★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 417.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察審査会の疑惑と地検特捜部の犯罪にいつまで目をつぶるのか(朝日新聞 読後雑記帳)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/417.html
投稿者 判官びいき 日時 2012 年 5 月 22 日 20:48:45: wiJQFJOyM8OJo
 

きょう(22日)の朝刊社説「強制起訴制度―導入の原点に立ち返る」は、論点不明、支離滅裂のひどい文章だ。「小沢氏の無罪判決の後、検察審査会をめぐる議論が起きている」という書き出しで始まり、「強制起訴か通常の起訴かを問わず、追及する側が納得のいく判決を求めて上訴することをどう考えるかも、重要な論点となるだろう」で終わっている。

要約するにも頭が痛くなるほどの悪文だが、要は、検察審査会の見直しを進めるには落ち着いた環境での論議が必要だ、ということらしく、検察審査会の闇に迫る国会議員や市民の勇気ある活動を暗に批判したいのだろう。第5検察審査会の「架空議決疑惑」と、地検特捜部の「組織ぐるみ冤罪捏造」の全体像を明らかにすることが、いま日本のジャーナリズムにいちばん求められていることなのに、それらにはまったくふれずに、ほとんど無意味なおしゃべりに興じている。

猛火に包まれる現場には近づこうともせずに、安全地帯で防火の心得を説く馬鹿な新聞記者がいるか。こんなことも書いている。「日ごろは高い有罪率を批判するメディアや識者も、無罪判決がでると検察を責める」。今回はそうではなかった。いまも検察を擁護しているではないか。「起訴される人や家族の負担にも、思いをいたさねばならない」。なにをえらそうに。

スクラム報道でどれだけの人が命を絶ったことか。「今回、指定弁護士は控訴手続きをとった。判決時に私たちは控訴にこだわる必要はない、と書いたが、いまの制度の下、慎重な検討の末に導き出された結論として受けとめたい」。指定弁護士の「慎重な検討」とはなんじゃらほい。ただ時間をかけただけ。まともな控訴趣意書を書けるわけがない。「そして何より、社会が起訴イコール有罪との見方からぬけだす―」。起訴イコール有罪どころか無罪イコール有罪みたいなことをさんざん書いて、なにをかいわんや。

(全文引用開始)*******************************
強制起訴制度―導入の原点に立ち返る 2012.5.22社説

小沢一郎・元民主党代表への無罪判決をうけ、検察審査会をめぐる議論がおきている。
周辺議員の思惑絡みの動きはともかく、「そもそもなぜ素人に強制起訴の権限をもたせるのか」との疑問がくすぶる。このしくみは一連の司法制度改革で導入された。検察当局は原則として、証拠をぎちぎちに固め、有罪に間違いないとの心証を得たものだけを起訴してきた。こうした運用はどんな現象をうんだか。

裁判は有罪を確かめる場となり、公判よりも捜査段階の供述が重んじられた。無罪は失態とされ、日ごろは高い有罪率を批判するメディアや識者も、無罪判決がでると検察を責める。その結果、裁判所はどんな判断をするだろうと国民が関心をよせる事件や、新たな法解釈への挑戦が期待される場合でも、検察が冒険できないと思えば起訴しない。逆に、起訴した以上は有罪めざして突き進む。そんなゆがみをもたらした。

これを正し、取調室でなく、公開の法廷で議論し決着をつける社会にしよう。それが改革の根底にある考えだった。市民が参加する裁判員制度が始まり、取り調べ状況の録画がひろがり、証拠隠しをさせないための法改正がおこなわれた。不起訴処分の当否をチェックする検察審査会の機能強化も、同じ考えにもとづく。こうした方向性を、私たちは基本的に支持してきた。

もちろん人々の意識は簡単に変わるものではなく、目ざしたものに現実が追いついていない面があるのも事実だ。起訴される人や家族の負担にも、思いをいたさねばならない。だが、袋小路に陥った従来の刑事司法に戻るのがいいかといえば、それは違うだろう。審査会の手続きの中に、容疑者側が意見を述べる機会を保障する。審査を手伝う法律家や職員の能力を高める。そして何より、社会が起訴イコール有罪との見方からぬけだす―。こうした見直しを着実に進めていくためにも、改革の原点を忘れず、落ちついた環境で議論を深めることが大切だ。

今回、指定弁護士は控訴手続きをとった。判決時に私たちは「控訴にこだわる必要はない」と書いたが、いまの制度の下、慎重な検討の末に導き出された結論として受けとめたい。より良い刑事司法をめざす営みは続く。そこでは、強制起訴か通常の起訴かを問わず、追及する側が納得のいく判決を求めて上訴することをどう考えるかも、重要な論点となるだろう。(引用終わり)*********************************************

「何より、社会が起訴イコール有罪との見方からぬけだす」ことなんか、できるわけがない。新聞が起訴イコール有罪報道を率先してやっているわけだから。2010年1月14日付の朝日新聞の紙面。これは起訴以前の捜査段階で有罪と決めつけた報道の証拠(一例)である。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/506/95/N000/000/000/133767915709113215209_img_158707_8132701_0.jpg
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/022/506/95/N000/000/000/133767919946213112592_img_158707_8132701_1.jpg

http://60643220.at.webry.info/201205/article_3.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年5月22日 21:44:31 : ZtjAE5Qu8buIw : np1eC180Aw
ふつふつと、湧きでる“怒り”がトメドない!

02. 2012年5月22日 21:53:51 : Jb26LcokIQ
朝比新聞は発狂しているのではないか。
論理矛盾することを平気で書いている。
精神病院患者が出す新聞みたいだ。
小沢問題で意地を張っているうちに、関係者が皆、狂ってしまったのだろうか。

03. 2012年5月22日 22:06:36 : 4m37ZFyhTY
浅卑新聞も落ちるところまで堕ちた。どうしようもないゴミだ。

04. 2012年5月22日 22:25:24 : CVxY9FOPRI
小沢一郎冤罪事件を、まるで何事もなかったかのようにスルーしようとする新聞とその手下、そして政治家達。
消費税?原発?

さも真面目な顔で議論する偽物達。

官僚機構の一部である検察が小沢一郎に仕掛けた冤罪は、明らかに立法府に対するクーデターである。
民主主義に対するクーデターである。


05. 2012年5月22日 22:30:37 : UL1J3SEI2o
朝屁新聞は、どこへいくのでしょうか。

ほんに、お前は屁のような!


06. 2012年5月22日 23:01:53 : wAhjcDZgDE
マスコミといわれている新聞社は戦前戦後を通して、いかに為政者にへつらい、その意を汲み利用し、利用されながら甘い汁を吸い続けて来たのかが、インターネット社会の今日になって多くの国民の知ることとなった。私の姻戚にもこれらのマスコミの一員がいるのであるが、私の問いかけに対しては比較的素直にその間違いを認めているのである。自分の身内であるために余りにひどく問いつめはしないが、悩んでいる様子が手に取るようにわかる。その中でも朝日は少なくとも良心とかと思われて来ていた。この時代になって、それが全くの欺瞞であることを自らさらけ出したのである。為政者の犬(可愛がっている犬がいるのでこの言葉を使いたくないが)であるのがはっきりしてきた。小沢氏の問題についても、種々の疑問に意識的に正対することをさけ、権力にすりより、そこには国民への優しさなど微塵もかんじられない怪物へと変容して、もののみごとに悪辣さを発揮しているのである。最大多数の人の心が棲んでいなくてなんで新聞などと言えるのであろうか。全く持って不遜の極みである。従って私はマスコミ紙を読まないことにしたのである。
朝日の検察への擦り寄り方は、何か弱みでも握られてるとしか思えないのである。

07. 2012年5月23日 04:29:19 : WU22oS73dw
こんな文章でごまかすつもりか。ふざけるでない。

検察審査会のインチキさを一度でも書いたことがあるのか。


08. 2012年5月23日 07:02:59 : sV8HpAIEvw
結局サラリーマン記者だということです。保身の為に書かざるを得ない。
読み手としては「サラリーマン記者」が会社の意向に沿って書いていると
鼻先で読めばいい。

09. 2012年5月23日 12:10:23 : VgxHNywTe6
皆さん 怒ると血圧が上がる。危険
朝日新聞を見れば目が腐る、触ればバイキンが移る。
近所のオバァに教えておこう。

10. 2012年5月23日 12:52:06 : MOmQ35pfqw
「05. 2012年5月22日 22:30:37 : UL1J3SEI2o
 朝屁新聞は、どこへいくのでしょうか。」
屁なのでそのうち消えますよ(笑)

最後のあがきが見苦しすぎて国民にはそっぽを向かれてる!


11. 2012年5月23日 17:21:43 : 90iMjw9dyU
朝日の投書欄に気持ち悪いくらい小沢裁判についての投稿が載らなくなったな。
あきらかに操作してる

12. 2012年5月23日 19:46:48 : o0JJb2fwnA
社説を使ってまで、政治家抹殺の犯罪行為を続けている朝日、読売に

入社したいという新卒者は、その犯罪を理解しているのだろうか?


13. 2012年5月23日 23:18:16 : hD6CiuETZU
支離滅裂の例。

 >今回、指定弁護士は控訴手続きをとった。判決時に私たちは「控訴にこだわる  必要はない」と書いたが、いまの制度の下、慎重な検討の末に導き出された結  論として受けとめたい。

この文章を理解できる人がいるだろうか。かつて「控訴にこだわる必要はない」と書いたにもかかわらず「慎重な検討の末」なんて、どうして「受けとめ」られるのか。しかも「いまの制度の下」というが、それがどのような関連をもつのか説明してほしいものだ。読者に全く理解できないことを、朝日の論理で勝手に「受けとめ」ないでほしい。


14. 2012年5月23日 23:23:29 : lZVEvJhLz6
天声人語はこう綴った、とCMながすくだ朝日。一昔前の天声人語は、入試に引用されるような秀逸な文を書いていた時期がある。新聞読まずとも天声人語だけを読むために新聞を買う価値があった・・いや入学試験のためにだまされていたのかもしれないか゜・・
ところが世代が移り変わり、老後の世代に入ろうとした現代の天声人語は月とスッポン。あまりにも稚拙で、いったいどういう男がコラムを担当しているのか、首を傾げたくなる。無益の新聞で、嘘と噂の、アサヒ芸能か週間大衆よりも価値のない新聞となってしまった。堕ちるところまで堕ちた。旭日朝日は、いまや沈む夕日で、オレンジ色の光を発している。夕刊フジ同様、スタンドから消える日は近い。
読むに勝ちなし朝日新聞、とっとと消えうせろ!!これが勧誘員への返辞となった日々である。マンマスは自らの体重を自らが支えきれなくなった死滅した。草を食べずに肉食ばかり、やがて糞を喰いだし、とうとう食べ物はなくなった。
読者は馬鹿じゃないよ。NHKも同じ道を歩んでいる。

15. 2012年5月24日 01:27:22 : On4TjRx810
皆様、我が家も朝日を止めて3年余り、毎日コンビニに東京新聞を買いにいくと云う
涙ぐましい努力をして参りましたが、なんと、前年度の朝日新聞は大幅な増収益を上げたと報道にありました。 国滅びて朝日在り、ですか。

16. 2012年5月24日 11:38:57 : ZrMDpsyito
「朝卑新聞が起訴イコール有罪報道を率先してやっている」
 真にその通り。
 朝卑が捏造報道により、事件を捏造しているのだ。
 くたばれ朝卑。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧