★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 658.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
菅直人前首相の無責任さ、吉田昌郎前所長に福島第一原発事故の全責任を押し付けるつもりなのか?(板垣英憲)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/658.html
投稿者 判官びいき 日時 2012 年 5 月 30 日 09:05:01: wiJQFJOyM8OJo
 

東京電力の福島第一原発事故を検証する国会の「事故調査委員会」(黒川清委員長)が5月28日、菅直人前首相を参考人招致し、意見聴取した。だが、菅直人前首相は相変わらず、危機に瀕した際の国家最高指導者として、どうあるべきであったかの自覚を未だに欠いたまま、ひたすら自分の取った振る舞いを正当化する強弁に終始した。

@全責任を担うという強い意志の欠如である。東電に全責任を押し付けている。
A国家最高指導者の居るべき首相官邸を一瞬たりとも離れてはならないのに、大局観からの指揮を忘れて、本来は「幕僚」の仕事に手を出して現場である福島第一原発に現地視察して、同時進行中の東日本大地震、大津波の被害地域の被災民の安全対策を放棄して危険にさらした。

B菅直人前首相は、報告にくる高級官僚や東電幹部を怒鳴り散らしてばかりいて、部外から自分勝手に知人を寄せ集め、20にも及ぶ「対策本部」を設置して、組織を大混乱に陥れていながら、いまもって反省していない。それどころか、「激励しただけだ」と言い訳している。

私は、東日本大地震、大津波、福島第一原発大事故発生直後から、菅直人前首相が「国家最高指導者として不適任である」と指摘し、その都度厳しく批判してきた。その際、大日本帝国陸軍の士官学校が教えた「統帥綱領」の言葉を再三引き合いに出して、将帥としての条件や、あるべき姿を示してきた。

「将帥の具備すべき資性としては、堅確強烈なる意志及びその実行力を第一とし、至誠高邁なる品性、全責任を担当する勇気、熟慮ある大胆、先見洞察の機眼、人を見る明識、他人より優越しありとの自信、非凡なる戦略的識見、卓越せる想像力、適切なる総合力を必要とす」

「将帥は事務の圏外に立ち、超然として、つねに大勢の推移を達観し、心を策按と大局の指導に集中し、適時適切なる決心をなさざるべからず。これをなし得ると否とは、実に将帥その人の自覚と信念に関す」

「将帥の決心を準備し、これを実行に移すための事務は幕僚以下の職務にして、将帥は幕僚を信任して、その局に当らしむるを要す」「将帥の真価は実に難局に際して発揮せられる」

しかし、国会の「事故調査委員会」は、陸海空3自衛隊の最高指揮官である菅直人前首相に対して、「なぜ安全保障会議を開催しなかったのか」と質して追及したのであろうか。もう1つ疑問なのは、がんで病床にあると言われている福島第一原発の吉田昌郎前所長に対して、「臨床尋問」をどうして行わないのか。一説には、「自殺死亡」情報が流れているので、現実性がないからか?

「従兄弟」と称する怪しい人物(東電のスパイ?)は、「自殺死亡」情報を否定する怪情報を喧伝している。このブログへも従兄弟を称するものからのコメント投稿があり、返信として当事務所へ電話連絡を要請したが、いまだに何の連絡も入らない。これは果たして東電による撹乱工作か?

いずれにしても、吉田昌郎前所長の様子について、本人はもとより家族、東電からも一切の情報が発信されていない現状は、国会の「事故調査委員会」をさぞかし、困惑させているに違いない。福島第一原発大事故の現場と菅直人前首相との関係について、真実を知る者は、吉田昌郎前所長しかいないからである。

大事故の最中、吉田昌郎前所長が東電本社との間で交わしたと言われる「やっていられないよ」と言った発言は、一体何だったのか。菅直人前首相との関係も不可解な面もある。それどころか、これほど無責任な連中ばかりだと、吉田昌郎前所長に対して、「あんたのせいだ」として大事故のすべての責任を負わせかねないのである。菅直人前首相の無責任さから判断すると、野田佳彦政権・東電は、吉田昌郎前所長に福島第一原発事故の全責任を押し付けるつもりなのか?
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/c715b56a637c23bb061ad26757fe65f4
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月30日 11:33:50 : esmsVHFkrM

こいつ、何を馬鹿を言っているのか。

管はよくやった。完璧じゃないかもしれないが、あの状況の中であれ以上にやれたと自信を持って言えるやつなんかいない。

管が怒鳴ったことを問題にしているやつがいるが、自分の過去の経験から言っても、緊急事態で「下」がちゃんとやらないなら怒鳴るしかない。それでもちゃんとやらないなら自分でやるしかない。それがダメな組織を任された組織の長が、本気なら、覚悟しなければならないことだ。そいつが同じような無責任野郎だったら、そんな組織の長として普通じゃない「大変なこと」なんかやらずに、下がちゃんとやらないのをそのまま放置して(要するに官僚が普段やっていることの通りにして)、後で同じように「がんばったけれどダメだったんです」と言って済ませている。この日本じゃこっちの方がよっぽど楽だし安全だ。

怒鳴ったことについて文句を言っているのは東電と官僚だ。こいつらがちゃんと働かないどころか逃げてばかりだったことはもはや誰も否定できない事実だ。こいつら相手にどうやって「人をうまく使う」なんて真似が可能なんだ。そもそもこいつらは「シロアリ」で人じゃない。そんなことできるというやつがいたらそいつの顔を見たい。

東電と官僚がこんなだったから怒鳴らなくちゃならなかったし、自分でやらなくちちゃならなかったんだ。

怒鳴ったこと、自分でやったこと、これは管が少なくとも東電や官僚と違って無責任野郎じゃなかったという証拠だ。だから、そんな管を目の敵にするやつらがうじゃうじゃ出てきてさんざん誹謗する。産経がそうだ。読売がそうだ。この板垣がそうだ。そしてコメ欄に湧いてくる「管が信用できない」と称する人々がそうだ。

いい加減にしろ、原子力ムラ。卑怯者。


02. 2012年5月30日 13:05:40 : dlBRSPYgnU
菅さんは、原子力村は原発事故の反省もせず、現状維持を考えていると指摘した。
これは正しい。 反省のない原子力村を(特にTOPの連中)解体し、安全な新エネルギ−開発研究に対して大幅に予算をつけ、脱原発へ踏み出すべき。

03. 2012年5月30日 16:22:01 : 2OItNfXtEs
01>
管のリ−ダシップの無さで・・・・・
@住民の被爆を拡大した。
A非難住民は塗炭の苦しみから未だに解放されておらず
 その目途もない。
B東電を法的処理せずに活かしてしまった。原子力村に屈服!

もう少しまともな見識のある総理ならここまで
ひどくはならなかっただろう。


04. 2012年5月30日 16:28:28 : fUF7XKXpVM
 01さんは寺田さん? それとも津村さん?

05. 2012年5月30日 22:15:53 : x4HfwtVEgM
原子力村は今回の事故に対する深刻な反省もないまま、さらに原子力行政の実権を握りつづけようとしている。こうした戦前の軍部にも似た組織的な構造、社会心理的な構造を徹底的に解明して解体することが原子力行政の抜本改革の第一歩だと考えている。

の発言は評価する。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧