★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125 > 725.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
原発マネーに負けなかった男(高知)高知県民は、過去の放射能との困難な戦いで、実に3連勝している。小倉文三 JanJanB
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/725.html
投稿者 明るい憂国の士 日時 2012 年 2 月 05 日 10:28:06: qr553ZDJ.dzsc
 

http://www.janjanblog.com/archives/60796
JanJanBlog
2012年 1月 22日 12:02
小倉文三

原発マネーに負けなかった男 (高知)


高知県民は、過去の放射能との困難な戦いで、実に3連勝している。窪川原発(1988・1・28 窪川町)、高レベル放射性廃棄物(2007・4・22 東洋町)、低レベル放射性廃棄物(2009・2・4 大月町)をその入り口で追い返した。最初の窪川原発については、私は何も知らなかったが、昨年11月30日に高知大学で行われた島岡幹夫さんの講演を聴き、そのあと1時間ほど彼と質疑応答する時間があったので、およその経緯を知ることができた。それは、語るに値する「サクセス・ストーリー」であった。

      
      ○ 島岡さんたちの反対運動が、豊かな自然を残した。

1975年、旧窪川町に原子力発電所建設計画が持ち上がった。島岡幹夫さん(当時38歳)は、この時、高知県窪川町自民党支部広報副委員長だった。25歳までは大阪府警の警官だった人である。この種の話は、一般の人が知る前に保守系の有力者の間で根回しされるのが常である。ある会合で計画を打ち明けられた時、町の有力者がだれも反対しない中で、彼だけは、「ちょっと待ってくれ!」と異議をはさんだ。放射能が気がかりだったのである。その時、放射線治療の末に52歳で亡くなったお母さんの死体を思い浮かべたと言う。有機農業をやっていたから生理的に放射能を嫌ったということもあったかもしれない。

「窪川町には、当時、農業と畜産で80億、林業で30億、縫製工場などの加工産業を合わせると、150億近い収入があったのです。四国有数の食糧生産地なのに、たかだか20億や30億の税収に目がくらみ、耐用年数30年程度の原発のために、2000年続いてきた農業を犠牲にするのは、愚の骨頂であります」というのが、島岡さんの主張であった。しかし、窪川町自民党支部の中で、彼のこの正論に同調する人はなく、彼は孤立感を深めていった。


島岡さんは、孤立して思案に暮れる人ではなかった。彼は、共産党の反対集会に乗り込んで行って、こう言った。「この町の有権者は13000人、革新は3000人、保守は10000人、革新が運動を主導したら、原発は建設されてしまいます。この反対運動は、私のような保守系の人間が中心にならなければ、大きな力になりません。私を反対運動の代表にしてください」 そして、彼は、窪川町原発反対町民会議の代表になった。まもなく、彼は、自民党窪川町支部に呼び出され、除名処分を言い渡された。

賛成派と反対派、町を2分しての骨肉相食む長い闘いが始まった。賛成派は、13億の宣伝費、接待費を使ったと言われている。一方、島岡さんは、「郷土懇談会」と名付けた学習会を毎週のように開き、住民といっしょに原発を学習することから始めた。「岩波新書の『原子力発電』(武谷三男)を教科書にして勉強しました。あの本は、私たち反対派のバイブルになりました」と当時を振り返る。


原発は未来に禍根を残す。原発反対町民会議は、任期4年の町長や町議会に建設の議決を委ねず、全町民有権者の投票によって決する住民投票条例の制定を要求した。先駆的な試みであった。「その時の町長は、当選して1年半後、公約に反し、賛成派に回っていたのです。その町長は、私の家内のいとこでしたが、私はリコール運動の先頭に立ちました。1981年3月の解職投票で、賛成6332、反対5844で、私たちが勝ちました。しかし、私たちに油断があったのでしょう。その後の出直し選挙では、私たちの立てた候補者が899票差で解職町長に負けてしまったのです。1票5万円だったと言います。当時の窪川町の民度は高かったですが、浮動票がかなりあり、金をもらったら、そちらに投票する人もいたのです。私たちは再び危機に陥り、町は一層混乱していきました」

住民投票条例は、出直し選挙の年に成立した。町長が出直し選挙の公約にしていたからである。しかし、町長は賛成派である。では、町議会の方がどうなっていたのかと言うと、24議席の内、賛成−20、反対−4という状態であった。そこで、島岡さんは、1983年2月1日、町議会議員になり、「議会改革」に乗り出した。「議員としての収入は、女房には申し訳なかったけれど、すべて原発反対運動に使いました。日本全国の原発を訪ねて、住民の意見を聞き、原発の問題点を調査研究しました。その研究成果を議会での質問に使ったのです。町長も大変だったでしょうね」と当時を振り返る。彼は、原発建設を阻止するために町議会議員になったのだが、7期28年間、町議会議員を務め、終わりのころの2年間は町議会議長を務めた。彼の奮闘があって、22議席のうち、賛成―12、反対10まで追い上げたが、やはり、反対派は議会内では劣勢であった。

私は、東洋町の高レベル放射性廃棄物の時(2007・4・22)も、1票に5万円が動いた、と聞いた。東洋町の町長選挙の出陣式の日、私は、2mほどのブロック塀の上に登って写真を撮っていたが、下を走る車の中がよく見えた。鋭い目つきの男の隣には誰も座っていなかったが、5万円くらいに小分けされた1万円札の束の山が無造作に積まれていた。

選挙では勝てなかったが、島岡さんたちの学習会をベースにした地道な反対運動は、徐々に反対派を増やしていった。県原発反対漁民会議は、「海洋調査が強行されるなら、5000隻の漁船を動員して、海上封鎖する」と宣言していた。そして、島岡さんたちの反対運動に順風が吹いた。1986年4月、レベル7のチェルノブイリ原発事故が起こったのである。・・・。1988年1月、反対の世論に包囲された藤戸進町長は、「窪川原発は今日的課題ではなく、海洋調査を棚上げにする。私は、公約の責任をとって辞任する」と発表した。こうして13年間に及んだ窪川原発建設計画は、原発反対町民会議の地道な活動によって、阻止されたのであった。


      
      ○ 焼肉パーティーを兼ねての学習会風景。和子夫人の「ちらし寿司」も活躍した。(以下の写真は島岡さん提供)

島岡さんが原発反対運動に走り回っていたのは、13年間である。急発進した車を道路に転がってかわしたこともあった。その筋の人たちが10人ほど町に入り込んでいたのである。柔道、剣道の有段者である彼は、呼子をいつも首からつるし、暴力にも屈することなく、己の正義を貫いた。彼なくして、窪川原発は阻止できなかったであろう。多くの関係者に聞いたが、異口同音にそう言う。

その間、彼に代わって本業の有機農業をやっていたのは和子夫人で、「働き過ぎて背中が曲がってしまった」と言う。高校時代、彼は、2年間生徒会長を務めていた。その同じ高校の2年先輩だった和子夫人いわく 「父ちゃんはえらい。私は父ちゃんを誇りにしています」 

         
         ○ 自宅前の島岡幹夫さんと和子夫人

(筆者の感想)

体当たりの人・島岡幹夫さんは、現在73歳だが、まだ現役で、席の温まる暇がない。会えばわかるが、全身からエネルギーをほとばしらせていて、話し出したら止まらない。彼は、現在、日本国内はもちろん、韓国の反原発運動を応援しているが、韓国の空港に降り立つと、両側に公安警察がピタリとついて迎えてくれると言う。また、自宅には、月に1度、黒いスーツを着た2人の高知県警の公安が訪れると言う。日韓両国の公安が彼の動静をマークしているのである。しかし、25歳まで彼自身がその公安警察だったのである。

   
    ○ 韓国・光州市で開かれた反原発の集会で講演している島岡さん

また、彼は、「大地を守る会」国際局の要請を受けて、タイ東北地方のタラート村に毎年、有機農業の指導に出かけている。自ら泥にまみれて、「立体農業」を指導している。村人の笑顔が増えることを楽しみに、私費を投じて、タラート村の生活改善に貢献している。今年で14回目だと言う。

   
    ○ タイ国の島岡農業塾で幹部のミーチャイ君と打ち合わせ

また、彼の1枚65円の名刺には、「朝霧森林クラブ会長」とも書かれている。仲間を募って、植林の間伐にボランティアの汗を流しているのである。「窪川ジャガイモクラブ会長」でもある彼は言った。「経済を繁栄させるために農業を犠牲にしてエネルギーをつくりだそうとするのは、根本的に間違っています。私は、農業を基礎にした国づくりを考えるべきだと思います。日本の農業を破壊するTPPには、絶対反対です」

徳川封建時代が長かったからだろうか、日本では、「長いものには巻かれろ」という処世術の人が多い。いわゆる「大勢順応型」である。しかし、時々、社会の価値観に自分を合わせるのでなく、自分の価値観に社会を合わせようとする人が出てくる。島岡幹夫さんや澤山保太郎さん(高レベル放射性廃棄物から東洋町を守った)は、そういう日本人離れした怪物である。己の正義を信じて、郷土の敵に立ち向かう「命知らず」が1人いること、それが原発マネーに負けない必要条件であるように思った。


小倉文三記者のプロフィール

2007年5月からJanJanフィールドに参入しています。2011年12月末までに、「ニホンオオカミ『もどり狼』問題の真相」(上)(中)(下)、「南京事件フォト紀行」(1)−(9)、その他合計すると280本の記事を書きました。「自然生態系の保全」にこだわりがありますが、記事のテーマは森羅万象、多岐にわたっています。「徒然なるままに・・・そこはかとなく」南国土佐より情報発信しています。
カテゴリーの「高知」をクリックすると、JanJanBlog(2010・5・1以降)の私の過去記事が出てきます。関心のあるテーマがあれば、一読ください。

HP: http://www.kcb-net.ne.jp/narijun


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月05日 21:40:25 : 3943QXaVCM
>また、自宅には、月に1度、黒いスーツを着た2人の高知県警の公安が訪れると言う。日韓両国の公安が彼の動静をマークしているのである。しかし、25歳まで彼自身がその公安警察だったのである。


マークすべきは四電だろ。

核施設は危ない、人の手に余る、地震国にとって危険施設、全て事実。

電力会社は嘘ばっか。原発稼働自体がテロ行為。


02. 2012年2月05日 22:01:50 : OohvDHb2jI
島岡幹夫さん、このような方が歴史のヒーローだとおもう。

03. 2012年2月06日 00:42:00 : lfdUmFCUVo
いい投稿。いい記事だ。
こういうことがきちんと評価できる人達のおおくの実在が嬉しい。
荒らされ放題の日本人の上辺の価値観の底流には、昔ながらの日本の男達のやむにやまれぬ正義感と信念がほのぼのと煙っていた。

人の集いの原点は何なのか。
我が家族とは、我が町とは、我が国とは…
誰が守り、誰が知るのか。
本当に大切な人とは、どういうひとか。
考えさせられた。
本当に一度、奴らの札束を掴んでしまえば、あとには戻れない道がある。奴らの言い分ばかりが通るだけだろう。けれども、みんなの将来を本当に考えると、難しい決断だ。卑怯な奴らとの取引なんて、すべきではない。多くのものを守ったのだ。
どのみち最終的には差し引き得にはならないことがはっきりしていても、誰かが立ち上がり食い止めなくちゃならない。そこに立つには体を張らなくちゃいけない。

こういう投稿の隠れた共感者の多いあしゅらもよし。こういう投稿があることじたいよし。良い。本当に良い。価値がある。生きている人間のにおいが伝わってくる。
日本の国に男として生まれたなら、
こういういきかたをして死んでいきたい。


04. amaoto 2012年2月06日 03:10:18 : 2bab7wjH6c.Ss : ySOvTrYGlM

>私も感動しました。 ウルウルッと・・・

いい記事をありがとう〜!!


05. 2012年2月06日 07:46:02 : dpp0eXCVak
和歌山県でも関西電力が原発を作ろうと土地まで購入!
が地元での反対運動で中止!
意見が分かれた住民に禍根を残したであろうが
福島の事故で判断は正しかった!と住民は安堵した!

金に目が眩まず判断した高知県民と言い、
人間の尊厳がそこにはある!


06. 2012年2月06日 08:31:06 : ltbJuKbVGw
[原発はいのち賭けても阻「はば」むべし祖霊の声が風に乗りくる}と言う短歌が有ります。英雄的、島岡幹夫さんと同志の不屈のたたかいが、窪川原発を阻止できたと言うことを読み、全国の原発再稼動に反対する運動の参考と決意にすべきです。フクシマ原発放射能地獄の再現が今後、次々と、「敷設した核地雷が爆発する」ように、全国50余箇所の原発や高速増殖炉や放射性廃棄物などにより放射能地獄を招くおそれ、を防ぐ唯一の道だと思います。「安全な原発」論は妄想です。核の火は人間には制御不能で出口無しの{悪魔の凶器」です。日本と日本人へのホロコーストにつながります。

07. 2012年2月06日 10:10:02 : V5UysYuXow
泣けた。


08. 2012年2月06日 10:41:35 : FCVa9ymQs6
尊い人、尊い心、の存在をお知らせくださり、感謝しています。

脱原発は、絶対にやり遂げなければならないとお誓いします。

問題は、既に起こってしまった福島の後始末の方向です。

福島の問題は、福島にまかせて、見ぬ振りはできません。

どうすればよいのか、私にできることを教えてください。


09. 2012年2月06日 11:56:07 : vejAdxCPJM
素晴らしい! 高知県民は皆さん知っているのだろうか? メディアはちゃんと報道していたのだろうか?

金に目がくらんだ政治家、地元民が殆どなのに、こういう人がいたことが唯一の救いです。


10. 2012年2月06日 12:37:51 : QSwvJ81ywe
>>08さん

月並みですが、「ペンは剣よりも強し」です、一人でも多くの国民が目を覚ませばそれが抑止力になります。
私は、下記の方法で拡散しています。
「隗より始めよ」です、まず知人友人に下記動画を見せて下さい。


□ 原発阻止は、この動画を見せて下さい。(371,951アクセス)
FRYING DUTCHMAN humanERROR ロックグープによる原発阻止の曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=ENBV0oUjvs0&feature=player_embedded 

□ 消費税反対は、この動画を見せて下さい。(328,810アクセス)
野田総理 マニフェスト 書いてあることは命懸けで実行
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo 

□ 郵政民営化阻止は、この画像を印刷して配っています。
「日本人の貯金350兆円が手に入る」 英フィンナンシャルタイム
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/943.jpg 


11. 2012年2月06日 13:05:20 : igyMfWkPkM
この投稿を見てみると、福島の住民は、自業自得?
福島県民が全てとは思わないが、原発を福島に誘致した人々の
謝罪が一切聞かれないのが、不思議ですね。

12. 2012年2月06日 13:25:26 : 92dzdOyAJs
一部地元民が、高知県全体の経済的損失をまねいたいい例だ。

13. 2012年2月06日 14:34:07 : oFZDQTNFSs
金に目が眩まず、自己の信念を貫く人こは尊い。これこそ国民栄誉賞的存在である。それにしても、その正反対の政官財学報の連中の多いことよ。

14. 2012年2月06日 14:57:27 : WYFfouXWiY
<12

お前の存在自体が社会の損失だね。


15. 2012年2月06日 15:37:57 : yrazYPVgOy
12様>
「福島の一部県民」が「日本国全体の経済的損失を招いたいい例だ」
ならぴったり合いますね。

16. 2012年2月06日 15:43:32 : bpX0iHvFZ6
えーと、高知県西部地区在住者ですけど。現在の高知県人はとても民度が低いから、核ガレキが地元に搬入される、なんてこともほとんど知らないですよ。地元高知新聞も毎日、福島は安全!みたいなプロパガンダ記事を書いてるから、そもそも原発事故なんて収束していると県民は勘違いしている。1次産業しかない件なのに、これで高知平野の穀倉地帯や四万十川の水源も全部汚染されることになる。民間も行政もマスコミもみんなバカばっかり。

17. 2012年2月06日 17:42:40 : V5UysYuXow
>16
高知新聞は例の白バイ事故の時も報道姿勢がひどかったようですね。

18. 2012年2月06日 19:48:25 : Bcml9vh5QU
私は父ちゃんを誇りにしています>心ある日本人(12を除く)すべてが誇りに思いますよ。

19. 2012年2月07日 01:25:08 : iMzDLke5mw
土佐のいごっそうに敬意以上を表します。
大丈夫です、あなたは守られています。
キューバの某人のように。
神々は見ています。、
あなたの魂が永遠に続く事を見守ります。

20. 2012年2月07日 08:16:23 : c0h9LUilYo
ここに至っては、流石に新規原発は誰も許さないだろう。
問題は再稼働、じわじわと動き出した感が有る。

原発の再稼働を許せば、忘れ易い日本人の事、やがて、新規開発に
手を染める事になろう。

高知の偉人に習って、我々は原発再稼働を体を張って阻止せねばならない。


21. 2012年2月07日 12:38:50 : kVRjv6w4OQ
四国に高速道路網が整備される前の高知は陸の孤島と言われていました
同じ四国でも瀬戸内海側とは経済規模もかなり差が有ったのですが
よくもまあ、政府と四電の買収に打勝ったものだと感動させられました。
もちろん島岡さんの尽力の賜物でしようが。

ちなみに私は四国の香川に住んでいますが、昔から高知へは良く遊びに、
今も行ってます。

四万十川の清流、土佐湾沖のホエールウオッチング、おいしい魚、農産物等
高知には四国の瀬戸内海側には無い美しい大自然と、のどかな里山があります
本当に何度行っても、その度に心癒されます。

島岡さん、そして高知県民さん、本当にありがとう。


22. 2012年2月07日 13:11:46 : UpTDQ7v9tc

>>12. 2012年2月06日 13:25:26 : 92dzdOyAJs

金!金!金!

金の亡者の行く先は地獄だ!

日本海側の巨大原発が破壊されたら、
日本は一巻の終わりだ!

お前は、死後に、日本に生きた無数の精霊に、
苛まれ続け、魂の消滅を迎えるに違いない!

世界的に、強欲資本主義は終演を迎えつつある!

悪魔の手先よ、消え失せろ!


23. 2012年2月07日 16:07:08 : kVRjv6w4OQ
>>02 島岡幹夫さん、このような方が歴史のヒーローだとおもう

まったくその通りだと思います。

ところで東の方では野田とか言う者が消費税こそがこの国を再生する道と
わめいているようですね、また一方で原発の海外売り込みも推進してるらしいし

挙句に消費税、増税に道筋をつければ後々に歴史上のヒーローとかほざく始末?

月とスッポンとはまさに島岡さんと野田の比較の為にあるようなものですね。


24. 2012年2月07日 20:40:00 : 0THHNe2Ams
「ストレステストで問題ないから了承、大飯原発」でしたっけ、、、、
金に目がくらむ!!!「情けないやつ等」

25. 2012年2月08日 08:31:09 : 42WLGuDM8Y
この記事に感謝します。
そして島岡さんはじめ住民の行動に感激です。
 さすが高知県民ですね。


 


26. 2012年2月08日 09:38:20 : OGzRbwz3vo
島岡幹夫さん

なんと素晴らしい人物だ。

とても嬉しい話だ。

でも窪川原発計画にとどめをさしたのがチェルノブイリだったとは大変悲しい・・・

旧ソ連国民の多くの犠牲があったのだから・・・

そして人類はその禍根と後遺症を未だに引きずっているのだから・・・

しかしここにも自民党と裏社会ががっちりスクラムを組んで暗躍していたんだ。

自民党は万死に値する。

強欲自民党は消滅すべきだ。

島岡氏のさらなるご活躍を熱望します。

そして彼の後継者が多く出現することを期待したい。


27. 2012年2月08日 15:14:37 : kVRjv6w4OQ
やはり何度読んでも胸に迫るものがあります。

阿修羅も特定に人物を攻撃するだけで無く、むしろ
この記事のように美談、感動編の記事が多くなると良いかも

このような記事を読むことでむしろ権益者側の非道ぶりが際立って感じられます。

感動しながらこの国の矛盾、非条理をも同時に考えられる良い記事と思います。


28. 2012年2月08日 17:56:06 : IZc43R2EYs
後悔を今頃しても   の福島県民です。

原発は受け入れてしまえば こんなことになってしまう
危ないとは思っても また住み着いてしまう
悲しいです。
一番の被害をこうむる人たちの中でも 今だその会社に事故収束の作業に行っている。 それが糧になっていて何も言えなくなっている人々も多い。吉田所長の辞め際「大半の作業員が地元民だ」と言っていた

私は30キロ内の地点ではないし、原発導入に賛否を言えた地区ではないが、被害はある。日本全土 被害は果てしない。
仮設住宅の人々とランドリーで会うと
彼らは「親子3代 世話になってきた東電に手のひら反して 抗議はできない」と言う。作業で被曝は覚悟しているのだろう。地区の除染も半端なままだ。

★2/4付け地元紙  ロシアウクライナの除染と環境修復シンポジュウム
           (東京開催地)で電気化学除染法を県に提案

       とある。他にも電気自動車とか、そんなに大量に電気を使うことを
       計画できる日本かどうか考えて欲しい まだ余震も多く大地震も来       る予想なのに

★2/8付け     日米政府 原子力高官協議で協力・共同研究へ
          
       米も事故当初の日本側の対応に懲りているとある。日本も
       米より仏の原子力企業に協力を仰いでいたはずだが 
       ここへきて 米側に歩み寄るのは菅政権から野田政権
       への移行があるからだろう。
       住民としては 事故当初 全世界が注目し協力を申し出ていた時、       頑固な菅総理一人に任せず 「あらゆる全世界の英知の協力を
       請うべきだ」と民主党の誰か一人でも強引に進言したのかと思う。
       あの時 米側の協力を受けていたらという思いは 野田総理はじめ
       国会議員の全体的な菅任せ(どうしていいか分からない時
       だけ)とともに甦ってくる。
       今更 何だとも思う。 菅氏はじめ 主立った国会議員は
       反省して欲しい。

★2/7付け  福島県へ警視庁と都道府県警から350人出向、治安を守る。 
        
       とあるが、警戒区域ではありったけ泥棒の被害が 今まで出ていて       もう取られるものないぐらいだそうだ。
       これも 今更だ。           

もちろん 私達も原発に真剣に向き合わなかった事を 今反省している。


29. 2012年2月08日 20:02:21 : 1e71pzESv2
>○ 島岡さんたちの反対運動が、豊かな自然を残した。

豊かな自然を残すコストは誰が負担するんだろ。


合理的に者が考えられない輩が、原発事故で急に増えた。
反原発派は日本を終わりにする。


30. 2012年2月08日 20:13:47 : zcwzrdPnIk
「窪川町には、当時、農業と畜産で80億、林業で30億、縫製工場などの加工産業を合わせると、150億近い収入があったのです。四国有数の食糧生産地なのに、たかだか20億や30億の税収に目がくらみ、耐用年数30年程度の原発のために、2000年続いてきた農業を犠牲にするのは、愚の骨頂であります」というのが、島岡さんの主張であった。
-----------------------------------
島岡さんの主張にケチを付ける気はないのですが、原発を受け入れた土地の人たちの多くが、欲に目がくらんだ訳ではないと思います.他に仕事が無いから受け入れた人が多いのではないでしょうか?


31. 2012年2月08日 20:32:56 : 1e71pzESv2
>30

2000年間も補助金出してきたのか。
国民の損失は大きい。


32. 2012年2月08日 22:10:09 : FlXLUOpCQU
>>18さんへ

島岡幹夫さんの娘さんですね、

あなたのお父さんは、日本の誇りです。


33. 2012年2月08日 22:38:25 : X7h2VMVXnA
高知は過去にも東洋町で核廃棄物最終処分場問題も起こっている。
この時も建設賛成派の当時の町長がリコールされて、選挙により擁立された反核処分場派が勝利した。
だが悲しい事に、最近福一事故後高知沖で取れたカツオから微量ではあるがセシウムが検出された。
海は泣いている。
自然や人を守ろうとしてくれたこの方達と、自然を我々に与えてくれた神々に対して弓を引いた者達はけっして許される事は無いだろう。



34. 2012年2月09日 05:45:17 : 9iaauzYI5U
私は高知県民ですが、16の高知県西部の人に激しく同意。
高知新聞はダメ。東京新聞から記事借りてるページと自分らの書いてるページの差がすごいことにも気づかずじゃんじゃん載せてる。3月11日以降この窪川原発反対運動のことを今まで一度も載せてない。
ほとんどの高知県民の意識は高くない。ただ、一部にすごく光る人がいる。この記事書いた人のように。
坂本龍馬といっしょやね、脱藩しないと評価されようがない。

35. 2012年2月09日 09:51:16 : NRFIjrlSoQ
1票5万円・・・貰わなかった人はマークされたのかな?
車に轢かれそうになったとのこと・・・よく命があったね。狙われたのは1回だけじゃないでしょ。 お子さんなど狙われなかったのかな? コワーな世界。
良く頑張って下さいました。

大丈夫なら、お金を払ってまで原発を建設すること無いだろうに。お金を払うのは危険料だろうに。
この意味では、福島に同情はしない。原発反対の知事?を逮捕までさせた。
税金投入など、して欲しくないと思う。自分達が賛成したのだから、自分達で尻拭いはして欲しい。

福島県は債務不履行で無くなっても良いと思う。そうでもしなければ皆、分らないのではないか?


36. 2012年2月09日 12:31:50 : kVRjv6w4OQ
>>29. 1e71pzESv2 島岡さんたちの反対運動が、豊かな自然を残した。
豊かな自然を残すコストは誰が負担するんだろ。

豊かな自然とは人の手が入っていない、人工物の無いのが大自然
本来、地球のあるがままのの姿です、コストは存在しません。

その一部をこれも自然の一部である人間がコミュニティを作って
暮らしているのです。

あなたは美しい自然風景を眺めたときに心が癒されませんか?

狭い島国日本の西日本それも福井の巨大原発群の一基でも事故が
起これば日本中、人間が安全に暮らす場所など無くなりますよ。



37. 2012年2月09日 16:24:31 : FEC1zKK4NY
金で票を買収する原発推進派にダメージを与えるのは、金を貰って原発反対派側
へ投票することだ。今思いついた。

38. 2012年2月09日 16:34:29 : IZc43R2EYs
35さんへ
福島県人ですがそれは少し違うと思う

原発のある地域の人々も同じだと思うが、
地震がきて
@津波対策をせず現状(あの時点)で安全に十分対応できるとしていたのは東電でA電源を高台に置かず、同じ高さの地表に置いておいたこと
B緊急時を予測せず、緊急設備を稼働させていなかった事(あとの報道で分かった
Cどうも地震そのもので格納容器など破損していた事
 上手く説明できませんが、そうした安全管理の不備も県人のせいでしょうか 

●「私達原発やだったから貴方たちにふったけど、受け入れちゃった あんた達が金の亡者で これからは事故でお金がかかって困るわ」

という 福島への批判は 以前「福島は農作物を作るな!缶詰や外食に入るから」
という批判の時も聞かれました。福島県人は批判されますが、その考えこそ
”都会の勝手”ではありませんか。

「東電のせいばかりにできない、県民にも責任が。」 ということは分かります。

去年6月に全電源喪失という危機に陥っていたにもかかわらず、私達が東電への不信を顕わにせず、新知事も逆らうこともせず、秋にはホイホイ プルサーマルを受け入れたことは 私達県民は猛省しなければなりません

あれを前知事のようにストップ掛けていたならば 危険も何割か縮小されていたでしょう。 
私も1月に30年経過した古い1号機などの危険性を訴えていた団体に 駅前で署名しましたが、3月にこんなことになると思っていませんでした。

私達の低い意識は今現在も続いていて、こうして今だ事故の経緯を危機感持って考えている人が何人いるか心配です。いつもの生活に戻っています。
言い訳すれば、事故後、以前のように普通に普通に生活するのに 時間もお金もかかるのです。一番影響のある、40までの働き盛りは子供のこと第一に考え そのことに追われます。

それから福島あたりの地方、田舎では都会ほど有閑人種は少ないのです。仕事に毎日追われます。
この事故が東京で起こったとしたら 抗議、避難、批難あらゆることが今の福島の10倍以上起こったでしょう。

過疎地域に原発を作ることこそ危険だからで 40年前の出稼ぎの時代に原発バラ色生活 ニンジンぶら下げられて乗っかった訳ですが、
「それはあんたたちが悪いのよ」とばかり 都会の人間は言えますか。

今まで問題なく供給されていて 双方円満だったが、事故被害は立地した県に。
そして東電も国もお金出したくないから県で県でということに向ってます 本当です。

オール電化、どこの公共トイレでもお尻が洗えて、どこでもいつでも自販機から冷たく暑い飲み物が飲めて、夜もピカピカ 電気は無限に使えるものだとしてしまった日本の生活。 
田舎は夜8時になると この市でも駅の周りで遊ぶ人など少ないです。
だから電気の大消費地=都会が悪いとは言いませんが、貴方がもし消費していた首都圏の人だったら、原発立地県以外なら福島自業自得は言えないでしょう。 

東北電力は地震の震源地に非常に近くとも あそこはもともと津波被害が
何度もあった土地だから津波対策をしていて 女川原発を高台に作ったおかげで
福島のような被害を免れました

●福島県は電気は全て東北電力から受けていて 事故の日もテレビで状況が分かったわけです。 女川原発も事故で情報がなかったら、もっとデマや混乱が起こって首都にも影響したと思います。

●立地給付金も4千円は東北電力から受けていますが、東電から個別家庭に給付はいっさい受けていません。
●関東の今までの電気は1/3 福島県が送っていたのですが、私たちは東北電力を使っていたので ここに原発さえなければ、こんなに深刻な生活にはならなかったのです。それは福島県の原発立地地区以外は皆感じています。 ですが、

我々離れた地区はなんの恩恵も受けていませんが、
かといって、恩恵を受けた地区の人々をどうこう言う気は全然ありません。
労わる気持ちは持ち続けています。彼らはもっと辛いのです。
私達も、都会の人々も「もし原発立地地区に 住まなければならなかったら」
と考えて下さい。

貴方だって、「4年後に大地震がくる確率が70%」と言われても
明日来るかもしれない地震に備えて 今仕事を辞め移住した人は首都圏人口の何%
ですか。

仕事、土地、命 この3つは一人一人割合も違うけど大きな意味のあるものだったのだと震災以来思います。

東電社長がこの前来県した時、第二原発で「稼働させる」と従業員の前で言ったそうです。

ええええええええええええ――!!! 

社長、福島に1カ月いてみて下さい。必ず家族と
大小地震が何回あるか。
しかも、第一原発は積木が崩れている状態で この前の1/1の地震でさえおかしかった訳で 
そのすぐ目と鼻の先の第二を稼働?

この欄で「日本経済が」とか、稼働したいとかいう人も 原発近くに家族と住んでみて下さい。 地震の数が今までと違うんですよ。それがわからない。
それに 福島が受け入れたことを悪く言うなら、
日本のどの土地にも原発は立地できなかった訳で 自然エネルギーにもう向かうべきじゃないですか。

昭和初期の写真に 新宿中村屋の隣は炭や薪・練炭を売る店でしたが、今ありますか。学校の暖房も薪 石炭 コークス ? 電気と変遷してきました。

エネルギーはずいぶんと変遷してきているので 事故で電気が最強ではないことが証明されたと思います。割合を変えつつ自然エネルギーに踏み出すべきなのに
それは言葉だけですか。
人間仕事がないのは困るから 電気会社の人々で自然エネルギー産業 雇用も考えたらいいのではありませんか。  そんなにまだ大きくないということですか。


39. 2012年2月09日 21:00:03 : SfZGxoR1IY
16さん、34さんに同意します。高知県民です。

2年くらい前に、島岡さんのご子息が執筆なさったコラムが高知新聞に連載されていて、たいへんおもしろかったです。
それはそれで良いのですが、やはりこんな大事なことこそ報じてほしいと、強く思います。
今は、東京新聞のページがあるから高知新聞をとっているようなものなので、もしなくなってしまったら、その時はわかりません。

この記事は、プリントして窪川出身の友人(窪川町→四万十町に変更されて、何でもかんでも四万十ってつけたらいいってもんじゃない!!!と、ことあるごとに怒っている)にあげます。
UPしてくださったこと、感謝いたします。


40. 2012年2月10日 13:50:23 : ZEZF9MXti2
高知県以外にも過去に和歌山でも原発誘致問題との戦いがあった。
正しき考えの人達は各地で戦ったのである。

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=211916


41. 2012年2月13日 01:37:16 : Ilq07MTVG6
ご立派です。これぞ大和オトコの見本です。

皆さんも見習って地元で脱原発をやり遂げてください。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK125掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧