★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126 > 588.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日刊ゲンダイ、ネットメディアは、しつこく小沢氏裁判の不正を追及して本質を暴け。(かっちの言い分) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/588.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 2 月 21 日 22:10:01: igsppGRN/E9PQ
 

日刊ゲンダイ、ネットメディアは、しつこく小沢氏裁判の不正を追及して本質を暴け。
http://31634308.at.webry.info/201202/article_22.html
2012/02/21 22:04  かっちの言い分


―大手マスコミでは、もはや正義は追及出来ないー

日刊ゲンダイ紙だけが、孤軍奮闘で小沢氏裁判の本質を追究している。その対極が、小沢氏の代表選挙の時期、検察審査会の決定時期、裁判判決の時期に一般記事としてではなく、社としての総意を主張する社説で小沢氏を批判してきたのが朝日新聞だ。それが、今度の大善裁判長の検事調書の大幅不採用に対して、それこそ渾身の反論(批判)でもあるかと思っていたら、逆に完全に無視して黙り込んでいる。その沈黙が如何に悔しいものであったかということを物語っている。さすがに裁判所の判定には文句は言えないのか。

今回の判定で大部分の調書が不採用になったが、池田元秘書の調書の一部は採用され、微罪であるが有罪は有罪という判決が出る可能性はある。そうなったら、マスコミは針小棒大、水を得た魚のように「有罪」「有罪」を書きたて、また元の木阿弥の「小沢=悪」ということになってしまう恐れがある。

日刊ゲンダイ紙が、以下のタイトルで、陸山会事件の本質を追究している。


『一体、何だったのか 水谷建設からの裏金1億円』
http://gendai.net/articles/view/syakai/135228
全部デッチ上げだった検察捜査
<ゼネコン聴取メモには「別の政治家」の名前…>
 検察調書の全面却下で「無罪」が確実となった小沢裁判。審議を重ねるごとに検察の違法デタラメ捜査が、これでもかと噴出しているが、こうなると、いよいよ不可解なのが水谷建設からの「裏金1億円」疑惑だ。
 検察は「小沢サイドがゼネコン業界に“天の声”を発し、水谷建設から計1億円の裏金をもらった」「このカネが土地購入資金4億円の原資になった」と勝手にストーリーを描き、大マスコミはその筋書きに乗っかって「小沢=悪」のバッシング報道を繰り返した。
 ところが、その後の小沢裁判でハッキリしたのは、小沢サイドに“裏金”はビタ一文渡っていなかったということだ。
「小沢裁判に証人として出廷した前田恒彦・元検事は、『ゼネコン献金は検察の夢物語、妄想』と断言し、検察がゼネコン関係者を取り調べた捜査メモが検察審査会に渡されていない事実を暴露した。そこで、小沢弁護団が検察官役の指定弁護士に捜査メモを開示請求したが、指定弁護士側はこれを拒否。裁判所も東京地検に照会したが、こちらも拒否している。検察は何が何でも、ゼネコン捜査メモをヒタ隠しにしたいようです」(司法ジャーナリスト)
 70通あるとされる「捜査メモ」には何が書かれていたのか。元参院議員の平野貞夫氏が、メルマガ(20日発行)で、特捜部関係者の話として驚くべき事実をぶちまけている。
〈約50社、100人を超えるゼネコン社員を絞り上げたようだ。水谷建設を除く全社が小沢氏への裏金を否定した〉〈ゼネコン約50社の捜査資料には、他の政治家への裏金提供が結構記されていた〉〈この捜査資料を小沢氏の公判に提出することについて、検察側では最高検を巻き込んで大議論となっていた。結局、指定弁護士に渡してあるからその判断に任せればよいと、検察は判断しないことになった〉
 要するに、ゼネコンからの裏献金疑惑は、最初から全部デッチ上げだったわけだ。問題の水谷建設からの1億円についても、特捜の現場では真に受ける人はいなかったという。1億円は小沢ではなくオンナに渡った、という話もあるそうだ。
 そもそも、日本中のゼネコンが渡していないのに、水谷建設だけが1億円も渡すなんて、どう考えてもおかしい。それなのに、東京地裁の“ミスター推認”こと登石郁朗裁判長は、検察の妄想ストーリーを丸呑み。「天の声はあった」「裏金は渡っていた」と推論し、「明るみに出る可能性があるために隠蔽した」と元秘書3人に“推定有罪”を言い渡したのだからメチャクチャだ。
 実際、メモには何が書かれていたのか。平野氏のメルマガに出てくる「他の政治家」とは、なんと、自民党議員のことだという。こっちの方こそ追及が必要じゃないか。無実の人間に罪をかぶせた検察とメディアは、疑惑を明らかにする責任がある。


上記には、日本一新の会の平野氏が暴露した『日本一新の会メルマガ:ゼネコン捜査資料を小沢氏弁護士側に開示勧告(大善裁判長)http://31634308.at.webry.info/201202/article_20.html』の内容が取りつかわれている。上記の中の自民党議員として一時期ネット社会の中で名前が飛び交っていたのは、水谷建設の地元に近い二階氏、石原都知事の名前も飛び交っていた。二階氏は当時職務権限もあり検察にも捜査されたが、いつの間にか消えて、小沢氏だけが集中的に狙われた。今回弁護側に渡った捜査資料を分析すれば宝の山のように様々な真実が明らかになるだろう。急に風向きが変わって、今ドキドキして眠れない人物がいる。

本当に遅まきながら、民主党小川法相が田代検事の処分について検討していると述べたらしい。ただ、この記述を読むとトカゲのシッポ切りで、当時の佐久間特捜部長、大鶴検事、谷川次席検事らの上層部まで処分しない限り、この本質は明らかにされない。

小川法相「しっかり対応」 検事の捜査報告書加筆
http://www.asahi.com/national/update/0221/TKY201202210183.html
 民主党元代表・小沢一郎被告(69)の元秘書を取り調べた田代政弘検事(45)が、実際にはなかったやり取りを捜査報告書に記載していた問題について、小川敏夫法相は21日の閣議後の記者会見で「あってはならないことで、しっかり対応したい」と語った。今後、何らかの処分を検討するとみられる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年2月21日 22:36:45 : swsf4Tw1P2
賛成。繰り返し報道すべし。

現在、日刊ゲンダイ1社でほかの全ての新聞社と対抗している。

事実を報道している強みがある。対するゴミマスコミは沈黙の一手。

なぜならウソばかり書いてきたから何もいえない。一面ニュースは日替わりスピン報道ばかり。


02. 2012年2月22日 04:22:06 : JNcFvII3to
1番さん。
同意。何度も繰り返し報道すべし、
日刊ゲンダイを断然支持します。
日本の未来がゲンダイにかかつてる。
やりぬけゲンダイ、
正義の道はゲンダイ、

03. 2012年2月22日 11:18:25 : NdBTmeIVJY
以前のコメントであった提案だが、日刊ゲンダイや週刊誌・ネットメディアは『小沢有罪』の号外を
出すべきだ。

今から準備して、大都市ターミナル駅・地方中央駅・羽田空港等で大量に配布して欲しい。コンビニ
のプリンターにネット配信すれば、ボランティアが協力してくれるだろう。

これならば、普段は『情報弱者』と呼ばれる人々にも浸透するし、各メディアの販売促進としては、
最も正当かつ効果的な手段だと言える。


04. 2012年2月22日 15:59:43 : R8jIyJMHdA
既得権集団の芸人ビートたけし一派の町山が、反既得権集団のネットメディアの中心人物である上杉隆に絡んで潰しにかかってるな。


05. 2012年2月22日 23:25:16 : CXit8maYyw
今日も電車でゲンダイ(現代じゃないよ)読んでる男性発見。
お互いちらっと見て、仲間がいると嬉しくなる。一時期
値上げしたり、新潟だと一日遅れだったりしたが、毎日
読んでいる。

読売は洗剤とコボチャンしか期待してないと分かって、
辞めてから15年、全く困らない。

ゲンダイは真実がある

ただし、エロと競馬は要らない。
家で読めんがな。


06. 2012年2月23日 06:01:06 : xEa3AWETUo
ゲンダイに負けず劣らずの東京新聞も仲間に入れてください。
と長○○論説ーーが申しております。

07. 2012年2月23日 08:49:34 : mp6fw9MOwA
大善が検察の組織的な犯罪を認定した事により公訴棄却は当然の成り行きだ。
登石の検察の違法捜査を認めながら、その罪を厳しく問わず、天の声が無い事と思われていた状況で、検察筋書きの天の声を認めた有罪判決は、新たな証拠により誤判決で有る事が確定しつつある。
登石判決は法と証拠より推認を優先したものであり、その推認の誤りが短期に判明すると言うずさんなものだった。
最高裁事務総局は登石判決を前例に大善にも同様な判決を出させようとしたと思われるが(池田調書の証拠採用)、その筋書きが国民にばれてしまった。
最高裁事務総局に残された筋書きは、池田との共謀を認め有罪とし、期ずれは悪質とは言えず罰金0円とするが、国政を混乱させた道義的責任が有り公民権停止5年間とする。
これは実質負担金の無い温情判決で有るとの意味不明な、司法の犯罪を不問とする司法の勝手を優先した、子供も騙せない判決で有ろう。
これで、小沢さん側が控訴したら温情判決を無視しているとの短期のネガキャン後、得意とする、だんまり戦術で2審開催を遅らせ幽閉状況の継続とするのではないか。

08. 2012年2月23日 11:53:51 : FAdXNQZfM2
本件ポイントは朝日新聞偏向報道の原因についての4番です。

オリンパスの指南役は他に指南していないのか?当時急な時価会計導入でバブル処理に慌てた銀行・企業が野村等のコンサルタントに聞いたようだ。野村はだから自前の銀行を作り、飛ばし送金の秘密を漏洩しなかった様だ。

  1、オリンパスが不正経理で元会長らが逮捕されたが、悪いのは指南役だろう。指南されたから悪の道に嵌った。何処どこもやっていますと囁かれればそんなもんかでハマるのだろう。
  2、当時は急に大蔵が時価会計を導入。対応に困り、やったものも多い。大蔵は批判されると逆ギレして過剰政策を打つ悪い癖がある。それを政治家が良く分からず盲判するからだ。
  3、土地購入借入金利を損金算入訴求禁止で庶民の味方:良い物をより安くのダイエー商法が破綻した。税金払うぐらいなら土地買い金利を銀行に払った方が喜ばれると頑張った。西武土地コロガシ商法を真似たのだ。自前購入の土地店舗が負担になり、持てる財閥に新興勢力が潰された。10万人の雇用企業が2兆円の借金で潰された。そしてローソンを三菱商事が剥ぎっとた。三菱財閥は丸の内を明治政府?から安く買い今は金山だ。持てる者の勝ち戦が続いている。三菱電機の過剰請求。7年ぶり帰還のカプセルから何が分かったのかも知らされず、映画まで作られ、英雄扱い、それで誰かがチクッたのかと思っている。日本のマスコミは提灯持ちで、追跡報道はしない。
  4、時価会計もそうだ。オリンパス以上の金額をグランドケイマンに飛ばした銀行や企業は当時多く有った。9.11テロでFBIが世界中の預金口座を調べ、タックスヘブンに日本企業の不明朗な資金が有り、大蔵省に照会があったが、テロ資金では無く、バブルの後始末の不良債権飛ばしと分かり、大蔵省は天下りに利用した。朝日の編集委員が田原総一朗のTVで発言し、その後、シンガポール支局長に栄転し沙汰止みになった。武富士の寄付問題の様な事が有り、警察・検察・国税等に証拠を握られ、結果、近年の変な報道姿勢になったのかと思っている。どうだろうか??


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK126掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧