★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 162.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小沢君、水沢へ帰りたまえ」と言える日は来るのか? そのための処方箋 (世相を斬る あいば達也) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/162.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 13 日 05:07:48: igsppGRN/E9PQ
 

「小沢君、水沢へ帰りたまえ」と言える日は来るのか? そのための処方箋
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/02cd602668adde19b4f3689a2252b06e
2012年05月13日 世相を斬る あいば達也


 日刊ゲンダイの代表選候補として“小沢グループが用意する隠し玉”と云う記事がネット上で議論を呼んでいる。内容自体は推測の域を出ないものなのだが、指定弁護士の、極めて政治的判断による控訴と云う暴挙により、日本の政治的混乱に拍車が掛かったようだ。

 筆者の立ち位置は、検察のたび重なる強制捜査、秘書逮捕などの暴走と虚偽報告書の作成で素人を誤誘導した事実を踏まえた上で、たかだか素人集団・検察審査会の二度議決による強制起訴であり(取り敢えず裁判所でも考えてみて)、尚且つ一審判決が無罪なのだから、現状、被告人と云うより、裁判で勝利した小沢一郎と云う政治家として認識している。控訴はいわれなき難癖程度のものである。

 ただ、小沢贔屓の日刊ゲンダイが、以下のような記事を書かざるを得ない現実が存在することも認識はしている。先ずは、多くの方が目を通しているだろうが、日刊ゲンダイの弱気の記事を通読して貰おう。

≪ 意気消沈のはずが…96人が結集 小沢グループが用意する隠し玉
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-5745.html
 復権に秘策アリ
 小沢一郎が控訴されたことで、大手メディアは「代表選出馬 困難に」「険しい復権の道」と、小沢が苦境に陥ったと一斉に報じている。「小沢元代表はもう終わりだ」と報じた大新聞まであるほどだ。 しかし、このまま小沢一郎が政治生命を失い、小沢グループが消滅すると考えたら大間違いだ。小沢グループは控訴を前提にすでに次の一手を打ち始めているという。     「きのう(10日)開かれた小沢一郎の勉強会『新政研』に、96人も集まったのには仰天しました。小沢本人が風邪で欠席したうえ、控訴が決まった翌日だから、人数も少なく、意気消沈しているだろうと想像したのに、人数はいつも通りだし熱気もある。メディアは『結束に不安』と報じていましたが、まったく違います」(民主党事情通)
  再び刑事被告人となったことで、小沢が9月の代表選に出馬しづらくなったことは間違いない。しかし、小沢周辺はそれほど落胆していないという。
  「小沢総理がベストなのは確かですが、小沢周辺は、消費税アップに血道を上げる野田首相を辞任させ、自分たちが主導権を握れる人物を首相に担げるならそれで構わないと考えているようです。すでに“隠し玉”として3人用意しているといいます。ひとりはあっと驚く政治家。なんと『反小沢』の中心人物です。4月から水面下で接触している。次の総選挙では野党に転落するのは確実なだけに、民主党議員が総理を狙うなら、『ポスト野田』のワンチャンスしかない。それで 『反小沢』の議員も、小沢グループに近づいている。9月の代表選を考えたら、『消費税アップより景気優先』を掲げ、小沢グループ100人を味方につけた方が得策ですからね」(政界関係者)
 ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。
  「小沢さんは、裁判がどうなろうと、政治行動は変えないと腹を固めています。だから、小沢グループのコアメンバーも、控訴されても動揺が小さい。自分たちがやるべきことは決まっていると確信している。結束は簡単には崩れないのではないか」
 「小沢嫌い」の大新聞テレビは、小沢の凋落を期待しているようだが、逆に党内多数派を形成する可能性まで出ているのだ。 ≫(日刊ゲンダイ:「日々担々」資料ブログより借用)

 筆者は拙コラムで「政治活動を縛りたい一心の控訴 小沢は意に介さず内閣総理大臣を勝ち取るべし!」と主張しているので微動だもしないが、世間の空気は必ずしも同調的だとは思っていない。当然、マスメディアがあれだけ元特捜検事である弁護士などをコメンテータに起用し、捻じ曲げた法解釈を加え、同席者がウンウンと肯けば、法解釈等と無縁の国民の多くが、そのテレビ・シーンに同調の気持を持つのはやむを得ない事である。だから、テレビ局が悪いのだと罵っても、現に合法的にその番組を制作している以上、詮方ないわけである。

 プロパガンダと云うものは、政治であれ社会問題であれ、政府(霞が関組織)に同調的であり、妥協的ものである。故に、大新聞、テレビキー局はプロパガンダとして機能する事が、現在の法整備においては自然の成り行きでもある。この新聞・放送分野への改革も視野に入れていたのが、政権交代時の小沢・鳩山ラインであったが、検察の国策的捜査手法により、悉く頓挫させられたのが現状だ。

 現状認識ばかりしていて、どうするつもりだ!それを打破するのが、最低限の民主主義の構築ではないのか!このようなお叱りの言葉が飛んできそうだが、現状の認識を疎かにすることは、再びドジを踏む結果でもある。シビア過ぎる程の現状認識と、それを改革してゆく理念、改革の行程表。見える敵、見えない敵への対応戦略等々、気の遠くなるような、骨太さと、繊細緻密さが、同時並行的に求められていると云うのが現実だ。国内の既得権益勢力、米国と云う支配者面を放棄しない同盟マフィアらとの闘いなのだから、並大抵ではない。戦後の日本を支配してきた米国・霞が関を頂点とする大掛かりな組織構造は、一定の国民までをも末端組織人として組み込むと云う、壮大な社会システムなのだ。このアンシャン・レジームのパワーは衰えたと雖も侮れない。

 この老いた巨大マンモスが、起死回生の蘇生を試みているのが、現在の日本を取巻く、政治経済・外交・防衛・司法の世界なのだろう。この戦後のアンシャン・レジームの中には、戦前からの日本統治機構の要素も混入されているので、思わぬところで足を掬われる。既得権益と云う麻薬の副作用は、個人や所属する組織の利益防衛のためなら、罠も陰謀も捏造もすべて許される論理で、ことが進んでゆく。おそらく、50年、100年単位で傍観する腹を決めれば、意外にあっさりと、このアンシャン・レジームは崩壊するだろう。しかし、それでは現在生きている国民すべてが負の政治的影響を受けるわけで、あまりにも不条理、不合理な結果となる。

 それを避ける方法を、筆者は一つの肌感覚としてしか持ちえない。必ずしも、筆者の考えが論理的だとも思っていない。多くの問題を解決しようとする時、案外人間とは、その人間が持つ“勘”と思考経路から導かれるものである。日刊ゲンダイの記事の意図は定かではないが、推測飛ばし記事的臭いはする。弱気のような態勢で、ブラフをぶつけ、反小沢陣営の疑心暗鬼を誘う魂胆かもしれない。おそらく、反小沢陣営の陣形を揺さぶるのであれば、仙谷は問題外だが前原を担ぎ出すと云う噂話は、前原の心を掻き毟るに違いない(笑)。

 野田佳彦を担いだ後になって、前原が出ると叫び出した結果、仙谷は野田を裏切ることになったのである。マスメディアは、この前原、仙谷を持ち上げ便利に小沢に対抗する勢力として重用しているが、現実には輿石幹事長の下部組織政調の会長と会長代行に押し込められているのである。本音としては、小沢も憎いが、野田も憎いと云うねじくれた心理状態にいるのはたしかだ。どちらにもつきたくないが、野田、小沢を無視して自派閥だけで秋の代表選を戦うのは完璧に無理になっている。野田につくことは、イコール野田代表続投と云うことなので、前原の代表復帰はなくなる。仮に、小沢一郎が前原を推薦すると、俄然当選圏内が見えてくる。

 消費増税法案の行方は、継続審議が未だに有力だと思うが、茂木や野田毅らの発言を聞いていると、“解散なしの消費増税法案成立”と云う目も見えてくる。この場合、秋の代表選、総裁選で勝ち目のない野田、谷垣が6月にも大連立を組む、大政局も視界に入ってくる。このような大連立を党内で纏めきる能力は野田の場合は可能性ゼロだろう。谷垣の場合、そもそもが野党なので、与党のうま味が味わえるなら、党内をまとめる可能性は残されている。おそらく、小沢一郎も輿石幹事長も前原も大連立など大反対でまとまらない。野田が与党でも野党でもない、宙ぶらりん総理となり、クラッシュした内閣が一瞬誕生するかもしれないが、民主党から除籍処分を受けるかもしれない(笑)。

 つまり、大連立は財務省の妄想なのだろうが、野田も谷垣も都合の良い話なので、心は揺さぶられている。野田が、正攻法で消費増税法案を衆議院で通過させる方法は、小沢に対し、実質増税凍結に近い妥協案を出さない限り、衆議院だけでも通過させ、政治生命を掛けたパフォーマンスをすることさえ出来ない。逆に、野田が小沢に大幅妥協をした上で、消費増税法案衆議院通過は、野田の引退の花道と云うことになる。

 万が一に、自民党との連立が成り立ち、消費増税が通過したとしても、或いは小沢への大妥協で、名目的法案成立に辿りついたとしても、民主が野党に転落する事は、ほぼ確実である。そうなると、次の民主党秋の代表選は、民主党最後の内閣総理大臣選択の選挙となる。そう云うことが確実なだけに、前原はどんな条件でも、小沢グループの支持を取りつけようと米つきバッタでも、何もかも小沢の云う通りの内閣作りますと言わざるを得ない。仙谷も不承不承だが前原の考えを尊重するだろう。

 こんな馬鹿げた民主党内の権力闘争は以上申し上げた通り、あり得ないシナリオではないのだ。秋の代表選は与党民主党最後の代表選かもしれないのだから。大義名分は「党内融和・09年マニュフェスト回帰」である(笑)。このような政治が一歩も進まなくならない為には、小沢一郎が政治生命をかけ、斜に構えるスタイルを捨て、内閣総理大臣の椅子を力づくで取りに行くことが肝要なのである。小沢一郎が内閣総理大臣を勝ち取っても、そう簡単にことは進まないだろう。その時、先ずは「行財政改革」の徹底に着手することが最重要課題だ。

 当然それ以外の喫緊の課題もあるが、政治闘争マターとしては、「行財政改革」だ。この問題を通し“政治家VS官僚”と云う構図を国民に全面開示する事である。この対立的構図を国民に示し、財務省、法務省、外務省、防衛省などのダマシの歴史をウィキリークス顔負けの情報開示で、政治主導のなんたるかを、日本の戦後政治史に残すことが、小沢一郎の天命である。その後、後継者が育つかどうかは不明だが、マスメディアが報じた政治経済外交防衛司法の話が、霞が関プロパガンダ報道に過ぎなかった事実を、晒すことである。真実をありのままに語る政治が始まらないと、日本に民主主義は永遠に根付かないだろう。その時、筆者ははじめて、江藤淳の「小沢君、水沢へ帰りたまえ」と云う珠玉の言葉を進呈しよう。少々上から目線のように思えるが、コラムであり勘弁願おう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年5月13日 06:01:42 : ZtjAE5Qu8buIw : np1eC180Aw
『小沢を岩手に返してもらてもいいのかね?』
と、日本全国民に、俺は逆に問いかけたいが?

02. 2012年5月13日 06:16:20 : mnz4z4MMCQ
民主党のガイ国人会議員が大活躍なのですか?
別記事のコメントにそうあります。日本人国会議員は、日本の国会を明け渡して、どこに行ったのか、いないのか、「何しているの」と思います。

03. 2012年5月13日 06:43:56 : sJ5avUNHP6
≪民主党のガイ国人会議員が大活躍なのですか?≫
民主党議員に外国人が紛れていたら、犯罪だね。
mnz4z4MMCQ さん、即刻検察に通報してください!
罪人が居るのを知っていて、見逃すのものは国賊ですぞ!
時には犯人隠避罪に問われます、月曜日に地検特捜部に出頭、
告訴状を出しましょう。
あぁ、国籍が日本であれば、日本人ですよ。
民主党の前に
自民党の大人気モノ、小泉さん自体韓国のクウォータ―でしょう?
在特会の面々にも多いそうではありませんか?
自民党にも結構いるでしょう?
全部、告訴してください

04. 2012年5月13日 07:13:36 : KbjUzFqPyw
逆説的すぎ疲れる文章だった。もっと簡単に書けないのか?

皮肉が過ぎる。帰って誤解を生む。江藤淳を読んでいない人も私を含め多い。

文学遊びに使える金の無い庶民も消費増税は真剣に反対なのです。

死活問題です。


05. 2012年5月13日 07:40:46 : sJ5avUNHP6
そうだそうだ、簡潔にテレビのコメンテータみたいに書くのが良い
バカでもチョンでも分かるのが良い
限りなく黒に近い灰色とかさワラ
市民目線が大切だとか
世論調査が民意だとか
みのもんた風が短絡的で分かりやすいワラ
結局、これだけ複雑怪奇になると
あいば程度の逆説くらい理解せんとな〜
哲学書など読めまへんで〜

06. JohnMung 2012年5月13日 08:29:34 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2

03. 2012年5月13日 06:43:56 : sJ5avUNHP6
05. 2012年5月13日 07:40:46 : sJ5avUNHP6
   ↑
 おやおや! またまたおふだけですか?
 朝っぱらから、どなたがパスワードを変えて、お出ましですか

 >民主党議員に外国人が紛れていたら、犯罪だね
 >小泉さん自体韓国のクウォータ―でしょう
 やはり、貴様は民族差別主義の「在特会」に通じているようだな!
 ハーフであろうとクウォーターであろうと、日本国籍を有しているから小泉も息子も国会議員になれたのではないか。
 支離滅裂なことを書き立て、ネット初心者を意図的にミスリードしようとする魂胆が現れているではないか。こういうのを「頭隠して尻隠さず」の類。
 The foolish ostrich buries his hand in the sand and thinks he is not seen.
 最後にもう一言。貴様の用語や文体からも正体の一端はバレバレなんだよ。早よ2chに戻って、同類と喚き合い、自己を慰めながら、この休日を過ごしなはれ。


07. JohnMung 2012年5月13日 09:20:16 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2

あいば達也氏へ

 あちこちに、首をかしげざるを得ない表現があり、また、持って回ったというか、逆説的というか、「コラム」に相応しくない、長たらしくて、とにかく疲れた〜!

>小沢贔屓の日刊ゲンダイ
>日刊ゲンダイの弱気の記事を通読して貰おう。
   ↑
 「小沢贔屓の日刊ゲンダイ」とは、大メディアと追随するメディアも日刊ゲンダイ等もどっちもどっちとみられているようだね。あいば氏にかかると、事実をそのままに報道し、現行法に照らして素直に(見えたままに)論評すると「小沢贔屓」になるようだ。驚いたにゃ〜!

>すでに“隠し玉”として3人用意しているといいます。ひとりはあっと驚く政治家。なんと『反小沢』の中心人物です。
   ↑
 こんなことはどうでもいいこと。大メディア等は買って貰いたい、観て貰いたいから、もっと大事なことには触れずに、末節のことに拘りたいだろうがね。
国民意識の多様化の中で「国民生活が第一、国民との約束が第一義」という基本的政治理念を根底に置けば、大メディア等が騒ぎ立てるように揺らぐこともない。小沢氏はご自身が「総理大臣になりたい、ならねばならない」なんて思っていないだろう。でも、私らは「なりたい人よりも、ならせたい人」にやって欲しいとの思いはあるよ。

>筆者は拙コラムで「政治活動を縛りたい一心の控訴 小沢は意に介さず内閣総理大臣を勝ち取るべし!」と主張しているので微動だもしないが、世間の空気は必ずしも同調的だとは思っていない。 ― 中略 ― だから、テレビ局が悪いのだと罵っても、現に合法的にその番組を制作している以上、詮方ないわけである。
   ↑
 「現に合法的にその番組を制作している以上、詮方ない・・・」ってどういうこと!?
 「やらせ」も「捻じ曲げた法解釈を加え」等々も合法的なのだ。それが、政治謀略に加担し、人権蹂躙になっても合法的なのだ。あーあー驚いた。ウクレレ漫談の類だにゃ〜!

 この後にも、いろいろ触れたいことがあるが、用事で出かけなければならないので、最後に一言。

>(「たられば」付きで)江藤淳の「小沢君、水沢へ帰りたまえ」と云う珠玉の言葉を進呈しよう。
   ↑
 小沢氏に、あいば氏は江藤淳の言葉を届けたらどうだろう。小沢氏がどう答えるかを直接聞いてみたら。私らはおよそのことは推察できるよ。アンカー01>の日高見連邦共和国さんが問いかけていることを大メディアが振りまいた虚像や妄想を拝して、よーく考えたら、見えてくるよ。
 非礼を省みず敢えて言うが、しっかりしてよ! 私らは素直に、あいば氏に期待するところ大なのだから。


08. 2012年5月13日 13:10:28 : l2wLeeJmIs
「真実を晒せば洗脳が解かれ、覚醒する。」
と言いたいのでしょうが、
まあ、全てが明らかになることは歴史的に見てありえない。
しかも、洗脳されていたい人のなんと多いことか!

よってこのコラムも妄想の域を出ない。
その先の未来を夢見ているようですが、
現状では「小沢君、水沢へ帰りたまえ」の言葉は
ケンカの売り言葉にしか響かない。

そこを理解した方が良い。


09. 2012年5月13日 14:45:24 : pphEUA8yso
小沢先生はまだ69歳、後10年は政界を牽引して戴きたい。失われた20年を清算し、真の民主国家実現に向かって。それには、我々が小沢先生を支えるが必須。

10. 2012年5月13日 15:26:02 : lFtrGPhedw
本人は代表選に出る気だろう。だからこそどんな抵抗があってもやり遂げると言っている。
亀井氏や河村市長が言うように一審無罪なのだから無罪
亀井氏はひるむ必要は全くないと言っている

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧