★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 416.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本国債の格付け1ランク引き下げなら、600億ドル拠出は当然中止だろう!!野田・岡田・安住諸君!!
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/416.html
投稿者 アサマタロー 日時 2012 年 5 月 22 日 20:43:00: UiY46YlCu.Moc
 

2012.5.22に国会TVを見たが、自民石原や公明・修道・東工大卒の迫力ない議論、論戦にも成っていない八百長を聞かされていたら、共産の佐々木?議員が理路整然と@ブーメラン型3−5%時の野田の野党時演説、A切り返せない記憶力だけの岡田、B財界スポークスマン以下の無能小人安住を浮き彫りにしてくれ論破していた。今では聞いていて惹きつけられるのは参院自民の西田と二人ぐらいだ。

佐々木の的確な質問にグーの根も出ないのに=議論は世界史的には完敗なのに=蛙の面に小便か?こんな低レベルの政治家が何故?総理・副総理・財務相の表舞台に出れたのだろうか???仙石謀略政変でのみ可能だったのだろう!!本当に仙石は天下の大罪人だ!!

今日、1日中国会TVを付けていたが、聞いていてマトモナのは佐々木さん、この人位だった。
念の為に、私は共産党に一切無関係だが、分析力は共産党が政党一番だ。赤旗の記事でも良いものは阿修羅に掲示して全国民に見せて欲しい!!!

共産党は労働者党に変更し、偽装簒奪民主党の支持層離脱組を奪取すべきだ。今なら伸びる。100の大台も可能だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それで夕方のNHKTVニュースで米国格付け機関が日本国債を1ランク引き下げシングルA にしたらしい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の国会TVで、このダメ民主党トリオを見せられれば当然だが、引き下げられるのを奇貨として、世界に安住・野田が確約した600億ドルのIMF?拠出は中止し、個別案件に政策投資銀行経由の無利息融資に切り替えるべきだ!!それが世界金融筋への回答だ。それに有価証券譲渡税を旧来に復元しないとまたやられるだけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

議論は有り得ない。財務省が国際金融界に良い恰好をしたいだけで、庶民貧乏人は人頭税以下の消費増税で殺されようとしているのだ。世界ではデモや革命が勃発しても良いほどだが、日本人の90〜93%は被支配層出身だ。渡来支配者に殺され奴隷にされた潜在意識が我慢自重させているのだろう。

フランス革命を熟知され、マリーアントワネットと子供たちをご自分の敗戦直後とダブラせられた今上天皇も本当にそれが御心配なのだ。派遣切り貧困騒動の渦中で、美智子さまもご自分の古着で婚礼をさせる苦渋の決断も国民の側に立ちたい意思表示だった。それを無にする消費増税をすれば、日本の中間層が空中分解した様に日本人=民族が階級社会化し爆発する危険がある事を何故考えないのか??

それが爆発するなら、東京直下地震だろう。その時はルーマニアのチャウセスク夫妻になるのは誰だろう!!!政治家はそう言う歴史観を持たないと危険な時代に突入した。大学出て就職もしないで政治塾で20万貰い、骨の髄まで貰い癖の付いた野ブタは鳩山・菅に倣い、民主党の正統者に禅譲すべき時だ。それが出来ないなら、偽装簒奪民主党議員の集団自殺の選挙になり、橋下や共産=労働者党に200議席は取られて欲しい。嘘吐きは泥棒の始まり。総理がアイム ソーリでなく強盗バーグラーと言え!!

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月22日 20:54:50 : KbjUzFqPyw
大変まともな経歴。全電源喪失の危機を国会質問した人も居て立派だ。党の指導層がアメリカ詣でして変質したのか?労働党にしてくれ!!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

佐々木憲昭
衆議院議員 佐々木 憲昭
生年月日 1945年11月11日(66歳)
出身地 北海道岩内郡共和町
出身校 大阪市立大学大学院博士課程
学位・資格 経営学修士 
前職 党政策委員長代理
党幹部会委員
党国会対策副委員長
所属委員会 衆議院予算委員会
財務金融委員会
世襲 世襲ではない
選出選挙区 比例東海ブロック
当選回数 5回
所属党派 日本共産党
党役職 中央委員会幹部会委員
党金権・腐敗政治追求委員会責任者
消費税・庶民増税阻止闘争本部事務局長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館730号室
ウェブサイト 佐々木憲昭オフィシャルサイト
テンプレートを表示
佐々木 憲昭(ささき けんしょう、1945年11月11日 - )は日本の政治家。日本共産党所属の衆議院議員(通算5期)。
目次 [非表示] 1 経歴2 著書3 関連項目4 出演5 脚注6 外部リンク
経歴 [編集]

北海道岩内郡小沢村(現共和町)で生まれる。北海道函館商業高等学校を経て小樽商科大学卒業後、大阪市立大学大学院博士課程で経営学を専攻し単位取得満期退学。党職員となり、経済政策委員会責任者などを務める。
かつては参議院議員通常選挙に立候補していたが落選(そのときは「ささき・のりあき」名義)。1993年からは衆議院議員総選挙に出馬し、1996年10月20日に行われた第41回衆議院議員総選挙にて比例東海ブロックで初当選を果たした。その後2000年・2003年・2005年・2009年に行われた衆議院議員総選挙でも当選、5回連続当選している。
2002年に発覚した鈴木宗男事件の追及で共産党を代表して度々登場、一躍全国的な知名度を得る。衆議院予算委員会での代表質問で使った「ムネオハウス」は流行語となり、流行語大賞を受賞した。この一連の疑惑追及の過程で、佐々木の元に外務省の内部文書が届くなど、佐々木を利用した内部告発が行なわれた。
2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[1]。
2007年10月、衆議院予算委員会の総括質問にて舛添要一厚生労働大臣に対し「ワーキングプアの若者を無くすために日雇い派遣や登録型派遣を禁止すべきだ」と述べた[2]。
著書 [編集]

『記録 米・イラン危機』(連合出版、1980年7月)
共著『安保条約と青春』(日本民主青年同盟中央委員会、1983年)
共著『円高問題──その構造と打開策』(共産党ブックレット、1986年)
共著『講義 労働学校』(新日本出版社、1986年)
共著『独占資本の新たな戦略』(日本共産党中央委員会出版局、1987年)
『変貌する財界──日本経団連の分析』(新日本出版社、2007年)


02. 2012年5月22日 21:38:55 : KbjUzFqPyw
社民党質疑時に外出し、19時のニュースでみんなの党の元橋本総理秘書官の断片を見たが、彼もきっとマトモだったと思う。でも橋本デタラメ内閣秘書官だったから、良い所取りの人かも知れない。

03. 2012年5月22日 21:46:57 : KbjUzFqPyw

日本国債は中国並みから1ランク下がり、イスラエル・スロバキア並みだそうだ。イスラエル・スロバキア並みに金は外国に使わず、日本国民に使ってくれ!!!

それにしても、アメリカは世界中に毒入り金融商品を売り捌き、世界経済をグチャグチャにしておいて、平気でスペイン・日本等を格下げし、暴落した株を底値で買い増し、利ざやを稼ぐ、ハイエナ国家に成り下がった様だ。戦後に民主主義をくれた良いアメリカはもう無くなった様だ。


04. 2012年5月22日 22:03:09 : JlhOElFGlE
日本国債を格付けだけでも下げておかないと、ドルを売って円を買う動きが加速してしまう可能性があるということ。野田は何しに行ったんだ。

05. 2012年5月22日 22:15:30 : VBBYgF81p2
そろそろユダ金とはおさらばしよう。金など出す必要はない。IMFも他国の金なのに自分の金のように勝手放題ではないか。良い見本がお隣にある。バカにされてえへらえへら笑う余裕は日本にはない。まず足元を固める事から始めよう。小沢さんにかじ取りをしてもらいたい。

06. 2012年5月22日 22:57:50 : KbjUzFqPyw
共産党はマトモナ経歴の人が多い。委員長は訪米して満足したのか?見なくなったが健在か?後は共産党の赤イメージ払拭だ!労働党にして見てみ!間違いない!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福一原発事故を予言した人:
ーーーーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吉井英勝
本来の表記は「井英勝」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
衆議院議員 吉井 英勝
生年月日 1942年12月19日(69歳)
出身地 京都府京都市
出身校 京都大学工学部原子核工学科卒業
前職 参議院議員
所属委員会 内閣委員会
世襲 無
選出選挙区 (大阪府選挙区→)
(旧大阪4区→)
(比例九州・沖縄ブロック→)
比例近畿ブロック(大阪13区)
当選回数 7回(参議院1回)
所属党派 日本共産党
党役職 日本共産党中央委員
会館部屋番号 衆議院第2議員会館437号室
ウェブサイト 吉井英勝オフィシャルホームページ
テンプレートを表示
吉井 英勝(よしい ひでかつ、男性、1942年12月19日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)。元参議院議員(1期)。日本共産党国会対策副委員長。京都大学工学部原子核工学科を卒業している原子力の専門家。原子力発電所に関して以前からたびたび危険性を指摘しており、2011年に発生した福島第一原子力発電所事故で現実のものとなったことで各方面から注目されている。
「吉」の正確な表記は「」(「土」の下に「口」、つちよし)である[1]。
目次 [非表示]
1 経歴2 国会における大地震時の原発事故の警告2.1 2006年10月2.2 2006年12月
2.3 2010年4月3 政策・主張4 脚注5 外部リンク
経歴 [編集]

大阪府堺市議会議員を3期、大阪府議会議員を1期務めた。1988年に行われた参議院補欠選挙(大阪府選挙区)で、当時の二大政党である自民党と社会党の候補を破って当選する。1989年の参議院通常選挙で落選する。
1990年には衆議院旧大阪4区から出馬し初当選を果たした。小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、1996年は比例九州ブロックから出馬して当選する。2000年からは比例近畿ブロック・大阪13区で重複立候補し、4度当選しているが、小選挙区では毎回落選し比例復活で当選している。
2003年、静岡空港建設反対の国会議員署名活動で署名者に加わっている[2]。
2004年の年金未納問題の際には、14年5ヶ月未納であったことが明らかにされた[要出典]。
2007年の第166回国会では、43回の質問で議事録の発言文字数が25万4783文字と全衆議院議員中第1位を記録した[3]。
2011年10月、次期衆院選には出馬せず、勇退することが明らかになった[4]。
国会における大地震時の原発事故の警告 [編集]

2006年10月 [編集]
2006年10月27日、吉井は、当時の原子力安全委員会委員長の鈴木篤之に対して、大地震等で送電鉄塔が倒壊するなどして外部電源が得られない中で、ディーゼル発電機とバッテリーも働かなくなった場合、原子炉はどうなっていくと想定しているのか、また、この場合、冷却系が働かず、崩壊熱を除去できなくなるが、核燃料棒のバーンアウト(焼損)の問題についてどう想定し審査しているのかと質問した[5]。これに対し鈴木は、バックアップの多重化でそういう事態を起こさないことが基本としたうえで、耐震基準を超える大変大きな地震が来た場合について電力会社に評価させる方針を示すにとどまった[6]。
2006年12月 [編集]
2006年12月13日、「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」を提出し、原発の安全対策について当時の安倍内閣に見解をただした[7]。
この主意書における質問は、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震によって福島第一原子力発電所が被った危機的状況を的確に予見したものであった。例えば以下のような質問をしている。
「原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止(スクラムがかかる)だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。」(質問1-1)
「大規模地震によって原発が停止した場合、崩壊熱除去のために機器冷却系が働かなくてはならない。津波の引き波で水位が下がるけれども一応冷却水が得られる水位は確保できたとしても、地震で送電鉄塔の倒壊や折損事故で外部電源が得られない状態が生まれ、内部電源もフォルスマルク原子力発電所のようにディーゼル発電機もバッテリーも働かなくなった時、機器冷却系は働かないことになる。この場合、原子炉はどういうことになっていくか。原子力安全委員会では、こうした場合の安全性について、日本の総ての原発一つ一つについて検討を行ってきているか。また原子力・安全保安院では、こうした問題について、一つ一つの原発についてどういう調査を行ってきているか。」(質問1-6)
「停止した後の原発では崩壊熱を除去出来なかったら、核燃料棒は焼損(バーン・アウト)するのではないのか。その場合の原発事故がどのような規模の事故になるのかについて、どういう評価を行っているか。」(質問1-7)
これらの質問に対する政府答弁はおざなりであり、対策を約束しながらも、実際には何もなされなかった。それが悲劇的事故を回避できなかった原因として指摘されている[8]。
2010年4月 [編集]
吉井は2010年4月9日にも衆議院経済産業委員会で、「老朽化原発に巨大地震が重なったときに、(中略)大変な事態になる」と訴えたが、当時の経済産業大臣の直嶋正行(民主党)は、「安全第一の上でこれ(原子力発電)は推進をするというのが基本方針」と答弁した[9]。
政策・主張 [編集]

2009年の衆議院議員選挙の際に行われた朝日新聞のアンケートには、以下のように回答している。[10]
憲法の改正に「反対」
道路予算の維持に「反対」
5年以内の消費税率引き上げに「反対」
永住外国人の地方参政権に「賛成」
ーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーーーーーー


07. 2012年5月22日 23:27:57 : KbjUzFqPyw
調べた。亀井静香が修道の後輩、菅が東工大の後輩と後援会で出ていたTV見た。
ーーーーーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

斉藤鉄夫
衆議院議員 斉藤 鉄夫
生年月日 1952年2月5日(60歳)
出身地 島根県邑智郡羽須美村大字阿須那(現邑南町)
出身校 東京工業大学理学部
東京工業大学大学院理工学研究科修士課程
学位・資格 工学博士
技術士
前職 清水建設従業員
所属委員会 財務金融委員会
世襲 無
選出選挙区 比例中国ブロック
当選回数 6回
所属党派 (公明党→)(公明新党→)(新進党→)(新党平和→)
公明党
会館部屋番号 衆議院第1議員会館412号室
ウェブサイト 衆議院議員 斉藤鉄夫 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
斉藤 鉄夫(さいとう てつお、1952年2月5日 - )は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員(6期)。元環境大臣(第11・12代)。
目次 [非表示] 1 概要1.1 略歴1.2 人物2 政策・主張3 所属団体・議員連盟
4 脚注5 関連項目6 外部リンク概要 [編集]

略歴 [編集]
島根県邑智郡羽須美村大字阿須那(現邑南町)に生まれ、広島県広島市で育つ。修道高等学校、東京工業大学理学部卒業。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了。東工大大学院修了後、清水建設に入社。同社では技術研究所に配属され、超音波探傷を研究。在職中、アメリカ合衆国・プリンストン大学プラズマ物理学研究所へ派遣され、客員研究員を3年間務めた。
1993年、第40回衆議院議員総選挙に旧広島県第1区から公明党公認で出馬し、初当選を果たした。1994年の公明党分党では、公明新党を経て新進党結党に参加。1997年末の新進党解党後は新党平和に所属した(のちに公明、黎明クラブが合併して公明党が再結成された)。小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、第41回衆議院議員総選挙以降は比例中国ブロック単独で出馬し、6期連続当選。
2008年8月、福田康夫改造内閣で環境大臣に任命され、初入閣を果たした。続く麻生内閣でも再任され、2009年9月まで務める。
2009年9月、公明党政調会長に就任。2010年10月公明党幹事長代行、公明党税制調査会会長に就任し、現在に至る。
人物 [編集]
清水建設在職中は宇宙開発室にも所属しており、宇宙構造物の研究にも携わっていた。そのため国会議員の中でも有数の宇宙開発の専門家である。
2003年、消費者金融業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券購入により4万円の資金提供を受けた[1] 。
2007年、当時の久間章生防衛大臣の「原爆投下はしょうがない」発言を強く非難した。なお斉藤は広島県広島市に居住する広島県民で、かつては広島市を含む旧広島1区が選挙区であった。
国民新党の亀井静香は高校の先輩にあたる(ただし亀井は修道高校を中途退学し東京都立大泉高等学校に編入したため、卒業はしていない)。
原子力発電については推進派である[2] 。
政策・主張 [編集]

永住外国人の地方参政権 賛成[3]
ーーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーーーーー


08. 2012年5月22日 23:29:20 : L2o6LWP64I
ここは日本共産党絶賛スレ?

確かに日本共産党は立派な経歴の人も多い。
言っていることも立派な人が多い。

だが、政党行動を見てみると、
わけがわからぬ人間の集まりと思える。

口だけ立派で、行動が信用できないとなれば
ほとんど、公明と変わらない。

コメントはよく読んでいないけど、
労働党に名前を変えるなら、少しは目先が変わって
とりあえずは票も入るのかな?

まあ、日本共産党関連の方々は、あんまり周りの期待を裏切らないでください。
労働党に名前を変えても、
中身が変わらなければ、票を入れるつもりがありませんが、
とりあえずはどっちかというと応援してます。ガンバッテネ。


09. 2012年5月23日 03:44:11 : WU22oS73dw
08さんの意見に同じ。

共産党が立派なことを言っているのに、何十年経っても政権のせの字も見えない。

いうこととやることが全く違う。検察とべたべた。政策の決定過程では内部の議論は表に出ることはなく決まった結論がただ一つだけとなる。それは普通{独裁」と呼ばれるが党内では「民主集中制」となる。

国民はその本質を見抜いており決して一定以上の票、支持を与えることがなかったし今のままでは今後もそうだろう。ただ共産党に1票を入れる有権者の気持ちは尊重したい。


10. 2012年5月23日 08:54:10 : KbjUzFqPyw
こんな人の経歴を見る事になるとは日本政治も酷くなったものだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野田 佳彦(のだ よしひこ、1957年(昭和32年)5月20日 - )は日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)、内閣総理大臣(第95代)、民主党代表(第9代)。
千葉県議会議員(2期)、民主党国会対策委員長(第7・10代)、花斉会会長(初代)、財務副大臣、財務大臣(第14代)などを歴任した。
目次 [非表示] 1 来歴1.1 生い立ち1.2 学生時代1.3 政界入り1.4 国政へ1.5 堀江メール問題での失脚1.6 鳩山内閣1.7 菅内閣1.8 民主党代表選挙1.9 野田内閣2 年譜3 政策・主張4 人物4.1 人柄、性格、趣味など4.2 政治家として5 不祥事・問題を指摘された言動5.1 政治資金問題5.2 在日本大韓民国民団に選挙協力で謝辞
5.3 経団連会長からの接待5.4 父親の経歴詐称疑惑5.5 「1,000円カット」パフォーマンスに対する抗議5.6 マニフェスト順守の必要性を訴える映像5.7 「18歳からタバコ」発言6 影響7 家族・親族8 系譜9 著書10 脚注11 参考文献12 関連項目13 外部リンク来歴 [編集]

生い立ち [編集]
千葉県船橋市出身。父は富山県の農家の6人兄弟の末っ子として生まれ、陸上自衛隊習志野駐屯地に所属した自衛官[1][2][3]。母は千葉県の農家の11人兄弟の末っ子だった[3]。
3歳半の時、当時日本社会党委員長であった浅沼稲次郎が死亡した浅沼稲次郎暗殺事件を知り、初めて政治家を意識した。保育園に通っていたときには、ジョン・F・ケネディ暗殺が起き、政治家は命懸けの仕事なのだと幼児期には固く信じていた[2]。
学生時代 [編集]
船橋市立薬円台小学校、船橋市立二宮中学校と進み、1976年(昭和51年)3月、千葉県立船橋高等学校を卒業[4]。
県立船橋高校では柔道部に所属[5]。1976年(昭和51年)4月、早稲田大学政治経済学部政治学科に現役で入学。立花隆に憧れ、ジャーナリストを志していた[2]。在学中は新自由クラブでボランティア活動をしていた[5]。1980年(昭和55年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業。
松下幸之助が設立したばかりの松下政経塾に第1期生として入塾した。
野田は「今でも、松下幸之助塾長との最終面接を鮮烈に覚えています。笑顔で迎えてもらったが、目は笑っていませんでした。むしろ、射抜くような怖い目つきでした。耳はとても大きくて、ピンと立っていました。」「『キミの身内に政治家はおるか?』『まったくいません』『そりゃ、エエな。ところでキミの家は金持ちか?』『どちらかというと貧乏です』『なお、エエな』何が良かったのか、いまだにさっぱり分かりません。が、こうして、政経塾で5年間、あるべき政治の姿を学ぶことになりました[2]。」と当時について回想している。
1985年(昭和60年)に政経塾を卒業した[4]。
政界入り [編集]
家庭教師や都市ガスの点検員等、様々な仕事の経験を経て[6]、1987年(昭和62年)に千葉県議会議員選挙に千葉県内一の激戦区である船橋市から立候補した。選挙資金はカンパによる500万円、運動員は20代のボランティア約50人だけであったにもかかわらず、「金権千葉の政治風土を変えよう」「路地裏の政治」と毎日朝夕、駅前で訴え、下馬評を覆し当選した[7]。千葉県議は2期務めた。
国政へ [編集]
1992年(平成4年)に松下政経塾の評議員の1人だった元熊本県知事の細川護煕の下で日本新党の結党に参加した。翌年の1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙に旧千葉県第1区から出馬して、当選を果たした。この総選挙では日本新党ほか新生党、新党さきがけが党勢を拡大して自由民主党を過半数割れに追い込み、8党派の細川連立政権が誕生した。日本新党所属の野田も細川内閣を支えるが、国民福祉税構想の頓挫や佐川急便からの1億円借り入れ疑惑で窮地に陥った細川首相は1994年(平成6年)4月に突如辞意を表明して、8ヶ月で退陣。続く羽田内閣も日本社会党の連立離脱により少数与党に転落して、非自民連立政権は10ヶ月で幕を下ろした。同年末、新進党結党に参加した。衆院議員になった1993年(平成5年)夏、地元の千葉県に松下政経塾の地域政経塾である千葉政経塾を地元の有志たちと共に設立した[8]。
小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙では千葉県第4区から出馬するが、自民党の田中昭一に105票差という、1996年(平成8年)以降の衆議院議員選挙の選挙区での最小記録で敗北(田中昭一:73,792票、野田佳彦:73,687票、惜敗率:99.85 %)した。小選挙区での対抗馬が当時首相の橋本龍太郎であった加藤六月のような例外を除き、新進党は重複立候補を認めていなかったため、落選した。落選後に新進党を離党し、民主党に入党した。約4年間の浪人時代は中小・零細企業の経営者たちのカンパに支えられたという[4]。
2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では、民主党公認で千葉4区から出馬して当選した。4年ぶりに国政復帰を果たした。同年、民主党総務局長に就任した。翌年の2001年(平成13年)の民主党次の内閣でネクスト行政改革・規制改革担当大臣に就任する。
2002年(平成14年)の民主党代表選挙に際しては、菅直人・鳩山由紀夫の二枚看板(所謂「鳩菅体制」)に危機感を覚える前原誠司、松沢成文、河村たかしなどの中堅・若手議員で「第二期民主党をつくる有志の会」を結成した。9月の代表選に前原と野田のどちらを擁立するかで調整が難航したが、中堅・若手議員を代表する形で野田の出馬に落ち着いた。鳩山代表の3選は阻止できず落選したが、選挙戦を通じて党内での知名度を高めた。その後、鳩山代表から政策調査会長就任を要請されるが、鳩山を支持するために代表選出馬を取り止めた中野寛成の幹事長就任を「論功行賞」と批判し、就任を固辞した。
2002年(平成14年)12月に民主党国会対策委員長に(2003年(平成15年)11月まで)就任。2004年(平成16年)には次の内閣財務大臣に就任(2005年(平成17年)9月まで)して、党の要職を歴任する。
2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では千葉4区で自民党の藤田幹雄の猛追を受けるが、944票差で藤田を破り、4期目の当選を果たす。なおこの選挙で、千葉県内の小選挙区で当選を果たした民主党議員は野田ただ1人であった。
堀江メール問題での失脚 [編集]
「堀江メール問題」も参照
2005年(平成17年)の総選挙で惨敗した民主党は敗北の責任を取って辞任した岡田克也代表の後任に前原誠司を選出して、野田は前原執行部で再度国会対策委員長に就任した。しかし、2006年(平成18年)2月に永田寿康が引き起こしたライブドア元社長の堀江貴文の総選挙出馬をめぐる堀江メール問題では、当初このメールの信憑性をうたがわず永田を擁護する対応をとったため国対委員長を引責辞任した(のちに前原も民主党代表を辞任)。なお、このメール問題について2008年(平成20年)に刊行された民主党秘書らによる『民主党10年史』(第一書林)では「普通の企業なら当然そなわっている危機管理と統治能力がなかった」 、「党執行部の仲良しグループ化が生んだ情報囲い込み」が原因だったと指摘された。また馬淵澄夫によれば、国対委員長を辞任した野田と神楽坂のバーで飲んだ際、野田は「いやー、いろいろあったけど墓場まで持っていくしかねぇな」と話したという[9]。
国対委員長辞任後は科学技術政策ワーキングチームの座長として宇宙の軍事利用の検討を行い、防衛目的の利用はできないという従来の政府解釈を転換し、非侵略での宇宙利用を容認する「宇宙条約」の締結を進める方針や「宇宙庁」の設置を主張した[10][11]。
2007年(平成19年)11月から2008年(平成20年)4月まで国土審議会委員を務めた[12][13]。
2008年(平成20年)8月に「本当の二大政党なら政策論争をしないと意味がない」と主張して、民主党代表選への出馬をあきらかにしたが、幹部の松本剛明に強く自制を求められるなどみずからのグループをまとめきれず[14]、さらに安住淳国対委員長代理(当時)からいわゆる偽メール問題の責任を挙げられ自省を迫られるなど[15]、推薦人(20人)確保のめどが立たず、出馬を断念した。これにより、小沢一郎代表体制の継続が事実上決まった。これについて2008年(平成20年)9月7日放送の読売テレビ『たかじんのそこまで言って委員会』で立候補を断念した経緯を語った。またこの出馬断念に反発した馬淵澄夫がグループを脱会した[16]。2009年(平成21年)5月の小沢代表辞任に伴う後継選挙では岡田克也を支援したが、岡田は鳩山由紀夫に敗北。ただ、岡田が鳩山代表のもとで幹事長に就任すると幹事長代理として執行部入りし、復権を果たした。
鳩山内閣 [編集]
同年9月の鳩山由紀夫内閣の成立にともない防衛大臣就任が取り沙汰されたが、近著で集団的自衛権の行使を主張していることから、党内や連立政権での意見対立を刺激することが懸念されたため野田の防衛相就任は見送られたものの、その手腕を高く評価していた藤井裕久財務相の意向により、財務副大臣に就任。2010年(平成22年)1月に藤井が健康上の問題を理由に辞任すると、後任候補の1人として名前が上がり[17]、藤井も野田を後任に推薦する意向だった[18]が、菅直人副総理が国家戦略担当大臣から横滑りする形で副総理兼財務相に就任し、野田の財務相昇格案は見送られた。
菅内閣 [編集]


2011年4月15日、アメリカ合衆国財務省にて財務長官ティモシー・フランツ・ガイトナー(右)とともに
2010年(平成22年)6月に鳩山が代表・首相辞任を表明して、6月8日に鳩山内閣は総辞職した。後継代表・首相には菅副総理兼財務相が就任して、菅内閣の財務相には野田が副大臣から昇格する形で就任することとなった。初入閣での財務相就任は初めての例であり、戦後の大蔵大臣時代を含めても比較的異例である。
同年8月20日、為替動向について記者会見で「重大な関心をもって注意深くみていく」と述べる一方、為替介入についてはコメントを避けた[19]。9月8日、円高について衆院財務金融委員会での答弁で「明らかに一方的に偏っている」とし、「必要なときには為替介入をふくむ断固たる措置をとる」「産業の空洞化にもつながりかねないということで、強い懸念をもっている」と述べた[20]。9月15日、政府・日本銀行が「円売りドル買い」の為替介入に踏み切ったことを発表。この介入により1ドル=82円台から1ドル=85円台に急落した[21]。10月8日、1ドル=81円台に上昇したことを受け「より一層重大な関心を持ってマーケットの動向を注視し、必要なときには介入を含めて断固たる措置をとるという姿勢に変わりはない」と述べた[22]。また同日ワシントンで開かれた先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では為替介入について「批判的な意見は出なかった」と説明した[23] 。
2010年(平成22年)9月に発足した菅改造内閣でも財務相に留任。2011年(平成23年)1月の内閣改造に際しては内閣官房長官への横滑りも取り沙汰されたが、野田が財務相続投を強く希望したため、菅再改造内閣でも留任した。
スタンダード&プアーズによる米国債の格下げに伴い、2011年(平成23年)8月8日に行われたG7電話会談では、「米国債への信頼は揺るがないし、魅力ある商品だと思う」と述べ、円高に対してはマーケットの動向を注視すると述べた[24]。
民主党代表選挙 [編集]
2011年(平成23年)6月9日、菅直人首相の退陣表明を受けて仙谷由人民主党代表代行や岡田克也党幹事長らは民主党代表選挙に野田を擁立する方向で調整[25]。朝日新聞(2011年(平成23年)6月9日付)が1面トップでポスト菅の「本命」と報じ、夕刊の各全国紙が後追いした。野田は8月10日の文藝春秋で「時機が来れば、私は、先頭に立つ覚悟です」と党代表選への出馬に意欲を示し[26]、同日の記者会見では「脱小沢」路線は見直すべきとの考えを示した[27]。8月23日、代表選での連携を期待していた[28]前原誠司が立候補の意向を示した。
野田は8月26日に立候補を表明して、原発事故収束を優先事項に挙げる。また自身は脱原発依存の立場であり、原発は新設しないことを表明した[29]。朝日新聞が8月26日に発表した「次期首相にだれがふさわしいか」の世論調査の結果では、原口一博に次ぐ4位となった[30]。同26日には小沢一郎元代表の支持を受けた[31]海江田万里経済産業大臣が立候補を表明[32]。代表選には史上最多となる野田・前原誠司前外務大臣・海江田経産大臣・鹿野道彦農林水産大臣・馬淵澄夫前国土交通大臣の5人が立候補する形となった。
2011年(平成23年)8月29日に施行された代表選挙では、第1回目の投票で海江田の143票に次ぐ102票を獲得[33]。過半数を獲得した候補がいなかったため決選投票となり、小沢への批判票を集めた野田が215票を獲得して177票を獲得した海江田を逆転し、第9代民主党代表に選出された[34]。
投票前に行われた、いわゆる「ドジョウ演説」では、ジョークや相田みつをの詩を交えつつ、政治に「夢、志、人情」を取り戻すことを訴えた[35]。 落語家の三遊亭楽春は「落語にドジョウは出てくるが主役じゃない。野田さんは華はないけど実直で安心感はある」とドジョウ演説を評価した一方で、政治評論家の有馬晴海は「『ドジョウ政治』と言っても何をしたいのか分からない。もっと自分の生活から絞り出てくる言葉がほしい」と批判した[36]。
党首選挙に於ける決選投票での逆転当選は、1956年12月自由民主党総裁選挙での石橋湛山以来55年振りで、民主党では初めてとなった[37]。
野田内閣 [編集]
民主党代表選出後の8月30日、菅再改造内閣の総辞職を受け衆参両院で行われた首班指名選挙において、第95代内閣総理大臣に指名された[38]。9月2日に天皇による親任式を経て正式に就任し、民主党と国民新党の連立による野田内閣が発足した[39]。55年体制以降では、自民党に所属したことがなく、かつ自民党とともに政権与党に参与したことのない、初めての総理大臣である。[要出典]2011年(平成23年)10月7日に政府は臨時閣議で東日本大震災の復興事業を盛り込んだ第三次補正予算案を閣議決定して、野田は東日本大震災復興対策本部で予算案の早期成立に向けて野党の意見を取り入れる姿勢を示した[40]。補正予算の総額は12兆円程度で、うち震災関係経費は9兆1,000億円。財源は10年間で9兆2,000億円にのぼる臨時増税で賄うという[40]。復興財源を所得税や法人税などの臨時増税で賄うことに対して、毎日、読売、日経、朝日の各紙は「増税やむなし」との見解を社説で表明したのに対して、産経と東京の二紙は「歳出削減が第一である」と疑念を呈した[41]。
2011年(平成23年)10月19日、韓国訪問中に李明博大統領と会談を行い、日韓経済連携協定(EPA)交渉の早期再開に向け実務者協議を加速させることや、市場の不安定化に備えて両国の通貨スワップの限度額を現行の130億ドルからその5倍の700億ドルへ拡充することなどで合意した[42][43]。通貨スワップの拡大は、相互依存関係が強まっている韓国経済を安定化させることによって日本の経済成長を促し[44]、日本が通貨スワップを行使して円売り・ドル買いを行うことによって円高を抑える効果が期待できるとされている一方で[45]、日本にはメリットがほとんどないという見解もあり[46]、日本のインターネット上では「復興のための財源とすべき」「復興のために増税すると言っておきながら、理不尽だ」などという野田に対する反発の声が高まった[47]。 日韓首脳会談では同時に、植民地時代に日本に渡った朝鮮半島由来の図書5冊が引き渡され、「韓日関係が未来に向かうため象徴的意味を持っている」と李から謝意を表明された[43]。
2011年(平成23年)10月21日、野田は大洪水の被害が拡大しているタイへの支援策を早急にまとめるように閣僚に指示し、政府は船外機、仮設トイレ、ライフジャケットなど2,500万円相当の第二弾の緊急援助物資を決定した[48]。タイからは東日本大震災に際し、援助物資や義援金を受け取っており、政府はすでに緊急援助物資としてテントや浄水器など3,000万円相当、東南アジア諸国連合プラス3(ASEAN+3)の備蓄米を融通し合う制度を利用して5万ドルなどをタイに対して支出した[48]。
2011年(平成23年)12月22日、野田が議長を務める国家戦略会議において「日本再生の基本戦略」が決定され、東日本大震災からの復興に加え、アジアの成長を取込み、2011年(平成23年)度から2020年(平成32年)度の平均で国内総生産名目成長率3%程度、実質成長率2%程度を目指す国家戦略を定めた[49]。同戦略は二日後の24日に野田内閣で閣議決定された[50]。
2012年3月30日、政府は消費税率を現行の5 %から10 %まで段階的に引き上げる消費増税関連法案を閣議決定し、国会に提出した[51]。野田は、これに先立つ国会答弁で「将来不安をなくすことによって、消費や経済を活性化させることもある」などと意義を強調したが[52]、 野党時代にはこれとは逆に、増税で「日本経済が肺炎に」などと発言していたと報道された[53]。
年譜 [編集]
2010年11月、アジア太平洋経済協力財務相会合にて議長に就任
1980年(昭和55年):早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業する。松下政経塾に入塾(第1期生)。
1987年(昭和62年):千葉県議会議員に無所属で立候補する。当選。
1991年(平成3年):千葉県議会議員に無所属で立候補する。再選。
1993年(平成5年):第40回衆議院議員選挙に日本新党公認で出馬する。初当選(1期目)。
1996年(平成8年):第41回衆議院議員選挙に新進党公認で出馬したが105票差で落選する。
2000年(平成12年):第42回衆議院議員選挙に民主党公認で出馬する。当選(2期目)。
2002年(平成14年):民主党代表選挙に、第二期民主党をつくる有志の会に推され出馬するが、鳩山由紀夫に敗れる。
2002年(平成14年):民主党の党国会対策委員長に就任する。
2003年(平成15年):第43回衆議院議員選挙に民主党公認で出馬する。当選(3期目)。
2005年(平成17年):第44回衆議院議員選挙に民主党公認で出馬する。当選(4期目)。
2005年(平成17年):党国会対策委員長に2度目の就任した。
2006年(平成18年):党国会対策委員長を引責辞任する。
2007年(平成19年):党広報委員長に就任する。
2009年(平成21年):第45回衆議院議員選挙に民主党公認で出馬する。当選(5期目)。
2009年(平成21年):鳩山由紀夫内閣で財務副大臣に就任する。
2010年(平成22年):菅直人内閣で財務大臣に昇格就任する。初入閣。
2011年(平成23年):民主党代表及び内閣総理大臣に就任する。
政策・主張 [編集]

2010年11月6日、シンガポール財務大臣ターマン・シャンムガラトナム(左)、アメリカ合衆国財務長官ティモシー・フランツ・ガイトナー(右)と
主に松下政経塾出身者の若手議員を中心とした「野田グループ」の領袖である。
沖ノ鳥島が領土であることを批判した唐家璇中国国務委員(副首相級)に対し、「南沙諸島を実効支配している貴国にとやかく言われる筋合いはない」と述べた。更に、尖閣諸島に中国人活動家が上陸した折、日本の領土であることを確認する国会決議を提案したことがあり、一貫して中国脅威論を主張する。
小泉純一郎首相の靖国神社参拝が論争となっていた当時、民主党内ではA級戦犯合祀を理由に参拝を批判する見解が多かったが、2005年(平成17年)10月17日提出の質問主意書で「A級戦犯と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではない。戦争犯罪人が合祀されていることを理由に首相の靖国神社参拝に反対する論理は破綻しているが、小泉総理の見解ではその論理を反駁できない」、「参拝の是非は国際政治的な利害を踏まえてなされるべきもので、誤ったA級戦犯理解に基づく是非論はA級戦犯とされた人々の人権侵害であり、人権と国家の名誉に関わる問題である」「東京裁判を受諾したという政府や外交当局の見解によれば、裁判における南京大虐殺20数万や日本のソ連侵略といった虚構も含め、日本が満州事変以降一貫して侵略戦争を行って来たという解釈を受け入れることになってしまう」と、保守派の立場をとった[54]。
「安全保障基本法」「緊急事態法」の制定を主張している。
鳩山由紀夫内閣における永住外国人への地方選挙権付与(外国人参政権)については「今、法案を出して、党内をばらばらにする必要はない。政府提案であっても、議員提案であっても、出すべきではない」と述べ、慎重な姿勢を示し、自身の外国人参政権に対する姿勢については「明確に反対だ。外国人が、帰化の手続きを簡略にできるようにすればいい」と述べている[55]。
経済政策では、与謝野馨らと並んで財政再建派・増税派の代表格とされる。東日本大震災の復興財源を賄うための臨時増税を示唆している[56]。
2009年(平成21年)7月14日の衆議院本会議で、「25000人の国家公務員OBが、4500の法人に天下りをし、その4500法人に12兆円1000億円の血税が流れていることがわかりました。これだけの税金に一言で言えばシロアリが群がっている構図があるんです。そのシロアリを退治して、働きアリの政治を実現しなければならないのです」と述べて、天下りの根絶を主張している。さらに、衆議院議員総選挙公示目前の2009年8月15日には、「シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。徹底して税金の無駄遣いをなくしていく。それが民主党の考え方であります」と大阪府堺市で演説している[57]。
大連立推進論者である。自民党、公明党との大連立に関し「101回でもプロポーズしていきたい」と意欲を示している[58]。
TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)推進論者である[59]。
人物 [編集]
2010年11月6日、アメリカ合衆国財務長官ティモシー・フランツ・ガイトナー(左)と
人柄、性格、趣味など [編集]
身長173cm、体重79kg。血液型はB型。尊敬する人物は松下幸之助とロバート・ケネディ。座右の銘は松下政経塾の「五誓」の一つである「素志貫徹(成功の要諦は成功するまで続けるところにある)」。政治信条はケネディの「アイデアリズム・ウイズアウト・イリュージョン(幻想なき理想主義)」[4]。
性格は温厚で低姿勢と評される事が多い[60][61][62]。
趣味は格闘技観戦。小学生の時にキックボクシングの沢村忠に握手してもらい感動したという[4]。最強と考えるプロレスラーはジャンボ鶴田。政治の場でも格闘技用語を使い、2002年(平成14年)の民主党代表選のキャッチフレーズは「ドスンパンチ」、2003年(平成15年)には小泉純一郎首相の答弁を「ヒットアンドアウェーというよりアウェーアンドアウェー」と表現した[4]。柔道2段の有段者で、田村亮子と写った写真を議員会館自室に飾っている。田村について「政治家としての行動は違うが、柔道家としては好き」と語っている[4]。超党派で作る格闘技振興議員連盟の会長を務めている。本人曰く柔道でも政治でも寝技は苦手。
好物はラーメンと日本酒[63]。酒豪だが高級バーをはしごするタイプではなく、庶民的な店がほとんどだという[4]。カラオケの十八番は「柳ヶ瀬ブルース」「思えば遠くへ来たもんだ」など。
2011年(平成23年)10月の資産公開で、野田の資産は1,774万円(千葉県船橋市の自宅の土地・建物計1,514万円、定期預金260万円)で、家族分も公開対象となった1989年(平成元年)以降、首相の就任時では過去最少となった[64][65][66]。
政治家として [編集]
駅前で通勤する人々に政策を訴える「朝立ち」を1986年(昭和61年)10月から2010年(平成22年)に財務相に就任する前日まで24年間続け、「駅前留学はNOVA、駅前演説はNODA」と自ら称した[67] 。
財政政策にブレが少なくあまり省議に口を挟まないことから、財務省内では「仕えやすい上司」との評価が定着。演説の上手さにも定評がある[4]。
財務省ではたばこ増税に取り組んだが、自身は1日2箱の愛煙家で、「(増税は)切ないテーマ」と認めた[68]。2011年(平成23年)7月、東日本大震災の復興財源の税目として更なるたばこ増税が議論になった際に、当時財務相であった野田は、税制を使った「オヤジ狩りみたいなもの」だと反発した[69]。
第162回通常国会における2005年(平成17年)1月21日の小泉純一郎首相による施政方針演説の中で、凶弾に倒れながらも「男子の本懐」と漏らした濱口雄幸首相を小泉が自らになぞらえたことに対して、1月25日の代表質問の場において、狙撃後も命をかけて国会に出席し説明責任を果たしたことが浜口の真骨頂であり、ぼかして逃げるあなた(小泉)とは違うと批判した[70]。
日本大学政治学教授岩井奉信は、党の内外や官僚と敵対しない温厚なタイプと野田を評した[60]。
不祥事・問題を指摘された言動 [編集]

政治資金問題 [編集]
「政治資金規正法」および「公職選挙法」も参照
過去に脱税事件で起訴された男性が関係する会社から、2007年(平成19年)6月に政治資金パーティーを行った際に40万円ずつ(計・80万円)のパーティー券を購入したことが判明した[71]。この男性の関係する会社は前原誠司外相、蓮舫行政刷新担当相、渡辺喜美(みんなの党代表)の政治資金問題にも関与していたことが明らかになっている[72]。自民党の西田昌司参議院議員は2011年(平成23年)6月3日の参議院予算委員会でこの問題を取り上げ、質問を行った[73]。
2011年(平成23年)1月20日に朝日新聞社が調べたところによると、関係政治団体「野田よしひこ後援会」が、2009年(平成21年)にクラブやスナックで支出した飲食費合計22万2500円を政治資金の交際費として支出したと、政治資金収支報告書に記載しており、野田の事務所は1月19日付で、報告書から削除した。この問題について、同事務所は「女性が接客する店の代金は、政治家の政治活動にはあたらない、と判断したので削除した」と説明した[74]。
2011年(平成23年)6月11日にJNNが取材したところ、法人税1億数千万円を脱税していた容疑のあるソフト開発会社から「民主党千葉県第4区総支部」に2003年(平成15年)、2005年(平成17年)の2年間で計50万円の企業献金を受けていたことが明らかになった[75]。
2011年(平成23年)6月16日には、業務上過失致死罪で医師が起訴された品川美容外科グループ創業者の男性から、2008年と2009年、2010年に各100万円の政治献金を受け取っていたことが明らかになった[76]。この問題に対し、野田は「返金を検討したい」と述べた。
2011年(平成23年)9月4日には、自らの資金管理団体「未来クラブ」が政治資金規正法で禁じられている個人献金(政治献金)を韓国籍の在日外国人2人から47万円余り受けていたことが新たに判明した[77]。この問題について、献金を行っていた在日本大韓民国民団の船橋支部議長[78]。を務めている船橋市の男性は、「野田さんは私が外国籍であることは知っていたはず」と証言。一方で、日本名で献金を行ったことから「献金者が私だと気づかなかったのかもしれない」ともしている。野田は、「本人も事務所の者も全く知らなかった。専門家を入れて調査を行い、報告する」というコメントを出した[79]。
在日本大韓民国民団に選挙協力で謝辞 [編集]
2011年(平成23年)8月31日に「夕刊フジ」が報じたところによると、第45回衆議院議員総選挙の直後に行われた日韓友好イベント「マダン祭」で在日本大韓民国民団に対し、選挙協力への謝辞を述べていたことが判明した[80]。野田はこの中で、「千葉民団の皆さんの力強いご推挙をいただき、力強いご支援をいただきましたことを、心から御礼申し上げたいと思います」とあいさつした。
経団連会長からの接待 [編集]
2011年(平成23年)9月1日に、2010年(平成22年)10月29日の財務相就任時に、手塚仁雄・民主党総括副幹事長のほか、坂根正弘・日本経団連副会長(小松製作所会長)、丹呉泰健・前財務省事務次官と民間人1名と共に、住友化学の名で、日本経団連の米倉弘昌会長の接待宴に招かれていたことが判明した[81]。この問題について「しんぶん赤旗」は、衆議院が1985年(昭和60年)6月25日に議決した「政治倫理綱領」が指摘する「公私混淆」に相当する疑いがあるとしている。
父親の経歴詐称疑惑 [編集]
2011年(平成23年)9月3日の日刊ゲンダイによると、野田はかねてから「父は(陸上自衛隊の)空挺団員」と明言しており、2005年(平成17年)1月3日の日本経済新聞には「落下傘部隊が降下訓練をしているのをみて育った。その中に父がいた。」との記事が掲載されていた。この経歴について陸上自衛隊OBから疑問の声が上がり、ゲンダイが陸上自衛隊習志野駐屯地に取材したところ「第1空挺団の隊員でなかったことは確かです」 「同じ習志野駐屯地でも野田首相の父親は『業務隊』の所属でした」との回答を得た[82]。
野田の公設第一秘書は日刊ゲンダイの取材に対して、「『もともと空挺団だったけど、足をケガして業務隊に移った』と聞いた」とコメントした[82]。なお、業務隊とは戦闘部隊ではなく、駐屯地の管理業務を行う支援部隊であり、衣類や燃料の確保や隊員の福利厚生を担当する[82]。
「1,000円カット」パフォーマンスに対する抗議 [編集]
組閣翌日の2011年(平成23年)9月4日、財務相当時からの行きつけの10分1,000円のヘアカット専門店QBハウス虎ノ門店で散髪し、「庶民派」首相をアピールしたところ[83]、全国理容生活衛生同業組合連合会から「『デフレ脱却』という首相の政治テーマに反する」[84]、「一国の首相たるものが、一企業(QBハウス運営会社)のPRをする形になるのは如何なものか」といった抗議の声が上がった[85]。
また、当日朝に台風12号が上陸していた状況から、「理髪店に行くより首相官邸の危機管理センターに行くのが先ではないか」(自民党幹事長・石原伸晃)との批判も出た[84]。
マニフェスト順守の必要性を訴える映像 [編集]
2012年(平成24年)1月、野党時代の2009年(平成21年)衆院選での街頭演説で、当時民主党幹事長代理だった野田が、自公政権がマニフェストに明記していなかった後期高齢者医療制度を発足させたことを挙げて「マニフェストに書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことはやらないんです。それがルールです」と力説する映像[86]がユーチューブでながれ話題となったが、首相となった野田は、消費増税の与野党協議に応じない野党側の姿勢を批判して「マニフェストに書いていないことをやるのはけしからんと言われたら、何もできない」と発言していたため、みんなの党代表の渡辺喜美や自民党参院議員の片山さつきから整合性がないと非難された[87][88][89][90][91][92]。
「18歳からタバコ」発言 [編集]
2012年(平成24年)3月9日、政府の癌対策に絡み、公明党の松あきらが愛煙家の野田に「率先垂範して禁煙宣言してはどうか」と迫った。これに対し「いや、参りましたね。喫煙率が下がっていくことは望ましいと思いますが、 私、18歳からずっとやめたことなく貫いてきてしまいました。受動喫煙には気を付けたい」と発言。場内がざわめき、「喫煙は法律で20歳から」という周囲のささやきで問題発言をしたことに気付いた野田は、「あ、すみません、20歳からです」とあわてて訂正した。松は「ここは目をつぶるから、しっかりやって」と決断を促した[93]。
影響 [編集]

大修館書店が全国の中高生から国語辞典に載せたい言葉を募集する「第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!」で、事務局オススメ傑作選に「野田る」という言葉が選ばれた[94]。「泥臭く頑張る」「上手にスピーチする」の意という。
家族・親族 [編集]

父[95](元自衛官)弟・剛彦(政治家・船橋市議会議員[96])妻[95]・仁実長男[95]次男[95]
系譜 [編集]

野田家(富山県富山市、千葉県船橋市)
父は富山県婦負郡野積村(現在の富山市八尾町水口[97])の出身[2]。農家の6人兄弟の末っ子として生まれた[2]。自衛隊の前身である警察予備隊に入隊し、定年で退官するまで自衛官としての人生を歩んだ[2]。習志野駐屯地勤務の折に、母と出会い、結婚[2]。母は千葉県の農家の11人兄弟の末っ子だった[2][3]。貧乏で結婚式も挙げなかった[98]
野田によると「農家の末っ子同士の間に生まれた子どもが、私です。選挙区が都市部なのにシティーボーイに見えないのは、そのせいかも知れません[35]」という。
出生時、係累に政治家は誰もいなかった[2]。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーー
3歳半で浅沼刺殺事件を覚えているか?私は10歳だったが、嘘だと断定したい。父親の空挺団?虚言と同じで平気で嘘が言える虚言癖と断定。かこつけるのが上手い野田!!  


11. 2012年5月23日 09:09:40 : KbjUzFqPyw
民主党議員はポット出が多く経歴を見た人は少ない。こんな小人モンキー顔は人相的にも有り得ない政治家だ。親が町長?赤城絆創膏孫並みの人材だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

安住 淳(あずみ じゅん、1962年1月17日 ‐ )は、日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(5期)、財務大臣(第15代)。
衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣(菅第1次改造内閣)、民主党国会対策委員長等を歴任した。
目次 [非表示] 1 来歴2 政策・主張2.1 防衛省OB再就職調査問題3 人物4 脚注5 関連項目6 外部リンク
来歴 [編集]

宮城県牡鹿郡牡鹿町(現石巻市)生まれ。宮城県石巻高等学校を卒業後、一浪して早稲田大学社会科学部(当時は夜間学部)に入学、卒業。早大在学中は雄弁会に所属。大学卒業後、日本放送協会に報道記者として入局し、自由民主党を担当した。当時の上司には、2010年にNHK放送センター内で自殺した影山日出夫NHK解説委員室副委員長がおり、安住が政界入りする際は「よく大変な世界に入るよな」と励まされたという[1]。1993年にNHKを退職。
同年、第40回衆議院議員総選挙に日本新党・新党さきがけの推薦を受け、無所属で旧宮城県第2区から出馬したが、落選した。その後新党さきがけに入党するが、1996年に離党し、さきがけの幹部だった鳩山由紀夫や菅直人らが中心になって結党した旧民主党に参加する。同年の第41回衆議院議員総選挙では宮城県第5区から出馬し、初当選を果たす。元々、宮城5区を含む旧宮城2区は社会民主党から民主党結党に参加し、選挙前まで第1次橋本内閣の郵政大臣だった日野市朗の地盤であったが、この選挙では安住が宮城5区、日野が比例東北ブロック単独で出馬して共に当選している。2000年の第42回衆議院議員総選挙ではコスタリカ方式により安住が比例区、日野が選挙区で出馬する予定だったが、選挙前に候補者が差し替えられ、前回同様安住が宮城5区、日野が比例単独で出馬した。
2005年の第44回衆議院議員総選挙では自民党が大勝する中で、宮城県で唯一民主党の議席を死守した(次の第45回衆議院議員総選挙では逆に、宮城県第6区の小野寺五典を除き宮城県内の小選挙区では民主党候補が当選)。この総選挙での民主党大敗により岡田克也民主党代表は辞任し、安住は後任の前原誠司代表の下で選挙対策委員長に就任する。2008年大阪府知事選挙ではガソリン値下げ隊36名を率いて熊谷貞俊候補を支援するが、熊谷は橋下徹に敗北した[2]。
2009年の第45回衆議院議員総選挙では宮城5区で5選を果たす。総選挙後、衆議院安全保障委員長に就任。2010年6月、鳩山由紀夫首相が辞任し、後任の菅直人首相の下で再び民主党選挙対策委員長に就任。第22回参議院議員通常選挙では民主党幹事長の枝野幸男と共に陣頭指揮を執るが、菅首相の消費税増税をめぐる発言のブレ等により、民主党は大敗を喫した。党内からは枝野幹事長、安住選挙対策委員長の責任論も噴出したが、菅首相は9月に民主党代表選挙で再選されるまで両名を続投させた。9月の民主党代表選挙では現職の菅直人への支持を表明し[3]、2010年9月に発足した菅第1次改造内閣では防衛副大臣に就任。翌2011年1月、菅第2次改造内閣発足に伴う党役員人事で民主党国会対策委員長に就任した。5月12日、人権擁護法案を次期臨時国会で提出を目指す方針を示した[4]。
菅内閣の東日本大震災対応に批判が高まると「誰が総理大臣をやってもとてつもない難問で、菅さんが全部悪いというのは乱暴だ」と反論し[5]、菅総理大臣の在日韓国人違法献金問題についても「日本名での献金で認識がなかった。不注意だったと思うが、故意ではないので心配していない。これからも丁寧に説明すればいい」と述べ[6]、菅内閣への退陣要求を牽制した。
2011年(平成23年)6月に自由民主党と公明党が、菅内閣の東日本大震災の対応などについて内閣不信任案を提出する。民主党執行部に不信を募らせた民主党議員たちが同調の動きを見せたことに対し、「与党の責任を果たすため、大差で否決しないといけない。賛成者は誰であっても、何人であっても除名になる」と述べた[7]。また自由民主党の逢沢一郎国対委員長に対して、7月上旬に菅内閣が退陣し民主党代表選挙を実施する意向を伝え、公債発行特例法案の早期成立に理解を求めた[8]。
2011年9月、野田内閣で財務大臣に任命され、初入閣を果たした。入閣の可能性自体は早くから報じられていたが、過去に経済関係のポストとは無縁だったため、財務相就任には本人も含め驚きの声が上がった[9]。国対委員長として野党と折衝に当たった手腕を見込まれたとも言われる[10]。安住自身は防衛大臣への就任を予期して防衛白書を読んで準備していたという[11]。旧大蔵大臣時代を含めても、財務大臣に任命されて初入閣するのは異例であるが、前任の財務大臣である野田佳彦も、副大臣から昇格する形で財務大臣に就任し、初入閣している。また40代での財務大臣就任は、田中角栄が大蔵大臣に就任して以来であった。
政策・主張 [編集]

2008年1月18日、大阪府知事選挙の応援演説で対立候補の橋下徹を「政党を隠しての選挙はせこい。結局、のみ込まれて改革できないよ。茶髪で反権力で人気になったのに自公に乗っかって、姑息」[12]と非難した。
2008年12月5日に改正国籍法が成立したことに関して自身のブログで、右寄りの一部の人が多数を装い各議員の事務所にメールやファックスを多数寄せる組織的な反対運動を起こしていることを何よりも心配しているとして「ネット社会の負の部分をまざまざと見た思いだった。こうしたことで法案の審議や議員の自由な政治活動に支障があっては、国会がおかしくなる」と記している[13]。
「国籍法改正問題」も参照
2010年11月に起きた尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件では、映像を公開した海上保安官の一色正春について「理由のいかんにかかわらず、海保で働く資格のない男だね」と強い不快感を示し、彼を擁護する意見に対しては「義憤に駆られてやったと擁護する人もいるが、それでは組織が持たない」と批判した。一方、菅内閣が事件の映像を国民に非公開にしていたことについては、妥当な処理であったと主張した[14]。
2010年11月に起きた「自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達を出した問題」において、反対を押し切って主導的にこの通達を出した[15]。それにともない防衛省自衛隊情報保全隊が自衛隊OBの自民党議員佐藤正久や元航空幕僚長田母神俊雄等を監視していた問題にまで発展した。当初、防衛省は前記通達との因果関係において「通達と保全隊の活動は別だ」と説明していたが、会議内容や幹部の証言によって前記通達を受けたための処置だったことが判明した[16]。
2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震において、民主党震災対策副本部長渡辺周と被災地への支援策を検討するなかで「(被災地のガソリンスタンドが被害をうけ、貯蔵する場所がないので)学校のプールにガソリンを貯蔵できないか」と発言したとされる[17]。
2011年7月5日、松本龍復興担当相が失言を連発して辞職したことについて「(被災県の知事への応対は)誤解を受ける態度、発言だったことは否定できない。残念だがやむを得ない」と述べた[18]。一方で、「本当に情けない内閣だ。こういう醜態は恥ずかしい」と、与党の国対委員長の立場ながら菅内閣に対する強い批判も行った。
2011年7月12日、郵政改革法案の早期成立を強く要求している連立与党の国民新党を「瀬戸際外交みたいだ。異様な対応を取る人たちが連立政権のパートナーとなっている」を公然と批判した[19]。
2011年7月30日、テレビ東京の番組で、東日本大震災の復旧・復興で被災地自治体の首長から国政への不満が出ていることについて、「首長は増税しないのだから(批判されにくい)。国からお金をもらって自分は言いたいことを言って、出来なかったら国のせいにする。自分たちは立派なことを言うが泥はかぶらない。この仕組みは何とかしなければいけない」と批判した[20]。
2011年9月26日の衆院予算委員会で、埼玉県朝霞市の公務員宿舎建設に関連して「私もNHK時代には給与では生活できずに社宅に住んだ。多少の便宜供与はあってしかるべきだ」と述べた[21]。NHKの年間報酬については、9月28日の参院予算委でNHK出身の小宮山洋子厚生労働相により平均1041万円であることが明らかになっており、かなりの高給取りであるとの指摘がある[22][23][24]。
防衛省OB再就職調査問題 [編集]
北教組からの違法献金事件の結果(小林千代美民主党衆議院議員の辞職)行われた衆議院北海道5区補欠選挙(2010年10月)に民主党新人が敗れた直後、防衛省が地元企業に再就職したOBの人数を把握する異例の調査を行った。産経新聞によると、調査は民主党の国対委員長だった安住(当時は防衛副大臣)が防衛省内で「自衛隊OB票が町村信孝(自民党)に流れた」と指摘したことが発端だったという。産経新聞は情報源として複数の防衛省幹部をあげている[25]。また、産経新聞は、2010年11月に自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる防衛事務次官通達の発出も安住が主導したと報じている[25]。
人物 [編集]

父は牡鹿町長を務めた安住重彦。
NHK同期入局に大越健介(ニュースウオッチ9キャスター)がいる。
小選挙区比例代表並立制導入後、宮城県第5区で連続5選を果たしており、対立候補は1人も比例復活していない。民主党所属の議員で小選挙区で連勝し、かつ対立候補の比例復活を一度も許していないのは安住、横路孝弘(北海道第1区)の2人のみである。
若林忠志の妻が石巻出身だった縁で阪神タイガースのファン[26]。「阪神タイガースを応援する議員の会」の23人の発起人の一人。「阪神タイガースが優勝したら国会で六甲颪を歌う」が同会の活動方針。
熱狂的なEXILEファンでもある。2009年11月のブログでは天皇即位20年の記念式典でEXILEと同席・交流「会えた、会えた、会えた…会えました」と記している[27]。
天然パーマのボンバーヘッドがトレードマーク。必ず地元石巻の行きつけの店で散髪を行なう。
衆議院安全保障委員長だった2010年4月9日、安全保障委員会で質疑に立った自民党の小泉進次郎を「小泉純一郎君」と呼び間違えた。同日、浜田靖一(自民党)の質問中にも、北澤俊美防衛大臣を指名する際に「浜田防衛大臣」と呼び間違え、北澤から「委員長の下で政権交代が起こるとは思ってもみませんでした」と茶化される一幕があった。なお、北澤の前任の防衛相は浜田である。
2011年3月11日発生した東日本大震災の津波で石巻市の自宅が全壊し、同市の事務所も被災した。安住の両親は避難し無事であった。
週刊ポストは、安住が周囲に「俺は暴走族出身だからな」と吹聴したと報じている[28]。
脚注 [編集]

^ スポーツ報知 2010年8月13日
^ スポニチアネックスOSAKA 社会 "熊谷氏応援"安住議員が橋下氏バッサリ「姑息」[1]
^ 安住淳公式BLOG「代表選挙に突入」2010年08月27日(Fri)[2]
^ 人権救済法案、今国会は断念 政府・民主党 2011.5.12 21:13 産経新聞 [3]
^ 2011年4月15日06時01分 スポーツ報知 誰がやっても難問「菅政権が悪い」は乱暴[4]
^ 日経新聞 2011/03/11 民主党執行部 「こんなことで辞めていたら国が滅びる」
^ 産経新聞 2011.6.2 10:19 [5]
^ 『「代表選は7月上旬」 民主・安住氏』 産経新聞 2011.6.7 19:19[6]
^ 誤算の岡田玉突き時事通信2011年9月2日
^ 日本経済新聞 2011年11月17日夕刊
^ 防衛白書を読んでいた安住氏が財務大臣にテレビ朝日9月2日
^ 社会 "熊谷氏応援"安住議員が橋下氏バッサリ「姑息」 スポニチアネックスOSAKA (2008年1月18日) 2011年7月25日閲覧。
^ 安住淳が斬る!「国籍法改正」
^ “尖閣ビデオ流出で海上保安官 擁護していては組織もたない”. 報知新聞. (2010年11月12日) 2010年11月12日閲覧。
^ 防衛次官通達、安住氏が主導 政務官再考促すも耳を貸さず
^ 保全隊潜入監視「OBは黙認してくれる」 トップ幹部が指示
^ 2011年3月19日放送のTBSテレビ『みのもんたのサタデーずばッと』に出演した渡辺周が出演した際、そのように発言している。ちなみにガソリンは揮発性・引火性が高く爆発を起こしやすいため、さだめられた場所以外での貯蔵は法律で禁止されている。
^ 民主・安住国対委員長「残念だがやむを得ない」産経新聞 2011.7.5 0:07[7]
^ 国民新党は「瀬戸際外交」と民主・安住氏が批判 産経新聞 2011.7.12 18:00 [8]
^ 被災地首長「立派なことを言うが泥かぶらない」読売新聞 2011.7.31 8:53[9]
^ 財務省、野田バカにして血税垂れ流し!身内の豪華宿舎に非難ゴウゴウ 夕刊フジ 2011.10.1[10]
^ NHKの平均年収は1000万円 NHK出身閣僚2人を前に民主党議員が優遇批判 産経新聞 2011.9.28 21:06[11]
^ NHK職員の平均年収1000万円!受信料で高給ライフ満喫? 夕刊フジ 2011.9.29[12]
^ 「ちびっこギャング」安住財務相が「暴言大魔王」 週刊文春が「認定」した根拠 J-CASTニュース 2011.10.5 8:34[13]
^ a b 「自衛隊OB票が自民に」 補選敗北で安住氏 防衛省がOB再就職調査
^ スポーツ報知2010年1月15日
^ 安住淳の徒然記
^ ““ちびっこギャング”安住財務相「俺は暴走族出身」と明かす”. NEWSポストセブン 2011年9月17日閲覧。
ーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーーーーーー
町長の息子が一浪して早稲田社会=夜間専用学部だった=に入学。金が無い苦学生では無い。やはり馬鹿だったのだ。後は親のコネや金で雄弁会に人脈。だから言語明瞭・意味不明の竹下答弁以下だった。大蔵財務大臣史上最低の偏差値だ!官僚の言いなりは履歴が証明済み。酷過ぎる人材だ。


12. 2012年5月23日 09:36:00 : KbjUzFqPyw
岡田は民主党に不向きな経歴だ。1年の留学は武富士長男の6カ月非居住者子と居住者親の海外送金が無税になる日本資産家様に大蔵省がワザワザ作った税制の抜け穴を使い、生前贈与を受けている証拠だ。政治家になる資格はない。だから相続増税や所得増税よりも大衆課税の消費増税なのだ。醜い物が顔に出ている。
ーーーーーーーーーーーーーーー引用ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡田 克也(おかだ かつや、1953年(昭和28年)7月14日 - )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)、内閣法第九条の第一順位指定大臣(副総理)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)。
民主党幹事長(第4代・第8代・第11代)、民主党代表(第4代)、外務大臣(第142代・第143代)などを歴任した。
ジャスコ創業者の岡田卓也は父。イオン取締役兼代表執行役社長の岡田元也は実兄[1][2][3]。
目次 [非表示] 1 略歴1.1 生い立ち、官僚時代1.2 政界入り1.3 民主党時代1.3.1 野党時代1.3.2 鳩山政権1.3.3 菅政権1.3.4 野田政権2 政策・主張2.1 外交・国際問題2.2 在日外国人2.3 経済・財政2.4 環境2.5 行政改革・社会保障2.6 選挙関連
3 政策・主張 (外務大臣として)3.1 「核」について3.1.1 「アジア非核地帯構想」を提唱3.1.2 イランの核開発疑惑3.1.3 非核三原則3.2 東シナ海ガス田問題3.3 竹島問題3.4 普天間基地代替施設移設問題について3.4.1 「嘉手納基地統合案」から「現行案」へ4 人物像4.1 個人として4.2 政治家として4.3 エピソード5 主な発言
6 その他7 関係団体8 家族 親族9 岡田家の教育方針10 系譜11 脚注12 関連項目
13 参考文献14 外部リンク略歴 [編集]

生い立ち、官僚時代 [編集]
三重県四日市市の岡田屋呉服店を前身とする四日市岡田家の7代目当主でスーパー「岡田屋」を経営していた岡田卓也の次男として生まれる。男3人兄弟であった。4歳年下の弟(中日新聞の政治部長)は母方である高田家の養子となった。2009年(平成21年)の自身のブログで1月31日に享年100歳で老衰で死去した長寿で麻雀が好きだった母方(高田家)の祖母が大好きな、おばあちゃん子であったと書いている。
四日市市立中部西小学校と中部中学校を卒業した。平成13年(2001年)8月1日に朝日新聞社の取材を受けて、「育った町の四日市市についてどう思うか」との質問に「公害の町」であると回答した。「中部西小学生だった頃に第2四日市コンビナートが建設された事から公害問題が顕在化して、中部地区にも大気汚染による被害が拡大した。同級生(昭和28年度生まれ)で四日市ぜんそくの症状で悩んでいた人もいたし、自分が卒業した後に、中部西小学校の後輩になる9才年下(昭和37年度生まれ)の女の子が4年生(9歳)で死亡したなど公害で亡くなった四日市地域の人もいた」と発言した。
父の経営するスーパーが三重県四日市市を拠点とする「岡田屋」から、他社である兵庫県姫路市を拠点とする「フタギ」と大阪府吹田市を拠点とする「シロ」の3社が提携を行い合併して「ジャスコ」となり事業が拡大すると共に、四日市市中心から全国的な経営をする必要から父子で大阪に移住して、大阪教育大学附属高等学校池田校舎を経て東京大学法学部を卒業する。
国家や社会など公的な仕事に就くという幼少時からの夢のため、国家公務員を目指した。厚生省への就職も考え迷ったあげく、1976年(昭和51年)通商産業省(現在の経済産業省)に入省する。同期には高橋はるみ北海道知事らがいた。
通産省では中小企業対策や石油問題などを手がけた。町村信孝の直属の部下だったこともある。1985年(昭和60年)に米国のハーバード大学の国際問題研究所に派遣された。研究員として1年間滞在して、ハーバード大学のケネディスクール(ジョン・F・ケネディアメリカ大統領を冠して設立された行政学を専攻するコース)で学び、エズラ・ヴォーゲルらと交流した。この頃から政治への問題意識を抱き始め、同時に官僚として出来ることの限界に気付くようになる。(生い立ちについての参考文献は著書「岡田語り」の引用である。平成22年6月24日発売)
政界入り [編集]

2005年4月9日、福岡市での街頭演説にて
桑名市と四日市市を地盤としていた竹下派所属の山本幸雄の後継者として出馬をした。竹下登と財界との関係で繋がりが深かった父の岡田卓也を通じて打診、克也が「やってもいい」と意欲を見せたことで自由民主党竹下派の新人候補として出馬に至った[4]。1988年(昭和63年)7月に大臣官房総務課の企画調査官を務めたのを最後に通産省を退官した。中選挙区の三重1区から1990年(平成2年)の第39回衆議院議員総選挙に出馬した。滑り込みの4位であったが当選した。選挙結果である当選順位は、同じ自由民主党候補の川崎二郎と北川正恭より得票数が少なく自由民主党では最下位であった。中選挙区制度では他の自由民主党候補との競争や労組出身の伊藤忠治に勝てずに自分が選挙に強くない事を実感した。自民党離党後に新生党から出馬して、新党ブームで無党派層の支持を得た。1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙ではトップ当選をした。新進党と民主党で一貫して唱えた二大政党制を推進する小選挙区制が有利に働いて、強力な地盤が形成されて、三重3区で大差で連続当選している。
自民党時代は、当初経世会(竹下派)に所属していたが、小沢一郎の唱えた政治資金規正法や選挙制度の賛成派として竹下登ら守旧派と対立し、離脱して羽田派(改革フォーラム21)に所属した。羽田孜、後藤田正晴らと共に政治改革を訴え、若手国会議員の代表格として頭角を現していく。
一連の政争を重ねる中で「一国の総理大臣が、金集めがうまいかどうかで決まる」(本人談)という当時の自民党の派閥政治を目の当たりにし、愕然とする。1993年(平成5年)、宮澤内閣改造内閣不信任案に賛成して自民党を羽田派の議員で集団離党した。この際に「岡田に暴力をふられた」と叫んだ浜田幸一議員との乱闘があり、3年半の自由民主党議員生活に終止符を打った。
その後は、羽田孜や小沢一郎に従って新生党結党に参加した。翌年の1994年(平成8年)に新進党に合流した。1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙に敗北した後の新進党内の抗争激化を受けて、翌年の1997年(平成9年)に小沢一郎が新進党解党を宣言する。議員総会で「新進党解党を了承するように」と発言した小沢一郎に対して「有権者を裏切る行為だ」として岡田は解党に強く反対するが、決定は覆らなかった。以後、小沢とは民主党と自由党の合併(民由合併)まで袂を分かつこととなる。
民主党時代 [編集]野党時代 [編集]

2009年9月11日、民主党本部にてアメリカ合衆国駐日大使ジョン・ルース(左)と

2009年9月21日、ウォルドルフ=アストリアにてアメリカ合衆国国務長官ヒラリー・クリントン(右)と
新進党の解党後、国民の声、民政党を経て新民主党に参加する。政策調査会長代理に就任する。以後、衆議院安全保障委員長、政策調査会長、幹事長代理を歴任する。2002年(平成14年)の民主党代表選に立候補するが菅直人に敗れて、幹事長に就任する。
2004年(平成16年)、菅が年金未納問題で代表を辞任して、有力後継候補と目されていた小沢一郎も同様に国民年金未払が発覚して、代表選出馬を辞退する。この事態により、岡田が同年5月18日より代表を務めた。
代表就任以降、「野党」ではなく「政権準備党」を名乗るなどして衆議院選挙での政権交代をアピールした。2004年(平成16年)7月11日の参議院通常選挙では自民党を1議席上回る50議席を獲得した。
2004年(平成16年)9月13日の代表選挙で無投票再選を果たす。役員人事で幹事長に川端達夫、代表代行に藤井裕久を任命する。
2005年(平成17年)8月の郵政民営化問題を契機とする衆議院解散(郵政解散)で自民党が分裂選挙となったことから、当初は「政権獲得千載一遇のチャンス」などといわれたが、小泉劇場の前に民主党は埋没し、9月11日の総選挙では公示前勢力を64議席下回る113議席に終わり大敗をする。岡田は9月12日に代表を引責辞任した。
2006年(平成18年)9月、民主党の改造人事で民主党副代表に就任する。
2007年(平成19年)、政治改革推進本部長、衆議院予算委員会筆頭理事、党地球温暖化対策本部長に就任する。
2009年(平成21年)3月、小沢一郎の公設秘書が西松建設事件で逮捕され、5月に小沢が代表を辞任すると、党若手議員からの支持を受けて5月16日の代表選挙に出馬した。事前の世論調査では優位に立っていたが、対立候補の鳩山由紀夫に僅差で敗れる。翌17日、党幹事長に就任[5]。
鳩山政権 [編集]
2009年(平成21年)8月の第45回衆議院議員総選挙では小選挙区制導入以来の自身最多得票数で再選する。民主党がこの選挙で第1党となったことから与党議員となった。
2009年(平成21年)9月に発足した鳩山由紀夫内閣で外務大臣に就任する。菅直人副総理と並びポスト鳩山の有力候補とも目されたが後任の党代表選では菅の推薦人に名を連ねた。菅内閣で再任された。
菅政権 [編集]
2010年(平成22年)9月17日に、民主党代表選挙で再任された菅直人の要請を受けて、3度目の民主党幹事長に就任をする[6][リンク切れ][7]。
野田政権 [編集]
2011年(平成23年)8月の民主党代表選で選出された野田佳彦による組閣で財務大臣就任を要請されたが固辞した[8]。新執行部の発足[9]に伴い幹事長を退任した。公務をする充電期間として閣僚を退き、複数のベテラン議員と共に民主党最高顧問となった。12月に民主党行政改革調査会会長に就任。
2012年(平成24年)1月13日に、野田政権の内閣改造(野田改造内閣)により入閣し、内閣府特命担当大臣(「新しい公共」担当)、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)の4ポストを兼任することとなった[10]。また、国務大臣としての所管事項として「行財政の抜本的見直しを推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[10]や「公務員制度改革を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[10]と「社会保障及び税に関する改革を一体的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」[10]を、それぞれ担当することになった。また、内閣総理大臣臨時代理への就任順位は、内閣官房長官の藤村修を抑えて筆頭となったため[10]、いわゆる副総理となる。
2012年(平成24年)2月10日に、復興庁が発足した事に伴い、復興大臣等の人事が行われ、内閣府特命担当大臣の「新しい公共」、少子化対策、男女共同参画の3ポストを退任する(後任は、中川正春前文部科学大臣)。
政策・主張 [編集]外交・国際問題 [編集]
2009年9月21日、ウォルドルフ=アストリアにてアメリカ合衆国国務長官ヒラリー・クリントン(中)、オーストラリア外務大臣ステファン・スミス(右)と
2009年9月18日、東京都にてアメリカ合衆国国務省次官補(東アジア・太平洋担当)カーツ・キャンベル(右)と
2009年11月13日、在日本アメリカ合衆国大使ジョン・ルース(左から2人目)、アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ(左から3人目)、内閣官房長官平野博文(右から4人目)、内閣総理大臣鳩山由紀夫(右から3人目)らと
日米同盟を基軸としながらも、中国重視の姿勢を見せている。国際貢献には積極的な姿勢をみせ、党代表時代には日本国憲法第9条を改正した上で国連を中心とした集団的安全保障への参加と武力行使を容認する姿勢を示した[11]。これは前任の菅直人が提唱した穏健な国防・改憲議論とは一線を画すものであり、この路線は後任の前原体制にも引き継がれた。
中台問題では訪台や台湾当局者の会談の際に独立反対を明言し、台湾側から厳しく批判された[12]。
靖国参拝問題について2005年(平成17年)6月2日の衆議院予算委員会で小泉純一郎首相に対して、A級戦犯を昭和の受難者だと位置づけて合祀している靖国神社には参拝すべきでないと述べた。また参拝に関する小泉の姿勢が、日本の国連常任理事国入りや北朝鮮をめぐる六カ国協議などに大きな影響力を持つ中国との関係をぎくしゃくさせている原因の一つであると指摘。小泉にはアジア各国に対して信念を説明して理解を得る責任があり、それができないのなら辞任すべきだと述べた[13]。
麻生首相が靖国神社が宗教法人を任意解散して祭式の非宗教的・伝統的な特殊法人に移行する私案を発表していることに対して、「国の施設にすることに違和感を持つ。信教の自由との関係はどうなるのか」と批判している。中国や台湾が領有権を主張する尖閣諸島に関し、鳩山由紀夫首相が2010年(平成22年)5月27日の全国知事会で「帰属問題は日本と中国の当事者同士でしっかり議論して結論を見い出してもらいたい」と発言したのに対しては「尖閣に領土問題はなく、議論の余地はない」と述べ、尖閣諸島に領土問題は存在しないとの認識を示している。
「民主党核軍縮促進議員連盟」を作り、核不拡散・核軍縮の提言を行っている。非保有国への核使用を無条件に違法とする国際法の確立や非核三原則の東北アジアにおける共有を提案し、将来的な核兵器の廃絶を目指している[14]。
歴史教科書問題では、(日本の侵略戦争について謝罪した1995年の)村山談話に基づいて、「韓国・日本・中国共通の教科書を作るのが最も理想的」と繰り返し主張している[15][16]。
日韓併合100周年の際には、韓国人に対する謝罪の総決算となる政府声明を取りまとめるため奔走した[17]。
沖縄返還及び非核三原則に纏わる4つの密約(西山事件の問題他)は全て公開されるべきであるとする立場で、外務省にも2009年(平成21年)11月までに報告するよう命じている。
在日外国人 [編集]
2008年(平成20年)3月11日に行われた反対派との討論会において、ジャーナリストの櫻井よしこが「外国籍のまま選挙権を与えるとアイデンティティーと実際の国籍の間のギャップを永続的に固定化してしまう」と外国人参政権の問題点を指摘すると、「それも含め本人が背負っていく話だ。もし私が外国で二、三世として生まれ育ち、『選挙権を得たければ国籍を捨てろ』といわれたら許せない」と反論した[18]。
2008年(平成20年)5月20日のブログで、会長を務める在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟が、北朝鮮を除く特別永住者と一般永住者の地方議員および首長選挙における選挙権を認めるべきだとする結論を出したと報告。「多文化共生」「多様な価値観を認める」を基本的な考えとしたもので、この結論が最善のものであることを確信していると述べている[19]。
2009年(平成21年)1月13日のブログで、視察した地元四日市市と桑名市のハローワーク(四日市公共職業安定所 ・桑名公共職業安定所 )に大勢の日系人が来ていたと述べ、一家で来日している日系人が失業した場合に子どもが通学できなくなる問題などが起きているとして、政治が雇用について対応していかなければならないと記している[20]。
経済・財政 [編集]
「自由で公正な社会」を標榜する。経済政策では「小泉(元)総理以上の市場経済主義者」を自認するなど、政府の役割を認めながらも自由主義的な傾向が強く[21]、民主党内では改革派と見られている。一方で、「実質的な機会の平等」を実現するため教育の重要性を繰り返し説いている。
政策の優先順位が低いとして道路予算の見直しを訴えている。三重県の道路建設促進協議会の顧問就任も拒否している。
自動車ユーザーにガソリン税の暫定税率を負担させながら道路特定財源の一般財源化を行うのは、租税法定主義の原則から問題があるとして、暫定税率の廃止を主張している[22]。
財政再建に向けて積極的に提言をしており、公共事業費の削減[23]、公務員の人件費2割削減[14]、特別会計の1割削減[24]などの歳出カットを訴えている。
所得格差是正のため、所得税や相続税の最高税率見直しを含む累進課税の強化を実行すべきだと述べている[25]。
年金の基礎部分にあてる財源として、将来的な消費税引き上げの議論を始めるべきだとしている[26]。
日本経団連の政党に対する政策評価を批判している。評価の理由説明が不十分な上、各企業の政党に対する献金について介入するやり方に問題があるとしている[27]。
デフレーションを指摘されている日本の経済について「デフレ時代は資産の無い若い人には絶対にチャンスだ。安くものが買えるなど悪いことばかりではない」と主張している[28]。
環境 [編集]
民主党の地球温暖化対策本部長を務め、地球温暖化対策に関しては、麻生政権が中期目標とした「2005年比15%削減」を地球温暖化対策として全く不十分と批判し、民主党は温室効果ガスの排出量を2020年までに1990年比25%削減することを中期目標とすることを表明している[29]。
行政改革・社会保障 [編集]
積極的に税源を移譲するなどして地方主権を進め、国と地方のあり方を変えるべきだとしている[30]。
政策を官僚に丸投げするやり方を批判し、政治家主体の行政を実現すると語っている。
役人の天下り問題には厳しい姿勢を取っており、全面禁止を主張している[31]。
将来的には子ども手当てを毎月4万円に引き上げるべきだと言っている。それには高額所得者に有利な配偶者控除や扶養控除制度の廃止、歳出の削減に加えて新たな財源の手当てが必要だとしている[32]。
河野太郎、野田毅ら自民党議員の有志を含む超党派で取りまとめた年金抜本改革案を発表している。年金一元化、基礎年金の全額税方式といった従来の案に加え、270兆円の純債務を別勘定に切り離す、20年程度で新方式へ完全移行することなどを提唱している[33]。
選挙関連 [編集]
政治家への入口を狭くしてしまうことが組織全体の活力の低下につながるとして、国会議員の親族が同一選挙区から連続で立候補する世襲規制を打ち出している[34]。
2005年(平成17年)の衆議院選挙後にTBSの「新・調査情報」のインタビューにて「政治は真面目なものであるべき」と主張するなど、小泉内閣における「劇場型民主主義」に対して批判的な姿勢を取った。
企業・団体からの政治献金は全面的に禁止するべきとし、あわせて、インターネット献金の普及、個人献金の税額控除、公設秘書の増員などの制度の導入を主張している[35]。
政策・主張 (外務大臣として) [編集]
「核」について [編集]
「アジア非核地帯構想」を提唱 [編集]
2009年10月20日、アメリカ合衆国国防長官ロバート・ゲーツ(右)と
2010年1月12日、ホノルルでの日米外相会談後の共同記者会見にて
2010年4月10日、横須賀市の海軍施設視察にて、ジョージ・ワシントン艦長デイビッド・ラウスマン海軍大佐(中)と
2009年(平成21年)10月12日、パキスタンを訪問。海上自衛隊のインド洋での給油活動の継続を求めるパキスタン政府に対して、鳩山由紀夫内閣は給油活動延長の意思はないことを説明し、理解を求めた。また、パキスタンが核保有国であることを非難し、「核のないアジア」を提唱したが、ザルダリ大統領からは「日本は(同じく核保有国の)インドを説得して欲しい」と反論された[36]。これに対して、岡田は「インドの国防費の拡大は中国をにらんだものだ。」「オバマ米大統領は核のない世界を提唱したが、自分は核のないアジアを提唱したい」など述べたが、同意は得られなかった[37]。
また、同日に行われたクレーシ外相と会談で、核の不拡散問題について、パキスタンが疑念を抱かれるようなことがあれば、国際社会の対応は厳しくなると述べ、第3国などに核物質などが流出することがないように管理の徹底を求めたが、クレーシ外相は、「パキスタンは責任ある核兵器国である。核物質の管理に責任を持って対応している」と不快感を示し、「パキスタンの安全保障上の懸念も理解してほしい。南アジア地域の安定を図りたい。パキスタンは攻撃的ではなく防衛的な政策をとっている」と反論した[38]。
イランの核開発疑惑 [編集]
2010年(平成22年)2月24日、岡田はイランのラリジャニ国会議長と会談した。この時、岡田はイランの核問題について「国連安全保障理事会が新たな制裁決議を採択する場合、日本も従わざるを得ない」と述べ、イランの核開発を容認しないとの認識を示した[39]。
非核三原則 [編集]
2010年(平成22年)3月14日、非核三原則を堅持するとした政府(鳩山由紀夫内閣)方針に対し、岡田も堅持を表明しつつも「内閣がそれぞれ決めること。将来にわたって縛ってしまうのがいいのか」と述べ、非核三原則を法制化をする考えはないとの認識を示した[40]。
3月17日、衆議院外務委員会で、非核三原則の法制化について「ロシアや中国の艦船が日本の領海を核を積んで通過しないという担保をどう取るのか。そういう問題に決着がつかないと、法制化は難しい」と述べ、改めて、現段階では法制化する必要はないとの認識を示し[41]、有事の際のアメリカ軍による核搭載艦船の一時寄港については「日本国民の安全が危機的状況になったとき、原理原則をあくまで守るのか、例外を作るのかは、その時の政権が判断すべきことであり、今将来にわたって縛るわけにはいかない」と述べた[42]。
東シナ海ガス田問題 [編集]
東シナ海ガス田問題で2010年(平成22年)1月17日に中国の楊潔チ外相と会談して、2008年(平成20年)6月18日に東シナ海のガス田の共同開発で日中両国が合意した[43]東シナ海の「白樺」について、中国がガス生産に踏み切った場合は「日本としてしかるべき措置をとることになる」と警告した[44]。
竹島問題 [編集]
日本は竹島について「歴史上も国際法上もわが国固有の領土」という立場を取っているが、岡田自身は「竹島が大韓民国に不法占拠されている」という言葉は「信念」として使わないと、2010年(平成22年)3月26日と4月14日の衆議院外務委員会で、自民党の新藤義孝の質疑に対して答弁をしている[45]。尖閣諸島に関しては「(中国とは)議論の余地はない」と強硬姿勢を示しており、2010年(平成22年)9月の尖閣諸島中国漁船衝突事件でも、中国人船長の逮捕を強く主張したとされている。
普天間基地代替施設移設問題について [編集]
「嘉手納基地統合案」から「現行案」へ [編集]
鳩山政権を揺るがすことになったいわゆる普天間基地移設問題では、外務大臣就任当初から県外移設の選択肢には否定的な立場をとる一方で、辺野古移設の現行案ではなく嘉手納基地との統合案について度々言及。しかし閣内で十分な調整を経ないで発言したため、県外移設を模索していたとされる首相方針との食い違い、閣内不一致を指摘された(同案そのものは自民党政権時代にも検討され、米側にも様々な見解が存在したが、高速航空機が主体の嘉手納基地で、海兵隊のヘリを同時管理することが困難だとして、最終的には米側が否定的な結論に至った経緯がある)。加えて地元嘉手納町では既に深刻な騒音被害が倍増することなどへの懸念から猛反発が起き、岡田も統合案を封印した。年末近くから日米関係を重視して現行案に回帰していき、年明け後は北澤俊美防衛大臣と共同歩調をとる形で、鳩山首相に対して現行案の受け入れを主張した。
人物像 [編集]
個人として [編集]
2009年9月18日、東京都にてアメリカ合衆国の国務省次官補(東アジア・太平洋担当)カーツ・キャンベル(中)、駐日大使ジョン・ルース(右)と
支持者には「真面目でクリーン」といったイメージで捉えられることがあり、「ミスター・クリーン」と呼ばれることもある[46]。その容姿などから「ロボコップ」「原理主義者」とあだ名されることもある[47][48]。
趣味は読書・映画鑑賞など。他にも音楽をレトロなカセットテープで聞くことがあり、GACKTの「君に逢いたくて」を好んでいる。
10代からカエルの置物を収集している[46]。日本国外に出かけた際にも、「安価でどこの国にもあり、また、お土産に何を買うかあらかじめ決めておけば悩まなくてもいいから」という理由で、かならず買い求めるようにしている[49][50]。東京の事務所にはカエルの置物が大量に飾られている[46]。“カエル”には2つの意味があり、一つは「海外へ出張しても、無事妻や子供達の元へ『帰る』」という思い、もう一つは「政権を『変える』」という意味が込められているとされる。
今日では大手流通グループとなったイオングループだが、岡田の少年期は四日市岡田家(岡田屋呉服店)の個人商売を発展させた父が創業したジャスコが三重県を中心とした地域企業から関西地方⇒さらに日本全国へと拡大していく過程であり、父の苦労する姿のほうが印象に残っているという[51]。
高校時代に進学していた大阪教育大学附属高等学校池田校舎で、当時の学園紛争に巻き込まれ、同校には後にハーグ事件をおこす西川純らが中心となって「学園封鎖」の先頭に立っていた。大多数の学生が学園封鎖に賛成していたが、岡田はごく少数の封鎖反対派の立場に回り、「高校生は将来の日本を背負うために今は勉強すべきだ。政治の問題を学校に持ってくることが本末転倒ではないか」と主張し譲らなかったという。
大学時代は勉強より読書に夢中だった。大学の教養課程では佐藤誠三郎の名物ゼミに所属し、社会科学の古典を週に何冊も読んだ。当時、衝撃を受けた本としてドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を挙げ、三兄弟の中でもイワンに共感を覚えたという。
尊敬する歴史上の人物として織田信長をあげており、本人曰く「日本の歴史上最高の人物だと思う。変革期・激動期に、旧来の考えにとらわれず信念に基づいて行動した。タブーをおそれない改革精神と実行力を見習いたい。やり方は荒ぽかったが、あの時代はあれしかなかったと思っている」と述べている。
政治家として [編集]
政策通として知られ、環境から経済、安全保障まで幅広い分野に精通している[48]。
世襲政治家として国会議員が地盤を継承する事に反対する立場から、強力な地盤がありながら、三重3区を子供など血縁者に継がせない方針である。
民主党代表時代には、手堅い手腕でボトムアップによる全会一致主義の党運営を行った。一方、党内で意見が分かれた場合には代表預かりとすることが多かった。
演説の内容が細かく、大下英治の著書によると、民主党の藤田幸久元衆議院議員が有権者に「小泉総理は生命保険のキャッチフレーズを提示したが、岡田代表は約款を読んでいる」と揶揄されたと言った。
派閥政治を嫌い、党内のどのグループにも属していない。ただし、渡部が呼びかけた反小沢系の議員グループ七奉行の会には名を連ねており会合にも参加するなど、将来の総理・党代表を意識して党内の有力議員との連携は図っている。
民主党政権が成立した後の与党時代になってからは公務の都合と警備の重要さで回数が少なくなったが、野党時代から選挙活動として定期的に何度も地元三重県の三重3区(桑名市・いなべ市・四日市市北部「富田地区」・菰野町の4箇所を重点)に座談会と呼ばれる対話集会を行っている。
岡田家は、三重2区の(四日市市中部地区の出身)であり、出身地から考慮すると三重2区(四日市市南部・鈴鹿市・亀山市)から立候補するのが正当であり出馬計画もあったが、鈴鹿市を地盤としていた北川正恭三重県知事の後継者となった中川正春との調整で、三重3区(四日市市北部・桑名市・母の実家の三重郡菰野町・いなべ市など)から立候補する事とした。桑名市出身の山本幸雄から桑名市の地盤と、山手満男(東洋紡績出身の四日市市の政治家)→田中覚(四日市市塩浜地区出身の三重県知事)が地盤としていた岡田家の出身地の四日市市を岡田が地盤として継承した。
三重3区では対立候補の平田耕一が四日市市北部(富田地区・富洲原地区)を地盤としており、近隣の三重郡川越町に岡田克也選挙事務所を設置して、四日市市北部を重点に選挙活動をしている。四日市市北部では、岡田屋呉服店を前身とするスーパー経営者の四日市岡田家と、千代田建材を前身とする建材屋の平田家が成金化して、名門実業家となった四日市中部地区岡田家と四日市富洲原平田家がライバル関係である。@岡田克也の実家の岡田家が(イオングループの経営者)A平田耕一の実家の平田家が(チヨダウーテの経営者)であり、三重3区は資本家(ブルジョワジー)出身の御曹司対決となっている。
三重3区ではお互い国会議員として欠如していると有権者に見られている欠点を克服するため、岡田克也・平田耕一の両陣営は庶民的政治家であるとアピールする戦略を実行している。公立学校出身であるとアピールする事を選挙戦術とした。岡田は自身の経歴が四日市市立の中部西小学校・中部中学校を卒業後に大阪教育大学附属高等学校池田校舎と東京大学を卒業した学歴であり、公立小学校・公立中学校・国立高等学校・国立大学出身者であり、一般的な貧困家庭と同じ進学先で、父や兄と違い、自身は金持ちでなくて、庶民的生活をしている事をアピールした。岡田克也は(四日市市中部地区)。平田耕一は(四日市市富洲原地区)の地域出身であるとアピールする戦略を実行していた。対立候補の平田耕一は三重3区で富洲原地区の地縁と三重県の県立高校でトップクラスの歴史と大学進学実績がある地元(四日市市)の名門高校の三重県立四日市高等学校同窓会の支援を重視していて、地縁と学閥を選挙活動の戦術としていた。
小沢一郎民主党代表の選挙戦術として2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙で岡田克也が三重5区(三重県南部の伊勢市・尾鷲市・鳥羽市・志摩市・熊野市・度会郡・北牟婁郡・南牟婁郡)に立候補する選挙区の鞍替え作戦が浮上した。2010年(平成22年)の週刊大衆などの週刊誌報道によると、平田耕一議員を支持する富洲原地区の自由民主党の関係者から証言があり、岡田克也の私設秘書は三重3区で、イオングループの組織力と民主党の強力な地盤で小選挙区制での楽勝ムードがある事から、緊張感がなくてだらけていて、第45回衆議院議員総選挙の期間中に四日市市松原町の漫画喫茶の駐車場の車の中で昼寝をしていたと報道された。中選挙区制時代は岡田克也の自身の後援会と実家のイオングループが支援組織だったが、小選挙区制の時代となり、自身の組織に加えて日本社会党出身の伊藤忠治の(情報労連・三重県の日本教職員組合・NTT労働組合票・左翼票)と民社党出身の中井洽の全日本労働総同盟(同盟労組票)が民主党及び岡田克也を支持する支援組織となっている。
エピソード [編集]
会合に出席するため朝4時半に目覚まし時計をセットしたものの1時間寝過ごし、人生で初めて寝坊をした。翌日も寝坊してしまい、おかしいと思って時計を調べてみると壊れていたという。その時計は初当選以来20年近く使い続けていたものだった[52]。
業界からの政治献金だけでなく、支持者からの贈り物は一切受け取らず、直筆の礼状を添えて送り返しているというが、贈り物として届いた伊勢エビを受け取らず腐らせてしまったり、生花の贈り物も拒否して枯らしてしまったという出来事もあった。
自民党時代、総務会で亀井静香と取っ組み合いの喧嘩をして新聞に載ったことがある[53]。
小沢一郎は初当選時の幹事長であり、以後新進党解党まで行動を共にし、自ら「政治の世界の父」と呼ぶ人物でもある。しかし以後は小沢の民主党入り後も微妙な関係で、「きちんと話をしたことは一度もない」[54]とされる。2010年(平成22年)の小沢の国会招致を巡っては、岡田が幹事長、小沢が一議員と立場が逆転していたが、小沢との会談をするのにも苦労する有様だった。
議員在職当時の大橋巨泉が『毎日新聞』のインタビューで、岡田の真面目さを「議会が終わったらすぐ図書館」と形容した。大橋流の例え話だったのだが、大橋によると、後日2人が会った時に岡田が「僕は議会の後図書館に行ったことはありません」と真面目に反論したという。
利益供与や金銭の遣り取りに敏感で、同僚議員との食事であっても割り勘を原則とするため、党若手議員との懇親会を開いた際も、「食事を済ませてから来てほしい」と事前に通告していた[55]。
時間厳守に敏感で、2011年(平成23年)3月に発生した東北地方太平洋沖地震においても、定期開催されることになった実務者会合について、議論の中身よりも開催時間(1時間)に強いこだわりを見せ、実際に第一回の実務者会合において、福島第一原子力発電所事故(原発)の問題で議論が行われている最中に、「時間もないので物資輸送の件に移りましょう」と発言して原発問題の議論を打ち切り、開始からちょうど1時間後に終了宣言し、会合そのものを打ち切っている[56]。
主な発言 [編集]

「今の説明、私は納得できません。新進党と書いていただいた有権者に対する裏切りだ」
1997年(平成9年)、両院議員総会で新進党解党を宣言した小沢一郎に対し[57]。
「イラクの状況から米軍が駐留する責任はあるが自衛隊は憲法上撤退すべきだ」
ハワード・ベーカー駐日米国大使との会談中に。
「金大中前大統領が言われた未来志向のレールの上をうまく走っていないとすれば、主に日本側に問題があると思う」
羅鍾一駐日大使との会談中に。
「(拉致被害者)5人の方が『いたい』というなら日本にとどめておくことは当然だが、政府が決める必要はなかった。そのことで北朝鮮が態度を硬化させた。世論に迎合しすぎだ」
2003年(平成15年)1月19日、拉致被害者5人を北朝鮮に返さないとした日本政府の方針に対してのNHK討論番組における発言。
「アルコール中毒で悩んでいる人の目の前にビールを置いたり、糖尿病患者の目の前に饅頭を置いたりするようなものだ。病が深くなるだけで何の意味もない」
2008年(平成20年)12月23日、鹿児島県曽於市での講演での発言。2008年度第2次補正予算案に盛り込まれた定額給付金について[58]。
「陛下の思いが少しは入った言葉がいただけるような工夫を考えてほしい」
2009年(平成21年)10月23日、国会開会式での天皇のお言葉について閣議後の閣僚懇談会で、宮内庁に対しお言葉の見直しを検討するよう求めた[59]。詳細は第173回国会#その他を参照。
「公約と(鳩山首相の)選挙中の発言とはイコールではない。公約というのはマニフェストだ」
2009年(平成21年)11月4日の国会答弁において普天間基地移設問題についての答弁[60][61]。民主党は2007年(平成19年)7月の国会答弁にて「自民党が選挙の際の発言を履行していない」という趣旨の主張をしていた[60]。
「事務的なミスを大きく取り上げ、いちいち大臣を辞めないといけないと結びつけるのは適切なのか」
前原誠司外相が在日外国人から献金を受けていたことについて[62]。
「政府の邪魔しないでくれ」
東北地方太平洋沖地震に際して、野党側からの地震災害救助対策について協力の申し入れを断る際の要請文において同趣旨の発言があったと自民党の小池百合子総務会長が言及している[63]。
その他 [編集]

1990年(平成2年)2月3日の衆院予算委員会で日本共産党の正森成二から海部俊樹首相らに対し、岡田が自民党から初当選した総選挙において、あだ名では『岡田カツ子さん』と呼ばれている、ジャスコの従業員(パートをしている主婦を中心)を動員して選挙活動を行ったとの指摘が行われた[64]。
2004年(平成16年)、当時、岡田と民主党が批判していた小泉純一郎総理大臣の、勤務実態のない不動産会社に関するプロフィールへの記載の問題に関連して、自らの通産省勤務時代に岡田家の資産管理会社の取締役を務めていたこと、自らのプロフィールでその事実が記載されていないことが週刊文春の取材で明らかになり、これが公務員の兼職禁止規定違反にあたるものだったとして代表定例会見で説明、謝罪している。同会見において、自ら追求してきた小泉の問題と比較した質問に対し、説明の場を設けていることを理由に、「開き直っている小泉さんと一緒くたに議論されることは、極めて不本意」という旨の弁明を行った。また、自身の釈明がマスコミ取材まで行われず、結果的に公訴時効以後にまでに時間がかかったこと、自身のプロフィールに公務員法違反時の勤務先の記載のないことに関しては、経歴をどこまで書くかは本人に委ねられていると主張し、隠していたわけではないと釈明した。この主張により、自身が追求してきた小泉の問題に関して、自らお墨付きを与えることになり、この問題は立ち消えになったほか、兼職禁止規定違反とその釈明に至る一連の経緯について、当時国家公務員法を知らなかったことが原因とした岡田の説明に対し、岡田が法学部出身であることなどから「俄かに信じがたい」と『週刊文春』が批判している。
2006年(平成18年)の秋篠宮妃紀子ご懐妊に際し、同年2月6日の予算委員会開会中にその一報がもたらされ、小泉純一郎首相に対する質問中に「秋篠宮妃紀子さまがご懐妊されたということで、国民の皆様と共にお喜びを申し上げたい」と述べたが、紀子妃の名前を「ノリコ様」と誤読した。
2009年(平成21年)7月、鳩山由紀夫の「故人献金」に端を発する政治資金報告書虚偽記載問題に関連して、鳩山の対応を「自民党にも様々な疑惑があるが、自ら非を認めて謝罪をしたのは鳩山氏だけだ」と評価した[65]。
2009年(平成21年)3月、「岡田克也と(民主党の当時の代表との不適切な関係を指摘されている)西松建設が怪しい」との見出しで報道した『週刊朝日』[66]に対し、誤解を与える広告であるとして抗議をおこなった[67]。後日、『週刊朝日』側が誤りを認め、謝罪している[68]。
2007年(平成19年)、新興宗教崇教真光の第48回秋季大祭に出席し、民主党の石井一副代表と共に祝辞を述べている。
2009年(平成21年)元旦に、立正佼成会四日市教会で年越参り、立正佼成会桑名教会で元旦参りをしている[69]。
関係団体 [編集]

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
民主党日韓議員交流委員会前顧問
北京オリンピックを支援する議員の会副会長を務めた。
日韓議員連盟所属 NGO海外活動推進議員連盟 核軍縮促進議員連盟
家族 親族 [編集]

祖父岡田惣一郎(四日市岡田家と岡田屋の6代目当主)
高祖父 美濃部貞亮(衆議院議員)
義曾祖父 村上紋四郎(衆議院議員)
義祖父 村上常太郎(最高検察庁次長検事)
父 岡田卓也(イオン名誉会長)
岳父 村上信二郎(衆議院議員)
義叔父[70] 速水融(慶應義塾大学名誉教授、文化勲章受章者)
義伯父 村上孝太郎(参議院議員)
実兄 岡田元也(イオン社長)
義兄 村上誠一郎(衆議院議員)克也の妻多津子の兄
実弟 高田昌也(中日新聞社編集局政治部長)
妻多津子(村上水軍の子孫で村上誠一郎の妹。職業は医師)
長女(昭和61年生まれ)・長男(昭和63年生まれ)・次男(平成4年生まれ)
母方高田家(三重郡菰野町の大地主)⇒母は3人姉妹であったので、弟の高田昌也が高田家の養子となった。
岡田家の教育方針 [編集]

著書やブログによれば、大学4年生の東京大学を卒業する前に就職先として決定していた通産省以外に、東大法学部で勉強した法律の知識に対する向学心から司法試験に興味を持ち、将来官僚や政治家になるために職業上有利な弁護士資格の獲得に挑戦する事とした。実際は本気ではなかったので「記念受験」として法律の勉強にチャレンジしたが不合格となった。東京大学に入学した事についても、岡田家は父岡田卓也と兄岡田元也が早稲田大学出身なので東大合格にこだわっていなく、高望みをした東大の記念受験で合格したと述べている。父は、私立ではなく四日市市立(公立学校)の中部西小学校と中部中学校にあえて息子たちを通学させた。
系譜 [編集]
「四日市岡田家」も参照
岡田家
イオングループの岡田家は、イオンのホームページによると、岡田家のルーツは三重県いなべ市北勢町治田であり、1758年(宝暦8年)に初代岡田惣左衛門が天領四日市宿(現在の三重県四日市市中部地区)にて、行商による太物(綿・麻織物)・小間物商の「篠原屋」を創業した。
1887年(明治20年)に岡田屋の5代目岡田惣右衛門が四日市久六町にあった店舗を四日市辻へ移転した。 屋号を「岡田屋」と改称した。現在でも北勢町治田には、岡田本家がある。岡田屋となった四日市岡田家は分家であり、家系図や治田鉱山(銀銅山)関係の古文書が複数残っている。古文書の記述や口伝によると、岡田家の祖先は治田鉱山が千姫の化粧料として与えられた江戸初期に、鉱山を管理する桑名藩の役人として四日市に来た。5代目の岡田惣右衛門が個人経営から株式会社組織・岡田屋呉服店に改組した[71]。
岡田屋の近代化の貢献したのは5代目岡田惣右衛門である。6代目岡田惣一郎が1927年(昭和2年)に早死にをした後は長男の卓也が2才だったので姉が後見人となった。7代目の岡田卓也は単なる一地方の呉服屋にすぎなかった岡田屋を国内最大規模の流通企業であるイオングループに発展させて事業を拡大させた。克也は四日市市堀木に自宅があったが、長女と長男が東京都内のマンモス大学に進学した事を機に、2008年(平成20年)4月に東京の議員宿舎に引っ越した事をブログなどで後援者に公表している。

岡田屋呉服店を経営してした四日市岡田家の男系の系統は断絶していて、5代目の岡田惣右衛門には実子が無く、妹である『ひさ』の婿養子に朝鮮半島などで仕事をしていた出自不明の前田末吉を迎えた。岡田家は6代目の岡田惣一郎の代から女系の系統である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーーーー


13. 2012年5月23日 20:22:07 : DEDQokEUfT
「格下げするんだったら、悪いけど拠出金は半減ということにさせてもらう。」
という発想がない。
野ブタ、フランケン、安住などバカばかりで、能力的に大手商社の新入社員にも及ばない。

14. 2012年5月24日 14:34:44 : A2Sy46WSDM

私は、共産党は、どうでもいいし、国会中継も茶番なんで、見ていなかったけど。
そうなんですよね。これって、大問題じゃないの?って思ってた。
お金がないから、復興にお金がかかるから、増税だ、増税だ。って総理以下アホ大臣みんな騒いでるわけでしょ?それがさぁ〜IMFに4兆だっけ?拠出って。
あり得ないでしょ?お金あるんじゃん。しかも、とっちゃん坊やアズミのドヤ顔。
バカじゃん。
どんだけヘッジファンドの顔色伺いの政権なんだよっ!
国民のどれだけが、増税のぞんでる?IMFにお金出すの、のぞんでる?
自分の金で払えよ。バ〜カ。
でも、ヘッジファンドの顔色伺い経済、政治の流れを作ったのは、竹中ヘッポコヘーゾーだよな。ヘッジファンドのいいなりに、国民のお金をせっせと外資に献上しやがって。いまだにメディアに出続ける厚顔無恥ぶり。やってた事は、木村なんぞ犯罪者の片棒担ぎ。へちゃくれた顔に、腹話術の人形のような声。鳥肌がたつわっ!だけど、ヘッポコヘーゾーに、もう世論を作りだす力なんてな〜い。

15. 2012年5月25日 19:12:31 : KbjUzFqPyw
竹中平蔵は昔柔らちゃん顔と思ったが、柔らちゃんが議員になり化粧し出してからか、良くなった。だから竹中を柔らちゃん顔と言えなくなった。どうしましょ!!良いの教えて!!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧