★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK128 > 273.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「職責果たす」と強調=死刑「国民が支持」―小川法相(時事通信) 死刑容認派しか裁判員になれないことは無視
http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/273.html
投稿者 中田英寿 日時 2012 年 3 月 29 日 19:32:59: McoerUaxt7HLY
 

「職責果たす」と強調=死刑「国民が支持」―小川法相
2012年 3月 29日 14:17 JST
http://jp.wsj.com/Japan/node_416689


 民主党政権下で2度目となる29日の死刑執行後、小川敏夫法相はやや緊張した表情で記者会見に臨み、「法務大臣としての職責を果たすべきと考えた」と繰り返し強調した。

 小川法相は冒頭、「犯罪に対する刑罰は国民が決めることで、刑罰権は国民にある。世論調査でも大半の国民が支持している」と死刑執行に踏み切った理由を説明。裁判員裁判で相次いで死刑判決が出されていることを、重要な要素として挙げた。

 3人が選ばれた理由や、この時期に執行した理由については、「死刑が執行できない客観的状況にある人を除いた」とだけ述べ、明確な説明を避けた。政治的配慮があったのかという問いにも、「純粋に法務大臣の職責として執行した」と述べるにとどめた。 

[時事通信社]
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月29日 19:59:06 : Id2YMNlmlL
増税騒動を隠すためのスピン

02. 2012年3月29日 20:23:20 : DJYVZfDByO
 
1人で一度に複数の者を殺すと死刑になることが多いが、
複数の者で寄って集って一人の者をいたぶり殺しても、驚くほど刑が軽い。

拉致して来た女の子に性的暴行を繰り返し、マンコにタバコを突っ込んで灰皿代わりにしたり、
全裸にして水を掛け一日中ぬれた状態で何日もいたぶり、おもちゃにして
最後はコンクリート詰めにして殺した事件があったが、
犯人たちの刑は驚くほど軽かった。
先日も大阪で無抵抗なネパール人の飲食店経営者を複数で殴り足蹴にし殺した事件があった。

複数の者で無抵抗あるいは弱い者をいたぶり殺すことは、卑怯で嫌らしく許しがたい行為だから、
複数の者で一人の者を殺した場合は、犯人は主犯従犯を問わず、全員死刑にする法習慣を作るべきである。
 


03. 2012年3月29日 20:34:41 : gsja01IaRk
>「職責果たす」

だがその為に無実の罪で死刑に成ったと思われる人もいる
その事のケジメをつけるまで死刑を執行すべきでないのだ

ちなみに無実で死刑が執行された場合
その事の責任は誰がどういう形でとるのだ?


04. 2012年3月29日 20:37:36 : rC9jBOLWtA
当たり前のこと。やっとあるべき姿に戻っただけ。

むしろ執行を止めていた大臣が、時間稼ぎのために勉強会などを弄したことこそ大問題。

ごく一部の廃止派が活動するのは結構だが、それは将来の話であって、現実の死刑囚に執行するのは法治国家なら当然。

廃止派の論拠は「世界の趨勢」ぐらいしなく、国民の大多数の意思を踏みにじるもの。「世界の趨勢」といっても、同じ宗教観であるヨーロッパ半島の小さな国々を数え上げて「多数」と錯覚させているだけ。


05. 2012年3月29日 20:57:25 : EmwBNhQWDv
>>01
いや、そういう見方は出来ない
また問題はそこではない

死神千葉BBA
平岡「僕、死刑執行しなかったよ偉いでしょ」秀夫
そして小川
偽善者ではすまない。悪党だ

また、闘うべきときに闘えない鉢呂

菅〜野田政権を消極的にでも支えている人間の本性が出ている

中枢でないのにこれだから

仙谷、野田、前原、枝野、玄葉、菅、江田などの人間性は推して知るべし


06. 2012年3月29日 21:12:20 : dy5bblmkRU
こうしたところを見ても、日本は、まだ非文明国家と言えるのではないだろうか。
すぐに、目先の感情だけで死刑を雄たけぶのは野蛮人の証拠ではないかと思う。
理性を越えて、感情だけなら、下等な動物と同じではないかと思う。
人による死を平然と叫ぶのは、犯罪を犯した人々と同等以下の種族ではないかと
思う。その意味で、この国は野蛮国から一歩もそとに出られず、恥ずかしい国家
であり、恥ずかしい国民という。こともできる

07. 2012年3月29日 21:26:22 : rWmc8odQao
江川紹子氏
「死刑執行を一面トップに持ってきた各紙には、死刑確定の時に、なんで一面にしなかったんですか、と問いたい。今日、批判のコメントしている死刑廃止の人や団体には、なぜ判決が出た時に裁判所に押しかけて抗議しなかったのか、と聞きたい。決めたのは裁判所ですよ。」
https://twitter.com/#!/amneris84/status/185335436380618752

私は死刑廃止派ですが、そう言われるとそのとおりだと思います。政治を小役人に任せていたくせに、都合のいいときだけ「民主主義」をとなえていたのかもしれません。
怠慢をしていたツケを3名の命で支払っているようで、いっそう悲しくなりました。ごめんなさい。ご冥福をお祈りいたします。


08. 2012年3月29日 21:42:34 : EdQemnepkG
>>03
冤罪を考慮しろというなら
まず、刑罰そのものを無くす他ないよ。

冤罪云々は、死刑以前の問題です


09. 2012年3月29日 21:43:26 : 9P1YWhQj3U
小川法相は職務中の競馬サイト閲覧が問題になっていたので、リークによるスキャンダル勃発と引き換えに脅せば簡単に死刑執行のハンコを押させることができる。今回の執行は国民新党全員の連立離脱→亀井の乱を抑止するためだった(と思う)。以前は市民グループの麻生邸訪問時に執行された例がある。死刑執行→官僚組織として危機ということをが暗に示しているようで面白い。日本政府の人権擁護レベルは人間の尊厳云々を語る以前の低いレベルだということ。

10. 2012年3月29日 21:46:05 : CLNpBNwGHI
江川紹子氏
「死刑執行を一面トップに持ってきた各紙には、死刑確定の時に、なんで一面にしなかったんですか、と問いたい。今日、批判のコメントしている死刑廃止の人や団体には、なぜ判決が出た時に裁判所に押しかけて抗議しなかったのか、と聞きたい。決めたのは裁判所ですよ。」


司法で決まった事を、法相が独断で執行しないって
三権分立を無視して司法に介入してるって事になるよな


11. 2012年3月29日 22:06:28 : c0UeqEikFs
>>03
その通りですね。かの事件の犯人の内一人は全く反省せず出所後に再び犯罪を犯しました。7年前にそれを報じた「大洋出版」にはそいつの仲間が組織的に脅迫電話をかけたんですよ。
>>06
このコメントに現れるように死刑廃止派の思想は徹底した侮日思想なのです。この運動こそ「廃止」に追い込まねばなりません。

 私は長年、犯罪被害者および犠牲者遺族の救援に微力ながら関わって来ました。
 一応まっとうな人権派の端くれであると自負しております。
 幸か不幸か、運動を通じて死刑廃止運動家をはじめとした「加害者の人権のみを声高に擁護する者共」の実態を嫌というほど見る事ができました。
 本当に不思議に思い、また実感したものです。
 「この連中はなぜ被害者や犠牲者遺族の心情を平然と踏みにじり、また当然の権利確立も、こうまで凄まじい執念でもって潰そうとするのだろう?
 世の中には犯罪者・加害者以上に反社会的で狂った鬼畜のような者が居るものだ・・・」と。
 加害者の擁護もしながら、同じだけもう一方の当事者である被害者や犠牲者遺族の権利確立や補償の為にも奔走する者など只の一人も見た事はありません。
 最近になって旗色が悪くなったのか何と「犯罪被害者の救済」を言い出した者もいますが、絶対に騙されない様お願い申し上げます。
 とはいえ以前は対話を試みた事もありました。
 「いかなる死刑も絶対に認められない!」と力説する某大学講師に対し
 「なら東京裁判の所謂戦争犯罪者も当然死刑にすべきではなかったな?」
 と問うたところ相手は顔色を変えて豹変し、
 「ファシスト共は死刑で当然だ!」と喚き立てました。
 馬鹿馬鹿しくなり以降議論はやめましたが、極端な例とはいえこれが大体彼らの正体だろうと考えています。
(そういえば全国犯罪被害者を立ち上げた岡村弁護士も元日弁連副会長で死刑廃止論者でしたが、妻を総会屋に殺害されて考えを改めたという事はよく知られています。)


12. 2012年3月29日 22:11:00 : c0UeqEikFs
連投失礼します。訂正です。
>>03
>>02です。

「全国犯罪被害者」は「全国犯罪被害者の会」です


13. 2012年3月29日 22:13:36 : 9P1YWhQj3U
2012年3月29日

死刑執行に強く抗議する(談話)
社会民主党党首
福島 みずほ

1.本日法務省は、東京拘置所で1人、広島拘置所で1人、福岡拘置所で1人、計3人の死刑を執行し、死刑囚の氏名や犯罪事実を公表した。社民党は死刑制度が人権に反するものとして、その存置に強い疑問を呈してきた立場から、今回の3人の死刑執行に強く抗議する。

2.今回の執行は、一昨年の7月28日の執行以来、1年8ヶ月間ぶりに行なわれた。小川敏夫法務大臣は、1月の就任直後の会見で「職責を果たしていくのが責任」と執行に積極的な考えを明らかにし、3月には死刑制度に関する法務省内の勉強会も打ち切った。今回の執行理由について小川法務大臣は、「死刑制度に対する世論調査や裁判員裁判で、国民の死刑への支持があることを重視した」としている。しかし、勉強会でまとめた報告書には「残虐な刑罰」や「冤罪による執行の恐れ」などが指摘されており、今後も法務省内で議論し検討していくはずである。一方で人を処刑し、他方で死刑についての議論を行なうことは矛盾しており、死刑制度についての検討段階で死刑執行を続けることは、死刑の正当化を後押しするものになりかねず、重大な疑義がある。

3.1989年の国連総会で「死刑廃止を目指す、自由権第二選択議定書」(死刑廃止条約)が採択されたが、日本はこの条約を未だに批准していない。2007年12月には、国連総会で死刑の執行停止を求める決議がされた。さらに、2008年6月初旬に開かれた国連人権理事会の作業部会でも、多くの国が日本の死刑執行継続に懸念を表明し、日本政府に対し死刑の停止を勧告した。国連総会は2008年12月18日にも、死刑執行の一時停止などを求める決議案を採択した。2年連続の採択は、死刑の廃止が国際社会の共通の意思となりつつあることを示している。しかしながら、日本政府は一貫して、死刑制度の廃止に向かう世界の流れを無視しつづけている。

4.政府および小川法務大臣が「職責」を果たすべきは、国際人権基準に沿った法改正への道筋をつけることである。死刑制度については、勉強会の成果を踏まえて、存廃や死刑に代わる措置など刑罰の在り方についてより開かれた国民的な議論を尽くし、その間、政府は死刑の執行を停止すべきである。社民党は今後も、死刑制度の見直しに全力を挙げて取り組む。

以上

http://www5.sdp.or.jp/comment/2012/dannwa120329.htm


14. 2012年3月29日 22:19:46 : 5o0hN8YtHE
>「法務大臣としての職責を果たすべきと考えた」

検察の犯罪、可視化はどう考えていますか?。
死刑執行で居直っても、様になりませんね。


15. 2012年3月29日 23:39:01 : u0fUP8zVTE
死刑囚は、犯罪者として生まれてきた訳ではないだろう。
人を殺める極悪の精神構造は、幼児育成課程で決まる。
この世に生まれ出た赤子が、無事に生き抜くには、
最初に母親の愛情が不可欠で、次に母子を守る環境がが不可欠だ。
この様な環境で育った者は決して過ちを犯さない。
しかし、
生まれ出た赤子にとつて劣悪な環境の場合どうなるのか、
誰からも全く愛情を受けず逆に憎悪の環境中で育てば、
まともな人間に成長する筈が無い。

子育ての環境を劣悪にしているのは社会仕組みに問題がある。
競争主義で貧困は自己責任と言うが、スタート位置が違う競争はインチキだ。
この様なインチキ構造は隠蔽して、競争で負けたのは自己責任だと言う。
結局、要領の良い者が富や利権の収奪をしていると言わざるを得ない。

この輩は、民衆の目をインチキ構造から反らす為に、死刑制度を推進している
とも言える。そのやり方は、マスゴミ報道に表れている。

・殺人に至る背景や社会の問題には決して触れない。
・注目を加害者と被害者のみに向ける。
・被害者の無念を大きく報道して被害者から極刑にしてくれと言わせる。
・極悪非道の人間であることをクローズアップし被害者と国民の憎しみを煽る。
・そして極刑判決を当然とする世論をつくる。
・この段階では、誰も社会の仕組みの問題や背景については語らない。誘導成功
・裁判員裁判で極刑となる。

つまり、富み収奪層による国家運営では、死刑制度が必要と言う事だ。
国民を支配するには、競争と敗者を極悪人化し死刑にする必要があるのだろう。
死刑制度は、
前記の様な誘導により国民に死刑が必要だと言わせて、為政者は、仕方が無いから死刑制度が必要だと言う。富み収奪輩の悪知恵は実に巧みだ。

世界的にみて、まともな国家は死刑制度は無い。日本も、死刑制度を廃止して終身刑にするべきだ。
国家責任で、終身刑による労働で被害者に償わせるのが真っ当だろう。

この様な社会にする為に、小沢氏、亀井氏に何としても期待したい。


16. 2012年3月30日 00:11:59 : lF5uOCozhg
>まともな国家は死刑制度は無い

死刑制度の無い国の年間獄中死数は
全世界の年間死刑執行数を凌駕するよ

死刑で殺せないなら刑務所で殺せって事かねぇ


17. 2012年3月30日 00:25:19 : iD1j6dLE8w
ある層には大喜びの話題だろう。本当に畜生と変わらんな。

18. 2012年3月30日 01:04:13 : pphEUA8yso
死刑執行しないのであれば、罪状から”死刑”を外せ!
今日現在、未処刑囚132名。増加傾向にあるを何時になったら順当に執行するんジャニーズ。法治国家であれば躊躇なく死刑執行すべきだ。文句あっか?!

19. 2012年3月30日 01:53:08 : rWmc8odQao
◆参考◆
森達也氏
「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と書いた人に訊きたい
http://diamond.jp/articles/-/16819

20. 2012年3月30日 02:56:22 : LphcXTjvQE
「法務大臣としての職責を果たすべきと考えた」ならば、虚偽有印公文書作成を行ったことが明らかな検事と、その上司達に対しても同じ姿勢でのぞまなければ二重基準だ。

片や、一般の犯罪者ならば死刑執行されて、片や、検察官やその関係者ならばどれだけの重罪を犯しても逮捕されず野放しでは国家としての法治が崩壊する。

死刑執行した小川法相には、同時に、悪徳検察官を法相権限で告発・捜査・処罰する道義的責任が生ずる。不正と腐敗にまみれた検察によって求刑された死刑には、なんら道義的正当性はない!


21. 2012年3月30日 08:41:19 : JwmE0mOSZ7
 小川法相は世論調査で大半の支持があるからと死刑執行の理由の一つに挙げ。消費税について世論調査で大半が反対でも消費税増税をするという。所謂、非民主党議員(国民をだまし打ちにした議員ども)はこういう矛盾したことを平気で言う輩ばかり。国民をなめるのもいい加減にしてくれ。自分の政治哲学で堂々と国民に話をしろそれが本当の政治家だろう。

22. 2012年3月30日 09:01:02 : Dl2ka4ofmE
人間は神ではない。
100%免罪ではないとは断言できない。
過去どれだけの人が免罪や不当な国家権力により殺されてきたか。

何の権利があって人を殺すのか?
殺人者も、司法で死刑を宣告する人も死刑を執行する人も皆同じ。

自分は安全な所にいて、人に死刑を執行する人、それを煽るひと、
こちらの方が非人間的だと私は思う。


23. 2012年3月30日 11:02:38 : EdQemnepkG
>>22
だから冤罪云々言うなら刑罰無くす事から始めろと
国家による監禁、決して取り戻せない人生何十年という奴隷状態で奪う事を認めるんですかー
あとでカネでカタをつけるからいいと?
野放たれた後は勝手に生きるからいいと?

>自分は安全な所にいて
誰かを数人殺す事は返り討ちに合う可能性が少なからずある
危険な行為だから人間的な行為だって事か

どれだけ凶悪犯罪者を庇いたいんだよ。


24. 2012年3月30日 12:46:25 : rWmc8odQao
在日フランス大使館
「フランスは日本で3月28日(水曜日)、上部康明氏、古澤友幸氏、松田康敏氏の3人の死刑囚に刑が執行されたことに遺憾の意を表明する。
 この執行は日本で死刑が1年半以上、執行されていなかっただけに一層遺憾である。
 フランスはいかなる場所、いかなる場合でも死刑に反対する不変の立場を明確にしている。日本に対しても事実上のモラトリアムを再開し、死刑制度の未来について始められた国民的な議論を継続するよう呼びかける。
 今日、139カ国が死刑を廃止もしくは事実上のモラトリアムを採用することで死刑を放棄した。フランスは最終的な死刑廃止に向けた第一歩である普遍的モラトリアムを世界中で繰り返し訴える。」
http://www.ambafrance-jp.org/spip.php?article5400

私も大変に遺憾です。


25. 2012年3月30日 13:27:27 : s6FBvXgfOk
死刑は正しいことです。
罪を厳しく罰することが断罪することにつながる。
残念ながら、今は、そういう社会である。

犯罪のない社会にしようということは、死刑廃止とはまた別の次元の話である。
えん罪の話も、また、然り。

フランスが死刑を廃止したなら、それはそれで良い。
だがしかし、なぜ自国のやり方を他国に押しつけようとするのか?
白人特有の独善性と傲慢不遜さを感じる。

さも一見、人道的見地から死刑廃止を叫ぶ人間は、無知と云わざるを得ない。

http://ameblo.jp/healingenergy/entry-10349626155.html



26. 2012年3月30日 13:33:06 : s6FBvXgfOk
鳩山内閣と死刑の是非
2009-09-24 15:03:44

テーマ:ブログ
鳩山内閣が発足して、今までにない新しい省庁も設置され、国民の期待も高まっている。
日本を良き方向に導いてくれるよう、切に願っている。

さて、新しい法相となった千葉氏は弁護士出身で「死刑廃止」を推進しているが、
今日は死刑について考えてみよう。

死刑廃止というと、何か人道的な様な“感じ”がするが、果たして本当か?!

何を根拠に死刑が非人道的と云っているのか知らないが、
罪を償うという意味で「死刑」は廃止にすべきではないと私は考える。

「死」もしくは「死刑」を扱う場合、
どうしてもそこにその人の死生観、哲学が現れてしまう。


もし、死が本当に「人」=「個としての存在」としての終わりであるならば、
やはり人を故意に恣意的に殺した場合は、自らの「死」をもって償うべきであろう。

まして、死が単なる一つの通過点であり、
すべての人は「自らの行為・行動・想念に全面的に責任を持たなければならない」ことが宇宙の摂理とするならば、なおいっそうのこと、「自ら犯した罪は、それに相当する事(対価)で償わなければならない」ハズだからである。

五井先生は云っている。

人を殺した人は「死刑にした方が、死んでから苦しまない」のであると。
人を傷つけた人は、自ら傷つかなければ、人の痛みは判らないのである。
人を殺した人は、自ら殺されてみなければ、その人の苦しみは判らないのである。

死刑者がそのことで苦しむことが「非人道的」として死刑を廃止することは、間違っている。

もし、その死刑者が本当に人を殺したことを心から反省しているなら、その人は自ら死刑になることに(例え恐れを抱いたとしても)、苦悩したり拒否したりしないハズだ。

反省ではなく、単に自分自身が死刑になることが嫌で、恐れ苦悩するとしたならば、その人は大いに苦しみ苦悩すべきなのである。そういう苦悩を抱かなければ、その人は決して反省できない、つまり人を殺すということが「悪いことだ」と思えない、感じられない。

人を殺すということが「悪いことだ」と思えない、感じられなければ、同じような状況になれば、その人は、やはりまた同じように人を殺す。


悪は「悪」として断固として断罪し、裁くことが正義である。

このことを理解できず、悪と善、糞と味噌を一緒くたにしてしまうから、死刑廃止などと、一見さも人道的なような「口あたりの良い事」を言うのだろう。

このような思いや行いを「偽善」という。

人間の考える正義よりも宇宙の法則ははるかに厳しく厳正なのである。
そこには一切の妥協も情もないからである。

「目には目を。歯には歯を。」
・・というのが宇宙の摂理であると、あらゆる宗教が教えている。

悪を悪として厳しく罰することが「罪を断つ」こと、即ち「断罪」につながるのであろう。

えん罪として、本来無実の人が裁かれる、死刑になる、ということとは、
これは全く別の話、次元の違う話である。


27. 2012年4月01日 23:30:08 : rWmc8odQao
◆参考◆
森達也氏(巻頭コラム No.151より)
「多くのメディアは「国会会期中の執行は異例」との記述をしていたけれど、要は年度末だからだ。 道路工事が増えることと実相は変わらない。
・・・ここまで書いて、次の言葉をつづれない。国民の5人中4人が死刑を求めている。 僕はそんな国に生まれた。ただその事実に圧倒されている。」
http://moriweb.web.fc2.com/mori_t/index.html

年度末だから、刑執行…
たしかに言葉を失いますね。アホすぎる小役人国家。


28. 2012年4月03日 01:05:50 : XJL2YLIhEs
被害者は殺されて初めて一人前の被害者なんでしょうか。
強姦事件にだって被害者や被害者家族は居ます。何故家族が納得するかどうか気にとめられるには殺されなければいけないのでしょう。刑罰は復讐ですか。家族や廻りと折り合いの悪い被害者だっています。家族がいない被害者だっています。
共同体に溶け込んだ大家族の一員と寄る辺ないホームレスなら、後者を殺すほうが罪が軽い??
殺したら殺されるなら、強姦したら強姦されなきゃいけなくなりますが、この国では去勢すらされません。
犬畜生にも劣る行為に見合った刑罰として、馬か牛かオットセイにでも『オカマ』を掘らせよう、という案すら出ない(笑)
いや、牛や馬にも拒否する権利がありますが。
命より生殖機能のほうが大事、って事でしょうか。もちろん、この場合の生殖機能とは加害者の、まあ多くの場合は男性の生殖機能ですね。
私はGPSなんかでオチャを濁すのは反対です。GPSで再犯が防げるなら、殺人の再犯だって防げるでしょう。更正の見込みがなかろうが、GPSつければ死刑になんかしないで何年かしたら野に放てばいい。やったら次は簡単に逮捕できますよ。そのためのGPS。犯人だってまた捕まりたくなきゃやらないでしょって話でしょ?
捕まるかも知れなくてもまた殺すかも知れないから、更正の見込みを振りかざす、云々する。
結局、強姦は、殺人と違って『減るもんじゃナシ』ってことですか。
去勢するのは『なくす』事だから見合わない?

あるいは、公開刑にする。こっそりやったって、抑止効果は知れてます。実際、死刑はずーっと前からあるのに、治安はよくなってないんでしょ?効果がないのにダラダラ同じ事やっててもシンポがない。死刑だって税金でやってんです、せっかくやって治安が良くなってないんじゃ、『仕分け』対象にすべきでしょう。治安維持だって税金。コストパフォーマンス悪すぎです。
刑場公開するのに、わざわざ紐まで外して。何が死刑の抑止効果なんだか。死刑囚は無理でも、せめてマネキン人形でもぶらさげときゃいいのに。
容疑者の段階で顔も名前も身元もサラシモノにしながら、手錠にボカシ入れて『人権に配慮してます』と同一線上だ。

被害者感情だの社会への影響、なんていい出したら、刑罰を決めるのはマスコミ、ワイドショーだ。選挙やオリンピックで忙しい時を狙うと、罪が軽くなる。


29. 2012年4月07日 01:36:21 : EspInLwjcU
死刑制度とは何のために有るのか考え直してはどうだろうか。
・犯罪の抑止力?
・被害者への償い?
それとも社会への謝罪?
どれをとっても現実社会にそぐわ無いのではなかろうかと考えます。
私は犯罪者と言えども「人の子」で有り、命を公権力で奪う事は
反対です。此れまで日本の判決では終身刑等と言う判決は無かった。
死刑を廃止して、恩赦無しの終身刑で懺悔と社会貢献に努めさせる
事の方が良いかと思う。
実際、国際的にも死刑制度が廃止されたり事実上廃止の国は4分の3
近くに上っている。
小川法務大臣は弁護士・やめ検・判事と司法畑を歩き、どちらかと言うと
検察寄りのスタンスではなかろうか?田代検事の取調べが進まないのは
その様な背景や管グループの一員だしね。
死刑執行より、田代検事の犯罪を調査するのが一番な筈なのに。
彼に公平は司法は望めない。冤罪死刑と小沢冤罪を見て見ぬふりを
するだろうね!!

30. 2012年4月24日 01:46:39 : SCfLUUJbF6

理由があれば人を殺してよい、

とする国家では、

死刑が殺人の抑止力とはなりえない。

法相のコメントも笑止千万、

裁判員として召集されても、事前の面接で死刑反対論者であるとわかれば、裁判員には選出されない



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK128掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK128掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧