応する図である。KCHでは-2σに接近する異常がある。KSGではそれほどではないが、その前兆は明らかに存在する。
---


20. 2012年4月11日 21:10:30 : gHOH2J0n8U

 東北地震の真相 2011年3月11日の東北地震、それに伴う数百回の余震とされているのは、米国の地震兵器HAARP(ハープ)と海底核爆弾による人工地震の軍事攻撃だった!

 目的:米国自身のサブプライムローンなどによる金融崩壊、国家破産の危機を日本の経済を壊し、お金を脅し取ることで乗り切ろうとした。また世界人口削減計画の一端。

 当初の計画:東北地震と東海地震によって関東圏を封鎖して、首都圏の人々を放射能でなぶり殺しにするつもりだった。それで、東北地震を理由にロックフェラーの管理する関東のガソリン製油所を一気に閉鎖して車で逃げられないようにした。また計画停電によって電車のダイヤを極端に減らしたのも同じ理由。

 証拠:その際じわじわとパニックを巻き起こすように、あらかじめAC(アンチキリスト教)が恐怖を煽る「子宮がん検診」「崩れそうに積み上げた本による知層→地層」「自転車でぶつかって罰金」などのCMを一斉に流し始めた事など、多数の不審な点は馬鹿でもわかる。はじめから計画停電や、放射能を撒き散らすことを知っていないと作成できないCMだということを暴露している。(あわてて芸能人やサッカー選手を使用してごまかしたが)

 地震直前の東日本ハウスの株価の急激なつり上げ、今回の地震の4か月前から急遽動き出したウランではなくプルトニウムの3号機、東北地震直後、富士周辺で観測された地震計の異常値、東京圏で目撃された地震雲、地震を誘発するアルミナ粒子ケムトレイルガスを噴霧する軍用機の多数の目撃証言など、証拠はいくらでも挙げられる。ただし、リチャード・コシミズ氏を始めとするネットでの告発で、東海圏、富士への地震兵器による軍事攻撃は3月19日急遽中止。


22. 2012年4月12日 02:55:57 : KxH8GsYJ3c
今回のスマトラ沖地震のデータも知りたいですよね。
東北大震災のデータが偶然かも知れないわけで
データの蓄積と照合でより精度の高い予測が可能になるのではないでしょうか

23. 2012年4月12日 08:28:07 : JXLyoHLvbo
>地震を誘発するアルミナ粒子ケムトレイルガス??

わかってないねえ、だから独立党はだめなんだよ。
あれは電磁波の反応を高めるためなんだよ。


24. 2012年4月12日 11:41:31 : 9lIfC3e2Xk
これだけの事実があるのだとすれば、我々はすぐにでも

大気中の温度を監視する事が責務ではないでしょうか?

もちろん、いろんな面で地震の予測はできるのでしょうが、3日前にこの事実が分かったのなら、これから起きるであろう大地震による津波の犠牲者は最低限に減らせるのではないでしょうか?


25. 2012年4月12日 12:29:18 : aajwCXM26g
東電事故って地震とリンクするほど

企みありきで爆発したんじゃないのか?

ラドン放出と言い確認されている範囲と言い

何か帳尻合わせな現象にも見える。

ラドンって人体に影響がある希ガスだぞ。

日数で考えればベント開放・放出との因果関係も疑われる。

何だか怪しい。


26. 2012年4月12日 20:22:45 : APc4mEvwTM

今回の3.11の地震も、クリント家やブッシュ家、ロックフェラー家や、ロスチャイルド家、英国王室などといったいわゆる「闇の世界権力」といわれる国家をこえて世界金融を牛耳るグループが、海底に埋め込んだ水素爆弾や、地震兵器HAARP(ハープ)などを連動して巻き起こしている人工地震であることが、ベンジャミン・フルフォード氏やリチャード・コシミズ氏などのジャーナリストの証拠つきの告発で明らかになってきました。

かれらは世の終末を演出してこの地球上を大破壊し、自分たちはネヴァタ州やノルウェーの地下シェルターに、ほとぼりが覚めるまで避難し、人口が激減したところで再び地上に出てきて、完全管理社会を実現させようと計画しています。(そのために延命の技術や魂の移植などの技術もすでに完成しているとの話もあります。)

日本における闇権力への協力者は、通称’オーナー’と呼ばれる天皇家とロスチャイルド家のハーフの老人が、京都御所に存在しています。現役天皇陛下より権力を持っている彼は、自分の私設諜報員(道路公団などの車両なども所有)や、警察の上層部、大手テレビ局や新聞社の上層部、暴力団の一部を傘下において今回の人工地震に協力しています。

AC(アンチキリスト教)が作った「放射能漏れ」や「計画停電」までもが準備されていたとしか思えないような「がん検診」「知層→地層」「自転車でぶつかったら賠償金」のCMがすべてを物語っていますね。ACのバックに洗脳工作担当のダヴィストック研究所が作っていたとしたら、お粗末もいいところですね。でも「ぽぽぽぽ〜ん」は良い出来だと思います(笑)

本当は2011年3月18日の時点で東海地震や富士山噴火までも地震兵器HAARPでおこして、関東圏の人々を封じ込めて放射能に曝して恐怖に巻き込むことが真の狙いでした。しかし、ネット上に計画が漏れたことで、急遽作戦中止。東北地震を理由に、計画通りストップしていた電気やガソリンといったインフラも慌てて元にもどしました。要は初めの計画の3割程度しか、闇の権力者たちの思惑通りにしか物事が進まなかった訳ですね。とくに、半分が天皇家の血という微妙な立場の上記’オーナー’は、悪に組みする己を改めて善悪の二極性を超える精神性の高い態度をとって頂くことを期待するのみです。

3.11人工地震日本最大の黒幕は、皇族の前田家とロスチャイルド家のハーフ、「前田ゴロウ」なる男性。ユダヤ名「オクラディッシュ・ハーマン」。本拠地京都。

告発文を証拠に残しておきます。
上記情報は、取り扱いには十分注意しつつ御自由にお使いください。どうぞ、私の精一杯の訴えが皆様の心に届きますように・・・

尚、電子メールなどのインターネット上は、全て米国等のコンピュータで監視されています。’人工地震’などの単語はすぐにチェックされてしまいます。その理由から画像にて告発をしています。日本人工作員が到着しますので、要注意です。  Ikusa

これはある方の命がけのメッセージです。「東北地震の真相」という手紙。メール添付で来たものです。


27. 2012年4月12日 23:18:40 : oNoM2OOWLd
地震との関連はわかりませんが、

「アメリカのTV番組が報道した気象改変施設の存在」 という、
HAARPによる気象操作を扱ったものがある。
http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20120405

また、もう1つ先週の爆弾低気圧と関係した、
日本を低気圧で攻撃すると、テキサスが竜巻に襲われる というのもある。
http://quasimoto.exblog.jp/17680949/

HAARPは、気象変動と地震と、もしかすると他の面が関係するかもしれない。
放って置いたら、日本は危機的な状態です!


28. 明日の風 2012年4月26日 00:39:59 : UfwLfTczocdg6 : uAT6crfgUk
やはり地震兵器を使ったのでしょう。
地震を起こしやすい不安定な岩盤に、原爆なりプラズマ兵器を投入すれば
巨大地震を発生できる装置は既に開発されているのだから。
野田政権が日本には明らかに不利なTPP加入を決めた裏には、
第二の3.11を脅されたので、碌な討議もしないで大慌てで決めてしまった。
そのくらいの事情は簡単に推測できますね。

29. 2012年4月27日 13:35:09 : BZZjZAt60A
アリストテレスは古からの地震の前兆現象を聞いてこう書いた。「地震は気から起こる」と。

プレートテクトニクス論では、たとえて言えば、「水は高いところから低い所に流れる」程度のことで、いつなぜ洪水が起きるかはわからない。

深層で断層が滑る(岩石崩壊)現象は、地殻のひずみに溜まった(マントル上部から)湧出してくる地球深層ガスが影響しているのだろう。山津波(深層崩壊)が山の下を流れる水の増加(大雨)によって引き起こされるように、高圧に圧縮された放射性物質を含むガス(メタン等の炭化水素・二酸化炭素・硫化水素・窒素・ヘリウム等)の放出が引き金になっている可能性がある。そう考えれば今回の現象は説明がつきそうだ。



30. 2012年4月29日 14:57:46 : UTvi2i4xa6
前回この画像が話題に出た時に誰か指摘していたかもしれないが、この画像で1番のポイントは、そのほとんどが不自然なまでに原発周辺に限局していること。熊本も、愛媛の伊方も、柏崎も、東通も、浜岡も狙われていたことがわかりますね。本当は3.11でもっといろんな事をしたかった連中がいた証拠です。

31. 2013年5月05日 08:40:50 : UMz6OIgtFE
・・・・・HAARPっていう兵器はアメリカだけしか保有していないの?イギリス?

もしも彼らが日本にたいして人為的に地震を誘発させたんならとんでもない
ことだ。もっと証拠を集めるべきだ。

そして事実であるならば相応の仕返しをするべきだ。



32. 2013年7月31日 14:55:25 : Z2GEJ3d5Yc
>>19

二つとも消えてた。


33. 2016年9月11日 19:25:48 : DadlMiKxbM : KGwCLDhKqD8[41]
>>31縺輔∪

繝代ヱ繝サHAARPシ医ワ繝シ繝励ョ辷カシ峨ッ縲
譌・譛ャ莠コ縺ァ縲∝圏豬キ驕薙ョ螟ァ蟄ヲ縺ァ蜒阪>縺ヲ縺縺溘%縺ィ繧ゅ≠繧倶ココ縺ョ繧医≧縺ァ縺吶
縺吶$縺ォ蜷榊燕縺梧昴>蜃コ縺帙∪縺帙s縺後√ヱ繝代サ繝上シ繝励〒
蜃コ縺ヲ縺上k縺九b縺励l縺セ縺帙s縲

[32初期非表示理由]:担当:意味なし

34. 2016年9月11日 21:35:48 : DadlMiKxbM : KGwCLDhKqD8[46]
おかしな文字の羅列になっていますので、
もう一度投稿しなおします。

パパ・ハープと呼ばれる存在は、
北海道の某大学に籍を置いたこともある
日本人です。
確かカナダの研究者でしたか、が、
指摘だか告白だったか
していたと記憶しています。

名前も持っていますが、
今すぐに出せません。パパ・HAARPもしくはハープで
お探しになれば、日本語記事が
見つかるのではと思います。

日本に人工地震の為の要員が
配置されているのは
明らかです。

最近では、熊本地震に関連して、
自衛隊の基地が噂されています。自衛隊ばかりではなく、
拠点は複数あると思っています。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧