★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127 > 564.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
面白くなってきましたよ:指定弁護士のその論理、検察にそっくりそのままお返しいたしましょう  八木啓代  
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/564.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 13 日 14:22:45: igsppGRN/E9PQ
 

面白くなってきましたよ:指定弁護士のその論理、検察にそっくりそのままお返しいたしましょう
http://blogos.com/article/33937/
2012年03月13日 13:11 八木啓代


 陸山会事件小沢公判で指定弁護士が、懲役三年の論告求刑。

 指定弁護士は、検察審査会の起訴議決に基づいて公訴提起の手続きを行うので、公訴棄却はできないらしいが、無罪論告はできなくはないはず。しかし、そこは指定弁護士に任じられた以上、極悪非道な犯罪者であると気づいていても本人が無罪を主張していれば、それに沿った主張を弁護人としておこなう、というような職業的義務感からなのだろうか、今回、検察官役となった指定弁護士は、無罪論告はしませんでした。

 で、この論告をどう解釈するべきかと思っていたら、郷原信郎弁護士がすみやかにメルマガでコメントを書いておられたので、チェック。さすがに理路整然としているので、皆様、是非、ご一読を。

 ここで、郷原弁護士が指摘しておられるのは、指定弁護士に対して、「『後に引けない立場』にある指定弁護士として、可能な限りの主張・立証を試みたものであり、与えられた立場で最大限の努力を行ったものと評価できる」と、いちおう、花を贈った上で、「今回の論告が、政治資金規正法違反の刑事事件における主張・立証として、通常行われる範囲を超え、従来からの刑事司法の常識を逸脱するものになってしまったことは否定できない」と。

 では、その刑事司法の常識を逸脱する論理とは何かというと、簡単に言うと、政治資金規正法の一般的な解釈から逸脱しているということと、なによりも、この共謀認定理論は、まさに陸山会という単なる政治団体を、その存在そのものが犯罪と見なされる過激派テロ組織あるいは暴力団に見立てたものだということ。

 その共謀認定理論に基づいて、指定弁護士の論告では、(1)小沢氏からの4億円の現金による資金提供を収支報告書に記載せず、虚偽の記載を行った石川氏らの動機・目的が、小沢氏から多額の資金提供 が行われた事実を秘匿することにあったこと  (2)そのような行為を行う動機は、石川氏ら個人に はなく、多額の資金の提供を表に出したくないとの小沢氏の意向に基づいていると考えられる、ということを根拠に、具体的な謀議、報告、了承、指 示等の事実が全く特定できなくても、小沢氏の共謀が認定できる、と。

 要するに、こんな論理で、小沢氏有罪判決が出てしまったら、ありとあらゆる団体や組織を弾圧するための恐ろしい前例を作ることになる。となると、これは、例の推認有罪よりはるかに危険としか言いようがないことになります。

 その一方で、ここで、もうひとつ気がつきました。

 ある組織の末端の人間が犯罪を犯したという事実があり、それが上層部の意向に基づいていると考えられるのであれば、それだけで、「具体的な共謀」の事実を特定し、立証することがまったくできなくても、共謀したことになるとすれば.....。

 ここに、田代検事の虚偽報告書と、「検審に提出されなかった70通のメモ」の存在があります。

 一方で、2010年2月1日に、吉田特捜副部長は「小沢はここで不起訴になっても、検察審査会で裁かれる可能性が高い。その議決は参議院選挙前に出るでしょう。そんなことになって良いのでしょうか」と、石川議員を恫喝している。
 http://www.muneo.gr.jp/html/diary201004.html

 そして、昨年12月16日の公判で「この件は特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢をあげられなければ特捜の負けだ」
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111216/trl11121612060003-n7.htm
 とキャップが語ったと前田恒彦元検事が公判で証言しているという事実。

 さあ、皆さん、面白くなってきましたよ。この論理、そっくりそのまま検察にお返しいたしましょう。

 もし、万が一、この論理をもって、大善コートが小沢氏に有罪を宣告したならば、たとえ、具体的な共謀の事実を特定し、立証することができなかったとしても、自動的に、最低でも、吉田特捜副部長と佐久間特捜部長の偽計業務妨害と虚偽公文書作成および行使も、有罪が確定する模様です。

http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-627.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年3月13日 14:39:21 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A

もし、万が一、この論理をもって、大善コートが小沢氏に有罪を宣告したならば、たとえ、具体的な共謀の事実を特定し、立証することができなかったとしても、自動的に、最低でも、吉田特捜副部長と佐久間特捜部長の偽計業務妨害と虚偽公文書作成および行使も、有罪が確定する模様です。

だねっ!!!


02. 2012年3月13日 14:57:12 : RiWPn2RliQ
下っ端の実行犯が有罪なら、その上も自動的に有罪という理屈をもらいましょう、という話だよね。まあ気持ちはわかる。

でも現実としてどうなるか。
吉田特捜副部長と佐久間特捜部長は起訴されてないよね?
小沢氏とは違って、市民団体とかが訴えたとしても、前田の上司はたぶん起訴すらされないんだよ。
検察審査会に回されることもない。残念ながら。

小沢氏の場合のように、「何か異常に強い力」が働かない限りは。

逆に、
「この理屈を使って、検察の上層部が有罪になっから困るでしょ?
だから同じ理屈を使って、小沢氏を有罪にはできないでしょ?」
という論理が裁判所に通じるか?

たぶん通じないんだよね、これまた残念ながら。
登石判決ほか数々の前例からも推察されるように、
敵は、何でもやりたいようにやる。論理もへったくれもないんだから。



03. 2012年3月13日 15:02:15 : lgPzFqxDB2
"もし、万が一、この論理をもって、大善コートが小沢氏に有罪を宣告したならば、
たとえ、具体的な共謀の事実を特定し、立証することができなかったとしても、
自動的に、最低でも、吉田特捜副部長と佐久間特捜部長の偽計業務妨害と虚偽公文
書作成および行使も、有罪が確定する模様です。"

なるほど。検察も、存在そのものが犯罪と見なされる過激派テロ組織あるいは
暴力団とに見立てて良いということになるわけですね。
例外は認められない。


04. 2012年3月13日 15:04:18 : mO1jfnawtQ
ブーメランだな。

指定弁護士もそこまで考えていなかった。


05. 2012年3月13日 15:16:51 : cmTEaHFJ2w
>>02

たしかに、この件に関してフェアはまったく期待できないヒラメ司法官僚どもだが、

まだまだ儀式としての「民主主義裁判」をつづけざるを得ない以上、こういうことやっちゃって前例つくっちゃうと、一番困るのは検察と裁判所だよね。

テレビ・大新聞は統制できても、2流媒体、ネット、口コミ、デモ、ビラは統制できないよ。

ただでさえ、こういう特権階級に対する反感は渦巻いてる。最低限の筋ぐらい守らないと、とんでもないことになるだろう。


06. 2012年3月13日 15:37:14 : lgPzFqxDB2
吉田特捜副部長と佐久間特捜部長が起訴されているかどうかは
関係ないのでは? 犯罪組織の捜査において、末端の構成員は起訴できたが
首謀者を起訴できないケースが多いとして。その場合に、共謀罪を決定づける
根拠としての共謀認定理論が出てくるのだと思う。
それが、どこまで拡大解釈できるのか。
その範囲は本来どう規定されるべきかを問い、その上で
もし基準が無いとしたら、すべての団体・組織に拡大して良いのだから
陸山会やるなら、検察も山口組も同じ。
裁判長が有罪を出すなら全部やらんかえと。
そう言ってると思う。

07. 2012年3月13日 15:51:12 : lgPzFqxDB2
まあ、今回は田代検事の調書の件で、裁判長は検察の組織ぐるみの行為が疑われるとまで
発言しているから、もし、同一人物が小沢氏に有罪判決を出すなら、
論理的には八木氏の言う通りだと思うけどね。

08. 2012年3月13日 15:51:52 : nEG36TS0Ej
 【追記】
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-627.html

 それにしても、このメルマガで見る限りでは、郷原氏がもし指定弁護士だったら、どういう論理展開で論告されただろうか、興味ある。どう考えても、無茶な推論積み重ねるしかないだけに、脂汗流して苦渋することになるのだろうか。そこを突っ込みたいと思っていたら、ご本人からリプライをいただいたので、そちらも掲載。
 
nobuyoyagi なるほどと納得するが、一方でメルマガを読む限りでは、郷原先生がもし指定弁護士でも、無罪論告はされないようだ。その場合、どういう論理展開で論告されるのだろうか、興味ある。
 http://twitter.com/nobuyoyagi/status/179230009590956032
 
nobuogohara 私は、与党有力政治家の政治資金事件で、過激派や暴力団の排除のための「共謀理論」を持ち出すような神経の図太さは持ち合わせません。もし、私が指定弁護士であれば、潔くタオルを投げます。RT @nobuyoyagi もし郷原先生が指定弁護士だったら、どういう論告をされたのか気になります
 http://twitter.com/nobuogohara/status/179398514315501568
 
nobuyoyagi ということは、無罪論告をされるということでしょうか? RT @nobuogohara: 私は、与党有力政治家の政治資金事件で、過激派や暴力団の排除のための「共謀理論」を持ち出すような神経の図太さは持ち合わせません。もし、私が指定弁護士であれば、潔くタオルを投げます。
 http://twitter.com/nobuyoyagi/status/179398720658481153
 
nobuogohara 検審議決に基づく起訴なので、公訴取り消しは無理だと思いますが、無罪論告を行うことができるのかどうか制度面から検討し、できない、或いはそれを行うことが適切ではない、ということであれば、辞任するしかないですね。私には刑事司法の常識を逸脱した論告はできません。@nobuyoyagi
 http://twitter.com/nobuogohara/status/179400213319000065

 するりと逃げられた感はないでもないが、郷原氏は、無罪であるべき被告に有罪論告はしないということ。それを聞いて、ちょっと安心したのは確か。


09. 2012年3月13日 16:01:29 : esmsVHFkrM

八木啓代さんが、おっしゃっていることはこういうことだと思う。

以下は私が「陸山会事件小沢公判での指定弁護士の論告について  名城大学教授・弁護士 郷原 信郎」(http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/535.html)板の45コメで書いたことだが、参考までにご供覧に供す。あちらの板では、まったく理解されなかった(一人を除いて)。

郷原さん、

面白い。よくわかりました。

指定弁護士が論告で使用した「共謀理論」を特定の政治家、政治団体の政治資金の処理をめぐる事件に適用することは刑事司法の常識を大きく逸脱するものある。なぜならば、特定の政治家、政治団体は、過激派、暴力団組織等のような「組織の存在及び活動自体の反社会性」を持つものでは決してなく、そのような特殊な「共謀理論」を適用することが必要でも可能でもないからですね。

ということは、「組織の存在及び活動自体の反社会性」をもつ組織の共謀犯罪についてはまさにこの指定弁護士が用いた特殊な「共謀理論」を適用しなければ共謀が立証できないし、そうすることを許されるのが刑事司法の常識だということですね。

わたしは、そのような「組織の存在及び活動自体の反社会性」をもつ組織の共謀犯罪を一つ知っています。それは、検察による小沢代議士に対する捏造された公文書を用いた検察審査会を誘導しての強制起訴です。

まず、検察は、その組織の存在と活動自体が犯罪性を帯びていて、国家は議論の余地がありますが(なにしろ官僚利権政府が権力にありますから)少なくとも社会にとっては確実に容認できないものです。犯罪を行うことにより、或いは、犯罪を行ってでも、目的を達成しようという方針が組織内で共有されています(前田前検事の「この件は特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢をあげられなければ特捜の負けだ」との法廷証言で明らかです)。しかも、そのことを、当該組織の側も敢えて否定はしていない、すなわち、「巨悪は眠らせない」と声明を出したりして公然と認めています。このような自ら社会秩序に反する活動を標榜している組織が社会から排除されるべきであることについての「社会的合意」も今や整ったと言えるでしょう。

それ故に、この検察の事案では、当該組織によって犯行が行われたことは明らかだが、実行行為者や首謀者を特定する証拠がないために、通常の刑事事件で「共謀」の立証に不可欠となる「具体的謀議」の事実を特定することができなくても(こんな組織内の話を検事たちが供述することはないでしょう、どうせ議事録もとってないだろうし)、このような場合の共謀の立証の方法として、具体的謀議自体を全く特定せず、(ア)組織としての方針や意思、(イ)組織内における被告人の地位・立場、(ウ)被告人が、何らかの形で、犯罪の実行を認識していたことについての客観的証拠、の3つを立証することで、共謀を立証するという方法を取ることができるわけですね。

即ち、樋渡利秋検事総長、大鶴基成最高検公判部長、佐久間達哉元東京地検特捜部部長ら(役職当時)が、田代政弘検事を指揮命令し、犯行を止めることができる立場であったこと、樋渡利秋検事総長、大鶴基成最高検公判部長、佐久間達哉元東京地検特捜部部長らには、小沢一郎代議士の政治生命を奪うために虚偽の捜査報告書を用いても、政治資金収支報告書虚偽記載で検察審査会を誘導して強制起訴させることの確定的認識があった、ということを根拠に、樋渡利秋検事総長、大鶴基成最高検公判部長、佐久間達哉元東京地検特捜部部長に共謀が認められるというわけですね。

すばらしい。これで、この件も、田代政弘検事の起訴だけというトカゲの尻尾きりで逃げられないで済みそうです。

そのためには、来るべき裁判においても、この特殊な「共謀理論」の専門家である小沢強制起訴裁判での指定弁護士3人、すなわち、村本道夫弁護士、大室俊三弁護士、山本健一弁護士、にぜひとも検察官役をお願いしたいものです。きっと持ち前の正義感から「後に引けない立場」にある指定弁護士として、可能な限りの主張・立証を試み最大限の努力を行ってくれるものでしょう。

その場合、村本道夫弁護士、大室俊三弁護士、山本健一弁護士にお願いするにはやはり検察審議会を2回やらなければいけないのでしょうか。今度はあのインチキソフトを使う必要はないと思いますが、面倒ですね。

郷原さん、なにかいい手はありませんかね。


10. 2012年3月13日 16:01:34 : wEcxf1cND2
八木さん、02のような痴れ者のがいるが、念のため手を打ちましょう。

佐久間ら幹部が一年前から、田代の虚偽の石川供述調書作成及び虚偽記載公文書虚偽記載である捜査報告書行使を知っていたとなると、立派に外形的に偽計業務妨害共謀共同正犯が成立する。改めて、一年以上前から虚偽の事実を知っていた佐久間・吉田・大鶴を告発するべきだと思う。これはヤクザの親分論で無く、明らかな偽計業務妨害の組織的共謀だろう。


11. 2012年3月13日 17:28:56 : mp6fw9MOwA
指定弁護士の起訴状は最高裁事務総局が書いているようなので、冤罪の筋書きの前提に無理が有り、この無理を隠す為に検察で、実際に無理筋の前提条件を消せるか試していると思われる。
この試しを小沢さん関連を有罪にするために用いている。
一見すると筋が通っているように見えるのは試しが済んでいるからである。
しかし、筋が悪い微罪での立件模索により、大幅な違反事例が国民の基に曝け出されてしまった。
最高裁事務総局は冤罪の筋書き作りに、試しを入れても簡単にばれる程度の筋書きしかつくれないようだ。
八木さんは最高裁事務総局の暴走阻止に一役買っている評価できる。

12. 2012年3月13日 19:19:33 : THf4ctGR22
だから、「共謀罪法案」が否決されたので
それを小沢一郎裁判で事実上(判決の前例で)成立させる狙い

検察側は共謀罪をこの判決で


13. Ryukyuan.isao-pw 2012年3月13日 20:58:48 : YrP2vZDuHZBQs : yNxQKmYZKI
前提条件が間違っていませんか?
部下が有罪になった場合に上司も共謀で罪が問われるとしても陸山会事件では石川議員が政治資金収支報告書に嘘の記載をしたかどうか問われたのであり、その収支報告書記載は何ら問題は無く違法性は無いのが明白です。
とするならば当然ながら石川議員は無罪であるべきで小沢一郎氏と石川議員の関係が具体的にどの様な上下関係で、政治資金の扱いで細部まで指示命令を受けていたのか、或いは全て信頼して一任されていたのかは本件の共謀罪には何の関係も無い筈です。
要するに犯罪の事実が無い以上は共謀罪は成立しないのです。
石川議員が罪に問われて有罪とされた事自体が法治国家としては異常なのです。

14. 2012年3月13日 21:15:55 : MqkJloUW06
検察官役の指定弁護士の論理。

ウソにウソを塗り固めた上にクソで上塗りしたような論理だ。

臭くて近づけんわい。


15. 2012年3月13日 22:00:14 : pEhVX2BJNm
この指定弁護士は司法試験時 カンニングして資格を取った?
高校の社会倫理での評価もゼロだった?
まったく棒にも端にもかからないアンポンタンのへそ曲がり野郎。

16. 2012年3月13日 22:04:13 : 7K5F2zU0vA
八木さん、メキシコから、お帰り!

 行動的で、頼もしい。

 >告発は、まだ、進んでないようですが、督促、追い討ちはかけませんか?

 >田代検事の虚偽捜査報告書もマスコミに明らかになり、法廷での証言は
  大善裁判長も指摘したように、偽証の疑いが濃厚になったようですが、
  告発はやらないですか?

 >ゼネコン70件の取調べメモは、秘書3人の公判や、その他手続きで内容が
  明らかになるのでしょうか?また、検察が改竄、消却する可能性はありません  か?

 >田代検事逮捕に至らないのは、検察が証拠隠滅、改竄、口裏合わせを周到に
  行っていると、強く疑われますが、告発者として、途中の経過の報告を請求
  することはできないのですか?検察は、よくマスコミにリークします。当然
  告発者には説明を受ける権利があるとおもいますが、どうでしょう?

  八木さん、忙しいでしょうから、どなたか、お分かりの方、教えてください。


17. 2012年3月13日 22:20:50 : AbUQIT03nM
八木啓代さん

痛快です。

素晴らしい。

ご活躍期待しています。


18. 2012年3月13日 23:31:00 : oU58rWQM7E
さすが八木さん筋が通っています。

検察は完全にブーメランですね。

彼らは自滅するまで突っ走るつもりなのだろうか。
いくら司法の法規の則っていようが、神の法に逆らってはいけない。

お天道様は見ています。


19. 2012年3月14日 00:48:35 : F34ktvlGYk
本当に頭のよい方ですね
それに比べてテレビに出ているチンピラ評論家どもときたら

20. 2012年3月14日 00:55:15 : rQCgsFcVoo
工作員赤かぶ投稿とは、えらい違いのコントラスト。荒れ少々。おおむね静かなよい盛り上がり。

赤かぶ付きコメンテーター達は、大変良く勉強し、準備したとみえて、今、郷原氏誹謗中傷に燃えています。仲間内のコメントの出来芝居のやりとりも見え見えで嫌になりますね。あしゅら一見さんはきっとびっくりして、二度と戻らないほどの酷いバトルの展開中。

私は02氏は、少し誤解されていると感じる。この人現実の相場を知っていてそのまま語っているという印象。きちんと敵を敵としているところで、思いは他の人達と共通している。
よほどのウルトラC的強みがないと、権威と伝統と厚顔と高みに居並ぶ同胞の連帯で、押し切ることを常套手段としているまともな理屈の通らない秩序妖怪達であると私も思う。
小沢殺しの特別な力は、すでに元秘書も巻き込んだ大がかり裁判に突入していて、いまさら、中止なんてジャパンハンドラーや売国奴首領が考えるはずがない。
法律に沿ったように見せかけて、どこまでも、まともな法律抜きで、権威と伝統と厚顔と同法との連帯で押し切るばかりで固まった敵≠相手に、イメージしたほうが、現実的な活路も見えてくると私も思える。
そもそも相手はまともな人間ではないし、まともを離れた所から、この裁判を始めている。だから何としてでも負けたくない。必ず、大きな落とし穴や見落としがある。登石判決を司法妖怪達が反省もしていない。インチキソフトの露見も恥じていない。最高裁事務総局の圧力下での筋書きの濃厚な疑いにも、とにかく犯罪者顔負けの鉄面皮と意味不明の戯言の繰り返し。マスコミがこぞって共謀者だから本当に質が悪い。
私は、これまでの攻め方は本当に正しいし、優れていると思う。
しかし、相手は、まともを捨てた黒服の繰り人形。
もっと幾ら黒服繰り人形でも、無罪確定を認めざるを得ない所をもっと、確かなものに組むべきと思う。地位を悪用した冤罪裁判。国民の裁判への信頼を地に落とす裁判の体を成さない小沢リンチ。黒服人形達は、当然、一国民として小沢一郎の裁判を行っているのだから、黒服達が破壊しているのは、同時に国民の法的利益である。
最高裁判事の国民審査には全員×をつけようという動きがあるが、そんなものでとても足りない。現在の司法に対しての信用が地に落ちて、さらに地の底へ向かい落下中である。そうしたことに相応しい対応もきっと見つかるはず。
一目瞭然の弱みがあるのでやはりそれか。冤罪ツールに冤罪捏造取り調べ。
国民は断固として、日本の公正な裁判に冤罪を持ち込ませない!
国民の司法への冤罪管理権とでも言うべき立場からの国民主権の国民側からの保護の必要性を訴えるという行動が効果が高いと思う。
マスコミは無視しても、すでに有名になっている被害者達を、この国民の権利の擁護、権利の防衛のために集めたならば、マスコミが隠しても、その意図は国民には知れる。司法の信頼失墜が当然なことが国民には知れる。


21. 2012年3月14日 01:18:58 : rQCgsFcVoo
20訂正

国民の司法への冤罪管理権×→国民の司法への冤罪監視権○

※主権者国民が自らの権利を守るために求めるものには、司法は反対できないでしょう。現実がこの必要性を語っている。デザイナーは国民です。


22. 2012年3月14日 04:21:15 : 3wzYYwKoSg
3月1日のGoogleの契約改訂など、情報化社会=管理(監視)社会でもあるという、これからの社会の有様が見えてきたように思います。
庶民としては、このような、抗しがたい仕組みの上で生きていくのですから、社会が許容出来ることを前提とした経歴を重ねる「工夫」が必要になるのでしょう。
しかし、考えてみれば、小沢氏のような、常に衆目を集める公人らは、とっくの昔から、そうだったでしょう。
この問題は、そういう意味でもシンボリックな問題であり、権力に対する「可視化」と「冤罪」については、さらに、さらに、高度な管理が必要です。
絶対に、徹底的に、今回の冤罪が解明されなければ、将来、我々一人一人(家族・友人・知人)に、容易に降り掛かってくることを想像してしまいます。

23. 2012年3月14日 05:50:53 : O5veTun5Wg

要するに、検察も指定弁護士も論理破綻してるっちゅう事だわ。

屁理屈を重ねていくと、こういう事になる。


24. 八木啓代(本人) 2012年3月14日 07:38:32 : s1s/ikTjDJMYo : FmViZ0VupD
>09.さま

その通りです。お見事です。
先にお気づきだったのですね、素晴らしい慧眼です。

検事総長まで罪に問うのは立証上の問題があるので難しいですが、証言のある吉田副部長と佐久間部長は、この論法だと罪に問えるでしょう。>>16.さま

まだメキシコにおりますが、お答えします。

 >告発は、まだ、進んでないようですが、督促、追い討ちはかけませんか?

 >田代検事の虚偽捜査報告書もマスコミに明らかになり、法廷での証言は
  大善裁判長も指摘したように、偽証の疑いが濃厚になったようですが、
  告発はやらないですか?

田代検事はすでに告発し、二度の捜査要請書で追い打ちはかけています。
それ以上のアクションも準備中ですので、しばらくお待ちください。

 >ゼネコン70件の取調べメモは、秘書3人の公判や、その他手続きで内容が
  明らかになるのでしょうか?また、検察が改竄、消却する可能性はありませんか?

ゼネコン70件の取調べメモは、すでに、指定弁護士から小沢弁護団に開示されています。その点におきまして、指定弁護士は検察よりはるかにフェアプレーをしています。

 >田代検事逮捕に至らないのは、検察が証拠隠滅、改竄、口裏合わせを周到に
  行っていると、強く疑われますが、告発者として、途中の経過の報告を請求
  することはできないのですか?検察は、よくマスコミにリークします。当然
  告発者には説明を受ける権利があるとおもいますが、どうでしょう?

告発者が途中の経過を知ることはできません。不起訴になった場合でも、ペラ一枚の不起訴通知が届くだけで、どういう理由で不起訴になったのかは開示されません。


25. 2012年3月14日 07:54:02 : 1u7UBJtLEA
あり得ないけど指定弁護士の理論が通るなら、最近の例では鳩山も、自民党の二階も共謀共同正犯で有罪だね。確か秘書の有罪が確定しているよね。

小沢さんが有罪判決をを受けたら、そういうことを騒げばいいんじゃないか。

そうすればさすがに国会も動くんじゃないか。


26. 2012年3月14日 08:44:54 : nNPddbW4SY

小沢一郎という野党党首に対する、一連の特捜部の捜査について検事総長が知らなかったなどということは極めて不合理であり、検事総長の許可もしくは暗黙の了承のもとに行われていたと推認される。

27. 2012年3月14日 09:11:56 : mEZSoDieTk
すごい。八木さんには心から感謝しています。この投稿でのみなさんの意見、いいですね。有罪になる可能性が高いと思いますが、二の矢、三の矢でうち負かしましょう。八木さんの「市民の会」にカンパをお願いします!!!!
 八木さんに支援・カンパ、ご意見、情報提供をお願いします。

28. 2012年3月14日 09:13:35 : F3lIv7wLV2
毎日新聞の誤報(捏造)は、訂正も謝罪もなく、
告訴すれば過失も故意も証明不要で有罪確定、直接上司から社長まで共謀罪。
返答のない新聞協会も同罪。

最高裁は、検察審査会への「憲法違反の通達」で有罪確定。


29. 2012年3月14日 09:36:18 : xACUETY2aQ
八木さんの言うことは全くその通りだが、それにしても、司法はひでえことになってきたもんだ。長嘆息。

30. 2012年3月14日 10:14:25 : hxJFeqEkB2
八木さんに全面同意します。

他のブログですが「永田町異聞」も良いこと書いてあります。

皆さん、ご一読を。


31. 2012年3月14日 10:29:35 : V3IshV4qRU
記事に次のくだりがある。

「…なによりも、この共謀認定理論は、まさに陸山会という単なる政治団体を、その存在そのものが犯罪と見なされる過激派テロ組織あるいは暴力団に見立てたものだということ。」

指定弁護士が、この見立てで小沢被告の共謀を主張したのなら、なるほどすごいね。


32. 2012年3月14日 11:04:33 : P9ppjACO02
検察日弁連に破防法適用しなければならない
ニイタカヤマノボレ

33. だめだこりゃね 2012年3月14日 11:28:57 : 2yBPLCMdnmS8Y : ARTS89T1hc

国会が霞ヶ関にいいように牛耳られ、司法が内閣の言いなり状態の日本。

コレって、立法と行政がほぼ一体の存在で、司法は行政の守護機関って事でしょ?w
マスゴミも癒着してんだから誰がどう見ても独裁国家じゃんwww


34. 2012年3月14日 11:59:51 : F34ktvlGYk
小沢事務所をオウムや過激派テロ組織、反社会勢力と無理やり同列に扱わないと立証できないとは笑止千万、荒唐無稽、非常識の極みだな
こいつらには基本的に常識というものが欠落している

35. 2012年3月14日 12:41:04 : 95lsUOHKbE
もう小沢さんの時代は終わり。
無罪になっても小沢さんには政治的影響力はない。時代が変わった。時代はレッセフェールと流れが変わっている。橋下の維新八策がもてはやされる時代になってきた。庶民は公務員へのねたみやっかみ、既得権益の廃止ということで完全な自由主義を求めている。
小沢さんを裁判闘争に消耗させて、政治的影響力をそぐということは成功している。
民主党が本当にマニフェストに掲げた政策に戻れるのでなければ小沢さんが無罪になっても大きな力にはならない。
でも小沢さんは無罪には成らないような気がする。推定有罪だ。日本の司法に正義はない。

36. 聖凡人 2012年3月14日 13:30:12 : mjLiAtj5tXIsc : Xwlemfst1A
<もう小沢さんの時代は終わり。>随分と長く使いふるされたせりふだな。小沢氏程の政治家が議員でいる限り、その影響力が落ちることはない。なぜならその「自立と責任、共生の思想」が新自由主義とは対極にあり、新自由主義の誤りが明らかに成るにつれ、また小沢氏のこの思想に基づいた政策が国民に理解されるようになればますます影響力が強くなるだろう。今は裁判で政治活動が制限されているが、たとえ有罪になっても証拠もなにもないデタラメ裁判では何の影響もない。前福島県知事は収賄額0円の有罪判決を受けたが、一般には無罪だと思われている。要は今の裁判所なんか全く信用されていないのだ。国民は既得権益を破壊したいと考えているが、自由主義を求めているのではない。政治主導で行財政改革を行い公務員による税金の無駄遣いをやめさせ、年金改革、社会保障改革をして、働きやすく住みやすい国にすることを望んでいるのだ。

                                     要は、正しい情報が一般の国民に行き渡らず、誤った情報ばかりが日本を覆い尽くしておりここ3年間は小沢バッシングが続いていた。よく理解していない一般国民に一人一人が少しでも真実を伝える努力が必要だ。                                                                                         その上で、今の野田政権を早く倒し、小沢Gの議員に総理大臣になってもらうことが重要だ。9月の民主党代表選に向けて、党員かサポーターになろう。選挙で一票を入れよう。選挙登録は5月までだ。   


37. 2012年3月14日 13:56:22 : lgPzFqxDB2
>>35
冷戦構造の終焉時代に、反共産主義思想として登場した
サッチャリズムとレーガノミクスが、
ユダヤ系のシカゴ学派、ハイエクやフリードマンらの経済学と
合体してグローバルスタンダードになっていったのは1970年代の話。
彼らの官僚制打倒とはスターリニズム打倒の意味だ。
それをみんなの党や橋下が40年遅れて、猿真似、物真似しているだけで
少なくともリーマンショック以後の潮流ではない。

遥か昔、1970年代のアメリカでは、政府が公共事業をして
バラマキ政策をするのではなく、政府は規制を緩和して自由市場に
任せておけばいいという風潮が高まっていた。
だが、その結果が、金融市場至上主義になった。
あとは“カジノ資本主義”や“暴走する資本主義”の乱舞。
勢いはよかったし、日本も小泉政権とともにその旗振りが進んだが、
エンロン不正事件からリーマン・ショックまでの狂乱で
壊滅的な痛手を被って、以降は一転、
度過ぎたマネタリーモデルも猛反省期に入った。
マエストロと呼ばれたFRB議長グリーンスパンはスケープゴートとされ
過ちを認めざるを得なかった。
現在の世界経済の不安定化の根源にあるものが
何だったのかすら知らないバカが、欧米の1970年代のスタンダードを
今さらのように有り難がっているなど、滑稽な光景でしかない。
猿はしょせん猿だ。

共産主義と新自由主義は同時に終わり、より普遍的な自由主義思想を
新たに模索し、再定義しつつある段階が現在といえる。
その意味で小沢氏の政策観は世界の動向とズレが無い。


38. 2012年3月14日 14:09:41 : ftd9diRfFU
【米国による日本支配の構造】

米国:裏の権力 CIA
米国:表の権力 司法省、CIA、FBI
日本:表の権力 法務省、検察庁(司令塔)(東京地検特捜部)、最高裁事務総局、警察庁・警視庁、公安調査庁
米国:裏の権力 ユダヤ金融資本
米国:表の権力 財務省、FRB
日本:表の権力 財務省(司令塔)、金融庁、日銀、日本の優良企業の株支配と企業買収、民放TVの大株主
米国:裏の権力 外交問題評議会CFR(司令塔)デビッド・ロックフェラー
米国:表の権力 国務省
日本:表の権力 外務省
米国:裏の権力 軍産複合体
米国:表の権力 国防総省、CIA
日本:表の権力 防衛省
米国:裏の権力 CIAの直轄部隊
米国:表の権力 在日米大使館、在日米商工会議所
日本:表の権力 在日米軍基地(横田、座間、横須賀、三沢、嘉手納)
米国:裏の権力  
米国:表の権力  
日本:表の権力 CIAの日本人エージェント 政治家( 自民党清和会、公明党、民主党、みんなの党、共産党)、官僚、財界、組合、広告代理店、マスコミ、シンクタンク、弁護士、学者・評論家、教育者、市民運動家
米国:裏の権力  
米国:表の権力  
日本:表の権力 CIAの日本人洗脳装置 全国紙(特に産経、読売、毎日)、NHK、民放TV (特にフジTV,日本テレビ、TBS)、カルト宗教(創価学会、統一教会)
米国:裏の権力  
米国:表の権力  
日本:表の権力 CIAの在日暴力装置 右翼・暴力団

自民党が成り立っている要因 CIAからの資金援助。
CIAは裏の顔として、麻薬密輸売買に関わっているという。


39. 50のおじん 2012年3月14日 14:24:28 : ZjDaYvlZSrVvM : FLJPJiSAMw

取り調べの可視化もなく、捜査段階では弁護士の同席どころか接見も制限されている。更に、起訴という権力を持つ検察官におもねるような一種のマインドコントロール状態に置かれる。そうして、調書が作られて行く。

一旦裁判が始まれば、その調書取り分け検面調書が重視される。起訴後の供述変更も自由心証主義の下では無力となる。

検察官適格審査会や裁判官弾劾制度がマトモに機能せず、不当な不起訴の是正を目的とした検察審査会が単なる第二検察庁と化しているのが現状である。

郷原氏のコメントは正論ではあるが、検察官や裁判官が恣意的に法を操り、それを正す制度が機能しないとなれば、刑事司法の常識などという言葉に何の意味もない。

「面白くなってきましたよ」と八木氏は仰る。しかし、本当に面白いと言えるようになるには、クリアーしなければならない問題が山積である。無理が通れば道理が引っ込む。現実は厳しい。


40. 2012年3月14日 14:28:11 : tfr4xa1ypE
>>37

阿修羅名物「ID:VakF4nKSH2」の背景にあるのが「新自由主義」だ。
日常会話の7割が「在日侮蔑」の似非右翼とは別の異臭がする。
飯島タコ坊主!と罵倒すると、そそくさと何処かに消える。


41. 2012年3月14日 15:20:14 : 7K5F2zU0vA
メキシコの八木さん!

 丁寧に、お答えいただき、ありがとうございました。

 次の矢もお考えとのこと、力強く思います。

 期待しています。

          16番です。


42. 2012年3月14日 15:24:32 : lglRMtQ8EE
小沢一郎議員を逮捕しようとして捜査を主導した人達は、
小沢総理誕生を阻止し、テロ組織であり、組織的犯行と
推定できる。

43. 2012年3月14日 16:17:37 : 5Az5gHiRe2

先ほどミヤネを見てましたら、
沖縄でのサギ事件で陸山会事件と全く一緒で
検察が不起訴し2度目の強制起訴で指定弁護士が求刑した
事件での裁判の結果、<無罪>になったニュースを紹介した
検察審査会の強制起訴事件で無罪は 初めての事例だそうです。

それはそれでいいんですが
われらの小沢遼子氏がコメンテーターとして出演してましたので
これは何か聞けると思いすぐに録画のボタンを押したが
ミヤネは、小沢遼子さんに振らずに、隣の男性に振りました
それで短いコメントで終わり!
ミヤネはわざと小沢遼子さんに振らなかった<あんちくしょう>

詳しい方ににお聞きしますが、沖縄裁判所の検察審査会での無罪判決は判例になりませんか?


44. 日高見連邦共和国 2012年3月14日 16:44:47 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
>>43

“猛女”小沢遼子も、朝のラジオ番組『話題のアンテナ』で、
最近小沢一郎の話題は“ちょっとスルーぎみ”なんだよねー!

俺が聞き漏らしてるだけかもしらんけど。
あの、まさに『歯に衣着せぬ物言い』を聞きたいね!


45. 2012年3月14日 18:16:39 : 5Az5gHiRe2
>>44

そうですか!
講演会のパネラーだけじゃ飯食えないからね
読売か共産党からチクリでも入ったかな?


46. 2012年3月14日 18:23:58 : WRcvzABPLo
那覇地裁の件もありますが、
「重火器で小沢一郎を狙う」のニュース。
どう思います??
敵が焦りだしたか、単なるバカか。
何でも有りの連中なので、気を付けなければ・・・
又、他投稿で見ましたが「秘密保全法案」ご存知ですか?
ブタノダは絶対許せない!!
小沢先生に早く日本を指導してもらわなければ、日本は滅びます。

47. 2012年3月14日 18:36:31 : 5Az5gHiRe2
>>46。ヨ重火器で小沢一郎を狙う」のニュース。

<な、な、なぬっ!!>
何ですか、それ!!
何処のどいつだそれって



48. 2012年3月14日 18:41:55 : lgPzFqxDB2
ID:VakF4nKSH2。悪いことは言わない、今すぐ自首しなさい。
いくら阿修羅で吊るし上げられたからといって犯罪を犯してはいけない。

49. 2012年3月14日 21:50:44 : kZH4PUBT6k
小沢も 特捜部長も副部長も有罪ということか

陸山会と暴力団は同じ扱いでいいのでなないか
やっていることはそんなに変わらないぞ


50. 2012年3月14日 22:03:48 : daCSCRNzYM
>小沢氏から多額の資金提供 が行われた事実を秘匿・・・

検察側(指定弁護士)主張はどう考えても単なるいいがかり。
3ヶ月期日をずらしても、小沢氏からの借入金として収支報告書に
ちゃんと記載報告してあるのだから、資金提供秘匿とはならない。
誰が考えてもたった3ヶ月記入をずらしただけで4億円の資金提供を
隠し通せるとは思わない。
隠すつもりなら、最初から収支報告書に記載しないでしょ。
何を言ってるのか、意味不明な論告を恥かしげもなくのたまう指定弁護人。


51. 2012年3月14日 22:33:02 : 0EopofEgjc
>>43

判例とは一般的には最高裁におけるある特定の法令の適用・解釈の前例を指します。
判例として有効となるのは特に最高裁判決に限られませんが、上級審ほどその効力が強いと考えられています。
その基本的な考え方は「個々の裁判において同一の法令の適用・解釈に違いが生じることは「法の公正性」の観点から見て問題がある」というものです。
そうした事から43さんの

>沖縄裁判所の検察審査会での無罪判決は判例になりませんか?

という問いについての答えとしては「ある特定の法令の適用・解釈の前例」に該当しませんから、本件の判例にはなりません。
検察審査会の議決による強制起訴であっても裁判である限り、「無罪判決」の可能性を否定し得るものではありません。
ただし「検察審査会の強制起訴事件で無罪は初めての事例だそうです」という現実も確かに存在します。
それは裁判員制度導入でも明らかなように、昨今の「国民の「司法」に対する不信感」が根底にあるからです(裁判員制度や検察審査会制度はその不信感を払拭するための措置です)。
ただし、本件では検察官らの問題で『かえって「国民の「司法」に対する不信感」を強めた』という側面がありますから、安易にこれまでの前例を参考に判断すること(検察審査会の強制起訴事件で無罪は初めての事例=無罪は難しい)はできないと思います(本来は検察官らの取り調べ等に不適切な行為があり、訴訟自体に問題が生じた場合は、弁護側より公訴棄却動議を申し立て、裁判官が公訴棄却の裁定を下します)。


52. 2012年3月14日 22:49:43 : 0EopofEgjc
ひとつ言い忘れましたが、「検察審査会制度」自体は「裁判員制度」とは異なり、昭和23年から存在します。
ですが、その趣旨は「公訴権の行使に民意を反映させて,その適正を図ること」ですから、裁判員制度の趣旨である「裁判(判決)に民意を直接反映させ、国民の司法に対する信頼、理解を促進すること」と目的は極めて似ていると言えます。

53. 2012年3月15日 03:46:13 : dApGl4rfPA
漆間の「自民党には捜査は及びません」って発言さあ

ゼネコン関係者を取り調べてわかった自民党議員の裏献金も記載されているメモ70枚を、検察は決して表に出さないってことを言ってたんじゃないのかな?
その時から裏献金は自民党議員の十八番で小沢さんには無関係なことは
政府高官と検察内部では長官にいたるまで周知の事実だったってことですよね。


54. 2012年3月15日 08:11:00 : tfr4xa1ypE
>>24. 八木啓代(本人) 2012年3月14日 07:38:32 : s1s/ikTjDJMYo : FmViZ0VupD
>ゼネコン70件の取調べメモは、すでに、指定弁護士から小沢弁護団に開示されています。その点におきまして、指定弁護士は検察よりはるかにフェアプレーをしています。

>>53. 2012年3月15日 03:46:13 : dApGl4rfPA
過去、漆間の「自民党に捜査は及びません」という発言があった。ゼネコン関係者を取り調べの上判明した自民党議員の裏献金も記載されているメモ70枚を、検察は決して表に出さないと明言していたのではなかったか?
-----------
検察の2度に渡る不起訴及び検察審査会の強制起訴を経て、検察の捜査資料はすべて指定弁護士に移管されたはず。検察はゼネコン70件の取り調べメモが指定弁護士から小沢弁護団に開示されることはある程度想定内だったろうが、小沢を嵌めた自民党にはブーメランが飛来するわけで、頭痛の種を抱えたことになる。 
さあ、面白くなって参りました。 自民党には落とし前をつけてもらいましょう!


55. 2012年3月15日 10:23:30 : oDZLjorBrU
>>53
私も漆間の「自民党には波及しない」はおかしいと思うんだよね。
そう思う国民はあまりにも多いと思うよ。
だってお仲間のマスコミでさえあの時はおかしいって言ってたんだから。
こういう怪しい言動も、一つ一つ告発して根掘り葉掘り調べて欲しいよ。
腹の中に何か一物が有って言ったに違いないんだから。
漆間ほどの人が、何の裏も無くあのような事をいくらオフレコでも言うはずがないんだから。
こんな怪しい言葉をあのままほっておくなんて、おかしいよ〜!おかしいよ〜!

だって漆間ってこんな経歴の持ち主だよ。

1989年(平成元年)8月18日 奈良県警察本部長
1991年(平成3年)1月18日 警察庁警備局外事第一課長
1992年(平成4年)1月20日 警察庁長官官房企画課長
1994年(平成6年)7月27日 警察庁長官官房審議官(交通局担当)
1996年(平成8年)8月20日 愛知県警察本部長
1999年(平成11年)1月18日 警視庁副総監
2000年(平成12年)1月11日 大阪府警察本部長
2001年(平成13年)5月18日 警察庁警備局長
2002年(平成14年)8月2日 警察庁次長
2004年(平成16年)8月13日 警察庁長官
2007年(平成19年)8月16日 退官
2008年(平成20年)4月  漆間 大和ハウス工業顧問


2008年 9月24日、麻生内閣が発足

2008年 9月24日 麻生は漆間内閣官房副長官に抜擢
2009年 3月5日、漆間は自民党に及ぶことは絶対ない」と発言
2009年 9月16日 同退任

一方検察審査会の起訴決議はと言うと

2009年5月20日以前は、検察審査会が行った議決に拘束力はなく、審査された事件を起訴するかの判断は検察官に委ねられるため、「不起訴不当」や「起訴相当」と議決された事件であっても、結局は起訴されない場合も少なくなかった。
しかし、司法制度改革の一環として、検察審査会法が改正されたため、この起訴議決制度が、2009年5月21日から導入され、検察審査会の議決に拘束力が生じるようになった。

2009年5月11日 小沢一郎氏民主党代表辞任会見


この流れを見れば、もう全てが バレルーヤー バレテーラー
こんな事神もお許しにはならないだろう。



56. 2012年3月15日 11:50:19 : iGqZn0OP1s
検察審査会に投げられた時点で、小沢は国民により訴えられたことになってる

検察の不始末は検察審査会に問うことになってるのだが
その審査会の不始末は、日本においては受理する先がないよ

善い悪いじゃなく、そんなこと起こるという前提が無いため
制度が無い


57. 2012年3月15日 12:48:28 : r5tUg3QRjU
>>43さん
> 検察審査会の強制起訴事件で無罪は 初めての事例だそうです。

検察審査会の決定に基づいた「強制起訴」が可能になったのは比較的最近のことです。
「無罪」が初めてではなく、「判決」そのものが初めてです。

「初の強制起訴判決で無罪 那覇地裁」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120314/t10013710571000.html



58. 2012年3月15日 18:06:55 : NwlkA4uSKg
04年10月29日 陸山会が東京都世田谷区の土地を約3億5200万円で購入
      (地目が畑の為、土地登記が2ヶ月ずれる)

05年1月7日  陸山会が世田谷区の土地を登記

05年3月31日 陸山会が土地購入の原資として小沢元代表から提供された(つなぎ融資)4億円を記載せず、土地代金支出も載せずに04年分の政治資金収支報告書を提出
      (検察はここにイチャモンつけた)

06年3月28日 陸山会が土地代金約3億5200万円を支出したと記載した05年分の収支報告書を提出
      (総務省はこれが正解と回答)

07年3月27日 小沢氏元秘書の石川知裕衆院議員が繰り上げで初当選

07年5月2日 陸山会が土地購入時に提供された4億円を小沢元代表に返済

08年3月31日 陸山会が小沢元代表への返済を記載せずに07年分の収支報告書を提出
      (つなぎ融資を返してもらっただけ)

08年9月24日 麻生内閣が発足

08年9月24日 麻生首相は漆間内閣官房副長官に抜擢

09年3月3日 西松建設の違法献金事件で特捜部が大久保隆規元秘書らを逮捕。

09年3月5日 漆間内閣官房副長官はオフレコと言う形で「自民党に捜査が及ぶことは絶対ない」と発言

09年5月11日 「大久保隆規元秘書逮捕」その責任を民主党代表辞任と言う形で小沢氏が取った。
      (のちに無罪確定)

09年5月21日 から起訴議決制度導入され、検察審査会の議決に拘束力発生するようになる         (2回起訴議決で強制起訴決定)(漆間内閣官房副長官の置き土産か?)

09年9月 総選挙で民主党が政権交代を果たす。

09年9月16日 麻生政権解散

09年12月辺りに大久保秘書が釈放される。

10年1月15日 特捜部が石川議員と池田光智元秘書を政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕。

10年1月16日 大久保元秘書を同容疑で逮捕。

10年1月23日 特捜部が小沢氏から事情聴取

10年1月31日 特捜部が小沢氏から2回目の事情聴取

10年2月4日 石川議員ら3人起訴、04年、05年分で小沢元代表は不起訴。
    
10年2月5日 石川議員ら元秘書保釈(21日間拘留取り調べ)(この間にも石川事務所女性職員が無理な取調べを受ける)

10年2月12日 小沢氏の不起訴処分を不当として市民団体(山際澄夫元産経新聞記者・在特会桜井誠・他)が東京第五検察審査会に審査を申し立て

10年2月23日 特捜部が07年分で小沢氏を不起訴。その後、同年分に対しては東京第一検察審査会に審査の申し立てが出される

10年4月27日 第5審査会が04、05年分で小沢元代表を「起訴相当」と議決。
     (1回目審査員11名 平均年齢34.55歳)

10年5月15日 特捜部が小沢氏から3回目の事情聴取

10年5月21日 検察特捜部が04、05年分で改めて小沢元代表を不起訴。
      (総務省が違反なしって言ってるからな〜)

10年9月18日 特捜部が小沢氏から4回目の事情聴取

10年10月4日 第5審査会が小沢元代表を強制起訴すべきだとする「起訴議決」(9月14日付)を公表。
 (2回目審査員11名 平均年齢34.55歳)(1回目2回目は別人にも関わらず奇跡の34.55歳?)
    (9月14日は(偶然?)民主党代表選挙で菅直人氏当選。)
    (小沢氏当選の時の為の保険?w仙谷の仕業か?)

11年1月31日 指定弁護士(検察役)が小沢元代表を強制起訴。

11年2月7日 石川議員ら元秘書3人が初公判で無罪主張。

11年2月14日 民主党菅代表「党の品位を汚す行為」?で小沢氏党員資格停止。
 (菅氏・前原氏・野田氏・レンホウ氏の外国人献金問題の方が党の品位を汚してる)

11年2月22日(「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」衆議院議員 小沢一郎)を民主党倫理委員会に提出

11年2月24、25日 陸山会事件裁判
ジャーナリスト・江川紹子さんが語る「2/25陸山会事件裁判を傍聴して」
http://togetter.com/li/105443

11年3月01日 陸山会事件裁判
ジャーナリスト・江川紹子さんの「3/1陸山会事件裁判傍聴記」
http://togetter.com/li/106902

11年3月11日 東日本大震災
(2011年07月04日現在)震災の死者1万5529人  警察庁まとめ

11年3月14日 福島原発水素爆発

11年6月27日
陸山会裁判7月に論告求刑!焦りまくる地検特捜部
(日刊ゲンダイ2011/6/27)
ttp://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3311.html

7月2日 「威迫と利益誘導、巧妙」と指弾 陸山会事件の供述調書で地裁
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011070201000873.html
悪党―小沢一郎に仕えて 石川知裕 (著) 出版社: 朝日新聞出版 (2011/7/7)
【2011/7/8】ゲスト:石川知裕(衆議院議員)
http://www.wa-dan.com/ustarc/2011/07/201178-1.php?1

11年7月12日 調書大量不採用、地裁が検察側の異議を棄却
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110712/trl11071218440018-n1.htm
東京地裁(登石郁朗裁判長)は12日、供述調書の多くを 不採用とした地裁の決定を不服とした検察側の異議申し立てを「理由がない」として棄却

11年7月20日 石川議員ら元秘書の検察側の論告求刑
検察側論告求刑 大久保氏禁固3年6月、石川氏同2年、池田氏同1年

11年7月20日 小沢氏の処分確定へ 党倫理委が不服申請却下
(民主党倫理委員会(渡部恒三委員長)小沢一郎元代表の不服申し立てを
却下)倫理委員会の意見書によると、不服申し立て自体は却下。
しかし付帯意見がありそれによると
「なお、本件不服申立後、東日本大震災が発生したことに鑑みて、次の通り付言します。すなわち、被審査人(小沢一郎氏)は党員資格停止中であるものの、民主党国会議員であることに相違はなく、
よって被災地の復興に向けて岩手県選出の国会議員として働くことができるよう、
執行部において然るべき配慮が望まれるところであります。」
http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011072001000501.html

11年8月22日 石川議員ら元秘書の弁護側の最終弁論

最終弁論を終えて
最終弁論は16時30分に終了した。
注目の裁判であるので傍聴も抽選であり私の知り合いも抽選漏れしたそうである。
13時30分より3人の弁護団から最終弁論の要旨が読み上げられた。
3人分なのでさすがに長い。大久保弁護団の読み上げが終了した後で休憩に入りその後、石川、池田と続いた。
最後に裁判長から「被告人は前に出てください」「何か最後に言いたいことはありますか」と告げられた。

以下、私のコメントを掲載させていただくことにする。

従前、私が行いました収支報告書の処理において誤解を与えることになり図らずも
結果として世間をお騒がせいたしましたことについてはお詫びを申し上げる次第でございます。
しかし私は収支報告書を処理する際に釈然としなかった部分について、自分としては、良かれと思い、適切な記載をしたつもりでおり、
決してその処理が何らかの動機があって意図的に行ったものでは無いことを終始一貫して主張し続けてまいりましたし、
そのことをこの裁判で明らかにする努力をしてまいりましたことを最後に改めて裁判官に申し上げたいと思います。
2011年8月22日
石川知裕


11年9月26日 陸山会をめぐる土地取引事件で、東京地裁が石川議員ら元秘書3人に有罪判決(控訴中)

11年10月6日 小沢一郎衆議院議員 容疑不明裁判初公判

11年10月14日 石川議員の「隠し録音」再生

11年12月15日 石川議員の取り調べにあたった元東京地検特捜部の田代政弘検事が証人として出廷
(石川氏を再聴取した際の捜査報告書に、虚偽の内容を書いていたことが弁護側の追及で発覚)
報告書によれば、石川氏は小沢氏の関与を認めた理由をこう述べている。
「私が『小沢先生は一切関係ありません』と言い張ったら、検事から『あなたは11万人以上の選挙民に支持されて国会議員になったんでしょ。小沢一郎の秘書という理由ではなく、石川知裕に期待して国政に送り出したはずです。それなのに、ヤクザの手下が親分を守るためにウソをつくのと同じようなことをしたら、選挙民を裏切ることになりますよ』と言われたんです。これは結構効いたんですよ。堪えきれなくなって、『小沢先生に報告し、了承も得ました』って話したんですよね」
まるで石川氏が田代検事の説得に心を打たれ真実を吐露したかのような記述だ。

★★ しかし、このような会話は石川氏が再聴取時にカバンにしのばせたICレコーダーの記録には一切残っていなかった。

★「供述調書と違い、捜査報告書は聴取を受けた本人ですら見ることができません。問題の報告書が検察審査会の議決に使われていたとすれば非常に遺憾です。何度も取り調べを受けた経験から、田代検事個人の問題とは思えない。どのようにして報告書が作成され、審査会に提出されたのか、徹底的に調査すべきです」by石川知弘★


11年12月16日 証拠改ざん事件で実刑判決を受けた前田恒彦・元大阪地検特捜部主任検事が証人として出廷
応援として、大久保隆規・元秘書(50)の取り調べにあたった前田元検事は、
「本件では裏献金で小沢先生を立件しようと積極的なのは、(当時の)佐久間達哉・特捜部長や木村匡良主任検事など一部で、現場は厭戦(えんせん)ムードでした」
「大久保さんを取り調べましたが、『とても無理ですよね』と感じました。(中略)佐久間さんらが東京拘置所に陣中見舞いに来たとき、(中略)『雰囲気を教えてくれ』ということを言われました」
 と一部の幹部らが小沢氏の立件に積極的だったと証言した。


12年1月10日 小沢氏の第1回被告人質問

12年1月11日 小沢氏の第2回被告人質問

12年3月9日 検察(指定弁護士)の論告・求刑
小沢氏に対して禁固3年を求刑した。



59. 2012年3月15日 18:39:04 : 0EopofEgjc
>>57

なるほどです。
そこまで見ていませんでした。
>>51でのコメントは訂正する必要がありそうです。
勉強になりました。
有難うございます。


60. 2012年3月15日 22:00:50 : BTKLKouFaw
■とかげのしっぽ切りで「小沢有罪」と相打ちではたまらんでしょう。

吉田特捜副部長と佐久間特捜部長がつかまったところでとかげのしっぽです。

もっともっと、検察の組織犯罪、政治家(仙谷一派)の一大疑獄があきらかになるのでなければ受け入れられない。


61. 2012年3月15日 22:27:42 : dApGl4rfPA
八木啓代(本人)さまへ

メモ70通の内容については秘匿されたままではないでしょうか?

報道では「捜査資料のリストを元代表の弁護団に開示した。 建設業者の取り調べメモが計70通存在することを弁護団に伝えた。」となっていたはずなのですが。
もしよろしければニュースソースをお知らせ頂けないでしょうか?


62. 2012年3月16日 08:33:03 : tfr4xa1ypE
>>59

>>57様に対して、いまさら丁重な物言いで礼を尽くしても遅い。
>>57様はオコチャマによる一連の愚論・暴論に不快感を持っているのだから。
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/535.html#c180


63. 2012年3月17日 10:13:49 : 7K5F2zU0vA

小沢遼子は、

 悪魔の注射をされた。

 最近、コメントが支離滅裂。

 放射能混じりの震災廃棄物を全国の自治体が受け入れよの

 キャンペーンを始めた。(3月16日(金)TBSラジオ 8:00〜)

 小沢問題から身を引いた。

 小沢一郎を支持する会では、司会者だったよね。何か、あったのかな?


 ミヤネャでも、エガワ出目金から借りてきた猫のようだった。

 年かな? 精気が失せた。ボケが入ってきた。小便の切れが悪いようだ。

 シャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーない。


 他にも、反小沢抹殺戦線から撤退した者は

 上杉隆氏、岩上正身氏。その他の自由報道協会のフリーシャーなりスト。

 原発事故、放射能に特化してきたが、

 バランス感覚が欠如しているのではないか?

 疑問を持つが、

 彼らの初期の報道は、高く評価するから、

 先が見えたような?小沢事件はスルーしても、

 許してやるか?

 私は、まだ、まだ、安心できないのだが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧