★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 267.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高知闘う民衆の歴史/「高知生コン事件」アニメ化/原発施設を3度退けた県民 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/267.html
投稿者 街カフェTV 日時 2012 年 5 月 17 日 04:10:28: FhSY.VZyAvKpM
 

元記事はこちら ⇒ http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/05/post_fe88.html

 

自由民権の国・土佐の高知には現代民衆闘争の歴史がある。高知県民は、廃液を垂れ流して川と海を汚染するパルプ工場に生コンをブチ込み、原発施設の誘致も3度退けた。だが、高知白バイ事件のように弾圧も厳しい。。。

高知白バイ事件は陸山会事件と比べても酷いやり方で冤罪が創り出されている。

やはり、ポイントはマスコミ・・・ 高知では高知新聞が癌だ。

高知新聞社は、県内新聞シェアの8割以上を寡占し、クロスオーナーシップで高知社会の全情報を牛耳っている。中央マスコミ体制と同様に、報道は体制側(国民の敵側勢力)の代弁者でクズだ。

・・・が、そんな高知新聞も企画・文化モノは素晴らしい。

先日、友人が、高知の市民活動家による環境保護活動の闘い、「高知生コン事件」を忠実に再現したクレイアニメ映画を作成した。。。と、高知新聞に掲載されていた。謹んでご紹介する。

 

**********

 

高知新聞 / 2012年05月15日14時55分

 1971年に高知市で起こった「生コン事件」を描くドキュメンタリーアニメ「蘇(よみが)える海」を、童話づくりに取り組む県内のグループが制作した。親しみやすい映像を通して、当時の時代背景が分かる内容になっている。27日に同市桟橋通4丁目の市立自由民権記念館で上映会を開く。

「蘇える海」の一場面。マンホールから廃水が噴き出す様子を再現している。

 

【映画 蘇える海】

ナレーション:中山遥
音楽:中村勲二
監督・脚本・動画:岸田アキヨシ
製作:「蘇える海」製作委員会

同時上映 宇佐木ぴょっ吉作 童話 「うん?えい・ところ!」

5月27日(日) 18:00 19:30
高知市立自由民権記念館 民権ホールにて上映

一般前売券 高校生以上/1,000
(当日料金/1,200、小中学生は当日/800)

チケットのお求めは、高新プレイガイド、富士書房、及び、バイク便で配達します。(晴れ限定)

テーマパーク四国プロダクション
代表 森田俊彦 090−3783−5909
好浦弘一(宇佐木ぴょっ吉) 090ー5149ー9320

 

***************

 

原発マネーに負けなかった男 (高知)

高知県民は、過去の放射能との困難な戦いで、実に3連勝している。窪川原発(1988・1・28 窪川町)、高レベル放射性廃棄物(2007・4・22 東洋町)、低レベル放射性廃棄物(2009・2・4 大月町)をその入り口で追い返した。最初の窪川原発については、私はほとんど何も知らなかったが、昨年11月30日に高知大学で行われた島岡幹夫さんの講演を聴き、その直後に1時間ほど彼と話す機会があり、さらに執筆を開始してから確認の電話を5回したので、およその経緯を知ることができた。それは、語るに値する「サクセス・ストーリー」であった。

      

○ 島岡さんたちの反対運動が、豊かな自然を残した。

1975年、旧窪川町に原子力発電所建設計画が持ち上がった。島岡幹夫さん(当時38歳)は、この時、高知県窪川町自民党支部広報副委員長だった。25歳までは大阪府警の警官だった人である。この種の話は、一般の人が知る前に保守系の有力者の間で根回しされるのが常である。ある会合で計画を打ち明けられた時、町の有力者がだれも反対しない中で、彼だけは、「ちょっと待ってください!」と異議をはさんだ。放射能が気がかりだったのである。その時、放射線治療の末に52歳で亡くなったお母さんの死体を思い浮かべたと言う。有機農業をやっていたから生理的に放射能を嫌ったということもあったかもしれない。

「窪川町には、当時、農業と畜産で80億、林業で30億、縫製工場などの加工産業を合わせると、150億近い収入があったのです。四国有数の食糧生産地なのに、たかだか20億や30億の税収に目がくらみ、耐用年数30年程度の原発のために、2000年続いてきた農業を犠牲にするのは、愚の骨頂であります」というのが、島岡さんの主張であった。しかし、窪川町自民党支部の中で、彼のこの正論に同調する人はなく、彼は孤立感を深めていった。

島岡さんは、孤立して思案に暮れる人ではなかった。彼は、共産党の反対集会に乗り込んで行って、こう言った。「この町の有権者は13000人、革新は3000人、保守は10000人、革新が運動を主導したら、原発は建設されてしまいます。この反対運動は、私のような保守系の人間が中心にならなければ、大きな力になりません。私を反対運動の代表にしてください」 そして、彼は、窪川町原発反対町民会議の代表になった。まもなく、彼は、自民党窪川町支部に呼び出され、除名処分を言い渡された。

賛成派と反対派、町を2分しての骨肉相食む長い闘いが始まった。賛成派は、13億の宣伝費、接待費を使ったと言われている。一方、島岡さんは、「郷土懇談会」と名付けた学習会を毎週のように開き、住民といっしょに原発を学習することから始めた。「岩波新書の『原子力発電』(武谷三男)を教科書にして勉強しました。あの本は、私たち反対派のバイブルになりました」と当時を振り返る。

原発は未来に禍根を残す。原発反対町民会議は、任期4年の町長や町議会に建設の議決を委ねず、全町民有権者の投票によって決する住民投票条例の制定を要求した。先駆的な試みであった。「その時の町長は、当選して1年半後、公約に反し、賛成派に回っていたのです。その町長は、私の家内のいとこでしたが、私はリコール運動の先頭に立ちました。1981年3月の解職投票で、賛成6332、反対5844で、私たちが勝ちました。しかし、私たちに油断があったのでしょう。その後の出直し選挙では、私たちの立てた候補者が899票差で解職町長に負けてしまったのです。1票5万円だったと言います。当時の窪川町の民度は高かったですが、浮動票がかなりあり、金をもらったら、そちらに投票する人もいたのです。私たちは再び危機に陥り、町は一層混乱していきました」

住民投票条例は、出直し選挙の年に成立した。町長が出直し選挙の公約にしていたからである。しかし、町長は賛成派であった。では、町議会の方がどうなっていたのかと言うと、24議席の内、賛成−20、反対−4という状態であった。そこで、島岡さんは、1983年2月1日、町議会議員になり、「議会改革」に乗り出した。「議員としての収入は、女房には申し訳なかったけれど、すべて原発反対運動に使いました。日本全国の原発を訪ねて、住民の意見を聞き、原発の問題点を調査研究しました。その研究成果を議会での質問に使ったのです。だから、町長も大変だったでしょうね」と当時を振り返る。彼は、原発建設を阻止するために急きょ町議会議員になったのだが、7期28年間務め、終わりのころの2年間は町議会議長を務めた。彼の奮闘があって、22議席のうち、賛成―12、反対10まで追い上げたが、やはり、反対派は議会内では劣勢のままであった。

私は、東洋町の高レベル放射性廃棄物の反対運動の時(2007・4・22)も、1票に5万円が動いた、と聞いた。東洋町の町長選挙の出陣式の日、私は、2mほどのブロック塀の上に登って写真を撮っていたが、下を走る車の中が丸見えであった。鋭い目つきの男の隣には誰も座っていなかったが、5万円くらいに小分けされた1万円札の束の山が無造作に積まれていた。

選挙では勝てなかったが、島岡さんたちの学習会をベースにした地道な反対運動は、徐々に反対派を増やしていった。県原発反対漁民会議は、「海洋調査が強行されるなら、5000隻の漁船を動員して、海上封鎖する」と宣言していた。そして、島岡さんたちの反対運動に順風が吹いた。1986年4月、レベル7のチェルノブイリ原発事故が起こったのである。・・・。1988年1月、反対の世論に包囲された藤戸進町長は、「窪川原発は今日的課題ではなく、海洋調査を棚上げにする。私は、公約の責任をとって辞任する」と発表した。こうして13年間に及んだ窪川原発建設計画は、原発反対町民会議の地道な活動によって、阻止されたのであった。

○ 焼肉パーティーを兼ねての学習会風景。和子夫人の「ちらし寿司」も活躍した。(以下の写真は島岡さん提供)

島岡さんが原発反対運動に走り回っていたのは、13年間である。急発進した車を道路に転がってかわしたこともあった。その筋の人たちが10人ほど町に入り込んでいたのである。柔道、剣道の有段者である彼は、呼子をいつも首からつるし、暴力にも屈することなく、己の正義を貫いた。「島岡幹夫なくして、窪川原発は阻止できなかったであろう」 多くの関係者に聞いたが、異口同音にそう言う。

その間、彼に代わって本業の有機農業をやっていたのは和子夫人で、「働き過ぎて背中が曲がってしまった」と言う。高校時代、彼は、2年間生徒会長を務めていた。その同じ高校の2年先輩だった和子夫人いわく 「父ちゃんはえらい。私は父ちゃんを誇りにしています」 

 

○ 自宅前の島岡幹夫さんと「内助の功」で反対運動を支えた和子夫人

(筆者の感想)

島岡幹夫さんは、現在73歳だが、まだ現役で、席の温まる暇がない。会えばわかるが、全身からエネルギーをほとばしらせていて、話し出したら止まらない。彼は、現在、日本国内はもちろん、韓国の反原発運動を応援しているが、韓国の空港に降り立つと、両側に公安警察がピタリとついて迎えてくれると言う。また、自宅には、月に1度、黒いスーツを着た2人の高知県警の公安が訪れると言う。日韓両国の公安が彼の動静をマークしているのである。しかし、25歳まで彼自身がその公安警察だったのである。

 

○ 韓国・光州市で開かれた反原発の集会で講演している島岡さん

また、彼は、「大地を守る会」国際局の要請を受けて、タイ東北地方のタラート村に毎年、有機農業の指導に出かけている。自ら泥にまみれて、「立体農業」を指導している。村人の笑顔が増えることを楽しみに、私費を投じて、タラート村の生活改善に貢献している。今年で14回目だと言う。

   

○ タイ国の島岡農業塾で幹部のミーチャイ君と打ち合わせ

また、彼の1枚65円の名刺には、「朝霧森林クラブ会長」とも書かれている。仲間を募って、植林の間伐にボランティアの汗を流しているのである。「窪川ジャガイモクラブ会長」でもある彼は言った。「経済を繁栄させるために農業を犠牲にしてエネルギーをつくりだそうとするのは、根本的に間違っています。私は、農業を基礎にした国づくりを考えるべきだと思います。日本の農業を破壊するTPPには、絶対反対です」

徳川封建時代が長かったからだろうか、日本では、「長いものには巻かれろ」という処世術の人が多い。いわゆる「大勢順応型」である。しかし、時々、社会の価値観に自分を合わせるのでなく、自分の価値観に社会を合わせようとする人が出てくる。島岡幹夫さんや澤山保太郎さん(高レベル放射性廃棄物から東洋町を守った)は、そういう日本人離れした怪物である。己の正義を信じて、郷土の敵に立ち向かう「命知らず」が1人いること、それが原発マネーに負けない必要条件であるように思った。

 

*********************

 

危険な原発は要らない⇒ 自然エネルギーで行こう!

真実を伝えない記者クラブは要らない⇒ 市民メディアで行こう!

国民の権利を護らない司法は要らない⇒ 国民審査で最高裁にX(罰)を!

 

 

ブログ先頭ページへ http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年5月17日 05:23:36 : ZtjAE5Qu8buIw : np1eC180Aw
アニメ化はいいねえ〜

大体、アニメ・漫画を排斥するかどうかが、21世紀の政治家の真贋を見定めるリトマス試験紙のひとつ。

達増岩手県知事責任編集『まんが・コミック岩手2』絶賛発売中!


02. 2012年5月17日 05:35:56 : 54AWXkuhEM
少し以前では東洋町。船泊まりの漁港の町ですか。、昔は窪川町で高知も近くで危機意識を感じたものです。最近では大月町ですか。あのような風光明媚なところに処理施設ですか。酷い話ですね。現在も四万十が放射性被災ゴミ引き受けについて名前が出ているので、心配しています。
 暗躍する産廃業者のせいで既に四国の各地に焼却灰が持ち込まれて埋設されているのではないか。

03. 2012年5月17日 09:30:18 : El9JjPZsLb
昨日は、日本国民救援会岡山県倉敷支部にて「高知白バイ学習会」の講演に行ってきました。

高知県本部事務局長と二人で、私の自家用車で日帰りでの行程、自宅を、7:25発 
高知城ホール8:45着9:20発 豊浜SA10:30着10:40発 水島IC11:30 
ここまでの距離(198k)県道62号線を西進430号線合流地点のレストランにて昼食
(11:40着 12:30発)集会場所(生協会館)12:45到着

道中をゆっくりした行程にて安全運転にて到着、13:30〜15:30
約2時間の支援協力を呼びかける集会を行いました。

最初に高知白バイ事件の概要が分かるDVD「ドキュメンタリー宣言」を視聴していただきました。
私の主任弁護士先生が「世にも不思議な交通死亡事故裁判」
 白バイとスクールバス衝突事故、事故の態様は曖昧模糊とし、証拠の捏造はしほうだいの
 刑事裁判と銘打って、約一時間位の講演を行いました、
私の決意表明(いつもの事震えながらの主張)その後は、質疑応答、会場には25名の方々が
参加して戴き、熱心に質問してくださり、本当にありがたく、感謝の気持ちが一杯の学習会でした

あっという間の2時間が過ぎ、その日、署名490筆、有難く受取、20名余りの会員さんも増え
記念撮影、お礼の言葉を述べ、16時に会場を後にしました。

内容の濃い充実した気分で岐路につきました、全行程、片道時間は、3時間50分 
距離は207、6kでした。

日本国民救援会岡山県倉敷支部の皆様、土曜日の貴重な時間を私の為に割いて頂き
本当に有難うございました。

今後の再審に向けての力と勇気をいただきました。
http://zassouharu.blog.fc2.com/blog-entry-376.html


04. 2012年5月17日 11:23:12 : Q5D5fFKwyw
高知には受験で一度行ったことがあるだけです。
機会を見つけて、再び訪れたいものです。
島岡さんと和子様にもお会いしたい。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧