★阿修羅♪ > 自然災害18 > 256.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
深部探査船「ちきゅう」による震源地掘削を直ちに止めさせよ (陽光堂主人の読書日記) 
http://www.asyura2.com/12/jisin18/msg/256.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 4 月 16 日 07:59:09: igsppGRN/E9PQ
 

深部探査船「ちきゅう」による震源地掘削を直ちに止めさせよ
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-594.html
2012-04-15 陽光堂主人の読書日記


 このところ、大きな地震が相次いで起きています。インドネシア・スマトラ島のアチェ州沖で11日に起きた地震はマグニチュード8.6でしたが、幸いなことに被害は比較的少なかったようです。

 同沖の活断層帯を長年研究しているシンガポール地球観測研究所(EOS)のケリー・シエ所長は、今回の地震は2000年に1回の規模で発生したと指摘し、今後甚大な被害をもたらす地震が起きるリスクを高めたとの見方を示しています。

 どこの国にも不安を煽る専門家が存在するようで、被害が軽微だったのが気に入らなかったのでしょうか? シンガポールの研究所の見方が正しいとは限りませんが、この辺は巨大地震が頻発していますので注意が必要です。マグニチュード9を超えた2004年のスマトラ沖地震では、津波で大きな被害を出しました。

 今回の地震は、ゆっくりとした横揺れがかなり続いたそうですから(4分ぐらいという話もあります)、昨年の東北太平洋沖地震の時とよく似ており、少々不気味です。月は違えど、同じ11日という点も、引っかかるものがあります。

 メキシコ中西部でも、11日午後(日本時間12日朝)、マグニチュード6.5の地震がありました。こちらも目立った被害は報告されていません。

 太平洋の周辺で地殻変動が激しくなっていますが、この危険な時期に何と、地球深部探査船「ちきゅう」が東北太平洋沖地震の震源地で穴を掘っています。(4月1日から5月24日まで実施) 未曾有の巨大地震の原因を探るためだそうですが、いたずらに刺激して地震を誘発したらどうするつもりなのでしょうか。全く信じられません。

 独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)のHPには、今回の試みについて次のように記されています。(http://www.jamstec.go.jp/chikyu/exp343/j/outline.html)


いま地球科学ができること

プレート境界断層で発生した摩擦熱は、地震発生後2年ほどで周囲の地層に奪われ、計測が困難となります。また、プレート境界断層を構成する岩石も変質し、摩擦特性の分析が極めて困難になるため、早期の調査・研究が必要です。海溝型地震において地震発生後早期にプレート境界断層の温度計測を実施することは初めての試みとなります。

国際研究チームは、東北地方太平洋沖地震の発生直後から検討を開始し、緊急掘削研究課題として統合国際深海掘削計画(IODP)に掘削提案。緊急性と科学的重要性が評価され、海底地形や構造探査などの事前調査と、技術的な検討を重ねた掘削計画に基づき、このチャレンジングな航海に旅立ちます。

震源断層の摩擦熱を直接計測する

東北地方太平洋沖地震で大きな滑りが伝わったと考えられている日本海溝の海溝軸付近において、地球深部探査船「ちきゅう」による深海科学掘削を行い、実際に巨大地震を引き起こしたプレート境界断層を構成している岩石サンプルを直接採取し、その種類と物性を明らかにするとともに、断層面の摩擦熱の長期変化を地震発生後早期に直接計測することを目指しています。これにより、海溝軸付近まで大きな滑りが伝播したことを実証した上で、巨大地震発生時のプレート境界断層の摩擦特性(断層が高速で滑ったときの摩擦熱、断層帯の岩石の化学的性質、間隙率等)を分析し、巨大津波を発生させた海溝軸付近でのプレート境界断層の滑りのメカニズムを明らかにします。

この航海によって得られるプレート境界断層の摩擦特性に関する知見を、プレート境界断層の滑り量シミュレーションに活用することで、東海・東南海・南海地震等、他の海溝型地震による地震・津波の想定に寄与することが期待されます。


探査船「ちきゅう」は牡鹿半島の沖合約220キロメートル地点を目指す。(北緯37度56分 東経143度55分)
http://blog-imgs-43.fc2.com/y/o/k/yokodo999/chapter_02_img.gif

未踏の地球深部を探る大きな挑戦

水深が約7,000メートルもある日本海溝の海溝軸付近において、探査船「ちきゅう」により海底から約1,000メートル以浅まで掘削することを目指しています。これは海面からの総距離が約8,000メートルもの深度となり、科学掘削では世界最深となる大水深掘削調査です。
これまでの深海掘削計画の歴史においても、当時の米国科学調査船が水深7,034メートルの海域(マリアナ海溝)で海底下15.5メートルまでの掘削にしか成功しておらず、「ちきゅう」でしか成しえない大きな挑戦となります。

掘削航海の計画

「ちきゅう」が向かう日本海溝は、東日本をのせた北米プレートの下に太平洋プレートが沈み込む場所です。その海溝軸付近において深海底から約1,000メートル以浅までを最大2孔掘削する計画です。掘削と同時に物理検層データを取得し、掘削孔内に断層面付近の摩擦温度を計測する為の長期孔内計測システムの設置を目指します。また、この工程に成功した後、断層帯の岩石サンプルの直接採取にも挑戦します。
これらの掘削孔には、後にJAMSTECが保有する7,000m級無人探査機「かいこう7000II」が潜航し、長期孔内計測システムから観測データを回収することを計画しています。  (下線は引用者による)


 地震の巣であるプレートが沈み込む場所に、1000メートルほどの穴を二つ開けるというのです。正気の沙汰とは思えません。それぐらい針を刺す程度だから影響がないと考えているようですが、地盤が不安定化する危険があります。

 開けられた掘削孔に無人探査機が潜行するというのも、怪しい話です。まさか爆弾を仕掛けたりしませんよね。

 この計画は可笑しなところがあって、震源断層の摩擦熱を直接計測するのが目的の一つになっていますが、JAMSTECのHPにアップされている動画の中で、日系の研究員が摩擦熱は殆ど失われていると述べています。地震から1年以上経っているのですから当然です。危険で無意味な掘削を何故行うのでしょうか?

 もう一つ怪しいのが、国際研究チームが、統合国際深海掘削計画(IODP)に掘削提案し、許諾を得ていることです。この「統合国際深海掘削計画(IODP)」は、米国の提案で作られた国際プロジェクト「国際深海掘削計画 (IPOD) 」が元になっています。つまり、米国主導のプロジェクトなのです。

 深部探査船「ちきゅう」の建造・運用は、JAMSTECの一部門である地球深部探査センター(CDEX)が行い、運航業務及び掘削業務は日本マントル・クエストが担当しています。当然、資金は日本政府から出ているはずですが、採掘計画は米国が主導権を握っているのです。日本側が費用の負担をし、美味しいところを米国が持ってゆくといういつもの構図です。

 実際に、「ちきゅう」には外国人が多数乗り込んでいます。日本政府及び日本の研究者は、ガイジン様とともに研究させて頂けることに喜びを感じているのでしょうか? 動画を見ていると、そうした感を禁じえません。

 311の大地震では、震源地で「ちきゅう」が穴を掘っていたという誤情報が流布されていますが、実際には穴を開けようとして準備していたら、巨大地震が起きてしまったようです。この話は、JAMSTECの動画の中にも出てきます。

 それでも懲りずに掘削を試みようというのですから、呆れたものです。日本の金を使って日本を壊滅させる巨大地震を引き起こすというマンガチックな構図にならないよう、強く自制を求めたいと思います。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月16日 08:50:19 : mHY843J0vA

プレートは動き、歪みは蓄積していきます
掘ろうが掘るまいが巨大地震は、いつかは起こるのです

仮に早めに起こったとしても、その方が規模は小さくなります

そもそもちきゅうの穴程度では地震は起こりませんけどね


02. 2012年4月16日 11:18:06 : IYyRSPdFJA
>01 バカなやつだな。ちきゅうの穴程度では地震は起こらないと証明してみせないかぎりだれも信じない。穴には簡単な栓がしてあるだけだから、いくらでもイスラエル製の棒状原爆を仕込むことは可能だろう。実際、311では3連発が人工爆発物であったことは世界中の科学者が観測しているよ。自己正当化しているのは、ちきゅう関係者のおばかものだけだろう。売国奴というより殺人者の仲間だな。仁義をわきまえる。いいな。

03. 2012年4月16日 11:30:40 : cqRnZH2CUM

>穴には簡単な栓がしてあるだけだから、いくらでもイスラエル製の棒状原爆を仕込むことは可能

バカか

ちきゅうが掘らなくても、そんなことは簡単にできる


04. 2012年4月16日 21:42:02 : IE862nVqXM
>02
「イスラエル製の棒状原爆」の直径はどれくらい?

05. 2012年4月17日 00:22:23 : 8BopDEJzDo

  元来、地震発生頻度が低いアメリカ内陸部でも、近年、群発他言が起きるようになり、その原因が、天然ガスや石油の生産量上昇を目的とした、ガス田や油田への頻繁な水注入であり、地球温暖化対策として二酸化炭素を地中に注入したことにあるようです。アメリカ研究機関はこれらの調査結果を受け、地下への水および二酸化炭素注入に際して事業者が遵守すべき法令を定めることになりました。
  そしてこれらの過去の事例を考察すると、東京湾海ほたるの連続的な同一ポイント、北緯35・3度、東経139・5度を震源とした異常地震の理由が説明できます。
  海底の岩盤に直接ドリルを打ち込んで深くボーリング工事できる大型特殊船舶が実在して、これが海ほたるに長期滞在して破壊工作のためのボーリング工事に対し誰の制止も受けなかったと仮定しての話です。
  海底にボーリング掘削を行なえば自動的に穴には周囲の海水が高圧で流れ込みます。実にこれだけでも圧力注入された水が周りの金属と反応して原子状水素ガスが発生し、水素核融合で地震の爆発になりかねませんが、そこに加えてイラク戦争のときに、フセインのコンクリートの岩盤で覆われた地下基地の天井さえもぶち抜いたとされる核弾頭のバンカーバスターミサイルを使って、ボーリングした海中の穴の中へ撃ち込めば、深さ30〜40kmの穴は確実にあき、そこが震源地と呼ばれることでしょう。
  ピンポイントに狙った東京湾北部断層が動きさえすれば、後は運動してプレートのズレによる大地震は可能となります。
  ましてやボーリングされた穴を標的にさらにバンカーバスターミサイル連続発射で掘り進めるならば、余震は幾日にもわたって続きます。
  何もしなくてもすでに破壊された岩盤内の水素核融合と破壊による崩落やズレもあいまって、繰り返し同一ポイントを震源とした異常地震が続くことになります。
  東京湾内、海ほたるが震源地? これだけではピンと来ないと思われますが、地図上で見ると、なんと首都東京がピンポイント攻撃を受けていた驚愕の事実が見えてきます。メディアがあえて注目せず、報道しなかった現実です。
  東京ディズニーランドすぐそばの海中で、皮肉なことに東京海上保安庁の直近、目の前で堂々と挑戦的な犯行がなされていたのです。
  通常のテロリスト集団が都会の真ん中のこんなに目立った場所で人目に触れず破壊工作を進めていたとは到底信じられません。長期滞在の不審なボーリング工事を続ける国籍不明の特殊船舶や不審な潜水を繰り返すテロリストダイバー集団がいたならば、即刻、東京海上保安庁の巡視船に発見され、逮捕されて、大々的なニュースになっていたに違いありません。何か特殊な権威や社会的事情を背景に持つ特殊船舶でなければ到底成し遂げられなかった動きです。そのような船舶を検索すると大震災の前後にここに長期滞在し、なおかつボーリング工事まで可能な巨大船舶といえば……その特定は難しくありません。この海ほたる付近の会場に震災を前後して長期停泊していた日米主導の国際深海掘削計画の名の下で働く科学掘削船、ちきゅうです。
  この船舶はなぜか、東北もしかり、震災前後にいつもそこにいたという隠しようのないGPS履歴による足跡がリアルタイムでネット上に残されています。ちきゅうは日米主導と言っても実質アメリカ専属のものかもしれません。この船で固い岩盤の(北緯35・3度 東経139・5度)をボーリングして穴を空け、純粋小型水爆を繰り返し投入してはリモート起爆し、爆破の勢いで東京湾北部断層を動かして1923年の関東大震災さえも再現しようとしていたのではないかと、うわさされています。アリバイ工作として311の日には、子供たちを船内に招いて一般見学させていたようで、表向きは楽しい地球深部探査船で資源探査とか、新しい科学とか、何か日本の明るい未来に貢献している船舶に思えますが、実際はその反対に「日本を滅ぼす人工地震兵器をボーリングして巧妙に仕掛けるためのアメリカの恐ろしい船舶ではないだろうか」と専門家の間でささやかれています。

  またその乗組員が失言的に、自分たちの行なっている仕事をインタビューの中で堂々と暴露してしまったとんでもない動画映像もネット上で広く公開され物議をかもしています。
  この人は日米合作ちきゅう号の乗組員であり、インタビューの中でこの海中深くまでボーリングできる特殊船舶のちきゅうの一般に知られていない使用用途について聞かれていますが、その質問に対する回答説明の最後に勢いあまってこうまで答えています。
  「その他、人工地震等を発生させまして、その地震波を測定するための装置です」
  この乗組員がはっきり「ちきゅうによって人工地震等を発生させている」と公言しています。今や各サイトに広まり回収不可能な人工地震計画稼働中の一つの証拠です。実際、このちきゅうが悪用されればボーリング用ドリルの刃先を何本も交換しながら船の真下の海底の岩盤の断層に無数の穴を空けて、その穴めがけて核弾頭付きバンカーバスター弾を撃ち込んで核爆発を再三繰り返すと、それなりの大地震を引き起こせるというのは理論上、十分可能なことです。
  一説ではボーリング調査済みの穴は容易には埋め戻せないものなので、通常そこには黄色いキャップで封印して作業終了となるそうですが、東海から南海地方にかけてそのような海中の穴はすでに無数に存在しており、後日、GPS探査で現地入りしてくる原子力潜水艦はこの黄色を目印にバンカーバスター弾の標的にしているのではないだろうか、とまでささやかれています。
  しかしながら海ほたるを震源とした首都東京の大地震誘発・起震を再三試みたようですが、計画は大失敗だったようです。なぜなら関東ローム層は砂の上に固い岩盤を置いた天然の要塞のような地形のため、砂地をいくら爆破させてもサンドバッグ効果で威力は吸収されてしまい、東京湾北部断層をちょうどピンポイントに狙って集中攻撃を繰り返した爆破工作でさえ、巨大な関東大震災は人工的には起こせず、3月12日以降始まった首都攻撃は結果、最大でも震度3しか達成できなかったのです。特異な地殻構造上の保護に加えて、日本の建築基準法は世界最高水準で震度6強にさえ耐えうる構造でないと許可されないため、首都壊滅には程遠い極小被害ですみました。確かにこれが緻密に構造計算し尽くされた首都東京ではなく、諸外国の微弱な都市だったならば、明らかに被害は甚大だったはずです。

  M9は500メガトンの水爆で引き起こせます。
  以前から東京湾には水爆が多数仕掛けられているという情報は飛び交っていました。
  元議員のハマコーが「アメリカに逆らえば第三の原爆が落とされる」と「TVタックル」というテレビ番組で叫んだことは有名ですが、実にこの地震兵器の脅威のために歴代の政治家たちはことごとく脅され、揺すられ、ユダヤ・アメリカ資本に都合のよい売国奴政策を強いられてきたとも言われています。


06. 2012年4月17日 02:07:45 : 4FwJTb30GE
>>05
大丈夫ですか?

07. 2012年4月17日 08:05:25 : IE862nVqXM
>05
「フセインのコンクリートの岩盤で覆われた地下基地の天井さえもぶち抜いたとされる核弾頭のバンカーバスターミサイルを使って、ボーリングした海中の穴の中へ撃ち込めば、深さ30〜40kmの穴は確実にあき、そこが震源地と呼ばれることでしょう。」

バンカーバスターミサイルの直径ってどれくらい?そしてどれくらいの直径の穴が開くの?地下30〜40kmまで・・・。


08. 2012年4月17日 09:39:46 : c3MGH08xSU
赤カブのこの投稿は、どんな風の吹き回しなのかね?湯堕金さんからの励ましのお言葉?(笑)が切れたのかな?(笑)
 マントルと海水が反応し核融合反応だそして、核爆発が起こる。威力と言ったら、ダメリカが所有している原爆の比じゃない。その起爆装置を「ちきゅう号」が断層探査・資源探査を名目に探査・掘削を兼ね、人口地震津波原爆を起爆装置を設置だ。
 日本経済を疲弊させ、又、インドネ士ア油田を強奪だ。その為の今回の地震だ。
 略間違いなし。日本とおんなじ理屈だよ。ミエミエなのに未だ、油堕金さん!世界の民を日本国民を侮るつもりだな!(笑)

09. 2012年4月17日 09:59:34 : cqRnZH2CUM

>>05 このちきゅうが悪用されれば〜穴めがけて核弾頭付きバンカーバスター弾、深さ30〜40kmの穴は確実にあき、そこが震源地

アホだな

バンカーバスターを、巨大な原潜で運ぶなら

別に、ちきゅうは必要ないし、いずれにせよ

元々、地殻に膨大な歪みエネルギ-が溜まっていなければ巨大地震は無理


>」ヘ9は500メガトンの水爆で引き起こせます

起こらないよ

M9のエネルギーは桁違いだ

あと東京湾で500Mt核を爆発させれば、そっちの影響の方が遥かに大きい

軍事技術をもっと勉強しておけ


10. 2012年4月17日 10:03:08 : cqRnZH2CUM

>>08 赤カブのこの投稿は、どんな風の吹き回しなのかね?

これに刺激されて、単なる受け狙いだろ
http://www.asyura2.com/12/jisin18/msg/245.html

アクセスを増やすためのネタにすぎない

いつものことだ


11. 2012年4月17日 10:04:58 : cqRnZH2CUM

ボケと突っ込みで客を楽しませるのが関西流ということらしいが、

なかなか簡単ではないな


12. 2012年4月17日 11:49:32 : gFpOokIWao
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html
また台湾が「ちきゅう」で福島沖掘って仕掛けておる


なお、首都圏に何かあった際は群馬県上野村の
矢弓(やきゅう)沢沿いに全山ゼオライト山があるので、そこに避難するとよい。新町から上野村行きバスで終点の1個前の利根平から歩いても1時間程度である。
中央の経緯度 北緯36度5分37.9秒  東経138度40分57.3秒   この位置へのリンク http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?longitude=138.6825833334&latitude=36.09386246079
しかし、この情報は台湾中国が嫌がる。(首都圏の庶民を弾圧しているのは台湾中国ということだ。)↑の矢弓林道は全面舗装で道幅もあり年中通れるのに国土地理院(筑波=台湾勢力)が途中までしか載せていない。

1月10日の米軍横田基地サムライサージ訓練で「袋1」を投下という意味は、天然ゼオライトを日本人で使ったらいいと思うが日本人の誰も言い出さないのはクレイジーですね。という意味もある。


13. 2012年4月17日 11:58:30 : gFpOokIWao
「ちきゅう」の公式ページに
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8249.jpg
『巨大地震と津波を引き起こした』
と、リークされています。

14. 2012年4月17日 12:54:58 : 6dAo748k06

13.へ

『巨大地震と津波を引き起こした』には続きがあります。

「巨大地震と津波を引き起こしたプレート境界断層の摩擦特性の解明へ」、これが正しい。

誤解を生む表現は、投稿やコメントの信憑性に関わるので厳重注意。まさかそれが狙いでは?


15. 2012年4月17日 13:03:05 : FfETu6nMus

2005 年4月米国で公開された「地震を使った対日心理戦争計画」と題する米軍機密文書(1945年、CIAの前進である米戦略事務局OSSによって作成)によれば、第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され、「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシミュレーションを繰り返した」という。

ここでいう「強力な爆発物」とは、開発まもない「原爆」のことである。この文書には「日本本土攻撃作戦」の副題が付けられ、「悪魔の攻撃」と呼ばれる章では、
「日本人の目を覚まさせるには地獄に飲み込まれたと思わせる必要がある。そのためには、地震を恐れる日本人の特性を徹底的に突くべし。地震攻撃に勝るものはない!」と結論付けている。当時の米軍における研究開発部門の責任者であったスタンレー・ロベル博士やマーシャル・チャドウエル博士の分析によれば、「日本の周辺にある海底の地震プレートをピンポイントで爆破すれば、巨大な津波を発生させることが可能となる。目標とすべきプレートの周囲に、8キロ以内に爆弾を仕掛ければ、1年以内に狙った場所で地震を起こすことができ、津波も誘導できる」

第二次世界大戦末期に、アメリカは日本への最終攻撃を原爆投下か大地震か、という二者択一の選択をしたのです。結局、その効果の残虐性により原爆投下を決定したのです。この秘密文書の最後には、「地震・津波攻撃の目的は日本人をパニックに陥れることで、神国日本や軍部独裁に対する不信感を醸成することにある。日本人が国家を捨て、個人の生存を第一に考えるようにするためのショック療法ともいえる」と記されているのです。

この作戦のために「ちきゆう」は、建造されました!恐るべし「ちきゆう」!  


16. 2012年4月17日 14:28:13 : dQGjedc9Nw

 誰でも「東京湾で本当に核を使ったなら、放射能が発見されてるだろ!馬鹿じゃないの?」と思うはずだ。だが、この世の中には「低威力核兵器及び純粋水爆」といったものがある。否、あり得るというべきかもしれない。海底のマントルの中で爆発させると、低威力核兵器の場合、あまり顕著な核汚染は海面より上には出てこないと思われる。それでも放射線量が高くなるので、「福島原発の影響だ」という言い訳が用意されているわけだ。

 福島原発のトラブルは「首都圏での核使用」を隠蔽する目的のダミーなのだ。わざと事態の悪化が図られていた。菅も枝野も東電も米軍も皆グルであり、首領はデービッド・ロックフェラーということだ。

 純粋水爆の場合、もとより放射能は発生しない。一過性のα、β、γや中性子線は発生するが、中性子線は1mの厚みの水でブロックされる。よって放射線量は瞬間的にジャンプし元に戻るようだ。

 「10kmの深さにどうやって核兵器を植え込むんだよ?馬鹿じゃないの?」という声も聞こえてくる。だが、深さ10kmまでなら可能なのだ。深海掘削船「ちきゅう」は、2500mの深海の海底から7500mのボーリングが可能な国産の船舶だ。震災の時、八戸にいたあの船だ。合計で10,000mの深さとなる。つまり、この船を使って深海に核爆弾を落とし込めば、「震源10km」は可能なのだ。

 それに同様の船は、「ちきゅう」以外にもある。米国にも同じくらいの能力の深海掘削船がある。この特殊な船は甲板から鉄塔が立っていたりするので目立つ。目立つから、東京湾地震の震源に近い「海ほたる」あたりで目撃されたり、今回の大震災のあった沿岸でも目撃証言がある。神戸の大地震の際も似たような船が目撃されているのだ。

 ちなみに、「ちきゅう」は2011年4月5日には東京湾に戻ってきた模様で、横浜港に入港していたようだ。盛んに積み込みをしていた。恐らく200リーッター入りのドラム缶を100〜200本は積んでいる。船の後方から赤いコンテナにドラム缶を入れて何度も繰り返し積み込んでいるのだ。これが一体何を意味するのか?次にどこに現れるのか、監視が必要なようだ。さて、「ちきゅう」の乗組員には外国人が多いらしいが、何か日本人クルーではまずい事情でもあるのだろうか?

 さて、20〜30km震度地震となると、「ちきゅう」では説明がつかないではないか。深さが足りない。

 「東北沖に横たわる「日本海溝」は一番深い所で8000mを超えています。ここに核弾頭付きバンカスター弾を同じ個所に何度も打ち込めば、どんどん掘り進んでいくことができるでしょう。最初は水深8kmでも、10km、20kmと地殻に亀裂を入れていくのは可能では?だが、そのためには同じような場所に何度も攻撃を反復させる必要がある。だから嫌になるほど余震がある。核で地殻にクラックを作っていき、海水が地殻の深い所に入り込むのを待つ。非常に高い圧力のかかった海水が高温のマントル層に入り込み、マグマが接触して核融合反応を起こす。大爆発でM9.0の大地震が実現し、数万人を殺せます。」

 米軍には、「B61-11核爆弾」がある。これがバンカスター弾の弾頭に装着される。バンカスター弾はマントルに向かって下方に爆発し、爆発力は下方に集中する。マントルに深い穴を開け、亀裂を走らせる。

 これが使用されたとしたら、最大で500キロトン(広島原爆は15キロトン)の威力が発揮され、マグニチュード4.8以上の地震が観測されるとのことだ。まさに、日本周辺で毎日起きていたことだ。これが連日の地震の正体なのだ。彼らは、事前にボーリングで開けておいた穴に次々と新たな核爆弾を送り込んで深く深く掘り下げているのではないか。そして、断層の破壊と大地震の起きるのを待っているのだ。今、「海ほたる」でゴロツキどもが毎日その穴掘り核爆弾を使っている最中ということだ。

 「福島原発危機」は、「東京人工地震テロ」計画を隠すためのダミーなのだ。金融ユダヤ人の計画は、福島原発問題に衆目を集めておいて、その影で着々と東京人工地震計画を進めることだ。毎日、東京湾で小型核を使った断層破壊が段階的に進められていた。断層の大規模な破壊に到達すれば、関東大震災の大地震を「起爆」できる。

 また、既に何度も仕掛けられた核兵器の影響で、東京湾で液状化現象が始まっていると思われる。メディアは「東日本大震災」のせいにしているが、震源から離れた地点で、なぜ液状化が起きるのか?東京湾海底で核を使っているからではないのか?

 東京湾の港湾都市でもおかしなことが起こっていた。横須賀の海の放射線量が上昇しているのである。これが、福島原発由来だというのか?海底で核爆発を起こせば、当然ながら、海水は放射能汚染する。横須賀の海の放射線量のニュースを聞いてからは、東京湾で核攻撃が行われていることにさらなる確信を持つのだった。

 東京湾の海底で核兵器を使えば、放射線量は一時的にであれ上昇する。だから、横須賀の海水の放射線量が増える。福島原発とは何の関係もない。勿論、311テロリストに飼われた日本メディアはこんなことはニュースにしない。

 東京人の多くが目撃した東京湾上のおかしな黒い雲、突風、ねっとりした灰色の雨、悪魔は確実に東京湾で核を使っている。

 311テロリストが東日本を中心に仕掛けた地下核爆発による人工地震テロは、あちこちでその証拠を露呈し始めているのである。そして、311テロの主目的である東京大地震計画は、未だに実現していないのだ。

 CFR(外交問題評議会)悪魔たちも日本人に同時進行でモニターされる事態に狼狽したのだ。だが、東京大地震を引き起こすことができなければ、日本で人工地震計画を実行した意味がない。先の先まで綿密に組んだ計画が進められない。金融ユダヤ人たちも手下のゴロツキたちも焦る。

 B61-11核爆弾 の 参考資料
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/b61.htm


17. 2012年4月17日 16:29:12 : IE862nVqXM
>16
で、目的は何?
ロックフェラーが東京大地震を何故おこす?


18. 2012年4月17日 16:51:08 : cqRnZH2CUM

>>16 海底で核爆発を起こせば、当然ながら、海水は放射能汚染する。横須賀の海の放射線量のニュースを聞いてからは、東京湾で核攻撃が行われていることにさらなる確信

核爆発があったら、そんなもんじゃ済まないよ

座布団一枚だな


19. 2012年4月17日 22:07:15 : NV8sordvRQ
THRIVE Japanese → http://youtu.be/yp0ZhgEYoBI

20. 2012年4月17日 23:43:46 : AXc6BBAGtY
>深海掘削船「ちきゅう」は、2500mの深海の海底から7500mのボーリングが可能な国産の船舶だ。
>震災の時、八戸にいたあの船だ。合計で10,000mの深さとなる。
で、10qの穴ほるのに何年かかるんですか?

>ここに核弾頭付きバンカスター弾を同じ個所に何度も打ち込めば、
>どんどん掘り進んでいくことができるでしょう。
バンカーバスターの威力の源が何かわかっていれば
深海でバンカーバスターは全く無意味ということがわかるはずなんですが。
多分、HEAT弾のほうがかなりマシですね。

>最初は水深8kmでも、10km、20kmと地殻に亀裂を入れていくのは可能では?
1発で2q掘れる核爆弾とかあったら地震要らないでしょ。
半径2qの球体の水量考えたら簡単に気が付くはずなんですけどねぇ。

>彼らは、事前にボーリングで開けておいた穴に次々と新たな核爆弾を
>送り込んで深く深く掘り下げているのではないか。
一発ごとに穴径が広がるので、進めば進むほど不経済ですね。


21. 2012年4月18日 06:03:54 : y7DVbtI7vI
工作員大量に釣れてるな

ところで
CO2地下封入事業も直ちに止めさせる記事アップして欲しい

人工地震はいくつかの複合の手口だから全て追求していかないとね


22. 2012年4月18日 11:07:10 : vYlEHQZJfC

 「日本人が知らず知らずのうちに開発した地下核融合爆発は?」

 「新潟の長岡のヤツだな。地球温暖化の原因になるとか言って、二酸化炭素を地殻の奥の方に送り込んで貯蔵しようという実験だったよな。あれのおかげで、地殻の深い所で核融合が起きてしまって、長岡あたりで2度の結構大きな地震が起きてしまった。」

 「新幹線が初めて脱線した地震だったよな。あれは、炭酸ガス封入実験をやっている連中自身わかっていないようだが、地震が起きて当たり前だ。炭酸ガスを無理やり圧力をかけて地中に送り込むから、その下にある地下水が地殻に入り込む。で、マントルに近い所でマグマに接触して高温と高圧で核融合反応だ。地震発生だ。」

 「今回の311テロでは、この手口は使っていないのか?」

 「かなりあちこちで使っているんだ。鉱山跡とかに機材を持ち込んでガス封入で核融合誘発を実行している。成功した所も結構あって、秋田の内陸とかで人工地震が発生している。だが、発生時間をあまりコントロールできないのと、今のところそれほど大きい地震を起こすことはできていない。これなら、核爆弾を使わないから、まず、人工地震とはばれない。ただ、震源が結構浅いんで揺れが地震らしくない揺れでな。日本人がおかしな地震だと騒ぎだしている。どちにしろ、2011年3月11日の超弩級大地震みたいのは、この方法では無理なようだ」

 二酸化炭素貯留実験に関する質問主意書
■平成20年3月31日提出
■第169回国会(常会)
■質問第87号
■「風間直樹」議員による提出

質問文

二酸化炭素貯留実験に関する質問主意書
平成二十年度予算において経済産業省は、温暖化対策として二酸化炭素回収及び貯留技術開発推進の予算を計上している。一方、主として米国内などで、二酸化炭素注入実験による貯留地点よりほぼ二十キロの箇所で大規模地震が誘発されるとの研究報告も出され、大規模災害発生が懸念されているところである。
従って次の事項について質問する。
一 平成十二年三月から十七年一月にかけ、財団法人地球環境産業技術研究機構は新潟県長岡市において二酸化炭素圧入実証試験を行った。この際、実験による地震誘発の可能性についての事前調査を行ったのか。また、どのような判定基準のもと、実験が地震を誘発する恐れはないとの確認を行ったのか。
二 先の実験開始から半年後の平成十二年十月に中越地震が、また終了から半年後の平成十七年七月に中越沖地震が発生した。いずれの震源地も二酸化炭素注入実験による貯留地点よりほぼ二十キロの箇所である。こうした事実を踏まえ、平成二十年度からの大規模実験ではどのような事前の安全調査を行う予定か。
三 平成二十年度からの大規模実験の実施場所はどの都道府県を予定しているのか。
右質問する。


二酸化炭素貯留実験に関する質問主意書に対する答弁書
■平成20年4月8日日受領
■内閣総理大臣「福田康夫」による答弁

答弁書

参議院議員風間直樹君提出二酸化炭素貯留実験に関する質問に対する答弁書
一について
財団法人地球環境産業技術研究機構においては、御指摘の実証実験の事業計画策定に当たって、専門家からなる委員会を設置し、二酸化炭素圧入予定地域の近傍で過去に行われた石油・天然ガス開発の坑井掘削の結果得られた地質構造に係るデータ等に基づき検討を行ったところであり、二酸化炭素が圧入された帯水層において圧入された二酸化炭素が広がると予想された範囲に、断層が確認されなかったものである。
なお、同機構においては、二酸化炭素圧入地点に地震計を設置し、常時観測を行う体制を整えており、その後の観測結果からは、特段の異常は確認されていない。
二について
平成二十年度以降に実施する予定の大規模実証実験については、地震学の専門家の意見を踏まえて安全性に十分配慮した事業計画を策定するとともに、地元の地方自治体の理解を前提に実証実験を行うこととしている。
なお、御指摘の先の実験において実際に二酸化炭素が圧入された地層と、御指摘の地震の震源が位置する地層とは連続性がなく、二酸化炭素圧入による影響が御指摘の地震の震源まで及んだとは考えられない。
三について
平成二十年度以降に実施する予定の大規模実証実験を実施する地域については、現在のところ具体的に決定しているわけではなく、今後行う予定の予備調査の結果を踏まえて、これを実施する地域を絞り込んでいくこととしている。


23. 2012年4月18日 13:34:35 : Pj82T22SRI

>地殻の深い所で核融合

笑える


24. 2012年4月18日 22:46:48 : IE862nVqXM
人工地震はあるでしょうね。
数多く報道されていますし。

人工地震兵器はどうなんですかね。
なるほどと感じる話は全く無いですね。

「ちきゅうがおこす人工地震」というのはちきゅう号単独の現象ではないですね。
そもそも地震ではなく海中に人工的におこす振動のことですよね。

太平洋戦争時代のアメリカの人工津波の件は、比較的浅いところで爆発を起こす話なのでは?
津波の横幅も数キロの可能性程度で、今回の東日本大震災レベルの津波にこじつけるには桁が違いすぎますな。

Co2圧入も今後実用化されたときに白黒はっきりすするでしょうね。
まあ日本は全国どこで大きな地震があっても不思議ではない構造なので地震がおきるとこじつけも多いでしょうが・・・。

過去の大きな地震もちきゅうが犯人なんですかねぇ(笑)。


25. 2012年4月19日 00:39:41 : ftd9diRfFU
>>9さんへ。知らないのはあんただけだよ。地球探査船の削孔穴径は、20〜40センチ程度、そんなに大きくないんだよ。筒型の核弾頭を削孔パイプに入れて、落としていけば完了。
人工地震は世界の常識化。政府官僚も認めてますわ。>>9さんよ、知らなかったんじゃないのかね?あんたの頭は時代遅れだ。ウザったいから引っ込んどけ。

26. 2012年4月19日 00:48:55 : ftd9diRfFU
ていうか、>>9さんよ。「軍事技術をもっと勉強しておけ」←あんたが勉強しろ。
純粋水爆使うならそんなに必要ないよ。純粋水爆の威力を全然知らんな。

27. 2012年4月19日 01:04:09 : ftd9diRfFU
http://blog.goo.ne.jp/tank1208/e/cb2b859bf2ff19e5b47dc47be1ea6fec

乙工作員+大学乙教授らの頭ガチガチの連中に、説明しても思考を曲げない。
我等有志、ハヤテさんのブログでござい。

純粋水爆の威力は、地割れが起きるほど強烈なほどでございま。M9など、それはそれは起こせますよ。これに否定的な人は、よほど頭がアジャパーなのでしょう。
世界の常識を覆す「馬鹿」が居るということなのですから。

これに反論する人、「馬鹿」だと晒してください。


28. 2012年4月19日 07:35:24 : y7DVbtI7vI
地面に穴掘ってCO2を注入するなんて、どう考えてもクレイジーだ
こんな事やってるのは世界の中でも日本だけではないだろうか?

福島県いわき市で事業を行っている
新潟大地震の震源直下でも事業を行っている

CO2を注入した場所で大地震が起きている事実

御用学者を使い、地層が連動してないがどうのとか
支離滅裂な言い訳をする様は、まるで原子力災害のそれと全く同じだ

「放射能で被害が出た証拠はあんのか?ああ??」
「CO2で地震起きた証拠はあんのか?ああ??」
「ちきゅうで地震起こした証拠はあんのか?ああ??」


29. 2012年4月19日 17:12:01 : ftd9diRfFU
>>28頭大丈夫か?一度精神科医っとけ。お前が欲しがってた証拠だよ。最後まで見ていろ。

アメノウズメ中級編6

http://www.youtube.com/watch?v=QYDoLiiTtyw&feature=related

311人口地震発生装置LWD”〜DeepSea・・・・・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=UFeZfQe6xZk&feature=related

これで否定的なら、工作員か、人格障害者。


30. 2012年4月19日 17:21:15 : ftd9diRfFU
>>28「放射能で被害が出た証拠はあんのか?ああ??」

こいつ・・・馬鹿だ・・・いや、頭が真面ではない。
「被災地の子供たち、放射能で心機能低下による死亡多発」
こういう記事を読んどけ。
浪江町 放射の被害者有。

さて、工作員潰しといきましょうか。


31. 2012年4月19日 17:23:15 : ftd9diRfFU
>>30 訂正   浪江町 放射能被害、子供たち。
裁判所へ告訴する、浪江町長ら。

32. 2012年4月19日 19:11:47 : kVRjv6w4OQ
ちきゅうの記事が出ると変な奴がワンサカ沸いてくるな、オゾゾワ〜ン
まぁ春だからしょうが無いか、

そういえば家の庭にもアブラムシがいっぱい沸いて来たな、大事な花のために
今度の日曜に駆除しなければ、駆除剤は安全な植物由来の物を使うとしよう
ハイ、さようなら。


33. 2012年4月19日 21:32:26 : IE862nVqXM
ここはまともに検証や議論ができない学生レベルが多いのね。

これに反論する人、「馬鹿」だと晒してください。
これで否定的なら、工作員か、人格障害者。
変な奴がワンサカ沸いてくるな、オゾゾワ〜ン

とか・・・

さようなら。


34. 2012年4月19日 22:08:24 : IE862nVqXM
さようなら、と思ったが一言だけ。

おいっ!29. 2012年4月19日 17:12:01 : ftd9diRfFU

リンク両方見たぞ。
「アメノウズメ中級編6」突っ込みどころ満載じゃないか。
これを見て内容を鵜呑みにしているようなら危険だぞ。
人に説明するつもりで何べんも見返してみな。

「311人口地震発生装置LWD”〜DeepSea・・・・・・・・」
人工地震といっている定義を調べてみることも大切なのではないかね。
あの映像を見て簡単に核弾頭を落としていけると思い込んでいるのが不思議だよ。

私は工作員か人格障害者なのかぁ(笑)


35. 2012年4月19日 22:13:17 : 69oEfbT39Q
ちきゅうの公表掘削能力がデタラメの可能性もある。凄い深みまで到達できるのかもしれん。また先端はセンサー付きだ。適当なところを探しつつ掘れるのだろう。

36. 2012年4月19日 23:14:45 : IE862nVqXM
しつこくもう一言。

おいっ!35. 2012年4月19日 22:13:17 : 69oEfbT39Q

深さはそうかもしれないな。もっと深く掘れるのかも知れないねぇ。
でも29.の映像が証拠なら穴の直径は譲れないな。
どうやって核弾頭を沈めるんだ?
地表でやるのと同じとは思わないよな、さすがに。
相当の圧力だぞ、深海は。

深く掘れても何の証拠にもならんと思うがどうだい?


37. 2012年4月25日 00:19:59 : 9edIzqRHKU
>純粋水爆使うならそんなに必要ないよ。純粋水爆の威力を全然知らんな。

「今日の、機密となっていない技術のみを用いて、純粋水爆作成を思考実験的に考えることはできると主張されている。理想的状況での論議であり、そのような技術が既に存在し実現可能という意味ではない。そのようなデザインの純粋水爆の重量は約3トン[1]で、TNT約3トンの威力になると予想される。」(wikipedeiaより)

理想で重量3tの純粋水爆はTNT換算で約3tの威力。

つまりだ、

純粋水爆の破壊力自体は高性能爆薬とほとんど変わらないってこった。
この意味がわかるか?
3tの純粋水爆は、破壊力の点だけで言えば、第二次大戦で使われた
グランドスラムはおろか、高空から落とされその激突による衝撃も加味された
トールボーイ以下ってことだ。
3tの爆弾ってかなりでかいぞ。


38. 2012年4月29日 21:20:35 : IE862nVqXM
深さ10kmの地震を起こすのも大変そうだな。
純粋水爆とか・・・どのように仕掛けたのかな?

以下引用。

「ちきゅう」世界最深掘削=日本海溝、海面下7740メートル―海洋機構
時事通信 4月27日(金)21時47分配信
 海洋研究開発機構は27日、東日本大震災の巨大地震・津波のメカニズム解明のため、宮城県沖の日本海溝の震源断層を掘削調査していた探査船「ちきゅう」(約5万7000トン)が1本目の穴の掘削を終え、海面からの深さの世界記録を更新したと発表した。水深6883.5メートルの海底下をドリルで856.5メートル掘削し、海面から合計7740メートルとなった。
 従来の記録は、1978年に米カリフォルニア大などが運用していた「グローマー・チャレンジャー」がマリアナ海溝チャレンジャー海淵で、水深7034メートルの海底を15.5メートル掘削した計7049.5メートルだった。 


39. 民間研究員 2012年5月06日 22:55:26 : rjiFO26poEKVs : Km18PNkkpA
海底の粘度層に穴あけたら水田に穴開けるのと同じで、海水が侵入し始めて深部の圧力が上がって海底が浮いた感じになって滑りやすくなる。遅いけど掘削はやめてほしい。

40. 2012年6月22日 12:06:37 : 8xYcXZePtM
>>39

海底の水圧云々と良く聞くが、その分地底も同じ圧力である。
いくら掘っても圧力は同じ、逆に吹き出す可能性の方が高い。


41. 2012年9月27日 19:00:34 : cXLmbaSksE
空は、ケムトレイルを撒き放題。
海底は、「ちきゅう」が掘り放題、仕込み放題。
国民は、ぽけ〜〜っ。 

42. 2014年5月13日 11:04:28 : Okzo7LRB5s
何故、原発のセキュリティーはイスラエルなのですか?
東電はセキュリティーには関してはノウコメントでしたね。
ここを追及すれば全てが明らかになるのでは?

43. 2014年9月18日 15:16:30 : 31S1OTVcxI

地球深部探査センター
http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/status.html

現在のちきゅう


現在ちきゅうがどこにいるのか

2014年8月1日

清水港停泊中




44. 2016年3月15日 17:10:50 : JFhRM4WdGY : rpudECH5lgE[165]
ちきゅう は怪しまれているのだから、出航前に国が検査すべきだ。
逆に、検査を拒否したならば徹底的に監視する必要がある。
更に、検査の結果は、国民に開示すべきだ。
犯罪が疑われ、それがプライバシーが無い公的存在ならば、
拒否する理由はないはずだ。

45. 2016年4月02日 13:35:17 : WSztW3IQG2 : xhd@0yVTQ0M[6]
読売新聞(軍産業新聞)がかつて喜んで人工地震の実績記事にしてますよ

人工地震の歴史を振り返る その3 〜読売新聞戦後紙面より〜
http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-416.html

人工地震は「ある」


46. 2016年4月02日 18:53:11 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[514]
レーザー起爆の純粋水爆は、アタッシュケース大のものや、ガンタイプの円筒形のものもあるようだが
そんな最先端の情報が漏れて掲示板にコピペされるはずはなく、どこまで小型化されているかは不明
バランスを崩して倒れかかっている人を指一本で倒せるように
歪みのエネルギーの貯まったプレートをいじれば水爆でなくとも地震は発生するだろう
その地震が更に巨大な地震を誘発させることもあるだろう

多くの人が「ちきゅう号」を疑いの目で見ているのだか
ちきゅう号の利用者団体名、作業地点と目的と日時、などを一覧にしてHPで公開しとけばいい
近くでゴソゴソしてたら身構えるということができれば安心でしょ
いつどこで、何をしているか分からないから怖い


47. 2016年4月05日 01:53:24 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[239]
あちこち起こる不審な火事場で何度も見かける男・・・。

48. 2016年4月06日 07:16:35 : 8rfQzL5Qyw : DnIKgZKyh_U[294]
>>45

 人工地震なんて、地下構造の研究には常套的な研究手段だよ。極く普通に当たり前に使われている。そんなの常識だ。


49. 2018年10月14日 02:57:11 : rn7jMLAwsA : uBd@RI4WvhQ[2] 報告
http://asyura.x0.to/imgup/d9/1681.jpg

311は天皇とアメリカ政府が主犯の設置型テロ アメリカの世界計画に加担の超党派 朝鮮天皇が日本のテロ犯
https://egg.5ch.net/test/read.cgi/emperor/1538173261/

311の前日  ニコ生でNHK放送を流すという予告。
2011年3月10日

テレビ見ないネットユーザーの為に、ニコ生でNHKの放送をするという予告。
用意周到な設置型テロを見せる為に、事前用意。

この放送のあと毎日ニコ生で、NHKの災害放送。
その為のNHK提携。

2011年のニコニコ生放送。
311テロの1日前に NHKと提携してNHKの番組をニコ生で放送する発表。
これは完全に日本政府(天皇、皇室は朝鮮人)の犯行。
アメリカの依頼(人工災害の設置型テロ)

絶対に天皇と皇室はこの犯行に関係している。
超党派だから。公安が暗躍していた。2003年ごろに設置の可能性が高い。

宮城の石巻は公安が調査で事前に行っていたらしい。
他にも公安活動や株などの事前活動がある。

アメリカの要望を聞いて日本で設置型のテロを行っている朝鮮人テロリストは天皇アキヒトだ。

あの笑顔にだまされるな!

50. 2018年10月14日 03:10:26 : FHyy1hI0kd : 3C28cGUiGZs[1] 報告
ロシアなら戦闘機で撃って沈没させるだろうな
日本の政治家は臆病者の泣き虫ばかり

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 自然災害18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧