★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125 > 557.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本政府は米国政府に貸した借金を毎年15兆円返してもらっているはず “消費税増税は全く不要である…”(新ベンチャー革命)
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/557.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2012 年 1 月 31 日 19:43:19: qr553ZDJ.dzsc
 

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/archive/2011/12/31
新ベンチャー革命2011年12月31日 No.503
2011/12/31(土) 午後 1:53

日本政府は米国政府に貸した借金を毎年15兆円返してもらっているはず:消費税増税は全く不要であることは小学生にもわかる話

1.消費税増税で税収は増えるのか

 国税庁の統計(注1)によれば、消費税5%による税収は毎年ほぼ10兆円前後であり、デフレの続く近年、減少傾向にあります。この数字から消費税率1%につき2兆円の増収という単純計算が成立します。

 そこで、もし近未来、消費税率が今の5%から倍の10%に引き上げられたら、税収は10兆円増える計算になります。ただし、消費税率アップが国民消費の足を引っ張らないという前提です。現実はそう甘くなくて、過去の例だと消費税率アップは景気を悪化させ、小売企業からの法人税収入が減ったり、企業業績悪化で社員の給料が減ったり、リストラが増えたりして個人の所得が減り、結局、トータルの税収は下がることがわかっています。

 つまりデフレ日本では消費税増税が国税庁の収入を増やす可能性は低いのです。

2.米国に貸しているおカネを返してもらえば消費税増税は不要

ウィキペディアで“消費税”(注2)を開くと“毎年14.5兆円ある米国債償還金”という項が載っています。

 みんなの党の江田憲司衆院議員(元・経産省官僚)が国会でこの点を公表しています。

 日本政府は公表された数字で米国政府に100兆円規模のドル(米国債のかたちで)を貸していますが、隠れ貸金を含めると日本の産官全体で700兆円〜1000兆円規模(対米ドル債権)とも言われています。だから江田議員の指摘通り、日本政府が米国政府に貸した借金の一部が満期をむかえて毎年15兆円を返してもらっているということです。ほんとうはもっと多いはずですから、この金額は確実に返済されるべき最低額です。

 この返済金を当てれば、無理に消費税を上げて国民に負担を押し付ける必要はないわけです。こんな簡単な理屈は小学生にも理解できる話です。

民主の消費税増税反対議員も野党議員もなぜ、この事実を国民にもっと声高に言わないのでしょうか。日本政府は米国政府に貸したおカネを返してもらえと国民がもっと大きな声で叫べば、消費税増税論者はグーの音も出ません。

3.米国政府は日本政府から借りたカネをちゃんと返しているのか

 米国政府の財政が破綻寸前であることは良い子の小学生でも知っていますから、上記の15兆円/年を米国政府は日本政府に返せるはずがありません。

 米国政府の返した15兆円分の米ドルで日本政府はまた米国債を買っているようなのです。ここに日米関係の最大の問題があります。要するに、日本政府が米国政府に貸したおカネは事実上、返済されていないのです。そして、米国政府の対日借金は膨らむ一方なのです。

 このような日米関係の歪んだ問題を横に置いて、日本国民に増税を強いているのが今の日本政府であり、野田政権なのです。

 これでは米国政府の借金のツケを回される国民はたまったものではありません。

4.金銭関係で歪んだ日米関係をなぜ、国民は知らされないのか

 日本国民の多くは、毎日、テレビや新聞から情報を得ていますが、マスコミが金銭関係で歪んだ日米関係を報道しているのを見たことはありません。なぜでしょうか、それはマスコミが日本国民に日米関係の真実を隠し続けているからです。本ブログでは、このような日本のマスコミを悪徳ペンタゴンと呼んでいます。

なお、上記、悪徳ペンタゴン日本人および彼らを動かす米国戦争屋の定義は、本ブログのNo.225(http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/20079420.html)の注記をご覧ください。

 もし、上記のような金銭関係で歪んだ日米関係の実態を国民が知ったら、消費税増税に賛成するはずがなく、虎ノ門の米国大使館前で“借金返せ!”デモが起きるに決まっています。

5.民主主義国家・日本における政治家の役割

 小中高の先生方は日本の子供たちに、戦後日本は民主主義国家だと日々、教えていると思いますが、民主主義国家において、国民を代表するのが政治家であり、政治家は国民の投票で選ばれます。だから、民主主義国家の政治家は国民本位で活動することで、国民の払う税金から報酬が払われています。

 今、国民は日本政府官僚の仕掛ける消費税増税圧力に直面しています。つまり、日本政府の官僚と国民は増税を巡って利害が対立しています。江戸時代のような封建社会では国民は重税に苦しむ一方でしたが、近代民主主義社会では政治家という存在が認められ、国民の利益を守るため、政治家は政府の官僚と闘う役割を負っています。

 今、日本の政治家は、日本政府に対し、米国政府から毎年返済される15兆円にて税収補填すれば消費税増税は不要だと主張すべきです。それができないなら、なぜできないのか、国民の前で、日本政府官僚に説明させるべきです。この説明に国民が納得して初めて、消費税増税を国民にお願いできるはずです。日本の政治家は民主主義の原点に立ち返って、やるべきことをちゃんとやって欲しい。その意味で、今の野田政権の政治家は民主主義の根幹がわかっていない。全員、政治家失格です。


注1:国税庁の統計:消費税
http://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/shohi2009/pdf/kazeijyokyo.pdf 

注2:消費税、ウィキペディア参照


ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm 

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.elmstadt.com/news/techventure.html 
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年1月31日 19:48:05 : 4ILB8XGDTw
これは、毎月の配当があるタイプの投資信託で、
配当金を手にするか再投資するかの問題ですな。
前者の場合は債権本体の円換算価格が下がる可能性が生じる。(米国債の場合はこちらが有利だろうけど)

02. 2012年1月31日 21:40:17 : M5kC0iXBDk
これは、Good News! これで消費税増税問題は、The End!


03. 2012年1月31日 22:18:44 : swsf4Tw1P2
そのみんなの党がアメリカのいいなり。

アメリカ様のいうことには無条件に従うのみ。特に江田くん。


04. 2012年1月31日 23:49:46 : FeCJLkbqQE
アメリカと対等に渡り合えるのは、小沢一郎。

民意の力を結集しましょう。

国民が団結すれば、なにより小沢も一番勇気づけられ、喜んでくれます。


05. 2012年2月01日 15:53:52 : sIFn88Qhjo
米経済の状況、下げっぱなしのドルの現状を考えると米債を買ってほしい、持っててほしいんだと思うから事は簡単ではないんだろう。
でも今の日本の状況をちゃんと理解すれば「わかった」と言ってもおかしくはない。野田総理と安住財務大臣はそろって訪米し日本の希望を伝えるべきだ。
20年来のデフレで日本経済も国民生活も疲弊しきっていることを正確に伝えたらいい。オバマさんが理解する確率は少なくとも50%はあるだろう。
かって、橋本さんが「売りたい」って独り言を言っただけで米は怒ったようだが、日本がパンクしたらギリシャより大変なことは米のほうがよく知っているから昔とは違うと思うよ。

06. 2012年2月01日 17:30:53 : Q1AShcAlNU
米国はここ4年間、毎年1兆ドル(約78兆円)の赤字を出していると、2,3日前米国で報道された。このような状態の中で日本が所有する米国債の配当金が果たして支払われているのかが疑問だ。財務省が全てを掌握しているのに、国民には伝わってこない。


07. 2012年2月01日 18:39:44 : 0Gjk7C0Ebs
日本国民は、米国の属国人であり、準米国人と考えないと、物事が理解できません。紙切れに等しい米国債は、もともとは日本の企業が円高で輸出が阻害されるのを防ぐために仕掛けられた政策がもたらしたものであって、企業が契約、派遣を増やしため込んだ200兆円から返してもらえばいいことです。円高になると、市場介入によってドル買いを実施し、内需を増やすと言って箱ものに投資し、また、金融緩和をして、金融バブルを起こし、持てる人がますます持てる人になり、持たない人には何も恩恵がいきとどかない長い時代が過ぎ去っていると言えます。米国債の利子はお話のように米国債に再投資、利子がドルから紙切れになり、米国にとっては実質的には紙切れを発行したに過ぎない。日本では資産が増えたので、短期証券を発行し実質的は何か必要な物に使われているのです。現在の巨大な借金1,400兆円に、紙切れに等しい米国債100兆円の借金を増やしてカウントしなければならないに、ネグられていることは気を付けた方がいいようだ。

08. 2012年2月01日 18:41:12 : XbYSDaidX2
拍手が出来ない;;;

09. 2012年2月01日 19:03:48 : RMoMvoxyms
外貨建て債権を国内に流通させることは基本的に不可能。
可能な場合はドラリゼーション。それこそ自国経済をやめちゃうこと。

・・・なんだけどなぁ。


10. 2012年2月01日 19:07:52 : L5VU46Wy8E
財務省はアメリカの犬だぜ。

国民には消費税で無理難題をふっかけるくせにアメリカには国民の大事な財産をを貢いでいる。
財務官僚なんか自分の収入がが大事で国民の金なんか気にしていない。

無くなったら搾ればいいぐらいにしか考えていない。
こいつらに消費税という打ち出のこづちを与えたのは失敗。無駄は止めないし。

アトは国会議員をたらしこむだけで税率はアップできる。
毒饅頭を食った馬鹿な国会議員が与党にも野党にもいて賛成するだけ。


11. 2012年2月02日 07:35:24 : tRdNTeoJ5o
最近のニュースでは大企業が次々と赤字転落、人員削減と聞くが中小零細企業はさらに限界に来ているところも多いのでは?
こんな現実の時に急にネバネバネバーとはどういう事か?
しかも、電気代値上げなんてヌケヌケと
消費税増税なんて意味がないと解っていて・・・

アメリカに脅されてる?
輸出企業の還付増やすため?
完了がバカ?

主婦には意味が解らない。

オバマさん、一般教書演説でいい事言ってたよねウラヤマシイ。


12. 2012年2月02日 07:47:13 : RQpv2rjbfs
アメリカに返してもらう分より、自分自身にした借金の返済に汲汲としているのが現状。すでに30年先の税金まで使ってしまいました。

アメリカ云々というよりもやはり日本人の一番の敵は日本人であったというのが正解。税金が足りないときに富裕層の減税をした。身内の給料や退職金、年金を払うために国債を発行した。そういうことをする政党や政権をとめられなかった。戦後やった富の一極集中阻止政策をつぎつぎと廃止していった。戦後のどさくさでこそ出来たむちゃくちゃな制度改革をじわじわなしくずしにしていった結果がいまのシャッター街だと思う。おそらく元には戻せないだろう。

100人の商店主のかわりに100人のパート従業員が出来上がった。その上大企業に減税をすれば景気が良くなろうはずがないし税金をとるところもなくなって、そりゃあ消費税でもあげなくてはならないだろう。

おそらく日本は世界一うまくいっていた資本主義を捨ててしまったのだ。

さて、上野や荒川のテント村からいくら消費税を取れるでしょうね?


13. 2012年2月02日 08:29:42 : vd0cl1KhlE
小人の安住財務大臣が大柄な白人と渡り合えることははじめから結果が見えていること靴底の高い靴を履いてみたところで貧相な安住財務大臣には所詮無理な話です。こんな財務大臣と土の中にもぐりこむ習性のドジョウ総理が乞食国家米国に国益の要求を出来るわけがありません。国民に対して大見得を切るのは結構ですが全くのかた手落ち早く解散しろ。お前の代わりぐらいこの国にはほかにもいますから。橋下大阪市長がいづれリーダーとなって指導することになるのでしょう。千葉の豚総理より数段上なのは自覚しておられるでしょう。

14. 2012年2月02日 09:10:10 : WckJHEVJmQ
>13

小人はずるく立ちまわって、自分の有利に持っていける能力が
あるので、安住財務大臣だったら大柄な白人相手にうまくもって行けそうな
感じがする。あの日本語の発音から英語もうまそうだ。

ここは小男に期待する以外ない。


15. 2012年2月02日 09:29:07 : 7WZekNACgc
せめて配当金相当の現物を支給してもらったらどうだろう。
F35戦闘機とか。

16. 2012年2月02日 09:40:54 : JVrPLTta0k
日本はアメリカの植民地なのだ。

日本国民、目覚めなくてはいけない。


17. 2012年2月02日 10:09:01 : dGJ4TNGDSQ
日本は、中国に戦争に負けたわけではないので、アメリカから自立すれば
中国に媚びへつらうことはないから、日本国民にとっては良い状況に
なる。
日本は、アジアの安定に力を発揮すべきだろう。
中国には、アジアの安定のために日本の技術力が必要だ。
うまくやっていけるんじゃないか。
アメリカも日本の技術力が必要。地球進化のために日本を
見放すことはしないだろう。


18. 2012年2月02日 10:16:18 : kQEPO8sN3E
日本の要路にある人間で、米国に「貸金を返してくれ」という主張をする人間は、片っ端から殺される。こういう事態になっているのを、何とかできるかどうかだ。
で、表向き米国が借金の返済要請を黙殺できなくなったら、今度は直接・間接に戦争を仕掛けて日本を潰すだろう。西日本のどこかの原発が「偶然に」爆発したようにされても、日本は終わりだ。
とにかく、保有している米国債は、踏み倒されるに決まっている。その前提から出発して、子孫に日本という国を伝える方策を考えるしかない。

19. 2012年2月02日 10:16:37 : hHDp92PV5w
米国債保有分まで日本政府の借金としてカウントして1000兆円の借金があるなんて言っていること自体めちゃくちゃなんだよね。

20. 2012年2月02日 11:08:29 : Hk5GgRpmmU
>09さんに教えていただきたいです。
外国為替市場で円に換えられるので問題ないと思うのですが、いかがでしょうか。

21. 2012年2月02日 11:18:32 : bbWxr5WbJY
ある時払いの催促なしがこの国の情けない姿。対米隷従の動かざる証拠。

22. 2012年2月02日 12:18:35 : lMrzOZbbok
米国債を割り引いて(額面の2割くらいで)中国に買って貰うのはいかがでしょうか?1説には塩漬けになっている米国財務省債は民間も含めて700兆円分くらいあるようですから、それを140兆円で中国に購入して頂くのです。そうすれば、中国も100糖円位は取り立て代行手数料を確保出来るのではないでしょうか?

23. 2012年2月02日 12:36:39 : spPAPkuD9V
米国債の話をすると、中川さんや橋本さんのようにCIAに消されます。

24. 2012年2月02日 15:17:19 : jn0jFYH9ow
こういう投稿があると必ず01のような雇われネトウヨの屁理屈で潰そうとするコメがいっぱい出てくるのが笑える。

25. 2012年2月02日 17:25:08 : RwxppQq4IU
白人米国の奴隷である日本の教科書には「ペリー来航」とか「開国」としか書いてないが、海外歴史書(なんとアメリカのものでも!)は「ペリーによる日本の開国強制」と、ちゃんと記述してある。日本は与太者ペリーに脅された揚句、シブシブ泣きながら開国した(させられた)のが事実だ。

だから、ペリーなる手合いが来て以来、日本は既にアメリカの奴隷にされていたということだ。その後の様々な戦争は勿論、米英の軍需産業を儲けさせるためと、黄色猿ジャップの生意気ぶりに苛立った脱色人種らの怒りと黄禍論ゆえに、日本庶民が生贄にされたということだ。最初は日本人を舐めきり、バカにしていたけれど、毛唐は日本人のスゴサを知り、恐れおののいたのだ。

そもそも、米は日本に原爆2発も落とすなど、我々日本人を人間とはみなしてないから出来た、悪魔の所業だ。毛唐米人殆どは様々へ理屈やこじつけ理由言うが、事実は、日本人を人間とはみなしていなかったからこそ出来たことだ、したことだ。ドイツやイタリアに原爆を落としたか?より高性能で大型のB29はなんと、木と紙でできたマッチ箱家に住み、簡単に破壊できた日本爆撃専用に使われたのに、それより旧式で小型のB17は石作りではるかに強い住居が殆どのドイツに使われたのだぞ。この事実一つ見ても、毛唐米が日本人を人間とはみなしてなかったかが判る。なお、ドイツ兵殺すのには火炎放射器は使用してないぞ。日本人はまるでメザシかハンバーグのような扱いされたのだ。沖縄戦フィルムを皆しっかり見よ!

日本人よ怒れ。これほどまでされて、しかも今なお我々の金が米に吸い取られ続けているのだ。日本人の毛唐米への卑屈さとバカさにもほどがあるぞ。


26. 2012年2月02日 17:42:54 : icXj3jWa5U
アメリカが金を返すわけがない!ショバ代ぐらいにしか思ってないよ、回収しなくていいから、もう貸さないこと!

とりあえず日本中の国債保有者は金利は要りません、と宣言してはどうでしょうか?


こんだけ日本が大変だと言うのだから、原本さえ返してくれたらいいですよー、みたいな。


そしたら、かなり返済額が減って楽になるんじゃないかな?


日本の借金1000兆円と言っても地方の借金はキチンと担保が確定しているはずだから健全な借金な訳だし、国の借金さえ金利なしにして貰えば返済はかなり楽になると思うが?


後は行政法人の廃止だな、こんなものはそもそも今ある予算のなかで各省庁がやるべき仕事であり、別予算でやるほどの仕事じゃない!


これで12兆円は一気に削減出来る。


公務員給与も二割削減すれば消費税なんか上げるどころか消費税そのものを廃止出来るじゃん!


そして新たに年金のタメだけの消費税20パーセントで国民全員保険料を納めることなく60才から毎月20万支給、これで全てOK。


なお既に保険料を納めている人は一括で返してもらうか年金に上乗せするか選んで貰えばいい。


27. 2012年2月02日 18:27:33 : vAG9WWMuLY
アメリカがどうとかいう前に

今、日本中で始まっている道路工事

これが問題だ

日本には公務員と認定されない税金に集る輩が多すぎる

これを自力で処理できないから米政府の圧力が必要なんだろ

これより圧倒的に強い米政府に何を談判できると言うのか


28. Ryukyuan.isao-pw 2012年2月02日 20:24:36 : YrP2vZDuHZBQs : u5btJ5mJr2
昨日の国会中継で明らかになった事は八ッ場ダム工事の再開を決めた国交省の審議会は関係都県協議会の意見書を基に工事再開が治水利水に関わる予算額として最も効率的で安上がりとの答申を出し、国交大臣が工事再開を決定し閣議了承している。
問題は関係都県協議会の事務方となる幹事会を構成している地元の代表者となっている都県の部局長、課長には国交省及び総務省からの天下り、出向者が要職に配置されて国交省の事業推進を後押しする役目を果たしている事だ。
この国を食い荒らすシロアリ達が民主党の政治家を籠絡して既得権益利権集団の思うままに操っている構図が明白となったにも拘わらず野田佳彦政権は官僚機構の巻き返しに抵抗もせずに容認している。
シロアリの仲間入りした野田佳彦政権に口先番長の前原誠司も苦笑いするだけだ。

29. 2012年2月02日 21:28:27 : yNslTt374Y
そういえばノーパンシャブシャブでっち上げ大蔵省解体以後、小泉政権の日本売り政策はひどかった。

アメリカの手先と化した財務省の円高を放置し続ける無能無策ぶりの理由もよく判る。

ハゲタカどもはアメリカ国内では既に貪り尽くし不毛の原野と化したので、次は日本に消費税増税、TPP参加に追い込み、それを貪りつくそうと言う魂胆か。

―ハリマオ―


30. 2012年2月02日 21:36:24 : EVSlGH9HLQ
残念ながら世界から日本はダメリカに都合の良いATMと揶揄されているのはプラザ合意以降、紙切れ同然の米国債を日銀が引き受けるのみであって、買い戻してもらうことはおろか、金などとのコモディティーとの兌換も禁止されている点である。

ギリシャ財政危機問題に端を発したPIGS諸国を含むユーロ問題の本質もダメリカユダ金ヘッジファンドによるユーロ建て国債の市場での空売りにある。

その問題を緩和、解決する為にIMF(国際通貨基金)にECB(欧州中央銀行)は融資を求めているのに張本人のダメリカは早期に一切融資を行わない立場を取っている。

そのせいで「世界のガン」ダメリカ以外の国からも日本の円が狙われている。

そもそも国際通貨基金とは名ばかりで実質ダメリカ政府と一体になったユダ金機関であり、日本の消費税率にまで口出しをしてくる程の如何わしい機関だ。

ここのところのマスゴミによる消費税増税問題を見るたびに思うが、きっと日本国民に使われる増税ではなく、ダメリカ経由でどこかに消え去ってゆくのだと思う。


31. 2012年2月02日 22:20:41 : g5YNM3KfF2
■前原も大臣の時にシュワルツネッガー州知事救済のため2兆円振り込んだ。

シュワちゃんの新幹線導入与太話をマスゴミに流して置いて裏側では返済無用に等しい条件で菅・前原政権に2兆円振り込ませた。

これは従官政権の菅・前原とマスゴミが結託して行った国民に対する振り込め詐欺に過ぎない。

単純な話なのだ。
シュワちゃんは州知事をやめる前にバカ菅政権からカネを『振り込め詐欺』したのだ。

この『振り込め詐欺』の報酬は前原がシュワちゃんと握手する映像を流せたことだけです。アメポチ前原じゃどうしようもない。

●任期の2011年1月3日までにカリフォルニア州の財政難建て直しに貢献することがシュワちゃんの使命だった。

シュワちゃんは2009年には州の財政難解消のためにマリファナ合法化を“検討すべき”だとガーディアン紙に対しコメントしたというほどだった。
州が財政難のため麻薬売買に手を出そうというところまで来ていた。

さて、シュワちゃんは任期間近に迫った2010年9月に来日し”新幹線与太話”をエサにほとんど償還保証なしの2兆円を振り込ませた。州の瀕死とも言える財政難を考えれば”新幹線”など作れるはずもないのだった。

たったこれだけの話。
従米ポチの前原や菅政権やマスゴミが連帯責任で振り込んだ。

思いやり予算だの、TPPだの、消費税増税で米国債買い増しだのどこまで吸血されりゃ気が済むんだ、従米官僚と従米政治家ども。

ふざけるな!たいがいにしろよ!


32. 2012年2月02日 23:57:30 : emSoXdYHlM
『<石井雄基氏>が明かそうとし、あと一歩で惨殺されてしまった「特別会計の闇」の核がここにある。』

<ヘドロ官僚機構>と<アメポチ勢力>がのうのうと生き永らえて来ることができた温床こそが「特別会計の闇」というブラックボックスなのである。
<オザワン氏>主導の「真正民主党」はこのブラックボックスを打破しなければ脱官僚機構=民主導の「国の形」を形成できないという主張を“旗印”に多くの無党派層=既得権益打破層の支持を受けて、政権交代を果たしたのである。
「真正民主党」マニフェストの諸政策の財源的根幹は、「特別会計の組み換え=一般会計化」であり「国の財政諸表の全情報公開」なのである。

これをマジでやられたんじゃぁ堪んないよ!ってんで、所謂<悪徳ペンタゴン>は一斉に、<オザワン氏バッシング>&<ポッポ様シカト作戦>を総力を挙げて展開し、なんとか<カンカラカン政権>をデッチアゲた。
が、それも束の間、言わずもがなの“消費税増税問題”で参院選を惨敗し殆どレームダック状態に、3.11の「東日本大震災・大津波&福一原発大人災」にみまわれたのである。
その国家的な危機に直面しても、<カンカラカン政権>も<ヘドロ官僚機構>も<バカメディア>も、なすところなくウロウロするだけ…相も変わらぬ「無能・無策・無責任」体質丸出し…ってお粗末極まりない惨状。
で、トッチラカッタ<カンカラカン氏>が例によって“言ってみるだけ”の「脱原発発言」でお仲間からも総スカンを食らって、敢え無く討ち死に。
次なる<ドジョウブタ氏>に至っては、もう端っから“冗談ポキポキ”って正真正銘の<ヘドロ&アメポチ>体質…この時点で「民主党」の役割は既に終了している。
<ノダメブタ政権>に出来ることといったら、恐らく、四次補正予算を大幅修正するか或いは引っ込めて、<今年度予算>だけをなんとか通してもらう…で“雲散霧消解散”…ぐらいしか落とし所は無いんじゃぁないの?
だってもう、闇のコントローラーであった<悪徳ペンタゴン>そのものが、目的意識が四分五裂(アメリカ内部でもそう)…言ってることも支離滅裂(日本内部でもそう)…とどのつまりは「政界再編」しか政治家側からの処方箋はない。が、チマチマした政党間の“合従連衡”なんて、最早、有権者の約65%に達している「無党派層=既得権益打破層」には通用しない。そんなもんには“ウンザリ”してるんだから。
そうした政治的ムーヴメントは、既成政党がやらない・出来ないのであれば地域政党から…地域政党が出来ないのであれば「私たちから」…っていう「川上思考=民主主義の本流」へと変化しつつある。
「バトルロワイヤル」のガチンコ乱戦が、新世紀の「国の形」生み出す、新しい古事記を紡ぎ出してくれることを願って、オイラも積極参戦するぜ!


33. 2012年2月03日 09:15:58 : yrazYPVgOy
教えて下さい
最近大手銀行が、日本国債が暴落の可能性有りと新聞発表しましたが、なぜ暴落の可能性があるのですか?暴落=国債金利上昇=インフレではないのです?今のようなデフレ(お金の借り手がいない)で金利上昇があるのですか?
良く分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか。

34. 2012年2月03日 11:32:02 : LjDUeYansg
江田憲司議員がかつて仕えた、ポマードのおじさんはアメリカ国債を売れれば、
国の借金はなくなるのにと言っただけで、役職をくびになったではないですか?
忘れたわけではないでしょう、
赤坂の一等地の地代さえ滞納している者を信用できるわけが無いであろう、
オバマよお言葉返すな借金返せと言いたい!!

35. 2012年2月03日 14:09:17 : 2Vwna7ir3e
>>33
国債の発行とは市場現ナマの日銀強制預りだよ

国債の受け皿はほとんど日本の金融機関だから
好き勝手発行された国債は、銀行を中心に金融機関に押し付けられ
その額面分、預金者の財布の中身が現ナマから手形に変わってる
そんなもんだ

日本の銀行は何やっても儲からないので、押し付けられた国債の
金利が企業利益となっている

最近ますます純企業経営として、海外投資した元本はおそらく
最近の金融不安で飛んで大損こいてるだろうから
保有国債の金利を上昇させて、日本政府から配当をいただこう
そういうわけだ

要は「売り」が立てば売れなくても格付けが下がって金利は上昇する

預金者の預金を渡して日銀から預った国債を「売るぞ売るぞ」と言うと
金利が上昇し、日本政府は増税して金利を払うため
預金者は、預金したばっかりに税金取られる

まあ、そういう仕組みだね


36. 2012年2月05日 18:21:50 : r5zxyB0W7Y
円高是正の介入は何をやるのでしょうか?

それは、円でドルを買うことです。

円でドルを買うことで円安に誘導します。

逆にドルで円を買うと円高になります。

知ってましたか?

つまり、大量のドルを円に替えたら 超 円 高 になりますね。

それを知っててこんなこと書いてるのですか?


37. 2012年2月05日 18:25:24 : r5zxyB0W7Y
外貨準備でググれ

38. 2012年2月05日 18:34:41 : r5zxyB0W7Y
毎年約14.5兆円ある米国債償還金 [編集]

自由民主党の衆議院議員石破茂は消費税増税が必要との認識を示した上で「消費税率を先延ばししたこと、それは私どもは本当に国民におわびをしなければならないことだ」と述べた。衆議院議員江田憲司は、毎年約15兆円の米国債が満期になって償還されるが、再度米国債に再投資している状態を「日本の国民が米国財政を支えているようなもの」と指摘し、国家公務員の人件費カットやJT株などの売却で十五兆円は増税しなくても十分戻ってくると述べた。
これに対し安住淳財務大臣は
「外貨で保有をしっかりして、介入等のときに適正に使わせていただくというのがこのお金の使い方」
と答弁した。なお江田は復興財源について言及したが、2011年(平成23年)11月30日に成立した復興財源確保法案に消費税は含まれない[8][9]。


39. 2012年2月07日 06:29:20 : 3pzJyybIjk
アメリカは恐ろしい国だ

ケネディも殺された。911の様なこともやる。日本の総理大臣も、不審死する。小沢事件もある。

少し考えれば、国会議員なら身近に恐怖を覚えるだろう。官僚も上に行くにつれ単なる政策ではない、見えない暴力装置にきずく。

ビン・ラディンを殺す為に、かってに軍を他国に侵入させてはじない。
大統領はそれをテレビで自らの演説で、作戦は成功した、と国民にアピールする。

格差は広がり、限界消費に近い非正規労働者が多くなって、消費税率が上がればその分買うのを減らすしかないわけで、景気が悪くなるのは目に見える。当然課税所得が減り所得税は減収だ。

何を言い何をするにも、官僚はアメリカの最終兵器、謀略、を意識しないわけにいかない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧