★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127 > 766.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本丸特捜部「6月解体」「大阪上回る」不祥事と完全敗北(AERA記事に対する郷原氏コメント)
http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/766.html
投稿者 otoppi 日時 2012 年 3 月 19 日 10:39:38: cUHXG0u8x2am6
 

本丸特捜部「6月解体」「大阪上回る」不祥事と完全敗北 AERA3月26日号 3月19日発売
http://www.aera-net.jp/latest/
AERA記事に対する郷原信郎氏Twitterコメント 3月19日7:13
http://twitter.com/#!/nobuogohara

今日発売のAERAの記事[「大阪上回る」不祥事と完全敗北 本丸特捜部「6月解体」] これまでは新聞報道が中心だったが、東京地検特捜部問題は、週刊誌でも大きく取り上げられるようになった。今日の小沢公判での審理は終了、今後、最高検を中心とする検察の動きが本格化する可能性も。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月19日 13:17:50 : u8FHlHRX2o
もしまだ自浄能力があるならここで動かない
後世で厳しく審判されるぞ

02. 2012年3月19日 13:28:15 : aVaG0FHzqk
AERAを買いに走ろう。

03. 2012年3月19日 14:33:14 : F4rSb2q3DE
組織犯罪の再犯防止の観点から解体して済む話じゃないと思う。
国家的規模で行われた犯罪であり、民主主義に対する宣戦布告と攻撃だ。
それ相応の対応、再発防止策を講じなければ鉾を納めることはできない。

04. 2012年3月19日 17:02:17 : l2wLeeJmIs
名前を変えて
同じメンツで
調査委員会?

05. 2012年3月19日 17:12:50 : dW8OLQytMI
★「誰一人内部告発・リーク?」シナイコトガ日本の沈没度が分かる。

自分さえ良ければ・・「東大一直線」の基地外には困った・こまった。

じゃんじゃん・・


06. 2012年3月19日 18:10:22 : tLL5rmHw5c

元々GHQが恣意的捜査をするために作ったのが特別捜査部、こんなでたらめな捜査機関は戦前・戦中ですら存在しなかった。


07. 2012年3月19日 19:55:07 : t9M2KfINao
今まで何人もの冤罪被害者、原因不明の自殺者を大量に製造してきたのが特捜検察。

狙ったターゲットが死ぬと捜査を終了させた松岡元農水大臣の捜査。ホリエモン事案でも死者。自殺者が出るのはスジがいい案件らしい。


08. 2012年3月19日 20:29:45 : hsldG1az86
冤罪工場の中身を見る国民はみんな怒るよ。

09. 2012年3月20日 01:55:03 : jYCf2ec9iE
特捜検察を裏で操るものこそを表に引きずり出さなければ
全ては終わらないと思う。
そやつらが検察に全てをなすりつけて涼しい顔をして
逃げ切ったりしたら日本は変われない。
巨悪は眠らせてはいけない。

10. 2012年3月20日 03:06:07 : v9aVGrYNew
小沢最終弁論
裁判長のお許しをいただき、本裁判の結審に当たり、私の見解を申し上げます。
5ヵ月半前、私は指定弁護士による起訴状に対し、次のように申し上げました。

(1)東京地検特捜部による本件強制捜査は、政権交代を目前に、野党第一党の代表である私を政治的・社会的に抹殺することが目的であり、それによって政権交代を阻止するためのものだったと考えられる。
それは、主権者である国民から何の負託も受けていない検察・法務官僚による議会制民主主義の破壊行為であり、国民主権への冒とくである。

(2)指定弁護士の主張は、そのような検察の不当・違法な捜査で得られた供述調書を唯一の証拠にした東京第5検察審査会の誤った判断(起訴議決)に基づいたものにすぎない。

(3)したがって、本裁判は直ちに打ち切るべきであり、百歩譲って裁判を続けるとしても、私が罪に問われる理由はない。政治資金規正法の言う「虚偽記載」に当たる事実はなく、ましてや私が虚偽記載について共謀したことは断じてない。

(4)今、日本が直面する危機を乗り切るためには、このような国家権力の濫用を止め、政党政治への国民の信頼を取り戻し、真の民主主義を確立する以外に方法がない。
以上の見解は、これまで15回の公判を経て、ますます鮮明になったと思います。

以下、その事実を具体的に申し上げます。
基より、「法の下の平等」「推定無罪」「証拠裁判主義」は、法治国家の大原則であります。
ところが、東京地検特捜部の強制捜査は、それらをことごとく無視して、証拠に基づかない不当な推認を積み重ねただけのものでありました。まず、政治資金規正法の制定以来、本日ただ今に至るまで、政治資金収支報告書に間違いや不適切な記載があっても、実質的犯罪を伴わない限り、検察の言う「虚偽記載」も含めて、例外なくすべて、報告書を修正することで処理されてきました。

それにもかかわらず、私のケースだけを単純な虚偽記載の疑いで強制捜査、立件したことは、「法の下の平等」に反する恣意的な法の執行にほかなりません。また、前田元検事がこの法廷で、「取り調べの初日に、木村主任検事から『これは特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢を挙げられなかったら特捜部の負けだ』と言われた」と証言したように、「推定無罪」どころか、最初から「有罪ありき」の捜査、立件でした。

さらに、形式的には「証拠裁判主義」にのっとって、私を2度不起訴にしておきながら、その実、違法・不当な捜査で得た供述調書と「小沢有罪ありき」の捜査報告書を東京第5検察審査会に提供することで、同審査会の議決を「起訴議決」へと強力に誘導しました。その動かない証拠が、石川元秘書が虚偽記載を私に報告、了承を得たとの供述を維持したという平成22年5月17日の田代検事作成の調書と捜査報告書であります。

去る2月17日の公判で、裁判長が、「検察審査会の再度の議決の判断材料として提供することを予定しながら、違法不当な取り調べを行い、石川に供述を維持させた」、「捜査報告書の記載は事実に反する」と指摘されたとおりだと思います。とりわけ重大な問題だと思うのは、田代検事自身が法廷証言で、「捜査報告書は上司に言われて作った。検察審査会に提供される可能性はあると思っていた」と認めたように、石川元秘書が供述していない虚偽の事実を意図的に報告書に記載し、東京地検が、それを検察審査会に提供したことであります。

その悪質さにおいては、厚生労働省元局長村木厚子氏の虚偽公文書作成事件で、前田元検事が証拠を改ざんした事件を上回るのではないかと思います。そして、その虚偽の供述調書と捜査報告書は、平成22年9月、検察審査会が起訴議決をして、私の強制起訴を決めた最大の証拠とされました。

それは、検察審査会の議決文が石川元秘書の調書を信用できるとした理由について、虚偽の捜査報告書の内容を踏まえて、「再捜査で、石川自身が供述を維持した理由を合理的に説明している」と明記していることで明らかであります。

ところが、東京地検特捜部による強力な検察審査会誘導はそれだけにとどまりません。
先に、裁判長が田代検事による石川元秘書の違法不当な取り調べについて、「個人的なものではなく、組織的なものであったとも疑われる」と指摘され、花崎検事による池田元秘書の取り調べについても、「利益誘導があった」、「取り調べメモを廃棄した」と認定されたとおり、当時の佐久間部長、齋藤副部長、吉田副部長、木村主任検事ら特捜部あげての審査への誘導工作だったと考えられます。

実際、東京地検が検察審査会の再審査に提供した、ほかの捜査報告書を見ると、「小沢は3回にわたる取り調べでも合理的な説明ができず、不自然な弁解に終始した」、「政治資金収支報告書に関する小沢の供述は虚偽である」、「小沢の共謀を推認する積極的証拠となり得る」、「小沢には本件不記載・虚偽記載の動機があった」等々、「小沢有罪ありき」の推認の記述ばかりで、明らかに、起訴議決をしない方がおかしい、強制起訴すれば裁判でも勝てる、と誘導しています。

仮に、それら捜査報告書と供述調書が、ほかの政治家に関するものであり、かつ私がそれを審査する検察審査会の一員だったとしたら、私も「起訴議決」と誤った判断をしていただろうと思うほど、強烈で執拗な工作であります。

加えて、前田元検事が、「東京地検では証拠隠しが行われた。検察審査会では全ての証拠を見ていない」と証言したように、検察の「小沢有罪ありき」の見立てに合わない取り調べ結果は供述調書にせず、そのメモさえ審査会に提供しませんでした。

そのような検察の手法には、司法の支配者然とした傲慢ささえうかがわれます。
事実、東京地検は、本公判開始の9か月も前の昨年1月に、田代検事並びに特捜部副部長による捜査報告書の虚偽記載の事実を把握しておきながら、放置、黙認し、指定弁護士にも、裁判所にも、私の弁護団にも一切伝えなかったと報道されています。

特に、指定弁護士が強制起訴手続きを行う前にその事実を把握していたのに、指定弁護士に知らせなかったのは、言語道断であると思います。

本件は、ただ単に検察が私個人に対して捜査権・公訴権という国家権力を濫用したということではありません。
野党第一党の代表である私を強制捜査することで政権交代を阻止しようとし、政権交代後は与党幹部である私を強制捜査ー強制起訴することで新政権を挫折させようとした、その政治性に本質があります。

検察は、2年間もの長きにわたって、不当・違法な捜査を行い、あまつさえ検察審査会の審査・議決を誘導して、強力に政治への介入を続けました。それは正に、議会制民主主義を破壊し、国民の主権を冒とく、侵害した暴挙と言うしかありません。その実態が15回の公判を通じて、具体的事実によって、いよいよ鮮明になったことが、本裁判の一番の意義である、と私は思います。

以上のように、検察審査会の起訴議決は、私を強制起訴させるために東京地検がねつ造した違法不当な供述調書と捜査報告書に基づく誤った判断であり、その正当性が失われたことが明白である以上、私にはいかなる点でも罪に問われる理由はありません。
私は無罪であります。

もちろん本来は、本件控訴は棄却されるべきものであります。
もし、何らかの理由で公訴が棄却されない場合でも、私にはいかなる点でも罪に問われる理由はありません。政治資金規正法の言う「虚偽記載」に当たる事実はなく、ましてや私が虚偽記載について元秘書と共謀したことは絶対にありません。

東日本大震災からの復興は、丸1年経っても本格化するに至らず、福島第一原子力発電所の事故は依然として収束の目途すら立たず、一方では歴史的円高によって国内産業の基盤が崩れ始め、欧州の金融危機に端を発する世界恐慌の恐れが迫って来ている今、日本の経済・社会の立て直しは一刻の猶予も許されない事態になっています。

そのためには、検察・法務官僚による政治のろう断に即刻、終止符を打ち、速やかに政党政治に対する国民の信頼を取り戻して、議会制民主主義を機能させなければなりません。裁判長はじめ裁判官の皆様におかれましては、見識ある公正なご判断を下されるようお願い申し上げ、私の意見陳述を終えます。
ありがとうございました。
ozawa itiro


11. 2012年3月20日 04:36:09 : SvX9UYEdGw
日歯事件の村岡兼造氏も涙の抗議
彼は冤罪 罪を被せられた
検察の暴走は許すな
この裁判は日本の恥 開廷 即閉廷が賢明だった

12. 2012年3月20日 04:47:08 : 0aGRaM4Wfg
 10さん、全文掲載ありがとうございます。

 テレビでは「小沢氏はあらためて無罪を主張した」みたいに結論しか報道しなかったが、全文を読めばとてもわかりやすく本質を突いている。拍手。

 新聞報道ではどのように伝えるか見物。


13. 2012年3月20日 07:37:00 : 62YHyevevs

元請けで『できなかった難事業』を

能力のない孫請けが『したり顔で請けて』みたが、
『まともな仕事ができなかった』という、恥ずかしい話。

これが建築物なら、およそ使い物にならない代物だ。
玄関の扉がひしがって開かないのなら、建物に入ることすらできない。

こんな建物作りやがって、責任者呼べ! と叫んでも、
誰も謝りもしない。でたらめ仕事の請求書だけは届いた。
『くそ! これでは詐欺ではないか!』と発注者(国民)は憤る。

どうです! 分かりやすい比喩でしょう〜
(某新聞のエッセイスト)


14. 一番町のボケ爺 2012年3月20日 08:42:48 : f.FP6saV8REc. : 7K5F2zU0vA

行け!行け!ドン!ドン!

 今朝、20日のラジオ、テレビのコメンテータは

>小沢は法廷で無罪になっても

 国会での政治的、道徳的責任があり、説明責任を果すべきだ。

 小沢氏側は、かなりの長時間、強制力を持つ裁判において証言した。

 公開の場だ。しかも、尋問の内容は公開されている。

 説明責任を果せと合唱している輩はその裁判記録を見てないのか?

 何を説明せよ!というのか?具体的に言いなさい!

 4億円所得してはいけないのか?罪なのか?何罪にあたるのか?具体的に言え!

 4億円の運用を秘書にまかせ、ケチケチ、テックしなかったのは、何罪だ?

 庶民の金銭感覚と違うことは罪か?

 では、政治家は、庶民の金銭感覚を越えてはいけないというなら、

 具体的に所有できる金額、使い方、具体的に示せ!

 麻生太郎氏、鳩山兄弟に当て嵌め、庶民感覚以上のな政治家の金額、財産は、

 国家で没収しよう! 消費税の増税はいらない!

 小川法相は、競馬馬投資に入れ込み歳費を毀損する損害を被ることもあった

 そうだ。コイツの金銭感覚はどうだ?


 ためにする阿呆なコメントは、もうやめろ! 

 どうしても言わないと商売にならないというなら、自分自身の資産公開を

 してからにしろ!他人の倫理・道徳なることを問うなら、まず、自ら示せ!

 
 示さなければ、次は固有名詞を挙げて議論しよう。

 


15. 2012年3月20日 09:19:33 : rdvV31qFF2
 小沢さんによる司法の断罪は、非常に重要であり、全ての人が、民主主義維持のために、心にとめておくべき内容であると思う。

 日本の三権の分立、独立は、もはやその実体が失われている。改革を行う必要があると思う。

 このような重大な問題が、なぜ引き起こされたのか。それには色々な原因があると思うが、一番の問題は検察や最高裁における構造的汚職問題であろうと思う。

 その問題を解決するためには、三井環さんに国会での証言を行ってもらい、その模様をテレビ公開する必要があると思う。

 誰かその労を取る国会議員はいないのか?


          Mr.B


16. 2012年3月20日 09:31:40 : T7ntL2wLuQ
>>10
ありがとうございます。

>>12
そうなんですよね。
これをニュースショーなどで全文紹介し、橋本ゴローやシンボーあたりがどんな風に解説するのか聞いてみたい。
解説の必要が無いくらい分かりやすいが、おそらく強引にワルモノに仕立て上げようとするんだろう。
「まだ説明責任が果たされてないだろー…」とか「国民はこれじゃ納得できない」とかなんとか…

 国民をばかだと思ってる解説者(?)ばかりだから…


17. 2012年3月20日 09:37:07 : 42WLGuDM8Y
10様 ありがとうございます。
 小沢さんの心情と弁護士、裁判官顔負けの分かりやすい弁明書。さすが政治家日本の代表小沢先生。そして一日も早く福島原発の件で政治で動いて欲しい。一番初めに東北で被災されておおくの人間を第一に考えて政治活動に没頭して欲しいし、それをするのが仕事だとおっしゃております。
 何を司法は小沢先生を冤罪をつけて縛り付けているのか本当にハラタダシイ。



18. 2012年3月20日 10:38:12 : cOwplHfWlU
日本は官僚から政治家マスコミまで膿みを出し切らねば再生は無い。
日本の大掃除を始めろ。中途半端はダメだ。

先ず官僚。自分達のミスやいい暮らしでつくった借金を国民に支払わせようとしている。そんな消費税が許されるか。
天下りなんか即刻廃止。当たり前だ、こんな事を止めるのに時間を掛けることは無い

検察も裏金を取っていた幹部たち全員弁償させろ、もちろん退職金も返金、天下り先もクビ。公金横領出刑務所に送れ。


19. 2012年3月20日 11:24:05 : K7Z0LZyAEE
これは小沢氏を裁く裁判でなく、民主主義・法治主義を踏みにじっている司法官僚を裁く裁判に変った。
さて、最高裁事務総局はどうするのか?
小沢氏は現実政治家として検察だけを攻撃し、最高裁事務総局の逃げ道を残した。
政治テロの司令塔である最高裁事務総局はどうするのだ?
小沢氏の出した救命袋にすがって生き延びるのかそれとも検察ともども玉砕の道を選ぶのか。
しかし、最低でもインチキくじびきソフトと登石推認判事の処分なしでは済まされまい。
犯した犯罪の始末はやがてつけねばならないでしょうが・・・。

20. 2012年3月20日 11:35:42 : JtaMN012L6
現在の悪名高い最高裁判所長官も終わりだな。

21. 2012年3月20日 12:11:03 : VQATyeMsgo
どなたか
司法の独立(裁判官)を担保するシステム外国ではどのように行っているのか
日本では最高裁事務局が人事権を掌握する事で、
司法の行政化に成功してしまったが(裁判官のヒラメ化)
司法、行政、そして立法の3権力
日本は行政による立法府に対する情報の捜査、
遮断等のコントロールで立法府を配下に置く事に成功した
また記者クラブによる公情報の一次代理店制度での既得権益付与で11社御用記者クラブ媒体を育成、暴力団で言うところの準構成員としての役どころを担わせる
立法府を情報操作による、そして談合捏造編集記事による脅し
この二つを使いわけながら立法府を配下に置いてきた
相当に優秀な議員でもこれらの強力な武器を駆使する行政に対抗はすべもなかったいままで
おそらく行政、マスコミ連合は小沢、橋下の脱法違法、スキャンダルさがしに余念がないのでは
おそらく致命的なものであれば100億ぐらいは出す
そん他では100円でも出さないのでは、それ程議員を舐めています
つまり2人以外ではどのようにでも懐柔できるとうぬぼれているしバカにしている

22. 50のおじん 2012年3月20日 17:09:50 : bo4eR3JZr3tUg : Y5P9lNT7tU
>>21

ひとつの組織が他の干渉を受けず、自由に活動する為には、その独立性を認める必要があります。しかし、完全に独立した組織というものは独善に陥り易く、時に暴走する危険を孕んでいます。その為、民主的コントロールを及ぼす制度が用意されている訳です。例えば、検察官適格審査会や弾劾裁判所などです。

今回の小沢公判の後に、それらの制度が機能するのか否かは不明です。組織であれ、制度であれ、そこに関わる人間によって左右されるからです。どれ程素晴らしい組織も腐敗し、それを監視する制度も機能しないという危険性からは逃れられません。

結局、どのような組織や制度に対しても疑いの目を向け、常に監視の手を緩めないことです。少しでも妙な動きがあれば、不断の努力で対処すべきなのです。この理は、三権分立の礎でもあります。

今、小沢氏等に対する不条理な攻撃に憤慨しています。しかし、それ以前の政治・行政・司法・マスコミの奇妙な動きに対しても同じように声を上げて来たでしょうか。反省することしきりです。

組織や制度を変えてみたところで、腐敗を完全に防ぐことは不可能と言わざるを得ません。常に監視を怠らない。何かあれば、声を上げ、行動に移す。それに尽きると考えます。我々自らが民主主義を体現していくより他に術はないのです。


23. 50のおじん 2012年3月20日 17:12:55 : bo4eR3JZr3tUg : Y5P9lNT7tU
>>22

政治・行政・司法・マスコミ → 立法・行政・司法・マスコミの誤りです。


24. 50のおじん 2012年3月20日 17:28:49 : bo4eR3JZr3tUg : Y5P9lNT7tU
>>21

ひとつの組織が他の干渉を受けず、自由に活動する為には、その独立性を認める必要があります。しかし、完全に独立した組織というものは独善に陥り易く、時に暴走する危険を孕んでいます。その為、民主的コントロールを及ぼす制度が用意されている訳です。例えば、検察官適格審査会や弾劾裁判所などです。

今回の小沢公判の後に、それらの制度が機能するのか否かは不明です。組織であれ、制度であれ、そこに関わる人間によって左右されるからです。どれ程素晴らしい組織も腐敗し、それを監視する制度も機能しないという危険性からは逃れられません。

結局、どのような組織や制度に対しても疑いの目を向け、常に監視の手を緩めないことです。少しでも妙な動きがあれば、不断の努力で対処すべきなのです。この理は、三権分立の礎でもあります。

今、小沢氏等に対する不条理な攻撃に憤慨しています。しかし、それ以前の政治・行政・司法・マスコミの奇妙な動きに対しても同じように声を上げて来たでしょうか。反省することしきりです。

組織や制度を変えてみたところで、腐敗を完全に防ぐことは不可能と言わざるを得ません。常に監視を怠らない。何かあれば、声を上げ、行動に移す。それに尽きると考えます。我々自らが民主主義を体現していくより他に術はないのです。


25. 50のおじん 2012年3月20日 17:36:11 : bo4eR3JZr3tUg : Y5P9lNT7tU
>>24

誤りです。削除をお願いいたします。


26. 2012年3月20日 17:50:22 : HIfiqNlAj6
検察かんぶのコメントをおめおめと載せるばか新聞にはほどほどたまげた。「お門違い」「うらみ節」ってか。まさしく、きさまらがでっち上げたうそ話で無垢の人に業火の苦しみをあたえておいて、なんのねごとをいっている、ばかどもめ。それをいけしゃあしゃあとしゃべる悪党と、それをまことしやかに載せるばかども。こいつら、雁首並べて、打ち首にでもしないとこの怒りが収まらない。

27. 2012年3月20日 20:05:12 : LtUTOIQiHA
悪徳検察官の誘導記事に十分注意。
朝日新聞のやりかただから。

28. 2012年3月20日 20:42:14 : E0EdR5Jp9s
10さんの投稿はすばらしい。
小沢氏がどんなにすばらしい政治家かがわかる。
言い訳なし。悪口なし。自分が無罪になるための弁論ではなく 検察の民主主
義に対する攻撃を非難している。小沢一郎氏はすばらしい人格だ。
この人こそ 総理大臣にふさわしい。

29. 2012年3月20日 20:52:50 : 7zCCWrnBTs
小沢さんは帰化人で天皇制廃止
小選挙区制を導入して日本分割
外国人参政権で日本が外国人だらけになる
中国人と韓国人の移民だらけに現在でもなっている
小沢さんから国防の話は聞かない

小沢さんが総理になったら日本終了


30. 2012年3月20日 20:59:51 : t9M2KfINao
29

このコメント者のように日本には信じられないレベルのアホウがいる。


31. 2012年3月20日 21:35:35 : 7zCCWrnBTs
30へ
民主党内に小沢さんがいるのに沖縄を中国にあげてしまったと聞きます
韓国は徹底した反日教育をし、日本を徹底的に貶めています。 
創価学会の脱税疑惑を追及していた朝木明代議員の不可解な事件
どう考えてもおかしい
その創価学会と仲がいいのが小沢さん
私は小沢さんを支持しません
信じられないアホといわれようが考えは変わりません

32. 2012年3月20日 22:47:51 : UPdFbAR04Q
色々考えたら投稿にあるように日本の恥ですね。世界は日本は最も民主主義が定着した国と信じて疑わない。悪徳集団が如何に出鱈目な冤罪で葬ろうとしている事は世界は良く解っている。そして小沢裁判にも関心を持ってる。政治オンチが多いい日本人を騙せば済む問題でなくなった。

33. 2012年3月21日 00:10:16 : JKr0HlUP9I
 推認登石の名は歴史に記された。御愁傷様。
 不正が見えていない裁判の継続は灯台法学部の不明が良く見える。

34. 2012年3月21日 00:34:16 : Ve13nsdMbg
最終弁論にはマスコミに対する言及がなかったのが少し残念です。
初公判のときは暗にマスコミをも批判していたのではないでしょうか?
いずれにしろ堂々たる弁論でした。
最終弁論も永久保存します。

小沢元代表 初公判の全発言

今、指定弁護士が話されたような事実はありません。裁判長のお許しをいただき、ただいまの指定弁護士の主張に対し、私の主張を申し上げます。

指定弁護士の主張は、検察の不当・違法な捜査で得られた供述調書を唯一の根拠にした検察審査会の誤った判断に基づくに過ぎず、この裁判は直ちに打ち切るべきです。
百歩譲って裁判を続けるにしても私が罪に問われる理由はまったくありません。なぜなら、本件では間違った記載をした事実はなく、政治資金規正法の言う虚偽記載には当たりませんし、ましてや私が虚偽記載について共謀したことは断じてないからです。

また本件の捜査段階における検察の対応は、主権者である国民から何の負託も受けていない一捜査機関が、特定の意図により国家権力を乱用し、議会制民主主義を踏みにじったという意味において、日本憲政史上の一大汚点として後世に残るものであります。
以下にその理由を申し上げます。

そもそも政治資金規正法は、収支報告書に間違いがあったり、不適切な記載があった場合、みずから発見したものであれ、マスコミ、他党など第三者から指摘されたものであれ、その政治団体の会計責任者が総務省あるいは都道府県選管に自主申告して収支報告書を訂正することが大原則であります。

贈収賄、脱税、横領など実質的犯罪を伴わないものについて、検察や警察が報告の間違いや不適切な記載を理由に捜査すると、議会制民主主義を担保する自由な政治活動を阻害する可能性があり、ひいては国民の主権を侵害するおそれがある。だからこそ政治資金規正法が制定されて以来、何百件、何千件と数え切れないほどの報告間違いや不適切な記載があっても実質的犯罪を伴わないものは検察の言う単純な虚偽記載も含めて例外なく、すべて収支報告書を訂正することで処理されてきました。

陸山会の事件が立件されたあとも、今もそのような処理で済まされています。それにも関わらず唯一私と私の資金管理団体、政治団体、政党支部だけがおととし3月以来1年余りにわたり、実質的犯罪を犯したという証拠は何もないのに東京地検特捜部によって強制捜査を受けたのであります。

もちろん、私は収賄、脱税、背任、横領などの実質的犯罪はまったく行っていません。なぜ私のケースだけが単純な虚偽記載の疑いで何の説明もなく、突然現行法の精神と原則を無視して強制捜査を受けなければならないのか。
これではとうてい公正で厳正な法の執行とは言えません。

したがってこの事例においては、少なくとも実質的犯罪はないと判明した時点で捜査を終結すべきだったと思います。それなのに、おととし春の西松事件による強制捜査、昨年初めの陸山会事件による強制捜査など、延々と捜査を続けたのは、明らかに常軌を逸しています。この捜査はまさに検察という国家権力機関が政治家・小沢一郎個人を標的に行ったものとしか考えようがありません。

私を政治的・社会的に抹殺するのが目的だったと推認できますが、明確な犯罪事実、その根拠が何もないにもかかわらず、特定の政治家を対象に強制捜査を行ったことは、明白な国家権力の乱用であり、民主主義国家、法治国家では到底許されない暴力行為であります。

オランダ人ジャーナリスト、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、近著「誰が小沢一郎を殺すのか?」で「小沢一郎に対する強力かつ長期的なキャラクター・アサシネーション、『人物破壊』は、政治的に類を見ない」と言っています。

「人物破壊」とは、その人物の評価を徹底的に破壊することで、表舞台から永久に抹殺する社会的暗殺であり、生命を奪う殺人以上に残虐な暴力だと思います。

それ以上に、本件で特に許せないのは、国民から何も負託されていない検察・法務官僚が土足で議会制民主主義を踏みにじり、それを破壊し、公然と国民の主権を冒とく、侵害したことであります。

おととしの総選挙の直前に、証拠もないのに検察当局は捜査・逮捕権という国家権力を乱用して、私を狙って強制捜査を開始したのであります。

衆議院総選挙は、国民がみずから主権を行使して、直接、政権を選択することのできる唯一の機会にほかなりません。とりわけ、2年前の総選挙は、各種世論調査でも戦後半世紀ぶりの本格的な政権交代が十分に予想された特別なものでありました。
そのようなときに、総選挙の行方を左右しかねない権力の行使が許されるとするならば、日本はもはや民主主義国家とは言えません。

議会制民主主義とは、主権者である国民に選ばれた代表者たる政治家が自由な意思により、その良心と良識に基づいて、国民の負託に応え、国民に奉仕する政治であります。国家権力介入を恐れて、常に官憲の鼻息をうかがわなければならない政治は、もはや民主主義ではありません。

日本は戦前、行政官僚、軍部官僚検察・警察官僚が結託し、財界、マスコミを巻き込んで、国家権力を乱用し、政党政治を破壊しました。その結果は、無謀な戦争への突入と悲惨な敗戦という悲劇でした。昭和史の教訓を忘れて今のような権力の乱用を許すならば、日本は必ず同様の過ちを繰り返すに違いありません。

東日本大震災からの復興はいまだに本格化できず、東京電力福島第一原子力発電所の事故は安全な収束への目途すら立たず、加えて欧米の金融・財政危機による世界恐慌の恐れが目前に迫ってきている時に、これ以上政治の混迷が深まれば、国民の不安と不満が遠からず爆発して偏狭なナショナリズムやテロリズムが台頭し、社会の混乱は一層深まり、日本の将来は暗たんたるものになってしまいます。

そうした悲劇を回避するためには、まず国家権力の乱用を止め、政党政治への国民の信頼を取り戻し、真の民主主義、議会制民主主義を確立する以外に方法はありません。
まだ間に合う、私はそう思います。

裁判長はじめ裁判官の皆様の見識あるご判断をお願い申し上げ私の陳述を終えます。
ありがとうございました。


35. 2012年3月21日 04:24:18 : OvIWBVnu1k
郷原氏とゴロツキの若狭・川上のこの違い!笑える

36. 2012年3月21日 07:32:23 : q68eO53Cxc
>29、>31

こんな常識の無いのも居る。

創価(公明)は10年以上自民党と組んだ。

誰もが知っておる。

3年も必死で小沢を攻撃し、今も誹謗しておる。

精神異常には家族も困って居るでしょう。


37. 2012年3月21日 08:21:55 : o7rH60xsBk
1000兆円の借金の理由。

1.役人は民間の2倍以上の給料。

1.役人は民間の2倍以上の年金。

1.役人は不要な計画で天下り先を増殖。

1.役人は天下りで高額退職金で億万長者。

上記を改善すれば毎年200兆円の無駄が省けるぞ!

消費税なんて上げても借金は絶対に減らない!
役人の無駄を断たなきゃだめなんだ!


38. 2012年3月21日 08:47:22 : RQQnTfgMQg
>>37
私も、そう思います。民間の仕事量の五分の一で五倍の生涯収入、としか思えないような高級官僚の給与からカットしないといけないですね。
あと、政治家との会議の席が高級料亭というのも腹立たしい限り。
飲食は自前が原則にすべきです。

39. 2012年3月21日 09:13:36 : Xwlemfst1A
29と31へ もうここへでてくるな、アホ、ここは真実探求の場所である。嘘を主張するなら日本から出て行け。

40. 2012年3月21日 10:02:50 : 3qYgRQtslk
37様に同意します。
役人は「忙しいのです、人手が足りません」と言うが、無駄な法律を作り、縦割り行政で効率を悪くし、仕事量をわざと多くしている。行政をシンプルにすれば天下り先が減る。
民間企業は以下に効率よい動きをするかに日夜頭を使っています。


41. 2012年3月21日 10:10:16 : MOmQ35pfqw
29. 2012年3月20日 20:52:50 : 7zCCWrnBTsよ!
おかわいそうに(笑)
付き合う相手が悪いのかねぇ!
もっと友を選びなさい(笑)

「民主党内に小沢さんがいるのに沖縄を中国にあげてしまったと聞きます」???
沖縄は中国か????
今日本の一県だと知らないのか?

まったくもって付き合う仲間を選ぶ必要ありですね
かわいそうに!
マインドコントロールにかかりやすそうだ!
怪しい宗教団体と政治団体には気をつけよ!合掌


42. 2012年3月21日 12:52:31 : Yv7apiGxaQ
 

 有罪でしょう 無罪を有罪にするのが 今の裁判所です

 誰が 指示してるかは みんな わかってるはずだ

  


43. 2012年3月22日 01:14:43 : P2fZ5VxF42
>>31さん

学会と仲良しなのは小沢さんじゃなくて「濃墨」だよ。
陸山会事件の実働部隊が学会の連中だ。


44. 2012年3月25日 12:16:20 : gIxGE519Ew
どこの公務員も一部の人間しか仕事をしていない。まして下っ端役人は他の人の職域を犯すと怒られるため余計なことはしない様にしつけられているヒラメだ。
全公務員(国家・地方公務員全員)の数を半分にし給料・退職金も民間並にすれば
増税しなくとも十分に国の運営支障はないのではないか。民間では大体55才をすぎると給料は大幅に下げられるところが多い。民間のシステムを入れるべきではないのか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK127掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧