★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129 > 405.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢無罪完全勝利!!検察の暴走を批判 共謀を否定 (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/405.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 4 月 27 日 00:32:58: igsppGRN/E9PQ
 

小沢無罪完全勝利!!検察の暴走を批判 共謀を否定
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5625.html
2012/4/26 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


判決理由は玉虫色

長く不毛な裁判にようやく一区切りがついた。検察審査会によって強制起訴された小沢一郎・元民主党代表に対し、東京地裁(大善文男裁判長)はきょう(26日)午前、無罪判決を言い渡した。判決の瞬間、小沢は軽くうなずき、頭を下げた。弁護団からは「よしっ」の声が飛んだ。その後、裁判長は判決理由を読み上げ、司法・検察の違法、不当捜査を断罪した。

小沢の政治資金団体・陸山会の土地取引を巡り、政治資金収支報告書の虚偽記載を問題視した検察は政権交代の立役者、小沢の元秘書らをいきなり逮捕し、小沢自身も裁判にかけることで、その政治活動を封印した。あり得ないような裁判の過程で明らかになったのは、魔女狩りのごとく、最初から小沢を狙い撃ちにした検察の横暴と、そのためには捜査報告書すらも捏造するというデタラメ手法だ。裁判長は、検察審査会が強制起訴の根拠とした報告書の供述が捏造されていたことについて「事実に反する報告書を提出し、検察審査会の判断を誤らせるようなことは決して許されない」と批判した。

とはいえ、審査会の強制起訴議決は有効とし、公訴棄却とはしなかった。小沢の元秘書らが、不動産購入の原資となった4億円という巨額資産の存在を隠すために、収支報告書に虚偽記載したことは認定した。判決は無罪だが、小沢の不動産購入の不自然さや怪しさをにじませる内容だ。司法・検察のメンツも立てたような判決なのだが、さて、今後の小沢はどうなる、どうする? 無罪判決を受けて、民主党の輿石幹事長は小沢の党員資格停止の解除の手続きを始めることを明言した。フリーハンドを得れば、小沢は本気で、消費税引き上げ潰しに動くとみられる。魔女狩り裁判で敗北した司法・検察はどう落とし前をつけるのか、それとも、しぶとく巻き返すのかも注視する必要がある。日本中の注目を集めた「小沢判決」後をさまざまな角度から探ってみる。

◆この暗黒裁判は歴史的にどう見られるか

オランダ人ジャーナリストのカレル・ヴァン・ウォルフレン氏は小沢裁判について、こう言っていた。
「小沢一郎氏の裁判で考えなくてはいけないのは、捜査、逮捕、起訴、裁判が先進国として、きちんとバランスのとれたものであったかということです」
「小沢氏を標的にして進行していることは人物破壊です。長年かかって築き上げてきた既得権益を破壊しようとする人物(=小沢一郎)に銃口を向け、そして引き金を引く。体制側にとって、新種の人間というのはいつの時代も脅威なのですが、こういうことが許されていいのか」
これが先進国の第一線ジャーナリストの見立てなのだ。この裁判がいかに異常で異様だったか分かる。

言うまでもなく、小沢は政権交代の立役者だ。政治主導、官僚支配打破の先頭に立つべき政治家だった。だから、検察は狙い撃ちにした。2009年3月に西松事件で小沢の元秘書を逮捕すると、翌年は「陸山会」の土地取引に目を付け、現衆院議員の石川知裕など元秘書ら3人を逮捕。がんがん締め上げ、小沢への裏金を暴こうとした。結局、裏金の証拠はなく、小沢本人の起訴は断念したが、検察審査会が強制起訴した。検察審査会が強制起訴の根拠とした捜査報告書は捏造だった。恐怖の謀略と言うしかない。

小沢に無罪判決が出たが、21世紀の日本でかくも異常な魔女狩り裁判が行われたことは歴史にハッキリ記さねばならない。あってはならない「政治的謀略」と「人権破壊」が白昼堂々と行われ、しかも、大メディアはそれを批判するどころか、暴走検察のリーク情報を垂れ流し、そのお先棒を担いだのである。
ウォルフレン氏は小沢の元秘書で衆院議員・石川知裕ら3人に有罪が下った判決にも驚いていた。
「判決は推認による有罪でした。私に言わせれば、あれは司法による“大量虐殺”に等しい。秘書3人は、別に政治献金を着服したわけではありません。単なる記載ミスです。推認によって有罪判決を受けるといったことが先進国であっていいのでしょうか」
これがこの国の司法の姿だ。だから、小沢無罪でも喜べない。「これにて一件落着」にしてはいけない。司法の責任を徹底追及する必要があるのである。

◆捏造検事のお咎めなしでこの国の司法に反省なし

小沢裁判で次々と明らかになったのは、「正義の味方」ヅラしてきた検察のデタラメだ。中でも見過ごせないのが田代政弘検事(=現法務総合研究所)による捜査報告書の捏造である。ここに出てくる小沢の元秘書、石川知裕衆院議員の供述は検察審査会が小沢を強制起訴にする際に、最大級の根拠としたものだ。それがデッチ上げだったのだが、検察当局は臭いものにフタをしようとしている。田代は虚偽有印公文書作成・同行使容疑で刑事告発されているが、起訴を見送る方針なのだ。
「田代のほか、複数の幹部に対し、懲戒を含む人事上の処分でお茶を濁すつもりです」(司法事情通)

これだけデタラメが発覚しても、反省ゼロ。これじゃあ、小沢はやられ損だ。司法の暴走が止まらなければ、いつ誰がどんな形で抹殺されるか分からない。本当に恐ろしいことだ。東京地検の検事だった弁護士の落合洋司氏はこう言う。
「今度の裁判で国民が疑問視したのは、検事が被疑者をいたぶり、自分たちが描いた見立て通りの供述にもっていく捜査手法です。真(しん)摯(し)に反省するのであれば、司法取引の導入など捜査手法や制度の全面的な見直しが必要です。しかし、そんな動きはまったくない。世界中がそれを模索しているのに、日本の司法当局だけが旧態依然の捜査手法を変えようとしない。今回はたまたま石川氏がICレコーダーを回していたので、『バレちゃった』『ヘタ打ったな』と、この程度の感覚しかないのではないか。この事件をキッカケに反省し、改革をしないようでは、どうしようもありません」
判決とは関係なく、この国の司法当局は一度解体させなければダメだ。

◆魔女狩り裁判の狙いは霞が関による民主党政権つぶし

野田官邸をはじめとする永田町は、裁判の結果に固唾をのんでいたが、その裏で司法・検察は「してやったり」と舌を出していた可能性がある。
彼らにとって、判決の結果なんかはどうでもいいのだ。要は、元秘書逮捕→小沢本人の強制起訴→裁判という流れの中で、小沢の動きを3年2カ月もの間、完全に封じ込めたことだ。
その結果、民主党政権は小沢を排除し、官に頼るようになり、政治主導を放棄した。霞が関の走狗と成り果て、野田政権は消費増税や原発再稼働、TPP参加に血道を上げ、案の定、内閣支持率や民主党支持率は急降下。いまや、国民に見放され、解散もできなくなった野田はますます、官ベッタリの姿勢を強めていくしかない。

これぞ、司法・検察=霞が関の狙いだったとすれば、彼らの目標は完全達成したことになるのである。政治評論家の野上忠興氏が言う。
「なぜ、司法・検察は小沢氏の追及にかくも執念を燃やしたのか。無理に無理を重ねて、なぜ、執拗な捜査を続けたのか。小沢氏が目指した統治機構の改革に恐れをなしたからだとすれば、その動きを封じ込めることで、彼らの目的は達したことになります」

おそらく、民主党政権は次の選挙で消滅する。二度と与党に戻れない。官僚どもの高笑いが聞こえてきそうだが、ちょっと待った。
「小沢氏の動きを封じ込め、民主党政権を潰せば、官僚復権となるのでしょうか。経済成長が見込めず、右肩上がりの時代は終わった。官僚が上から目線で、予算を配分し、業界ににらみを利かせて統治できる時代ではない。それが分からないところが、日本の官僚のどうにもならないところなのです」(野上忠興氏=前出)

いまだに自分たちが特権階級だと思い、民意を平然と無視する官僚たちは、小沢がいようがいまいが、賞味期限切れなのである。
3年2カ月はごまかせたとしても、今後も同じようにいくと思ったら大間違いだ。これからは彼らが保身のために起こした暗黒裁判に対する歴史的検証が始まる。民主主義と法治国家をないがしろにしながら、平然としている亡国官僚が生き残ることはあり得ない。

◆小沢一郎は民主党政権実現の立役者だが、これからどう処遇するのか

無罪判決で晴れて自由の身になった小沢。民主党政権の立役者の完全復権で、野田ドジョウはいよいよ追い込まれることになる。ハッキリ言って、半年も持たない。
真っ先に手がつけられるのは、小沢の政治活動をがんじがらめに縛っていた党員資格停止処分の解除だ。
さっそく輿石幹事長は「党員資格停止を解除する」とコメントした。指定弁護士側が控訴するか否かによらず、1審無罪の時点で「処分解除」ということだ。

党員資格さえ取り戻せば、小沢は再び党の方針に口出しすることができるようになる。代表代行などの要職に就き、執行部のクビ根っこを押さえることも簡単だ。あとは党内最大グループを背景に、一気呵成に野田を追い詰めるシナリオだ。政治評論家の本澤二郎氏がこう指摘する。
「言うまでもなく、小沢サイドの大方針は『消費増税反対』です。これまで、執行部の報復を恐れて様子見を決め込んでいた議員たちも、増税路線では次の選挙で勝ち目がないから、雪崩を打つように小沢グループに傾くでしょう。現在100人規模の小沢グループはさらに数と勢いを増し、消費増税を断念するまで野田政権を追い込むつもりです。国民だって『原点回帰』を訴える小沢氏に味方する。支持率20%そこそこで死に体の野田内閣は、総辞職に追い込まれる可能性もあります」

もちろん、捨て身の解散・総選挙なんて打たせないし、野田がいくら首相のイスにしがみつこうとも、9月の党代表選では百パーセント勝ち目がない。もちろん、今度は小沢自ら堂々と出馬することもできる。その場合は、小沢首相の誕生だ。
見事なまでの形勢逆転。野田は観念して、百姓でもやるしかない。

◆小沢復権で「反小沢一派」は駆逐される運命

小沢一郎に「無罪判決」が下ったことで、反小沢一派は真っ青になっている。これまで、小沢一郎を「党員資格停止」にし、人事も政策もやりたい放題にやってきたが、小沢が無罪になったことで、もう勝手はできない。「反小沢一派」が、急速に力を失っていくのは間違いない。
反小沢の仙谷由人や岡田克也たちは、「まだ無罪判決は確定していない」「高裁、最高裁が残っている」とイチャモンをつけ、なんとか小沢の「党員資格停止」をつづけるつもりだ。
しかし、東京地検が「起訴」を断念し、裁判所も「無罪」と判断したのに、「党員資格停止」を解除しなかったら、100人いる「小沢グループ」は黙っていない。輿石幹事長も即刻、解除すると宣言した。

「反小沢一派が、権力を握ってこられたのは、最高実力者の小沢一郎を“座敷牢”に閉じ込めていたからです。小沢が復権したら、党内の勢力図はガラリと変わる。これまでのように反小沢一派が勢力を維持するのはムリです。とくに政権の“黒幕”仙谷由人は、追い込まれ、窮地に陥っていくでしょう。小沢グループは、仙谷にカンカンになっていますからね。もし、仙谷たちが権力を失うことを恐れて『党員資格停止』を解除しなかったり、小沢一郎を要職に就けなかったら、党内は血みどろの闘いになりますよ。いずれにしろ、小沢一郎に無罪判決が下りたことで、反小沢一派に支えられている野田内閣が弱体化していくのは確実です」(政治評論家・山口朝雄氏)
反小沢一派は「我が世の春」を謳歌してきたが、小沢無罪によって権力を失っていくことになる。

◆検察は小沢に負けて解体だろうが、必ず巻き返しを図ってくる

旧勢力が総がかりで小沢を潰しにかかった謀略裁判で無罪判決を勝ち取ったことは、とてつもなく大きい。裁判所にも、わずかばかりの良心は残っていることが示されたともいえる。
「今後は検察審査会のあり方を検証する動きが加速するでしょう。検察は、捜査報告書の捏造までして、小沢さんを検察審で強制起訴させた。不毛な裁判でしたが、司法改革が進む契機になって欲しいと思います」(ジャーナリスト・魚住昭氏)
具体的な証拠も動機もないのに、2年半もの間、無実の人間を縛り付けた。この落とし前をどうつけるのか。検察審だけでなく、特捜部の解体までいってもおかしくないのだ。裁判所も検察の捜査のやり方を断罪した。
国会議員も黙ってはいない。場合によっては検事総長の証人喚問だってあり得る。人事権を取り上げることになるかもしれない。

だが、これで日本の司法がマトモになると思ったら大間違いだ。ブザマな敗北を喫した検察が、このままおとなしく引き下がるワケがない。
「小沢裁判をめぐっては、検察内部でも、東大法卒エリートの『赤レンガ派』と『現場派』の対立があった。今の笠間検事総長は、中大卒で、現場経験が長い叩き上げ。小沢事件の捜査に疑問を呈し、検察は自浄作用を発揮すべきだと言っていた。ただ、検察内では傍流のため、強硬論に押し切られる可能性もある。エリートの赤レンガ派は決して敗北を認めようとはしないからです」(検察関係者)
検察の組織防衛本能はハンパじゃない。必ず巻き返しをはかってくる。笠間総長が6月で退任し、後釜にはバリバリの赤レンガ派である東京高検の小津検事長が就くとされているから、なおさらだ。

小沢が会長を務める新政研では、「司法と国民の関係についての特別研究会」を設置することを決めた。検察との戦いは、まだまだ続くのである。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月27日 00:53:19 : FijhpXM9AU
最初から成立しない裁判を始めたこと自体が誤りであったことを認めさせて、裁判が無効であったということにしなければおかしい。少なくとも検察側の証拠が不正なものであったことが露見した時点で起訴中止となるべき案件であった。

インチキをやった検察官には責任を取って刑務所に行ってもらわなければならない。法治国家を標榜するなら,最低限それくらいのことはしろ。


02. 2012年4月27日 01:02:43 : KbjUzFqPyw
醜いアメリカではなく、良いアメリカの司法制度にして欲しい。州の検事が選挙で選ばれたりするように。そうすれば、地方に司法過疎や弁護士0人地区もなくなる。その地区の弁護士から立候補させ選ぶのです。地検・高検は選挙です。最高検は高検経験者の中から政治任用です。裁判官も同様です。アメリカの司法行政OBを招聘しましょう。そうすれば醜いアメリカが前面には出てきません。一度、日本外国特派員協会に自国の司法制度について各党弁護士議員共同で確認下さい。サミット参加国で十分です。もう、マスコミは信用できませんから。

03. 2012年4月27日 01:06:36 : 05UhnFBHRM
自民・公明・みんなの党・そして民主党執行部に政治を語る資格なし・・・人間・いや政治家ならば三年二ヶ月に及ぶ小沢問題が異常な検察の政治介入だと言うことが分からないのか?仮に分かっていて、私利私欲で国民が選んだ議員を誹謗中傷するなら人間を止めたほうがいい。もういいでしょう、この三年二ヶ月がどんなにつまらない政局であったことか、無罪がでても、まだ小沢問題を取り上げるのであれば国民は黙っていない。政局よりも国民のための政策議論をやるべきだと”真”から思う。ネットでは7対3ぐらいで検察批判の声が多い。それを政治家たちはそれでもまだ政局をしたいらしい、日本の敵は小沢氏ではなく税金を食い物にしている既得権を守りたい官僚である。それが分からない限り政治家失格。

04. 2012年4月27日 03:46:57 : O5ejJskkbA
> 判決は無罪だが、小沢の不動産購入の不自然さや怪しさをにじませる内容だ。

予想されていた。大手マスコミや野党に小沢攻撃をさせるために。
まだまだ黒幕の官僚ペースだ。陰謀に乗っかかる野党も野党だ。
自民党は国策捜査をやらかした悪党でどうしようもない。

> 小沢が会長を務める新政研では、「司法と国民の関係についての特別研究会」を設置することを決めた。
検察との戦いは、まだまだ続くのである。

大手マスコミが自主独立していて、チェック機能が働いていたら
こんなことをせずに、すむのだが 仕方ない。


05. 2012年4月27日 04:17:44 : aWblliGNXw
「裁判所にも、わずかばかりの良心は残っていることが示されたともいえる。」

あほか!
どこに裁判所の良心があったというのだ?

本当は小沢氏を有罪にしたかったのだが
あまりにも無理強いの起訴で
検察役の弁護士も無能で
どうにも有罪にすることができなくて
やむを得ず、仕方なしに、嫌だったのだが
無罪を言い渡した・・・
・・・その程度の
判決であった過ぎない。

売国権力側の単なるオウンゴールでの
無罪判決だったに過ぎないのだ。
決して良心のかけらもない
敬意を表する必要なぞない
違憲・違法の検察起訴であり
裁判自体が茶番の
売国奴権力の自爆だったのである。


06. 2012年4月27日 06:39:18 : t9M2KfINao
05氏のおっしゃるとうり。

有罪判決をする予定だったのに、裁判所は悪事がつぎつきバレてやむを得ず無罪にしただけ。


07. 2012年4月27日 06:51:10 : Op2sM8LHZQ
05さんの通りですね。
大膳裁判長は、犬殺のあまりにも杜撰な調書を扱いかね、その尻拭いをさせられる事を嫌っただけ。

08. 2012年4月27日 12:43:07 : BIgfJMRMNE
日刊ゲンダイはちょっと勘違いしている。
大善判事は検察の暴走捜査を批判したが、一方で指定弁護士の主張もだいぶ取り入れて無罪にしている。
要はどちらにも配慮した最善の判決だと考えたのだろう。

09. 日高見連邦共和国 2012年4月27日 15:57:35 : ZtjAE5Qu8buIw : IeaB3HQJJg
どうせアジテートなんだから、理屈で考えちゃあきまへん、08番さん!
『完全勝利』その一言で良いんです。祭りなんだから、派手に花火ぶち上げてサ〜

そしてその影で、俺たちは先を読んだ布石と準備を怠らなければ良いだけ!
何れにしても戦略・戦術のオプションが増大した事だけは確か。

敵陣営の徹底した曲解と一部強調論理に比べたら、可愛い、可愛い〜

ただ、間違っても発してはならない種類の発言だけは戒めて行こう。
『勝った』と思ったときが『負けた時』とは良く言われること!


10. 2012年4月27日 17:39:18 : yBmmA3sXwo
無罪は当然!
デッチアゲの謀略集団を許すな!
ハラワタ煮えくり返る。

11. 2012年4月27日 18:10:53 : Syq7RixoA6
”指定弁護士の主張もだいぶ取り入れて無罪にしている。”のならば控訴しても指定弁護士のおとっさんたちに勝ち目はないわな。主張が認めれレて無罪になってんだから。

12. 2012年4月27日 21:03:04 : QmyrjoZuIs
判決には不満である。
小沢一郎はえん罪であり、初めから無罪なんだ。
秘書の裁判もでっち上げ「推認」に継ぐ「推認」大体こんな判決があって良い筈が無い。
>>05さんの云われるごとく裁判所に良心など無い。
大膳などというヒラメ裁判官が最高裁を見ながら、あるいは世間の空気を、そしてもしも「裁判官弾劾裁判所」の開催を開かれては困ると恐れて下した判決ではないか。
大膳さんそれ以上気を使ってももう頭から抜ける毛は無いよ。
これで国会では泥棒自民等が「説明責任をしろ」とほざく、カルト公明等が「政治と金」というだろう。
それぞれ自分の方が説明責任をしなくてはいけない立場ではないか。

今日の石原珍太郎の記者会見。自分を棚上げて「小沢は真っ黒だ」と云う。
昨日のノビテルと云う事がおなじ。
「この親にしてこの子あり」「子供は親の背中を見て育つ」
この言葉があまりにもぴったりではないか。
こんな奴らに記者会見で云わせるマスゴミが悪い。


13. 2012年4月28日 00:14:57 : hEstFnLb0c
ゲンダイは他の記事についてもう少し上品に出来んのか?
せっかくいい記事書いてももったいないぞ。

14. 2012年4月28日 08:50:25 : zlxsZx2WK6
このザマだもん。

そもそも、法律という概念が存在しない日本においては
刑事裁判なんては500年は早いです。

お代官様のお触書でも立てといて、裁判が起きたら判決は必ず三方一両損
ということにしておいた方が現実的ですってばよ。

日本人に法律なんてなじまない。
そんな哲学や思想性など持ち合わせてないものw


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧