★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130 > 681.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小沢氏無罪判決の意味」「特捜検事の虚偽報告書を指弾」「新証拠なき控訴に疑問」(社会新報)
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/681.html
投稿者 関飛 日時 2012 年 5 月 30 日 16:52:48: pbkZokkPt5QUo
 

仲間であるはずだった民主党は気がついてみると敵であるはずの検察を応援してる。
戦前から検察にやられっぱなしの共産党もなぜか今回は検察の応援団。
自民、公明、みんな、国民新、たちあがれ、は言うに及ばず。
かくして規制政党で検察批判を言うのは社民党だけになった。
細部には歯がゆい部分もあるけど、批判していること自体は十分に評価できる。

ここから社会新報 本文

小沢氏無罪判決の意味
特捜検事の虚偽報告書を指弾
新証拠なき控訴に疑問

資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地裁は4月26日、小沢一郎・民主党元代表に無罪判決を言い渡した。検察官役の指定弁護士が控訴したため判決は持ち越されたが、大善文男裁判長は判決で、検察審査会の強制起訴議決に導いた東京地検特捜部(当時)の田辺政弘検事が作成した虚偽の捜査報告書を「あってはならない」と指弾。「狙い撃ち」とも評された特捜の捜査を、判決も厳しく批判した。

 「検察官が任意性に疑いのある方法で取り調べを行なって供述調書を作成したり、事実に反する内容の捜査報告書を作成したりして、検察審査会の判断を誤らせるようなことは決して許されない」
 「本件の捜査では、特捜部で事件の見立てを立て、担当検察官はその見立てに沿う供述を獲得することに力を注いでいた状況がうかがわれる」
 判決は、田代検事が引き出したとされた、小沢氏の関与を認める元秘書・石川知裕衆院議員の供述の任意性を否定。石川氏が調書作成に応じた経緯や動機を供述した田代検事作成の捜査報告書も事実に反する、とした。
 検審の起訴議決の有効性は認めたが、「そのような調書や捜査報告書を検審に送付することは、あってはならない」と断罪し、「事実に反する捜査報告書が作成された理由、経緯などの詳細や原因の究明は、検察庁などで十分調査の上で、対応がなされることが相当」と言及。当事者でないにもかかわらず、検察が最もダメージを負う判決となった。
 これまでも特捜事件の公判で、取り調べ手法などに被告が異議を唱えることは多かったが、裁判所側はほぼ追認してきた。それが裏返ったのは、厚労省の郵便不正事件だ。大阪地検特捜部(当時)の前田恒彦検事によるフロッピーディスクの改ざんが明らかになり、大阪地裁は虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた村木厚子氏に無罪を言い渡した。
 一方、前田検事は証拠隠滅罪で懲役1年6ヶ月の実刑判決が確定。犯人隠避罪に問われた当時の大坪弘道・大阪地検特捜部長、佐賀元明・同副部長にも懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡された(二人とも控訴)。検察庁は「関西検察」の問題に矮小(わいしょう)化しようとしたが、陸山会事件で東京特捜にも病巣が蔓延していることが露呈した。
 
「狙い撃ち」の批判
 狙い撃ちとも言える小沢氏に対する捜査は、西松建設に始まる。西松の内紛に端を発した捜査は、福島原発ルート、タイ高官ルート、長野知事ルートなど紆余(うよ)曲折した挙句、2009年3月、小沢氏の元秘書逮捕に行き着いた。
 西松のダミー団体から政治献金を受けたとされる事件だが、二階俊博・元経産相ら自民党の他の政治家の資金管理団体も同様の献金を受けていた。政権交代が確実視される総選挙前のタイミングで、当時民主党の代表だった小沢氏周辺直撃した捜査に「狙い撃ち」との批判が渦巻いた。
 一度は引き下がった東京地検特捜部だが、このままでは終わらなかった。西松事件着手から半年後の09年夏には、水谷建設会長が収監されていた三重刑務所に吉田正喜・特捜部副部長が出向いて事情聴取。翌10月、「小沢氏団体、04年報告書記載に虚偽 土地購入計上せず」と題する全国紙の記事に合わせたかのように、捜査は本格化した。
 だが、検察内でも推進派と慎重派がまっ二つに割れた。「『ゼネコンから政治家に金が流れた』なんて話はいくらでも特捜はつかんでいる。いつまであんな事件、追っているんだ」ある記者は、元特捜検事がつぶやいた言葉が忘れられないという。
 それでも特捜は捜査を続け、10年1月には石川氏ら元秘書3人の逮捕に踏み切った。その後、小沢氏の立件を目指したが、断念した。
 田代検事が作成した石川氏の供述調書と操作報告書は、最初に小沢氏の起訴相当議決が出た翌月の10年5月に作成された。その直後、特捜は小沢氏を再び不起訴にしたが、同9月に検審は起訴議決を出した。「特捜は自ら起訴できなかったので、検審に起訴させた」という批判もあながち、的外れとは言い切れない。

身内に甘い処分
 ここまでの事態を招きながら、検察庁は月内にも田代検事を証拠不十分で不起訴とする方針を示し、内部処分で済まそうとしているという。
 そもそも、田代検事を処分すればいい問題ではない。この暴走を招いた当時の東京地検特捜部のツートップである佐久間達哉・特捜部長、吉田副部長の責任は極めて重大だ。さらに、東京地検次席検事として陸山会事件の捜査を後押しした大鶴基成氏は退職し、弁護士に転身。西松、陸山会各事件のゴーサインを出した検察幹部の多くも退官した。組織として誰一人責任を取らない構図は、福島第1原発事故での東京電力や原子力ムラの住人とそっくりだ。
 東京特捜の小沢氏をめぐる事件と、大阪特捜の証拠改ざん事件で「10年以上、政治家を摘発できないだろう」とも言われるダメージを負った特捜検察。「関西検察」には大なたを振るったが、本丸の「東京検察」がこのありさまでは国民の信頼は取り戻せなくなる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年5月30日 17:13:51 : 01tpnImw36
社会新報がねえ、驚きました。

見出しがいい。これだけで充分。

小沢氏無罪判決の意味
特捜検事の虚偽報告書を指弾
新証拠なき控訴に疑問



02. 2012年5月30日 17:32:23 : VFoElutZFU
腑に落ちない記事だな。
西松からの献金が事実のように書いてるし、検察が訴因変更という手段を取ったことにも触れていない。知らないわけないよな?まだ誰かに遠慮してるんじゃないか?

03. 2012年5月30日 17:37:28 : pBX4hCXA5w
まあ色々な立場、思惑もある
それが悪いというのは、原理主義に他ならない
司法問題にしろ、原発問題にしろ
考え方は幅があっていいんだ

ただ不正は許してはダメだ
司法の腐敗にしろ、原発利権にしろ、これほどの不正義があるだろうか?


04. 2012年5月30日 18:03:13 : esmsVHFkrM

社民党の連中は今こそ良く考えろ。

本来日本社会党はフランス社会党やドイツ社民党のようになれる可能性があったんだ。欠けていたのは政権を目指す意欲と覚悟だ。その意欲と覚悟があればドイツ社民党がゴーデスベルク綱領に採択したように現実主義的な社会民主主義政党への転換が可能だったはずだ。日本が先進資本主義国であるならば、社会民主主義政党が2大政党のひとつとなっていないことを恥じろ。

民主党の限界と欺瞞が明白になった今、戦前から連続する官僚利権政府と本当に対立しているのはあの護憲政党社会党の後裔である社民党だけだ。小沢問題と原発問題に対する社民党の姿勢はまったく正しい。憲法が意味することは、それが誰であれ基本的人権の侵害は絶対に許されないし、一部の人間の利益のために国民の平和的生存権が犯されることも絶対に許されないということだ。今こそ真の護憲精神に目覚め憲法の徹底を主張しろ。

次の選挙で、俺にはもう入れる政党がない。もし社民党が、真の護憲精神に目覚めそれを実際に実現する政治的現実主義を受け入れ政権を目指す覚悟を決めるならば、また喜んで社民党に入れよう。

社民党の幹部は今自分たちが歴史的岐路にあることを自覚しろ。

勇気を出せ。



05. 2012年5月30日 18:20:30 : 42nGc6judU
>>04

04さんはエライ。


06. 2012年5月30日 18:20:46 : MlZar7QHus
司法汚染の問題に遅きに失したとはいえ、やっと社民党が立ち上がった。機関誌社会新報に論陣を張った。これは嬉しい情報だ。
 これは何を差しおいてもこれ程国民にとって重大な犯罪はない。単なる金に纏わる汚職などと云う次元の話ではない。我が国、国民を根本から陵辱する程の

憲法違反の重大問題なのだ。今まで私達は司法に関しては、まさかこれ程の犯罪が存在していたとは考えもしなかったのである。遡れば自民党政治の中には似

たような犯罪が多数隠されていたのでないかと疑ってしまうほどである。
 ことは良心的識者が指摘するように、小沢氏個人の問題ではない。検察の勝手な思いこみや推認によって、「彼奴は悪そうな顔をしているから絶対犯罪を犯

しているはずだ。」と云って犯罪人仕立て上げられて、証拠がなくても罰せられる状況が作り出されて仕舞う恐ろしい状況なのだ。かつて、小林多喜二がその

ような状況に晒され、拷問され命を落としたことなど考えただけでもぞっとすることなのだ。
 ここに来てやっと社民党が正面からこの大問題に切り込んでくれたことは、まだ良心は存在するなと思ったのは私だけではないはずである。それにしても共

産党は一体なにをしているのか。かつてこのような状況の最大の被害者ではなかったか。自由と民主主義を標榜しておきながら、小沢氏の思索判断が自分達と

異なるということと、過去の政策状況が気にいらないと云う理由で、更に我が党独自の調査によってと云って(強制捜査権も持たない団体の調査力など限界があ

ると思うのだが)、過去の自党の置かれた状態に思いを馳せることもなく、またこの問題が最大の重大問題なのだと云うことを考えもせず、いかにも人を陥れる

言動を平気でしている様に、情けない思いをしているのも私だけでは無いと思うのである。かく言う私も小沢氏の考え方の全てを自身にシンクロさせて無いこ

とは申し上げておきたいが、そのことをカバーしても遙かそれ以上に重大な問題なのである。
本当に心ある情報機関は、何としてもこの重大問題に切り込んで国民の目前に俎上して欲しいのだ。悪マスコミしか情報の手だてを持たない人達の為にも。
田代や佐久間等をこのままにはしてはいけないのである。


07. 2012年5月30日 18:32:10 : dy5bblmkRU
>>04
辻元はイケメンの前原にこちょこちょとやられたら、社民を出奔して
民主の主要ポストになびくのも、人間の性として理解ができない訳でもないが、
所詮官僚路線の政務についても、結局はアンシャンレジームの延長線上に
しかないことは明白で、市民派の管の末路や、人権派の仙石の酷さを前にすれば
当然なのかもしれないが、それに、揺れる瑞穂が社民を端的に表している。

しかし、それでも、社会新報で遅まきながら検察に槍を入れる記事には
少しは良心が、それとも、選挙における泡沫を少しでも食い止めたいとの
願いからなのか、それでも、政党として、民主主義を少しでも維持する意識が
あるのならば、評価はするよ。臆せず、二の矢、三の矢が必要なのだよ、
それほど、表には現れないが、人権という危機に瀕しているのだよ。

追記だけど、それにしても、共産は酷いな、民主主義の手順を踏まない
検察に迎合して、尚且つ加勢するお前らに反体制を名乗る資格はなーんもない。
東電や連合と同じように恥を知れときつく言ってみたい。


08. 2012年5月30日 19:22:47 : oGt2NtOuC6

☆社民党は残った。共産党は解党あるのみ。次回の選挙が楽しみだ。正義は勝つ。
ジャン

09. 2012年5月30日 19:43:57 : 0RBN4Exq2x
共産党は次の選挙でかなり票を減らすと思います。民主主義とは無縁の党ですね。40年も支持してきましたが、赤旗も断り、家族でもう共産党を支持するのはやめようと話し合っています。

10. 2012年5月30日 19:46:22 : dlp5rHUhkk
今まで政治家は検察に震えていた。鈴木宗男さんか小沢さんまたは森ゆうこさんしか検察に抵抗できなかったのです。やっと検察に物が言えるようになったのです。今日まで検察に日本の政治が動かさせていたのです。国民にもっと真実を知ってほしいものです。そのために「検察の罠(小沢一郎抹殺計画の真実)」森ゆうこ著をお勧めします。

11. 2012年5月30日 19:54:55 : h5fBTvQR4U
寂しけど、今、それなり気持ちよく投票できるのは、小沢グループと、小沢支持政治家、及び古株では社民党だけ。

今は勢力が小さいが、次第に大きくなって欲しい。


12. 2012年5月30日 20:00:45 : esmsVHFkrM

>>04だが、

ここには見識を持った真面目な人間ばかりでネトウヨも湧いていないようなので、もう一言言いたい。

俺は、共産党は馬鹿じゃないと思う。連中は未だに革命政党である本質を失っていない。連中の読みは官僚利権政府は限界まで来ていると言うことだ。

自民党政権時代は陰に隠れてソフトはファシズムだったが米国従属の必然としての長引く経済停滞と原発事故でハードなファシズムに転換せざるを得なくなっている。このままいくと、増税、原発再稼動、TPP,年金社会保障の破綻、国民特に若年層の貧窮化、社会不安の増大で、官僚利権政府の正体が露わになり革命的状況が日本に生まれるとの読みだ。

小沢は議会政治家だから小沢が成功すればブルジョア民主主義が修復されて期待される革命的状況の可能性がなくなる、だから革命的状況の出現のためにはむしろ官僚利権政府による小沢抹殺に協力するべきだと考えているのだと思う。

これは共産党の凄みだ。連中は未だに革命をあきらめていない。これはこれで尊敬に値する志だ。その思想信条の当否はあれ思想信条に殉じようとする態度は日本の政治風土には希少なものだ。

そこで社民党だ。

今こそ社民党の幹部はその歴史的使命に目覚めてほしい。それは護憲であり日本における社会民主主義の確立だ。そのための小沢擁護であり、生き残った小沢の保守政党との政権交代による2大政党制だ。

歴史は皮肉だ。もう用済みの政党で弱小政党として気楽にやっていく程度のつもりだったかもしれないが、歴史は今再び社民党を、いやあの社会党を、必要としている。やはり官僚利権政府を倒せるのは社会民主主義だったのだ。

だから、その歴史的使命を引き受ける勇気を出してほしい。共産党のようにその思想信条に殉ずる志を見せてほしい。


13. 2012年5月30日 20:03:27 : 3xiSF3Rvid

控訴だけど、おかしな連中からのいやがらせの電話が、
指定弁護士のところに大量にかかってきて、その結果らしいね。
それで身の危険を覚えたのではないか。三人の満場一致で控訴を決断したというから。

で、控訴審の裁判官は、オウムの麻原に死刑宣告をした人だから、
セキュリティの心配がないということだろうね。

敵も追い詰められてるから、指定弁護士が控訴断念の判断をするのは荷が重かったのかも知れない。
まあそれは、今後の展開によって明らかになるだろうが、とにかく無罪判決を得たことは大きい。

それにしても、この記事の写真に悪意を感じるのは、自分だけだろうか?w



14. 2012年5月30日 20:07:00 : PgGEzDs2v2
■ 社民党が 政党として 生き残る条件

 @ 脱原発

 A 核廃絶(全世界の)

 B 戦争放棄を前提とした 憲法改悪 反対

 C 弱者の代表

 D ダメなものは ダメ を党是とする

 みずほ さん 頑張って 下さい


15. 2012年5月30日 20:14:28 : JjSQKQLkmo
08さんの最後に来る ジャン いいですね。そうです共産党は”シカ●”してもよい政党。見向きもしたくない。昔何回か投票したことが悔やまれて仕方がない。今の共産党には侮蔑しかない。票を返してもらいたいほど憎い!!
 椎代表がアメリカから帰ってからおかしい党になったように思う。

16. 2012年5月30日 20:16:41 : VFoElutZFU
2009年の政権交代時に連立を誘われて乗ってたら良かったんだな、共産党。
与党を攻撃するという習性のままでいたら、自民党や既得権を守りたい勢力の味方になっちゃったという。

17. 2012年5月30日 20:23:36 : 2oD5Qm3Tbk
デジタルシニアーズには、バレバレだ。
日本共産党が彼の国の支配層の指示の元に活動している事が。
占領国を支配し略奪するには、暴力と弱みを握って脅すって事を知るべきだ。
一般大衆に分からずに暗闇でやるって事を知るべきだ。
ところで、NHKが松本、地下鉄サリン事件はオウムがやったとの刷り込み放送をやっていたが、デジタルシニアーズには、バレバレだ。
サリンテロは、軍事行動って事が。
素人の兄ちゃんにはとても出来ない事が。

18. 2012年5月30日 22:06:08 : rWmc8odQao
社民党は小粒ですがとてもまともな党です。高く評価できます。

一方…

八木啓代氏
「この状況で、小沢憎しのあまり、検察犯罪の報道さえしない日本共産党は終わっていると思いますが」
https://twitter.com/nobuyoyagi/status/207808584887697409

オワコン共産党。社会正義より自分の好き嫌いを優先するボンクラ集団。


19. 2012年5月30日 23:21:23 : Krrht32L0A
赤旗は水谷建設の裏金1億円の記事を書いていたね。
元会長が高橋元秘書に頼みに通っていたことや、裏金を渡すという噂など。
高橋に営業かけていたまでは皆認める事実だ。
高橋も裏金を否定。
しかし赤旗は川村(の愛人)を追わず、裏金報道を続けた。

20. 五月晴郎 2012年5月31日 00:35:03 : ulZUCBWYQe7Lk : t3OuS3nAYI
前回の選挙で森原さんと保坂さんに投票しています。
応援しています。

旧自民党右派の流れと日共は嫌いです。


21. 2012年5月31日 00:47:57 : Glt7A88w6E
社会新報、たまにはやるじゃない!
これで、社民党はエセ人権政党ではなくなったね。

がんばれ社民党、応援してます!!


22. 2012年5月31日 01:24:47 : T55fzWB3z2
>>04
>>12
>米国従属の必然としての長引く経済停滞と原発事故でハードなファシズムに転換せ>ざるを得なくなっている。このままいくと、増税、原発再稼動、TPP,年金社会>保障の破綻、国民特に若年層の貧窮化、社会不安の増大で、官僚利権政府の正体が>露わになり革命的状況が日本に生まれるとの読みだ。
>小沢は議会政治家だから小沢が成功すればブルジョア民主主義が修復されて期待さ>れる革命的状況の可能性がなくなる、だから革命的状況の出現のためにはむしろ官>僚利権政府による小沢抹殺に協力するべきだと考えているのだと思う。
>これは共産党の凄みだ。連中は未だに革命をあきらめていない。

共産同赤軍派の二番煎じか(笑)

大昔、ヨーロッパで社会民主主義を主敵にして統一戦線の足引っ張って、ファシストの露払いやったのを繰り返そうとしているだけではないのかね(笑)単に学習能力がないだけだ。

加えて日本共産党は伝統的にスパイに浸透され、戦後アメリカ軍に牢屋から解放してもらって、マッカーサーの後ろ盾で一時期風吹かせたのが絶頂期。幹部は東大卒。根っこはアメリカの犬だ。幹部の亡命先はアメリカだろう。

共産党のシンパか何だかわからんがもう少し本でも読んでみるんだな(笑)


23. 2012年5月31日 05:00:39 : LjDUeYansg
未だ、戦国の世から抜け出せない、福島瑞穂の断末魔であろうか!!

24. 2012年5月31日 06:19:20 : dy5bblmkRU
>>22

三井環氏が最初に検察の裏金を告発する資料の持ち込み先として選んだのが
共産党で、門戸をたたいたが、党の趣旨にそぐわないと、まさしく門前払いを
喰らわして、その後、鳥越氏、管のラインへの持ち込み後の、不幸な逮捕と
なったわけだが、今回も、小沢さんへの不当な検察の介入、詐称においても
共産は検察に肩入れをしているスタンスから、この党として本質的に
検察との対峙ができない何物かがあるのではと推察できる。

賃下げ反対や、消費税反対などのどう転んでも結果が問われない諸問題については
リベラルなスタンスが取れるが、根本的な人権や民主主義に対する危機において
身体をはっての当局との丁丁発止ができない政党に民主主義の安全装置として
全幅の信頼を与えることはできないし、失格の烙印は免れないと思う。


25. 2012年5月31日 06:59:36 : Zsps5pRxgo
社民党は今の情勢を見てものを言っているにすぎない。

以前は何を言っていたのか、ゴミマスコミと声を合わせて小沢の説明責任を連呼していた。あまりたよりにはならないが世間の空気を読んではいるということだ。


26. 2012年5月31日 08:22:31 : Rll5GkK2Ss
昔の社会党は自民党と談合政治をやっていた。

その社会党の一部が民主党に入り込み昔の悪さをしている。
選挙のとき良いことを言って皆から票を貰って当選したら皆を裏切り自分のカネの為に働く。
呆れて批判として共産党を支持していた。
政権交代が可能になったときは勿論民主党を支持した。
まさか裏切るとは思わなかった、菅・野田はホントに許せない。

社会党の尻尾の生き残りは社民党はよく頑張っている。
共産党はダメだ。
権力の不正に対して徹底的に闘っていくならともかく権力と闘っている人を叩くか?
家族で話し合っている。


27. 2012年5月31日 11:29:00 : il8UW33C8Q
>>02. 2012年5月30日 17:32:23 : VFoElutZFU
>腑に落ちない記事だな。西松からの献金が事実のように書いてるし・・・


02さんへ

西松建設事件は、
西松建設からの献金が合法か非合法か(偽装献金)を問われた裁判だったのですが、
裁判で「合法的な政治献金」であったことが明らかになったため、
「献金が事実」であっても何ら問題は有りませんので、ご心配無用です。

我々が怒っているのは、
当時の政権与党で職務権限のある自民党(森、二階、伊吹ほか)にも献金されていたのに、野党である小沢さんの秘書だけがあらぬ疑いで突然逮捕された「政権奪取前夜の国策逮捕」を許せないのです。


28. 2012年5月31日 14:34:32 : k8aPIqAJo2
06様同感です。

今日この投稿を見てほんとにうれしかった。<拍手>1回以上、入らないのが残念です。
実は長年共産党に1票入れてたので、検察審査会起訴のとき、コメントを求められた共産党が<市民目線の当然の起訴>と言った時、ほんとに、飛び上るほど驚きました。

人権は民主主義の基礎です。まして検察が選挙スケジュールに合わせたタイミングで動いたり、当時野党の小沢さんだけをターゲットに<狙い撃ち>の様な捜査をするなぞ許されるべきではない。

この件で長年の共産党支持を辞めました


29. 2012年5月31日 15:42:34 : aaGDCu39zg
本当に共産党は何のとりえもなくなった政党と思う。戦前に国家権力によりあれだけの不当な弾圧を受けながら、今は権力のポチの振る舞いだ。恐らく共産党にある強い上意下達の権威主義、官僚主義のなせる業かと思う。自由な発想と思考ができない為ではないか?
その点でまだ社民党には期待が持てる。残念なことは福島党首が弁護士時代に仙谷の世話になったらしくいまいち歯切れが悪いことである。
普天間問題での筋を通した政権離脱はとても良かった。筋を通した行動をすれば必ず支持する人達は増えるはずである。

30. 2012年5月31日 16:44:30 : BHAQ1c8UdE

志位がどれだけ立派なことを言っても、人権侵害の共産党の本性

が明らかになった以上、シラジラシイだけだ。完全に見限った。


31. 2012年5月31日 16:55:07 : lRYfivAqeo
社会党よくやった!!!

共産党は売国奴に成り下がった!!!!自滅党にスリスリしているもんな。
党員も相当減らしている様だ!!!!おめでとう!!!


32. 2012年5月31日 19:02:00 : 1qlts7BNxk
>25さん

社民党は野党で唯一証人喚問の必要はないと言ってきた政党です。
確かに参考人招致については言っていましたが、それを持って「ゴミマスコミと声を合わせて小沢の説明責任を連呼していた」と言うのは言い過ぎではないでしょうか。
ちなみに証人喚問は「国民生活に大きな影響がある事件の当事者などを国会に呼び出し問いただす」ことで、参考人招致は「当事者や専門家などを招き参考までに聞く」ことであり、両者には大きな隔たりがあります。


33. 2012年5月31日 19:18:21 : 1qlts7BNxk
>29さん

普天間のおかげで政権離脱ができた。
あの時点ではほとんどの人が今の民主党の惨状を予想してなかったと思う。政権に残っていたら社民党も現政権の汚物にまみれ、二度と立ち上がれなくなっていたのではないか。
そういう意味では社民党にはまだ運が残っている。


34. 2012年5月31日 22:16:08 : XhpX8jbLoU
何も出来ない、国民は阿修羅に書いて拡散をするのを待つようなものだが
せめて社民党に激励文でも送ろう・・たとえば

ー、検察の犯罪を政治家が取り締まらなくてだれがだれが取り締まるのですか
ー、検察の犯罪を不起訴にするようでは、国民はだれを信じるのですか
ー、検察審査会が開かれてないとネットで拡散していますが
  民主主義として大変な問題です、政治家の先生は仕事をしてください
  国民は見ています

納税者としてあたりまえなことです、国会議員の先生に激励文と圧力をかけましょう・・・ちなみに私は小川法務大臣に検察の犯罪は国会議員の先生方が処分して
もらわないと国民はだれを信じればいいのですか・・FAXしました


35. 2012年5月31日 22:52:07 : 0527BTlEgg
34さん
同感です。
ただ、私は、今の私のできることとして、東京地検の「田代検事の起訴・不起訴の受付担当」の方に電話で、「不起訴はありえない」と抗議してしておきました。

36. 2012年6月01日 00:35:13 : bIEXKeLSLA
>大善文男裁判長は判決で、検察審査会の強制起訴議決に導いた東京地検特捜部(当時>)の田辺政弘検事が作成した虚偽の捜査報告書を「あってはならない」と指弾。「狙>い撃ち」とも評された特捜の捜査を、判決も厳しく批判した。

>。ヨ検察官が任意性に疑いのある方法で取り調べを行なって供述調書を作成したり、事>実に反する内容の捜査報告書を作成したりして、検察審査会の判断を誤らせるような>ことは決して許されない」

パフォーマンスはどうでもいい。
厳しく批判するなら「公訴棄却」。言行不一致。

>。ヨ検察官が任意性に疑いのある方法で取り調べを行なって供述調書を作成したり、>事実に反する内容の捜査報告書を作成したりして、検察審査会の判断を誤らせるよ>うなことは決して許されない」

許されないなら「公訴棄却」。これも言行不一致。
パフォーマンスは勘弁して欲しい。

しかも、大阪で違法で東京では合法??
地域によって法律って変わったんでしたっけ??



37. 2012年6月01日 07:47:24 : 42WLGuDM8Y
24様 まさしく同感。

 日本には共産党は必要ないのじゃないかと思う。そもそも共産党議員は今の法律の下で法律に従って貧しい人と一緒に共有しながら生きていきます。そのために生活保護とかの申請に工面してますと言うところかな。 国会議員に年収2千万も払う必要はないように思う。 やっぱり命を賭けて日本国を守ってほしい。アメリカの考えに従って生きていきましょう。御上には逆らいませんと宣誓しているようなもの。


38. 2012年6月01日 11:26:56 : SNcKmVpWW2
06です。
 私は、日本共産党の全てにわたってダメだしをしている訳ではない。周囲には極めて善良で生真面目、本当に明日を考えている一般党員がいるのを知っているからだ。民主主義にとっての最大の問題である人権について、日本共産党を率いる現スタッフが、いいかげん(本人達は自身を過大評価しているし、その様に感じられる。)であると指摘したいのだ。兎に角。志位を始めとする日本共産党中央が民主集中制という党にとっての錦の御旗を振りかざし、私達がしっかりと考えているから、一般党員は迷わずついてくれば良いのだと云うことなのである。この民主集中制の中身に間違えがなければよろしいのだが、人間はときとして間違えをおかす存在なのだ。間違えているのに自信たっぷり。人の話を聞かない。増して意識的に間違えていたら何をか況わんやだ。だから怖い。現に現在の政府はどうか、民主党の多分数人であろうと思われる人間のある意味よこしまな思索が、日本国民をどれ程の奈落の底に突き落としているではないか。勿論私は共産党、社民党を全面的に支持している訳ではない。しかし、この問題に関しては曲折はあるにせよ、社民党は公式見解として述べているのである。公党であるがゆえに更に、「間違えを改めるに何の憚りがあるであろうか」なのである。よって今回の社民党の公式見解は、我が国民にとって力強い味方となっていると思う。是非とも国会でこの件を徹底的に問題視してほしい。検察につけ込まれる弱みを内在してなければよろしいのだが。共産党を含めて他の党は重大問題を一切不問にしているではないか。なぜなのか。やはり既得権益にどっぷりとつかって何某かの旨味に酔いしれていると思われる。それでなければこの重大問題に口を噤んでいられないはずと思うのだ。このコメントを認めている間も本当に最近の日本共産党にはがっかりしている。

39. 2012年6月01日 12:25:43 : SNcKmVpWW2
38です。
「間違えを改めるに何の憚りがあるであろうか」→「誤りを正すに憚ることなかれ」
でした。失礼しました。

40. 2012年6月01日 20:08:23 : o0JJb2fwnA
陸山会捏造裁判で、私が決定的に決別したのは「朝日新聞、NHK、共産党」でした。
民主主義の破壊、売国行為、それほど明白な理由でした。

共産党とともに、弱小政党として社民党、特に保坂展人元議員に期待していたのです。
共謀罪法の阻止などに立ち向かった保坂氏の衆議院落選は本当に残念でした。
あの小宮山洋子に選挙区を譲ったのがハンディとなってしまいました。
陸山会捏造の司法の闇を保坂さんなら、森ゆうこさんと組んで解明してくれたのでは
ないかと今でも思っています。


41. 2012年6月01日 21:05:27 : ILiTPGkN7Y
共産党は、本質的に「人民裁判」の要素を持っている。それが内ゲバを繰り返す要因だ。「良いことを言う」かと思うと、突然、裏切る。
かつて北朝鮮を「この世の楽園」と礼讃した。それが虚偽であったことが判明しても謝罪しない。
これでは国民の信頼を失うのも当然だ。

42. 2012年6月02日 10:19:18 : k8aPIqAJo2
06様、38、も全く同感!−28です

しかし実は、陸山会事件を通して見えてきたことは、もっと深い闇ではないかと思うところがあります。

敢えて憲法について、
当時冷戦が見えていた段階で、日本国憲法が、としたことが、その後の日米安保締結による、米軍の常駐を準備したと思う。

日本国憲法の9条こそが、今に至る米軍常駐の法的根拠、日米安保締結の冷戦下の客観的条件をつくりだした。が逆に米軍居座りに、根拠を与えていた。
冷戦下の戦力の空白域を米軍が埋める、という理由であった。

65年前の大芝居の、大道具であったのだろうか。
その結果日本の戦後の全期間にわたって、-67年間に至る今も、アメリカ軍が常駐しつズケているという、近代国家としては極めてまれな国になっている。おそらく外国軍がこれほど長期間にわたって駐留した歴史は近代以降そうはない。

更に恐ろしいことは、このことを普通に受け入れて、違和感を感じなくなっているように見えることがあることだ。

日の丸君が代、に目くじらを立てる東京都知事はもしかするとこのあたりまで思いを巡らせて、やっているのかも---ということはないだろうが。

憲法を守る-=国を守る、護憲政党としてはこのあたり、どんなふうに考えているのだろう。

一字一句、手はつけられず憲法は<まもられた>ように見えるが、守られたのは条文だけで、その中身、実態はボロボロにされており、いまや神棚にあげられてしまっていると思う。


43. 2012年6月02日 12:11:15 : tT9AjXubBs
28様へ 06です。お説の通りと思います。私はほぼ70才ですが、数十年前安保闘争の渦中に美術系の学生として存在しておりました。当然美術系の人間ですから、政治的なものと専門分野は違いましたが、しかしこれからの自分の行く末に関して真摯に向き合っていたことは事実です。一般教養の授業で、教職課程の必項に法学がありました。この授業のレポートで「憲法第9条について」をとりあげたのです。結びに「一体軍隊とは本当のところ誰のための存在でなければならないのか、国民の為であろう。でなければなるまい。」としました。当時社会党の非武装中立論(理想的にはこうありたいものです。)とは一線を画す結論でしたが。人間の愚かな性を考えるに、国民財産を守ることを考えると軍備(自衛)をせねばなるまいと自己矛盾を抱えながらの結論でした。(私は美術の人間ですから本来純粋な平和主義者なのです。)
現に日本共産党は社会党と違い、当時も軍備について否定的な考えではありませんでした。問題は「誰のための軍隊か」ということでしょう。歴史は軍隊はいつの時代も為政者の為だけに使われたことを証明しています。貴方様の申されるように、護憲政党も本来この自己矛盾に気がついているし、そのジレンマのうちにあると思っているのです。本当に難しい問題ですね。

44. 2012年6月03日 07:28:51 : k8aPIqAJo2
外国軍隊が常駐していることの不健全さ。

どのような条約によるものであれ、国防を他国にゆだねる国民に正常な常識は生まれない。
他国のために自国国民の命をかけて戦う国はない。自国の軍は自国のためにある。そのほかのために軍を動かせば、納税者国民の批判にさらされる。まして兵士の-生命-である。

アメリカ軍はアメリカのために日本にいる。そのアメリカ軍が日本にいることは、日本を、アメリカである、と考えるからだろう。--日本がアメリカに組み込まれていることの逆の証明だ。

ことさら-君が代日の丸-はこれも不健全だが、民族国家の前提、民族自決、を放棄していることと、国防を他国にゆだねることは全く同じことなのだ。

おれは右翼か?と思うほどのことになってきたが、外国軍の撤退こそ、すべての始まりだと思う。

これは当然のことながら、ここまでで-反米-とは言われたくない。外国軍がいないこと、は普通に当たり前な独立国として当然のことだからだ。

自国民の血を他国のために流す国はない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK130掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧