★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 534.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「21世紀の検事の自白調書だってインチキなのに、何十年も昔のそれにお墨付きをくれてやったら:市川寛弁護士」 晴耕雨読  
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/534.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 5 月 26 日 01:09:33: igsppGRN/E9PQ
 

「21世紀の検事の自白調書だってインチキなのに、何十年も昔のそれにお墨付きをくれてやったら:市川寛弁護士」
http://sun.ap.teacup.com/souun/7591.html
2012/5/26 晴耕雨読


https://twitter.com/#!/TriggerJones42

通常の刑事裁判もそうだけど、特に再審決定に対する検察官の上訴はなくすべきだな。

動機は九分九厘メンツを守るためでしかないし、無意味な裁判の長期化を招くだけで、百害あって一利なし。

裁判所にしても、再審の審理にどうして何年もかかるのかね。

一度確定した事件だからと舐めてかかって後回しにしてるんぢゃないだろうな。

再審は一度確定した事件をもう一度審理するんだから、急がないと証拠がどんどん失われてしまう。

検察は時間稼ぎして、昔のインチキな証拠での結論を維持しようとしてるんぢゃないか?

> 名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求差し戻し審。名古屋高裁は再審開始を認めず。共同通信の速報から。

が〜ん…

> 昔にはなかった証拠方法が解明されて、その方法がさかのぼって昔の有罪判決に適用しうる場合には、積極的に適用することを考えれば良くて、それで何か失うものがあるとすれば、過去の検事とかのプライドとかメンツだけでないかな、と思うので、反対する人は司法制度改革で淘汰してください。

> 仮に過去の判決がその後しっかり調べた結果、覆されたとしても、もともとの裁判がちゃんとやっていたのであれば、何も恥じることはありません。それは「誤り」ではなくて、もともと制度がもっている限界です。それを誤り扱いした上で避けたがるのは、過ちを改められない態度です。

> 名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求差し戻し審決定。「自白は根幹部分で十分信用できる」と名古屋高裁。共同通信の速報から。

ま た 自 白 か 。

> 検察が主張さえしなかった理由で再審請求を棄却した。裁判所は刑事裁判の原則を自ら捨てたーーと鈴木弁護士は怒りのあいさつ pic.twitter.com/n3yAh5lU> 物証について「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある。事実解明されていない」という差し戻した最高裁の問いに高裁は答えたのか,あるいは自白だけで門戸を閉ざしたのか。いずれにせよ名張事件では最高裁自身が再審開始決定すべきだったと改めて思います。

僕が言うと問題発言だろうが、21世紀の検事の自白調書だってインチキなのに、何十年も昔のそれにお墨付きをくれてやったら、それこそ検察庁は「やはりこれからも自白調書だ」と思うだろう。

検察改革が急務な現状も視野に入れてほしかった。

> 名張事件で不当決定を出した名古屋高裁刑事第2部の合議体は下山保男裁判長、前田巌裁判官、柴田厚司裁判官。ちなみに前田巌裁判官は袴田事件第一次再審請求の特別抗告を棄却した最高裁の担当調査官だった人。

> 名張決定要旨を入手。憶測に基づいて毒物鑑定を評価し,自白が信用できるとする。つまり自白をまともに裏付けられるものはないが,とにかく自白したんだから死んでくれというもの。証拠評価の体をなしていない。ひどすぎる決定だ。

> 再審開始決定に対して検察が異議を申し立ててあーだこーだやって何年もかかるくらいなら,普通に再審を開始して審判した方が絶対効率的だと思うのだが。

> 生活保護は甘え! 的な発言をしている方には想像力が絶対的に不足している。自らがその立場に陥る可能性があることを全く想像できないのだ。しかも、自らが苦況に陥った時には無償での助けを求めることが多い。なぜなら困っている自分は救われるべきだと考えているからだ。

犯罪者を必要以上に非難する人も同じですね。

誰だって犯罪者になりますし、「犯罪者にされる」危険があります。

> 生活保護を受ける人は弱者と言う人も想像力が絶対的に欠けてます。(中略)生活保護の適正化を不要と思いますか?

誰も「不要」なんて言ってませんよ。

それに私は犯罪者を「必要以上に」非難する人と表現してます。

裁判員制度実施前、その是非について複数回、ヒラ検事にアンケートが回ってきたが、検察審査会法が改正されるとは全然知らされなかった。

もちろん「プロなんだから法改正の動向は自分でチェックしろ」なんだが、起訴議決制度の是非についてもアンケートが回ってもよかったんぢゃないのかねぇ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月26日 01:54:50 : EqGgU7We5o
つまり判例も全部インチキなのか

02. 日高見連邦共和国 2012年5月26日 05:41:10 : ZtjAE5Qu8buIw : np1eC180Aw
こうやって、『前例』が造られて行く・・・
“怒り”しか感じない。

03. 2012年5月26日 07:44:12 : RsreIIQ23Y
失敗を認めない官僚主義
国民が主権者として
意思をはっきりさせない限り
官僚の無責任な体制は変わらない
フレーフレー 橋下
フレーフレー 小沢 

04. 2012年5月26日 16:55:45 : dpp0eXCVak
過去を検証してこそ未来が見えるのに
すべてを闇に隠そうとする司法に明日は無い!

司法改革が必要なのは名古屋高等裁判所が証明した


05. 2012年5月26日 23:30:19 : mp6fw9MOwA
名古屋高裁にも最高裁事務総局の意向が伝わっているのだろう。
推認が合法な処理で有ると国民を洗脳したいとの思惑が透けて見える。
裁判官は原告・被告双方の意見をよく聞きそのどちらの見解に矛盾が無いかを判断する権限しかない。
双方が取り上げない葡萄酒に農薬の不純物が含まれない現象を勝手な推論で正当化する事は職権乱用で有る。
裁判官が職権乱用に走るのは検察が冤罪事件を罪のごとく扱い冤罪事件を確定する動きとリンクしている。
司法関係の腐敗は検察だけでなく裁判所にも蔓延している。
別の言い方をすれば両方を最高裁事務総局が仕切っており、最高裁事務総局が腐っているのである。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧