★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129 > 710.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢氏の検察審査会に出された虚偽記載の捜査報告書がネット上に公開された。捜査報告書の実態が明らかに (かっちの言い分) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/710.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 05 日 00:03:42: igsppGRN/E9PQ
 

小沢氏の検察審査会に出された虚偽記載の捜査報告書がネット上に公開された。捜査報告書の実態が明らかに
http://31634308.at.webry.info/201205/article_4.html
2012/05/04 22:20 かっちの言い分 


阿修羅の掲示版に八木氏の以下の記事が紹介された。

以前、中国船の領海侵犯の映像がリークされた時以上の、衝撃的なものであった。

大暴露:とんでもないものが届きました (八木啓代のひとりごと) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo129/msg/661.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 03 日 11:32:50: igsppGRN/E9PQ

『八木啓代のひとりごと』
http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-635.html

この情報の元がロシアのサイトからというのも意味深であるが、この情報は誰でもダウンロード出来る。この情報の信ぴょう性が問題であるが、4通の報告書の4通目は小沢氏の供述の詳細が書かれており、特に4億円の出所の詳細な話は創作するにしても作れるものではない。全てに検事の自筆署名がなされている。検察関係者が見れば、すぐ嘘かどうかが分かる。すぐ嘘とわかるようなものは出さないだろう。 ここでは、これが本物であるとして話を進める。

一旦ネット社会に流れたら、最早秘密性は無くなり、一般の公開情報となる。日本のサイトからだと、直ぐに国家権力で削除されているだろう。しかし、ロシア主権下にあるサイトの情報を特定して情報を削除するのは、国家間交渉に発展する。この情報を八木氏に知らせた人物もそれを考慮してロシアに置いたと思われる。日本とツーカーの米国のサイトなら一発で削除されていただろう。こうなったら国家権力がいくら秘守しようとしても、秘密でも何でもなくなる。

この報告書は、1通目は田代検事が佐久間特捜部長に宛てた報告書で、後3通は木村匡良検事が斉藤隆博副特捜部長に宛てた報告書である。全て自筆署名され押印されている。各ページは、登記書、契約書と同じように割り印している。2通作られていると思われる。

報道では、検察審査会に提出された検察捜査報告書は、田代検事のものの他に複数あるとされている。また先日、TBSが検察審査会の元審査員X氏へインタビューしたとき、その報告書を映した映像も出ていたが、国民には知らせずに、ある所には流れているらしい。しかし、この資料が報道機関にあるのなら、報道機関は何で黙っていられるのか。ジャーナリズムの精神から言って、こんな不正を見て見ぬふりは出来ないはずである。もう大手マスコミは、犯罪に加担していると言わざるを得ない。

これを読むと八木氏のブログにも書かれているように、明らかに小沢氏が疑わしいことが、執拗に書かれている。以下は木村検事が平成22年4月22日に斉藤副特捜部長に出した報告書のほんの一部分である。マスコミ報道にあるように、検察審査会で強調したい部分には下線が引かれていることがわかる。


「私は,先ほどお話しした定期預金担保貸付を受けることと,深沢八丁目の土地の所有権移転の本登記を翌年に回すことについて,小沢先生の了解を得たことにより,それらを睦山会の平成16年分の収支報告書に記載しないことについても了解を得たものと思っていました。」との供述部分は, 平成16年10月下旬の時点で,小沢及び石川の間で,本件4億円を原資としてこの時期に陸山会が本件土地を購入した事実を隠すため、陸山会の平成16年分の収支報告書に本件4億円の収入と本件土地購入費用の支出を記載しないことについて意思を通じたことを直接的に証明する積極証拠であり、小沢先生に対し,『石川,小沢の共謀が認定できるかは、供述の信用性の判断に.よるものと考えられる。

5.状況証拠(3)の「小沢が多額の資金を有していると周囲に疑われ,マスコミ等に騒がれないための手段と推測される」との指摘は,小沢が本件4億円の出所についておよそ合理的な説明をしようとしない事実と合わせ,小沢に本件4億円を隠蔽する動機が存在することを示す事実であり,小沢の共謀を椎認する積極証拠となり得るものである。

6.状況証拠(2)の本件土地購入の時期を偽装する工作の執勧さは,これに直接関与した大久保や石川に平成16年に本件土地を購入した事実を隠さなければならない強い動機があったことを推認させる事実であり,同(4)の政治家小沢とその秘書であった石川,池田らの主従関係から,石川・池田が小沢に無断でこのような隠蔽工作を行う必要も理由もないという事実とともに,石川供述の信用性を高めるものである。」


上記は、ほんの一部である。これを全くの素人が見れば、小沢は真っ黒となってしまう。況や、検察審査会事務局が小沢氏嫌いな若者たちを選べば、200%小沢強制起訴となってしまう。

今日の朝日新聞に以下の記事が出てきた。正に、上記に挙げた情報がネット上に公開されたからではないかと考えている。元特捜部長とは佐久間部長のことである。「虚偽と知らず提出」と、もうアリバイ作りである。虚偽という犯罪もさることながら、報告書の論調が問題である。特捜部がなぜ2度も小沢氏を起訴出来なかったかの説明は一切報告書には書かれていない。そこが最も問題でなのである。そこが書かれていない捜査報告書を読まされた審査員は強制起訴以外の議決はあり得ない。


報告書「虚偽と知らず提出」 陸山会事件で元特捜部長ら
http://www.asahi.com/national/update/0504/TKY201205030598.html

石川知裕衆院議員を取り調べた東京地検特捜部の検事が虚偽の捜査報告書を作成した問題で、佐久間達哉・元特捜部長(55)ら当時の特捜部の幹部が検察当局の調べに対し、「事実と異なる内容が記載されているとは知らないまま、検察審査会に提出した」と説明していることがわかった。

審査会にこの報告書を提出した理由については、「特捜部の捜査結果をわかりやすく説明するためだった」という趣旨の説明をしているという。捜査報告書を作成したのは、田代政弘検事(45)=現・法務総合研究所教官。民主党の小沢一郎元代表について検察審査会が「起訴相当」と議決したのを受けた再捜査で、小沢氏の秘書だった石川議員を2010年5月17日に取り調べた。

田代検事は、「検事から『11万人の選挙民の支持で議員になったのに、うそをつけば選挙民を裏切ることになる』と言われたのが効いた」と石川議員が語った――などの実際にはなかったやりとりを記載した佐久間元部長あての捜査報告書を作成。報告書は、検察審査会による2度目の審査に提出され、小沢氏の強制起訴を決める材料になった。関係者によると、佐久間元部長をはじめ当時の特捜部幹部は検察当局の調べに対し、いずれも「事実と異なる内容の捜査報告書だとは知らなかった」と説明。審査会に報告書を提出したのは、審査員を務める市民に対してわかりやすく説明するためだった、などと話しているという。

田代検事は検察当局に対し、「10年1〜2月の逮捕時に石川議員が話したことなどと、記憶が混同した」との説明を変えていない一方、「報告書が実際に審査会に提出されるとは思わなかった」とも述べているという。捜査報告書の扱いをめぐって、佐久間元部長らと田代検事との間に認識のずれがある格好だ。

小沢氏を無罪とした4月26日の東京地裁判決は、小沢氏の強制起訴を決めた手続きの有効性は認めたものの、「事実に反する捜査報告書で検察審査会の判断を誤らせることは許されない」として検察当局に十分な調査をするよう求めた。田代検事については虚偽有印公文書作成・同行使や偽証、佐久間元部長ら上司については審査会の業務を妨害したとする偽計業務妨害の容疑で、市民団体から告発されている。法務・検察当局は、いずれも不起訴処分としたうえで、人事上の処分をする方向で検討しているが、小沢氏の判決の指摘も踏まえ、最終的な処分を決めるとみられる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月05日 02:01:50 : CqLAfJCz8g

東京地裁判決は「黒に近い灰色」に主点が置かれているようにみえる。

つまり国会とマスコミにボールを投げ返したのだ。最高裁と検察、マスコミ政治部らで事前に周到に計画されたのだろう。判決直後から、まるで申し合わせたように
「黒に近い灰色」報道が展開され、ヤメ検や政治部長が各局番組に一斉に配置された。まるで戦場での戦闘要員配置を彷彿とさせる。

さらに「黒に近い灰色」判決文は指定弁護士に対しても、控訴しやすい環境を与えているのだ。上告で有罪の可能性なくても、容疑者として小沢を隔離できることに
重きが置かれている。無罪のヌカ喜びから一転告訴となれば、小沢の精神的負担は
倍加する。健康へも影響するだろう。「無罪」に喜んでいる場合じゃない、もっと悪質な陰謀が隠されている。検察ばかりか最高裁まで犯罪組織であることが明らかになる中で、なりふり構わぬ小沢抹殺が決行される危険がたかまっている。



02. 2012年5月05日 05:38:19 : t9M2KfINao
今さら何だが、

特捜検察というのは相当の阿呆ではないのか。なまじ大きな権力を与えられて完全に狂った組織になっていたのだろう。存在価値はマイナスにすぎない。


03. 2012年5月05日 08:24:28 : xACUETY2aQ
 おーい、朝日よ。もう検察立ち直りの露払いをやろうってのか。

>「関係者によると、佐久間元部長をはじめ当時の特捜部幹部は検察当局の調べに対し、いずれも「事実と異なる内容の捜査報告書だとは知らなかった」と説明。」

 なんて、そもそもおかしいだろ? 自分たちが延々と調べたことなんだから、捜査報告書のおかしさなどパッと見でわかるだろうに。下手な嘘をつくなよ。
 そして、それをそのまま垂れ流す朝日新聞。いい加減にせいよ。


04. 2012年5月05日 11:07:10 : dApGl4rfPA
事実(取調べ)と異なる内容の捜査報告書だとは知らなかった

って幹部は監督責任不行き届きで全員処分対象でしょう。
報告書を検察審査会に提出した責任者は刑事罰ものだと思います。
報告書を作成した田代検事は最低でも公印紙文書偽造犯です。
ただあれだけ連日テレビ報道される捜査をしていた関係者の発言としては
全く信用できませんが。


05. 2012年5月05日 15:16:17 : ZrMDpsyito
笠間検事総長さん
退任前に、佐久間、斉藤、田代ら検察内部の塵を掃除していってちょうだい。

06. 2012年5月05日 19:56:39 : 52vR2j5s7g
絶対に起訴すべきは検察の幹部たち。世論が監視しています。

07. 2012年5月05日 21:30:45 : pYeLqEnlAM
小沢氏の検察審査会に出された虚偽記載の捜査報告書がネット上に公開された。
これにより、小沢裁判の上告はなくなった。
こんな出鱈目の上で上告は考えられない。

更に、田代達の起訴も確定的となった。
まさか、こんな状態での不起訴は、検察の建前から無理でしょう。

怖いね、ネット社会は・・・


08. 2012年5月05日 23:09:05 : rhIIs0qcRk
佐久間は正直に悪事を認めろよ。少しは罪が軽くなるかもわからんぞ。捏造報告書のアンダーラインは今更、言い訳しても逃げるのは不可能だ。陰謀の全容が明らかになるのが近づいてきた。

09. 2012年5月06日 10:45:05 : sccEcWFCTo
笠間様
退任前にせめて今後の日本立て直しのための基礎部分だけでも宜しくお願いします。

10. 2012年5月06日 11:01:07 : GIvSzWlmIT
大衆向けに、「捏造」の限りを尽くしてきた連中に天誅が下った。

ま、考えてみれば、幼稚な捏造を繰り返してきたんだ、連中は。

頭がカタイんだよ、連中は!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK129掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧