★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 273.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中日新聞が意見広告掲載拒否 河村市長の南京発言巡り(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/273.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 5 月 17 日 09:13:32: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.asahi.com/national/update/0515/TKY201205150477.html

中日新聞が意見広告掲載拒否 河村市長の南京発言巡り(朝日新聞)

 名古屋市の河村たかし市長が「南京事件はなかったのではないか」と述べたことを巡り、発言を支持する大学教授らの意見広告の掲載を、中日新聞が拒否していたことがわかった。教授らが15日、中日側に掲載を求める仮処分を東京地裁に申請し、記者会見した。

 申請したのは「河村発言を支持し『南京』の真実を究明する国民運動」(代表、渡部昇一・上智大名誉教授)という団体。2月に河村市長が「一般的な戦闘行為はあったが、南京事件というのはなかったのではないか」と発言して批判されたことに対し、疑念を抱いた学者らが立ち上げた。

 会見によると、団体は東海地方で高いシェアを持つ中日新聞に意見広告を出すことを発案。「私たちは、河村たかし名古屋市長の『南京』発言を支持します!」「自由な議論で『南京』の真実究明を!」との内容で、呼びかけ人には石原慎太郎東京都知事や安倍晋三元首相、原口一博元総務相らが名を連ねていた。

==============================================

<参照>

http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/c0cdb50803f64f356380697520695e0e

中日新聞、河村たかし名古屋市長の南京発言支持「国民運動」の「意見広告」を拒否(薔薇、または陽だまりの猫)
2012-05-17 08:51:10

排外主義−ナリョナリズム市民運動とも言うべき、「河村発言を支持し『南京』の真実を究明する国民運動」が「河村名古屋市長の『南京』発言を支持します」という意見広告(呼びかけ人:石原都知事・安倍晋三元首相ら)を中日新聞に掲載しようとしたところ、中日側の広告会社から、掲載を拒否された。

●中日新聞社へのご意見・ご要望
center@chunichi.co.jp
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. gataro 2012年5月17日 09:23:36 : KbIx4LOvH6Ccw : GrcGrAAbrs
板違い投稿です。削除依頼していますので、コメントしないでください。

正しくはこちら ⇒

中日新聞が意見広告掲載拒否 河村市長の南京発言巡り(朝日新聞)
http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/892.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 5 月 17 日 09:15:33: KbIx4LOvH6Ccw


02. 2012年5月17日 09:26:59 : QQnnSl8NVE
中日新聞だったのにはちょっとガッカリもするが、、、

 新聞紙が言論の自由を拒否してはならぬ。


03. 2012年5月17日 10:01:33 : gmY5ywOLs6
 公序良俗に反する内容の広告でもないのに
 掲載拒否するのは良くないな。

04. 2012年5月17日 10:41:06 : rwSKXZTEq6
中日新聞とその広告会社は言論の自由を認めている日本の憲法を守る気はないのだろう。
日本の憲法は守らないが、中国政府の命令には忠実なのだろう。

それにしても、朝日新聞が「中日新聞が意見広告掲載拒否 河村市長の南京発言巡り」なる記事を書いたのは、朝日新聞は中国離れをしたのだろうか?


05. 2012年5月17日 10:52:45 : 6p1Eb5bzwA
> 名古屋市の河村たかし市長が「南京事件はなかったのではないか」と述べた

これは明らかに嘘だ。
どれほど中国人が犠牲になったのか?は検証される必要があるが、
一市長がどうして、中国のことにこだわるのか。
2度、中国に個人旅行したことがあるが 年をいった世代ほど
日本人の蛮行を気にしていた。


06. 2012年5月17日 11:49:03 : I3EzMNlcug
日本国として、第二次大戦の総括がされてないことが一番の問題であり、
このような状況で、いたずらに外国との対立をあおるような意見広告を新聞社が拒否するのは当然である。

07. 2012年5月17日 12:13:23 : rwSKXZTEq6
>>06. 2012年5月17日 11:49:03 : I3EzMNlcug
> 日本国として、第二次大戦の総括がされてないことが一番の問題であり、

「日本国として、第二次大戦の総括がされてない」は事実だが、欧米やアジアの国々は第二次大戦の総括がされている。その一例は下記[1]にあるが、日本は「偉大なる歴史を残した」とされている。

> このような状況で、いたずらに外国との対立をあおるような意見広告を新聞社が拒否するのは当然である。

このような状況で、いたずらに中国の嘘を明らかにする意見広告を新聞社が拒否するのは憲法で保障する言論の自由を自ら放棄する行為である。

新聞倫理綱領[2]には「新聞は、自らと異なる意見であっても、正確・公正で責任ある言論には、すすんで紙面を提供する」と明記してあり、中日新聞は明らかにこの新聞倫理綱領に違反している。

[1] 太平洋戦争の真実
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/daitouasensou.html
 アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)
  第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
 日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。(1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」)

バ・モウ (ビルマ元首相 独立宣言より)
 約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、機会、文化、言語、さらに遂にはその生活様式までも失い・・・愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来れり、これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。・・・
 ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」(一問に百答 日下公人 PHP研究所) 

ダグラス・マッカーサー(アメリカ、日本占領連合軍最高司令官・元帥)
 日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。しかし、彼らは労働力はあっても生産の基礎素材を持たない。日本には蚕のほかに取りたてていうべきものは何もないのだ。日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。
 それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。(1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言)

[2] 新聞倫理綱領
http://www.pressnet.or.jp/info/rinri/rinri.htm
独立と寛容 新聞は公正な言論のために独立を確保する。
あらゆる勢力からの干渉を排するとともに、利用されないよう自戒しなければならない。
他方、新聞は、自らと異なる意見であっても、正確・公正で責任ある言論には、すすんで紙面を提供する。


08. 2012年5月17日 12:47:28 : s3vzXhnNp2
> 「私たちは、河村たかし名古屋市長の『南京』発言を支持します!」「自由な議論で『南京』の真実究明を!」との内容


中国側の一方的な主張を鵜呑みにするのではなく、事実を基に自由闊達な検証をしようと言っているわけです。

ごく当たり前の当然の主張です。

この掲載を拒否した中日新聞は、事実に基づく言論の自由を阻害している。
中日新聞には断固抗議すべきです。

事実に基づく言論の自由を妨害する新聞は、不要です。
廃刊したほうがいいのでは。
  
  


09. 2012年5月17日 14:49:43 : kGbqE4QVtQ
というか、この意見広告自体変。

「一般的戦闘行為はあったが、『南京事件』というのはなかった」

じゃ、その南京の「戦闘行為」を、どうして「南京事件」と呼んではいけないのか、定義の問題になる。

何人犠牲になったら、「〜事件」と呼んでいいわけ?

そんなのに決まりはない。

結局、これを糸口にして、歴史から日本の征服行為自体をうやむやにしたい反中右翼側の意図は明白だ。


10. 2012年5月17日 15:27:24 : kGbqE4QVtQ
新聞広告拒否も、一応、筋は通っているでしょうね。

だって「南京事件」は代々日本政府から、Vaka用語で言うところの「事実認定」されてること。

犠牲者数の多寡はともかく、なかったとかいう「妄言広告」を載せないのは、新聞の権威を守る意味で、認められるんじゃないかな。

例えば、「関ヶ原の戦いはなかった」とか、「われこそ天皇家の正統である」とか、たとえ、仮に大金持ちが妄想を広告しようと思っても、新聞社は断るでしょう。

それと同じ。


11. 2012年5月17日 15:35:38 : 384mLCJ0q2
議論すること自体が悪、みたいな考えは間違いでしょ。

言論にタブーは、あってはなりませんよ。


12. 大阪府民 2012年5月17日 15:41:36 : 2fc9REJTmRlzM : LGtLUVFW1w
呼びかけ人:石原都知事・安倍晋三元首相ら

言論を封殺してきた人たちが……………

チャンチャラおかしいわ


13. 2012年5月17日 17:39:48 : dHNluj81Fq
原口一博がこういうところに名前を出すとは軽薄そのもの。
チンタロウやお漏らしなど過去の屑タレントの仲間になって、お前はお終いだ(笑)

14. 2012年5月17日 18:15:04 : MOKHo0X9V2
もともと日本のウヨが、世界中で規模の程度の議論はあるにせよ既定の事実としてあった南京大虐殺をなかったと言い出したことからこの問題が大きくなったもの。

結局、日本以外のどこでも相手にされず、逆効果に終わった。だだし中国の言う犠牲者数が著しく過大なことは確かではあるが。

意見を述べる自由はあるが新聞社に拒否する自由もある。


15. 2012年5月17日 20:03:09 : TB68vqUfWg
中日新聞を支持する。
中日新聞は、一貫して小沢氏を擁護し、消費税増税にも官僚支配にも批判的な社説を掲載してきた。
とても信頼できる新聞だ。

そもそも、新聞社は民間企業なのだから
掲載するかどうかは新聞社の自由である。

63年に長崎市内の右翼団体が「天皇に戦争責任はない」などと訴える意見広告の掲載を長崎新聞社に断られたため起こした訴訟では、
福岡高裁が平成3年、「掲載を承諾するかどうかは新聞社の自由」として請求を棄却した。

つまり、重ねて言うが、掲載を承諾するかどうかは新聞社の自由なのだ。

たとえば、産経新聞には左翼団体の意見広告の掲載を拒否する自由がある。
それと同じだ。

右翼団体は産経新聞や読売新聞などに意見広告を載せればよい。

簡単な話だ。


16. 2012年5月17日 20:04:32 : qJAYdCpwls
 中日新聞は偉い!!

 公平中立の立場を、貫いただけである。かく言う小生も、南京大虐殺はなかったと考えてるが、渡部昇一のスタンスは戴けない。

 渡部昇一と志しを同じくする人たちは、櫻井よしこ、西尾幹二、西部邁、田母神俊雄、石原慎太郎など、どう考えても戦争賛美、皇国史観の悪いところを凝縮したような輩ばかりである。

 但し、物事は知っているので、勉強のために彼らの文章を手にするのは構わないと思うが、新聞という公器を使って彼らの主張を載せるのは、彼らのスタンスを知らない人たちにとって、洗脳の幇助をしているようなものだと思う。

 過去の例では、朝日(朝鮮日日)新聞が南京大虐殺を物事を知らない国民に刷り込んだように、そのアンチテーゼ(逆提起)として、今度は中国に対する憎しみを刷り込むことになるだろう。


17. 2012年5月17日 21:14:02 : HU7ISiWIiY
南京大虐殺はあった。数の問題ではなく残虐かどうかという言葉の問題だから。
定義の問題は決着している。愚者は数から入る。が、数でいくら争っても
無駄である。定義に数が含まれないから。
民間企業である中日新聞が、愚者の広告を掲載することで、自分に愚者の
イメージがつくことを経営戦略として拒絶しても、当然何の問題もない。
というか、掲載依頼も仮処分申請もただの嫌がらせだろ。この件で東京新聞が
素晴らしい社説を少し前に出していたから。

阿修羅とは思えないほど馬鹿げたコメントが多かったのでつい書いてみた。


18. 2012年5月17日 22:54:52 : VgxHNywTe6
名古屋では朝日新聞が大きく凹んできて巻き返しのため朝日新聞社が物量を投じてる。
(1.トヨタ自動車が中国で困るようなことに中日新聞が手を貸すわけがないだろうが、河村は愛知の民主や連合を敵にしているわけ。
名古屋では毎日新聞、読売新聞、朝日新聞いずれもTV番組表しか価値なし)


19. 2012年5月17日 23:41:47 : BnPQDnro5g
確か数年前にも、これら札付きウヨクどもが得々とあのニューヨークタイムズに、やはり同様な、否定論(南京事件)サイドの意見広告掲載を申し入れたが、すかさず門前払いを喰らい、国際間はもとより、アメリカでさえ度し難い国辱をさらしたと言われるが、今度は国内地方紙狙いか!

全く性懲りもなく夜郎自大、能天気なヤツらだ!!!


20. 2012年5月18日 07:02:35 : cfp37aS7aM
>>05 です
1980年代、南京大虐殺紀念館にも行ってきました。
ここには中国側の証拠とされる写真や資料が沢山ありました。
百人斬り競争とは、日中戦争(支那事変)初期の南京攻略戦時に、日本軍将校2人
日本刀でどちらが早く100人を斬るかを競ったとされる行為である。(ウィキペディア)
日本の現在で言えば毎日新聞の、こうした残虐な一面写真もそこにありました。
日本側の資料からも かなり集められると思います。

それから現在の朝日新聞の変調ですが、主筆が船橋洋一になってから
読売だけでなくCIA新聞になったようです。
アメリカのために、中国を敵視するような立場です。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧