★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129 > 436.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東京地裁の判決は「痛み分け」:謀略は更なる謀略を呼んで最後は自滅(陽光堂主人の読書日記)
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/436.html
投稿者 判官びいき 日時 2012 年 4 月 27 日 14:05:22: wiJQFJOyM8OJo
 

昨日、小沢氏に無罪判決が下されましたが、マスコミは予想された通り、小沢バッシングを始めました。曰く、「政治的責任は残る。道義的責任を果たしていない」等々。よく解って言っているのでしょうか? これまで散々小沢氏を悪者に仕立ててきた自分たちの「道義的責任」はどこへ行ったのでしょうか?

マスコミは言論の自由を盾にやりたい放題で、誰にも責任を追わず、偏向報道を是正させることもできません。「第4の権力」と言われますが、真にたちの悪い連中です。小沢氏にしてみれば、こんな連中にだけは「道義的責任」云々と言って欲しくないでしょう。

小沢氏は無罪にはなりましたが、大善文男裁判長が読み上げた判決文は決して評価できません。関係者全員に配慮して書き上げた判決文であり、法律文と言うより政治的な文章です。検察官役の指定弁護士の言い分をほぼ認めながら、証拠不充分として無罪判決を下すという奇妙な内容で、関係者それぞれのメンツを立てて、事を丸く収めようという魂胆が透けて見えます。

判決文では、捜査報告書の偽造を厳しく批判していますが、これは既に世間周知の事柄で、検察にとって痛手とはなりません。批判が高まれば、田代政弘検事らの首を差し出してお茶を濁すことでしょう。

本来なら、検察審査会の強制起訴自体を無効にすべきですが、判決文ではその点は簡単にスルーされています。検察審査会が開かれていなかったとか、最高検と最高裁事務総局が結託していたという話に波及すると、司法崩壊の危機に立ち至りますから、これだけはどうしても避ける必要があったのです。

検察審査会による起訴は、現在3連敗中で、小沢氏が無罪になったことで4連敗となりました。検察にとっては当然あるべき姿で、プロである自分たちが起訴できなかったのに、指定弁護士らによって有罪にされたらメンツが丸潰れです。控訴するという話もありますが、それでは東京地裁が苦労して書いた判決文が無意味になってしまいます。

大善文男裁判長はエリート裁判官であり、最高裁事務総局の描いたシナリオ通りに判決文をまとめたはずです。下級裁判所は最高裁事務総局のコントロール下にあり、東京地裁が指示通りに判決文を書いたとしたら、指定弁護士らが控訴しても勝ち目はありません。

東京地裁(最高裁事務総局)が指定弁護士らの主張を認めたのは、彼らのメンツを保つためで、「お前たちはよくやった。もうそこまででいい」というシグナルでしょう。彼らがそれをきちんと読み取れば、控訴はしないと思われます。報道されているところでは、膨大な時間を費やしたために指定弁護士の時給は、多く見積もっても1400円ぐらいにしかならないそうです。

これまでは別のところから報酬が出ていたかも知れませんが、今後は公的な僅かな金しかもらえないでしょうから、積極的に控訴するとは思えません。要するに、今回の判決文は、小沢氏と検察と指定弁護士の顔を立てた政治的なものなのです。相撲で言う「痛み分け」のようなものです。

検察は信頼を失っただけと考えられていますが、小沢氏の政治活動を3年間も封じ込めたのですから、裏権力の手先として立派に職責を果たしたわけです。しかし本来のシナリオは、小沢氏を有罪にして政治生命を完全に断つというものでした。これは見事に失敗しました。

公判後に手回しよく日本外国特派員協会で講演したジャパン・ハンドラーズのジェラルド・カーチス米コロンビア大教授は、「判決によって、政界の基本的な力学が変化することはなく、小沢氏が目指す首相就任も望みのないことに変わりがない」「判決の影響といえば、日本のマスコミにとって記事のネタが増えたことくらいだ」と捨て台詞を吐いています。よほど悔しかったのでしょう。

講演の相手役は上智大学の中野晃一教授でしたが、面白いことにカーチスに対して、「あなたはCIAだという疑惑がネットで囁かれている」と疑問をぶつけています。これに対してカーチスは、「私がCIAという説は、陰謀論であり、クラップ(ゴミのような話)」とは吐き捨てていますが、火のない所には煙は立たず、素性はバレバレです。

これで小沢氏は復権することでしょう。前原・仙谷・岡田らが立ちはだかっていますが、消費税増税など反国民的な政策をゴリ押しすることはもうできません。自民党との大連立も考えられますが、閣僚二人の問責決議案を可決してしまった以上、安易に引っ付くわけには行きません。

悪事はいずれ露見し、謀略は更なる謀略を呼んで、最後は自滅するに至ります。小沢氏の政治哲学は、「百術不如一誠(百術は一誠に如かず)」であり、この精神で政治改革が行われることを期待したいと思います。
http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-607.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月27日 14:23:27 : xPdzdcgQ9U
パチパチパチ・・・・

仰る通りで同感です!!!

無罪を有罪とほざくバカはスルーで宜しいかと・・・


02. 2012年4月27日 14:35:17 : rwSKXZTEq6
> 小沢氏の政治哲学は、「百術不如一誠(百術は一誠に如かず)」であり、この精神で政治改革が行われることを期待したいと思います。

小沢の主張した「起訴議決が無効である」は否定され、
「公訴棄却の申立ては、理由がない」
「収支報告書の記載は、虚偽の記入に当たる」
「石川や池田から報告を受け、了承していたと認定することができる」
と小沢の主張はことごとく否定された。

つまり、小沢は大嘘吐きであると認定された。
それなのに、「小沢氏の政治哲学は、「百術不如一誠(百術は一誠に如かず)」であり」は、理解不能。

小沢氏の政治哲学は、「一つの嘘術は百の誠に勝る」が正しく、
この嘘吐き精神で小沢の政治改革が行われることは日本の民主主義の崩壊である。


03. 2012年4月27日 14:36:56 : kIUzXEKfWs
>閣僚二人の問責決議案を可決してしまった以上、安易に引っ付くわけ
>には行きません。
なるほど、直紀父さんは問責要員だったのか?コーヒーはそういうことか?

04. 2012年4月27日 14:41:55 : WQtGjQtOrE
02さん

ぷっ(笑)
勉強不足だね〜0点


05. 2012年4月27日 14:42:26 : uxhUxhVXzU
>一つの嘘術は百の誠に勝る:ヴぁか丸出し

06. 日高見連邦共和国 2012年4月27日 14:46:26 : ZtjAE5Qu8buIw : IeaB3HQJJg
02

あー、桜満開、春風そよ吹き、気持良い〜
オマエ、面白いから酒の肴にもっと喋れ!
敗残兵のゴマメの歯軋りには、エクスタシ〜しか感じません〜


07. 2012年4月27日 15:06:07 : xiDl6ZrNYg
素人には分からないが、判事の守備範囲として、他の裁判(または判決)に影響することはしてはならない、という不文律があるのではないか.

検察審の議決に影響を与えてはならない.
他の判事の判決に影響を与えてはならない.

このように理解すると、大善判事の「痛み分け」判決が納得できる.

検察審に対しては、捏造報告は悪いが強制起訴議決は有効である.
小沢秘書裁判に対しては、ウソの記載はあったと認める.


08. 2012年4月27日 15:20:51 : VwMpY9l7I2

02> 2012年4月27日 14:35:17 : rwSKXZTEq6
  ↑
 こいつは、対外的に自立的な日本の再興を目指す市民・国民の敵、売国奴だと断定する。くたばれ 火京物太夫(ひきょうもの だゆう)!
 これまでこいつの書き込みをフォローしてきて、小沢氏と小沢グループに対して執拗に誹謗中傷するだけでなく、私のような無党派で理不尽なことを許せないという思いで、社会正義の立場からネットを閲覧し感想や意見を書き込む者や情報を収集し自主的に判断しようとする方々を攪乱し分断するために、専ら書き込みを続けるプロ工作員の一人だと断定する。どこかからカネでももらっているのだろう。

 これまでもこいつはあちこちで、どこかで拾ってきたガセネタを持ち込んだり、勝手な妄想を書き込んだりしたため、「ウィキペディア荒らしのVaka」とも言われてきた「かきまぜ専門のどアホウ」!
 性懲りもなく、出てくる度に、モグラ叩きみたいに、「Vaka」、目障り、消えろと言われている。
 ここで書き込んでいるネタもかなり前に、どこかでみかけたガセネタで、ネットに関わる多くの方々ならすでに認識していることだ。

 このところ、連日、多くの方が閲覧しそうな投稿記事にたいして、この種のコメントを次々に貼り付けているので、気づいた方は即刻、反撃しよう!


09. 日高見連邦共和国 2012年4月27日 15:29:03 : ZtjAE5Qu8buIw : IeaB3HQJJg
07さま

好意に解釈すればその通りだね。
でも『他の裁判への不干渉の不文律』の点から言えば、件の『陸山会公判』一審での“推認”判決を、悪戯に過剰に“追認”する判決主文は、その“不干渉の不文律”を犯すものだと指摘したい。
ただ、この大注目の歴史に残る判決で、そんなつまらない“チョンボ”はしないだろうから、
前例においてギリギリ許容できる範囲での判決主文の記述であろうと推認する。

まあ、それにしても、“いまだ確定していない架空の犯罪”の共犯を問う、というのも“法律的には許容しうる”のだろうか?
それこそ、『市民感覚』から著しく逸脱するものではなかろうか。


10. 2012年4月27日 16:57:55 : 785L0Tkonk
小沢氏は虚偽記載了承元秘書と共謀認めず無罪
強制起訴は有効 検察の捜査を批判 東京地裁判決

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-04-27/2012042701_02_1.html
しかし判決は、検察官役の指定弁護士側の主張をほぼ全面的に認め

主要な争点での小沢被告側の反論をことごとく退けました。

元秘書による虚偽記載の事実を認定。

元秘書らから事実と異なる記載について小沢被告が報告を受け了承をしたことも認めました。


手放しに喜んでるヤツは馬鹿か


11. 賢者の石 2012年4月27日 17:01:24 : Qf5ShLuWtoZHs : HvFNINDvyQ
智者、智に溺れると昔からいいますが

人間のアポステオリな経験からの理性(推論)など時間や空間の認識のようなアプリオリな純粋理性に比べれば全くあてにならない
と哲学者イマヌエル・カントも数百年前、既に論じています。

日本の行政は司法の追認機関=岡っ引とお奉行様=司法と行政が分離してない
ユーラシア大陸的部分があると言う主張もあります。
シルクロードから古代ローマやギリシアの文化を中東や唐を経由し輸入した日本は
つまり歴史的に絶対的な権力構造を未だに色濃く持っているのです。

英米方式が完璧とはいいませんが
つまり検察はたちのわるい啓蒙思想を持った啓蒙絶対君主のまま放置されている。


12. 2012年4月27日 17:26:44 : t9M2KfINao
まだしつこくテレビは小沢は有罪に近いが証拠がなかったとか納得できないとかごちゃごちゃ言っている。

しかしいいことも言っている。小沢氏及びそれに近い議員=消費増税に反対、野田首相=消費増税だけ、自民党=さらに早く消費税増税を、とわかりやすく説明し始めた。

なかなか歓迎すべき報道だ。このままなら野田は憤死確実。自民にも支持はいかない。


13. 2012年4月27日 17:47:57 : VyRVZEyj8Y
思った通り、説明責任など、政治的責任だの、道義的責任だの、言い出し始めた。
強制捜査前後の論調に戻ったような感じ。

検察の調書の捏造など一言も触れない。むしろ、ばれないように捏造すれば小沢を
葬れたと言わんばかり。
推測と捏造で有罪にできるというのを認めたら、権力者に目をつけられた地点で犯罪者にされるのだが、自分には及ばないと思っているらしい。

これから先また、親小沢、反小沢で二分化して騒ぎ立てるのだろうか。

最近引っ込んでいた、人をむやみやたらに小沢信者呼ばわりする全く成長しない輩がまた出てきているけどな。


14. 2012年4月27日 19:12:19 : TOhN12rUfg
>>13
>>10の記事では
>争点の一つだった強制起訴議決の有効性については、適法と判断。
>その上で、「事実に反する捜査報告書を作成し、検察審査会の判断を誤らせるようなことは決して許されない」と述べ
>見立てに沿った捜査が問題の背景にあったと指摘。
>検察当局で十分に調査し、対応すべきだと述べました。

触れてるようだけど


15. 2012年4月27日 19:43:59 : plxLjvaItE

投稿者は訳知り顔で出鱈目な認識を示している。最高裁としても、登石の判決の強引さ出鱈目ぶりを見ればあの時点ではあの判決を踏み台に小澤を有罪にできると踏んでいたのだろう。検察の総選挙直前強引な秘書オオクボ逮捕劇から始まった検察の暴走に加えて、最高裁も、あの時点では愚かにも、どのような無理をしても小澤を葬り去ることができると見通しを持っていたはずだ。
 現時点では、竹崎最高裁も有罪にできない。大善もできないし、笠間検察も、判決の時点では既に白旗を揚げていたのだ。.
 指定弁護人の論告求刑に対する小澤の反駁は今回の無罪を読み取っていたと思う。
 有罪を押し通すことができる見込みがあれば必ず押し通していたはずだ。小澤の支持者とりわけ一般の国民が身を挺して国家権力の横暴に反撃して例えば検審の馬鹿課長が万にひとつもありえない検審構成員の平均年齢の同一についてそれがあったのだと阿呆だから公言していたのを報告していたけれども、この点を捉えてその方なりが、検審の構成が虚偽であるとの罪に当たると告発なりすれば、最高裁の裏金告発、違法ソフトの犯罪性を次々に、連なり自爆的に告発していって、ネット世界にて騒ぎになればいくらマスコミが無視しようと、裁判所の権威は簡単に失墜してしまう。
 大変な騒ぎになること請け合いである。ネット情報が自覚的国民に瞬時に伝わる現在の時代は角栄の時代と違って、小澤の敵の不利益の情報もいとも簡単に万人共通のものとできる。
 小澤は「国民の生活が一番」の政策を最後まで追求する政治家であるとのかなりの数の国民の絶対的支持を持っているから小澤が遣られることは自分や子供たちが遣られることと自覚している国民がいたことが大きい。

 誰かの言うように自民党政権が、小澤追い落としのために検察を使い開始し、最高裁も追随し、最後に民主党政権が加担したとしても、自民は落ちぶれ野党で、民主政権は支持基盤を完全に喪失している。笠間検察は、完全に八木嬢の攻撃で、完全に八方塞の状態である。小澤が無罪になっても田代の首を差し出すだけで小澤が許しても自覚ある国民が許さない。竹崎最高裁も今の状態で小澤をかみ殺すことはできない。自分の身の安全を考えできないだけである。遣れば大変なことになる。


16. 2012年4月27日 23:19:51 : UPdFbAR04Q
今回の判決は直前まで有罪だったろう。無罪判決と判決文が余りにも整合性が無い。判決文は間に合わなくて有罪判決用をそのまま使った。最後に共謀は認められないを付けただけ。森ゆうこ議員らの19日に出した検察審査会秘密会の開催要望書が余程効いたのであろう。開催決まれば最高裁と言えども拒否出来ないから。危機一髪だった。秘密会開催は実行すべき努力しなければならない

17. 2012年4月28日 01:27:42 : xDVQ5EfnnS
>09 日高見さま

さて、今回の裁判、あくまでも主犯は秘書3人であり、小沢さんは共謀を問われています。

大善裁判長は確かに虚偽記載は認めています。これは主犯3人の裁判で有罪判決があり、その有罪となった犯罪の共謀容疑という視点にたっているのではないかと思います。

秘書の行為が虚偽記載にあたると認めたものの、小沢さんは犯罪性を認識していない可能性があるというのが共謀が認められない根拠となっています。さらに石川秘書についても、推認で賄賂性を断定する事無く、大金が動く事により下種の勘繰りが入らないようにという配慮をその動機としています。

これは、形式犯として犯罪性を認めているのであり、他の裁判にであるから明言しないものの石川秘書の行為に関しても犯罪を認識していない可能性があるとも解釈できるからです。

次に秘書3人の上級審で、小沢さんの裁判に出られた証人の方々が同じ証言をしたら、秘書3人の判決に関しても、もしかしたら犯罪性を認識せずに結果として虚偽記載に至ったとして減刑、あるいはもっと良い判決に持っていくための判例として利用できるとも思えるのです。

裁判所の良心が続いていたらの話ですけど

いかがでしょうか?


18. 2012年4月28日 13:44:28 : lvqB4ekJ6k
検察審査会に関する様々な疑惑は結審後に週刊誌情報を基に浮上したものであり、今回の大善判決には影響を与えていません。

>16さんの指摘は頷けるものがある。

最高裁事務総局や検察庁そして野田官邸周辺は 有罪にする、出来るとの思惑は判決数日前まであったのではないか。
それが崩れたのはなぜか。 一週間前になって検察庁が田代検事不起訴処分方針をリークした。
小沢支持国民はこれは何事ぞと反発した。有罪もあり得ると警戒した。

当ネットでも有名な八木女史らの市民団体は検察の挑発に応えて、特捜検事らを纏めて偽計業務妨害罪等で告発した。
小沢支持グループ国会議員団は 検察審査会を巡る疑惑解明の実態調査のため国会の衆参法務委員会秘密会の開催を要請した。
江川女史らジャーナリスト有志らは法務大臣や検事総長へ田代検事の虚偽捜査報告書作成について、混同ではなく意図的に行なわれたものではないか等疑惑を調査し国民へ説明するように要請した。

元外交官の天木氏の言葉のように、このような政治裁判に大善ら裁判官だけで判決が出せるものでないとするならば、やはり最高裁事務総局の最終判断として、検察審査会疑惑や特捜検事らの権力犯罪疑惑への追及が拡大することを恐れたからではないか。

判決では 検察捜査を非難しながらも起訴議決は有効とし、「天の声」や「水谷裏金」は消え失せさせたが、秘書らの虚偽記載も認定した。
だが、もしこれらを被告弁護団の主張するように、起訴議決無効や虚偽記載無しと認定すれば、どうなるだろうか。 裁判自体成立しなくなる。

論告求刑で検察官役は公訴棄却はしないでと、無罪ならやむを得ないが、と検察審査会議決無効の判断を牽制した。

欧米ではあれだけの検察の虚偽捜査報告書が出てくれば、当然として裁判は打ち切りだと言われる。 しかし 公訴棄却はしなかった。
やはり、大善裁判長らは 最高裁事務総局に逆らって将来がないのであり、特捜検事は指弾しても、自らの人事予算権を持つ最高裁事務総局には逆らうことは出来ないのだろう。

小沢氏は被告人最終陳述において、裁判の打ち切りを主張しながらも、何らかの理由でそれが出来ない場合でも、私は 絶対に共謀はしていないと強調した。

そう、何らかの理由でとは、公訴棄却はしない出来ないと見越していたのだろう。

被告弁護団も 起訴無効や虚偽記載無しと認定はできないだろうと、そうすれば裁判自体が成り立たなくなるからと、見越していただろうと思う。


19. 2012年4月28日 17:00:31 : dpp0eXCVak
02( rwSKXZTEq6)よ!ご苦労さん(笑)
「小沢は大嘘吐きであると認定された 」
いやはや!
秘書さん3人の判決は決まっていないって知ってましたか?
控訴しているんですが。
ってことは3人はまだ推定無罪!

3人の控訴審が無罪だったら大善が発した言葉も泡と消える(笑)
ってことは
「石川や池田から報告を受け、了承していたと認定することができ無くなる」
に変わる。
次は3人の無罪を取ることです!

特捜部の悪事!
最高裁事務総局の裏金!
マスゴミ潰し!
検察審査会の会議録の開示と審査員の公開!
小沢氏への申立人の追及!
今後益々強力の押し進めていかなくてはいけません!
阿修羅の皆様は分かっているでしょう。


20. 2012年4月29日 00:42:19 : EHZeiNaREC
いたるところで、カーチスがCIAのエージェントであることを、ネット拡散して下ださい。

奴の悪行はわれわれ、日本国民対する、テロ行為である。

正義の仮面をかぶった、このCIAは、まもなく、アメリカ本国へ、こそこそと逃げかえるでしょう。

ジェラルド・カーチスはCIAエージェントを拡散しましょう!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧