★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 423.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「「起訴議決制度を利用して起訴する」というアイデアを思いついた奴は誰か:市川寛弁護士」 (晴耕雨読) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/423.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 23 日 00:24:52: igsppGRN/E9PQ
 

「「起訴議決制度を利用して起訴する」というアイデアを思いついた奴は誰か:市川寛弁護士」 
http://sun.ap.teacup.com/souun/7569.html
2012/5/23 晴耕雨読


https://twitter.com/#!/TriggerJones42

【陸山会事件】僕の感覚では「事件にのめり込みすぎて起訴しようと鼻息荒くする主任」を「被疑者らに接していないがゆえに冷静かつ大局的な視点で事件を見る決裁官」がなだめる決裁が最も健全。

つまり「 強気な現場を弱気な上司が抑える」のがまとも。

そして、逆は最悪。

この感覚に照らすと、陸山会事件で、もし現場の検事たちが小沢さんを起訴せんと血気にはやっていたところを、決裁官が制止したとすれば一応はまともな動きだったことにはなる。

だが、前田証言からは「現場は消極」で、主任・中間決裁官(部長)が積極、そしてトップ(?)が消極だったようだ。

なんだかんだで特捜検事なんだから「現場」だって十分に判断能力がある。

そんな現場が消極、それも「証拠がない」という消極姿勢だったのだから、この事件はダメに決まってる。

そして、トップ(検事正、検事長、さらには総長レベルまでいってるはずの事件)も同じ感覚だったのだろう。

現場とトップが「証拠がない」という一致した判断をしていれば何の問題もないはず。

が、中間決裁官どもがトチ狂っていたのがこの事件の鍵。

こいつら、事件と闘っていた現場と、事件の最終責任を負う上司の両方をないがしろにしたことになるわけだ。

主任や部長どもがやろうとしたことを単純化すると、地方のヒラ検事が次席から「嫌疑不十分だ」と断じられたにもかかわらず、自分で勝手に起訴状書いて起訴しちゃったようなもの。

およそまともな検事のやることではない。

上司は無過失責任を負うべきと思う僕でも、こんなことに責任を問えない。

しかも先ほどの例で言えば、そのヒラ検事はデタラメの証拠を次席に内緒で作って勝手に起訴したことになる。

もう検事どころか人間として感覚が狂ってる。

外野からは「お前、なんでそこまでしてその被疑者を起訴したいわけ??」と言うしかない。

組織人云々でなく「検事として」あり得ない。

この「検事としてあり得ない」奇行が、こともあろうに次席や特捜部長主導でやられたんだから、陸山会事件ってのは検察庁を瓦解させる(別の意味の)大事件だ。

とにかく次席、部長、副部長、主任には「お前ら、なんでそうまでして小沢さん起訴したかったわけ??」と問い詰めるしかない。

僕は陰謀論には無関心なので、ひたすら問い詰めたいとしか思わない。

ただ、陰謀論に「挨拶」だけすると、トップクラスの幹部が嫌疑不十分の判断だったとなれば、小沢さん抹殺の企みの発祥地はどこになるんだろうか、という素朴な疑問がある。

政治的思惑の発祥地と言ってもいい。

これは元特捜検事から聞いた話だが、政治案件で、現場が起訴したいのに、まさしく政治的配慮らしき思惑を持つトップから起訴を止められて大憤慨したケースがあるらしい。

真実なら問題だが、これはこれで構図はわかりやすい。

陸山会事件は現場とトップの判断が一致しているのだ。

現場とトップが嫌疑不十分で一致していたのに、次席〜主任がデタラメな証拠を作ってまで起訴したがった動機は、僕の感覚では政治的思惑でなく、ろくでもない検事が抱きがちな「野心」程度のものではないかと思う。

「小沢という大物を起訴すればオレは上にいける」というチャチな根性。

動機は本人を「割る」しか知る術がないのでここで考えをやめる。

この事件の次の問題は「起訴議決制度を利用して起訴する」というアイデアを思いついた奴は誰か、だ。

これも僕の感覚では、まともな検事が思いつくことではない。

既に述べたとおり、検審は検事の目の上のたんこぶだからだ。

この問題はさらに「確実に検審に起訴議決をさせられると読めていたのか」と続く。

以前述べたが、デタラメな証拠を作っても、検審が確実に起訴議決すると予測できるのがどうにもピンとこない。

ここから検審自体に対する疑惑が浮かぶわけだ。

狂った検事どもとつながっていたのか、と。

疑問点は以上のとおり。

これらの問題を解明するには、狂った検事どもはもちろん、少なくとも検審で審査補助員を務めた弁護士にも事情を聞くしかあるまい。

そして、陸山会事件捜査を解明しておかないと、「また同じことが起きる」。

だからこの件の全容解明は「絶対に、絶対に」必要。

おしまい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月23日 04:39:03 : WU22oS73dw
起訴したかったのは現場の検事だけではない。

くそマスコミも当時の菅政権も経済界も自民党も共産党も起訴したかったわけだ。

天下りの基本構造を抱え記者クラブの業務独占構造を維持したいもの全員だ。

特捜検事だけで何か出来るというわけではない。検察トップもいくらなんでもこんなまともな証拠もないのに起訴できないという判断をしたにすぎない。

「大局」を見よ。


02. 2012年5月23日 07:51:19 : q2YrWyPwTU
検察審査会は単なる下部組織

やはり絵を描いた最高裁事務総局に行き着くのだろうな。

現場の検察も駒に過ぎない。

そうなれば控訴をした指定弁護士は誰の指図で動いたか?

最高裁事務総局が望んだのか?


03. 2012年5月23日 11:25:57 : rrhrFN6JLd
仙ダニと官房機密費

04. 2012年5月23日 12:31:02 : NWuVCTlICk
> とにかく次席、部長、副部長、主任には「お前ら、なんでそうまでして小沢さん起訴したかったわけ??」と問い詰めるしかない。

と、いくら外野で騒いだところで、
直接犯の田代は懲戒処分で済まされる方向に、
その上司どもは何ら処分すらされないという方向にどんどん進んでいる。

どうすればその動きを止められるのか。

下の報道などのように、ネタはあがってるはずなのに、どうなっているのか。

小沢氏起訴積極派が報告書添削 陸山会事件の虚偽作成問題【47news】(01:24)
http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012050401001595.html

起訴誘導?陸山会捜査報告、特捜部長が大幅加筆
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120505-OYT1T00181.htm


05. 2012年5月23日 14:22:41 : UPdFbAR04Q
仙ダニと官房機密費。

06. 健奘 2012年5月23日 15:49:44 : xbDm84QDmOFmc : HxDkBKBLY2
おそらく、空気でしょう。いちばんやっかいな。

過半の官僚たちは、小沢さんを煙たがっている。公式の会の後で、談話中に、なんとなく話となる。小沢にはやってほしくない。同窓の会で、やはり話になる。小沢は何だかんだと。

文屋も含めて、けっこう狭い中での話なんでね。何百人かが、ムードを作っているんでしょ。霞が関界隈に10年もいれば、かなりの人と互いに接触したことがある仲になりますよね。


07. 2012年5月23日 18:29:44 : Rll5GkK2Ss
自民党の長期政権の下で税金を吸い取るシステムを作った既得権者の白ありたちにとって小沢氏は目の上のたんこぶ。
既得権者が壊される前に小沢氏排除に動いた。

その先兵が検察だから組織としての対応ではなかったか。上司も黙認したから今がある。
だから田代だけに責任を被せるのはおかしい。上まで責任を取らせなければいけない。


08. 2012年5月23日 18:38:58 : g5YNM3KfF2
「起訴議決制度を利用して起訴する」というアイデアを思いついた奴は誰か?

簡単な話、仙谷じゃないの?

それだけのこと。

全部、仙谷だっていっていいくらいでしょ。


09. 2012年5月23日 23:22:10 : mp6fw9MOwA
検察の現場とトップが消極的との表現は真実だろう。
中間が積極的であり、このグループは検察トップより権限の有る所の意向で動いていたと推定するのが正しいと思われる。
出世の為に自己判断で暴挙を行う気力の有る人が検察にいるならもう少し巧妙な冤罪作りをしていただろう。
既得権益者の意向で動く最高裁事務総局と繋がりが有るので、検察トップの意向を無視して中間が動いたと考えれば、裁判所の後押しが有り、検察審査会の悪用が実現した事実が説明できる。
しかも、中間は指示通り動いただけで有り、深く考えていなかったので矛盾点が顕在化したと考えられる。
子会社では社長の意向を無視しても親会社の中枢の言いなりで動く人物が出世する事が多いのと同じで有る。
親会社の中枢は子会社の業務に疎いので、その言いなりに動く人物も業務に疎く、会社を停滞させる図式となっており、検察の凋落も同じだろう。

10. 2012年5月24日 00:08:54 : Ezr7jHFFvQ
>「小沢という大物を起訴すればオレは上にいける」というチャチな根性。

チャチ、ねぇ。
大鶴は、「小沢を挙げれば、一生食える」と言ったそうです。
額に汗することなく大金を得るには、政治家を嵌め込めばいい、ということですね。
私には、大鶴はホリエモンより「大ワル」見えます。(大鶴チームの、あの華々しいライブドア捜査から、もう6年以上過ぎましたね。)

懲戒処分だけでは、一足先に検察から逃げ出した大鶴は、捕捉できないということですよね。

検察は、懲戒でお茶を濁せば、禍根を残しますよ。国民は検察が思っているほど愚鈍ではありませんからね。
暴走検事全員を起訴して、全てを法廷で明らかにすべきです。
「暴走検察」が暴れまわる「無法者国家」は、もうたくさんです。


11. 2012年5月24日 01:53:47 : 43OnJh5Wgo
国民は愚鈍なり。

生かさず殺さず、吸い上げろ。


12. 2012年5月24日 07:19:52 : wfNH4RqQPc
むかし、選挙のときに「国民は投票に行かずに寝ていて欲しい」といった政治家がいましたね。
これと同じですね。
権力は思っています。国民は何も知らないで寝ていて欲しい、とね。

13. 2012年5月24日 08:36:54 : VzrnbaMjIw
仙ダニグループ(反小沢、空き缶、ノダ関係者)の指図に違いないと思うが、それだけでなく、阿修羅で指摘されている既得権益死守派の多くの国民の声なき支持を背景に、まともな法治国家、民主主義の国家ではありえないクーデターがおきたと
思う。マスゴミも大いに貢献した。田代を起訴もしないとは、あきれる。しかし今度はまともな検察審査会が待っているぞ。小沢の控訴審もある。すべては真相解明あるのみだ。政治と金のスローガンは何処に行った。どこかのアリの一穴から、真相解明が進むことを願う。国民の多数派が、どれだけ事実を知り、どんな判断、行動をするかにかかっているが。ネットは重要な働きをすると思う。しかし、この事件に意外な曲者がいることを、阿修羅で知った。江田五月だ。親父が草葉の陰で、息子のやったことを嘆いていなければよいが。
小沢の功績は、この国の左翼とか、進歩派とかいう輩の本性まで国民の前に明らかにしてくれたことだ。空き缶と言い見事なまでだ。天の声、「日本国民よ、民主主義国家に住みたければ、もう少し賢くなれ。」

14. 2012年5月24日 09:33:01 : K7Z0LZyAEE
市川弁護士も検察審査会の問題を取り上げていますので結構ですが、この検察中間幹部暴走説が成立する前提は今回の第5検察審査会の運営が法で定める手続きに従って行われたことが検証されなければなりません。
検察はもちろん検察審査会が「一般市民」という看板を掲げながら全く闇の中で国家権力によって運営されていることが狂気の沙汰なのです。

15. 2012年5月24日 09:47:19 : GIvSzWlmIT
>「小沢という大物を起訴すればオレは上にいける」というチャチな根性。

チャチな根性のシロアリどもが、この国を牛耳ってきたんだ。

国民は一斉に、アースマットでシロアリ退治に立ち上がろう!!


16. 2012年5月24日 19:04:19 : LEdx6YHO9U
「小沢という大物を起訴すればオレは上にいける」
ほんまにそんなことを云うたんか? もしかりに囁き、呟いたのであれば検察官の人格審査が必要である。資質ゼロ。こういう詐欺師のようないかさま師を採用し、グループに所属させた上司の管理能力を疑うぜ。どいつもこいつもその派閥に属する検察官は皆、同様に資格審査が必要である。強盗犯に刃物を持たせるようなものだ。徹底的に洗いざらい調べる必要がある。これができないようでは検察組織はいらない。かえって邪魔である。ゲシュタポ検察は民主主義に必要ない。道徳も倫理もない馬鹿野郎たちの饗宴は今すぐにでも破壊する必要がある。全員お縄になって銃殺刑ものだな。堕ちたもんだぜ。悪の使い、地獄の天使たちよ。

17. 2012年5月24日 20:05:17 : K0kvx0RxBk
小沢さんに対するデツチあげた「政治とカネ疑惑」での迫害は、旧体制「ナチズムとフアシズム」の残党ら悪党一味{官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力」が地下で権力を握る日本ではのものです。{詳しくはウオルフレンさんの{誰が小沢一郎を殺すのか?」などを参照下さい。歴史は繰り返す。ナチスによるユダヤ人への迫害の日本版の相似的反復です。「国民の生活が第一」だとか「日本の真の民主化への改革」などの{小沢主義」は上記悪党一味の心胆を震いあがらせた。{俺たちが甘い汁を吸える特権を剥奪されてたまるか。「国民の生活が第一」?だと。とんでもない野郎だ。{日本の真の民主化への改革」?だと日本には{自由や民主主義はふさわしくないのだ。旧体制復活の邪魔をする、小沢の野郎を追い落とせ。口実を探せ。何か疑惑をデツチあげろ」となつたと見ます。その後次々とバクロされる情報で、裏ずけられて居ます。なぜ分かつて居たか。それはナチスやフアシズム体制は平気でそれらの手段を常套的に使うのです。ナチスは「国会議事堂放火事件」までデツチ上げました。全メデイアを動員してターゲツトを連日にわたり罵倒させるやりかたもナチスのやりかたを真似たものです。検察不起訴の小沢さんをイカサマ市民検察審査会を悪用し起訴相当議決という合法を装うリンチにかけて無罪判決の小沢さんを成文化されていない{権限も無い」控訴すると言うイヤガラセに出ているのも、ナチスのやり方です。「ナチスは市民突撃隊にユダヤ人を襲撃させた。{証拠もクソも無い。かまわん、やつてしまえ。」と。何から何まで同じです。

18. 2012年5月25日 01:09:58 : cCrcZ0sDf2
前原は政権をとる前から安部元総理と一緒にアメリカへ行って、「たとえ政権が変っても自民党政権と同じ事をしますから大丈夫です」と約束したと誰かが言ってましたが、それっておかしいと思いませんか?
その頃はもう政権が民主党に変るって事は、まぁ国民の大半でも知っていましたが、それでも政権をとってもいないうちに「政権が変っても自民党と同じ事をやります」とあのアメリカに平気で約束をしたとしたら、どうにも解せません。
それが出来ると確信出来るほどの、大金が動いたと言う事は無いですか?
たとえばあのイタリアの国境のあれ・・・・・・・
ほんの一瞬ニュースに出ましたね。
ホントに、あっ!と言う間の2〜3秒のニュースだった。
あれはタブーなの?


19. 2012年5月25日 07:46:05 : dpp0eXCVak
指定弁護士!
今頃後悔しているかも(笑)
裏を探られ、弁護士能力無し!の烙印押され
小沢裁判が決着したら今後の仕事が減少!

こんな当たり前の構図が思い浮かばず
目先のカネにめがくらむと
人間って落ちるとこまで落ちる!って先人からの常識でしょ


20. 2012年5月28日 12:29:46 : cCrcZ0sDf2
>>08さん
私見ですが。
それは麻生政権発足当時からだと思うので、思いついたのは仙谷だとは思えません。
仙谷は根性は飛びっきり悪いですが、そんなに頭が回るとは思えません。
あの時小沢氏追い落としの検察審査会を仕掛けた麻生は、それでももしかしたら政権を民主党に奪われるかもしれないと危惧もしたと思います。
それでメディアと癒着してきた自民党は、もし政権交代の時には、自民党と同じ事を続ける事を渡部恒三に約束させ、その為に自民党は長年癒着してきたメディアを使い一斉に小沢攻撃を仕掛け、小沢氏を閣僚から下ろす事を約束させ、菅、野田、仙谷、枝野らはそれに乗ったのだと思います。
あの頃の渡部恒三が権力も能力もすでに有りもしないのに、あの傲慢な態度と麻生と食事を共に出来る身分でも無いのに共に会食をしていると言う事は、あの時は渡部恒三にはまだオリジナル民主の長老として、使える部分があると麻生が判断したからでしょう。
もちろん麻生がそれをやったのには、あの大国の「たとえ政権交代はしても、今までとまるで違う事をされたのでは困る」という事が原因では無いでしょうか?
そう考えると政権交代の前に、安部元総理と前原がアメリカへ行き「たとえ政権が交代しても同じ事をしますから大丈夫です」とアメリカの要人に約束したと言われている事も説明がつきます。
麻生内閣発足と同時にあの漆間氏を官房副長官に抜擢していますし。
私は麻生に悪知恵をつけたのはその漆間だと思っています。
警察庁長官を歴任した漆間氏なら、これを改悪すれば利用出来ると考え付いても当然です。
政権発足するや否やそれまで強制力の無かった検察審査会に強制力を持たせ、裁判でたとえ不起訴になっても審査会だけでも2回起訴相当が出れば強制起訴出来るように改悪され、とたんに小沢氏の3人の秘書が逮捕され、小沢氏が代表を辞任しました。
もう水の流れるがごとく、麻生政権と同時に着々と進んだ悪巧みを見ると、アメリカ→小泉→麻生指令と思います。

以上推認でした。


21. 2012年5月28日 12:39:44 : cCrcZ0sDf2
>>19さん

もし成功なら弁護士には一人につきん〜億円なんて成功報酬が有ったらどうよ?
もし成功しなかったとしても、弁護士には一人につきん〜億円/2なんてニンジンならどうよ?
もう一生弁護士なんて商売は、道楽でやってても左団扇の生活が約束されていたらどうよ?


22. 2012年5月29日 09:04:46 : bRtEpEH6t2
検察審査会が検察の目の上のたんこぶとの御意見を否定します。(理由)1、検察審査会に申立てをして御覧なさい。事件被害者以外は申立ては不受理にされます。被害者でも無い山際の申立てがなぜ受理されたのですか。市民を大表して山際が申立てをしても審査会規則で無理です。署名連判も山際は提出していませんね。又小沢一郎から山際は被害を受けていますか。いませんね。山際が被害者として事件番号を入れ、申立書を提出し、初めて受理されます。小沢一郎による被害を申立人山際は被っていません、理由2、個人情報処理で守られている事件番号が、小沢一朗起訴の申立人であるデブの山際は何処で手に入れたのか疑問を感じませんか、?裁判所、検察どちらか以外は記録書類はありません。又被害者、弁護士以外は閲覧禁止です。検察か裁判所が小沢一郎を起訴させる為にどちらかが流失させたのです。理由3、検察審査会の建前は検察の誤りに対し市民目線で独自判断をし、起訴不起訴を審査会独自で決る事が建前ですが、審査会は独自の審査はしません。全て申立て審査は検察に伺い、検察の意向通り起訴、不起訴が決まります。2度目の申し立ての時、検察が不起訴と言っているので不起訴を通知しますと書かれた不起訴通知が審査会より送られて来た事。期日を違えて出した2回の申立ての受理が2度とも、第4であった不思議、審査会は第1〜第5迄あるのにですよ。審査会には申立て受理番号にあった審査委員、審査会議がないのでは?不正認印による裏金作りが疑われる。司法の天下り先である、司法、検察、審査会の疑惑のトライアングル、同じ穴のムジナである以上、審査会は信用は出来ません。以上持って審査会は検察の目の上のタンコブでは無く、検察及び司法の意向を遂行する出先期間であり、審査会に於いての独自判断はなされてい無い事は明白です。審査会は税金泥棒の無用の長物です。存続をさせる事は無意味です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧