★阿修羅♪ > 国際7 > 729.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米国を見限ったサウジアラビア/田中 宇(2013年10月24日)
http://www.asyura2.com/12/kokusai7/msg/729.html
投稿者 仁王像 日時 2013 年 10 月 25 日 20:09:33: jdZgmZ21Prm8E
 

◆米国を見限ったサウジアラビア
 http://www.tanakanews.com/
 【2013年10月24日】 サウジの米国離れを考える際に重要なことは、サウジが米国から離れること自体でない。米国から離反しても、米国以外に組む相手がいなければ、いずれ米国頼みに戻らざるを得ない。しかしもし、米国以外の諸大国が台頭し、米国覇権に対抗できる新たな世界体制を組む流れがあり、サウジが米国を見捨ててその新世界秩序に便乗する新戦略を打ち出したのであれば、それは米国の覇権にとって大きな脅威になる。サウジの米国離れが、真に大々的なものであるなら、サウジはドル以外の主要通貨による原油決済を増やし、石油収入を米国以外のところに投資する傾向を強めるだろう。これは、ドルや米国債の基軸性を喪失させ、米国の覇権低下に拍車をかける。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
02. 仁王像 2013年10月26日 22:06:54 : jdZgmZ21Prm8E : glPnnHm0B2
 スノーデンの飛出し(スピンアウト)や世界要人35人盗聴疑惑の露呈など、米国覇権体制にひび割れが発生してきている。スマートでスピーディな収拾で、さすが覇権国との貫録を示すこともままならなくなってきている。向こう十年単位の見通しでカタストロフィーを起こしていく可能性すら予感される。
 1913年に国家の通貨発行権を寄生虫たちに略奪されてから、ちょうど百年経つが輪廻とでも言うのであろうか。

 替わって中国がこれら世界金融勢力に寄生され覇権国家に仕立て上げられると、中国という国と人民にとっては気の毒・迷惑千万なことになる。


・Re: 米国はベトナムで5万人の米兵を殺したが、今や「万」を超える兵士を殺すことはできなくなった!
 http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/655.html
 投稿者 仁王像 日時 2013 年 9 月 06 日 20:07:15: jdZgmZ21Prm8E

http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/414.html#c8


03. 2013年10月27日 17:55:43 : zP1SivtUYk
>>02. 仁王像 様

確かに

>>替わって中国がこれら世界金融勢力に寄生され

中国も世界の諸大国も絶対に入り込む隙を見せてはいけませんね


04. 仁王像 2013年10月27日 20:03:11 : jdZgmZ21Prm8E : snznODOHl6
 >>03

 >中国も世界の諸大国も絶対に入り込む隙を見せてはいけませんね

 その通りだと思いますね。
 魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国志ではありませんが、世界が3ブロックぐらいに分かれて相互にけん制し合いバランスをとって行く辺りがどうかと思います(田中氏の多極化した世界)。
 一つはEU、もう一つはBRICS、残りは日米を含めた部分ということに現時点ではなりそうです。

(02の補足)
 寄生者たちによって使役され続けてきた米国とその覇権体制は制度疲労を起こしてしまっている。その制度疲労をなんとか持ちこたえさせるために米国はやり過ぎてしまったのだと思う。そしてこのやり過ぎという宿命からも逃れることはできない。来るべきカタストロフィーへの序曲だろう。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際7掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際7掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧