★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127 > 544.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏の裁判判決次第で司法の暗黒時代が到来する (かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/544.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 3 月 12 日 23:48:19: uZtzVkuUwtrYs
 

小沢氏の裁判判決次第で司法の暗黒時代が到来する
 作成日時 : 2012/03/12 23:13 :(かっちの言い分)
 
 
ネット社会では、小沢裁判において検事役の指定弁護士の禁錮3年の求刑に驚き、裁判所への不信から有罪となることを恐れている。こと小沢氏の周りで起きていることは、不可解で、不当なことが起こりすぎているからだ。そこには邪悪な得体のしれない大きな力が働いていると思わざるを得ない。つい悲観的な考えになってしまう。

よく考えてみればヤメ検(事)は体制派の代名詞のように見られ、小沢氏には批判的である。同じヤメ検である名城大学教授で弁護士でもある 郷原 信郎氏は、小沢氏に対しては比較的好意的な発言をしている。郷原氏が小沢裁判の指定弁護士による論告に対して、「 陸山会事件小沢公判での指定弁護士の論告について」と題して、検事役の指定弁護士の論告について所感を述べている。この中で、注目した内容を挙げた。

この所感の冒頭で、以下にように意外な表現をしている。

『東京地検特捜部による検察審査会を欺くための虚偽捜査報告書問題等の策略の発覚、検察官調書証拠請求却下などによって、起訴そのものが有効であったか否かにすら疑念が生じるという絶望的な状況においても、指定弁護士は最後までベストを尽くした。まずは、そのプロ根性に敬意を表したい。
指定弁護士は、検察審査会の起訴議決に基づき公訴提起の手続を行い、その公訴を維持する方向での活動を行う立場にある、いかなる戦況においてもギブアップすることは許されない、絶望的な状況においても、立ち上がって敵に向かっていくしかない。
今回の陸山会事件小沢公判での論告は、そういう「後に引けない立場」にある指定弁護士として、可能な限りの主張・立証を試みたものであり、与えられた立場で最大限の努力を行ったものと評価できると思う。』

これを読むと、郷原氏は指定弁護士を「プロ根性に敬意を表したい」、「与えられた立場で最大限の努力を行ったものと評価できると思う。」と、随分奥ゆかしい表現で指定弁護士を称えている。これを「プロ根性で評価する」と言うべきものであるのか疑問である。郷原氏は今回の公判に対して、妙な余裕(自信?)を持っているように感じる。つまり、これだけ石川議員の証拠採用がなくなれば大丈夫だと暗に思っているのか?それば、指定弁護士にとっては「絶望的な状態」と述べているからだ。

郷原氏は、指定弁護士の論告について、2つの問題点を指摘している。「第一に、政治資金規正法の一般的な法解釈を逸脱している」ことを指摘している。その理由は、「 政治資金規正法は、政治資金収支報告書の作成義務とその記載の正確性を担保する責任を基本的に会計責任者(又は、その職務補佐者)に負わせている。」ので、小沢氏が「収支報告書の記載に虚偽があることについて認識していたという程度で処罰されるというのは、法の趣旨に著しく反するものである」と断じている。

第二に、「小沢氏には、4億円の資金提供の事実を隠蔽するために政治資金収支報告書に虚偽の記載を行うことについて確定的認識があった、ということを根拠に、小沢氏に共謀が認められるとしているのである。」ことを痛烈に批判している。しかし、この「共謀理論」は、かつて「暴力革命」を標榜する過激派によるテロ、ゲリラ事件や拳銃による殺傷事件を繰り返す暴力団等による組織的犯罪の摘発・処罰に用いられたもので、政治資金の記載などようなものに適用するような性格のものではない」と断じている。

郷原氏は、最後に本事件の不当性を述べている。

『指定弁護士の論告は、一見、緻密な論理と間接証拠の積み上げによる説得力のある主張・立証のように見えるが、その内実は、刑事司法の常識を大きく逸脱するものであり、政治資金規正法事件についてこのような論告を敢えて行うことには、常識ある法律家として相当な抵抗があったものと推察される。
しかし、冒頭にも述べたように、指定弁護士は「退却」は許されないという考え方から、敢えて、このような論告による主張・立証に踏み切ったのであろう。
検察審査会法の改正によって導入された起訴強制制度には、指定弁護士が今回のように相当程度常識を逸脱した主張を行わざるを得なくなること、一部の検察官が検察審査会の審査員を騙して起訴議決を行わせようとする謀略が行われる危険性が排除できないことなど、重大な欠陥があることが今回の事件で明らかになったと言うべきであろう。』

以上の郷原氏の主張は、ネット社会において小沢氏のこれまでの状況を知っているものにとっては、心に沁みる道理である。

しかし、このような理路整然とした道理が最高裁事務総局から送り込まれた大善裁判長に理解されるかは楽観は許されない。なぜなら、「地検特捜部の捜査」、「代表選時におけるマスコミの批判の大合唱」、「検察審査会の強制起訴」、「元秘書裁判での全員有罪」を見ていけば、全て小沢氏の政治的抹殺という1点に集約されているからである。

今の司法は昔の特高が闊歩していた時代の正義が通じない時代となったようだ。小沢氏に有罪が出ればそのまま暗黒時代が到来する。

元記事リンク:http://31634308.at.webry.info/201203/article_12.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月13日 00:03:24 : rwSKXZTEq6
> 今の司法は昔の特高が闊歩していた時代の正義が通じない時代となったようだ。

国会での説明か逃げ回り、裁判で「分かりません」「知りません」を連発する小沢の「正義」が通用するわけがない。

> 小沢氏に有罪が出ればそのまま暗黒時代が到来する。

小沢氏に無罪が出れば国会での説明も不要となり、裁判で「分かりません」「知りません」を連発する「正義」が許され、小沢が特高のように闊歩する暗黒時代が到来する。


02. 2012年3月13日 00:28:31 : QkSHfngub6

>> 01

はいはい、それを見越した検察官役の指定弁護士の質問に応えただけのこと。

真の勇者なら、あんたのような低レベルな批判は最初から想定しつつも、
そう応えるしかない。

いやあ、酷い世の中だ。01のような輩が四六時中闊歩している。



03. 2012年3月13日 03:07:43 : CmCYYkxLWY
>>01

犯罪に絡んだらカネだという証明は検察にある。

人の財布の中身を疑って説明しろと迫るのはヤクザと同じ。

国家権力の不正には目をつむり必死に人のカネに

執着しているさまは滑稽ですらある。



04. 2012年3月13日 07:25:39 : dnLjxjtLck
郷原氏の見解の通りと思う
問題は指定弁護士云々ではなく
まず、人権を様々な形で踏みにじる
法律体系とまた権力に都合よく運用する
司法体系だ
そして、それに対して無批判な弁護士会である
指定弁護士は大善裁判長に突きつけたのは
捏造調書で審査会に落ち度はない
この根拠がない冤罪に
決着をつけるのは裁判所の仕事だと
つきつけている
大善はゴミメディアのいう「市民感情」と
奸凌ムラの希望に反して
法の下で公正、公平という良心を
求められているのだ
この論告求刑で有罪判決を下した時
たしかに裁判所という司法は
三権分立の一翼を担っていないことが
確実に証明され
日本が法治主義国家ではなく
中国のような人権後進国であることが
世界に広められて
奸が愚かにもG8に中国入れましょういって
他国から民主主義国家ではないので
中国に資格はないと嘲笑され以上の
恥をさらし、
G8から除外されるかもしれない

05. 2012年3月13日 08:38:56 : mThbb1hpSE
裁判長も所詮権力の犬です!
社会正義を希求する国民の一部と、権力者どもの死闘が始まります。

06. 2012年3月13日 08:41:31 : 57Yzv4lNPo
アメリカも国外の捕虜収容所で国内法の適用を逃れながら捕虜虐待をさかんにやって
いる。
オーストラリアでは有色人種の刑事裁判はほぼ100%有罪といわれている。司法の闇は
どこの国にもある。それは自国民が解決しなければならない。

いずれにせよ、英米金融マフィアを中心とした寄生虫集団が断末魔の叫びを上げつつ

世界中で無法の限りを尽くすようになって来たのだろう。

そういう時代になったことを肝に銘じつつ粛々と戦っていくしかない。


07. 2012年3月13日 09:27:03 : rwSKXZTEq6
ーー
>>03. 2012年3月13日 03:07:43 : CmCYYkxLWY
> 犯罪に絡んだらカネだという証明は検察にある。
> 人の財布の中身を疑って説明しろと迫るのはヤクザと同じ。

政治家の金の出入りを説明する義務は政治資金規正法に明記してある。
嘘を言えば虚偽記載の罰則がある。
ヤクザには政治資金規正法は適用されない。

> 国家権力の不正には目をつむり必死に人のカネに
> 執着しているさまは滑稽ですらある。

検察や司法は政治資金規正法に従って行動しているだけであり、
それを「必死に人のカネに執着しているさま」と言うのは滑稽である。


08. 2012年3月13日 10:05:36 : TavgZ1rXOM
投稿者さん、小沢氏が有罪にさせられたら司法の暗黒時代が到来する、はあまりよく現状認識ができているとは思えません。
日本の司法はずっと以前から暗黒のままだったのです。小沢さん事件はそれを具体的にはっきりと一般国民に知らしめてしまった(大マスゴミの必死のウソ・ねつ造報道にもかかわらず、です)。官僚機構も政界もマスゴミ界も全員一丸となって潰しにかかったが、あと一歩というところで奴らの邪悪なる所業のほころびがバカな国民にも見えてしまった、ということですよ。落とす相手をちょっと見くびり過ぎたのです。たとえ小沢さんが有罪にさせられても、僕たちは絶対負けない。

09. 2012年3月13日 11:05:00 : dSmNxch7OI
国民は、馬鹿で無いから、何時までも、国民は騙されない!

余りにも理不尽な判決が出れば、国民は、異議を感じ、司法・行政に対する不信感が募る事と思う。

裁判長の、公正・中立の精神で、毅然とした判決・対応を心から期待している。


10. 2012年3月13日 13:58:56 : XlWA7UxZEo
悪党は味を占め、悪党は図に乗る。指定弁護士の言い分をよく確認して。

小沢一郎は国益に立つ人間のトップのひとりと仮定しよう。
売国奴達が小沢一郎ひとりを落としたことで、それに続く全員への見せしめになるというこだ。

投稿者氏は社会の悪党がなんたるか心得ている。

暗黒時代は、暗黒支配者が統治したときから始まる。
日本はまだ、暗黒支配ではない。
このまま暗黒支配者の横暴に国民が手を貸し、傍観を続けるならば、現在は自由な国民が暗黒時代を許す。

私は日本国民の愚かさは次のことの理解の不能にあると考える。
暗黒時代は人工衛星活用のどこにも逃げられない精密なコンピューター利用の監視社会。個人特定はプライバシーからすべて知られ分類されて管理される。
その世界にまだ自由が残ってると考える鈍さが今の日本人。
そこで徹底監視管理されるのが自由な権利を持つ人間とは見なされない。
これが分からないのは、それぞれ事情があろうが、馬鹿。

あしゅらの住民の中で口汚く売国奴達を売国奴!と罵る人達がいるが、こういう正しい理由合ってのこと。

日本の頼みになるはずの政治家達や、マスコミさえもが、あちら側の奴隷として働いている。(知ってか知らずか)そういう現在の困難な状況を知りつつ、コンピューター管理の奴隷≠ノされることを誤解し、賛成し、傍観している国民と、あしゅら住民とは違うのだ。
この国の危機の視点に立てば、馬鹿と賢者、無能と有能という見方は大げさではないだろう?一月にオバマがサインしたNDAAの日本版は、すでにスケジュールに乗っているはずだ。アメリカ市民の弾圧社会は、賢明なあしゅら住民の中で対岸の火事などと見ているひとは一人もいない。明日の我が身と感じて、必死に抵抗をする。
ケムトレイルをアメリカの暇つぶしと見てのんびりとしている人間とは違う。ずっと以前から恐ろしいこと≠ェ始められていたと、正しく推理し、国家および世界の危機のジクソーパズルは自分の手で考えながらパーツをはめ込み幾つも完成させていて、疑いの余地も無くなっているのだ。

まともな政治家を立てて本物の国民主権の奪取を、冤罪裁判を掛けられている小沢一郎に期待しているという、先々の見通しまで立てて、落ち着いて、スクラムを組み内容も充実を見ている。良識的なネットの国家再生勢力だ。
参加者も一年前二年前とくらべて増えるし、常に学習していてレベルもアップしているあしゅら住民なのだ。おおやけにひらかれているネットだから、監視もあるが、世界中へ日本語の情報の発信をし受信もする。あしゅらの監視者は自分たちも監視されている。

ネットの公共スペースの中の発言のその場所は、常に真相の賢明な追求の立場による情報交流だ。しかし、(だから)総てを自分のものにしたい悪徳冷酷支配者達の嫌がらせは最も受ける。工作員達の常駐はその良い例だ。この日本国民のネットの抵抗の砦あしゅらが邪魔でしかたがないのだ。


11. 2012年3月13日 15:16:26 : mp6fw9MOwA
指定弁護士に撤退は無いとの表現は正しいのだろうか。
検察官が報告書の虚偽記載を認めており、検察の組織ぐるみの犯罪が指摘されている裁判で公訴見送りと宣言して罰せられる法律が有るのだろうか。
罰せられる法律が無いなら撤退は有効であると判断すべきではないか。
検察審査会は起訴し裁判所の意見を問うべきとの決議をしており、その裁判の公判整理で検察の違法行為が明確となった事に対して公訴見送りは違法と言える法律が有るのだろうか。
これが無ければ撤退は可能であり、郷原さんの言う法的に矛盾している公訴を行った指定弁護士を「与えられた立場で最大限の努力を行ったものと評価できると思う。」との表現は適切ではない。
指定弁護士は正義を守る法の番人であるとの前提条件のもとで与えられた職務に励むべきで、違反者からの弁護依頼で無罪を勝ち取れば優れた弁護士との評価になってはいけない。


12. 2012年3月13日 16:03:38 : SsdL8XFnCw
>>07

ヤクザの理論を持ち込んだのは検察だ。

検察審査会に提出した捏造調書を知らないのか?



13. 2012年3月13日 17:57:37 : g5YNM3KfF2
08さんの言うとおり!

■日本は既に立派な「暗黒時代」です。

犯罪を取り締まり、裁くはずの組織が結託して犯罪を犯し、犯罪を隠蔽している。

これを「暗黒時代」という。

罪なき者が罪をなすりつけられ人生を破壊される。

十分に立派な「暗黒社会」です。


14. 2012年3月13日 18:59:52 : u0fUP8zVTE
>>07
小沢氏の何処が犯罪なのか教えて欲しい。
秘書の為の寮を建てる土地を購入したが、収支報告書を
契約した年にするか
所有権移転した年に報告するか
違いで
総務省はどちらでも良いと言っている。また会計の専門家は後者が良いとした。
これを検察は、虚偽記載として起訴しようとしたが出来なかった。
そこで何が何でも小沢氏を抹殺したい輩は
検察審査会を利用した。この様に断定してもおかしくない状況証拠が有る。
起訴相当の議決に誘導するために
最高裁事務総局は、審査員選任で不正を行い、
検察は、検察審査会に提示する資料を虚偽記載し、
また、検察が起訴出来なかった根拠となる資料は提示しなかった。
これは、歴史にに残る国家的大犯罪だ。

大阪地検のFD改竄事件では3700万円の国家賠償したが、
小沢氏の場合は、12万人の支持で国会議員になっているから
12万倍の国家賠償でもおかしくないだろう。

小沢氏を抹殺したい輩の本当の狙いは、官僚支配国家を乱す
小沢氏を官僚国家叛逆罪(週刊ポスト)で抹殺すること。

しかし、アメリカの後ろ盾の官僚支配体制では、今、小沢氏を排除した
ところで行き詰まる事が見えている。
強欲主義では何ともし難い時期に来ているからだ。


15. 2012年3月13日 20:21:06 : aVaG0FHzqk
素直に考えたら何が問題なのかも分からない変な裁判。小沢さんは禁錮3年を言い渡されるような、どんな悪いことをしたのでしょう?よって無罪になららければ納得しません。今は大善さんを信じようと思います。

16. 2012年3月13日 21:32:59 : 5mLzBGNdZw
>しかし、このような理路整然とした道理が最高裁事務総局から送り込まれた大善裁判長に理解されるかは楽観は許されない。なぜなら、「地検特捜部の捜査」、「代表選時におけるマスコミの批判の大合唱」、「検察審査会の強制起訴」、「元秘書裁判での全員有罪」を見ていけば、全て小沢氏の政治的抹殺という1点に集約されているからである。


この件での投稿に共通して欠落している重要部分がある。
それは、3/19の小沢側弁護団による最終弁論に言及していない点である。

弁護団には、今回の論告に対して、一つ一つ丁寧に論破するチャンスが3/19に残されています。
この論破は、指定弁護士側の論告が証拠に基づいていないだけに容易なものです。

しかし、大善裁判長が小沢弁護団の主張を無視して「推認有罪」にすることも容易なことです。

それをさせないためには、
3/19の公判後、弁護団は直ちに記者会見をして、最終弁論の要点を公表することが大切です。
テレビ局が拒否した場合は、
ネット動画(ニコニコ動画、岩上氏IWJ チャンネル、藤島氏街カフェTV、等)に協力願って、真実を世界中に公表してください。

大善裁判長から「正気の」無罪判決を引出すためには、このくらいの戦術は避けて通れません。
大善裁判長に対しては、かなりのプレッシャーになることでしょう。

弘中弁護士さんは、その程度のことは考えておられるでしょうね?
頼みますぞ!


17. 2012年3月14日 05:59:04 : AoFmwHFwfQ
>>16さん

すごい!素晴らしい提案です。ニューヨークタイムズなど海外メディアも日本の司法がゆがんでいることを報道したそうですし、ぜひ、多くの人で、弁護団に、民主小沢系に、小沢支援者に、依頼推進拡大広報していきましょう。


18. 2012年3月14日 14:52:47 : lRYfivAqeo
16さん仰る通りです!!!まだまだ諦めませんよ!!!

海外メディアにどんどん拡散して貰いましょう!!
上杉隆さん、岩上安身さんも当然のことながら取材するでしょう!!

フリージャーナリスト総動員掛けましょう!!!

大善さんあなたは、公平な決断をすればいいのです!!!天国に行くか、
地獄に行くかは、もうお分かりでしょう!!!後は歴史が証明します。

いい加減な判断をすれば、次期衆院選挙で裁判官に同然×印を付けます!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧