★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 334.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田代政弘検事聴取反訳と捜査報告書の決定的違い (植草一秀の『知られざる真実』) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/334.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 19 日 16:24:58: igsppGRN/E9PQ
 

田代政弘検事聴取反訳と捜査報告書の決定的違い
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-6952.html
2012年5月19日 植草一秀の『知られざる真実』


2010年2月4日、小沢一郎氏に対して不起訴の決定が示された。

1月15日に小沢氏の元秘書など3名が政治資金規正法違反容疑で逮捕された。その共謀について、東京地検特捜部は小沢氏を不起訴とした。

しかし、逮捕され、取り調べを受けていた石川知裕衆議院議員は、2月1日時点で、吉田正喜特捜副部長から、特捜部は小沢氏を不起訴とするが、小沢氏は検察審査会を通じて起訴されるとの見通しを示されていた。

これは、見通しと言うよりも、検察の方針であったと思われる。

特捜の不起訴を待っていたかのように、検察審査会に審査が申し立てられた。

申立人は元産経新聞記者の山際澄夫氏だと伝えられている。

東京第五検察審査会は4月27日に起訴相当議決を行った。その際、審査に決定的な影響を与えると見られる審査補助員弁護士には、米澤敏雄氏が委嘱された。本来は、山下幸夫弁護士が選任されるはずだったそうだが、それが、ヤメ検弁護士の米沢氏に振替らええた。

これを受けて検察は再捜査を行った。

その際、東京地検の田代政弘検事が石川知裕氏の事情聴取を行った。
   
この事情聴取内容のポイントは以下の五点だ。

第一に、取調べの田代政弘検事は、小沢一郎氏が起訴されないことが石川氏にとって最重要であるとの理解者を演じ、徹底して、田代氏は小沢氏の起訴を避ける立場に立っていると石川氏に信じ込ませたこと。

だが、真実は正反対だった。田代氏は検察審査会が小沢氏に起訴議決をさせるために行動した。しかし、言葉巧みに石川氏を安心させ、完全にだまし切った。

第二に、検察が石川氏に対する事情聴取で獲得を目標にしたことが二つあり、そのひとつが、「小沢氏に報告し了承を得た」という供述調書記載内容を石川氏に維持させることであった。

田代検事はこの目的を果たすために、石川氏に対して、まったく逆の説明を繰り返した。すなわち、田代氏は石川氏に対して、「小沢氏に報告し了承を得た」との発言を維持しなければ、検察審査会が小沢氏対する起訴議決を行う可能性が高いと繰り返し説得したのだ。

この部分を否定すると、検察審査会は、絶対権力者である小沢氏から圧力がかかり、石川氏が供述を変えたと判断し、これを理由に小沢氏に起訴議決をするとの見方を強調し続けた。

逆に、供述内容を維持すれば、検察審査会はその点を問題にせず、あとは、検察が不起訴の理由を説明するから、小沢氏が起訴されることにはならないと説得したのだ。

この部分が、田代氏の犯罪の構成要件において、一番重要なところである。この点は後述する。

第三は、田代検事が事情聴取で石川氏から引き出そうとした、もうひとつのものである。2004年に決済し2005年に移転登記が完了した不動産取得の届けを2005年とした理由として、「小沢氏が提供した4億円を表に出さないため」との供述を維持させることである。

実は、この点は石川氏が事情聴取に応じた際に、終始一貫して修正を求めた点である。

石川氏は終始一貫して、2005年の届けとしたのは不動産取得を2004年としたくなかったためであり、原資の4億円を見えないようにするためではなかったことを繰り返し強調した。

しかし、田代検事は最後までこの石川氏主張を記載しない。

石川氏が秘密録音したから明らかになったが、これが調書作成の現実である。本人名の調書と言うと、本人が話したことだと思ってしまいがちだが、実際には検事が勝手に書く。

そうであるなら署名しなければいいではないかと言うが、検事は通常、大声を張り上げたり、各種の恫喝の方法を取って、無理やり署名させる。

だからこそ、全面可視化しなければならないのだ。

第四は、石川氏を心理的に弱い状況に追い込むために、吉田正喜特捜副部長による取調べ中に作成された供述調書を用いた「脅迫」の手法が、ほぼ全面に展開されたこと。
 
石川氏はある事業者から1500万円の献金を受けている。検察はこれを収賄だと主張し、石川氏を信じ込ませることに成功した。

その結果として、石川氏が収賄を認めた調書が作成された。

石川氏は吉田検事に議員辞職することを約束させられた。

しかし、真実はとんでもない茶番だった。石川氏の得た資金は違法なものではなく、合法な献金だった。これをネタに石川氏がゆすられる必要は皆無だったのだ。

しかし、吉田副部長は、これをネタに石川氏を揺さぶり、不動産取得の時期を2004年ではなく2005年としたことを「虚偽記載」だと信じ込ませることにも成功したのだ。

これも検察の常套手段である。脅しをかけて、うその供述を引き出す。脅しをかけて、判断が分かれる問題の一方的な解釈を強要するのだ。

石川氏は、収賄罪で再逮捕されることを恐れて、吉田副部長に対して異様とも思える気の遣い方を示したのだ。

第五に、田代検事が石川氏に対して味方であることを装いながら、その実、検察上層部から指令を受けた獲得目標到達に向けて、一心不乱な行動をとり続けたことだ。


田代氏の言動は、獲得目標に対して実に忠実である。早稲田の同窓、年齢の近さからくる温情、配慮はかけらも存在しない。検察は、石川氏を騙して検察の獲得目標を達成するために、田代検事を石川氏の担当にしたのだと思われる。

田代氏は、イ.保釈後、小沢氏や大久保氏と連絡を取った事実はないか、ロ.水谷建設から本当はカネをもらっているのではないか、ハ.石川氏が小沢氏に報告したのは短い時間で「3分」程度との言葉を挿入することを求めても、頑なに拒絶する、など、検察幹部からの指令を忠実に実行した。

石川氏に対して、あたかも石川氏の味方であるかのように振る舞いつ、検察の任務遂行に全面的に忠実な行動をとり続けた。

問題は田代政弘検事の行動だ。

事情聴取の核心は「小沢氏に報告し了承を得た」との石川氏供述調書記載内容を維持するのかどうかであった。

田代氏が事情聴取で強調したことは、問題になっているのは石川氏が報告し、小沢氏が何か返答をしたのかどうかであり、小沢氏がその内容をよく理解してしっかりと了承したのかではないという点だった。

つまり、石川氏が形式として小沢氏に報告して、小沢氏が「うーん」でも何でも「了承した」の表現を使ってもよい対応を示しただけよいのだという話を繰り返した。

このことについて石川氏は、報告、了承と言っても極めて短い時間であること、小沢氏が時間的にかなり前の詳細を把握していない可能性が高かったことなどを補足的に繰り返し説明した。

じかんについては、せいぜい3分くらいという具体的な数字が示され、この数字を記載することを石川氏が強く求めたが、田代氏はそれを受けいらなかった。
 
ところが田代検事検察審査会に提出した報告書には、まったくこの事情聴取内容とはかけ離れた事項が記載された。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月19日 16:47:29 : EWdIny5qg9
****参考****
植草一秀氏講演会
本日:5月19日(土)午後7時20分〜
「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」―in京都―
  (ゲスト:天木直人氏)   
http://booksogaki.blog87.fc2.com/blog-entry-129.html

02. 2012年5月19日 17:24:56 : Wjgt5cD3c2

 警察に捕まったら 完全黙秘以外は ダマされる って〜〜ことだ


 お〜〜〜 こわ!!
 


03. 2012年5月19日 17:46:07 : rWmc8odQao
山際澄夫氏
「民主党、小沢一郎氏の処分解除を強行、 何度も言っていることだが、「秘書3人有罪」だけでも議員辞職が常識。 自民党以上に古く、倫理観のかけらもない民主党哀れ!」
https://twitter.com/#!/yamagiwasumio/status/199840773280243712

山際氏、Twitterの文字も悔し涙で滲んでいますね。
永田町から遠く離れた場所で泣きながらつぶやく、負け犬の遠吠え…
いや、ミジメで醜いバカなゴリラの咆哮…

植草氏、がんばってください。応援しております。


04. 2012年5月19日 19:46:06 : rWmc8odQao
河上満栄氏
「植草一秀「消費増税亡国論」刊行記念「シロアリ退治なき消費増税粉砕講演会」特別ゲスト天木直人(元駐レバノン特命全権大使・作家)「消費増税と昨今の日本政治について」キャンパスプラザ京都ど満席。
小沢一郎代議士からの特別メッセージ「消費税増税、マニフェストと全く違う方向に向かっている。」」
https://twitter.com/#!/kawakamimitsue/status/203796932974489600

「ど満席」おめでとうございます。


05. 2012年5月19日 23:04:33 : EWMvcz7eCQ

小川法相:捜査報告書ネット流出「検察庁ではない」
毎日新聞 2012年05月18日 11時22分(最終更新 05月18日 11時46分)

 小沢一郎・民主党元代表が強制起訴された政治資金規正法違反事件に絡んで作成された「虚偽」の捜査報告書など7点がインターネット上に流出した問題で、小川敏夫法相は18日の閣議後の記者会見で「調査の結果、検察庁から流出したものではなかった」と明らかにした。

 7点はいずれも元代表の公判で検察官役の指定弁護士を介して弁護側にも開示されているが、流出ルートについて小川法相は「分からない」と述べた。

 ネット流出は今月2日、捜査報告書を作成した検事らを告発した市民団体に、文書をダウンロードできるサイトのアドレスが匿名のメールで届いて判明していた。【伊藤一郎】
http://mainichi.jp/select/news/20120518k0000e040196000c.html


06. 2012年5月20日 16:40:11 : K7Z0LZyAEE
これから万が一犯罪を犯してしまった時には「記憶が混同した。」の一点張りで起訴は免れるということでしょうか?

07. 2012年5月20日 18:11:03 : RHbGsAH9NU
「調査の結果、検察庁から流出したものではなかった」
記者クラブの記者たちはそれで納得するの?信用するの?
もしそうだとしたら、金魚のうんこですね。
違うと断定した決め手を聞かないと全く信用に値しない記事です。

08. 2012年5月21日 02:01:50 : ZfBHKvi78w
赤かぶがこんなに阿修羅支配に駆り立てられいるのは、赤かぶの背後の人間達が焦りまくっているせいに違いない。

現実は二色。国益派の白、売国奴の黒。
売国奴に騙されているB層の本来の所属は国益派の白。
黒の売国奴サイドが、白の国益派を貶めようとすればするほど、自分が足下から沈んでいく。

赤かぶの立場など無視の、背後の強欲偽善者達は、次々と阿修羅張り付き工作員赤かぶに無理な要求をしているということだ。
だから、カレイドスコープで明らかになった吉田所長自殺説の板垣英憲の偽記事なんぞを阿修羅に投稿する。阿修羅の信用落として、赤かぶからは何の謝罪もないだろう。おそらくいちいちチェックしている余裕がないのだ。複数人員があちこちネット監視にメディアチェックをしていないと、とても物理的に膨大な投稿数は不可能である。
たたでさえ、二年以上前から、阿修羅では叩かれ続け。有志達への信用はゼロの素性のかけらも絶対に明かさせない事情をお持ちの赤かぶだ。

実は赤かぶ、個人ではないということが分かれば困るはずなのだ。最初はアマチュアの個人のように見られていたのだから。謎の組織だとばれてしまったら… チームで動いていて、その赤かぶのメンバーの誰一人阿修羅には親近感を持ち合わせていないと見られたら、弁明の使用があるか?怪しいことに動いていると指摘されて当たり前だが、まともな返事など返ってくることは先ずない。そしたら、なお立場は悪くなる。…最高裁事務総局と似ているか(笑)

赤かぶの内容劣化は、工作員の攻撃コメントにも反映する。
売国奴に対しての正しい認識と理解に基づいた内容のコメントが直接赤かぶにむけられる。日本語の理解力がプロとしてある赤かぶには、到底無視できぬ正論の指摘だ。これ当人にきつく無いはずがない。
勿論赤かぶに過大な要求を突きつける背後の焦りまくりの人間には、小沢裁判関連では、どんな些細なことでも、自滅崩壊を防ぐ、きっかけが欲しいのだ。
それならば、無理だ。とてもしでかしてきた悪事の大きさは露呈するしかなく、どんな対策も効果的ではない、自然の大きな流れに抗する術はない。むしろ間抜けな工作員のはつきりと分かる増員など、自分の立場を一層悪くするだけだ。
流れは、正しい者達の手中にあり。
もうどんな正統性を用いた狡猾な誘導は、何も使えないのだ。

国益派vs売国奴 このどちらかしかなく、中間は存在していない。
但しB層は膨大。B層の彼等は、売国奴に誘導されながら国益派に所属しているという幻想のうちにあるだけ。

赤かぶのコメント要員が明らかに増員されている。
赤かぶ、二十四時間多忙だ。
赤かぶ。今後は虚しく、日本破壊工作ネット要員の記録を今後残し続けるだけだ。
無益な無意味になった誘導工作を繰り返すだけの繰り人形ロボットに徹するだけだろう。
私には地獄の苦痛に思えることだが、洗脳されたロボット工作員には、関知する所ではないのかも知れない。とてもまともな神経が働く人間にはできることではない。
国益派の日本人は益々力を得て、売国奴達は益々崩壊衰亡していく。
正しい国民には解放の喜び。悪辣な売国奴支配者達には、被告人席が待っている。
いうべきことは言った。この内容でも赤かぶ弁護人が、まるで監視でもして即座に対処するかの如く現れてくることがある。
私は、投稿者にこのような発言は、一陽来福という今は消えた二面投稿の投稿者と赤かぶのみである。

長くなった。
ユダ金の311テロの成功で、昨年の早春には首都圏喪失。おそらくは司法関係者のユダ金命令拒否の小沢無罪判決で、tpp国民主権喪失、市民弾圧法決定が続く米国にならい、監視社会の枷は決定していることを十分に予想できるほどの深刻な現実なので、寛大な心で、この長舌もお許し頂きたい。


09. 2012年5月21日 02:13:46 : ZfBHKvi78w
08 訂正

弁明の使用→弁明のしよう
先ずない→まずない
ユダ金命令拒否の小沢無罪判決で→ユダ金命令どおりの小沢有罪判決で


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧