★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 318.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢事件とドレフュス事件(仏文学者・堀茂樹教授のツィート+wikiほか)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/318.html
投稿者 ナキウナギ 日時 2012 年 5 月 18 日 22:14:15: SegEjh9L1v6ag
 

□小沢事件とドレフュス事件(仏文学者・堀茂樹教授のツィート)
https://twitter.com/#!/hori_shigeki

5月12日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
19世紀末のドレフュス事件の試練を経ることなしには、フランスの民主主義的共和主義が確立することはあり得ませんでした。…ドレフュス事件と…小沢事件…。


5月12日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
辻恵議員は真摯。日本の言論人・文人の間には、小沢事件に目くじら立てること自体を大人げないとする雰囲気があるのでは?RT @pristinanomine …西松・陸山会事件に対するドレフュス事件の喩えは辻恵議員も使っていました。陸山会事件で、ゾラに該当する人は出てくるのでしょうか


5月12日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
ゾラの動機を疑う説もあるのですが、有名作家が「体を張った」ところにインパクトがありましたね。当時のマスメディアは圧倒的に反ドレフュスでしたし。RT @Onl_y ゾラはオロール紙上で、…はTwitter上…//"J'accuse"…はとても大切で当然なことだと、フランスにいて思い


5月12日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
19世紀末、フランス学士院の多くの科学者の立場と逆に、文学者の大半は反ドレフュス派でした。アカデミー・フランセーズ会員で再審要求支持だったのはアナトール・フランスくらいです。あと、ゾラを別にすると、ドレフュス派は、ペギー、ブルム、バンダ、プルーストなど若い世代に限られていました


5月12日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
ドレフュス事件当時、現在の社会党につながるSFIOは政界最左翼でした。内部で、マルクス主義系とヒューマニズム系が対立していました。前者は、大金持ちのドレフュス家による冤罪の訴えをブルジョワ階級内の内紛と見なしましたが、後者の代表ジョレスが、SFIOを人権擁護の闘いへと導きました。


5月13日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
食卓で掴み合いになる諷刺画が出されたのでしょうね、多分。国論二分とはいえ、ドレフュス事件でも当初ずーっと、冤罪を主張する側は極度に少数派でした。RT @akihal1210かつて京大入試でドレフュス事件のカリカチュアが出ましたね!あの解答の様に小沢事件も国論を二分するでしょうか…


5月13日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
@19世紀末フランスの国論を二分したドレフュス事件の際、有罪裁判のやり直しを要求するドレフュス派陣営には、ドレフュスが無罪放免されるべきである事を確信しつつ、ドレフュスの無実を主張するどころか、ドレフュスが犯罪者である事を公然と「夢見た!」若手論客もいました。なぜでしょうか?Aへ


5月13日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
Aなぜなら、無実の人間を証拠なしに有罪にする社会より、無実の人間を無罪にする社会のほうが正しいに決まっていますが、〈文明〉として一層格上なのは、犯罪者を証拠不十分で推定無罪にし、放免できる法治社会だからです。件の論客は、自国社会に、そういう〈文明〉である事を望んだのでした。Bへ


5月13日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
B実は、反ドレフュス派の究極の主張は、ドレフュスの犯罪の明白な証拠は存在するのだが、それが国家機密ゆえに法廷に出せないので、愛国的な公務員がニセの証拠を捏造したのだ、というものでした。それに対して、件の論客は、真の問題はドレフュスが犯罪者であるか否かではない、と喝破したのでした。


5月13日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
主張に骨太の筋が通っている事、ブレない事、媚びない事、また、学者風に理窟を細かくし過ぎず、大局観を有する事…、大政治家の必須条件だと思います。RT @fukken01 昨日の「励ます会」のあいさつ回り。小沢一郎への好き嫌いはともかく、主張に筋が通っているとのお声圧倒的。


□小沢事件に関する堀氏の立場

5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
もともと理不尽の極みである処分に道理があるかのように装って、加納宏幸、山本雄史というこの二人の記者は、皮肉な記事を書いてやったと、得意になっているのでしょうか。愚かしさと卑しさの見本。⇒小沢氏処分をフライング解除 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120507/plc12050722450007-n1.htm


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
愚劣で卑劣なこの種の記事が『産経』に限らず、大新聞に頻繁に(小沢氏関連では毎度)出ます。余りの事につい作為だ!と思えてしまう訳ですが、むしろ単純に、日本の政治記者達の度し難い低レベルさの反映と思います。⇒小沢氏処分をフライング解除 - http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120507/plc12050722450007-n1.htm


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
新聞の小沢氏関連報道がいつも酷いのは(注:輪をかけて酷い社説・論説はここでは論外)作為や意図的偏向のせいではなく、日本の政治記者の志操と知性のレベルが低いからだと私は思いますが、結果的に小沢氏に対して極度にアンフェアである事は火を見るよりも明らかなので、そこは再確認しておきます。


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
強く同意します。この異常さに憤激しないなら、まともな民主主義者とは到底いえません。RT @DHTas 検察特捜が強制捜査しても証拠がなくて二度も嫌疑不十分になり、検審で捏造証拠を根拠に強制起訴になり、無罪になった国会議員の権利を制限するのは異常だ。


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
アンチ小沢一郎も大いに結構。小沢氏の追求する価値、唱える政策、取った行動を正確に確認した上で、出典や情報ソースを明らかにしながら、真正面から、堂々と批判したらいいと思います。しかしそれは、政争や論争のルールに関して、最低限のフェアネスを確保した上での話です。


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
親小沢の人も、非小沢の人も、反小沢の人も、全く同じように、ルールの公平な適用を要求できる筈なのです。私はオピニオンにおいて親小沢ですが、私が検察がおかしい、党員資格停止処分がおかしい、「政治とカネ」を呪文のように振り回すのはおかしいと言うのは、親小沢だから、ではないのです。


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
オピニオンとして親小沢を明確に標榜しながら、それとは別に、純粋にフェアネスの観点から、検察や裁判を利用した小沢攻撃や、マスコミが行ってきたデマゴギー的な小沢叩きの異常さを問題にする事は、十分あり得る事です。必ず「非小沢」である事を枕詞にしなければ、それが出来ない訳ではありません。


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
検察批判などに際して、公平性に関する自分の信頼性を〈手っ取り早く〉確保するために、先ず「親小沢」でない事を断る有識者が多いですね。それはそれで結構。但し、だからといって、「親小沢」の人間が「親小沢」の立場を超えて発言する〈自由〉を持ち合わせないなどと思ったら、それは間違いです。


5月8日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
小沢一郎氏が政官界・国民の大多数からかくも嫌われている原因?その第一は、嫌われている事実をもって、嫌われるだけの非が本人にある証拠だと、つまり自業自得に決まってる!と思いたがる人が多い事でしょう。つまり、虐められるのは、虐められっ子が悪いからだという、問題否定安心型の発想です。


5月9日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
毎度のことながら、飽きずに言わねばなりません。小沢氏に関して論評するときの『朝日』『毎日』『読売』等の社説の牽強付会、支離滅裂、そういう滅茶苦茶さに気づくのに、小沢ファンである必要など全くありません。ほんの少しのフェアネスと論理力さえあれば、誰だって、開いた口が塞がりませんよ。


5月9日 堀 茂樹 ‏@hori_shigeki
大新聞の社説は一体全体、どうしてここまで非道いのかと、つぶやかずにはいられません。陰謀説は、鬱憤の対象を提供するだけで、何の役にも立ちません。これはむしろ病気でしょう。この病気を辿っていくと、日本全体を蝕んでいる病にたどり着く筈。その病を明らかにしないと…。

参照)堀教授のブログ「同一性と変化 ― 小沢は「保守」か「革新」かという疑問への脚注 ― 」(http://irrespect.txt-nifty.com/blog/2011/04/post-531f.html


参照)ドレフュス事件(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%95%E3%83%A5%E3%82%B9%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ドレフュス事件(ドレフュスじけん、仏: Affaire Dreyfus)とは、1894年にフランスで起きた、当時、フランス陸軍参謀本部勤務の大尉であったユダヤ人、アルフレド・ドレフュスに対する冤罪事件である。

概要

このような第三共和政の不安定な状況の中で起きたのが、1894年のドレフュス事件である。同年の9月、フランス陸軍情報部は、パリのドイツ駐在武官邸からフランス軍関係者内に対独通牒者がいることを示すメモを入手した。フランス陸軍参謀本部は漏洩した情報を知りうる立場にいた人物達の調査を行い、筆跡が似ているとして、参謀本部付きのユダヤ人砲兵大尉、アルフレド・ドレフュスを逮捕した。しかし、具体的な証拠どころか、ドレフュスが金銭問題を抱えている、もしくは急に金回りが良くなったなどといった状況証拠すら欠いていたため、スパイ事件及びドレフュス逮捕の事実はすぐには公表されなかった。

この事実を反ユダヤ系の新聞「自由言論」がすっぱ抜きで大々的に報じ、ユダヤ人は祖国を裏切る売国奴であり、その売国奴を軍部が庇っていると論じて、軍部の優柔不断を糾弾した。慌てた軍上層部は、証拠不十分のまま非公開の軍法会議においてドレフュスに「有罪」の判決を下し、南米の仏領ギアナ沖のディアブル島(デヴィルズ島)に終身城塞禁錮とした。

ドレフュスは初めから無罪を主張しており、彼の誠実な人柄から無実を確信した妻のリュシーと兄のマテューらは、再審を強く求めるとともに、真犯人の発見に執念を燃やした。1896年、情報部長に着任したピカール中佐は、真犯人はハンガリー生まれのフェルディナン・ヴァルザン・エステルアジ少佐であることを突き止めた。しかし、軍上層部は、軍の権威失墜を恐れてもみ消しを図り、ピカールを脅して左遷、形式的な裁判でエステルアジを「無罪」とし釈放した。


ドレフュス事件をめぐって二分する世論を風刺した漫画その翌々日の1898年1月13日号の新聞「オーロール」は、一面に「私は弾劾する」という大見出しで、作家のエミール・ゾラによる大統領フェリックス・フォール宛ての公開質問状を掲載した。その中でゾラは、軍部を中心とする不正と虚偽の数々を徹底的に糾弾した。

世論は沸騰し、それまで細々と続けられてきたドレフュス支持の運動が一挙に盛り上る一方、各地でユダヤ人迫害事件が頻発した。ゾラも名誉毀損で告発されて有罪判決を受け、一時はイギリスへ亡命を余儀なくされた。ドレフュスらの再審を求める勢力は「人権擁護同盟」を結成して、正義と真理、自由と平等を唱え、軍国主義批判を展開した。反対派は「フランス祖国同盟」を結成して国家の尊厳、軍部の威信を力説した。


エミール・ゾラこうして事態はドレフュス個人の事件から、自由と民主主義・共和制擁護か否かの一大政治闘争の色彩を帯び始め、フランス世論を二分して展開された。その後、ドレフュスの無実を明らかにする事件(彼の有罪の証拠となったものが、偽造されたものであることが判明)が続いたため、軍部は世論に押されてやむなく再審軍法会議を開いた。しかし、ドレフュスの有罪は覆されなかった。

ドレフュスは時の首相により特赦で釈放されたが、その後も無罪を主張し続け、1906年、ようやく無罪判決を勝ち取って名誉を回復することとなった。この事件は軍の威信を傷つけ、軍部と保守派の力を大きく後退させ、その後のフランス軍の弱体化を招くひとつの大きな要因となったと考えられている。事件後のフランス軍は、植民地関連を除き単独での軍事的勝利を収めた経験を持たない。一方、ドレフュスを擁護した民主主義・共和制擁護派が、その後のフランス政治の主導権を握り、第三共和政はようやく相対的安定を確保することができた。


愛国主義者と事件

常々、「愛国者」を自称していた軍首脳及び右派であったが、自己の保身とユダヤ人排撃のために、本来彼らが言うところの「売国奴」として糾弾すべき真犯人のエステルアジを庇護しつづけた。このためのちに「自称『愛国者』が売国奴と結託した」、「自称『愛国者』こそが実は売国奴」であったなど、内外の失笑を買った。また、彼らは様々な偽証行為によりドレフュスの「有罪」とエステルアジの「無罪」の立証を図り、さらに、偽証発覚後も「国家の敵ユダヤ人に対抗するための愛国心の発露」などと主張して偽証行為の正当化を図った。これらの愛国心の「大廉売」により、フランスでは右派及び軍部の権威は大いに低下した。


偽証と軍事機密

ドレフュスが無罪である可能性が高まり、有罪の根拠とされた証拠の信頼性についての疑問が取り沙汰されはじめると、軍部は、「国家の安危に関わる軍事機密情報」が含まれているとして、ドレフュス有罪の根拠とされる証拠類の開示を拒んだ。

しかし、元首相によって、「当時首相として証拠を詳しく確認したが軍部の主張するような機密情報などはどこにも含まれていなかったはず」との声明が出され、軍部の上記主張は根拠薄弱なものとなった。元首相に開示された証拠には、ドレフュス有罪の根拠となり得るものは一切含まれていなかった。そこには、そもそも機密情報というべきものすら存在せず、含まれている内容も甚だ信頼度が低いものばかりであった。

このように、軍事機密との主張が、実際には真実を隠蔽する口実に過ぎないことが明らかとなった。そればかりか、証拠の改竄や偽造まで行って軍部が冤罪を作り出していた疑いが発覚するといった思わぬ余波も生じた。自ら作り出した冤罪の不利な証拠を隠蔽するために、軍事機密との主張を濫用して権威の維持を画策した軍部は、その権威を大いに失墜させた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月18日 22:31:04 : CerqOybIUk
いやこれは素晴らしいね

02. 2012年5月18日 22:44:59 : C4u8euRZ8k
まったくです

03. 2012年5月18日 22:46:31 : HQv0zQnSbk
この人の意見は、含蓄深い。
橋下批判も誰よりも鋭い。

04. 2012年5月18日 22:53:42 : 1ZBox9pGyQ
>自称『愛国者』こそが実は売国奴
街宣車を乗り回す自称「右翼」にそっくり当てはまる。
名言だな。

05. 2012年5月18日 23:04:54 : rWmc8odQao
堀茂樹氏はホントにすばらしいです。

06. 2012年5月18日 23:28:23 : gPpLkbk3to
それほどしてまで小沢を立派に見せる必要はないのに

誰も小沢のことなど立派などと思ったことがない

自分を悲劇のヒロインに例える・・馬鹿の常套手段・・誰も相手にしない



[削除理由]:アラシかも
07. 2012年5月18日 23:33:07 : lAQ4YjC1Q2

>>06

どの部分に反応してんだか。見当はずれもいいとこ。

恥さらし。
あ、恥なんて知らないのか。

> 自分を悲劇のヒロインに例える・・馬鹿の常套手段・・誰も相手にしない

自分のこと言ってるんだな。
悲しいねえ。わびしいねえ。孤独だねえ。

もう、消えていいよ。無理してやってくことないよ。


08. 2012年5月19日 00:18:16 : 8K3k8QpoSM
そもそも何の物的証拠がなくても個人を密室で追い詰めて無理やり署名させた「検面調書」のみを証拠採用し、有罪つまり冤罪を連発してきたこの国の検察、およびそれを追認してきた裁判所が憲法無視の異常な存在なのだ。

こんな問題はウォルフレンは数十年前から指摘している。最高裁事務総局の問題も大昔から指摘している。そのとおりだ。他の民主主義とされる国でこんな国はない。

限りなく100%に近い有罪率。まともに人権が守られている国でこんな数字の国はない。法曹界幹部は全員罷免し層入れ替えが必要なくらいだ。



09. 2012年5月19日 00:19:19 : Z5idbn8XeU
フェアネスと仰るのであれば。

少なくとも、小沢一郎氏は「改革フォーラム21」から「民主党岩手県第4区総支部」を介して「陸山会」に迂回献金をした疑惑があり、ドレフュスのようにスパイ疑惑のみを疑われたケースとは異なるのではないか。

加えて、ドレフュス事件は軍部内部における冤罪事件であり、(小沢氏とは別組織の)検察との対決を(小沢氏本人が)謳う陸山会裁判とは異なるのではないか。

さらに、かつて山崎行太郎氏がドレフュス事件と陸山会裁判の類似を唱え、それに対して阿修羅掲示板で異論が多勢を占めた経緯を考えると、本投稿はどちらかというと牽強付会の主張ではないのか。

ドレフュスが天国で迷惑がっていない事を祈る。


[削除理由]:アラシかも
10. 2012年5月19日 00:28:53 : bkXCYL8RCA
>>06
>>09

レベル低すぎ。

>それほどしてまで小沢を立派に見せる必要はないのに

そのフランス人たちは、ドレフュスが「立派」だから彼の側に立ったのではない。

>悲劇のヒロイン

ドレフュスは「悲劇」のヒーロー(ヒロインは女性)ではない。「悲劇」であろうがなかろうが、要はどのような信念のために生きるかという問題。共和主義者であれ、小沢本人であれ、小沢派であれ、非(反)小沢派であれ、同じことだ。


11. 2012年5月19日 01:56:35 : esmsVHFkrM

まったく小沢裁判は「日本のドレフュス事件」だ。

ポイントはここだ。

「それに対して、件の論客は、真の問題はドレフュスが犯罪者であるか否かではない、と喝破したのでした」。

ドレフュス事件で本当に裁かれたのがフランス軍部とその保守思想であったのと同様に、小沢裁判で裁かれることになるのは日本の司法官僚とその官僚国家思想だ。小沢と小沢の秘書の取調べ、起訴(強制起訴)、裁判の過程において行われた憲法とその民主主義的司法制度に対する彼らの犯罪が問題となるのだ。どんなに時間がかかろうと日本が19世紀フランスと同じようにそれらを自由と民主主義に対する重大な反逆であると正しく断罪するとき、日本に民主主義は本当に確立することになるのだろう。

日本の、裁判官も、検察官も、弁護士も、法学者も、官僚も、政治家も、ジャーナリストも、知識人も、文化人も、また国民ひとりひとりも、みな歴史という法廷に立っていることを自覚しなければならない。すべての言動はいずれ歴史の審判を受けることになる。

ドレフュス事件を経たフランスは一時的な軍の弱体化という代償は払ったとしても1930年代のファシズムの嵐に際して道を誤ることはなかった。フランスは民主主義に留まりその正義はナチの占領とヴィシー政権の下においてもレジスタンスとして証明された。

果たして日本の民主主義は? 中国の勃興による東アジア国際環境の緊張の中ですでに日本にはファシズムの予感がある。わたしたちは正しい道を選ぶことができるのだろうか?

まさしく小沢裁判は「日本のドレフュス事件」だ。

わたしたち一人一人に「ゾラの勇気」が問われている。


12. JohnMung 2012年5月19日 02:00:16 : gztmP8V1J9Vjg : VwMpY9l7I2

06. 2012年5月18日 23:28:23 : gPpLkbk3to
   ↑
 こいつは、でたらめ、でっちあげ、憶測・妄想なんでもありの卑劣漢。小沢氏や小沢グループ、支持者・支援者を誹謗中傷・貶めることを目的とする狂信的民族差別主義者・売国奴。
 このスレで書き込んでいることは、こいつが投稿文をまともに読んでいないか、読んでも理解できていないことを晒しているだけで、それ自体がこいつにそのまま当てはまることである。
 お里ばればれ! バーカ〜 マツーダ〜! 金をくれるなら輩に尻尾を振り、なんでもやるポチ。
 別のスレで、とうとう正体どおりの鳴き声を上げ、“わんわんわおーん!”だって。爆笑もの!
 古ネタ、ガセネタ、捏造ネタ、なんでもありの、ご高名な自称ジャーナリスト“ごろつき松田賢弥”様とか言われていた。やることからみて、さもありなん。
 このところ、阿修羅掲示板に頻繁にお出ましのようだが、どなたかから銭を貰ったのであろう。

13. JohnMung 2012年5月19日 02:19:34 : gztmP8V1J9Vjg : VwMpY9l7I2

09. 2012年5月19日 00:19:19 : Z5idbn8XeU
   ↑
 こいつもID=gPpLkbk3toと同類!
 「志操と知性のレベル」が際立って低いことさらけ出し!

14. 日高見連邦共和国 2012年5月19日 16:34:45 : ZtjAE5Qu8buIw : np1eC180Aw
ID=gPpLkbk3to=『松田賢弥』

よっ!『本気汁男』!

しかしオマエ、こんだけ『松田賢弥』とみんない連発されて、いまだ“反論無し”とは、いっそ立派!

さすが、ブラック・邪ーナリスト『ケンヤ・マヅダー』

反論はもう少し受け付けるからね!


15. 2012年5月19日 22:48:06 : Z5idbn8XeU
>>11さん >>12さん。

>そのフランス人たちは、ドレフュスが「立派」だから彼の側に立ったのではない。

なるほど。小沢さんが立派だから小沢さんの側に立った、というわけでは<ない>のですね。検察が、自分達の不始末を隠そうとしたから、それを隠すな!と思った、そういう動機であれば納得できます。

ところで話は変わりますが、迂回献金疑惑で示したように、小沢氏に批判されるだけの理由はあるとは思いませんか。そこは同時にお認めになりますか。


それはさておき、陸山会裁判はドレフュス事件とは随分違うと思います。敢えて言うなら、三井環氏が有罪判決を受けた事件のほうが近いんじゃないでしょうか。

だって、ドレフュスは軍の目的や手段には合意してましたから。ドレフュスが軍に復職したのがなによりの証拠です。結局、軍の高官の一部に問題があったのではないですかね。「検察との戦い」と言い出す人とは、ドレフュスは随分違う人だったんじゃないかな、と思います。個人の意見ですが。


[削除理由]:アラシかも

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧