★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129 > 328.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
爆弾スクープ 極秘「捜査報告書」の全貌をついに掴んだ(本文部分)[週刊朝日:今西憲之+同誌取材班]
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/328.html
投稿者 一市民 日時 2012 年 4 月 25 日 06:53:18: ya1mGpcrMdyAE
 

転載者注:内容的に重要性が高いため、あえて全文転載に踏み切った。なお当該文章の著作権は朝日新聞出版および今西憲之氏・週刊朝日取材班にあることをここに明記する。
この投稿の読者各位には、できれば当該号を「購入」して、直に読んで頂きたい(定価400円)。それだけの価値がある、とお勧めする。特に今週号は、この他にも小沢氏関連の記事があり、それらに関心ある読者にとって読み応えがある、と個人的に感じたからである。

注2:とは言え、転載者は別に朝日新聞出版の回し者でも販売拡張員でもないことは、一応明記する。

注3:なお、上段の囲み枠内の部分と「小沢事件のこれまでの主な流れ」の枠内は、長くなるため今回の投稿では割愛した。


週刊朝日2012年5月4・11合併号 P18〜23

4.26「陸山会事件」判決
爆弾スクープ
極秘「捜査報告書」の全貌をついに掴んだ

小沢一郎を陥れた検察の「謀略」

今西憲之+本誌取材班


いよいよ4月26日、小沢一郎・元民主党代表(69)の陸山会裁判が判決を迎える。日本の政治を歪めながら、3年にわたって検察が執拗に追い続けたこの事件は、いったい何だったのか。本誌は、検察が検察審査会に提出した「捜査報告書」の全貌をついに掴んだ。そこには検審という民意すら悪用する「暴走検察」の真実があった。

 小沢氏の判決を目前に控えた4月17日、東京・銀座の日本料理店の個室は異様な緊張感に満ちていた。
「酒を飲んでする話じゃないですよ!」
 乾杯のあいさつをしようとした法務省幹部を遮ったのは、元検事の郷原信郎弁護士だった。
 大阪地検特捜部の証拠改ざん事件をきっかけに設置された「検察の在り方検討会議」が提言をまとめてから約1年、この日は会議のメンバーに法務省、検察幹部も交え、改革の進捗状況報告を兼ねた懇親会が開かれていた。
 空気が一変したのは、会議のメンバーでジャーナリストの江川紹子氏が、村木厚子元厚労省局長らの無罪が確定した郵便不正事件や、小沢氏の陸山会事件について、さらなる検証を求める<報告と提案>と題した書面を配ったときだった。
「江川さんは、小沢裁判で明らかになった田代政弘検事の虚偽有印公文書作成・同行使について、事実であれば検察組織全体の問題だと検証を求めた。ところが、法務省や検察は『酒飲みの話の中でやってくれ』といわんばかりに酒席にしてしまった。あまりに危機感が欠如している」(郷原氏)

 江川氏が検証を求めた田代政弘検事(45)=当時、東京地検特捜部=の「捜査報告書」捏造疑惑については本誌も再三報じてきた。
 田代検事は、検察審査会(以下、検審)が小沢氏について「起訴相当」議決をした後の2010年5月、石川知裕衆院議員(38)を再聴取した際に、実際にはないやりとりを捜査報告書に書いていた。この虚偽の捜査報告書は、検審に提出され、検審が小沢氏の「強制起訴」を決めた有力な判断材料となったのだ。
 このことを江川氏が問題視するのは当然のことである。陸山会事件をめぐっては、これまで本誌も、特捜部の強引な見立て捜査を指摘してきたが、捜査報告書”捏造”となれば、これここに極まれりという話だ。

 しかし、検察の”謀略”は、より根深いものだった。本誌は、小沢氏の強制起訴前に検察から検審に提出された6通の捜査報告書の全貌を掴んだのだ。
 実は以前から、
「田代報告書が問題になったが、本当にマズいのはそれ以外の報告書。検察は小沢氏の強制起訴に向けてかなり無理をしている。表ざたになったら、検察はひっくり返る」(検察幹部)
 と言われてきたが、まさにそれがこの報告書だ。
 まずはその中身を詳しく見ていこう。

 6通の捜査報告書は、10年4月30日から5月19日にかけて作成された。検審が1度目の「起訴相当」議決(4月27日)を出した直後から、それを受けて検察が小沢氏の3回目の事情聴取(5月15日)を実施し、改めて不起訴処分(5月21日)とした間のことだ。

@【検察審査会議決の考え方についての検討結果】(4月30日付)
A【想定弁解の検討結果について】(5月16日付)
B田代報告書(5月17日付)
C【小沢供述の不合理・不自然性について】(5月19日付)
D【4億円の出所に関する捜査の状況について】(5月19日付)

 このうち田代報告書以外の4通は、当時、陸山会事件の主任を務めた東京地検特捜部の木村匡良検事が書いたものだ。そして、これらの内容を踏まえた上で、特捜部副部長だった斉藤隆博検事が、

E【最捜査の結果を踏まえた証拠の評価等について】(5月19日付)

 と題し、総括の報告書を作成している。
 
 これらの報告書は、小沢氏の起訴に執念を燃やす特捜部が、検事総長ら上層部のために作成したとされる。しかし、「この程度の資料で、小沢氏のような大物の不起訴方針を覆すのは誰が見てもムリ。むしろ検診を視野に入れて、一般の人にも非常にわかりやすく書かれている」(東京地検特捜部)というのだ。
 特に”わかりやすさ”を演出しているのが、C【小沢供述の不合理・不自然性について】の報告書(囲みに全容を掲載)だ。
 これは、検察が小沢氏に対して行った3回の事情聴取(10年1月23日、同月31日、5月15日)について、冒頭で<合理的な説明ができず、不自然な弁解に終始した>と結論づけた上で、捜査のポイントとなる七つの事項に分類し、「虚偽」だと決めつけている。


何度も出てくる「不自然」「不合理」

 たとえば、「4億円の現金の出所について」の項を見てほしい。
「4億円」とは、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」が04年10月に土地を購入した際、小沢氏から借り入れた資金のことだ。検察は、この4億円のなかに中堅ゼネコン「水谷建設」が胆沢ダム工事受注の見返りとして支払ったヤミ献金1億円が含まれているというストーリーに固執してきた。小沢氏を巡る一連の事件の焦点となる疑惑だ。
 しかし、小沢裁判でこの「4億円」の見立ては破綻している。水谷建設側から小沢氏側にカネが渡ったとされる日付以前に、すでに小沢氏から石川議員に土地購入資金が手渡されていたという事実は、検察官役の指定弁護士側も冒頭陳述で認めるところだ。
 だからこそ、検察も小沢氏起訴を断念したはずだ。

 ところが、報告書では、小沢氏の供述を掲載した上で、「供述を変遷させ、具体的な出所を特定することを放棄している」と、一方的に批判する。しかも、わざわざ「妻を聴取すれば、供述の虚偽性が更に明白になる可能性があるが、小沢氏が拒否している」と注釈するあたりが嫌らしい。
 ほかの6項目についても、

<小沢供述は虚偽である>
<石川供述と矛盾する>
<不自然・不合理である>

 などと、ことさら「虚偽」「矛盾」という言葉を強調し、小沢氏の供述の信用性を否定している。

 だが本来、カネの性質について立証責任を負うのは検察側であり、それができなかったから小沢氏を「不起訴処分」にしたのだ。

 さらに目を疑うのが、「4億円を隠す動機について」の項だ。
 小沢氏は一貫して、
<4億円は自己の正当な資金であるので、これを隠す必要も理由もない>
 と供述している、にもかかわらず、この証言の<虚偽性>として、
<水谷建設の川村(尚・元社長)は石川に現金5千万円を渡している事実がある>
 とサラリと指摘する。

 先にも指摘したが、「水谷建設からのヤミ献金」は一連の疑惑の焦点であり、検察の見立てに対し、小沢氏側は激しく争ってきた。それを一方的に「事実」と断定すれば、一般人である検審の審査員に”予断”を与えるのは当然のことだ。「報告書」という形をとりながら、検審を”誘導”しようという意図が透けて見えるのだ。
 先の検察幹部もこう言う。
「検察にとって検審は本来、『不起訴』判断の正しさをアピールする場です。そこに”不合理”だの”不自然”だの犯罪性を思わせる言葉を交えた捜査報告書を出すことは考えられない」

D【4億円の出所に関する捜査の状況について】の報告書も悪質だ。<捜査により判明した事実>として、こう書いている。
<小沢事務所が受注業者の決定に強い影響力を有すると目されていた胆沢ダムの二つの工事の入札時期に、陸山会に各4億円の不自然な現金入金があった>
<小沢事務所が胆沢ダムの2工事に関して水谷建設から合計1億円を受領し、最初の5千万円が4億円に含まれている可能性が高い>

 事実ならば立派な贈収賄だろう、しかし、何度も言うが、この「ゼネコンからの裏ガネ」疑惑を徹底的に捜査しても解明できず、「不起訴処分」にしたのが当の検察なのだ。これこそ”自己矛盾”ではないか。

 大久保隆規元秘書(50)を取り調べた前田恒彦元検事(44=証拠改ざん事件で実刑が確定)は、小沢公判でこう証言した。
「佐久間達哉特捜部長(当時)は、胆沢ダムを受注した元請け・下請けのゼネコンごとに、どこが1億(の裏ガネ)で、と夢みたいな妄想を語っていたが、現場検事らは『話は全然出ず、難しい』と疲弊していた」
 さらに、一連の捜査で検察が調べた70社近くのゼネコンについて、「小沢氏側への資金提供を否定したメモがある」とも証言している。つまり、疑惑をうち消す検察に不利な資料は一切、取り扱っていないのだ。

 検審の1回目の「起訴相当」議決の3日後に作成された@【検察審査会議決の考え方についての検討結果】も、わけがわからない。
 小沢氏の共謀共同正犯が成立すると判断した検審のの議決について、
<小沢が4億円の出所を明らかにしようとしないという事実と、これらの信用性等に関する事実から小沢の共犯性を判断しようとするその枠組みは、正当なものと首肯できる>
 と大絶賛している。
 しかし、検審とは、検察の判断が正しかったかどうかを市民が評価する仕組みのはずだ。検察自らが下した「不起訴」という判断の正当性をアピールすることはあっても、なぜ、検審の議決を「首肯」するのか。

 さらに、A【想定弁解の検討結果について】に至っては、もはや小沢氏の心象を悪くするためだけにつくられたとしか思えない。

 報告書が作成されたのは、特捜部が小沢氏の事情聴取を行った翌日の5月16日。そのなかで、予想される小沢氏の弁解について勝手に想定し、勝手に論破している。しかも、聴取が終わってから「想定」するというのは、いったいどういうことなのか。


小沢立件を狙う特捜検察の執念

 何よりも問題なのは、これらの報告書が検審の判断に大きな影響を与えたであろうことだ。実際、検審の起訴議決書の内容は、斉藤隆博副部長による報告書(E)の文言と酷似しているのだ。

 冒頭の懇親会の翌18日、新聞各紙は、
「田代検事について、検察当局が起訴を見送る方向」
 と報じた。故意に虚偽記載したと立証するのは困難だと判断したという。
 しかし、これら6通全体を見ても、その判断は正しいといえるだろうか。
 小沢裁判で石川調書を証拠採用しないと判断した東京地裁の大善文男裁判長は、その決定の中で、
「田代検事の取り調べは個人的なものではない。献金の受領や小沢氏関与の供述を迫るための圧力は、組織的なものだったともうかがわれる」
 と言及している。

 本誌は、陸山会事件で石川議員らが逮捕された当初から、検察庁の上層部と、青年将校化する特捜部の”温度差”を報じてきた。先の検察幹部も、こう言う。
「当時から小沢逮捕に固執していたのは、東京地検次席検事だった大鶴基成氏、木村主任検事のラインです。大鶴氏は『おれなら起訴状が書ける』と豪語したそうだ」

 報告書には、小沢氏立件を目指した特捜検察の”怨念”が垣間見られる。自らの手による起訴を断念した特捜部が”時限爆弾”を仕掛けたのではないか。
 だが、国民の意思である「検審」の判断を意図的に左右することは、とうてい許されない。特捜部解体のカウントダウンは、すでに始まっている。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月25日 07:17:38 : RsreIIQ23Y
犬察とゴミメディアの代弁者
Vakaさん
何か言い訳してごらん

02. 2012年4月25日 07:27:25 : 89QwTurm4M
やっちゃったね、検察は。

特捜部解体だけではすまんだろ


03. 2012年4月25日 08:13:46 : lRYfivAqeo
01さん仰る通りです。悪事は必ずばれるもの!!!!

文化放送大竹まことさんの番組で、毎週火曜日コメンテーター山口一臣さんが、 
週刊朝日記事「捜査報告書」買って読んで下さい。

「小沢さんは99.9%無罪です。だが、これを覆そうとする者が居る事も事実」

「この記事は必見です。これから国会でも取り上げざるを得なくなる。」
「こんな事を許しておくことはできません。」
「しつこく追及して行きますよ。」と頼もしい言葉でした。

大竹まことさんもびっくりされていました。「そんな事しているの?酷いな〜〜」

これから私も週刊朝日買いますよ。検察組織解体されるまで永久保存版にします


04. 2012年4月25日 08:17:05 : VwMpY9l7I2

 これだけ、ばれてしまっても、検察・司法は、はたまた、法務省本省は、汚れ果てた体面を保つことを優先するのか? 誰のために、なんのために?
 竹崎博允最高裁判所長官と笠間治雄検事総長は、法の番人としての良心を発揮して、小沢氏に公訴棄却、3人の元秘書の一審を破棄することを決断すべきではないか。それによって、国民の信頼を取り戻し、わが国の司法・検察の再建に向かうことが貴殿たちに課せられた歴史的使命ではないか。それとも奈落の底にまで堕ちることを選ばれるか。
 後世にまで恥をさらし続けるかどうかの分岐点だ。ラストチャンスだと思う。最終列車に乗り遅れることは避けられたい。

05. 2012年4月25日 08:38:54 : xiDl6ZrNYg
検察の捏造報告書の真相が明らかになりました。
そして、小沢に不利な捏造報告書のみが検察審査会に提出された。
それによって、検察審は小沢を強制起訴した。
これだけなら悪いのは検察である。
ところが、最高裁事務局が検察審委員の選定や会議の開催に不正を行ったことが判明しつつある。
最高裁の事務局が、こともあろうに、検察の犯罪にどうして手を貸すことになったのか、
理解できない。
裁判所と検察が共謀することってあり得るのであろうか。
そうなら、リビア、シリア、キューバ、北朝鮮などのならず者国家とかわらない。
日本の司法界の堕落は世界の笑ものとなる。

06. 2012年4月25日 09:14:00 : rwSKXZTEq6
> そこには検審という民意すら悪用する「暴走検察」の真実があった。

そこには検事総長の不起訴の不正を、検審という民意を利用して「暴走検事総長」の不起訴を正すと言う真実があった。

> これらの報告書は、小沢氏の起訴に執念を燃やす特捜部が、検事総長ら上層部のために作成したとされる。しかし、「この程度の資料で、小沢氏のような大物の不起訴方針を覆すのは誰が見てもムリ。むしろ検診を視野に入れて、一般の人にも非常にわかりやすく書かれている」(東京地検特捜部)というのだ。

何しろ、法務大臣からして韓国・北朝鮮の手先なのだから、検事総長の小沢氏のような大物の不起訴方針を覆すのは誰が見てもムリ。小沢氏は韓国・北朝人の参政権付与も主張している売国奴の大物だから。

> しかし、小沢裁判でこの「4億円」の見立ては破綻している。水谷建設側から小沢氏側にカネが渡ったとされる日付以前に、すでに小沢氏から石川議員に土地購入資金が手渡されていたという事実は、検察官役の指定弁護士側も冒頭陳述で認めるところだ。

小沢の金庫には何億円もの現金が常時詰まっており、小沢はどの現金を使ったのか分からないようにしているから「すでに小沢氏から石川議員に土地購入資金が手渡されていた」はどうでも良いこと。

> しかも、わざわざ「妻を聴取すれば、供述の虚偽性が更に明白になる可能性があるが、小沢氏が拒否している」と注釈するあたりが嫌らしい。

小沢は国会での説明から逃げ回っただけではなく、小沢の供述の虚偽性が更に明白になる可能性がある彼の妻の証言も拒否していたことが分かった。
週刊朝日:今西憲之+同誌取材班には、「注釈するあたりが嫌らしい」と言うことは、週刊朝日は小沢の犯罪を隠蔽することを目的に記事を書いたとことが明らか。

> だが本来、カネの性質について立証責任を負うのは検察側であり、それができなかったから小沢氏を「不起訴処分」にしたのだ。

政治資金規正法違反は、虚偽記載を立証すれば充分であり、カネの性質について立証責任はない。
週刊朝日:今西憲之+同誌取材班はバカばかりだから、政治資金規正法違反と収賄罪の区別も付けられないようだ。

> 先の検察幹部もこう言う。
>。ヨ検察にとって検審は本来、『不起訴』判断の正しさをアピールする場です。そこに”不合理”だの”不自然”だの犯罪性を思わせる言葉を交えた捜査報告書を出すことは考えられない」

検事総長が小沢不起訴としたが、捜査に当たった検察官は小沢起訴を主張したのだから、”不合理”だの”不自然”だの犯罪性を思わせる言葉を交えた捜査報告書を出すことは自然なこと。

> 事実ならば立派な贈収賄だろう、しかし、何度も言うが、この「ゼネコンからの裏ガネ」疑惑を徹底的に捜査しても解明できず、「不起訴処分」にしたのが当の検察なのだ。これこそ”自己矛盾”ではないか。

上に書いたように、「解明できず、「不起訴処分」にした」ではなく、検事総長が勝手に小沢不起訴とした。
何度も言うが、小沢の金庫には数十億円の現金が常時詰まっており、どの現金を何時使ったかを特定するのは不可能。勿論、検察に分からないようにするために、現金を常時金庫に入れて居るのが、小沢流。
それ故、検察は小沢を収賄罪でなく、政治資金規正法違反で起訴したが、週刊朝日:今西憲之+同誌取材班はそれが分かっていないのか、分からない振りをして「これこそ”自己矛盾”ではないか」と書いて国民を騙そうとしているのか?

> しかし、検審とは、検察の判断が正しかったかどうかを市民が評価する仕組みのはずだ。検察自らが下した「不起訴」という判断の正当性をアピールすることはあっても、なぜ、検審の議決を「首肯」するのか。

起訴を主張する捜査に当たった検察官と不起訴を主張する検事総長の争いを書きながら、「なぜ、検審の議決を「首肯」するのか」と書くのは、これこそ”自己矛盾”ではないか。

> だが、国民の意思である「検審」の判断を意図的に左右することは、とうてい許されない。特捜部解体のカウントダウンは、すでに始まっている。

だが、国民の意思である「検審」の判断を小沢、その工作員や週刊朝日が意図的に左右することは、とうてい許されない。小沢有罪のカウントダウンは、すでに始まっている。


平岡法務大臣(当時)も北朝鮮のスパイだった!
http://www.youtube.com/watch?v=dnEHlfsjvZo&feature=related

2011.09.27 平岡法務大臣、朝鮮総連とのつながりが明らかになる
http://www.youtube.com/watch?v=nqRTyXswa1Y&feature=related


07. 2012年4月25日 09:19:09 : VwMpY9l7I2

05>さん
 >裁判所と検察が共謀することってあり得るのであろうか。

 以下に、ウィキペディアから転載しておきます。およそのことはご理解・ご拝察いただけると思います。間もなく出かけなければならいため、要約する時間がありません。悪しからず、ご理解下さい。戻ってきてから、後ほど、別資料をコメント欄に貼り付けます。

 1871年から1948年まで存在した司法省が主に刑務所の管理や司法行政などを行っていたこと。
 大日本帝国憲法においては、建前上は三権分立の原則が謳われていたが、実際には、行政官庁である司法省が、裁判所規則の制定権、判事を含めた裁判所職員の人事権を行使するための司法行政、弁護士および弁護士会の監督権などを掌握していた。このため、具体的に検事が司法省において判事の人事権を掌握する形となり、身分的には検事が判事の下位の位置付けにあっても、実際には行政側が司法側に対して自由に干渉を行うことが可能となっており、実際にも司法大臣訓示などの形で判事たちへの干渉が公然と行われるなど、三権分立の形骸化の危険が常に付きまとっていた。

 日本国憲法及び裁判所法の施行により、裁判所に対する司法行政権を最高裁判所に移管した後、司法省は廃止された。しかし、これと同時に司法省官僚たちの多くは最高裁判所事務総局へ移籍し、今度は最高裁判所の内部から全ての裁判所と裁判官を支配・統制する形となった。このため、最高裁判所事務総局は、建前こそ「最高裁判所の庶務を行う」とのみ定義されているものの、その実態は「司法省の戦後の再編成版」とも形容され[1]、その設立時から現在に至るまで、戦前の司法省から引き継いだ司法行政権の全てを事実上掌握し続けているとされている。ちなみに、司法省官僚たちの中でも最高裁判所事務総局へ移籍せずに残った組は、戦後に法務省を設立し、こちらは現在に至るまで検察庁と検察官の監督業務を続けている。

 判検交流

 この制度が始まった経緯は、第二次世界大戦終結間もない頃、法務省に民事の専門家が不足していたことによる。しかし、この制度は具体的な法律に基づいて行われているものではなく、当初の法務省の人員不足の問題が解決した後も現在に至るまで惰性的に継続されているとされる。2000年代からは、毎年40人前後の裁判官が法務省の民事局や訴訟部門、検察庁などに出向している。逆に、検察官が裁判官になる場合もある[1]。もともと、日本国内の全ての裁判所を支配・統制している最高裁判所事務総局は、法務省と同じく戦前の司法省を母体として設立された行政機関であり、最高裁判所事務総局と法務省は設立当初から互いに親密な関係にあったため、この判検交流の制度は、最高裁判所事務総局と法務省を再び一体化させるための好都合な政策として積極的に導入された一面もあると言える。

 判検交流の効果として、検察官が裁判官になることによって検察官の仕事を客観的に見ることができるなどと説明されている。

 裁判官と検察官の馴れ合いを生み出し、裁判所と検察庁を事実上一体化させて、冤罪判決など検察に都合の良い不当判決が大量生産される主な原因になっていると批判されている。たとえば、法務省の訴訟検事として国の代理人を務めた裁判官出身者が裁判所に戻って、国を相手取った賠償請求訴訟を担当するのは裁判の公正を損なうと日本弁護士連合会などから指摘されている。また、検察官と裁判官が密接になることによって捜査情報が漏洩しやすくなることも指摘されている[2]。そのため、日本弁護士連合会などから判検交流の禁止を求める意見は強いが、現在の日本において判検交流の禁止は未だに実現されていない。

 問題点を改善するために、法務省は検事を弁護士事務所に派遣したり、企業で研修させたりする制度を開始し、弁護士や大学教授、臨床心理士を調査員などに登用するようになったと説明している。


08. 2012年4月25日 09:23:38 : VwMpY9l7I2
06> 2012年4月25日 09:14:00 : rwSKXZTEq6
   ↑
  こいつはあちこちで、どこかで拾ってきたガセネタを持ち込んだり、勝手な妄想を書き込んだりしたため、「ウィキペディア荒らしのVaka」とも言われるかきまぜ専門のどアホウ!
 そのため、出てくる度に、モグラ叩きみたいに、「Vaka」、目障り、消えろと言われている。
 ここで書き込んでいるネタもかなり前に、どこかでみかけたガセネタで、ネットに関わる多くの方々がすでに認識していることだ。
 どこかからカネでももらっているのだろう。そんな腐れ金は返して、少しは人のためになる生業に就いたらどうだ。真面目に働け!

09. 2012年4月25日 10:15:38 : mp6fw9MOwA
>>04さん

竹崎博允最高裁判所長官が最高裁事務総局に指示した大疑獄事件ともささやかれています。
最高裁事務総局も後ろ盾が有り、国を安定させるには官僚が政治家を操る事が重要との民主主義の根幹を揺るがすが、既得権益者の役に立つ理論で、不正を働くことに対する抵抗感をなくし、その目的の達成が怪しくなると、勝ち負けの勝負であり勝たなければならないとの競争心が湧きでて更なる不正に手を染めたと推認できます。
最高裁長官・検事総長は何も指示しなくとも疑獄事件の責任を負わされる事は理解しており、その首謀者で有れば大罪である事も知っている筈です。
竹崎は何が有っても有罪にせよとの指示を出しているでしょうし、有罪判決が出ると最高裁事務総局は竹崎の指示で動いていた犯罪で有り、違法な有罪判決を出した事が明るみに出るでしょう。


10. 2012年4月25日 10:44:13 : WRcvzABPLo
>>08さん
本当に(06)ウザイ奴ですね。

さて、週間朝日どうしたんでしょう?

内容はともかく、手厳しいですよね。

悪い事ではありませんが。


11. 一市民 2012年4月25日 11:36:50 : ya1mGpcrMdyAE : 1v1yOHa1E2
投稿者です。誤字がありましたので、転載・引用される場合は、下記の「修正版」をご使用頂ますよう、よろしくお願い申し上げます。


誤:E【最捜査の結果を踏まえた証拠の評価等について】(5月19日付)
↓    ̄
正:E【再捜査の結果を踏まえた証拠の評価等について】(5月19日付)

誤:「この程度の資料で、小沢氏のような大物の不起訴方針を覆すのは誰が見てもムリ。むしろ検診を視野に入れて、一般の人にも非常にわかりやすく書かれている」      ̄

正:「この程度の資料で、小沢氏のような大物の不起訴方針を覆すのは誰が見てもムリ。むしろ検審を視野に入れて、一般の人にも非常にわかりやすく書かれている」


12. 2012年4月25日 11:37:38 : g9jLm1zljE

これから「週刊朝日」を買いに行ってきま〜す。


13. 2012年4月25日 11:53:16 : VwMpY9l7I2

 さらに、民主党法務部門「検察のあり方ワーキングチーム」のみなさんにはご奮闘をお願いしたい。
―“大いなる日本の怪、深まる日本の闇“を陽の下に晒すためのステップとしてー

 4.26小沢裁判の判決を明日に控え、検察審査会と検察に関する2つの検証要請が請求される中、相変わらず、大手マスメディアの焦点ずらしの憶測・妄想記事が見受けられる。
 私たちは、小沢裁判の公訴棄却(または無罪判決)、3人の元秘書の一審判決の破棄を当然のこととして求めるものだが、陸山会事件・小沢裁判の公訴棄却・判決結果如何にかかわらず、検察・司法の組織的犯罪行為、大手マスメディアの数々の悪行・世論誘導、政権幹部の関与介入といった実態を、国会で国民に見える形で検証し、相応の責めを負わすように求めていくべきと考える。

 まずは、民主党法務部門に設置された「検察のあり方ワーキングチーム」での検討結果が「小沢チルドレン」の一人・相原史乃衆議院議員のブログに「検察のあり方について(その1)」という記事として掲載されているのでご覧いただきたい
 相原史乃議員のサイト: http://ameblo.jp/aihara-shino/entry-11219291159.html
 この記事は、「ブロゴス」に2012年4月10日 15:30、また、同じ記事が「阿修羅掲示板の政治・選挙欄」にも2012年4月11日01:01に掲載されているのでご覧下さい。
 ブロゴス: http://blogos.com/article/36295/
 阿修羅掲示板: http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/729.html

 以下は、「(民主党)検察のあり方ワーキングチーム」の検討結果に対して、逐条毎に感想と私見を書き込んだものである。
なお、「おれおれ詐欺」のごとき直接的でないことも書き込んでいるが、検察・司法や大手マスメディアのやってきたことは、現行法に既定のあるなしにかかわらず、「騒乱罪」に相当するのではないかとの思いから問題提起したいのである。

1.判検交流
>ほとんどは裁判官が検察官になり一定期間後に裁判官に戻るというものです。中立性・公平性の観点等から問題がある・・・
  ↑
 判検交流は百害あって一利なし! 司法の独立性が阻害されることが避けられない。即刻禁止すべき。
 どうして、こうした阿呆なこと、誰が考え、いつから始めさせたのだろう?
 判検交流を経て、裁判官に戻った者については、これまでに裁判長として関わった事例、特に政治・行政に関わる事例についてどういう判決をしたかを、国民が必要とあれば閲覧できるように開示すべき。場合によっては、弾劾対象とすべき。

2.幹部人事制度
 >法務省本省課長職以上の64名のうち、46名が検事(検察官出身26名、裁判官出身20名)・・・、現在の法務省の幹部の大多数が検察官または裁判官出身の検事であることから、政治的応答性やマネジメント能力の欠如、震災等の有事への対応について積極性に欠ける・・・。省庁横断的な人事異動や公募制の活用により検事以外の外部人材による組織活性化を図る必要性がある
  ↑
 このような体制であれば、陸山会事件・小沢裁判に係る検察の組織的違法行為や最高裁事務総局の検察審査会に対する不適切対応・法を踏みにじる介入疑惑に対して、適切な対応は期待し難い。また、陸山会事件・小沢裁判に対する民主党政権幹部・党執行部の○谷らの介入疑惑についても検証する際の壁になる。
 法務省本省の課長職以上の幹部については、トップファイブは即刻更迭し、検察官と裁判官出身者は近々の人事異動で(7月頃? 半年以上先になるなら臨時の人事異動をやってでも)それぞれ1割以下に抑えるべき。
 今後は、検察官や裁判官を法務省に人事異動で配置する場合、課長以上には配置しないようにすべき。国民を誤魔化すために政治家や官僚が常套手段としてきた「特例」人事は厳禁とすべきである。

3.特捜部
>特捜部は独自の捜査を行い、チェックを受けることなく、検察のみで逮捕・捜査したうえで起訴を決めるという構造。そのなかで独善的な捜査が横行し、外部、内部のチェック機能も十分ではなかった。村木事件においても、検察の過度のエリート意識や証拠や証言をもとに捜査が進められるのではなく、ストーリーを先に作り、そのストーリーをもとに捜査が進められる手法が問題とされた。
  ↑
 特捜は、百害あって一利なし。村木事件も由々しき事案であるが、陸山会事件・小沢裁判はわが国憲政史上の大疑獄事件であり、法治国家として国際的にも恥ずべき事案である。
検察・司法、法務省は、国家・国民に大恥をかかせたものとして、断罪さるべき。

 まずは、直ちに小沢裁判の公訴棄却を求める。よしんば、裁判に至った場合においても、判決結果にかかわらず、特捜部の解体と検察・司法の抜本的改革、及び法務省本省及び出先における幹部人事の(2)に準じた改革を求め続けるべきである。

4.情報漏えい問題
>世論誘導をするためにマスコミに対して意図的に情報をリークすることに対しては厳正に対処すべき。
  ↑
 世論誘導はもってのほかだ! 村木事件、陸山会事件・小沢裁判に関して、世論誘導に係るリーク情報について国会で検証し、関わった者を処分すべき。この期に及んでも性懲りなくリーク情報の垂れ流しの疑惑が浮上するとはなんたることか。
 その際、検察・最高裁事務総局の関係者、法務省本省幹部、及び大手新聞社及びテレビ局の経営幹部、報道番組編成者・制作者・キャスター等を参考人として(状況によっては証人喚問して)、徹底的に「日本の闇」の解明をすべき。

 「闇」の解明は、将来に禍根を残さないために、また、出自・成長過程・思想信条・立場等が違っても、互いを信頼し、尊重し合える日本とその「絆」を再構築するためにも、必須の課題である。

 「絆」について言えば、「おれおれ詐欺」と「押し売り・押し買い」と、これに準じる犯罪については、国家・国民に対して相互信頼を崩壊させ攪乱させるものとして、敢えて大げさにいうが、国家騒乱罪として時効をなしとすべき。また、与えた損害(額)について、財産没収はもとより、償えない部分について、損害額を日給(例えば日給6,000円)で割った日数を拘禁して(強制)労働させるといったことも検討すべき。
 生涯働いた成果をだまし取られて老後の生活を破壊され、中には落胆による余命短縮や自殺に追い込まれた事例もあり、単なる詐欺罪では済まされない。殺人罪または殺人を意図した犯罪として咎めるべき。たとえ、ゲーム感覚でやったとしても重罪となることを知らしむべきと考える。

5.取り調べの全過程の可視化
>取り調べの一部可視化は供述調書を作成後に読み聞かせて署名の場面だけを録音録画するという限定的なもので、誘導尋問や取調官に迎合した供述が録画された場合、冤罪防止にかえって有害である。・・・録音・録画が冤罪の防止には不可欠であり、可視化にあたっては、先ほど述べた理由から全過程の録画録音が必要。
  ↑
 「全過程の録画録音」が必須。国会は、四の五の言わせず、即刻実行に移さすべき。
 原則、物的、及び全面可視化した上で強制でないことが確認できる「自白」といった「証拠」に基づき立件すべきである。状況証拠については、登石判決のような推認有罪を生まないよう、しっかりした歯止めが必要。
 登石判決についてはいずれ、国会で国民が観察できる形で(テレビ放映を入れて)検証すべき。場合によっては、登石裁判官の弾劾も検討すべき。
 裁判官訴追委員会といった国会の弾劾機能は的確に機能しているかどうかが疑わしい。この検証と抜本的見直し・改革も緊要である。

6.検察審査会
>実際の運営については明らかにされていない部分が多すぎる。
  ↑
 下記のことを徹底検証し、抜本的見直し・改革が緊要である。

 当初小沢氏に対する「任意聴取」を予定していた期日の2日前に、市民団体を標榜した元産経新聞記者・山際澄夫単独による告発を即刻受理し、直ちに「被告発人聴取」に変更された。このことは、検察が「検挙せずとした事案」に対する他の告発事例に照らして、奇々怪々と言わざるを得ないあまりに異様な早さである。このことについては、検察自体が仕組んだことではないかという疑惑がある。

 検察自体が虚偽の捜査資料を意図的に検察審査会に提出し、小沢氏の強制起訴を誘導したという疑惑がある。

 最高裁事務総局のいかさまくじ引きソフトに関して、恣意的な審査員選出を行ったという疑惑がある。また、くじ引きソフトに関しては、官制談合・予算のむだ遣いと、いかさまソフトを納入した業者がどこまで「いかさま」づくりに関わったかも検証すべき。

 最後に、民主党法務部門に設置された「検察のあり方ワーキングチーム」に参加されている国会議員のみなさんにはこれからも、もう一頑張り、二頑張りして、検察・司法及び法務省本省の抜本的改革のため、尽力されるよう期待するものである。

 相原史乃衆議院議員のブログに「検察のあり方について(その2):判検交流」が掲載されています。ご覧下さい。
 検察のあり方について(その2)
 http://ameblo.jp/aihara-shino/entry-11228316242.html


14. 2012年4月25日 12:36:03 : 7wtkh25Xk2
私たちがこんなにも小沢さんを応援するのは、陸山会事件や小沢裁判がいかに不当極まりないものであり、かつ国家権力の乱用そのものであるのかを事実として知ってしまったからに他ならない。裁判の当事者が小沢さんだったから(いろんな、本当にさまざまな方々が自分なりに行動し調べた事実を公表しアピールしてきたからこそ私たちの知るところとなったのは疑いようがないことだが)これほどまでの日本をあげての大ごとになっているだけです。
私はといえば、小沢一郎の政治家としての集大成ともいうべき『国民の生活が第一』という政治理念とそれに基づく政策理念に賛同し最初は民主党支持者になり、それから陸山会を応援するに至ることとなりました。
だから思うに、日本の統治機構(霞が関・司法・現政府・マスゴミ・財界トップG)は、この『国民の生活が第一』というのが大嫌いなのだと思います。

そして本記事がある週刊朝日には、小沢関連記事がトップにあったが、それを読み終えてページをめくっていたら、フジマキに聞けというコラムに出くわした。
表題は:消費税10%程度で低所得層保護は不要、というものです。この人は日本の消費税は他国に比べて抜群に低い5%である、10%ぐらいでガタガタぬかすな!といいたいような内容でした。
私は最近までイタリアのシチリア島で生活してました。去年までは確か消費税は4.5%でした。財政危機で緊急事態となり内閣が変わりイタリアも消費税が上がりました。去年の12月に5.5%になりました。イタリア人は毎日コーヒーを何回も飲むのが仕事みたいな国民です。今までは喫茶店(バールという)一杯0.9ユーロとかでしたが、それが1.1ユーロとか高い店だと1.3ユーロとかになって常連客たちはブーブー言ってました。これから上がるかもしれない日本の消費税はいきなり倍の10%になるんですよ!しかもそれは毎日のことです。どこが、10%くらいでガタガタ騒ぐな!というのか私には全くわかりません。このフジマキという人はきっとお金があり余っているのでしょうね。庶民が読む週刊誌に上から目線のコラムを連載していて、ポイントずれてる、と思いました。


15. 2012年4月25日 12:47:43 : q68eO53Cxc
06

前原、管、野田の事も書けよ。


16. 2012年4月25日 15:20:10 : 5Z7Ufm0HZq
狂っている! 検察は狂っている、最高裁も、大手マスコミの新聞・テレビも。
これらの人々にも親・兄弟・妻・かわいい子供もいるだろうに。
家に帰って家族の顔をまともに見ることが出来るのだろうか?
我が子にしっかり人としての教育が出来るのだろうか?
他人を貶めて地位や何不自由ない大金は得られても、獣道しか歩けない餓鬼・外道の住人には未来永劫、安らぎや幸せは得られないだろう。
一刻も早く非を改め、獣道からお天道様の世界に戻って罪を償うことを勧めたい。

因果応報

小沢さんは今の日本の世相を悉く映し出してくれる鏡の役割を演じておられるように見えています。
ご本人は「天命に遊ぶ」と言っておられるそうですが、誠に偉大な存在だと思います。


17. 2012年4月25日 18:27:04 : Y8w2vky1t2

これは特捜部終わりの為の始まりなのだ。

次に問題なのは、最高裁判所と検察庁の癒着であるが、これは、重大問題であり、これまでの数々の冤罪事件が日本の裁判史上、この癒着によりどのように組成されてきたのかが、明らかにされなければならない。

不正な事や、隠し事が、直ちに明るみに出る時代に、もう誰も後戻りが出来ない事を、国民も官僚も政治家もきちんと認識しなければならない。

考えてみて下さい普通の国であれば、最初から冤罪だと判っていて判決を下す事など出来るはずが無いと考えるのが常識でしょう。

もし、明日何らかの判決があったとしたら、それは最早、日本は普通の国ではなかった事を証明した事になる。
何故なら人権無視の暗黒裁判が、日常茶飯事行われ続けてきた来た劣等国と看做さざるを得ないからである。結果

国際社会は、日本の格付けを直ちに引き下げる事であろう。
第一に日本株と国債の暴落が始まる可能性がある。

再度申し上げたいのですが、これは終わりの始まりにすぎない事を認識し、真剣に国を挙げて解決に取り組まない事には、日本の将来はないと思う。


18. 2012年4月25日 18:44:02 : DvWUAiWj36
検察・裁判所。

腐りきっている。


19. 2012年4月25日 18:54:58 : BTfFJ4n7PM
検察、最高裁事務局。

この狂った権力者たちがグルでやっちゃってたことが明らかになった。

これにマスゴミも荷担している。

この腐敗したやつらを何としても始末しなくてはならない。

それをできるのは小沢さんしかいない。


20. 2012年4月25日 19:10:18 : Q7LPv5Iolg
ご参考

フランスTVも注目する日本の特捜問題(MAD)
http://www.youtube.com/watch?v=kuhAAxgTamM

アメリカの国際陰謀史
http://www.youtube.com/watch?v=BhfCgO0ItY8&feature=related

エコノミック ヒットマン
http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A&feature=related


21. 2012年4月25日 19:47:16 : UPdFbAR04Q
検察や裁判所幹部に多くの鉄砲玉が出てきそうだ、10人は犠牲になるが日本の為に英雄になれ。

22. 2012年4月25日 20:34:27 : drUPiQOY2v
06氏にならい、妄想を書きこむ。

情報戦略が深く進行していよう。
地上げ屋氏が冗談めかして、判決文は2通あるといっている。菅政権と同工異曲の野田政権では、ありそうなことと考えている。

AとBの2つが存在しているであろう。。仮にAを菅政権時の複数の閣僚と、最高裁と謀議して出来上がったものとしよう。Bは、小沢氏周辺に届くのを目的に何箇所かにリークしている、常識的な判断のもの。A、Bともに、ヴァリアントはあって、Aのヴァリアントは、Aの主文とわずかな情報であろう。Bのヴァリアントは、攪乱のために数種類あって、Bによく似たものであろうと想像する。Bのリークは、相手を油断させ、次の手を打つ準備をさせない目的がある。

小沢氏周辺には、Aは届いていないが、閣僚と最高裁のやり取りは、既に入手済みだろう。これをCとする。

Bを届けた人士は自分は知らずに、メッセンジャーをさせられていることになる。まあ、世の中、このような人物も存在しないとなめらかには動かないようです。

この人物等が双方の仲介役を今後もすることになろう。どのような仲介か?最高裁が、 Bを最終的に選択せざるをえなかったケースの場合、Cをもちいて、関係者の引退をせまるメッセンジャーの役割を。しかし、Aの場合、メッセンジャーの出る幕はなく、そのうちにCを私達も知ることになろう。

AとB、どちらでしょう。

いままでに、菅政権下の複数の閣僚の行動を間近かに見ながらも、知らぬ振りをしていた集団の一部が、上記の状況に危機感を抱いて報告書のリークに及んだと想像している。出所は、検察か最高裁事務総局か法務省の三箇所しかないのだから。


23. 2012年4月25日 20:41:41 : OPCX7RL7Ao
 検察崩壊は、小沢さんの言われる「統治機構を変える」ことの始まりの様な気がします。
 ご自分の身を挺して理不尽に立ち向かい、正義感のある、少数のマスコミと官僚(情報提供者)が、やっと動き始めたのではないか。
 橋下さんという援軍が出てきて、少し先が見えてきたと思いたい。橋下さんも、小沢さんの助けがないと、既得権益者に倒されるでしょう。
 20さんのフランスTVを見ました。ありがとう。

24. 2012年4月25日 21:08:58 : yjzbXah9CI
まさにスクープです。狙撃手の放った弾丸が、的に正確に命中した手応えを私は感じます。これはリバイアサンの動きを止めるでしょう。起訴を見送らざるを得ないというところまでが、日本の検察の限界線です。それを越えた所には、標的が山ほどあるので本気の腕利きスナイパーは、得点を稼ぐ時ですね。素晴らしい!日本が滅ぶ危機です。味方の力強い援軍です。

全国の学生の批判を聞いてみたいですね。こんな裁判の結果が大きな影響をもって現れるのは、彼等が大人になったときです。それよりも無理なのかな。文部省、文部科学省の教育じゃあねえ…

それから、06。人間としての喜びを見いだせる足場が、他者の正しい見解の意図的歪曲等の妨害に置いている彷徨えるネット浮き草でしょう。頭の中に、ついに正しい道筋の探索の経路がすべて目詰まりしてしまった人間が、日本の国土に根を何も持てず恨み辛みだけを頼りに生存はしているというだけの人間なのでしょう。世が改まれば、ただの悲しい標本です。

あの国中にアメリカが散布している粉。あれは人の活力を奪うためのものなのじゃないですかね。それから、ハープとかいう福島の東電の天気図に、オレンジ型の降雨の様子の証拠がはっきりと移っていたやつ。日本にもどこにも、軍事衛星の正確な照準機能を使って、常時、マインドコントロールの脱力版を広範囲に行っていますよ。おそらくこの被害は、みんなに共通していますよ。私もだ。そこに内部被曝の影響も加わり…
現在の国民の脱力感、疲弊感は、ある。けれど不自然だ。全国の野生動物の生態の不安定さもこの妙な兵器の継続的使用と思う。
今後、よほどの生き残りの覚悟が必要だ。
明日は、偽善者が国民の顔色とプロパガンダを秤にかけて、歪んだ天秤で、どんな偽善裁判の判決を出すのか、現場の東京地裁前へ行くつもりです。日本の完成した法律のプログラムの中で、どうもがいて、インチキを捏造しようが不可能です。日本の救いの勢力の核になる政治家に対して、外資占領軍の軍門に下ったインチキ裁判官がどのような、侮蔑を投げつけるのかも関心があります。

雨が降りそうですが、日本の今後の生き残りを傘を差しながら、考えようと思っています。眠っている国民が殆どなので、私達の働きは本当に大切です。


25. 2012年4月25日 21:18:33 : 7CApAoAud2
>法務省や検察は『酒飲みの話の中でやってくれ』といわんばかりに酒席

ははは、法務省や検察は、可愛いね、幼稚だね。


>この4億円のなかに中堅ゼネコン「水谷建設」が
>胆沢ダム工事受注の見返りとして支払った
>ヤミ献金1億円が含まれているというストーリー

捜査着手時に、検察は本当にこのストーリーを考えたのだろうか?
もし、そうなら、大学出てても、余りにお馬鹿さん。

20代から政治家を続けて、生き延びている小沢一郎さんが、
交番の前で窃盗をやるようなもの。
もう、笑うしかないほど幼稚なストーリ。


26. 2012年4月25日 21:18:34 : 42WLGuDM8Y
こんな冤罪つくりに精を出す検察。早く潰して欲しい。国会よ真実を追究白。それが仕事だ。


27. 2012年4月25日 21:29:51 : iJQPgdxUcw
20さま。
私もフランスTV、早速拝見しました。

○日本が3権分立ではないこと・記者クラブの解体が必要なこと

○特捜部がアメリカのための機関であること

○検察は行政の一部なのに、司法のような顔をし

○かつ先進国ではありえないような権力を持ち、人権無視の取調べをしている・・

ことが非常にわかりやすく解説されておりました。

さらには「検察審査会」の強制起訴の、冤罪への危険性を
森ゆうこ議員並みに説明されていました。

これを見れば国際的に見ても、日本の検察組織がいかに野蛮で非近代的な組織かが
イヤというほどわかります。日本人として恥ずかしいくらいです。

人権としては、ミサイルの北朝鮮とあまり変わらないレベルです。
本当に恥ずかしく、情けなく、悔しい。何が小沢裁判ですか、汚らわしい。

この番組の拡散と、人権無視の行政機関の改革を、強く望みます。


28. 2012年4月25日 22:32:10 : XhpX8jbLoU
国民の生活第一と言う男・小沢一郎
国家の罠・身内の陰謀にもかかりながら、自分を犠牲にして国家の膿を洗いざらい
ださせようとしている、国民はぬれぎぬを悟らないといけない

ー、検察・裁判所・政治家(一部)の談合は・・・・憲法さえ踏みにじる
ー、検察・裁判所・政治家(一部)の嘘は・・・・・正論さえ欺く
ー、新聞・NHk・民放テレビの報道は・・・・・・既得権者(権力)の犬である
                        (国民に真実を伝えない)
国民が少しでも気付かないと、立法は司法の下になる(官僚支配国家)
それでは、国民は政治家を選ぶ必要がなくなる(国民の為に働かない)
国家権力と戦える男小沢一郎しかいない事を国民は肝に入れるべきだ


29. 2012年4月25日 22:44:20 : yBU29wQarw
8さんへ
6の rwSKXZTEq6 は幾ら撹乱しようとしても明日の昼頃には溶けてしまってグーの音も出なくなる訳ですから、放って起きましょう!

この【rwSKXZTEq6】と言う馬鹿は小沢ネタで幾ら小使いを稼いだか知らんが、
今度は何処で出て来るのか注目です(笑)


30. 2012年4月25日 23:45:59 : IPwTpPRx5g

テレビ局の報道でNHKは酷いね、人様から金取って偏向、誘導報道、次にTBS、フジ

TBSの解説員Gって奴も最悪。



31. 2012年4月25日 23:55:02 : EXEP2JvK5I
>20さん

感謝です。
だから私の毎日の「阿修羅訪問」は欠かすことができないのです。


32. 2012年4月26日 05:47:02 : VwMpY9l7I2
08>の加筆補正

06> 2012年4月25日 09:14:00 : rwSKXZTEq6
  ↑
 こいつは、対外的に自立的な日本の再興を目指す市民・国民の敵、売国奴だと断定する。
 これまでこいつの書き込みをフォローしてきて、小沢氏と小沢グループに対して執拗に誹謗中傷するだけでなく、私のような無党派で理不尽なことを許せないという思いで、社会正義の立場からネットを閲覧し感想や意見を書き込む者や情報を得手自主的に判断しようとする方々を攪乱し分断するために、専ら書き込みを続けるプロ工作員の一人だと断定する。

 これまでもこいつはあちこちで、どこかで拾ってきたガセネタを持ち込んだり、勝手な妄想を書き込んだりしたため、「ウィキペディア荒らしのVaka」とも言われるかきまぜ専門のどアホウ!
 性懲りもなく、出てくる度に、モグラ叩きみたいに、「Vaka」、目障り、消えろと言われている。
 ここで書き込んでいるネタもかなり前に、どこかでみかけたガセネタで、ネットに関わる多くの方々ならすでに認識していることだ。

 このところ、連日、多くの方が閲覧しそうな投稿記事にたいして、この種のコメントを次々に貼り付けているので、気づいた方は即刻、反撃するようにしましょう。


33. 2012年4月26日 06:20:02 : BjQiK0Joww

 検察が悪魔だったとは、良くわかった。フクシマとも繋がっている。非道い。
 

34. 2012年4月26日 06:21:53 : t9M2KfINao
週刊朝日はゴミ朝日新聞の系列ではあるが内部には、今の報道姿勢ではいけないと考えている者もいるわけだ。だからこそ雑誌の編集部門に飛ばされたのかも知れない。

それでも週刊朝日の読者は、一般有権者の平均的な人また馬鹿テレビで笑ってばかりの人より理解力はあるだろう。発行部数以上の効果はある。

サンデー毎日、週刊ポストの記事もある。もはや検察の大犯罪は少しばかり知性と判断力のある人にはもう常識だ。加えて日刊ゲンダイは毎日のようにこの裁判のおかしさを取り上げている。

特捜検察に最高裁事務総局、お前達はもうオワリだよ。


35. 2012年4月26日 07:01:09 : gNK97YIRTk
小沢一郎は無罪である。当然だ。

36. 2012年4月26日 07:11:08 : zV338HpqK2
27)さんへ
20) が提示している「フランスTVも注目する日本の特捜問題(MAD)」はとんだくわせもの。フランス語と日本語はまったく違ったものだ。日本人は、フランス語ができないだろうから、どのように訳をつけてもよいと考えているのか、あるいはふざけているのか。阿修羅聴講者を愚弄している。Vaka の手下ではないか?

37. 2012年4月26日 09:33:36 : F4GlOcqCZU

官僚機構が無罪にする訳がない。


法は全ての権力は官僚等国家公務員組織並びにそのOBに有るのだから。


裁判官とて税金で飯を食っている同じ穴の狢。


38. 2012年4月26日 09:43:09 : 2M4YNgEKE6
テレビの番組欄を見たら各局こぞって裁判報道の特番って・・・

なんか嫌な予感


39. 2012年4月26日 09:50:16 : 9KANIF60H2
>36氏へ質問

あなたは当該動画の仏語を理解しての上での、投稿なのか?
もし、そうなら理解した内容を具体的に、要約でよいから投稿して欲しい。

殆どB層の私のような愚かな国民には仏語は理解できないのだから。
出演したベルナール氏が何を発言したのか、是非知りたい。


40. 2012年4月26日 09:52:18 : yAJ1QbK51w
今朝のテレビ

モーニングバードはわりとこの裁判自体におかしさを追及していた
松尾「小沢さんに対して好き嫌いは別としても裁判になること自体おかしい」
立花「これがどうして罪になるのかわからない」

ただしタレント弁護士の田中喜代重だけは何度も
有罪ならばとか有罪だったらと相変わらずの偏ったコメントばかり
こいつ本当に弁護士か

とくダネは論調・出演者すべて無罪との意見で一致
あのちょびひげ弁護士ですら有罪とは思えないとお手上げ状態(VTR出演)


41. 2012年4月26日 09:53:11 : dkwCJWbD16
東京地裁の前に集まってるのは、例によって年寄りとニートだ。

42. 2012年4月26日 10:00:09 : crZxMwRq1w
私は小沢一郎に国を託したいと願っている普通の一般人です。
ただネットで阿修羅やかっちの言い分等の書き込みを読んだり、たまには書き込みしてみたり。
それでも何かのアクションをすることはなく・・・めんどくさいことも嫌いです。
つまり小沢一郎が好きなただの傍観者です。

しかし、
もし有罪判決となるなら、
その時は真剣に私も立ち上がりたい。
もし有罪ならば、
不条理極まりないことへ一般人として挑み戦いたい。

真剣に戦います。


43. 2012年4月26日 10:06:14 : crZxMwRq1w
無罪!

当然だけど、ほっとしました。


44. 2012年4月26日 10:16:03 : bZ2zchAyIE
小沢さんばんざーい

45. 2012年4月26日 10:21:22 : dkwCJWbD16
安住財務大臣の指示で国税庁が始動したらしい。
こんどこそ息の根を止める。

46. 2012年4月26日 10:39:49 : crZxMwRq1w
小沢内閣に向けて全力で頑張ってもらいたい。
微力ながら私も出来ることを協力していきたいです。

がんばれ!小沢さん!!!!

それにしても・・マスゴミの変わり様が気持ち悪い。


47. 2012年4月26日 11:11:59 : zV338HpqK2
39)さんへ
ベルナール(?)という人がでてきてアフリカの紛争(スーダン・ダルフール)の話をはじめ、はじめ驚いていましたが、ばからしくなって見るのをやめた。フランス(語)を利用して、こんなことをする人の意図が理解できない。日本にはフランス語を理解できる人がたくさんいるし、日本語を読めるフランス人も大勢いる。B 層とかなんとかの話ではない。他のサイトにも同じものを乗っけているのは悪質だ。フランス(語)をバカにするとフランス(人)からバカにされる。

48. 2012年4月26日 11:41:24 : 2M4YNgEKE6
日テレの報道が酷すぎ

背景に 4億円 土地購入疑惑 その他色々と一面使って 

こんな背景で報道するゴミ読系 放送免許取上げろ


49. 2012年4月26日 12:20:12 : iJQPgdxUcw
45さんへ。

国税庁って、・・マルサとかいうやつを使うんですか?
しつこすぎて気持ち悪くありませんか?

その、小沢氏に対する暗い深い情念は、いったいどこから来るのですか?
黒幕は、だれ?

最高裁事務局?それともほか??


50. 2012年4月26日 12:41:00 : icXj3jWa5U
以前から次は国税が動くと噂がありました、阿修羅の皆様は安心することなくこの国の裏をネット民に知らせて下さい


51. 2012年4月26日 12:41:34 : sJblsgAA6E
皆さん、木を見て森を見ずではいけません
検察は3流司法官庁です
検察は勿論、法務省、最高裁全て、警察庁の下部が実態です
人材もお金もふんだんな警察庁が司令塔です
検察、裁判所彼等はほとんど権限の無い実行部隊です
今回の小沢の一件は、元警察庁長官、漆間巌氏から検察、樋渡検察庁長官へ指示が出て始まった案件でしょう、検察組織で対応した案件だからこそ、大鶴や佐久間が安心して偽装工作迄してめり込んでおこなった理由です
では何故、漆間巌氏は
警察庁は首相秘書官4名の内必ず一人は警察庁から派遣それも超エリートを出す
実態は財務や外務に負けない実力官庁です、そこの歴代5本の指に入るエリート官僚が漆間巌氏でして、当時はその官僚の又トップと言われる地位、内閣官房副長官
だった時、先の総選挙民主党が可半数を押さえた(官主導から国民主導へと訴えて)
これに危機感の持った官僚のトップとして、民主トップの小沢の抹殺を決意して始まった(勿論、御用マスコミもバックにつけて)
明治以来の行政とマスメディアによる立法府を下位に置いた裏民主主義の継続の為

52. 2012年4月26日 13:36:37 : JmUFultFKI
無罪判決に新橋のサラリーマン「おかしい」と。個人の時間が無いのだろうが、
会社員は社内で政治や原発に関する話ってしないのかな?

53. 2012年4月26日 14:03:41 : crZxMwRq1w
>52.さん

そのインタビュー映像ってTBSじゃないですか?
明らかに恣意的ですよ。
政治に疎かろうが小沢氏を好き嫌いに関係なく大半の人が今回の判決に対して無罪を思っていた筈です。

数少ない反小沢意見を映像で流しただけです。
インタビュー映像はたった二人だけ、
もし批判コメントが多ければこれ見よがしに何人ものインタビューコメントを流してたでしょう。
ある意味TBSのささやかな抵抗です、哀れみましょう。

読売系(日テレ)、TBS、フジ産経系(フジTV)は今後も小沢バッシングの手を緩めないでしょうが(それが余計に哀れです・・・合掌!)、世の中全体ではメディアの論調は無罪判決を境に変わりつつあります。


54. 日高見連邦共和国 2012年4月26日 14:04:04 : ZtjAE5Qu8buIw : IeaB3HQJJg
それ俺も見た。
裁判は『客観的な証拠』によって判決が下されるもの。
『一般的常識』が罪の構成要件なんだったら、そのように法改正したら?
いい大人が、白昼堂々とあのようなコメントを発し、それを恥かし気もなく報じるこの国って・・・

55. 2012年4月26日 14:15:20 : crZxMwRq1w
>54.さん

あのインタビューに答えていた一般人(?)二人はどう見てもネジが数本外れていそうな人でした。
TBSももっとちゃんとした批判コメントの映像を流したかったのでしょうが、おそらく他のコメントは皆無罪は当然の答えばかりだったのでしょうね、天下のキー局TBSも本当に哀れです。


56. 2012年4月26日 15:16:42 : SYBnefOvOA

メディアに登場する今出来の「新橋のサラリーマン」なるものは
仕込みにしかみえません



57. 2012年4月26日 15:49:30 : 7j0ndEYvMk
TBSの劣化は本当に酷い


故大矢直也?がいた頃はまだよかったような?



58. 2012年4月26日 16:19:08 : SYBnefOvOA
料治直矢さんのことっスね

59. 2012年4月26日 17:25:51 : HH0BG0NF6g
>>55
そう思いたいのはヤマヤマですが、世の中「TVで言って居たので正しい」って人は多いのですよ。
その辺りの人に聞いてごらんなさい。
「小沢の金は横領だ」とか「賄賂だ」とか幾らでも言う人たちが居ますから。
そして未だに「小沢が無罪なのはおかしい」と普通に話題にしてます。
それがいわゆる「大衆」。

内容に反論すると最終的には「絶対なんかやっている」となるのが根拠が伝聞しか無い証拠ですね。

マスゴミの害毒は一向に無くなってませんし、嫌々無罪を出した裁判所も虚偽記載は有ったと堂々と言っている始末ですよ。


60. 2012年4月26日 18:46:55 : ZFRRfkHEnE
58さん そうそう料治直也さんです、今彼の名前で検索してみたら生前彼の仕事は邪魔されてたようですね


死亡原因も怪しいらしいです、
彼が亡くなってからたしかに低ビイSの報道番組は劣化低レベル報道ばかりです。


61. 2012年4月26日 19:24:43 : crZxMwRq1w
>59.さん

確かにおっしゃる通り。

今もNHK(19:00〜)の報道はあまりに酷すぎる。
普通に見ていたら無罪の小沢氏は辛うじて無罪だっただけでグレーそのもの。
被告という呼名が取れただけで当たり前に犯罪者扱いです。
全く吐き気がする。


62. 2012年4月26日 19:28:13 : AgohdPMoFo
>黒幕は、だれ?

昔と違って、ナベツネとか池田大作とか、中曽根とか具体的な奴は
特定できない。黒幕は有象無象の国民だ。


63. 2012年4月26日 19:46:13 : UrvDTCejXM
14さん
>そして本記事がある週刊朝日には、小沢関連記事がトップにあったが、それを読み終えてページをめくっていたら、フジマキに聞けというコラムに出くわした。
表題は:消費税10%程度で低所得層保護は不要、というものです。この人は日本の消費税は他国に比べて抜群に低い5%である、10%ぐらいでガタガタぬかすな!といいたいような内容でした。

■この人物はいつも間違った経済予測本を出してもこりない有名人です。

「フジマキ」ではなく確か「恥蒔(ハジマキ)」という名前だったはずですよ。

調べる必要はありませんが・・・・


64. 2012年4月26日 19:54:56 : bHWkhShbSY
小沢議員への総攻撃
ケネディを思いだす
ケネディは改革をしようとして企業官僚政治家軍人から嫌われてしまった

本当に国を改革しようとすると物凄い攻撃を受ける


ぬくぬくと小沢批判している与野党のインチキ政治家、情けない!政治家やめろ!!


65. 2012年4月26日 19:58:25 : VYmS9lta0Q
検察、裁判所、マスコミ…これらを操れる組織とは。
大手マスコミのロゴマークをよく見てごらんなさい。
大手広告代理店や新聞社の歴史を検索してください。
その黒幕は○□Aであり、さらにその背後には…
だっ誰だ!うわぁ〜 
ツーツーツー

66. 2012年4月26日 20:00:21 : EJ75Beczlg

141 :名無しさん@12周年:2012/04/26(木) 07:52:33.43 ID:L5SxStbyO
知り合いの友人は小沢の主任裁判官だそうです。
こないだ彼は、警察OBとゴルフに行ったらしいですが、プレー中に彼は小沢をなんとか有罪にしたいのだが
周りの副裁判官が反対すると言ってたそうです。彼が重視する論拠はお金を融通している書面への直筆サインだそうです。
周りの裁判官は【そんなの多忙で見なかったと言われればそれまででしょう】
と言ってるらしいです。もう投票も済んで判決も確定したと言ってたそうです。
判決の内容より、こういうことが外部に漏れることが異常だと思います。裁判官のモラルや常識が疑われます。


ガセと思うがマスコミ方で検証を頼む
八百長国家だろw


67. 2012年4月26日 20:45:15 : 6OX3DueN3M
東京地裁を取り囲んだのは、ほとんど小沢無罪を信じている人達でした。
これが日本国民の答えです。
小沢氏無罪の時、バンザイがしばらく鳴り止まなかった。



68. 2012年4月26日 20:53:56 : Z0T8WMIzgM
週刊朝日!よくぞ書いてくれた。ありがとう。歴史に残るでしょう。編集部の皆さん頑張って下さい。周りの人にも宣伝します。

69. 2012年4月26日 23:24:29 : TriOH9XjRg
06よ お前は何十億とやら入ってる金庫を自分の目で見たんか?
 嘘ばっかり書くな。
 ついでに、幼稚な日本語を読めば素性はバレバレ。
 あんさんが阿修羅に投稿するなぞ、場違い。
 ここはアホくるとこちゃう。

70. 2012年4月26日 23:24:30 : Azfit8fevU
45>>安住財務大臣の指示で国税庁が始動したらしい。
こんどこそ息の根を止める。

ちびっこギャングは自分の足元を固めるほうが先決であろう。国税は
とっくに動いて何もつかめなかったという話もあるで。
財務大臣が変わるという話はないのかな?
野田はついにお陀仏か。当然だけどな。

控訴はできないだろうな。これ以上共謀の実態証拠を獲れない限り判決は変わらない。指定弁護士では無理であろう。裁判所の判決をよく読むとは「私は謀議に参加しました。」という小沢のサイン入りのメモなんかがでてこない限り謀議の立証(有罪には)はできないということなんだよね。

おおむね指定弁護士の言い分を認めたのも(小沢に対する問題でも推認を使いつつ)、顔を立てたからこれ以上騒ぐな、つまり控訴しても同じだぞという無言のサインだと思うがね〜〜〜〜。


71. 2012年4月27日 00:31:24 : VIXPEEcqcY
冷や汗物の無罪だった。
石川議員の取り調べ録音が無ければ完全に有罪判決だった。
佐藤優さんの助言が効いた
東京地検特捜部以外の場所で取り調べたのが東京地検特捜部のミスだった。

これで無罪に・・・・・冷や汗で
弁護士同席+完全可視化の義務化が必要
こんなんでは冤罪が次々と出る。


72. 2012年4月27日 00:44:23 : 2vKN1avIAs
国政調査発動!

73. 2012年4月27日 04:21:58 : 6O8H4AhRYM
外国人特派員協会の記者会見は実現しなかったが、下記の文書と衆参両院議長に提出した要請文を、特派員全員に配布して頂けることになった。

日本外国人特派員協会 会員各位

議会制民主主義の危機 「小沢裁判の違法性について」

 東京第五検察審査会の「起訴議決」による「小沢裁判」が明日4月26日、判決を迎える。

 

一昨日我々は、別紙のとおり、衆参両院議長に対して「検察審査会の実態調査を目的とする法務委員会秘密会の開催について」の要請を行った。2日間で集まった136名の国会議員の署名を添付したところである。

 密室で行われた11人のくじで選ばれた国民による「起訴議決」の違法性については、別紙要請文に述べたとおりであるが、その審査の資料は東京地検特捜部が作成した「捜査報告書」である。昨日発売された週刊誌「週刊朝日」に、その一部が暴露されたが、検察は証拠がなくて小沢氏を起訴出来なかったにも関わらず、犯罪事実が確定されたと記載している。これは、捜査当局による「有印公文書偽造」であり、明らかに犯罪である。

 一人の政治家を有罪にするために、密室で、しかもいわば法律には素人の審査員を「起訴議決」に導くために、ねつ造された報告書が提出されたことが判明した以上、この裁判はただちに取りやめるべきであり、「捜査報告書」のねつ造に関わった関係者は厳正な処分を受けるべきである。またこれは組織的でなければ行い得ないことである。そうであるとすれば、日本国憲法に規定された正当な選挙で選ばれた国民の代表であり、国権の最高機関の一員である国会議員、しかも、そのような謀略がなければ総理大臣になったであろう人物を、捜査当局が不当に弾圧できることになり、これは、我が国の民主主義の根幹を揺るがすものである。

 日本のマスメディアは、このような事実を正しく報道しないばかりでなく、メディアスクラムによってその謀略に加担してきた。

 私は、真実を国民や世界に知らせるために、日本外国人特派員協会会員各位のご協力を切にお願いするものである。

      2012年4月25日

        前文部科学副大臣参議院議員 森ゆうこ

http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/04/post-2545.html


74. 2012年4月27日 09:44:00 : OMHIZM4axg
しかし、いい国です、クズで犯罪者ばかりが目立つて高給取り。

検察官、逃げた元検事大鶴基成、木村主任検事、そして田代政弘検事
と逃げてる創価佐久間検事、みな犯罪者だと声だかに言ってもかまわない。

登石郁郎裁判官も人間のクズ裁判官と言っても大丈夫。

みな本当の冤罪加担の犯罪者集団だから、名誉毀損で訴える元気もないでしょう。

大手マスコミ・NHK大越健介も冤罪加担の共犯者だということを教え続けないとダメなクズ人間たちです。


75. 2012年4月27日 10:48:48 : uzupVu3vxc
>45. dkwCJWbD16 クン

「安住財務大臣の指示で国税庁が始動したらしい。こんどこそ息の根を止める。」

満点大笑いで〜す。よほどの馬鹿でない限り出来ませんZo!

ここでジタバタする事は、小沢氏の冤罪をでっち上げ、血税をドブに捨てた
一味である事を証明する様なもので、野田政権の墓穴を掘る様なものですZo!

小沢氏の冤罪は、麻生自民党時代の法務大臣、森英介の指揮権発動によって
行なわれたというのはほぼ事実となっている。(平野貞夫氏談)

自民党の谷垣や公明党の山口が、小沢氏の「証人喚問」や「説明責任」等と
司法を否定するかの様に喚いているが、何故それほどまで小沢氏を恐れるのか
を考えればおおよその判断はつく。

野田お子ちゃま政権と小沢氏の大きな違いは、義族官僚との信頼関係だろう!

盗賊議員や盗賊官僚と、血税を貪る既得権死守派への不都合なリークは、今後
益々多く出る様になるだろう。

不正献金、迂回献金、賄賂性の高い献金のデパート、自民党や、P献金疑惑が拭
えない公明党も騒げば騒ぐほど蟻地獄に入り込むはずだ!。


76. 2012年4月27日 10:52:48 : 6z78d6VStY
13、VwMpY91712様、森ゆうこ様、一市民様、皆様
本当に、ありがとうございます。日本滅亡狙いの勢力が国内に繁殖し、邪魔な国会議員は排除する権謀が日常茶飯なのかと案じています。どうか存分に、悪徳国会議員・売国公務員の一掃にお力を発揮してください。

安住財務大臣は4.8兆円(2012.4.25日レート)を、IMFに拠出すると発表しました。
 野田政権は原発・震災被害に苦しむ国民、特に「子供は見殺し」です。
財務大臣の裁量で、今IMFに4.8兆円を渡しても、福島4号機の燃料棒が爆発すれば、日本はカルタゴになる。野田内閣の閣僚だけは、欧米に逃げるのですか?4.8兆円は返さなくてすむとIMFは見越して、要求するのですか。

東北震災原発災害の1年後、復興長を立ち上げた「国民殺し」政権は税4.8兆円をIMFに貢ぎ、日本人のために使わない。1億2千800万人全員が、4号機爆破から逃げられる道を造らない。なぜですか?
世界は今、日本の放射能汚染『危機』を注目しています。世界に繋がるからです。


77. 2012年4月30日 16:40:08 : CAV9FZQWZc
フランスからです。20番の訳は全くでたらめ。バカンスでの異性をとりこにする
話をしているのですよ。これは、こちらのTV局に通告すると、犯罪になるのではと
まず心配しました。まえにも同じようなものを見た記憶があります。
27,31さん、怒ってください。冗談をこえて悪質すぎます。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧