★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 190.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今こそ裁判所が信頼を回復するため、小沢氏の控訴を棄却しなければならない。(かっちの言い分) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/190.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 14 日 10:35:30: igsppGRN/E9PQ
 

今こそ裁判所が信頼を回復するため、小沢氏の控訴を棄却しなければならない。
http://31634308.at.webry.info/201205/article_13.html
2012/05/14 10:11 かっちの言い分


今日は以前から記事にしたいと思っていた東京新聞・中日新聞論説副主幹である長谷川幸洋氏の.「.「ニュースの深層」を題材に意見を述べたい。

東京新聞と中日新聞の社説が全く同じことがある。普通、新聞社が違えば社説も違う。全く同じということに疑問を持っていたが、論調から見て東京新聞と中日新聞の論説副主幹を兼ねているからと勝手に推測している。

長谷川氏は「ニュースの深層」の中で以下の記事を書いている。

『小沢控訴は野田政権には追い風。増税の可能性は強まり、解散は遠のいたとみる』
2012年05月11日(金)長谷川 幸洋
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32522

この記事の論調を読むと、東京新聞、中日新聞が同じ日に以下の社説の著者は長谷川氏のように読める。少なくとも主体的に関わっていたと思われる。

東京新聞社説:小沢元代表控訴 一審尊重へ制度改正を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012051002000116.html

上記の社説の内容は、以下の記事の内容とダブる。


政治資金規正法違反の罪で強制起訴された民主党の小沢一郎元代表を無罪にした東京地裁判決に対して、検察官役の指定弁護士が控訴した。この後、政局はどう動くのか。
 控訴についての見方を先に明らかにしておきたい。私は、この控訴がどうも納得できないのだ。
 小沢は国民から選ばれた検察審査会が「起訴すべきだ」と議決したのを受けて、指定弁護士が強制起訴した。起訴を決めた「主役」は検審であって、指定弁護士はいわば検審の「代理人」である。
 小沢は一審の裁判で無罪となった。起訴を決めた検察審査会が無罪判決を不服として「控訴すべきだ」というなら、まだ分かる。しかし、検審の代理人にすぎない指定弁護士が、主役の検審をさしおいて、どうして控訴できるのか。
 検審制度は検察官が不起訴と判断した場合について、素人である国民の目で再チェックさせようという趣旨であるはずだ。強制起訴を決めた東京第5検察審査会の議決要旨(2010年9月)も「国民の責任において、公正な刑事裁判の法廷で黒白をつけようとする制度であると考えられる」と述べている。
 そんな制度の趣旨から考えれば、無罪判決から控訴に至るプロセスで、もう一度「国民の目」が入っているなら理解できるが、いきなり代理人が主役にとって代わって決めてしまうのは乱暴ではないか。
 普通の裁判だって検察が控訴するときは、高検や最高検の上級庁に相談する。それを、今回は3人の指定弁護士だけで決めている。主役の国民はどこかに消えてしまった。
 こう言うと「もう一度、検審を開いて意見を聞いていたら、控訴期間が過ぎてしまう」とか「3審制や法にのっとった正当な手続き」とか異論が出そうだ。私は法律の素人なので、法制度の詳しい中身とか技術的問題についてはよく分からない。
 ここで言いたいのは、そんな細かい技術の話ではない。主役の国民をさておいて代理人たる指定弁護士が控訴するという事態が、そもそも「国民の目でチェックする」という根本の制度の趣旨に沿っていないのでないか、という点である。致命的な制度の欠陥ではないかと思う。
 中には「悪法も法だから、これでいいんだ」という立場もあるかもしれない。私はそう思わない。正統性に疑問がある制度に悪のりして、一審で無罪判決が出た人を簡単に控訴すべきではない、と考える。
 それでなくても、今回の小沢裁判では検察官によるデタラメ調書が暴露された。これこそ、とんでもない話だ。政治資金報告書に期ずれがあったどころの話ではない。もっと重大な問題になんら決着がついていないのに、控訴とあっては裁判自体がデタラメという印象が広がりかねない。「暗黒裁判」という言葉さえ脳裏に浮かぶ。
 以上の趣旨は昨夜のツイッターでもつぶやいた。しっかり記事にしたほうがいいと思ったので、ここに書いた。言うまでもなく、私に小沢を擁護する意図はさらさらない。


上記で、長谷川氏は小沢氏を擁護する意図はさらさらないとは言いながら、検審制度が悪法の状態で、指定弁護士が「悪乗りして」控訴を『無罪判決から控訴に至るプロセスで、もう一度「国民の目」が入っているなら理解できるが、いきなり代理人が主役にとって代わって決めてしまうのは乱暴ではないか。』と述べている。

本来「国民の目」で強制起訴したものを、どういう経緯で選ばれたかもわからない代理人である指定弁護士が検事役になり、その裁判で敗訴したもので、記事書かれているように、もう一度、裁判の結果を受け、正常な新たな検審において、裁判の記録を見ながら、もう一度起訴すべきというのなら、仕方がないかもしれない。

しかし、敗訴した指定弁護士、三人だけの意志によりまた控訴するというのは、正に東京新聞が社説で述べた『小沢元代表控訴 一審尊重へ制度改正を』ということになる。

少なくとも、マスコミの中に正論を唱えてくれるところがあることに救われるが、法の不備を改革するには国会議員が動かなければならない。今、森議員を中心に動いているが、さらに外部にアッピールしなければならない。

今、裁判所自体が国民の信頼を失っている。指定弁護士の控訴理由が理由にもならないことはわかるはずである。

ここで裁判所自体が控訴棄却として、信頼回復すべきである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月14日 10:47:29 : ZYPWvE2RP2
通常控訴する、しないということは依頼人の判断ですね、この場合は強制起訴を決定した検察審査会を同じメンバーで召集し、議決したうえで行うべきで、指定弁護士が勝手に判断するというのは越権行為ではないでしょうか?

もう一度幽霊審査会を招集しなさいよ、事務局さん。


02. 日高見連邦共和国 2012年5月14日 10:49:33 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
控訴の有効性を含めて、様々な賛否両論が渦巻いているが、俺の見解はただひとつ。
どこかでも書いた記憶があるけれど、『油ギッシュ・バーコード禿3人衆』の決断を“是”とする。

法解釈と前例適用に長けた(というよりはしれしか能の無い)法曹界が、万が一にも“法的な瑕疵”を容認する筈もあるまい。
法曹界が全精力を挙げ、検討に検討を加え、どう転んでも自分達に“塁が及ばない”事は確実に確認していると推測する。
(法曹界が自らの安寧を図るために書かれた『無罪判決』なんだから)

もちろん、違法性を問い掛ける作業は絶対必要で、その活動を行う幾多の方々の努力には敬意を表する。
けれど、小沢一郎と俺たち支援者がしなくてはならない事は、これからの日本の為に、本当に成すべき事を峻別し、
その方向性について具体的な政策を煮詰めていく事だ。
(法曹界へ“鉄槌”を下すのは、もう少し先。今は利害一致の部分同盟で良い)

これから数ヶ月の小沢一郎、及び俺たち支持者の発言と行動が全てである。
『信頼を回復する』という言い方自体が気に食わない。
(勝手に罪をでっちあげ、激しいネガティブキャンペーンを実施した結果として小沢一郎の名を貶めたのは誰だ!)

『国民の本当の支持を得るために』ほんとうに大事なこれからの数ヶ月であると、肝に銘じている。


03. 2012年5月14日 13:16:56 : 6lEL0QePhA
 摩訶不思議な「陸山会事件」 - 山口 巌
アゴラ 5月14日(月)10時56分配信

産経新聞が、小沢議員控訴を受け、「政治への弾圧」側近議員らは一斉反発 石川議員「控訴すべきではない」と伝えている。

”小沢一郎被告に近い議員は一斉に反発した。「地検が捜査報告書を捏造(ねつぞう)して強制起訴に持ち込んだ裁判なのに控訴とは…。人権感覚を持つべき弁護士としてあり得ない」こう怒りをぶちまけたのは弁護士資格を持ち、1審の無罪判決を高く評価していた辻恵衆院議員。「政治活動の妨害以外のなにものでもない」と語った。森裕子参院議員も「政治に対する不当な弾圧。判決は無罪なので政治活動を制限するものは何もない」と強気の姿勢を見せた。元秘書の石川知裕衆院議員は「正直驚いている。被告人の立場を継続させる控訴はすべきではない」と不快感を示した。控訴が決まると、東京都世田谷区の自宅周辺には十数人の報道陣が集まった。数人の出入りがあったものの、小沢被告は姿を見せず、ひっそりとしたままだった。”

何やら以前に何度も聞いた事のあるような台詞である。私も含め、大多数の国民はこの記事を読んで、「未だこんな事をやっているのか」とか「何時まで、決められない政治が続くのか?」と感じた事と思う。

それにしても、摩訶不思議なのは何時まで経っても大騒ぎを続け、終わる事のない「陸山会事件」とやらである。

それでは、 「陸山会事件」の本質とは一体何なのかである。ウィキメディアは下記説明している。

”ちなみに、本件の核であった「本来書くべき記載年度が違う」という部分については、小沢一郎本人の裁判で検察被告双方の証人として出廷した弥永真生筑波大教授が「実務上は(05年1月の)登記に合わせるのが原則だ」と述べ、虚偽記入にはあたらないとする小沢被告側の主張を支持している。”

何と、本来書くべき記載年度が違う=政治資金報告書に対する「期ずれ記載」と言う事らしい。更には、弥永真生筑波大教授は期ずれには当たらないと証言している。これでは、ぐちゃぐちゃとしか言い様がない。

それにしても、「期ずれ記載」であるかどうかとか、仮に、「期ずれ記載」であったとして小沢議員が知っていたかどうか、更には、小沢議員に「犯罪」の認識があったかどうかとか、こんなどうでも良い話にしつこく付きまとうのは、余りに笑止千万ではないだろうか?

裁判官も勿論口には出さないものの、「こんな詰まらぬ案件裁判所に持って来るなよ」と思っているに違いない。それ故、検察は起訴を断念した訳であるが。

政治を空転させ、マスコミを自縄自縛に追い込み、更には司法に負荷を課してまで熱心に追及する様な話とはとても思えない。政治はやるべき課題が山積しており、殆ど手付かずである。マスコミもきちんと調査し、国民に報道すべき事は多い筈である。裁判には当然の事ながら経費がかかり、それは我々国民の税金で賄われる。

正直、こんな愚行は良い加減に止めろと言いたい。

控訴を決めた指定弁護士であるが、彼らは一体「何の為」、「誰の為」にこんな事を繰り返しているのであろう?実に不思議である。

元々証拠不十分で小沢議員に就いては検察が「不起訴」にした経緯があり、今回の地裁での無罪判決は予想通りと言って良いであろう。捜査機能を持たない「検察審査会」が控訴した所で新たな証拠が出てくる筈がなく、結果、地裁判決の追随になるだけである。

要は、関係者に取って時間の無駄であると共に、しなくて良い裁判を継続する事で「税」が無駄使いされるだけである。

善意に解釈すれば、指定弁護士は彼らの思い描く「正義」の為に「控訴」したと思うが、これは正に「角を矯めて牛を殺す」行為であり、日本の為にも、国民の為にもならない愚行と思う。

山口 巌 ファーイーストコンサルティングファーム代表取締役


04. 2012年5月14日 17:12:25 : NzugGnU8Tw
◎文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」«IWJ:CH1»

http://www.ustream.tv/recorded/22578987


05. 2012年5月14日 19:31:42 : 52vR2j5s7g
03の書き込みが全てを書いてくれた。いつまでもやる裁判ではない。無罪判決が出たところで指定弁護士の役目は終わり。裏金の事実がない時点でお金はすべて小沢さんのもの。個人のお金をなんで証人喚問で説明しなくてはならないの?反小沢という面々は頭を冷やした方がいい。むきになるほど頭の程度がわかるというもの。うんざりです。この事件は。

06. 2012年5月15日 01:41:08 : jvn0q4GtRw
どうりで野ブタちゃんは余裕顔だと思ったら控訴有りだったの・・官房機密費はいくら使ったのやら⇒公開されるの!?
銭ちゃん余りの酷さに何処の国民か疑います。⇒北朝鮮にでも宅急便デス

控訴棄却にしろ、それ迄大人しくする必要は無いので立候補して下さいな
後は、防衛隊がマスゴミやら何やらを除雪車よろしくやってくれるでしょう。


07. 2012年5月15日 11:10:00 : euuMcKibuA
>今こそ裁判所が信頼を回復するため、小沢氏の控訴を棄却しなければならない

日本は既に人民裁判制度を導入しているが、
小沢裁判にて、司法は法的な判断から小沢を無罪にして信頼を回復した。

ところが民間人である、指定弁護士が判決を不服として控訴した。
その判断に司法が関与することではない。


08. 2012年5月15日 23:58:27 : dApGl4rfPA
法律条文にない控訴をしようとしている指定弁護人

そしてそれが出来ることであるように誤誘導し
報道しているマスコミと当局関係者たち。
弁護団や専門家はまっ先に意義を唱えるべきではないでしょうか。
検察が意図的に起訴しない犯罪を法廷の場に引き出す為の検審法、
控訴は人権侵害になってしまうのでハナから条文にしてないのです。
それを控訴しようとすること自体がとても信じられませんし、
当たり前のように報道されることも間違っていると思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧