★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129 > 291.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢発言と野田発言の違い:政権交代の原点と歌を忘れたカナリアたち(徳山勝)
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/291.html
投稿者 判官びいき 日時 2012 年 4 月 23 日 21:51:07: wiJQFJOyM8OJo
 

マスコミ、即ち大手5紙やNHKをはじめとするテレビ局が報道しないので、ネットからの情報になるが、4月20日に「小沢一郎政経フォーラム」が開催された。第1部は、日本BS放送報道局長鈴木哲夫氏の講演で、第2部が懇親会であったようだ。そのフォーラム後の懇親会での小沢氏の発言を、この懇親会に出席した人がブログに書き起こしている。下記はそのブログ(=かっちの言い分)からの引用である。

(今回)大臣が交代するとなると、野田内閣で5人となり、異例な状態である。これでは国民の信を無くす。民主党政権は、あと最大で1年半しかない。まだ1年半あるともいえる。野田執行部がもう一度思い起こして心を新たにして取り組めば、国民の皆さんもまた支持してくれると信じて、希望を捨てずに努力したいと思っている。

旧体制から批判され、批判に耐えて、攻められながらも、先頭に立って訴えて勝ちえた政権で、誰よりも、誰よりも民主党政権を本当に皆さんに支持してもらえるようにしたいという思いは、誰よりも強い訳です。政治は私のものでもないし、民主党のためでもない。政党のためでもない。本当に最後の最後どういう行動をとらなければならないか、判断しなければならない。自民党がだめで、民主党に替え、それもだめではどこも過半数をとれるところはない。大変な混乱状態に陥ってしまう。

そこにユーロの問題が起きる。政治経済、あらゆる混乱が起きる。北朝鮮も権力の継承がうまいっているかどうかわからない。中国では権力闘争が顕在化してきた。常任委員になろうという人が突然失脚するというのは、中国の歴史でもない。世界規模の問題がある中、何としても日本の政治だけは安定したものにしなければならない。そうしないとどうしようもない状態になる。私もそんなことにはならないように全力を尽くしたいと思います。(後略)(以上引用終り)

小沢氏は政権交代の原点に立ち返り、「国民の生活が第一」の政治を行い、国民の支持を回復する努力をすべきだと言っている。野田首相とその前の菅前首相も、国民が政権交代に託した思いを、平然と反故にした。だが、このフォーラムに参加して居る130人と言われる民主党議員(含む民主党離党議員)は、小沢氏と同じ思いなのであろう。多くの国民はそういう人たちを決して見捨てない。

小沢氏から、政権交代の原点を思い起こせと呼びかけられている野田首相。21日の毎日新聞朝刊によると、ワシントン・ポストのインタビューに応じ、「戦略は正攻法だ。政局に立たずに大局に立ち、ものを言い、行動することになる」と述べ、消費税増税法案成立への成算をこう表現したそうだ。野田首相の知的水準が低いのは、「大局」という言葉を知っていても、大局観が欠落していることである。

大局に立ち財政再建を見据える。ならば、その一戦略に過ぎない消費税増税だけ、なぜ、突出して走らなければならないのだ。「シロアリ退治」を手抜きし、長期デフレ経済下にある日本で、逆進性の高い消費税増税が優先されるのか。小沢氏が言うように、ユーロの問題から、政治経済、世界的に混乱が起きる可能性が高い今、日本の政治を安定させることが第一であろう。大局に立つとはそういうことだ。

処で、閣議決定された消費税増税法案だが、その決定のプロセスを見ると、民主党議員の多数意見を反映したものだとは決して言えない。採決すると反対が多数を占めるので、執行部一任という反民主的手段を講じた上に成り立っている。従って、消費税増税法案を強行するというなら、小沢氏が言う、「本当に最後の最後どういう行動をとらなければならないか、判断しなければならない」との段階に入る。

この言葉の本心が何を意味するのか分らないが、言葉の流れから言えば、党を割って出るのではなく「代表更迭」になる。政権交代に託した国民の思いを忘れたカナリアは、菅前首相と野田首相、そして彼らを支えた岡田副首相・前原政調会長以下の面々である。仮に「党を割る」とすれば、民主党から出て行くべきは、歌を忘れたカナリアたちである。

「まだ1年半ある」。国民の信頼を回復するに十分な時間だとは言わないが、「希望を捨てずに努力する」に値する時間である。 
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?m=0&i=1
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 天橋立の愚痴人間 2012年4月23日 22:03:36 : l4kCIkFZHQm9g : saCmvQLjSs
投稿文は籠の中のカナリヤの話しである。

現実の社会に生きている国民にとって、4年間も、どちらが歌を忘れたカナリヤであるかなど、鑑賞している暇は無いのである。

事実、原発事故、TPP、失業者、生活保護世帯の急増、領土問題など、嵐が吹き荒れている。

籠の中のカナリヤのどちらが歌い始めても、籠の中の物語。

籠の中のカナリヤの声が美しくても、それじゃ生きては行けないのだ。

希望を捨てずに待っていろ、とは

また、また

悠長なことである。


02. 2012年4月23日 23:07:01 : PsIn69QkpY
愚痴人間は、やはり愚痴しか言えないのか!?

悠長も何も、衆参ねじれで、問責決議のオンパレードで、さてさてどう悠長でないことが可能なのか!?

官僚・マスゴミ・時の政府を敵に回して、さてさてどう突破しようというのか!?
まだまだ目覚めぬ国民の多くを相手に、どう嵐を収めるのか!?
愚痴言っても始まらんし、あんたの愚痴は聞き飽きた。

やはり小沢流しか道はないと考える。


03. 2012年4月23日 23:11:55 : Mnxczxr6Dw
愚痴しかいえない痴愚人間。(笑)

だけど痴愚には、見当識というものがない。

自分の愚かさを知ることができない。
それだけの知力がないのだから。

あわれ愚痴をつぶやくだけの痴愚人間。(笑)


04. 天橋立の愚痴人間 2012年4月23日 23:54:39 : l4kCIkFZHQm9g : saCmvQLjSs
それでも、俺は自由の身。

あんた等と違い、鳥かごにしがみ付いて聞き耳立てている訳じゃないぜ!


05. 2012年4月24日 00:02:11 : ePwUFyYCy2
○小沢一郎氏インタビュー「小沢一郎、『今』を語る」«IWJ:非会員向け記事一覧ページ»

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/11540


06. 2012年4月24日 00:11:58 : FPuTfCwiBg
徳山勝さんの投稿に共感。

天橋立の愚痴人間は完全に間違い。
建設的意見ゼロ。
徳山氏にケチをつけているだけの不毛な投稿。

■民主党を離党すべきは野田総理
自民党はもともと消費税増税に賛成していた党なので、賛成に回るはずだが、
民主党を解散させるために、小沢一郎氏を切り、いつ解散するかを明確にしないと、賛成に回らないとしている。
世論調査などでは、民主党よりも自民党の支持率が高いので、
今解散したら、民主党はまちがいなく政権を奪われるだろう。
恐らく、野田は(菅も)、財務省から、消費税を増税するなら、総理にしてやるといわれたのだろう。
だから、官僚との約束どおり、消費税を上げるために必死になっている。
もし、消費税を上げられなければ、総理の地位も危うくなる。
民意ではなく、官僚の意思で首相になった野田が所属する民主党は、
もともと政権を握って4年間は消費増税の議論をしないと国民と約束したのだ。
だから、今、増税の議論をしていることからして、すでに国民を裏切ったことになるわけだ。
本来なら政治家として、何よりも国民との約束を守るのが筋なのだが、
国民よりも官僚との約束を守ろうと必死になっている野田が、見苦しい。
野田は、そんなに消費税を上げたければ、民主党を離党して自民党に行けばいいノダ。
今、民主党を辞任すべきは、国民との約束を大切にして、
消費増税法案に反対する民主党議員ではなく、野田総理、ヲマエだ!
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-3318.html#ixzz1r5b5qzMg

■出て行くのは向こうだ…小沢氏、主導権奪還図る
民主党の小沢一郎元代表のグループが、野田首相が命運を懸ける消費税率引き上げ関連法案の3月中の閣議決定阻止をにらみ、圧力を強めている。
小沢元代表は7日夜、都内の日本料理店で、グループ所属の政務三役らと会談し、結束を誇示した。
7日夜の会談には、牧義夫厚生労働副大臣、森裕子文部科学副大臣らが出席。
小沢元代表は「増税する前に、やるべきことはいっぱいある」と述べ、
消費増税に反対する考えを改めて強調、さらに「出て行くのは、こっちではなく向こうだ」と語り、
党内にとどまって主導権を奪い返す考えを鮮明にしたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120308-00000138-yom-pol

■小沢氏 解散阻止で倒閣に言及「座して待つわけにはいかない」
民主党の小沢一郎元代表は23日、自身が会長の勉強会で講演し、
野田佳彦首相が消費税増税を掲げて衆院解散に踏み切る動きを見せた場合はこれを阻止するため、
野田内閣打倒を目指す可能性に言及した。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/23/kiji/K20120223002691170.html

■元代表は、4月にも下される政治資金規正法違反事件の判決で無罪を勝ち取り、
首相の党代表任期満了に伴う9月の代表選に向け、党内の主導権を奪還したい考え。
最近はメディアでの発信も増やしており、解散阻止に向けた首相批判に拍車が掛かりそうだ。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012030100881

■これまで接点がほとんどなかった小沢一郎、馬淵両氏がもし手を結べば民主党の勢力図は大きく塗り変わる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120315/stt12031500130000-n1.htm

■政界再編については「方法論としては、ちょっと飛躍し過ぎだ」と現時点では慎重姿勢を示し、
離党も「考えていない」と否定した。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012030300150

■小沢氏に近い議員は
「両にらみの構えだ。
『党内で復権する』のが最優先で、
『離党して大阪市の橋下徹市長と連携して衆院選を戦う』のは次善の策だ」といい、続けた。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120309/plt1203091811003-n1.htm

まずは、「国民の生活が第一」派が、小沢氏無罪判決の勢いを駆って、
「数値目標を盛り込んだ景気条項(ストップ条項化)」と「行財政改革の徹底(財政支出のムダ削減=いわゆる“シロアリ退治”)」を掲げ、
デフレ下の増税に反対する馬淵澄夫元国土交通相ら中間派と連携して代表選に勝つこと。
それに失敗した場合は、生き残るためにやむなく橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会と連携して新党結成。

この両にらみの戦略しかないだろう。

・デフレ下の増税に反対する馬淵澄夫元国土交通相ら中間派との連携して、主導権奪回→小沢・馬淵政権誕生へ。
・橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会と連携して新党結成。


07. 2012年4月24日 00:18:05 : Ejc5Yj4gjo
菅につきる。

菅が米傀儡政権を拒否していたら、今の売国政権は生まれていなかった。
柄にもなく、首相を受け入れたから、米に従う売国政策をうけた。
この政策は、生活が一番でなく、国民を欺く消費税増税、TPP導入、
思いやり予算の増加、、日本国力を低下し、アメリカに富を収奪される結果
となる。

嘆かわしい結果となっている。
政治を立て直すことが必要である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧