★阿修羅♪ > 昼休み52 > 460.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アーミテージとナイの「脱原発受け入れがたい」発言を嬉々として報じる奴隷新聞 (属国離脱への道)
http://www.asyura2.com/12/lunchbreak52/msg/460.html
投稿者 新世紀人 日時 2012 年 10 月 28 日 13:09:09: uj2zhYZWUUp16
 

http://blog.zokkokuridatsu.com/201210/article_5.html

アーミテージとナイの「脱原発受け入れがたい」発言を嬉々として報じる奴隷新聞

<< 作成日時 : 2012/10/28 08:57


 日経と謀略シンクタンクCSISの共催による属国管理シンポジウムで、リチャード・アーミテージとジョセフ・ナイが、2030年代原発ゼロ方針に対して「受け入れがたい」と発言した。

 この発言をただ発信するだけの日経新聞。いったい、どこの国の立場からの報道なのか。

 分かりきったことだが、日本の原発政策について、下っ端のジャパンハンドラーズなどにあれやこれやと注文付ける資格はない。

 橋下の原発に対する姿勢がぐらついて脱原発を放棄した背景には、ジャパンハンドラーズの存在がある。

 今年春の段階で、アーミテージの部下に当たるマイケルグリーンが橋下を激賞する一方で、脱原発については苦言を呈していた。恐らくコイツらの意向を受けて、橋下は変節した。

 アーミテージやナイは、まだ分かってないようだ。日本にもお前らの居場所はもうない。本国で、ロックフェラーとともに素直に落ちぶれていくべきなのだ。


「日本の原発ゼロ容認できぬ」アーミテージ・ナイ両氏
本社・CSISシンポで米知日派の元政府高官
2012/10/26 16:03
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM26058_W2A021C1000000/
 日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)の共催で26日に都内で開いたシンポジウムで、リチャード・アーミテージ元米国務副長官とハーバード大のジョセフ・ナイ教授は野田佳彦政権が打ち出した2030年代に原発稼働ゼロを目指す方針について「受け入れがたい」と強調した。

 両氏は日本に対し、経済大国の地位を維持しながら集団安全保障での一段の貢献を要請。アーミテージ氏は日本が東日本大震災からの復興過程にあることを念頭に「代替エネルギー(への転換)がもくろみ通りにいっていないのに、原子力を放棄して自らの手足をさらに縛る必要があるのか」と疑問を呈した。ナイ氏は「日本の原発ゼロ方針は受け入れがたい」と明言。地震対策を踏まえた原発立地など安全対策を強化するのが重要との認識を示した。

 原発増強に動く中国が日本の原子力技術を必要としているとし、対中の外交カードを維持する観点からも原発ゼロに反対する姿勢を明確にした。

 アーミテージ氏は沖縄県・尖閣諸島を巡って悪化する日中関係は「短期間では解決しない」と言明。22〜23日の訪中時、中国の指導部から「尖閣問題に対して中立的な姿勢を求められた」ことを明らかにした。そのうえで「尖閣諸島に侵略したり、威嚇したりすれば、米国は中立ではない」と返答した。


(新世紀人コメント)

ミエミエの偽装発言をやってるわ。

代替エネルギーへの転換が行われると困るのはお前等だろう。

「チャイナが日本の原発技術を必要とするから日本は原発稼動をしろ」だって?

嘘を言え! これは大きなビジネスチャンスだ。米国が自分で原発をチャイナに売り込めよ。

リスクの高い原発ビジネスを日本に肩代わりさせて自分は逃げようとの魂胆だ。

日本がTPPや消費税増税で米国の言う事を聞かずに属国離脱にスタートを切ろうとしたら大飯原発をテロで爆発させると脅すかまたは本当に爆発させるつもりで居るだろう。
福島第一の事例に次ぐ二発めの対日核攻撃だ。

尖閣で米国が日本を支援するだって?

日本市場より大きなチャイナ市場を手放す筈がないだろう米国が。

日本には梯子に登らせていざとなったらそれを外すさ。

その時はこう言うのさ。

「歴史的経過を調べると尖閣は中国すなわち台湾の領土であるのが正確であるようだ。日本の勇み足に我が米国は警告を発したい」とコメントを発する訳。

今回の米国が石原慎太郎を唆して野田政権にやらせた尖閣国有化は、日本をチャイナ市場から追い出してこの市場を米国とEUや韓国で儲けようとの目論みによるものだ。

中でも米国は対中輸出製品の競争力が劣るものが多いので日本製品の駆逐する事と日中韓台の関係緊密化による東アジア経済の台頭をを阻止して米国覇権と帝国主義的寄生を維持する為に日中関係破壊と日韓関係破壊を戦略目的として日本の政治に謀略工作の手を突っ込んでいる訳である。

チャイナはその時の強い政治力を利用して泳ぎ渡る国際的力量を備えている。

第二次大戦では軍事で日本に負けつつもその前から国際的に政治で上手に立ち回って国際的規模での政治的勝利すなわち国家の帝国主義からの独立を勝ち取った訳だ。

即ち彼らは勝利者であるのであって日本国民は彼らに政治的に敗北した事を率直に認めなければ未来は切り拓けないだろう。

まさに勝海舟の予見どおりの歴史の展開になっている。

日本には政治が判らないそして関心がない人が未だに多いようであり、彼らの影響力が払拭できなければ再び日本は壊滅し島国であっても古代ユダヤのように離散して国もなくなるだろう。

その時に離散ユダヤ人のように泣くのはかつての日本人ということになる。

そんな人達の相手をしていては自分が困るのでそれだけは御免被る。


 2 81 +−  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み52掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 昼休み52掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧