★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125 > 546.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
旧勢力どもの癒着の象徴たる 「官房機密費」問題 を風化させてはならない (暗黒夜考)
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/546.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2012 年 1 月 31 日 13:33:31: qr553ZDJ.dzsc
 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/5c07d68d7002c4a9be7012129f0743b3
暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜
2012年01月30日

旧勢力どもの癒着の象徴たる「官房機密費」問題を風化させてはならない


人間とは実に物忘れの激しい生き物である。

あと一月余りで忌まわしき「311東日本大震災」から1年が経過するが、被災地の変わり果てた光景や福島第1原発事故がものの見事に忘れ去られ、まるで「なかったもの」かのようにせんとする風潮する感じる今日この頃である。

日々身の回りで起きている出来事を、何でもかんでも安易に「絆」「希望」という言葉に結びつけ、これを「美談」とする今の”空気感”には胸糞が悪い思いである。

震災および「福1」による甚大な被害は何ら解決した訳ではない現状、「絆」「希望」という言葉を用いる状況でないことは自明であろう。

「絆」「希望」という言葉に”救われた思い”を感じている被災者が多いことは理解しているつもりであるが、それでも敢えて言わせて貰えば、それが単に「現実から目を背ける」ことに繋がっているのではないか?ということである。
即ち、マスゴミが連日のように喧伝する「美談」に縋(すが)って「現実逃避」「思考停止」に陥ることは、まさしく”国家権力”の思惑どおりということである。


随分と前置きが長くなったが、今回取り上げたのは、久々の「官房機密費」問題である。

東日本大震災や「福1」という大きなショックで、すっかり忘れ去られた感のある話であるが、政府が息の掛かった新聞記者や御用評論家どもにこの「官房機密費」をばら撒き続き、新聞・テレビというメディアを駆使して”偏向報道”を繰り返すことにより、これまで我々国民は騙され続けてきたのである。

即ち、「官房機密費」は、”既得権益”を得た旧勢力と言える連中どもが、己の手にした”利権”を守るために悪用しているものであり、ある意味、日本における「国民資産の搾取」を如実に表している”象徴的”なものと言ってよいであろう。

以下に転載する記事では、偶然にもここ最近本ブログにて取り上げてきた田原総一郎がまたまた登場するが、このオッサンは「官房機密費」から”直接的”にお小遣いをもらっていないことは事実やも知れないが、その分、電通や大マスゴミから法外ともいえる巨額のカネを受け取ってきたことは間違いないであろう。
要は、”直接的”か”間接的”かの違いだけであり、胸を張って言う程の話でも何でもないであろう。

ここ最近、「消費税増税」について、大手マスゴミはこぞって「仕方ないもの」として報じており、ロクに矛盾点を掘り下げることもなく野田ブタの援護射撃姿勢に終始しているが、これぞ「官房機密費」のなせる業(わざ)であろう。

何気(なにげ)に忘れ去られ、風化しかかっているが、もともとは我々の血税である「官房機密費」が、今尚、如何に”不適切”に使用されているかを忘れてはならない。

(転載開始)

◆「官房長官」が渡そうとした機密費は1000万円 田原総一朗氏が驚きの実態を明かす
 2012/1/27 19:07 J-CASTニュース

かつて官房長官を務めた元自民党衆院議員の野中広務氏(86)が当時、ジャーナリストの田原総一朗氏(77)に渡そうとした官房機密費の額について、田原氏本人が「1000万円」だったと明かした。そんな大きな額だったのか、と驚きが広がっている。

野中氏が2010年、自身が官房長官(1998年7月〜99年10月)だったときなどの政治評論家らへの機密費配りについて証言した際、受け取りを拒否した人物として田原氏の名前だけを挙げたことは、比較的広く知られている。その後田原氏は、野中氏との機密費をめぐるやりとりを対談で明かしているが、金額には触れていなかった。


○会見会場から「うぉ!」

田原氏が「1000万円」と金額を明かしたのは、2012年1月26日にあった自由報道協会主催の会見だ。

「フリー編集者」の男性が、「田原さんに機密費を渡そうとしたが断られた、と野中さんが証言した」ことに触れ、「上杉(隆・現自由報道協会代表)さんとの対談でも50万円ぐらい(略)」云々と質問していたところ、

田原氏は質問の途中で、「50万円じゃないですよ」と指摘し、「野中さんはいくらボクに渡そうとしたか。こういう場だからはっきり言うと、1000万円ですよ」と続けた。

金額に驚いたのか、会場から「うぉ!」という小さなうめき声が上がった。

質問者が触れた対談は、断定はできないが、2010年6月にサイト「現代ビジネス」で配信されたものと見られる。

この対談の中で、田原氏は、野中氏との機密費をめぐるやりとりの状況を説明している。時期は、2000年4月に当時の小渕恵三首相が緊急入院した「すぐあと」だ。野中氏は当時、自民党幹事長で、約半年前まで官房長官を務めていた。


○「いいお茶」と言われた紙袋、実は現ナマだった

「いいお茶を渡したい」と野中氏から連絡があり、「部屋を取ってくれ」と言われたが、「ちょっとおかしい」と思い、「喫茶店で結構です」と答えた。

着物を着た女性が約束の場所に現れ、紙袋を田原氏に渡した。田原氏は、「重さ」から判断して「お金なら返さなきゃならない」と押し問答したが、女性が「絶対違います」というので受け取った。

しかし、すぐにトイレで確認すると「おカネ」が入っていた。人を介して返す方法を探したが見つからず、直接返すことにした。

田原氏は、野中氏に電話を入れつつ地元の京都まで行き、選挙関連で忙しい本人は不在だったが、「申し訳ないけども」などと「丁寧な手紙」を書いて(事務所に「おカネ」を)置いてきた。

田原氏は、この対談の野中氏にかかわる箇所では金額に触れていない。

ほかに、故田中角栄氏(1970年代前半に首相)から「(渡された封筒の)厚さからみて100万円、いや50万円かな」を渡されたが、すぐに事務所へ行き、秘書に返した話や、中曽根康弘政権(1980年代)下での「たぶん100万円」(受け取らず)、時期には触れていないが故安倍晋太郎氏(外相など歴任)の例(返却。金額には触れず)も説明した。


○野中氏「盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ」

機密費問題に注目が集まる大きなきっかけとなった野中氏証言は、2010年4月、沖縄県での講演やTBS系ニュースのインタビューで出た。

自身が官房長官だったときの話を中心に、「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ」などと明かす一方、田原氏は機密費の受け取りを拒否したと説明した。

田原氏に対する機密費の話が、先の対談に出てくる(2000年の)1回だけだとすれば、長官退任の約半年後の出来事で、「長官時代の盆暮れ」の話とは無関係ということになる。

田原氏の「1000万円」証言を受け、インターネットのツイッターでは「1000万円!」「えぇぇ…」などと驚きの声があがっていた。

菅直人・前政権が使った内閣官房報償費(官房機密費)は、月あたり1億円を超え、自公政権時代の水準に戻った。鳩山由紀夫元首相のときは、月6000万円程度だった。

機密費の公開については、首相時代の鳩山氏が2010年3月の参院予算委で、「適当な年月を経た後、すべてが公開されるよう、準備に取りかかっている」と華々しく方針を打ち上げ、公開ルール策定の検討を始めたが、次の菅内閣を含め、尻つぼみに終わっている。

野田政権の藤村修・官房長官は2011年9月末の会見で、官房機密費について「将来的に相当の時間を経て公開されることはおかしいことではない。今後検討していく」と述べたが、どこまで公開に本気なのかはまだ見えてこない。


(転載終了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月31日 13:37:08 : NOlqhsUWNU
>機密費の公開については、首相時代の鳩山氏が2010年3月の参院予算委で、「適当な年月を経た後
>すべてが公開されるよう、準備に取りかかっている」と華々しく方針を打ち上げ
>公開ルール策定の検討を始めたが、次の菅内閣を含め、尻つぼみに終わっている。

ハネムーン期間(笑)やらアメリカとの密約に使ってたのかどうか

結局鳩山政権で捻出された巨額の官房機密費も闇から闇へと消えたもんなぁ。


02. 2012年1月31日 13:58:01 : SKdQXTM76k
鳩山当時の平野官房長官が機密費をネコババしたとか言ってた人の問題が蒸し返されてます

3分でわかる上杉隆VS町山智浩 @uesugitakashi - Togetter
http://togetter.com/li/248692


03. 2012年1月31日 18:09:08 : oXjyYrHR4I
 民主党政権がやっている事は、自民党と全く変わりないなあ!
否、もっと酷いぞ。

04. 2012年1月31日 18:56:11 : CpnfTave5E
>>鳩山当時の平野官房長官が機密費をネコババした
 たしか退陣5日前に1億円が官房機密費として出たっきりなんだよな
その1億円の1ヶ月前毎に1億円ずつ。計3億円が退陣直前に消えた件
たしかそれ以前にも官房機密費、半年間、毎月6千万問題もあったか

05. 2012年1月31日 18:57:22 : CpnfTave5E
菅は毎月1億円の開き直りを見せたが

06. 2012年1月31日 23:10:12 : g9jLm1zljE
テレビでよく中国政府の役人に関する賄賂問題を取り上げて、批判的な内容を放送した報道関係者自身が、
【官房機密費】を貰って、官邸のご要望に沿った記事を書いたり、放送したりするなんて!笑えますか?

売国政治家、高級官僚、大マスゴミ、みんな税金泥棒です。恥じ知らず、、、言葉が見つからないな・・・


07. 2012年2月01日 08:36:48 : eJcwQUA9aU
官房機密費の管理は誰がしているの?
官房長官なら、総理の了解も得ないで出せるのかな?
出金の日時と金額、引出し者ぐらいの出納簿はあるのかな?
誰かがもらった人は脱税と言っているが、
領収書が無ければ証拠は何もないから脱税を証明することすら出来ない。
もらった人は一生政府の飼い犬となる。
野中が今なおテレビに呼ばれているのも飼い犬となったマスコミが口封じの為であろう。

08. 2012年2月01日 11:18:45 : 53AnatSrA6
もらえばマスコミ側は倫理違反だろうが
渡す官邸側は内密な情報管理の一貫で目的に合ってる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧