★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127 > 715.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察・最高裁事務総局解体論(連載第2話) / 秘書裁判で知った闇
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/715.html
投稿者 街カフェTV 日時 2012 年 3 月 18 日 01:10:41: FhSY.VZyAvKpM
 

元記事はこちら ⇒ http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/03/post_d5ce.html

第1話はこちら「検察・最高裁事務総局解体論 / 敵を知る・秘書裁判と高知白バイ事件」
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/649.html


( 昨日の続き・・・ )

 

今から思えば何も知らなかった。

「敵」のことを・・・

その本当の姿を・・・

      醜い内面を・・・


 

裁判官は、正しい判断を下すものだと思っていた。

検察は、正義に基づいて動くものだと信じていた。

 

   純情だった。

 

全てが違っていた。

この国の司法は根元から腐りきっていた。。。 手の施しようがないほどに・・・

彼ら司法高級官吏(検察官・裁判官)は、自分たちの組織の不利益にならない範囲に限って法を順守し、国民の権利を護る。。。つまり、組織を護るためには国民を切り捨てるのだ。

戦争時に国民を虐待した国家組織と何ら変わらない。

組織防衛のためには犯罪をも厭わない。

その姿は、震災・原発で未曽有の被害に苦しむ国民を捨て、国家財政優先に施策を進める財務省を中心とする官僚らと同じ・・・ 

 

こいつらは人間じゃない。

我々国民は血税で鬼畜を飼っているのだ。

 

。。。 。。。

。。。

 

平成8年11月25日、第41回総選挙の直後、私は五島正規衆議院議員(旧社会党)からの公職選挙法違反の命令(事後買収)を拒んだことから公設第1秘書を解任するとの通告を受けた。

此れに反発して、3年後に裁判で争うのだが・・・ その裁判で出て来た証拠書面の扱いに驚愕し、司法の闇に潜む官吏らの存在を知ることとなる・・・ 

当時は、まだ、インターネットも発達していなかった。

新聞をよく読み、NHKのニュースに注意を払う・・・ ごく普通の国民・生活者だった私には、「敵」の正体を知る術は無く、想像を絶する現実に唯々打ちのめされることとなる。 

 

 *  *  *

 

『藤島は秘書に向いていない。』

沈黙を破った五島議員の口から出た言葉が、私には奇異に聴こえた。。。

一息には理解し難い言葉がガランとした部屋と心に響いた。

『犯罪を命令する方が正しいのか?』

・・・ ・・・

高知県庁前大通りの選挙事務所は、第41回総選挙の闘いの後始末も終わり、殆んどの荷物が運び出されていた。。。その殺伐とした事務所で、私は、五島正規衆議院議員と二人の市議、労組幹部一人と応接ソファーに腰かけていた。

五島議員の(私には理解し難い)言葉の意味を他の方々は瞬時に把握したようだった。一言二言呟くように話しをして其々頷いた。。。交わされた話の内容は良く覚えていない。

私を解任する「会議」は5分足らずで終った。

35歳だった。 

足かけ10年・・・ 私設秘書から政党役員を経て公設第1秘書になっていた。私の10年間の努力はあっけなく終った。

。。。

秘書に向いている人間とは何だろう? 議員の命令に唯々諾々と従い、犯罪であろうと無心に遂行する者のことを指すのだろうか・・・ 

『議員が間違った判断をしたら、止めるのが秘書じゃないのか?』

私の頭の中の素朴な疑問を口に出す事は憚れた。重苦しい空気が漂っていた。。。「会議」が終わると、皆それそれぞれに急ぎ足で何処へともなく去っていった。

。。。

私の解職ニュースは瞬く間に関係者に伝わり、旧社会党陣営の規定事実となった。法的な私の身分とは関係無く、その日から私が仕事をする環境は霧消した。

 不思議な感覚が私を支配した。

   虚実が逆転した感覚だった。

私が、何故、秘書に向いていないと五島議員に判断されたのか・・・ その真実を周りの人々は知らない。知る必要もない。彼らが感じているのは、『藤島は不必要な人間だ。そう、五島議員が判断した。』という事実だ。

これまで私に愛想笑いを向けていた人々が、踵を返すように知らんぷりを決め込んだ。

35歳の公設第1秘書・・・

高知県の旧社会党陣営で組織の代表者として権勢を揮う五島正規衆議院議員の「国家老」のポジション。。。これを、自民党〜さきがけを経て来た異色の若造が務めていた。

以前から風当たりは強かったが・・・これ以降は極端に、悪しざまに無視されるようになった。「腫れものに触るよう」という表現がピッタリだった。その扱われ方に順応出来なかった。

  みんな怖いのだ。。。 

私に関係していると自分の身まで危なくなると思っている。それだけ、地方政界における国会議員の地位は絶対的なものがある。

 

  私は家に引籠った。

     不当な解職は受け容れられない。

 

            徹底抗戦を決めた。。。

 

『悪いことはしていない。 いや、私が正しい。。。』

『議員が間違ったら諌めるのが秘書だ。。。危険なことを続けていては、いつかは処罰され、事務所関係者とその家族全てが路頭に迷う。』

『いくら議員の僕(しもべ)の秘書とは言え・・・ 一国民として、人間として、犯罪を強要されたら断る権利くらいはあるはずだ。。。そもそも国会議員も公設秘書も国家公務員特別職・公僕ではないか!』

 『出来ることと、出来ないことがあるぞ〜 』

  『秘書は議員のオモチャじゃないぞ〜 』

   『ちくしょ〜 』

 

      負け犬は、家の中に閉じ籠って、血が吹き出すほど叫び続けた。

                  。。。 。。。

    心の中で・・・

 ・・・ ・・・

 

議員も秘書も国民の血税で飯を食っている。こんなことを許していたら、早晩、お縄になる。いつまでも平然と犯罪遂行を考える五島議員の考えが間違っていると思っていた。

『今のうちに組織の体質改善が必要だ。』と、考えていた。。。解職通告を受けても尚しばらくの間は・・・

35歳、 まだまだ純情な若造だった。

私は、山本有二衆議院議員(自民党・元金融相)の私設秘書時代(25〜27歳)、選挙違反で後援会々員が逮捕された事件を経験していた。当局に摘発されて一番可哀想なのは家族だ・・・

当時、逮捕された後援会々員の家族から午前5時頃電話が掛かって来た。

『うちの旦那を助けて下さい。。。』

高知県全県一区・中選挙区の闘いで県下53市町村をくまなく廻っていた。その中でも親しくさせて戴いた地方議員の奥方からだった。

『弁護士に任せてますから・・・ 』

これ以外に応えようがない。非力な自分が悔しかった。

選挙違反をなめちゃいけない・・・ 肝に刻んだ過去の教訓が私を抑制していた。

。。。 。。。

。。。 

公設秘書は国(私の場合は衆議院)から給与を貰う公務員だ。

『犯罪命令を断ったくらいで解職は出来ないはずだ。』

『俺は辞めない。』

五島議員からの解職通告に対抗して自宅待機(引籠り抗戦?)を続ける私に、衆議院から解職に関する封書が届いたのは、もう桜の花が咲く頃だった。

議員秘書厚生年金の打ち切り書面が入っていた。。。これで国家公務員特別職・公設第1秘書の身分が無くなったことが確認出来た。それ以前から給与振り込みは無くなっていた。

『あっけないな。。。』

『裁判しかない・・・ そうとう長引くな・・・ 』

 

覚悟を決めた。

長期戦の兵糧確保が必要だ。。。職安に行くことにした。

 

。。。 が、働く気力が湧かない。

 

そもそも、どの企業に面接に行っても採用されない。

紹介されたところで必ず訊かれるのは、『なぜ・・・ 公設第1秘書を辞めたのですか?』

・・・ ・・・

答えられない。

答えられない事情があった。

 

現職衆議院議員(当時)五島正規、以下100人が犯罪に関与したのだ。。。その中には、現在の武内則男参議院議員、連合高知代表・岡林俊司氏ら、県内自治労関係の大物が多数含まれていた。

私の制止を振り切って、彼らは酒食の接待・供応買収に興じていた。。。いや、彼らは何も知らない。私の制止を無視したのは五島正規衆議院議員だ。

五島議員に全ての責任がある。

『最悪の場合、何人が検挙されるか・・・ 』

『ヤバイな・・・ 』

県内の労働組合活動が麻痺する恐れがあった。

時は、「自社さ」連立政権が終わり、民主党結成前夜・・・ 五島議員は、医師・自治労系議員の重鎮、介護保険制度創設チームの座長としてなくてはならない存在だった。生まれ来る民主党の実務派の要となる議員だった。

その議員と陣営の労組幹部が尽く選挙違反で検挙されれば、政局をも左右しかねない。せっかく苦労して新しい政治の息吹を感じるほどになったのに、その芽を自らの手で摘み取りたくはなかった。

『公職選挙法違反(事後買収)の時効が成立するまで、動けない・・・ 』

 

   3年間の沈黙を決めた。

     たった独りの決断・・・ 

        孤独な闘いが始まった。

 

この時すぐさま訴えを起こしていれば、私は確実に勝訴しただろうが・・・

一緒に選挙を闘った仲間が心配だった。

その家族の顔が瞼に浮かんだ。。。

 

元来は陽気な私だが、この板ばさみは堪えた。。。ぺしゃんこに打ちのめされた。最も堪えたのは、私自身の家族や親しい友人からの叱責と蔑視だった。

私は誰にも真実を話さなかった。。。

妻や親兄妹にも秘密を明かさなかった。私を大切に想うあまり、彼らが警察に駆け込むことを恐れたのだ。彼らは私が仕事をサボって解職されたと思ったに違いない。。。私に激しい叱責の言葉を浴びせた。

正直、これが一番堪えた。

。。。 。。。

。。。

 

3年後に裁判が始まり、私にも隠されていた真実が分かることとなる。。。

解職の時、五島議員は私が公設第1秘書を自分の意思で辞職した旨、虚偽の届出(解職届け)を作成し、私自身が作成・提出する必要がある退職金請求書を仲間の秘書に命じて偽造させ、衆議院事務局(国)に提出させていた。

私は、秘書として仕えた議員に捨てられ・・・  

全てを捨てて守ろうとした仲間に裏切られていた・・・

 

  ショックだった。

 

更に・・・  踏んだり蹴ったりは続く・・・

五島議員の書面偽造等の罪を司法に持ち込んだ私は、今度は、此の国の司法機構を牛耳る高級官吏(検察官・裁判官)らに弾圧されることとなる。。。

五島議員は、長らく自民党幹事長を続けた加藤紘一氏と学生運動を通じて昵懇だった。

私が訴え出た五島議員の罪は、依然として此の国を牛耳っていた自民党議員始め、多くの国会議員が犯した罪だったのだ。

 。。。みんな同じ犯罪者だった。

 犯罪者同士、相互補助の仕組みが出来上がっていた。

 

正しいことを言った自分が、この国では特異で間違った存在だったのだ。それを覆すはずの司法は、闇の支配のために機能していた。 

私の行く先には漆黒の暗い闇が待ちかまえていた。。。それまで政治の世界で清濁併せ飲むことも幾らかはあった。しかし、そんな経験など何の役にも立たない。

こうして私は、公設秘書裁判が始まって思いもよらない闇の仕組みに気付き、打ちひしがれ、満開の桜の下で立ちつくす事になる。。。しかし、そうした真実が解るのは3年も先のこと・・・

 

そんな自分の姿を想像出来なかった平成9年春、まだ純情な若造が一つの決心をした。

 その春も桜が咲き誇っていた・・・

 

                   たった独りの決断だった。

 

      『3年は黙っているしかない・・・ 』

           仲間を裏切れなかった。。。 そして裏切られた。

 

                       純だった。

 

( 続きは、また明日・・・ )

 

*******

その他詳しい情報はブログトップにあります。 ⇒ http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 街カフェTV 2012年3月18日 09:29:27 : FhSY.VZyAvKpM : DbEEIb2ckg
藤島です。
川村(元水谷建設社長)の告発状を書いています。明日19日の小沢裁判最終弁論内容を加味して仕上げたいと考えています。。。提出後にブログUPしますのでヨロシク。

川村(水谷建設元社長)を共謀罪−検察審査会の偽計業務妨害罪で告発
http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/03/post_f778.html


02. 最大多数の最大幸福 2012年3月18日 10:06:16 : d1qFhv8SE.fbw : jwjnrTxldI
 偏見かもしれないが、増税志向の政治家ほど、
 選挙民を買収・供応して票を得ようとする傾向が強いと思う。

 増税して、裁量で使える原資を増やし、自分の取り巻きだけに
 カネをバラ撒く。

 完全な利権構造。

 こういう政治家に投票するバカ国民の責任が一番重いのだが、
 さすがに、我々、中年以下世代の人間の多くは、
 もう、こんなのでは駄目だと気付いてきている。

 今こそ、藤島さんの唱える新党市民のやり方が
 強く求められている。


新党市民・街づくり市民会議は、日常活動の様態が既成政党とは決定的に異なります。拠点事務所を構えて専従者が勤務する形態を取りません。自立した国民・市民が連携し、ネットで連絡を取り合います。結集の趣旨に賛同した人が、WEB上で事務局を補佐して運営します。事務局や参加者の提案に、他の参加者が意見や批判を寄せてブラッシュアップする。。。この作業を繰返すことにより全ての決定事項を整理してゆきます。
 難しく考えることはありません。既に、多くの国民はSNSやMLで連携し、投稿サイトで意見をぶつけ合い、思考を磨いています。ネット市民は自宅のIT環境構築費用を負担しています。これが政党の会費に相当すると考えれば良いのです。その能力を結集させれば、広く深く「情報」を交換し、屋外に活動の輪を広げて物理的・人的に結集することも可能です。
 要するに、常にネット環境で結集し、思想・理念的距離を埋め、企画に拠り(デモや集会の形で)物理的距離を飛び越えて結集する。。。自立した国民・市民の集合体!その情報発信基地が「街づくり市民会議」で、選挙活動などは「新党市民」が担います。

 古い政治、古い選挙のやり方よ。 さらば。

 買収・供応で投票行動を決めるバカ国民には公民権を認めるな。

 極力、政治資金を使わない候補者にこそ、投票を集中しよう。


03. boruchiyan 2012年3月18日 10:40:35 : Qc8KBuskfiDCI : IVc84PnSuU
>『議員が間違った判断をしたら、止めるのが秘書じゃないのか?』
 そんな秘書はいないよ。神代の昔から、その意味からして秘書に
 向いていなかった。
 
私も30代のころ在る国会議員の地元事務所を手伝っていた経験から
 百%そう断言出来ます。私らも秘書も含めて犯罪すれすれの活動を
 余儀なくさせられていました。

一番身近な例として○○を囲む会 などのパーティの企画と開催です
言うまでもなく 当時から資金集めの一環でしたので 百%詐欺まがい
のパーティでした。
例えば百名収容の会場に最低でも二百枚のパー券を後援会の会員または
企業、団体に売りつけます。
十枚買って頂いても来て頂くのはお一人で結構です、とお断りをいれる
のが常でした。

パー券一枚五千円会場費と飲食費は当時一人当たり約千円程度。
パー券収入5,000円×200枚=1,000,000
支出は会場費、飲食費 1,000円×100人=100,000円 これで90万円
の儲けです。四十年前の90万円はデカかった。

このパーティ詐欺は今も大手を振って罷り通っていて、ひどいところ
は百名収容の会場に十倍の千枚のパー券を売っています。

☆回顧録興味深く読ませて頂いています。つづきをお待ちしています。


04. 2012年3月18日 12:56:19 : sNAaMDE66A
藤島さんも、大変な試練を乗り越えられてきたのですね。

その試練が、藤島さんの「強さ」、「やさしさ」の
根源なのかもしれませんね〜。

仲間内で、「それは犯罪だ」と、主張すること、
間違っていることを「間違っている」と、
主張すること、この日本社会では大変難しいことです。

そのまま突き進めば、必ずとんでもないことになるのに、
ただ周りに流され、周りの空気を恐れ、
その場を何とかやり過ごせばいい、という風では、
社会が持たない。

安全で豊かな時代はそれでやってこれたのかもしれない。

しかし、神は我々日本人に、震災、原発事故、歴史的円高、
司法問題などなど、大変な試練を与えた。

これをどう乗り越えるかで、今後の日本は地獄にもなり、
極楽にもなる。

そのようなときに、勇気のある人、
そして事実を強烈に主張できる人が、どれほど貴重なことなのか。

藤島さんの体験を聞かさせていただき、
これも何か運命的なモノを感じます。

次の時代に必要な能力を持った人に試練を与え、
より研磨されたその人の能力が、次の時代に
十分に発揮される。

どんな歴史を見ても、時代に選ばれた人というのは、
大変な試練を乗り越えて這い上がってくる。

小沢さんに対しても、そのようなモノを感じます。

「新党市民街づくり会議」というのも、面白そうですね〜。

これからの活躍も、期待してます。

がんばれ藤島〜!
負けるな利久〜!


05. 2012年3月18日 15:43:07 : 4mA7GKW3Ku
藤島さん、まいった〜
男だぜ!!

06. 2012年3月18日 16:23:50 : CrRdEUoCsc
人に歴史あり!
私は、藤島氏を大嫌いだったが、これを読んで、少し好きになった。

07. 2012年3月18日 17:04:24 : CPWupmQ54s
>検察・最高裁事務総局解体論

検察に多少の問題があったとしても、司法がいくつかの冤罪を作ったとしても
なんで検察最高裁解体論に結びつくんだろ。

あれかこれかの二極対立でしか事が考えられないのか。


08. 2012年3月18日 17:41:21 : K7Z0LZyAEE
08さん 藤島氏の文章をきちんと読んでいますか?

>>彼ら司法高級官吏(検察官・裁判官)は、自分たちの組織の不利益にならない範囲に限って法を順守し、国民の権利を護る。。。つまり、組織を護るためには国民を切り捨てるのだ。

彼が指摘しているこのことが「多少の問題」ですか?
法を遵守して、国民の権利を護るとの前提で彼らに強大な権限を与えているのです。その存在基盤を放棄している組織であれば解体し再構築しなければ国民が不幸になってしまうとは考えないのですか?


09. 2012年3月18日 18:54:03 : VfXr9Y4Oig
今回の小沢問題は司法が行政・立法に介入したということか。三権分立を司法が壊したと言うこと。今後どうなるのか。

10. 2012年3月18日 19:13:34 : SvX9UYEdGw
ここまで来たのは大きい
腐った権力と闘う面々が集ってきた
阿修羅のお陰で どんどん 暴かれてきた
小沢先生を無罪にしないと もう ダメでしょうね
小沢先生無罪が見えてきたのよな気がする

11. のぼっさん 2012年3月18日 19:42:31 : fkt3FbbrckgTg : E7thoOZNTx
藤島さんの不正、不条理への戦う覚悟、姿勢に敬意を表します。
下名も技術屋人生、ものつくりに戦後の高度成長の先兵になって日本の復興に全力投入してきましたが、定年退職後、生まれた時代の検証からと昭和の歴史を自分史として調べ始め、高度成長から飽食の時代、デフレ右肩下がり、少子化の時代になってきた日本の衰退を肌で感じています。
この閉塞感の打破に、前の選挙による政権交代に胸をときめかし、日本は利権塗れの政治から国民主体の透明な政治への変化に期待していましたが、小澤裁判のいかがわしさ、正義の味方「検察と裁判所の違法行為」の実態を垣間見て「自分の生まれった昭和の暗黒時代に戻ったのか?」と恐怖を感じています。
311の大震災、原発爆発の大災害は「戦後の焼け野原」を経験した下名には「再び敗戦した」との思いです。
特に原発報道は「戦前の大本営発表」と間違うほど「情報隠ぺい」と「メデイアスクラムによる偏向報道」に出会い「日本の将来を疑っていました」が
小澤裁判における「権力機構の違法行為、国家権力の犯罪」に対し「命がけの覚悟」を示した「藤島さんほか市井の勇気ある方々の存在をネットで確認でき」
老骨を鞭打って「行動する」覚悟を持ちました。
今月23日開催の「小澤裁判を終わらせよ!」第7回シンポジューム(豊島公会堂)に参加するつもりで深夜バスで行動する予定です。我が身も皆さんと同じ行動の中に入り、一市民の行動の輪の広がりに寄与したいと考えています。
藤島さんの熱い言動には感激しており、この運動の広がりに汗をかく覚悟です。
公正、正義がまかり通る社会を目指していきたい。法治国家と胸を張れる国にするには「検察、裁判所の巨悪追放に行動しよう」
現状の日本の状況は226事件前夜のように「国家的危機のなかで緊張感の無い政治」と「利権維持のためになりふり構わぬ不正行為、犯罪を実行する権力組織」の実態に不穏な危機感を覚えます。
こんな状況では中国、ロシア、北朝鮮ほか国家が侵略される恐れを感じます。
毎日のテレビの馬鹿げた報道はいい加減なんとかならないのか、平和ボケもいい加減にしてほしい、国民を馬鹿にしてはいけないぞ。

12. 2012年3月18日 20:16:05 : g5YNM3KfF2
>この国の司法は根元から腐りきっていた。。。 手の施しようがないほどに・・・
彼ら司法高級官吏(検察官・裁判官)は、自分たちの組織の不利益にならない範囲に限って法を順守し、国民の権利を護る。。。つまり、組織を護るためには国民を切り捨てるのだ。
戦争時に国民を虐待した国家組織と何ら変わらない。
組織防衛のためには犯罪をも厭わない。
その姿は、震災・原発で未曽有の被害に苦しむ国民を捨て、国家財政優先に施策を進める財務省を中心とする官僚らと同じ・・・ 
こいつらは人間じゃない。
我々国民は血税で鬼畜を飼っているのだ。

■藤島さんの「志」の歴史的裏付けを見せていただいた。小職もあらためて決意する。

不覚にも読みながら一人でボロボロ泣いてしまった。

藤島さんのおっしゃるとおり利害のからむ政治の世界で清濁併せ呑む覚悟は必要だ。

しかし、今の司法・官僚・政治の世界の現実は「"濁"が"清"を飲み込んで"濁濁"が支配する暗黒の世界」になっている。

藤島さんはその犠牲者として傷を負っておられたことを初めて知り涙を禁じ得なかった。

このままでは日本は壊れる、そしてその犠牲となる若者達と社会的弱者。

このままで人生を終えることはとてもできないという強い思いが小職にもありこうして阿修羅に参加し、時に行動する。

大過なくそこそこに人並みに生きてくることができたこれまでの人生に深く感謝するとともに、子供達とこれから生まれてくる孫達に今のままの日本を残すことはできないと強く決意する。


13. 2012年3月18日 21:15:59 : 5onIIjn3Ns
>08

藤島は、検察は敵だとか、二極対立に持ち込みあおるだけ。
そこに小沢カルトがちょうちんをぶら下げるパターン。

ところで水谷建設の、ギャンブル、女好き川村元社長を偽計業務
妨害罪で告発すると言ってたがどうなったろう。


14. 2012年3月18日 21:58:52 : zlyAmzmePk
見せかけの民主主義国家の中で誠実、正義を貫くのは至難の業。
みんな当たり障りのないごまかしの中で自分の生活を維持するのが
やっとなのだ。私も含めて小心者が大部分を占める。
理不尽な権力支配の中であくまで良心に従い行動する人々は尊敬に
値するし、応援したいし、頑張ってもらいたい。
藤島さんの過去(経歴)を始めて知りました

15. 2012年3月18日 22:18:03 : 6aeXm80Klc
藤島さんの壮絶な独白を伺い、強く感銘しました。応援します、頑張って。

16. 2012年3月18日 22:51:38 : XhpX8jbLoU
藤島さん、この小沢裁判世論が勝つのはなみたいていじゃないと思います

何か、今不安な予感すろ、マスメディアが司法の犯罪を取り上げない

マスメディアと裁判所がつながっているような気がする

検察・裁判所・財務省・自民党・仙石・管・4大新聞・テレビ・学者が今おとなしい、最少から有罪ありの裁判だから、、世論を沈黙させておいて、小沢一郎・有罪

最初から最後まで嘘の固まり裁判・毒食えば皿まで、なんと汚れた国・日本

裁判所から司法クラブに裏連絡がいくだろう・新聞社に号外の準備をと?

藤島さん、又宣言の会・市民の会・市井の会・全国小沢一郎支援の会、
みんなで少しづつカンパしてA4の2枚折りのチラシ作り全国で配りましょう
北海道から九州までボランティアの人あつまります。私も参加します

全国の小沢支援の皆様、われわれも少しづつでも発信しましょう
小沢が殺されると国民が殺される・突撃体長の藤島さん感謝します


17. 2012年3月18日 23:45:10 : NlMqpNgcCs
これは「共同体の論理」との戦いである。
他人に対しては正しいことを言えるが、自分の身内や自分自身に対しても信念を貫けるかどうかが、今、試されている。

18. 2012年3月19日 00:44:45 : cOwplHfWlU
検察が正しかったら今頃東電から逮捕者が数珠つなぎだ。
経企省からも逮捕者が出ていただろう。

権力は原発廃止はあくまでやりたくない、検察は権力の手先その為には責任追及なんかしない。
検察は自分達の都合の良い正義は持ち合わせているが本当の正義など無い。

藤島さんもいろいろ遭ったんだね。あなたは正しい。そんなのネットで公開だ。
敵が半分なら味方も半分、馬鹿が半分利口が半分の世の中だ、理解する人も多い。


19. 2012年3月19日 01:01:20 : Y0nEUP1Rxc
”にっぽん”「にほん」とは日本人です。
日本人として誇りに思ってます。

何ですか!!今の日本は!

憂いています。

児玉誉士夫さんが、草葉の陰で泣いてます。
「日本人」が貫くことは。それは、たまらない純粋さだと思います。手を携えて、お互いを思いやる。それが旧来の日本人ではないでしょうか。

いがみ合っている日本なんか、もう嫌です。

利己主義yamemasyou.

日本の遠い空の下から・・。(小沢さんをよろしくたのみますね−角栄)


20. 2012年3月19日 02:23:25 : JKr0HlUP9I

 五島代議士は日本を救う。また藤島さんを選んだと云える。(とにかく『阿修羅』の拡散です。今こそ結集して、如何なる有効な手段を用いてもマスゴミを駆逐しなければ成りません。)
 

21. 街カフェTV 2012年3月19日 10:17:24 : FhSY.VZyAvKpM : DbEEIb2ckg
検察・最高裁事務総局解体論 3話/ 未熟な自分との別れ 
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/764.html
投稿者 街カフェTV

22. 2012年3月19日 12:28:48 : MOmQ35pfqw
今日の小沢氏側弁護士の弁論「事件は妄想」

面白い「妄想」としましたか!

「検察は捏造と冤罪を組織的に行った。
 解体すべき組織であり
 民主主義であるはずの日本を世界的に貶める
 犯罪組織である!」とでも言ってもいいでしょ!


23. 2012年3月19日 14:00:26 : NwlkA4uSKg
人間、大なり小なりの大人の事情と言うものがあるが、公職に就いてる者は大人の事情を言い訳に使ってはいけない。

24. 2012年3月19日 14:42:56 : hsldG1az86
☆奴隷化が決定するかどうかの分水嶺

真相が見えない国民はただ愚か。

現職の司法担当者達による前代未聞の冤罪捏造の共謀罪が、検察・最高裁事務総局解体の根拠と言うことですね。解体・再編成に十分な正当性の根拠です。正しい事情が国民間に広がればみんな賛成するでしょう。日本の国民の民主主義を闇のままに放置してきた障害の根本原因です。

売国奴偏り歪んだ司法が、国家利益を、小沢一郎抹殺の冤罪捏造で破壊している構図です。国益派に立つ小沢の拠点を破壊したら、そこから同等以上の新勢力形勢には国益派は大変な犠牲と苦労が必要になります。

信じられない構図ですが、真実です。

売国奴洗脳誘導支配の元から、脱出して、正しいもの見方を確立している国のために時代に先んじた国民は全員知っています。日本の国への心配や将来の希望が高いレベルにあったので、さまざまな偽りや妨げを克服して、真相の直視と、問題の正しい対処の足場を確保したのです。売国奴洗脳誘導を大きく迂回できる人達なのです。

今回は、日本の奴隷化が決定するかどうかの、分水嶺です。

大善は共謀画策の初めから登石と同様に配置されていた向こう側の人間でしょう。

日本の売国に、人間として必死の力を発揮している人間達を、毎日見ますが、その中の幾人かは既にゾンビ≠ナすね。


25. 2012年3月19日 16:46:26 : 1moutU6tus
藤島利久チェスト!

26. 2012年3月19日 17:46:22 : 1VqL678OCI
国家権力が腐敗不正した時、誰も裁く事はできません
最高裁も身内を裁く事はできません

唯一、人民裁判しかありません

ぬくぬくと小市民的安逸に浸っている今の劣化日本人に
その勇気があるとは到底思えないが・・・


27. 2012年3月19日 17:48:40 : beC0W8AvuA
こんにちは  藤島さん

いつも楽しく、心強く、藤島さんの所見ています

とにかく真実と正義の拡散、拡散ですね。

私はこの3年間くらいでかなり社会を動かしている物が見えるようになりました、
ネットの力は凄いですね、3年位前まではアメリカ一辺倒でしたが
今では正反対です、それが判ると上の事が良く分かるようになりました。

頑張ってください!


28. 2012年3月19日 18:25:54 : xoOuByrjWw
阿修羅 拍手ランキング トップ

おめでとうございます。

この調子で頑張って下さい。

筑紫の地より見ています。


29. 2012年3月19日 20:11:11 : Qd0TVS6cJk
カルト共、学芸会のノリ。

30. 2012年3月19日 21:23:34 : beC0W8AvuA
29さん

あんたはかわいそうな人間のく〜ず!


31. 2012年3月19日 22:20:35 : 0EZ4BnKpdE

すっかり阿修羅は、藤島とか言うパラノイアみたいなストーカー的変態が、
その誇大妄想的うわ言を一方的に発表して、その信者がひたすら褒め称えまくり、
一方異論に対しては端的に否定、排除、恫喝と言う、
限りなくカルトチックな自慰的パフォーマンスを支える場となった感があるな。

いい加減そろそろ藤島は追放すべき。もう藤島のオナニーは見たくない!
実際もう何の役にもたってないだろうし。用済みだよ。
どうせまたすぐ別のやつが来るんだから、藤島を追放しても工作員ウォッチには事欠くまい。



32. 2012年3月19日 22:24:51 : 0EZ4BnKpdE

いい忘れたけど、藤島はまともな議論には全く応じんもん。
すぐ逃げるか、手下をけしかけてくるか、笑ってごまかすかで、全然建設的じゃない。
それだけでも追放する追放する理由として、十分だと思う。



33. 2012年3月19日 23:56:58 : Qd0TVS6cJk
>32

手下wwww

でも追放しては面白くない。


34. 街カフェTV 2012年3月20日 05:42:14 : FhSY.VZyAvKpM : DbEEIb2ckg
藤島です。。。追放しないで(笑)

続きの話を読んで下さい。

http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/764.html


35. 2012年3月20日 06:10:49 : beC0W8AvuA
おはようございます  藤島さん

藤島さんは、なんというか、かわいそうで、哀れな 
人間の屑達にも人気が有るんですね

有名税  有名税  頑張ってください!!!

まっとうな人間は勿論、彼らもある意味では藤島さんの、応援団だと思います

がんばれ! がんばれ! 小沢さん! 藤島さん!

今の私の小さな楽しみは藤島さんみたいな人達が小沢さんに続く事です!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧