★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126 > 504.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
TPP参加の事前協議で軽くあしらわれた日本(農業協同組合新聞)
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/504.html
投稿者 そのまんま西 日時 2012 年 2 月 19 日 22:09:06: sypgvaaYz82Hc
 

TPP参加の事前協議で軽くあしらわれた日本(農業協同組合新聞)
(2012.02.13) 【森島 賢】 「正義派の農政論」

 先週の7日から、アメリカとの間でTPP参加の事前協議が始まった。

 日本がTPPに参加するばあい、加盟各国の承認が必要になる。アメリカは、承認するために日本に対してどんな分野を持ち出すか、その分野で日本にどんな要求をするか、政府は知りたがっている。そうして、何とか承認してもらい参加したい、と考えている。

 しかし表面では、要求の如何では参加交渉を打ち切るような強がりをいっている。だが、それは、強い交渉姿勢で臨んでいることを、国内に宣伝したいからで、アメリカは、参加に前のめりな日本の姿勢を見透かしている。

 だから、マスコミの報道をみると、7日の協議は、軽くあしらわれたようだ。それは、強い要求をするための戦術なのだろう。自国の国益を最大限に追及するために、当面は、相手をじらしておく戦術を取っているのだろう。

 日本は、ちょうど試験前の怠けた学生のようだ。

 試験前になると、怠けた学生は、合格点をとるために、試験問題を事前に知りたがる。せめて出題の範囲を知り、頭に詰め込む範囲を狭くして楽をしたい、と考える。優しい先生は、教えることもあるが、広く勉強させたい厳しい先生は教えない。

 アメリカが国益を追求するのは、当然のことだが、2つの矛盾した思惑がある。

 1つは、日本をアメリカが主導するTPPに参加させることで、アメリカの力を世界に誇示することである。国際政治の世界でも、「政治は数なり、数は力なり」なのだろう。だから、加盟国の数は多いほどよい。そのためには、日本の加盟を承認するための条件を甘くしたい。

 もう1つは、実益の追求である。アメリカは、いま大統領選挙という政治の季節のさ中にある。だから目先の利益を追求することで、国民の支持を得たい。そのためには、日本の加盟条件を甘くする訳にはいかない。

 このように、条件を甘くするかどうか、について2つの矛盾した思惑がある。
 一筋縄ではない。

 日本は、協議のなかで何を知りたいのか。そして確認したいのか。

 農産物についていえば、日本は、コメなどの重要品目にはTPPの関税ゼロの原則を当てはめない、とアメリカに言わせたいのだろう。

 だがアメリカは、そんな言質は与えない。日本はすでに、全ての品目を交渉の対象にする、と言ってしまっている。アメリカは、いまさら何だ、といいたいのだろう。関税ゼロの交渉は、すでに始まっているのである。

 交渉範囲についても、日本は、医療や医薬品の分野については交渉範囲から外す、と言わせたいのだろうが、この点も、うやむやな結果になってしまった。

 政府の高官は、この分野はTPP交渉の対象になっていないといって、反対勢力を分断しようとしている。だが、TPPは全ての分野を対象にするのだ。

 アメリカが要求すると思われる具体的な条件と、要求の範囲を考えてみよう。

 TPPで日本が要求される問題のうち、農業の分野はどうか。それを考える場合、韓米FTAが参考になる。

 韓国はコメを除く全ての農産物の関税をゼロにすることになった。畜産物の一部には猶予期間を設けることが許されたが、いずれはゼロ関税になる。

 TPPは、「高いレベル」の経済連携というのだから、韓米FTAよりも自由化の度合いが酷くなるだろう。日本は、「高いレベル」を容認しながら、その酷さをどの程度に抑えるかという、ちぐはぐな交渉になるだろう。そのような交渉は、いますぐに止めよ、というのが国民の大多数の考えである。

 次に、交渉の範囲だが、アメリカの考えは、毎年発表してきた対日規制改革要望書をみれば分かる。

 これをみると、アメリカは毎年、決まり文句のように「日本の医療制度を変更するばあい、アメリカの業界の意見を充分に考慮するように」と求めてきた。そうして日本の医療を荒廃させてきた。TPPの場面で、こうした考えを捨てることは予想できない。

 これまで、アメリカの要求と、それを支持してきた日本の財界によって、あるいは、逆に財界の主張をアメリカが支持してきたのか、いずれにしても、両者によって、世界に誇る日本の医療制度は崩壊されつつある。それを加速させよう、というのがTPPである。

 農業や医療だけではない。郵政や共済などにもアメリカは強い関心を持っている。それは、昨年2月の「日米経済協調対話」をみれば分かる。

 関心は日本社会の全ての分野に亘っている。まさに国のかたちを壊して、日本をさらにアメリカ化するほどの要求である。日本を市場原理主義が支配する国にし、平等という正義に反して、格差を拡大させようとするものである。

 だから、農業や医療の関係者だけでなく、大多数の国民がTPP参加に反対している。


http://www.jacom.or.jp/column/nouseiron/nouseiron120213-16159.php  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月20日 22:33:42 : g6tu3g6umU
●20120220 たね蒔きジャーナル「TPP問題 がんばる農家の声を聞く」【録音】

@http://www.youtube.com/watch?v=Vl11g7dm5GA
Ahttp://www.youtube.com/watch?v=Xuv-bE9qdiQ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧