★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 108.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今ほど空転国会を望んだ事は無い!それ程に、選挙公約に無い『消費増税』は政党の自殺行為なのだ!
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/108.html
投稿者 アサマタロー 日時 2012 年 6 月 06 日 10:50:35: UiY46YlCu.Moc
 

2012.6.6嫌だったが嫌なもの見たさで、【みのもんた】の朝ズバを見てしまった。政治・経済見たさに、スポーツ芸能になれば切り替える。その時、7:50頃からのTBSテーマが『政治日程』で見てしまった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

田崎史郎が解説。【みの】が早く消費税を上げたがっていた!!!本当にふざけた金満家だ!!!妻女が亡くなられ、批判は控えていたが、世界各国の正解は強欲金満家が嫌がる所得増税・相続増税だろう!!!!!庶民イジメの消費増税ではないだろう!!!!!【みの】は自民党時代より露骨な経団連配下第2自民党=民主偽装簒奪政権の支援者だ!!親父の会社を引き継ぎ、水道管関係で談合摘発されていたのはモロ大資本家其の物!!営業10年経験者だ!!!庶民の叔母ちゃん・お婆ちゃんは何も知らないんだな〜!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【みの】ファンは本当に婆ちゃん・叔母さんか?!!年金受給者か?!!虚構ではないか!!嘘でしょう!!ヤラセやさくら?誰が検証したのか?【みの】!関西の【みの】=宮根!嘘でしょ!!北野たけし流の【つるんでいるのでしょ!】誰も彼の映画が良いと言う奴はいないが、業界的には面倒にが良いのでヨイショが入るのでしょ!

本当にこんなのが名司会者?自分の事しか喋れない鼻に付く右顧左眄やイヤホン・カンニング馬鹿が本当に評価されているのか!!??世も末だ!!!!!

昔、【みの】がテレビ東京で歴史ミステリーをやっていて、日本人のルーツ・ヘブライ伝説の取り上げを一斉FAX送信したが、その時はタブーに挑戦で良かった。今もユーチューブで当時のTVを見ている。素晴らしいと思っていた。

その後、息子2人を民放に就職させ=番組司会が条件でコネ入社させておいて、教員コネ就職・公務員裏口就職を良くまあ批判して居るもんだと思っていたが、自分の事になると急に神経が麻痺するんだ!談合も同じ。バラエティー限定で政治経済を辞めよ!!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

人の振り見て我が振り直せ!!【みの】さん、これ以上書かせないで下さい!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今は誰も庶民40〜50%・貧乏人30%=70〜80%で国会が順調に行って法案が成立して欲しいと思う人は一人も居ない!!!前回政権交代選挙の民意は消費増税は4年間しないで、する時は必ずその前に次の選挙で問う!と言っていた鳩山・小沢民主党に投票したノダ。
野ブタ顔野田に入れたのではない!!!!!

2009年政権交代選挙は自民政権50年の宿悪・不正を暴き、改革・革命をする事を期待した。その全てが偽装民主党=隠れ自民のクーデターで潰され、抜け抜けと自民党以上に自民党的な野田経団連ニヤケ演説!!になった。

豚も煽てられ木に登るとこれ程、醜いのか!!!露骨過ぎる!!!

経団連も用心しないと、この国民の怒りはより先鋭化してしまい大反発を喰らうはずだ!!!
鼻の穴が上向きの経団連会長は原日本人的で決してヘブライ顔ではないのだが、庶民階層を抜け出し特権階級に辿り着けば、スポークスマンとして昔の同胞朋輩を裏切り、わが世の春にご満悦か!!やはり痩せたソクラテスはおらず、太った豚顔ばかりの日本になった。

戦前の階級社会に戻った様だ。社民党と共産党は労働党に統合して国民の受け皿を作らないと、戦前のファシズムが復活するよ!!!

庶民貧乏人大衆はもういい加減に出生から格差一杯の【自己責任の嘘の自由】から【自由からの逃走】をして創価学会やオウムや00会や00塾に入り、服従と安寧を得たい若い層が多くなっていると危惧する。政治学者や社会学者や経済学者は今、何をしているのか!!

東大の政治学教授は今、誰か??土日は家庭サービスの女教授か??テレビに出て来い!早稲田出の韓国系カンさんが東大教授政治学で出ているが法学部かとテレ朝にクレームしたが専攻学科明示させよ!!詐称か?文学者面して日本政治を堕落させる気か!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みの もんた(本名:御法川 法男(みのりかわ のりお)、1944年8月22日 - )は、日本の司会者、フリーアナウンサー、タレント、歌手、実業家。自身の個人事務所である株式会社ニッコク代表取締役社長。
東京都世田谷区祖師谷出身。現在は神奈川県鎌倉市在住[1]。血液型はA型[2]。
目次 [非表示]1 来歴1.1 文化放送時代1.2 文化放送退社後1.3 タレント活動1.4 経営活動1.4.1 談合事件1.5 その他の活動2 人物2.1 愛称2.2 芸名の由来2.3 睡眠時間2.4 家族・縁戚2.5 交友関係2.6 その他・エピソード3 現在の出演番組3.1 テレビ番組3.1.1 レギュラー番組3.1.1.1 TBS3.1.1.2 読売テレビ3.1.2 単発・不定期番組3.1.2.1 フジテレビ3.1.2.2 日本テレビ3.1.2.3 中京テレビ3.2 ラジオ番組4 過去の出演番組4.1 テレビ番組4.1.1 NHK4.1.2 日本テレビ4.1.3 TBSテレビ4.1.4 フジテレビ4.1.5 テレビ朝日4.1.6 テレビ東京4.1.7 朝日放送4.1.8 読売テレビ4.1.9 東海テレビ4.1.10 テレビ愛知4.2 ラジオ番組4.2.1 文化放送5 コマーシャル6 ミュージックビデオ7 映画8 CDリリース9 著書等10 ものまね・パロディ11 関連項目12 脚注来歴

幼少時、伯父が森繁久彌と一緒に芝居をしていた関係で、世田谷区の自宅の離れに森繁が下宿していた事があり、森繁の出演する映画のチケットを貰って、よく見に行っていたため、小学校に入学した頃には、映画や芝居に興味を持っていたという。
世田谷区立祖師谷小学校、立教中学校(現:立教池袋中学校)、立教高等学校(現:立教新座高等学校)を経て、立教大学経済学部へ進学。大学では放送研究会に所属し、ラジオドラマをやっていた。みのは、4年先輩の徳光和夫から「アナウンサーはいいよ」「これからはテレビの時代だよ」などと言われ、スタジオ見学などに連れて行ってもらっていたと述べている。
立教大学経済学部卒業後、1967年文化放送に入社。なお、***就職先の第一志望はTBS(東京放送[3])だったが、採用試験で不合格となっており、同年TBSに入社した久米宏を長年に渡り常に意識していたと再三語っている。***なお、父親は宮城県栗原市出身である。
文化放送時代
文化放送ではほとんどの期間をアナウンサーとして活動した。同期には落合恵子などがいる。
初めの2年弱は研修として、同じフジサンケイグループの産業経済新聞社(産経新聞社)に通っていた[4]。新聞原稿をラジオニュース用の原稿(読み原)に書き換える仕事をしたが、*****まったくダメで「ニュースには向かない」と言われたと、後に当時アナウンス部長だった土屋恵が語っている。*****
文化放送での初めてのレギュラー番組は『ゲリラでいこう』(15分番組)。そして、ニッポン放送の『オールナイトニッポン』やTBSラジオの『パックインミュージック』で、深夜放送ブームに火が点き、遅れて始まった文化放送の『セイ!ヤング』の初代パーソナリティ(1969年6月 - 1973年3月まで担当)に抜擢される[5][6]。
ほぼ同じ頃、洋楽ランキング番組『オール・ジャパン・ポップ20』(『全国ポピュラーベストテン』の前身)では、オープニングで「♪みのみのー、もんた、みのもんた」と、独特の節まわしでリスナーの関心を惹きつけた(高橋小枝子とDJを担当)。
後に、『みのもんたのワイドNo1』、『ダイナミックレーダー〜歌謡曲でいこう!〜』等を担当し、文化放送と同じくフジサンケイグループに所属するフジテレビの番組にも出演。『オールスター水泳大会』の司会などで人気を博したが、人事異動で営業部へ配転される。
1979年9月に文化放送を退社。退社理由は、アナウンサー室にいながら、販売促進の仕事もしろという事になり、社内での嫌がらせやいじめがあったと、後に中村雅俊のラジオ番組にゲスト出演した際に語っている。
文化放送退社後
****父親が経営する水道メーター製造・販売会社「日国工業」に入社し、10年間全国を営業で回った。****
その間、フジテレビに声を掛けられ、『プロ野球ニュース』の週末版で、雨が降って野球が中止になると、MLBのビデオを流し、それに「よっ、真っ黒に日焼けして」などとナレーションを入れた所、これが当たった。また『なるほど!ザ・ワールド』の国内リポーターや、『オールナイトフジ』でオールナイターズの実家を訪ねる「深夜の家庭訪問」などを担当し、コミカル系サブ司会者(コメディリリーフ的存在)として認知される様になる。
1989年4月から『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ)の司会を担当[7]。番組が高視聴率を取るようになり、一気に人気司会者の地位を築くに至った。
1999年10月、父親が経営する「日国工業」を受け継ぎ(それまでの自身の個人事務所「オフィスモンタ」を合併し、現在の「ニッコク」に社名変更)、代表取締役社長に就任。
タレント活動
*****大学卒業時、TBSに入社を希望していた経緯もあり、同局(TBSテレビ)との関係を強化。2012年現在、レギュラー番組7本のうちの4本はTBS系である。*****
本人が語った所によると最近[いつ?]の目標は深夜の生帯レギュラーを持つことだという。
番組における発言
番組中における歯に衣着せぬ発言と自身がレギュラー出演する番組が次々と高視聴率を稼ぐ為、テレビ界では「西の『やしきたかじん』、東の『みのもんた』」と言われている。
日本の政治家や政党が与野党に関係なく、みのの発言で相場観をはかっている現象を、東京大学大学院助手の逢坂巌が「みのポリティクス」と名付けている。
経営活動
1999年10月から株式会社ニッコクの代表取締役社長を務めており、過密スケジュールの合間を縫って毎日出社し、業務を行っているといわれる。入社試験の面接でみのが現れると驚く人もいるという。世間では副業ではないかといわれているが、会社経営のほうが本業だと語っている。
同社は、父親から受け継いだ水道メーターの会社「日国工業株式会社」に、自分の事務所「オフィスモンタ」を吸収合併したものである。
自身経営の水道メーター会社のライバル社「愛知時計電機」の株式を個人として7.18%所有(2009年3月31日現在)する第2位の株主でもある[8]。
*******談合事件*******
自身の番組で頻繁に政・官・業の不適切な関係を厳しく追及しているが、みの自身も、同様の関係を保持している。
株式会社ニッコクは談合(独占禁止法違反)で、何度も刑事告発をされていて、2003年に、追徴金7500万円、和解金3900万円を支払い、翌2004年には、再び他のメーカーとの談合で刑事告発された。さらに別口の談合で家宅捜査を受け、2005年2月には、追徴金400万円を支払っている。
2004年7月15日、ニッコクと愛知時計電機は他17社とともに2003年7月から2004年7月までの間に行われた東京都水道局発注の水道メータ買入れに係る競争入札に、いわゆる談合を行っていたとして公正取引委員会から排除勧告を受けた[9]。また、各社に対し審決に応じて東京都は損害賠償請求をしている[10]。
談合事件に関して社長としての責任を問われて、「名ばかり」のお飾り社長で実務はわからないと釈明しているが、上記来歴の通り実務には精通しており、自身の番組などでは「名ばかり」のお飾り社長を痛烈に批判したこともある。
その東京都水道局の広報誌「水道ニュース」2007年5月号 (PDF)では、司会者みのもんたとして御園良彦水道局長(当時)との特別対談が掲載されている。また同年10月には、同様にみのもんた名義として東京都から東京五輪招致大使に任命され、水道メーターの納入業者の社長と東京都との関係、報道を扱う番組の司会者と行政との関係に公正性が担保されるのか疑問が持たれている。*************************

その他の活動
2004年、東北福祉大学客員教授に就任[11]。
日本火消し保存会の顧問を務めている。
父親が宮城県栗原市出身である縁から、同県のふるさと大使「みやぎ夢大使[12]」に任命された[13]。
人物
愛称:愛称は「みの」、「みのさん」、「みのちゃん」。
ただし、「みのちゃん」と呼ぶのは和田アキ子と徳光和夫ぐらいである。
芸名の由来
芸名の名付け親は野末陳平。由来は当時、御法川を略して「みの」と呼ばれていて、申年生まれであることと、当時人気だった競走馬「モンタサン」に掛けて、「もんた」とした。
睡眠時間
睡眠時間は2 - 3時間(本人談)。2007年4月26日放送のフジテレビ『ウチくる!?スペシャル』で本人が語ったところによると、月曜日から金曜日のスケジュールは、3時に起床、3時半に出発、4時半にTBSリハーサル5時半 - 8時半に生放送、8時半から11時に移動他、11時に日本テレビでリハーサル、12 - 14時に生放送、15 - 17時にジム、18 - 21時半に各局入り収録(収録がない場合もある)、21時半 - 22時半に食事、帰宅、24時に就寝。
『みのもんたの朝ズバッ!』が放送を開始して以来、他局の番組中(特に昼帯の番組)でよく居眠りをする姿が見られる。
しかし、『午後は○○おもいッきりテレビ』→『おもいッきりイイ!!テレビ』が2009年3月に終了したため、帯番組は『みのもんたの朝ズバッ!』だけとなった。
なお、日曜日は基本的に休みであるが、番組収録をすることもしばしばある。
家族・縁戚
妻・御法川靖子は自身のスタイリスト。子供は2男1女がいる。長男はTBS勤務。次男は日本テレビ勤務。長男の結婚披露宴には民放各局トップや大手芸能プロのトップのほか、自民党の石原伸晃、二階俊博、下川俊樹自民党和歌山県連幹事長、タレントの徳光和夫、古舘伊知郎、高田純次、加藤晴彦ら約360人が列席した。司会はTBS『みのもんたの朝ズバッ!』の裏番組である、日本テレビ『ズームインSUPER』の羽鳥慎一アナウンサーが務め、局の枠を超えた式となった。愛犬はミニチュア・ダックスフントのテュフォ・フォーレ。
*****妻・御法川靖子はがんのため2012年5月22日に亡くなった(満66歳没)。その通夜では、野田佳彦内閣総理大臣からも供花があった。*******野田応援の根拠????
衆議院議員(自由民主党)の御法川信英は遠縁。[要出典]
交友関係
交友関係は幅広く、芸能界やスポーツ界はもちろん、政財界などにも私生活で交流のある人物が多いのが特徴である。特に政界では遠縁に自民党所属の議員がいる事などから自民党関係者が多い。
石原慎太郎東京都知事と親密であるとされる。2007年には石原の要請を受け「東京五輪招致大使」に任命された。
安倍晋三衆議院議員との交流も深く、首相時代は秘書官の井上義行と逗子市の居酒屋で情報交換を繰り返し[14]、首相退陣の日には安倍自らがみのに電話している[15]。
二階俊博との親交は有名で、二階はみのの長男の披露宴で主賓として祝辞を述べ[16]、みのの「アナウンサー生活おもいッきり40周年ズバッと感謝の会」でも、芸能関係者に混じりお祝いのスピーチをした。2007年12月8日には、二階を団長とした経団連などを中心とした訪中団にみのも招かれていた[17]。東海地方で「ニッコク」を興したみのの父親が、二階俊博が秘書を勤めていた東海地方選出国会議員の後援者だった縁によるもので、20年来懇意にしており、大下英治著『躍動の日本経済へ 二階俊博の挑戦』には、みのが推薦文を寄せている[18]。
その他・エピソード
「黒の顔」「黒の存在」などと言われており、本人は、「日光浴でこうなった。」と説明している。
誕生日は、かつて(1989年 - 2008年)月 - 金曜の昼における裏番組のライバルであったタモリと同じである(みのの方が1つ年上)。この2人の共演は、みのが『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」ゲストで登場した1984年以来、20年以上もの間、実現していない。
休日には、毎週欠かさずに和田アキ子が出演するラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』や、TBS系『アッコにおまかせ!』を視聴している。また、たまに生放送の番組中に和田アキ子に対して飛び入りで電話をかけてくることがあり、和田も「みのちゃん、見てる?」等みのに対して語りかける事がある。
主にTBS系列の連続ドラマで、最終回のみゲスト出演することも多い。
1971年、プロ野球の日本シリーズ(読売ジャイアンツ〔巨人〕対阪急ブレーブス)中継において、日本の放送史上初のベンチリポーターを務めた(巨人側。NHKラジオ第1放送の西田善夫アナウンサーも同様に巨人側ベンチリポーターを務めた)。
2004年、2005年の長者番付芸能人の部一位。
2006年11月28日に「一週間で最も長時間、テレビの生番組に出演する司会者(21時間42分)」としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。
2006年に放送された『午後は○○おもいッきりテレビ』の「情報特急便」内で、「安倍晋三自民党総裁が国会の内閣総理大臣指名選挙で第91代内閣総理大臣に指名された。」という内容の報道を速報で報じた際には、生放送中にも関わらず同番組内において、日本テレビの金子茂キャスターに対し、怪訝な表情で「何でその模様を生中継しないんだ?」といった趣旨の発言をして、現場の空気を一瞬にして凍りつかせた。
********2007年、anan「嫌いな男ランキング」3位、***************オリコン「好きな男性アナウンサーランキング」20位。***********

現在逗子に豪邸を構えているが、鎌倉市の高級住宅街に引退後の隠居邸を建築中である。その際、市の景観重要建築物に指定されていた邸宅・山椒洞(旧岩田宙造別荘、旧田中絹代邸、旧檑亭別館)を破壊していると一部マスコミで批判されている[19]。
近畿地方ではフリーアナウンサーの宮根誠司が「浪速のみのもんた」と呼ばれている。また、宮根が司会を務めている読売テレビ制作の『情報ライブ ミヤネ屋』が、日本テレビでも放送される事になった2008年3月31日には、前の時間帯で司会を務めている『おもいッきりイイ!!テレビ』のスタジオと番組終了間際に宮根のいる読売テレビのスタジオとの間で二元中継を繋いだ。ちなみに、2人にとってはこの時が初めて顔を会わせた時だった様だが、みのは「今日からミヤネ屋もよろしく!」や「『関西のみのもんた』と言われてるんだって?」といった様な趣旨の発言で宮根に気を使っていたが、宮根は日本テレビのスタジオにいるみのに対して終始恐縮していた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月06日 11:06:08 : 8CYIP2OzWI
やはり女性だった!子育て中????
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
加藤淳子(かと う・じゅんこ)

略歴
1984年 東京大学教養学部 教養学科卒業***文3から???社会学???***
1986年 東京大学総合文化 研究科相関社会科学コース修士号(学術修士)取得
1992年 イェール大学政治 学部客員講師
1993年 イェール大学政治 学部博士号Ph.D.(政治学)取得
1993年 東京大学教養学部 社会科学科助教授
1996年 東京大学大学院総 合文化研究科国際社会科学専攻助教授
1996-7年 ハーバード大学米 日プログラム客員研究員
2003年 東京大学大学院法 学政治学研究科教授
2007-8年 イェール大学 The Todai-Yale Initiative派遣教授
関心 分野
政治学方法論 日本の政治 比較政治学 政治学の認知・脳 科学的アプローチ
主要 著作
著書
Junko Kato (2003). Regressive Taxation and the Welfare State (Cambridge University Press).
加藤淳子「税制改革と官僚制」1997年、東京大学出版会。
Junko Kato (1994). The Problem of Bureaucratic Rationality (Princeton University Press).
論文
“When the Party Breaks Up: Exit and Voice among Japanese Legislators,” American Political Science Review, vol. 92, no.4 (December 1998): 857-870.
"Rationality and Institution in Politics: Three Varieties of Neo-Institutionalist," British Journal of Political Science, vol. 26, part 4 (1996): 553-582. Reprinted in B. Guy Peters and Jon Pierre eds., Institutionalism. London: SAGE Publications. 2007.

担当 授業科目
「政治学」「比較政治学の理論と実証」「ポリティカル・メ ソドロジー」「政治学の理論と実証」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
男教授がいた!!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

川人貞史(かわ と・さだふみ)

略歴
1976年 東京大学法学部卒 業***出身地・高校も書くべきだ!!国家公務員?
1980年 東京大学大学院法 学政治学研究科博士課程単位取得退学
1980年 北海道大学法学部 助教授
1990年 北海道大学法学部 教授
1992年 東北大学法学部教 授
1993年 東京大学博士(法 学)取得
2000年 東北大学大学院法 学研究科教授
2006-7年 ミシガン大学トヨ タ招聘客員教授
2009年 東京大学大学院法 学政治学研究科教授
関心 分野
政治学,日本政治,選挙・政党・議会
主要 著作
『日本の政党政治 1890-1937年―議会分析と選挙の数量分析―』(東京大学出版会,1992)
『選挙制度と政党システム』(木鐸社,2004)
『日本の国会制度と政党政治』(東京大学出版会,2005)

担当 授業科目
日本政治(学部講義)
現代政治の理論的実証的研究(演習)
現代政治研究(大学院演習)

所属 学会
日本政治学会,日本選挙学会,American Political Science Association, Association for Asian Studies

近年の大学外での主要な活動・社会貢献

日本選挙学会理事長(2008-2010)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党の菅・小沢代表選は良かったか?どうですか!!出無精ですか??!!


02. 2012年6月06日 11:15:56 : 8CYIP2OzWI
カンさんは政治学教授ですか???
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

姜 尚中(カン サンジュン。朝鮮語:강 상중。英語:Kang Sang-jung。1950年8月12日 - )は、日本の政治学者。日本名は永野 鉄男(ながの てつお)。日本式の音読みでは姜 尚中はキョウ ショウチュウ。熊本市出身。東京大学大学院情報学環教授、東京大学現代韓国研究センターセンター長。国籍は韓国[1]。
国際基督教大学準教授、東京大学社会情報研究所教授などを歴任した。
目次 [非表示] 1 来歴2 思想・主張2.1 イスラーム主義3 政治活動4 政治評論
4.1 日韓・日朝関係4.1.1 竹島問題4.1.2 北朝鮮による日本人拉致問題
4.2 日本の政治と政治家評5 人物6 親族7 著書7.1 単著7.2 共著7.3 編著7.4 共編著7.5 共訳書7.6 その他8 関連項目9 脚注0 外部リンク来歴

1950年に、熊本市で在日韓国・朝鮮人二世として生まれる。父は、1916年に朝鮮南部の慶尚南道昌原郡南山里(現・昌原市義昌区)に生まれ、1931年に仕事を求めて自らの意思で来日した。母は1923年に朝鮮で生まれ、1941年に釜山近くの鎮海(現・昌原市鎮海区)から許嫁の父を訪ねるべく関釜連絡船で来日した。両親とも「強制連行」で来日した者ではない[2]。
熊本県立済々黌高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。西ドイツ・エアランゲン大学留学(1979年 - 1981年)後、明治学院大学講師、国際基督教大学準教授を経て、東京大学教授(所属:社会情報研究所 情報行動部門)。現在、東京大学情報学環教授。専攻は政治学・政治思想史。研究分野はアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論。
当初、日本名永野鉄男(ながのてつお)を名乗っていたが、早稲田大学在学中に韓国文化研究会に参加し、1972年の訪韓以来、朝鮮名を使用する。2011年に開催された句会の席上、姜は自らの生い立ちについて「生まれは熊本で本名は永野鉄男です。でも今から三十八年前、二十二歳のときに、思うところがあって姜尚中を名乗りました」[3]と語っている。
在日韓国学生同盟(韓国文化研究会)が連帯を謳っていた韓国における学生運動から「左の独裁にも右の独裁にも反対する」という声明が出たときに、これを、丸山眞男の「民主主義の永久革命」と読み替えていくことにより北朝鮮に対してさめた眼を保ち得たと後に[いつ?]語っている[要出典]。1984年、外国人登録法を根拠とした外国人登録証への指紋押捺を拒否するが、最終的には押捺に応じる[要出典]。この間の苦渋に満ちた経験からプロテスタントの洗礼を受けた[要出典]。
1995年、青丘文化賞受賞。
2008年に開設したインターナショナル・スクール、コリア国際学園の理事長に就任する予定だったが、東大の兼業規程に違反するとの指摘があり、辞退している。
近年は『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)をはじめ、多くの討論番組やトーク番組に頻繁に出演し、独特の語り口調で発言・主張をしている。『朝まで…』における論敵は親米保守の村田晃嗣であり、主に外交問題で対立している。
思想・主張
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。このタグは2008年1月に貼り付けられました。
在日韓国・朝鮮人という立場を、エドワード・サイードの言う「周辺者」あるいは「亡命者」とみなし、日本と韓国という二つの祖国を持つ独自の存在とし、日本社会が歴史的に捉えてきた朝鮮史観、およびそこにあるいわゆる「偏見」に対して批判を加えている。ここでは、日本の戦前の朝鮮史観の始まりは、山縣有朋の「主権線・利益線」にまで遡ると主張。日本の近代化としての理想像が西欧社会であるならば、その反転としての未開地域、停滞地域として朝鮮半島・東北アジアが「発見」されたと主張している。また、戦後の日本の対朝鮮史観については、丸山眞男のいう「悔恨の共同体」を経て、経済復興、高度経済成長を背景に「日本特殊論」などが登場してくる中で、西欧との同一化と差異化のプロセスとして、再び戦前と同様の対朝鮮・東北アジア史観が「再発見」されたと主張している。
ナショナリズム批判についての著作も多い。ただし、現在の世界システムを自由主義経済による支配システムとして考えた場合、その中枢にいる一握りの経済大国と周辺に追いやられた諸国との経済格差はますます大きくなっているとし、有無を言わさず周辺化される力学に反抗する手段としての、いわばイマニュエル・ウォーラーステインのいう「反システム運動」として発現するナショナリズムに対しては一定の理解を示している。また、サミュエル・P・ハンティントンが主張した「文明の衝突」に対しても、世界システムにおける中枢国と周辺国の格差を無視したオリエンタリズム的観点であると批判している[要出典]。
イスラーム主義
たびたびイスラーム主義(政治的イスラーム)に好意的な発言をしている[要出典]。自著『在日』の文庫版では、第三者機関によりたびたびイスラームを名目とした悲惨な人権侵害が起こっていると指摘されているイランを「中東の中で比較的民主的」と評価している[要出典]。
政治活動
2016年夏季オリンピックの立候補都市を巡る誘致では、韓国・釜山の共同開催を期待して福岡市の応援活動を行った[4]。
政治評論
日韓・日朝関係
日韓両国が新しい時代に対応するために東アジア共同体を構成する必要があると考えている。東アジア共同体の中心はソウルに置くべきだと主張している[5]。
日米関係ではなく日韓関係を外交の基軸とするべきだと主張している[6]。
日韓関係の改善には5つの障害物(竹島問題、過去の歴史の清算、北朝鮮による日本人拉致問題、在日韓国人の参政権、日韓貿易における韓国側の貿易赤字) を取り除く必要があると述べている。この5つの問題の解決のためには、天皇の訪韓や自由貿易協定(FTA)の締結などが必要としている。
2010年現在、日本は韓国に追い抜かれるかもしれないという危機感が高まっていると主張し、この現象をキム・ヨナ症候群と呼んでいる[7]。
竹島問題
2010年1月2日、韓国MBCの取材を受けて、竹島問題に関して「独島は韓国が実効支配してるじゃないか。だから日本は戦争をしない限り、独島を実効支配することは不可能です。日本が竹島だと主張しても、放っておいてかまいません。私達が我々の領土を実行支配しているからね」と述べている[5]。
2010年3月10日、韓国中央日報の取材を受けて、「日本から独島問題をめぐる妄言が出てきても、韓国は実効的支配をしているため感情的に対応する必要はない」と述べている[8]。
北朝鮮による日本人拉致問題
ソウル大学での統一政策フォーラムにて、北朝鮮による日本人拉致問題に関して、「日本が拉致問題を理由に北朝鮮を支援しない態度でいれば、国際社会から孤立してしまうので経済支援をするべきである」と主張した[9]。
2006年11月25日の世界海外韓人貿易協会での講演にて、「北朝鮮核問題や拉致問題を取り上げて北朝鮮を批判する日本の世論を変えねばならない。在日同胞たちが過去に日本に連れて来られたことに対しては何も言わず、冷戦時代の拉致ばかり話すというのは矛盾したことだ。私は横に横田夫妻(横田滋、横田早紀江)がいても、これを言うことができる」と、日本社会の対北朝鮮世論を批判した[10]。
日本の政治と政治家評
日本の政治家に関する発言としては、「田中真紀子さんに日本の首相になってほしい」[11]と発言している。また、吉田茂、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄を指して、日本のリーダーは米国におむつを履かされた存在に過ぎないが、金大中はおむつを履いた似非リーダーたちと戦った真のリーダーであり、日本人は金大中を見習いなさいと主張している[12]。
2008年11月、『朝まで生テレビ!』において、「田母神俊雄の発言に共感できるか?」という質問に61%が「共感できる」、「自衛隊を憲法に明記すべきか?」という質問に80%が「明記すべき」という結果となったことについて、姜は「朝生にどんな人がアレしてるかわからないから、世論全般から見たらちょっと良くわからない」と主張した[13]。
2008年12月、『久米宏のテレビってヤツは!?』(毎日放送)において、麻生内閣における定額給付金案について、日本国民に給付するのではなく外国人留学生へ給付すべきであり、そうすれば日本の評判も高くなると主張した[14]。
人物
50歳で運転免許を取得。
最近の趣味は登山・ドライブ・絵画。また、俳句の鑑賞も好んでおり、2011年には金子兜太が宗匠を務める句会にも参加している[3]。癌で亡くなった友人を悼む気持ちを布団の情景に重ねた句や、諧謔を凝らした句などを披露した[15]。
絵画趣味に関連して、2009年4月 - 2011年3月には『日曜美術館』(NHK教育テレビ)の司会を務めた。
親族
韓国帰郷時に訪ねた叔父は日本の大学出身であり、その後は日本軍憲兵となり日本人女性と結婚して子供をもうけ、戦後に妻子を残して韓国に帰郷。良家の韓国人女性と結婚し弁護士として成功している[16]。叔母にあたる日本人女性と混血の従妹は行方不明であるとしている[16]。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
テレビに出る時は東大教授だけでなく、所属学部学科も書かせる様にお願いします。パソコンが入手出来て、初めて解かる。昔の新聞研?ですか??


03. 2012年6月06日 11:26:42 : 8CYIP2OzWI
読売暴君Wも居たそうだ!それが、日本のマスコミ支配の奥の手だった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

東京大学大学院情報学環教育部(とうきょうだいがくだいがくいんじょうほうがっかんきょういくぶ)は、東京大学大学院情報学環に併設されている独立教育機関。
目次 [非表示]1 概要2 教育部研究生3 授業科目4 講師5 著名な出身者(新聞研究所出身者を含む)6 脚注7 関連項目8 外部リンク概要 [編集]

1949年に設立された***旧・東京大学新聞研究所***(1992年より社会情報研究所、2004年に大学院情報学環に統合)教育部を前身とし、ジャーナリスト志望者や、社会情報、マスコミ、ジャーナリズム、学際情報の分野に関心をもつ学生を対象にした専門教育を実施している。同じく情報学環に併設される教育組織である学際情報学府のような修士課程や博士課程はなく、***在籍するのは毎年2月に実施する入試で合格した教育部研究生のみである。在籍者は全員が「教育部特別研究生」という一般の研究生と異なる特殊な位置づけで、研究生が正規生という珍しい教育機関である。2年間の専門教育課程を修了しても修士号の取得ができないため、事実上「東京大学が運営する唯一の専門学校」となっている。***放送局や新聞社、通信社、大手広告代理店などで活躍しているOBが多く、マスコミ界との太い人脈がある。***
教育部研究生 [編集]

東京大学大学院情報学環教育部研究生は特殊な研究生制度である。その特徴は以下の通りである。
定員は1学年約30人。情報学環教育部には修士・博士課程を置いていないため、在籍者全員が特別研究生である。研究生が正規学生というのは珍しい制度である。
毎年2月に筆記(一次試験)・面接(二次試験)による入試を実施している。内部生以外の大学生や大卒以上の社会人も受験できる。ただし大学院生は内部生も含めて受験できない。すべての入学志望者は、競争率は2〜3倍程度となるこの試験に合格しなくてはならない。
学部学生の入学および同時履修を認めている。現在、研究生の約7割を東京大学の学部生が占め、残りは他大学の学部学生、社会人である。他大では早稲田大学が最も多い(学部は政経、商、人間科学など多様)。慶應義塾大学も多い。
研究生を対象にした専門カリキュラムを履修する[1]。
修業年限は2年間で、所定の単位を修得した者には修了証書が与えられる(一般の研究生には修業年限や修了制度がない)。ただ、学部の授業や就職活動との両立が難しいため、修了者は少ない。教育部の修了率は、東京大学大学院の正規課程である学際情報学府修士課程を下回っている。
東大の内部生は無料で受験および受講が可能だが、他大学の在籍者や社会人は受験料のほか、入学金・授業料などの学費(2007年度で初年度31万4,600円)がかかる。他大学籍の研究生からは「入学金や授業料が高すぎる」との不満も出ている。
一般の大学生も学部に籍を置きながら履修できるのに加え、大手メディアへの就職率が高く、図書館利用やデータベースサービスなどで大学院生と同等の情報サービスを受けられるといった特典もあるため、学部学生からの人気は高い。
教育部研究生だけで組織する自治会がある。講義や研究生合宿のサポートをする互助組織で、政治色はない。
授業科目 [編集]

情報学環教育部では、社会情報学基礎、文化人間情報学基礎、学際理数情報学基礎、実践マス・メディア論、実践情報社会論、特別演習、特別講義、自主学習(研究生合宿)などの科目が開講されている。
実践マス・メディア論では、新聞論、出版論、放送論、広告論、実践情報社会論ではIT産業論、ソフトウェア産業論、情報社会研究といった授業がある。
これらの授業は、学部・大学院の講義との同時履修を考慮して、午後3時15分〜8時35分の時間帯で開講されている。
講師 [編集]

姜尚中、吉見俊哉、北田暁大、林香里ら情報学環の教授・准教授のほか、池谷薫、谷川茂ら、ジャーナリストやテレビ、映画、出版関係者、広告代理店クリエーター、映像・放送技術者といった外部講師による授業もある。
著名な出身者(新聞研究所出身者を含む) [編集]

渡邉恒雄(読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆)***怪物発見!***
樋口恵子(評論家、元東京家政大学教授)
森まゆみ(ノンフィクション作家、編集者)
佐藤治彦(経済評論家)
山内和彦(元川崎市議会議員、『選挙』出演)
吉田たかよし(医師・元NHKアナウンサー)
小野文恵(NHKアナウンサー)
岸田雪子(日本テレビ記者)
山田晴通(東京経済大学教授)
脚注 [編集]

[ヘルプ]
^ 一般の研究生は修士・博士課程のカリキュラムを聴講する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


04. 2012年6月06日 12:22:16 : 8CYIP2OzWI
鼻が上向きの何処か?懐かしい顔のお爺さんの履歴てす。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

米倉 弘昌(よねくら ひろまさ、1937年3月31日 - )は、日本の実業家。学位は経済学修士(デューク大学・1965年)。住友化学株式会社代表取締役会長、社団法人日本経済団体連合会会長(第3代)。
住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)代表取締役社長、社団法人日本経済団体連合会副会長、石油化学工業協会会長、社団法人日本化学工業協会会長などを歴任した。
目次 [非表示]1 来歴2 発言3 家族4 略歴5 脚注6 関連項目7 外部リンク来歴 [編集]

生い立ち
1937年3月31日、兵庫県神戸市長田区に生まれる。1956年3月、甲南高等学校を卒業し、1956年4月に東京大学法学部入学、1960年3月、東京大学法学部卒業後、住友化学工業(現住友化学)に入社する。1965年、米国のデューク大学大学院経済学専攻修士課程修了、経済学修士。
住友化学
住友化学工業取締役、常務取締役、専務取締役を経て、住友化学工業代表取締役社長に就任。2004年、住友化学工業を住友化学に社名変更。住友化学時代に社長としてサウジアラビアでの巨大石油化学コンビナート、ペトロラービグ・プロジェクトへの参画を主導した。また、製薬事業等の強化を図り、同社の収益基盤の強化に努めた。2009年、住友化学代表取締役会長に就任する。
経団連
2010年1月27日に日本経団連より3代目会長に内定したことが発表された。“現職の副会長職にある者ではない”、“出身母体である住友化学が(従前の会長輩出企業と比べて)小規模な会社である”、“財閥系企業の出身である”、“高齢である”等の理由から異例の人事として報道された。
東大時代から交流を続けているという亀井静香金融・郵政改革担当相は、「国際派で、立派な経済人だから期待している。御手洗(前の会長)さんが主導してきた経団連のあり方をそのままやるとは思わない」と述べ、「米倉カラー」の発揮に期待を示した。5月27日、会長に就任した。
発言 [編集]

尖閣諸島中国漁船衝突事件
2010年11月8日に定例記者会見で、日本の領土である尖閣諸島領海で海上保安庁の巡視艇が中国の漁船に衝突されたビデオ映像がインターネット上に流出した問題について「日中関係の沈静化の流れに逆行する。政府が言うように公務員法違反であり、よく追及すべきだ」と発言。また「領土問題について両国とも強い主張を持っており、それを認識した上でお互いに努力しながら隣人として仲良くしようという姿勢を貫いてきた。衝突事件がどうして起きたかの議論は既に済んだと思っており、追及すべきではない」と発言した[1]。これは日本政府が発している「日中間に領土問題はない」という見解を否定する発言であり、日本経団連の会長が尖閣諸島が日本の領土でない可能性を含めた発言をしたことで波紋を広げている。
福島第一原子力発電所事故
2011年3月11日に発生した福島第一原子力発電所事故について、「1000年に1度の津波に耐えているのは素晴らしいこと。原子力行政はもっと胸を張るべきだ」と述べ、国と東京電力を擁護した[2]。
また、「東電は(大型の地震と津波による)被災者の側面もあり、政府が東電を加害者扱いばかりするのはいかがか」と指摘。東電への責務を求めず、早々と免責を訴えた。
浜岡原発停止要請に関して
2011年5月9日の記者会見で、菅首相の浜岡原子力発電所の停止要請について「結論だけがぽろっと出てきて、思考の過程が全くブラックボックスになっている」と述べ、「民主党政権は透明性というが、どういうことか政治の態度を疑う」と民主党政権を厳しく批判した。[3]。
電力会社の発送電分離について
2011年5月23日の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所の事故を契機としたエネルギー政策の見直しで、菅直人首相が今月、電力会社の事業形態を発電と送電に分ける「発送電分離」の議論が必要と発言したことについて、「動機が(原発事故の)賠償問題にからみ不純だと思う」と指摘した。[4]
菅直人前首相について
経団連の米倉弘昌会長は29日、記者団から民主党新代表に選ばれた野田財務相と菅首相の違いについて聞かれ、「首から上の質が違う」と、関係が冷え切っていた菅首相への「最後の皮肉」と、野田氏の能力への強い期待感を表現した[5]。当時の現役首相を誹謗中傷したことについては、日経記者からも見識を疑う声があがっている[6]。
TPPへの参加について
日本経団連会長時に記者会見でTPPへの参加が必要と強く発言しているが、TPPへの参加を反対する人々が反対する具体的理由を述べたのに対し、米倉はTPP参加が必要な具体的な理由を述べたことは一度もない。
家族 [編集]

祖父と父は神戸でゴム製品工場を経営していた。祖父の弟は同社専務取締役として釜山の支店・工場を管理したのち、朝鮮総督府の意向で設立された三和護謨の初代社長。釜山近辺のゴム製品会社約10社を連合した、朝鮮半島最大のゴム製品会社だった。
米倉清次郎(祖父) - 丸大護謨工業(株)社長
米倉清三郎(祖父の弟) - 丸大護謨工業(株)専務、三和護謨(株)社長、東亜綿業(株)社長、釜山窯業(株)社長
略歴 [編集]
2011年4月17日、全米商工会議所会頭トム・ドナヒュー(左から1人目)、アメリカ合衆国国務長官ヒラリー・クリントン(左から2人目)、外務大臣松本剛明(右から2人目)と
1937年 - 兵庫県神戸市長田区生まれ
1956年 - 甲南高等学校卒業
1960年 - 東京大学法学部卒業
1960年 - 住友化学工業(現在の住友化学)入社
1965年 - デューク大学大学院経済学専攻修了
1983年 - 同社外国部長
1986年 - 同社経営企画室部長
1991年 - 同社取締役 有機事業部長
1992年 - 同社取締役 基礎化学品管理室長
1994年 - 同社支配人
1995年 - 同社常務取締役
1998年 - 同社代表取締役 専務取締役
2000年 - 日本シンガポール石油化学椛纒\取締役社長
2000年 - 住友化学工業取締役 社長
2003年 - 同社代表取締役社長 社長執行役員
2004年 - 日本経済団体連合会副会長
2004年 - 住友化学鰍ノ社名変更
2004年 - AOCホールディングス且謦役
2008年 - 日本経済団体連合会 評議員会議長
2009年 - 住友化学代表取締役 会長
2010年 - 日本経済団体連合会会長
脚注 [編集]

^ 経団連会長、尖閣映像流出「日中関係沈静化の流れに反する」 2010年11月8日 日本経済新聞
^ 原発「津波に耐え素晴らしい」 原子力行政「胸を張るべきだ」 経団連会長が発言 北海道新聞 2011-03-17
^ 経団連会長 政治の態度を疑う NHKニュース 2011-05-09
^ 経団連会長が発送電分離に否定的見解、「動機が不純」と苦言 ロイター 2011-05-23
^ 首相と野田氏「首から上の質違う」…経団連会長 読売 2011-08-29
^ 電力の財界支配と九電暴走 日経ビジネスONLINE 2011-11-28
関連項目 [編集]

亀井静香 - 東大の同級生。
香西昭夫 - 住友化学先代社長で、米倉の高校および東大の先輩。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
変節漢!!??政権交代を前にトヨタが譲った椅子に座っただけ。奥田はずる賢い。トヨタが次もやると政権交代時に批判が奥田トヨタに来る事を察知。あの懐かしい顔に交代。


05. 2012年6月06日 13:13:52 : 8CYIP2OzWI
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ファシズム(英: fascism、伊: fascismo)とは、本来はイタリアのムッソリーニや国家ファシスト党(以下ファシスト党)が提唱した思想や政治運動、および1922年から1942年までの政権獲得時に行った実践や体制の総称である[1][2][3]。共産主義者の国際組織「コミンテルン」は、主にドイツのナチズムを指して「ファシズム」としていた。
目次 [非表示] 1 概要2 語源・用語3 定義3.1 ファシズムの定義3.2 政治的スペクトル上の位置3.2.1 要約3.2.2 歴史的背景3.2.3 右翼との見解3.2.4 右翼との見解以外3.2.5 左翼との見解3.2.6 その他3.3 蔑称としてのファシズム4 歴史的な創造と発展4.1 1907年-1914年 ナショナリズムとソレル主義と左翼の精神の融合
4.2 1914年-1920年 第一次世界大戦とファシズムの創設
4.3 1920年-1922年 右傾化と政治力の集約
4.4 1922年-1929年 勢力の増大と初期の国際的広がり
4.4.1 ローマ進軍と政権獲得4.4.2 連立政権と力の集約4.4.3 保守派との合流と独裁者宣言4.4.4 コーポラティズムによる経済体制の開始4.4.5 攻撃的な外交政策の開始とリビアの植民地の強化4.4.6 ドイツ・ハンガリー・スペインなどへの影響
4.5 1929年-1945年 ファシズムの国際的な高まりと第二次世界大戦
5 思想5.1 起源5.1.1 プラトン5.1.2 カエサル5.1.3 マキャベリ5.1.4 ホッブス
5.1.5 ヘーゲル5.1.6 ニーチェ5.1.7 ガリバルディ5.1.8 ソレル5.1.9 未来派
5.1.10 保守主義5.1.11 シュペングラー5.2 基本理念5.2.1 ナショナリズム
5.2.2 権威主義5.2.3 社会進化論5.2.4 社会的干渉主義5.2.5 経済政策5.2.5.1 国家コーポラティズム、国家社会主義、国家サンディカリスム5.2.5.2 経済計画
5.2.5.3 社会福祉5.3 その他の関連5.3.1 ファシズムと人種差別5.3.2 ファシズムと宗教5.3.3 ファシズムとナチズム5.3.4 ファシズムと保守主義5.3.5 ファシズムと全体主義6 種類と派生6.1 一覧6.2 イタリア6.3 ドイツ6.4 その他のヨーロッパ
6.5 アジア6.6 日本6.7 アメリカ6.8 中南米7 批評・批判7.1 要約7.2 マルクス主義者による批判7.3 支持基盤7.4 心理学7.5 起源8 その他8.1 シンボルカラー
8.2 社会ファシズム論9 関連書籍10 ファシズムの台頭を舞台とした作品
11 脚注12 関連項目13 外部リンク13.1 反ファシズム概要 [編集]

ファシズムは、急進主義的で権威主義的なナショナリストの政治運動である[4][5][6][7]。
第一次世界大戦中に、ソレル主義のサンディカリストの政治的視点とナショナリズムを結合した、イタリアの国家サンディカリストにより最初に構築された[8][9]。通常は極右と記述されるが、学術的な合意の1つではファシズムは右翼と左翼の両方の影響を受けている[10][11][12][13][14][15]。
ファシストは国家の価値や、政治や経済などの体制を、コーポラティズムの観点に従って組織しようと努める[16][17][18][19]。国家が、国家の強さを保つために暴力の実行や戦争を行う意思と能力を持つ、強力なリーダーシップと単一の集団的なアイデンティティを必要とする有機体的な共同体であると信じる[20]。彼らは、文化は全国民的な社会とその国家によって創造され、文化的観念が個人にアイデンティティを与えると主張し、したがって個人主義を拒絶する[20]。彼らは国家を1つの統合された集合的な共同体とみて、多元主義を社会の機能不全の様子とみなし、国家が全てを表すという意味での全体主義国家を正当化する[21][22]。
また、一党制の国家の創設を主張する[23]。つまり、議会制民主主義制度、及び、議会制民主主義思想に対して拒否反応を示す。それゆえに、議会制民主主義によって制定された法制度等に対して全面的に価値を認めない基本的な立場をとる。 ファシストは、ファシストの国家の一部とはみなされず、かつ同化を拒否するか同化できない、文化的または民族的な集団による自治を拒絶し抵抗する[24]。彼らはそのような自治を創設する試みは、国家への侮辱や脅威とみなす[24]。ファシストの政府は、ファシストの国家やファシスト運動への反対を禁止し抑圧する[25]。彼らは暴力と戦争を、国家の再生や精神や活力を創造する行動であるとみる[26]。
ファシズムは平等主義や物質主義や合理主義の概念を拒絶し、行動や規律や階層的組織や精神や意志を支持する[27]。つまり自己の目的を絶対正義とするから、「目的のためには手段は選ばず。」というような論法をとる。権威を嵩にきて合理的論拠(具体的証拠)もなしに威圧するような高飛車な論法で相手を事実認識させ(固定観念を植え付け)ようとしたり、聴衆を扇動するようなことが多い。合理主義に価値観を認めないがゆえ、その論理展開での基本的な正邪善悪の倫理的価値基準において「ダブルスタンダード」(例:民族宗教の倫理価値基準と唯物史観社会主義の倫理価値基準の同時並行的な利用)[28]に代表されるような、全く矛盾する価値基準の教義などを利用、引用することが多い。 彼らは、排他的で経済的な階級をベースとした運動であるという理由[29]で自由主義やマルクス主義に反対する[30]。ファシストは彼らのイデオロギーを、経済的な階級闘争を終了させて国家的な団結を確実にする、経済的に超階級的な運動として提示する[31]。彼らは、経済的な階級には国家を適切に統治する能力は無く、経験豊かな軍人たちからなる優秀さを基礎としたエリート集団が、国家の生産力の組織化や国家独立の確実化などを通して支配するべきであると主張する[32]。ファシズムは保守主義を、社会秩序への支持という部分的な価値と把握するが、しかしその変革や近代化に対する典型的な反対には賛成しない[33]。また、自分自身を、強制的な変革を推進する国家管理された近代化を主張する一方で、多元主義や独立した主導権という社会秩序への脅威に反抗することによって、保守主義の利点と欠点を把握した解決方法であるとする[33]。
ファシストは経済政策では、自由放任の資本主義などの凶暴な個人主義や、国家社会主義(state-socialism)による厳格な管理に対して、その両方より優れたと信じる「第三の位置」を支持する[34][35]。イタリアや他の多くのファシスト運動はコーポラティストの経済を推進し、それによって理論上は、国家の利益に貢献する、労働関係の調和と生産の最大化の両方を実現するための、部門別の会社の中の資本家と労働者の利益集団の協業を表現する[36]。ただしナチズムなど他のファシスト運動やイデオロギーでは、この経済形態は使用されなかった[36]。
語源・用語 [編集]
名前の由来となったファスケス
「ファスケス」も参照
「ファシズム」(伊: fascismo)の語源はイタリア語の「ファッショ」(束(たば)、集団、結束)で、「ファッショ」は更にラテン語の「ファスケス」(fasces、束桿)を語源とする。ファスケスは斧の回りにロッド(短杖)を束ねたもので、古代ローマの執政官の権威の象徴とされた。ファスケスは彼のリクトルによって運ばれ、彼の命令で体罰や死刑にも使われた[37][38]。「ファシズム」という言葉はまた、19世紀のイタリアでのギルドやシンジケートに似た政治的な組織の「ファッシ」にも関連して使われた。
イタリアのムッソリーニは、1919年3月に「イタリア戦闘者ファッシ」、1921年には「国家ファシスト党」を結成し、1922年に政権獲得した。また1919年7月にファシスト・マニフェストが出版された。これらの時期以降は、「ファシズム」とは、主にこれらの思想や運動を指して呼ばれるようになった。
「ファスケス」の象徴的意味は「統一による力」で、1本のロッドは簡単に壊れるが、束になると容易に壊せないことに由来する[39]。また類似の象徴が別のファシスト運動によって開発され、スペインのファランヘ党の党旗の例では、束にした矢が2頭の牛にかけるくびき(en:yoke)と結合されている[40]。
他方、ドイツのナチスは公式に「国家社会主義」を自称し、「ファシスト」「ファシズム」とは自称しなかった。しかし敵対する社会主義勢力であるトロツキーやコミンテルンなどが、イタリアのファシスト党を「イタリア・ファシズム」、ドイツのナチスを「ドイツ・ファシズム」と呼び[41]、「反ファシズムの人民戦線」を組織した。同様にスペインのフランコ政権や戦前の日本なども、「ファシスト」や「ファシズム」とは自称していないが、スペイン内戦や日独伊三国軍事同盟などの歴史的経緯により「ファシズム(勢力、陣営)」などと呼ばれる事もある。
「ファシズム」という用語は、単なる全体主義や軍国主義の意味で使われたり、特に社会主義の立場からの政治的なレッテル貼りにも多く使われており、必ずしも特定の思想・主義・諸政策を表してはいない。
ファシスト党党章
ファシスト党党旗
イタリア社会共和国国章
ファランヘ党の党旗
定義 [編集]
ファシズムの定義 [編集]
詳細は「ファシズムの定義」を参照
歴史学者や政治学者や他の学者は、ファシズムの正確な本質や特徴を長年議論してきた[42]。ファシズムの形態はそれぞれ異なり、非常に幅広すぎる定義や狭い定義など多数の定義が存在している[43][44]。 一般的なファシズムの定義の1つには、3つの概念のグループに焦点を当てた以下がある。
a) ファシストによる否定
反自由主義
反共産主義
反保守主義
b) イデオロギーと目標
伝統的な国家を基礎としない、新しいナショナリストの権威主義的な国家の作成
サンディカリストやコーポラリストや国家社会主義者すらも含めて社会的関係を変革できる、統制され、複数の階級を持つ、国家的な経済基盤の新しい1種類
帝国を目指す
理想主義者、ボランティアの信念、典型的には新近代的で自己決定の、宗教には関係ない文化の実現
c)スタイルと組織
ロマンチックで神秘的な側面を詰め込んだ、集会やシンボルなどの美学の構造
政治的な関連性の軍隊化や、党の民兵のスタイルや目標となった、巨大な動員
暴力の肯定的な視点と使用
男性原理の極端な強調
若者への賞賛
権威主義的でカリスマ的な個人による命令のスタイル[45][46][47]
ファシズムにたいする見方は立場によって大きく異なっている。例えば多くのファシストはナショナリズムの立場から、コーポラティズムなどの集団主義を主張している。多くの自由主義者や民主主義者は、ファシズムは自由主義と民主主義を破壊する全体主義と批判している。多くのマルクス主義者はその唯物史観や階級闘争論の立場から、ファシズムは社会主義を暴力的に破壊し労働者階級を支配するための資本主義や帝国主義の一形態と批判している。多くのリバタリアニズムはレッセフェールを重視する立場から、ファシズムや共産主義を集産主義の一種と批判している。
政治的スペクトル上の位置 [編集]
要約 [編集]
「政治的スペクトル」、「左翼・右翼」、および「政治的シンクレティズム」も参照
ファシズムは通常は極右と記述される[48]が、いくつかの著者はファシズムは伝統的な「左翼・右翼」の政治的スペクトルには位置づけ困難としている[49]。学術的な合意の1つでは、ファシズムには左と右の両方の影響が存在している[11]。多くの歴史学者はファシズムを、革命的で中道的な信条か、あるいは左と右の哲学が混合した信条とみなしている[12][13][14]。
Roger Eatwellは著作「ファシズムへのスペクトル-シンクレティック・アプローチ」で、伝統的な「左翼・右翼」の政治的スペクトルに関連した用語では、ファシズムのイデオロギーの複雑な性質を完全にとらえる事には失敗する、と述べた[50]。彼や多くの政治学者は、伝統的な単線の左翼・右翼スペクトラムの代わりに、多面的なスペクトラムを設定する[51]。いくつかの2面の政治モデルのうち政治的コンパス(en:Political Compass)では、ファシズムは(純粋に経済的な用語として記述された左や右の軸では)経済的に中道とみなされ、代わりに権威主義の軸では極端な権威主義に位置している[52]。
歴史的背景 [編集]
イタリアのファシズムには、右や左の両方を含む複数の党派が存在した。1920年代にファシズムへの政治的な右の適合が進むと、イタリアのファシスト運動の中で多数の国内党派が作られた。「ファシスト左派」にはen:Angelo Oliviero Olivettiやen:Sergio Panunzio、en:Edmondo Rossoniなどを含み、彼らは経済の現代化や労働者や一般民衆の利益の向上のために議会制自由主義を置き換えるとして、国家サンディカリスムの優越性を確信した[53]。「ファシスト右派」にはファシストの民兵組織の「Squadristi」のメンバーや、右翼のイタリア・ナショナリスト協会 (ANI)の前のメンバーが含まれた[53]。「Squadristi」は非妥協的なファシスト達で、完全な独裁制のファシズムの構築を求めたが、他方では以前の ANI メンバーでもあるアルフレッド・ロッコを含めてイタリアで既存のエリートを保持するリベラルな国家を置き換える権威主義的でコーポラティストの国家の陣営を熱望した[53]。更にイタリアのファシスト運動にはより小さい複数の党派も存在し、その中の「聖職者ファシスト」はイタリアのファシズムをその反カトリックの本質から、カトリックを受け入れるように転換することを考え、また極右の「王党派ファシスト」はファシズムを、王であるヴィットーリオ・エマヌエーレ3世による絶対君主制の作成に使う事を考えた[53]。
多数のファシスト運動は自分達自身を、伝統的な政治的スペクトルの外側の「第三の道」と記述した[54]。ムッソリーニはファシズムに可能な限り多くの人々を結集させるために、ファシズムの位置について曖昧さを進め、以下の発言をした
(ファシストは)貴族あるいは民主主義者、革命家そして反動家、労働者そして反労働者、平和主義者および反平和主義者(であることができる)[55]
ムッソリーニは、イタリアのファシズムのコーポラティズムの経済システムは、国家資本主義あるいは、場合によっては「国家の経済活動の官僚主義化」である事も含む国家社会主義(state socialism)のいずれよりも、独自性があると主張した[56]。ムッソリーニはファシズムを、いかなる言語でも彼は有用だと発見する、と記した[55][57]。
スペインのファシストホセ・アントニオ・プリモ・デ・リベラは、左翼と右翼の両方の政策を重視し、「基本的には、労働などの経済的構造の維持に関しては右の位置だが、他方では経済的構造の転覆が価値あるものの多くの破壊を引き起こすものだとしても、経済的構造の転覆を試みる立場としては左翼である」と述べた[58]。
ムッソリーニは1922年のローマ進軍で、国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の認可を得て政権を獲得し、王党派と妥協した形となった。1940年には第二次世界大戦に参戦し、日独伊三国軍事同盟を締結して枢軸国の一員となった。戦況悪化後に1943年の王党派による失脚とドイツ軍による救出後は、北イタリアにイタリア社会共和国の樹立を宣言して社会主義を強調した発言を行い、企業の国営化を進めた。
ドイツのナチス(NSDAP)の前身はドイツ労働者党(en:German Workers' Party、ドイツ語: Deutsche Arbeiterpartei、DAP)で、ナチスは社会主義やナショナリズムや反ユダヤ主義を特徴とする25カ条綱領を掲げた。党内のナチス左派は社会主義を重視したが、1934年の長いナイフの夜で主要メンバーが粛清された以後は、25カ条綱領よりもアドルフ・ヒトラーの指導者原理が強調された。
右翼との見解 [編集]
歴史学者のEugen Weber[59]、David Renton[60]、Robert Soucy (en:Robert Soucy)[61]などは、ファシズムはイデオロギー的に右と見た。Rod Stackelbergは、ファシズムは特に人種的平等や民主主義などの平等主義に反対したが、それらは極端な右翼の運動を特徴づけるとした[62]。Stanley Payneは、戦前のファシズムは右翼運動との同盟を通じて存在意義を持ったと述べた [63]。Roger Griffinは、第二次世界大戦の終わりまでにファシスト運動は、急進右翼と「ファシスト急進右翼」の一部集団との結びつきになったと主張した[64][65]。
右翼との見解以外 [編集]
ウォルター・ラカーは歴史的なファシズムについて「極左には属さなかったが、極右の一部との定義は明快ではない」とし、しかし「それは常に、急進的、ポリュリストの要素、極右への重力を持つ他の要素などの結合だった」とした[66]。Stanley Payneは、「ファシストは、左や右や中道など、現在までの全ての主要な確立された彼らの歴史上で、ユニークだった」と述べた[67][68]。Payneは他方で、ドイツのナチスは他の全ての非共産主義体制よりも、ロシアの共産主義(ソビエト連邦)に近かったと述べた[69]。
シーモア・M・リプセット[70]、ロジャー・グリフィン(en:Roger Griffin)[71]を含む現代の多数の歴史家や社会学者は、ファシズムの位置は右でも左でもない、との見解を支持している。
経済の分野では、ファシストはマルクス主義者や国際的な社会主義者が広く掲げた階級闘争や国際主義の概念を拒否し、階級協調や国家主義的なナショナリズムに賛成した[72][73]。しかしまた、イタリアのファシストは過度の資本主義への異議を宣言し、それを超資本主義(Supercapitalism)と呼んだ[74]。Zeev Sternhell (en:Zeev Sternhell)はファシズムを、サンディカリズムによる反マルクス主義とみなした[75]が、政治的には依然として右と位置づけた[76]。
左翼との見解 [編集]
経済学者のルートヴィヒ・フォン・ミーゼスは新自由主義の立場から、ファシズムを左翼に分類した。
経済学者のフリードリヒ・ハイエクはリバタリアニズムの立場から著書「隷従への道」の中で、ファシズムはソビエト連邦などの社会主義と同様、国家万能主義の全体主義であり、計画経済や集産主義を行う観点では本質的に同根として、ファシズムやナチズムも左翼に分類した。
その他 [編集]
ナチスは国家社会主義を掲げ、ヒトラーは「わが闘争」で「私はボルシェヴィズムから最も多く学んだ」と述べたほか、ナチスは政治将校や強制収容所などといったソ連の組織論や運動論、共産党のプロパガンダ活動(プラカード、集団行進、シュプレヒコール、戸別訪問、楽団、膨大な量のビラ・ポスターの配布など)を模倣し、党歌「旗を高く掲げよ」についても共産主義者のヴィリ・ブレーデルの詩を焼き直して作ったとする説がある。ゲッベルス自身も「ボリシェヴィキどもからは、とくにそのプロパガンダにおいて、多くを学ぶことができる。」と公言した。
レフ・トロツキーはマルクス主義の唯物史観や階級闘争の立場から、1931年の「ファシズムとは何か」で、イタリアのファシスト運動は「小ブルジョアジー、ルンペン・プロレタリアート、そしてある程度まではプロレタリア大衆から発生した」とし、「元社会主義者のムッソリーニは…」と述べた。また、ドイツのファシスト運動は「イタリアの運動にきわめて類似して」おり、大衆運動を作り上げるために「社会主義的デマゴギーをふんだんに用いて」いると述べた[77]。また1933年の「国家社会主義とは何か」で、ドイツのファシズムを「帝国主義の最悪の形態」と主張した[78]。
日本では、丸山眞男が1964年に著書で「ファシズムは二十世紀における反革命の最も尖鋭な最も戦闘的な形態」として、ナチスが「社会主義」を掲げたことは大衆を吸引するための「巧妙な民主主義的偽装」であり、「ファシズムはしばしばその敵の姿に似せて己を扮装する」と述べた[79]。
マルクス経済学者の大内力は、ファシズムを「はじめは反社会主義であるとともに、反資本主義でもあったのであり、とくに独占資本にたいして強い敵意をもっていた」と述べた[80]。
蔑称としてのファシズム [編集]
第二次世界大戦での枢軸国の敗北までの、初期のファシズムやイタリアのファシスト体制は大衆に人気があった。多くの指導者がファシズムやファシストのリーダーに敬意を払った。ウィンストン・チャーチルは、ムッソリーニは共産主義の脅威からイタリアを防衛するための強力な能力を持っていると主張し、また自由主義のための犠牲の価値を主張して、1937年後半までイタリアのファシスト体制を支援した[81]。パン・アフリカ主義のナショナリストであるマーカス・ガーベイはかつて、彼は最初のファシストであると主張し、ムッソリーニやアドルフ・ヒトラーが下層階級を起源に生まれたという事実を尊敬すると宣言した[82]。アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルトは、第二次エチオピア戦争でイタリアのエチオピアへの侵略を非難する前に、彼がムッソリーニを示して「賞賛に値する紳士と連絡を保っている」と言った[83]。マハトマ・ガンディーは、ムッソリーニとイタリアに平和の価値を広める試みのため、1931年12月にムッソリーニに会いにイタリアに旅行した[84][85]。
第二次世界大戦で枢軸国が敗北し、ファシストの政府の統治期間に行われた残虐行為が世界に伝わると、「ファシスト」の語は悪口や蔑称として使われるようになった[86]。そしてしばしば、政治運動に対して政治的スペクトルをまたがって幅広く呼ばれるようになった[87]。政治学の論文では「ファシスト」とは通常は権威主義的な傾向を意味するが、政治的な左翼や右翼の両方の信奉者が敵対者を中傷するための軽蔑的な悪口としても使われている。ジョージ・オーウェルは1944年に「 "ファシズム" という語は、ほとんど全く意味が無い。ほとんどのイギリス人は "ファシスト" という語を "bully" (いじめっ子、ガキ大将)の同義語として受け入れている」と書いた[88]。リチャード・グリフィスは2005年に「ファシズム」を「我々の時代に最も誤用され、過剰使用された」と論じた[44]。「ファシスト」との言葉はしばしば第二次世界大戦後の組織や思想についても使われるが、学術的により一般的な用語は「ネオ・ファシズム」である[89]。
歴史的な創造と発展 [編集]

「ベニート・ムッソリーニ#生涯」、「ファシスト党#歴史」、「アドルフ・ヒトラー#生涯」、「国家社会主義ドイツ労働者党#歴史」、および「ナチズム#歴史」も参照
ファシスト党 イタリア戦闘者 ファッシファシスト党 黒シャツ隊 共和ファシスト党 歴史 ローマ進軍 第二次世界大戦 人物 ベニート・ムッソリーニ
マリネッティ it:Michele Bianchi イタロ・バルボ 関連項目 ファシズム
サンディカリスム アナキズム 社会主義 ボリシェヴィキ ジョルジュ・ソレル
ガブリエーレ・ダンヌンツィオ ジョヴァンニ・ジェンティーレ 未来派 日独伊三国軍事同盟 ローマ式敬礼 ローマ帝国 イタリア王国 イタリア社会共和国
著作 ファシズムの教義 Portal:イタリア
Portal:古代ローマ · 表・話・編・歴
1907年-1914年 ナショナリズムとソレル主義と左翼の精神の融合 [編集]
ガブリエーレ・ダンヌンツィオ
ジョルジュ・ソレル
政治的活動ではガブリエーレ・ダンヌンツィオ、思想では革命的サンディカリストのジョルジュ・ソレル、更には黄色社会主義を提唱したピエール・ビエトリーなどが、ファシズムの先駆と呼ばれている。
ファシズムの創造の鍵となった部分は、第一次世界大戦の勃発で固まった、政治的に右翼のナショナリストと、左翼のソレル主義のサンディカリストの諸政策の融合であった[90]。ソレル主義のサンディカリズムは、他の左翼のイデオロギーとは異なり、労働者階級に対するエリート主義の視点を持ち、彼らの士気を向上させる必要があると信じた[91]。彼らは積極的な社会変革をもたらすために自由民主主義は破壊される必要があると主張した[92]。ソレル主義のサンディカリズムの社会戦争の積極的な本質の概念とその道徳的な革命への固執により、多くのサンディカリストは、戦争とは社会変革や道徳的革命の究極の政策表明であり、その戦争はそのような目的を達成するように利用されなければならない、と信じた[91]。第一次世界大戦の前には、サンディカリスト達は圧倒的に階級の固有性に焦点を当て、階級闘争を支持し、他方では国家的な戦争を敵視した結果として、反軍国主義であった[91] 。イタリアのサンディカリスト達の多くは、革命的サンディカリスムは完全に反軍国主義であってはならないと信じ、平和主義を攻撃した[90]。
1907年から、ナショナリストや軍国主義者の影響がサンディカリズムに結合し始め、政治的な左翼に分断が生まれた[90]。この、ナショナリストとサンディカリストが相互に影響しながら増大するという精神は、イタリアで強かった[90]。ジョルジョ・ソレルの視点と近いモーラス主義のナショナリズムは、急進的なイタリアのナショナリストのエンリコ・コラディーニ(en)に影響を与えた[93]。コラディーニは、イタリアの問題を解決できるであろう闘う意思を通じた直接行動を確約する革命的サンディカリストにも共通する、エリートの貴族や反民主主義に率いられた、国家サンディカリスム運動の必要性のために発言した[93]。コラディーニは、フランスやイギリスの「金権政治」と対決するために、イタリアは帝国主義を続ける必要のある「コロレタリア国家」であると述べた[94]。コラディーニの視点は、イタリアの経済的な後進性はその政治的な階級や自由主義や「下劣な社会主義」によって発生させられた部分によって引き起こされた、と主張する右翼のイタリア・ナショナリスト協会(ANI)の幅広い見解の一部だった[94]。ANIは、保守やカトリックや商売業界の中と結びつき影響を保っていた[94]。
イタリアの国家サンディカリストに共通した原則は、ブルジョワの利益や民主主義、自由主義、マルクス主義、国際主義、平和主義の否定であり、英雄主義や生気論や暴力の推進だった[95]。
拡張主義や大イタリア(en)の創立を支持し、イタリアを近代国家のリーダーとして「新人類」や「新国家」を創造する文化的な革命を行う事を主張するイタリアの急進的なナショナリズムは、イタリアのリビア征服期間中の1912年に増大しはじめ、イタリアの未来派やANIのメンバーによって支持された[96]。ANIは、自由民主主義は現代の世界にはもはや適合せず、最も強いものが生き残れる世界で人間は本質的には略奪的であり国家は継続的な闘争状態にあると主張し、強い国家と帝国主義を提唱した[97]。
1914年まで、1911年の伊土戦争に反対したサンディカリストなどナショナリストの影響が部分的に残っていたイタリアのナショナリストや革命的サンディカリストは、戦争を国家的な事柄ではなく財政的な利益の事柄と考えた[98]。しかし第一次世界大戦の勃発では異なり、ナショナリストやサンディカリストは、戦争を国家的な事柄とみなした[99]。
1914年-1920年 第一次世界大戦とファシズムの創設 [編集]
ベニート・ムッソリーニ
1914年8月の第一次世界大戦の勃発時点では、多数の社会主義政党は当初は参戦への反対を主張していた[100]。しかし戦争が始まるとオーストラリアやイギリス、フランス、ドイツ、ロシアなどの社会主義者は、台頭するナショナリストの流れに追随し、彼らの国家による参戦を支持した[101]。イタリアの左翼は戦争への立場をめぐって深刻な分裂となった[98]。イタリア社会党は社会主義の国際主義を背景に戦争に反対したが、多数のイタリアの革命的サンディカリストは社会主義の成功を確実にするためにドイツ帝国やオーストリア=ハンガリー帝国の反動的な体制は打破される必要があるとの背景により、それらとの戦争を支持した[102]。コラディーニ(en)はナショナリストの視点からイタリアのための「労働者階級国家」と、反動的なドイツの打倒は、同様に必要と表明した[103]。参戦におけるこの分裂からファシズムの始まりが生まれ、イタリア社会党のアンジェロ・オリベッティ(en)は1914年10月に「国際行動のための革命的ファッシ」(伊: Fasci d'Azione rivoluzionaria internazionalista、英: the Revolutionary Fascio for International Action)を組織した[102]。同時期にムッソリーニは参戦主義者の理由に賛同することを決断した[104]。ファシストはナショナリズムを支持し、プロレタリアートの国際主義は間違いだと主張した[102]。
この時、ファシストは整合性を持った政策のセットを持たず、運動は非常に小さかった。大集会の開催を試みたが効果的ではなく、常に政府当局や正統な社会主義者から妨害を受けた[105]。ファシストを含めた参戦主義者と、反参戦主義の正統的な社会主義者の間の敵意は、暴力に転じた[106]。反参戦主義の革命的社会主義者による、ファシストや他の参戦主義者に対する反対や攻撃は、非常に暴力的であったため、戦争に反対していた民主社会主義者の Anna Kulliscioff でさえ、イタリア社会党は戦争支持者を沈黙させる運動をするには遠すぎる場所へ行ってしまった、と述べた[106]。
1917年にイタリアで開始された「アルディーティ」(Arditi)と呼ばれた命知らずのエリートの「突撃隊」は、ファシズムに重要な影響を与えた[107]。アルディーティは暴力の耐えない生活で特別に訓練された兵士で、独特な黒シャツの制服とフェズ帽を着ていた[107]。1918年11月にアルディーティは国家組織に組織されて Associazione fra gli Arditi d'Italia となり、1919年の半ばまでには2000人の若者が所属した[107]。ムッソリーニはアルディーティを気に入り、戦後にアルディーティをベースにしたファシスト突撃隊の「Squadristi」を組織し、黒シャツ隊と呼ばれるようになった[107]。
参戦反対で国際主義のマルクス主義者と、参戦賛成でナショナリストやサンディカリストのファシストの暴力的な分裂は戦争終結までには決定的となり、2つの陣営は和解不可能となった。ファシストは彼ら自身を反マルクス主義でソビエトの共産主義に反対すると提示した[108]。ムッソリーニは1919年にファシスト運動の制御を統合し、「イタリア戦闘者ファッシ」を創設し、伝統的な社会主義に反対して以下のように宣言した。
我々は社会主義への戦争を宣言するが、それが社会主義だからではなく、それがナショナリズムに反対するからである。我々は、社会主義とは何か、その計画は何か、その戦略は何か、という疑問を議論する事ができるが、しかし公式なイタリア社会党は反動的で絶対的に保守的になってしまった事だけは明白である。もしその見方が普及すれば、今日の世界における我々の生存は不可能になる。[109]
― ベニート・ムッソリーニ
フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ
1919年にファシストは、ファシスト・マニフェストを作成した。このマニフェストは国家サンディカリストの Alceste De Ambris と、未来派運動の指導者であるフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティによって書かれ、1919年6月6日にファシストの新聞である Il Popolo d'Italia に掲載された[110]。このマニフェストは政治体制として、男性と女性の両方の参政権を持つ普通選挙や、地域をベースとした比例代表制の選挙制度や、コーポラティストの考えである労働者や工業、交通、公衆衛星、通信などの職業別の領域ごとに選挙されて彼らを代表する法的権限を持った職業人や商人から選出された専門家による「国家評議会」の制度の創設や、イタリア上院(貴族院)の廃止などを主張した[111]。また経済社会政策として、全労働者の8時間労働制限、最低賃金、産業管理における労働者代表、産業別や公共部門の労働組合の平等な信任、交通部門の再編、無効な保険に関する法案の修正、退職年齢の65歳から55歳への引き下げ、資本に対する強力な累進課税、宗教的施設の資産没収や主教の廃止、軍需契約の利益率の抑制などを主張した[112]。軍事政策として、防衛業務に従事する短期の国家的な民兵の創設、軍需産業の国営化、平和的だが競争的に設計された外交政策などを主張した[113]。
ファシストに影響した次の出来事は、イタリアのナショナリストのガブリエーレ・ダンヌンツィオによる「未回収のイタリア」の一部であるフィウーメの襲撃と、1920年のカルナロ憲章(en)の創設であった[114]。ダンヌンツィオと De Ambris は、ダンヌンツィオの政治的視点に沿った国家サンディカリストでコーポラティストの生産主義を提唱するように憲章を設計した[115]。多くのファシストがカルナロ憲章を、ファシスト国家イタリアのための理念的な体制とみなした[116]。
1920年-1922年 右傾化と政治力の集約 [編集]
1920年にファシズムは政治的に右への傾向が始まった[117]。この傾向は、イタリアで工業労働者の過激なストライキ活動が頂点に達して「赤い年」と呼ばれるようになった1919年と1920年に、同時期に起こった[118]。ムッソリーニとファシストは、工業経営者と手を結ぶ事で優位な状況を得て、秩序の維持とイタリア国内の平和という名目で、労働者や小作人を攻撃した[119]。
ファシストは、第一次世界大戦への参戦に反対した左派の社会主義者の多数派を、彼らの第一の敵と位置づけた[116]。ファシストとイタリアの右派は、マルクス主義を蔑視し、階級意識を割り引き、エリートの規則を信じるなどの、共通の基盤を持った[120]。ファシストは、国家的なアイデンティティーよりも階級のアイデンティティーを確約するイタリア社会党や労働者組織を破壊するための相互努力の中で、右派との同盟によって右派の反社会主義キャンペーンを支援した[120]。
ファシズムは、その従来のポピュリズムや共和主義や反教権主義を捨てていき、イタリアの既存の資本主義の支持やカトリック教会の受容や王制などを受け入れるという、その政策の大きな変更によって、イタリアの保守主義に順応していったとみなされた[121]。ファシズムはイタリアの保守主義者にアピールするために、女性の母としての役割の推進を含む、家族の価値の推進などの政策を採用した[122]。しかし、ファシズムは反動主義者にアピールすることを意図した多くの姿勢の採用にもかかわらず、ファシズムの革命的な性格を維持したとみなされており、Angelo Oliviero Olivettiは「ファシズムは保守主義でもありたいが、しかし革命的であり続けることによってそうなる」と述べた[123]。ファシスト達は、保守主義者達とサンディカリスト達の両方にアピールするために、革命的な行動と、法や秩序の維持の確約の両方を支持した[124]。右傾化の以前には、ファシズムは約1000名のメンバーを持つ、小規模で、都会の、北部イタリアの運動だった[125]。その以後には、ファシスト運動のメンバーは1921年までには 25万名に上昇した[126]。1921年11月には「イタリア戦闘者ファッシ」は政党「ファシスト党」(国家ファシスト党、ファシスタ党)に改組された。
1922年-1929年 勢力の増大と初期の国際的広がり [編集]
ローマ進軍と政権獲得 [編集]


国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
1922年になると、ファシストの民兵組織は彼らの戦略を、社会主義者の事務所や社会主義者の指導者の家への攻撃から、都市を占領する暴力へとエスカレートした。しかしボローニャやボルツァーノ、クレモナ、フェラーラ、フィウメ、トレントなどの都市では権威者からのやや激しい抵抗を受け、転覆を続けた[127]。ファシストはクレモナの社会主義者とカトリックの連合の本部を攻撃し、トレントやボルツァーノドイツ語圏の住民にイタリア語化を強制した[127]。これらの都市を制圧すると、ファシストはローマを得る計画を持った[127]。
1922年10月24日、ナポリで開かれたファシスト党の年次党大会で、ムッソリーリは黒シャツ隊に、公共施設や鉄道を制圧して、ローマ周辺の3個所に集結するよう命じた[127]。この進軍は、黒シャツ隊のリーダーのイタロ・バルボ、将軍のエミーリオ・デ・ボーノ、超サンディカリストのビアンキ(en)、王党派ファシストのデ・ベッキの、それぞれの異なる党派を代表する4名の主要なファシストの幹部によって率いられる事になった[127]。ムッソリーニ自身はミラノに残り行動の結果を待った[127] 。ファシストは北部イタリアの複数の郵便局や鉄道の支配の獲得を達成し、他方では左派連合に率いられたイタリア政府は内部分裂してファシストの優位に対応できなかった[128]。イタリア政府は確実に混乱の状態となり、複数の政府が作られては敗北した[128]。イタリア政府は最初にはファシストのローマへの侵入を防止する行動を採ったが、しかし国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は、ファシストの高潮を消失させる試みの結果としてのローマでの流血の恐れを懸念した[129]。エマヌエーレ3世はムッソリーニを首相に指名する決断をし、ムッソリーニは10月30日に指名を受けるためにローマに到着した[129]。ファシストはこの事件を、ファシストの英雄的な偉業による権力の「奪取」として、「ローマ進軍」の名称で大きく宣伝した[127]。
連立政権と力の集約 [編集]


ジョヴァンニ・ジェンティーレ
ムッソリーニはイタリアの首相に任命されると、ファシストはイタリア議会を支配していなかったため連立政権を形成する必要があった[130]。その連立政権は、内閣の首班はムッソリーニだが、他の13の大臣のうちファシストは僅か3名だけで、残りは陸軍や海軍の代表者や、2名のカトリック組織の構成員、2名の民主自由主義者、1名の保守自由主義者、1名の社会民主主義者、1名のナショナリスト、そして元ファシストの哲学者のジョヴァンニ・ジェンティーレであった[130]。ムッソリーニの連立政権は当初は、自由主義者の財務大臣のアルベルト・デ・ステファニ(it)の指示のもとで経済的には自由主義の政策を追求し、公務員の大幅削減によって予算の均衡を図った[130]。初期には政府の政策の小さい劇的な変化が起こり、共産主義者に対する抑圧的な警察活動が行われ、ダンヌンツィオ主義者の反乱は限定的だった[130]。しかし同時期にムッソリーニは、彼がその議題を管理するファシスト大評議会(it)で、ファシスト党のための政府高官を作ることによって、ファシスト党への彼の支配力を集約した[130]。更に「Squadristi」や黒シャツ隊と呼ばれる民兵は、常備軍の士官に指導される国営のMVSN(イタリア語: Milizia Volontaria per la Sicurezza Nazionale)に改組された[130]。「Squadristi」は当初はムッソリーニの政府に非常に不満で、「ファシスト革命」を要求していた[130]。
保守派との合流と独裁者宣言 [編集]


ジャコモ・マッテオッティ
この時期にはイタリア国王をなだめるために、ムッソリーニはイタリアのファシストと、フェデルツォーニ(en)率いる議会の保守系党派や保守的な王党派やANI構成員のナショナリストとの間で、秘密の政治的同盟を形成した[131]。ANIは1923年にファシスト党に合流した[132]。ナショナリストとファシストの合併により、保守的なナショナリストと、ファシスト運動の革命的サンディカリスト党派との間の緊張が高まった[33]。保守主義者とファシスト運動のサンディカリスト党派は、相互の視点を得る事によって、彼らの相違や安全な統一やファシズムの推進を調和させることを考えた[133]。保守的なナショナリストのファシストは、革命的サンディカリストをなだめるためにファシズムを革命的な運動として推進する一方で、保守的なナショナリストのファシストをなだめるために、革命的サンディカリストのファシストは彼らが社会的安定を確実にして経済的な生産性を保障する事を欲すると宣言した[133]。
ファシストは、選挙で25%以上の得票を得たいかなる政党または連立の候補者名簿に対して、議会の座席の過半数を保障するというアチェルボ法(en)により、イタリアでファシズムを堅固にする試みを開始した[134]。アチェルボ法は議決での多数の欠席にかかわらず可決した[134]。1924年の選挙でファシストは穏健主義者や保守主義者とともに統一候補者名簿を形成して、ファシストの多くの暴力と恫喝もあり、その名簿は66%の得票率を獲得して403議席を許され、その大多数がファシストへと進んだ[134]。選挙の直後に、イタリア社会党の書記のジャコモ・マッテオッティがファシストによって誘拐され殺害されたとの危機的で政治的なスキャンダルが噴出した[134]。議会の少数派の自由主義者と左派が抗議の退場をし、古代ローマの故事に倣って「アヴェンティヌスの離脱」(en)と呼ばれるようになった[135]。1925年1月3日にムッソリーニはファシストが支配的となったイタリア議会で演説し、彼は起こった事に個人的に責任があるが、彼は悪い事は何もしなかったと強く主張した。彼は古代ローマの独裁官に倣って、彼自身をイタリアの独裁者と宣言し、政府と議会の解職発表に関する全責任を持つとした[135]。1925年から1929年にかけてファシズムは着実に力を堅固にし、議会で反対する議員もいたが否決され、検閲が導入され、1925年の命令によりムッソリーニは国王のみに責任を負う事になった。イタリア社会のファシスト化の努力は1926年より加速され、ファシストは地方自治での地位を得ていき、1929年までには行政長官の全体の30%がファシストによる指名となった[136]。


ローマ教皇 ピウス11世
1929年には、イタリア政府と断絶状態にあったローマ教皇 ピウス11世と交渉し、教皇のバチカン一帯への国家主権と19世紀に自由主義国家によって没収された教会用地の財政的賠償を与えた、ラテラノ条約として知られる教会との協定に署名が行われ、以後はファシスト体制はローマカトリック教会からの政治的な支持と祝福を得た[137]。また1925年には全てを包括する「全体主義」国家としての新体制というファシストのプロパガンダが開始されたが、しかしファシストの党や体制はイタリアの既存権力に関する完全な支配を得た事は決してなく、国王のヴィットーリオ・エマヌエーレ3世は国の長に残り続け、軍隊や司法組織はファシストの政府から大幅な自治を維持し、ファシストの民兵の黒シャツ隊は軍の管理下にあり、当初は経済も同様に比較的自治を持ち続けていた[138]。
コーポラティズムによる経済体制の開始 [編集]
ファシストの体制はコーポラティストの経済体制の作成を開始し、1925年にイタリアの雇用者連合である Confindustria (en)とファシストの労働組合の間で、非ファシストの労働組合を除外して相互をイタリアの唯一の雇用者と被雇用者の代表であると認識することに合意した Palazzo Vidioni 協定が成立した[36]。ファシストの体制は最初に「企業省」を設立し、イタリアの経済を22の産業別の企業に組織し、労働者のストライキやロックアウトを禁止し、1927年には「労働憲章」(en)を作成して労働者の権利と義務を規定し、雇用者と被雇用者の間の紛争を仲裁する労働審判を作成した[36]。実際には産業別の企業の活動は独立性は低く体制による管理が大きく、被雇用者の組織は被雇用者自身によって指導される事はまれで、代わりに指名されたファシスト党の構成員によって指導された[36]。
攻撃的な外交政策の開始とリビアの植民地の強化 [編集]
1920年代にファシストのイタリアは、バルカン半島にイタリアの領土を拡大する目的でのギリシアのケルキラ島への攻撃、トルコとユーゴスラビアへの開戦の計画、クロアチア人とマケドニア人の分離主義者への支援によってユーゴスラビアを内戦に導いてイタリアの内政干渉を合法化する試み、アルバニアをイタリアの「デ・ファクト」(事実上)の保護国とする、などの攻撃的な外交政策を押し出し、一部は1927年までに外交的な手段によって達成された[139]。イタリアの植民地のリビアでの反乱への対応には、ファシストのイタリアは従来の現地指導者との協業による自由主義時代の植民地政策を捨てた。その代わりに、イタリア人はアフリカの人種より優秀な人種であり、従って「二流の」アフリカ人を植民地化する権利を持ち、リビアへの1000万から1500万名のイタリア人の植民が主張された[140]。このことは大量殺害や強制収容所の使用、数千人の人々の強制的な餓死などを含む、リビアの原住民への攻撃的な軍事作戦となった[140]。
ドイツ・ハンガリー・スペインなどへの影響 [編集]


アドルフ・ヒトラー
ファシストは政権獲得により、国際的な注目を浴びた。イタリアのファシストの初期の賞賛者の一人はアドルフ・ヒトラーで、彼はローマ進軍後の1か月以内に、彼自身と国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)のモデルを、ムッソリーニとファシストに置き始めた[141]。ヒトラーとドイツの戦争での英雄のエーリヒ・ルーデンドルフに率いられたナチスは、ローマ進軍をモデルにした「ベルリン進軍」を試みたが、1923年11月のミュンヘン一揆となり失敗した。ミュンヘン一揆では、ナチスはバイエルン州の州首相のグスタフ・フォン・カールなどによって短期間足止めされ、フォン・カールとヒトラーとルーデンドルフの三頭政治に指導される新しいドイツの政府の創設が発表された[142]。しかしバイエルン警察により粉砕され、ヒトラーや他の指導者は捕らえられ、1925年まで投獄された。


ゲンベシュ・ジュラ


ミゲル・プリモ・デ・リベラ
イタリアのファシストの初期の他の賞賛者には、ハンガリー全国防衛連盟(ハンガリー語: Magyar Országos Véderő Egylet、MOVE)の指導者のゲンベシュ・ジュラがおり、彼は(ナチスよりも早く)1919年には自分自身を「国家社会主義者」(national socialist)と定義して資産の大幅な変革の必要性を語り、1923年には「ブダペスト進軍」の必要性を主張した[143]。スペインでは増加するストライキやアナキズムへの支持の高まりなどの政治的危機の中で、1923年に軍人であり侯爵であるミゲル・プリモ・デ・リベラがスペイン政府に対するクーデターに成功し、自分自身を保守的な軍事政権の指導者に据えて、既存の政党政治制度を無効とした[144]。リベラは権力獲得後、彼自身が労働者と上司(経営者)の間の和解の仲裁者となることによって経済的な危機を解決し、彼の統治はイタリアのファシストのモデルをベースとしたコーポラティストの経済体制を創立する、と考えた[145]。
1929年-1945年 ファシズムの国際的な高まりと第二次世界大戦 [編集]


東條英機、日本陸軍大臣・内閣総理大臣・大政翼賛会総裁
1929年に発生した大恐慌は、ファシズムの国際的な高まりをもたらし、複数のファシスト体制の創立や、ファシストの政策の採用が発生した。最も重要で新しいファシストの体制はヒトラーの指導によるナチス・ドイツである。ヒトラーとナチス党の力が高まる中で1933年に政権を獲得し、ドイツの自由民主主義は崩壊し、ナチスは国家を戦争へ向けて動かし、複数の国に向かって領土的な目的を拡大した。1930年代にナチスは、ユダヤ人や他の人種グループに対する差別や公民権剥奪や迫害を認めた抜本的な人種法を制定した。
ハンガリーのファシストのゲンベシュ・ジュラは、勢力拡大して1932年に首相となり、ファシストのイタリアやナチス・ドイツを訪問してこの2つの体制と良好な関係を固めた。彼は彼の「国家統一党」(Party of National Unity)を、産業での一日8時間労働や週48時間労働、コーポラティストの経済の考え、ハンガリーの隣国への領土回復要求などの追求の拠点とすることを試みた[146]。ルーマニアのファシスト運動の鉄衛団は、1933年以降に政治的な支持を拡大し、1人の鉄衛団のメンバーが総理大臣のイオン・デュカ(en)を暗殺した[147]。大恐慌の期間中に、ギリシャやリトアニア、ポーランド、ユーゴスラビアなどで、ファシズムから要素を借りた各種のパラ・ファシスト(ファシスト類似)の政府が創立された[148]。
大恐慌の間、ムッソリーニは経済に対する積極的な国家の介入を推進した。彼は1914年に「超資本主義」を主張し始めたが、彼は現在の「超資本主義」を、退廃を主張して無限の消費者主義を支持して「人類の標準化」を作成するとの理由により誤りと糾弾した[149]。しかしまたムッソリーニは、初期の「英雄資本主義」(en)の経済発展は価値があり、生産的である限り私有財産を支持すると主張した[149]。大恐慌の当初にイタリアのファシストは経済への大規模な介入を行い、産業再建機構(イタリア語: Istituto per la Ricostruzione Industriale、IRI)や、破綻した民間会社に国家資金を供給する巨大な国営の会社や持ち株会社を創立した[150]。このIRIは1937年に恒久的な機関として創立され、国家的な閉鎖経済を作るというファシストの政策を追求し、軍需生産の最大化では私企業を超えた力を持った[150]。ナチス・ドイツでも同様に、ドイツの鉄鋼産業が高品質の輸入された鉄よりも低品質のドイツの鉄を使用する事を強制されたなど、閉鎖経済や再軍備や強制的な保護貿易政策などの手段により経済政策が追求された[151]。
1939年9月にドイツのポーランド侵攻により第二次世界大戦が勃発し、1940年には枢軸国側にイタリアも参戦し、戦時体制が強化された。1943年にムッソリーニは王党派などのクーデターにより失脚後、ドイツの支援によりイタリア北部でイタリア社会共和国を宣言し、反資本主義や社会主義を主張して企業の国営化を進めた。1945年にはこれらは連合国に降伏してその体制は解体され、ドイツではニュルンベルク裁判でナチスの戦争犯罪などが裁かれた。
詳細は「第二次世界大戦」を参照
なお第二次世界大戦終結後に発生したファシズムやナチズムに類似した思想や政治運動は、「ネオ・ファシズム」や「ネオナチ」などとも呼ばれている。
思想 [編集]

起源 [編集]
ファシズムは政治的スペクトルをまたがる多数のイデオロギーを基礎にしている。
プラトン [編集]
ムッソリーニはプラトンの著作に大きな影響を受けた[152]。プラトンは「国家」(紀元前380年)で、社会の政治や安全保障などの全ての管理を実行する事を許された、高度な教養と知性を持つ哲人王による、少数のエリートにより支配される体制を提唱した。この議論は、ファシズムの推進する優秀なリーダーと一党制国家によるエリート支配の概念に影響を与えたと考えられている[153]。同様にヴィルフレド・パレートが支持した、少数のエリートに率いられる寡頭制の政府という思想もファシストに影響を与えた[154]。ムッソリーニとマルゲリータ・サルファッティ(en:Margherita Sarfatti)は、プラトンとパレートをファシズムの継続的な変革の特徴の源として位置づけた[155]。彼らは、運動や概念における欠点の収集は、イデオロギーを更新し、堕落や陳腐化することを避けることができると主張した[155]。
カエサル [編集]
ムッソリーニはユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)を、彼の独裁や全体主義のモデルとした[156]。ムッソリーニはカエサルへの個人的な尊敬を記述し、カエサルを「戦士の解決と賢人の機略」と呼んだ[157]。ファシストによる1922年のローマ進軍は、カエサルとその軍団がローマ権力を奪取した紀元前49年のルビコン川越えの再現を意図したものである[158]。ムッソリーニはローマ進軍で権力を握った少し後にフォロ・ロマーノに行き、廃墟の前に立ちカエサルに敬意を表した[157] 。イタリアのファシスト政府はカエサルを国家の英雄とし、イタリア中に多数のカエサルの像が建設された[157]。
マキャベリ [編集]
ムッソリーニはマキャヴェッリの「君主論」を学び、1924年にボローニャ大学でその論文を書き、マキャベリを有能な指導的政治家で思想家として賞賛した[155] 。ムッソリーニはマキャベリの「君主論」の概念を国家の化身と位置づけ、大多数の民衆は自己中心的で非論理的な傾向を持つというマキャベリのネガティブな概念に共感した[155]。ムッソリーニはマキャベリと同様に、民衆は彼ら自身を統治する事には不適切なため、彼らの生活を指示するリーダーシップが必要と主張した[159]。
ホッブス [編集]
ファシズムは、ホッブズの「リヴァイアサン」で描かれた絶対君主制の政治的概念に大きな影響を受けたとも考えられている[160][161]。
ヘーゲル [編集]
ファシズムはヘーゲルの理論から影響を受けている。マルクス主義もヘーゲル学派から影響を受けたが、ファシズムはマルクスが取り上げなかったヘーゲル学派の要素を重視した[162]。マルクス主義はヘーゲル学派の合理主義や経験主義の要素に焦点を合わせたが、ファシズムはその精神主義の要素に焦点を合わせた[162]。ファシズムのヘーゲル学派からの影響は、ヘーゲルの国家への積極的な認識と彼のコーポラティズム的な有機体論を賞賛するナショナリズム的なイタリアの新思考運動に結びついた[163]。ファシズムの主要な哲学者の1人であるジョヴァンニ・ジェンティーレはヘーゲル主義者だった[164] 。ジェンティーレは、ヘーゲル主義に固執しすぎてファシズムやムッソリーニに多大な忠誠を払う何人かのファシストによる批判に直面した[164]。第二次エチオピア戦争の後でジェンティーレは崩壊した国家ファシスト党(PNF)に影響を与え、ムッソリーニに中央集権化の哲学的影響を与えた[164]。
ニーチェ [編集]
ムッソリーニは、フリードリヒ・ニーチェの「超人」の概念や彼の危険な生存のテーマに影響を受けたが、ニーチェの概念を採用して政治的実践に取り込んだイタリアのナショナリストのガブリエーレ・ダンヌンツィオもまた尊敬した[165]。ダンヌンツィオはニーチェのテーマをイタリアに持ち込む重要な役割を果たした[166]。ニーチェと同様に、ダンヌンツィオはルネサンスを「超人」が支配する1つの時代で、退廃した貴族の力は解体すると着想した[166]。ニーチェとダンヌンツィオとムッソリーニは全て、キリスト教やブルジョワジーや民主主義や改良主義の政策を軽蔑した[166]。ダンヌンツィオは、知性や、力の崇拝や、民主制への反対の貴族を基礎とした新しい国家の創設を支持した[166]。彼は、ニーチェのテーマを実証する最良のイデオロギーは、攻撃的なナショナリズムであると信じた[167]。第一次世界大戦の間、ダンヌンツィオはイタリアのナショナリストに民族統一主義のテーマを喚起し、イタリアはローマ帝国の後継者だと主張した[168]。
ファシストとなる前はムッソリーニは社会主義者で、ニーチェの反キリスト教の概念や神の存在の否定の影響を受けていた[169]。ムッソリーはニーチェを、行動の哲学を掲げたジャン=マリー・ギュイヨーとも似ていると見た[169]。ムッソリーニはニーチェを使用したが、ニーチェはエリート主義の推進や反平等主義の視点を持つため、ムッソリーニは非常に異端の社会主義者となった[169]。ムッソリーニは、マルクス主義の決定論や社会民主主義の改良主義の破綻のために社会主義はつまずいたと感じ、ニーチェの理念が社会主義を強化すると信じた[169]。1900年代までにムッソリーニは、ニーチェの「超人」の概念と反平等主義に賛成し、マルクス主義と平等主義を捨てたと示唆する文書を書いた[170]。しかしファシストとは異なり、ニーチェは国家を敬愛せず、彼の著作「ツァラトゥストラはこう語った」で彼は国家について「全ての怪物の中で最も寒い」と述べた[171]。
ガリバルディ [編集]
ムッソリーニの初期の政治的視点は、彼の父であるアレッサンドロ・ムッソリーニ(en:Alessandro Mussolini)から重要な影響を受けた。アレッサンドロ・ムッソリーニは、カルロ・ピサカーネ(en:Carlo Pisacane)やジュゼッペ・マッツィーニやジュゼッペ・ガリバルディなどの、ヒューマニズムの傾向を持つ19世紀のイタリアのナショナリズムを偶像化した革命的社会主義者だった[172]。アレッサンドロ・ムッソリーニの政治的展望は、カルロ・カフィエロ(en:Carlo Cafiero)やミハイル・バクーニンなどのアナキストと、ガリバルディの軍事的な権威主義や、マッツィーニのナショナリズムなどの視点と結合された[173]。1902年のガリバルディ死去記念日で、ムッソリーニは公式演説を行い共和主義的ナショナリストとして賞賛した[173]。
ソレル [編集]
サンディカリスムの哲学者であるジョルジュ・ソレルは、ボリシェヴィキとファシズムの両方に大きな影響を与えたと考えられており、またソレルは両者をブルジョワ民主主義への挑戦と考えて支持した[174]。ソレルは著作「暴力論」(1908年)で「暴力は道徳になりうる、特に社会に実質的で肯定的な変革をもたらす革命的暴力は」と主張した[175]。ソレルはブルジョワ階級の迅速な終焉と労働者階級の勝利のために、マルクス主義を自由市場や自由競争への抵抗にならない退廃に陥っていると非難した[175]。ソレルは、社会主義者はマルクス主義の唯物論や合理主義を拒絶し、代わりに彼らの道を推進する理想や神話の道徳的で情熱的なアピールを採用すべきと論じた[175]。彼は、過度の合理主義はブルジョワの特質であり、労働者階級の心はより「原始的」であり更には神話も受容できる、と書いた[176]。ソレルは、労働者階級が道徳的な変革をより受容しようとするという理由で、これを有益と考えた[176]。「暴力論」はイタリアの革命的サンディカリストの間で非常に高い人気となった[175]。ムッソリーニもその1人で、彼は後にソレルから彼への影響を認知し「私自身はソレルに負っている」と発言した[174]。
未来派 [編集]
ファシズムは初期には未来派と近い関係を持ち、フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティによる1909年の「未来派宣言」(en:Futurist Manifesto)は「行動、技術、戦争」を美化し、合理主義に対して非合理主義(en:irrationalism)や、近代美術や暴力的な美術や美学、近代美術を自由にするための全ての過去の伝統的な美術の破壊、愛国心や軍国主義の推進、女性やフェミニズムの概念、などの革命的な陣営となった [177] 。未来派はファシズムと同様に、国家をコーポラティズムの流儀で、1つの有機的な身体と定義した[178]。しかしながら、ファシズムとは異なり、未来派の国家の概念は民主主義の継続であり、マリネッティは「イタリアの民主主義は我々にとって、我々を解放する組織である」と主張した[178]。マリネッティは当初はファシズムに魅かれたが、イタリアで一時的に力を持ったより近代的な保守的美学を採用した[179]。
保守主義 [編集]
イタリアのファシズムの革命的な要因という相違にもかかわらず、保守主義の影響もイタリアのファシズムの強力な要因の1つとなった[121]。家族や、土地所有者の身分や、宗教への信仰などを強調するような共通の社会的伝統を含んだイタリアの保守主義は、他のイデオロギーよりも組織化された政治運動としては弱まっていた[180]。保守的なナショナリズムはファシズムにおいて特に重要な思想的影響となった。
有名なナショナリストの新聞「レグノ」(Regno)の記者で、保守的なナショナリストのエンリコ・コラディーニ(en:Enrico Corradini)は、イタリア・ナショナリスト協会(ANI)の設立者の1人および重要メンバーとなり、イタリアのファシストに影響を与えた[181]。コラディーニはナショナリズムを社会進化論と結びつけ、「鉄の人種法」の受け入れによってイタリアはその弱点を克服する必要があると発言したが、その内容には外国からの影響の除去、帝国主義の追求、労働者の国家への組み込み、ブルジョワジーの再生などを含み、他方では「女性的な人道主義」、自由主義、民主主義、社会主義などへの反対を含んだ[181]。コラディーニによって推進されてファシズムに導入された2つの重要な概念は、彼の理論である「革命としての戦争」と「プロレタリアのナショナリズム」であった[182]。コラディーニはイタリアにおける革命的社会主義を、その反愛国主義や、反軍国主義、国際主義、階級闘争の主張などのために反対したが、彼や他のナショナリストはその革命的で征服的な精神には感銘を受け、1910年の ANI の会合では以下のように「プロレタリアのナショナリズム」への支持を宣言した。
我々は世界の安息を尊ぶプロレタリア人民である。ナショナリズムは我々の社会主義である。この構築されたナショナリズムは、イタリアが道徳的および物質的にプロレタリア国家になるという真実を創立しなければならない。
― 1910年12月、イタリア・ナショナリスト協会のマニフェスト[182]
コラディーニはまた、ジョルジュ・ソレルの「暴力論」を研究し、サンディカリスムとナショナリズムの間にはいくつかの思想的な相違があるにもかかわらず、彼は「国家の波打ち際で停止して、更に先には進まないようなサンディカリスム」を熱望する、と発言した[182]。
ANI出身でファシストとなった他の保守的なナショナリストには、重要な経済理論家のアルフレッド・ロッコがいた[121][183]。ロッコは経済的なコーポラティズムの提唱者で、経済の国力を強化し労働組合のストライキを禁止して国家の監督と仲裁のもとで経営者と労働者に交渉するよう指図したイタリアでのファシストの経済政策の設計の中心人物だった[184]。ロッコの経済政策は、組織化された労働と彼らが労働者に与えた限定的な権利によって異議を抑制するという保守的な義務と考えられ、結果的には組織化された労働に関連したファシストの多くによってこの政策が敵視された[184]。
ロッコはファシスト時代のイタリアの司法省の大臣となり、ファシズムが構築中の「保守革命」について、多元主義や独立的な構想や大衆による政治変革の試みなどに抵抗する一方で、政策を作成するエリートによって実現される、政治変革の制御と支持された秩序、と説明した[185]。王制などの伝統的な制度に譲歩したイタリアのファシストの複数の党派は、イタリアの政府の基礎として完全なファシズムの陣営化を望んだ民兵の黒シャツ隊などの強硬路線の「非妥協派ファシスト」による抵抗に直面した[186]。
シュペングラー [編集]


ベネデット・クローチェ


アルフレート・ローゼンベルク
オスヴァルト・シュペングラーの理論や見解もファシズムに影響を与えた[187]。著作「西洋の没落」での彼の主要なテーマは、文化は誕生して成熟し年を重ねて、文明の最終形態に達した時には滅びるという、実在した文化の歴史的発展の法則である[187]。文明がある地点に達した時、「野蛮人」による危機によって新世代を作るまでは、文化はその創造的な能力を失って退廃に陥る[187]。シュペングラーは西洋を、知性や経済やコスモポリタンな都会や無宗教の生活、原子化(最小化)された個人主義、生物学的および「精神的」な繁殖力の死、などの退廃への屈服と見た[187]。彼は、帝国的な力を持った「若い」ドイツ国家が古代ローマの遺産を継承して「血統」と本能の価値の復活を導き、他方では合理主義の理念は馬鹿げていると信じた[187]。「Der Mensch und die Technik」や「Preussentum und Sozialismus」や「Year of Decision」などのシュペングラーの他の著作はファシスト達に高く評価された[187]。シュペングラーの理念は、ムッソリーニやベネデット・クローチェやアルフレート・ローゼンベルクなどを含めたファシストを導いた人物の多くによって広く賞賛された[188]。しかしファシストはシュペングラーの著作を尊敬した一方で、典型的には彼の宿命論や悲観主義は拒絶した[188]。シュペングラーの確固とした反マルクス主義の視点」はムッソリーニに深く印象を与えた[188]。
イタリアのファシストのコッラド・ジニは、住民は誕生し成長し朽ちていくという循環を経るというシュペングラーの理論を使用して、最上のレベルの国家は高い出生率を持つが、徐々に上流階級では出生率は低下し、他方の下層階級では力のあるメンバーの他国への移住や戦死や上流階級への移動などにより必然的に枯渇すると考えた[189]。ジニは、もし国家が抵抗を受けずにこの道を継続的に進めば、出生率の低下や文化的成果の減少や帝国的な征服の欠乏など、最終的には退廃した段階に入り退化し[190]、その時にその高齢化した国民を持った退廃した国家は、より若く活力のある国家によって圧倒され制圧されうる、と主張した[190]。
基本理念 [編集]
ナショナリズム [編集]
「ナショナリズム」、「国家主義」、および「民族主義」も参照
ファシストは、共産主義者による「階級闘争」という概念に反対し、社会の基礎を「国家や人種の闘争」と見た[191] 。ファシストの国家の視点は、1つの組織された全体であり、人々をその祖先により結びつける、自然に統合された人々の力である[192]。ファシズムは経済的、政治的、社会的な問題を解決するために、国家の再生である千年王国の達成や、他の全てを上回る国家や人種の高揚、団結の崇拝の推進、力や純粋さ、などを求める[193][194][195][196][197]。ムッソリーニは1922年に以下を公言した[198]。
我々にとって国家は単なる領土ではなく、精神的な何かであり、... 国家が実在する力をその精神に変換したとき、国家は偉大となる。
アイルランド共和軍(IRA)(注・IRA自体はファシズム団体には含まれないのが通例)のコーポラティストのen:Eoin O'Duffyは以下を述べた。
何を差し置いても我々は我々の民衆を導く国家を与えるべきだ。最初に必要不可欠なのは国家の統一だ。コーポラティズム・システムが受け入れられた時のみに、我々はそれを得る事ができる[199]。


ヨーゼフ・ゲッベルス
ナチスのヨーゼフ・ゲッベルスは、ナチスと権威主義的なナショナリズムの関連を以下のように記述した。
我々は、民主主義とボリシェヴィキズムが、世界の目からはお互いに他方に対して決定的に反対している一方で、彼らの結合された憎しみを持って共通の地に繰り返し集まっては、国家や国家システムの権威主義的なナショナリストの概念を攻撃するのは何故なのか、一度考えてみることができる。国家の権威主義的なナショナリストの概念では、本質的に新しい何かが提示される。フランス革命もその中に取って代わられる[200]。
権威主義 [編集]
「権威主義」、「全体主義」、および「指導者原理」も参照
ファシストの運動の多くは、全体主義国家の構築を支援する。ムッソリーニは「ザ・ドクトリン・オブ・ファシズム」で以下を記した。
ファシストの国家の概念は包括的で、国家の外には人間的あるいは精神的な価値は存在できないか、僅かしか存在できない。この理解によりファシズムは全体主義であり、ファシストの国家は1つに統合された、全ての価値を含む1つのユニットであり、人々の全ての生活を演奏し開発し潜在能力を引き上げる[201]。
いくつかの主張では、ファシズムの全体主義の試みにもかかわらず、ファシズムはムッソリーニを取り巻く個性によって権威主義的な狂信的集団となった、とした[202]。
ナチスの政治的理論家のカール・シュミットは著作「全体国家の法的基礎」(The Legal Basis of the Total State)で、ナチスの意図を「ドイツの民衆を個々に引き裂く破滅的な多元主義」を避けるための「全ての多様性を超えた政治的統一の全体性を保障する強い国家」の構築と記述した[203]。
日本のファシストである中野正剛は、民主主義を「その精神を失い、人類の本質を考慮せずに単に数字上の優位のみに固執する1つのメカニズムに堕落した」とし、イタリアやドイツのモデルを「民主制よりも民主的な政府の1形態」として、日本がそれに追随するよう主張した[204]。
ファシズムの権威主義的な要素の鍵は、国家や民族の最上位のリーダーへの支持であり、彼らはしばしば単純に「リーダー」(指導者)や、イタリア語では「ドゥーチェ」(総帥など)、ドイツ語では「フューラー」(総統など)、スペイン語では「カウディーリョ」(統領など)、クロアチアでは「en:Poglavnik」、ルーマニア語では「en:Conducător」などの類似の敬称が使われた。国を支配しているファシズムのリーダーは、イタリアの王のヴィットーリオ・エマヌエーレ3世の元で権力を握ったムッソリーニのように、必ずしも常に国家の元首ではないが、政府の長であった。
社会進化論 [編集]
詳細は「社会進化論」を参照
ファシストの運動は通常、国家や人種や社会の視点に社会進化論を持つ[205]。彼らは、国家や人種の永遠の闘争と定義された世界で生き延びるためには、社会的または生物学的に弱いまたは退化した国家や人種は滅び、強い人々の国家や人種は発展すると主張する.[206]。
イタリアのファシストの哲学者のジョヴァンニ・ジェンティーレは著作「ファシズムの起源と宣言」(The Origins and Doctrine of Fascism)で、進歩の行為の衝突の概念を推進し、「人類は分割によってのみ進歩し、進歩は一方が他方と衝突し勝利する事を通じて達成される」と述べた[207]。イタリアのファシストのアルフレッド・ロッコは、この衝突は不可避と主張して以下発言をした。
衝突は実際には、全ての社会的な組織や全ての生物的な組織における基本的な法則であり、社会は形成され、力を得て、衝突に向かって進む。それらの中で最も健康的で最も活気のあるものが、最も弱く活気の少ないものに対して衝突を通じて権利を主張する。国家や人種の自然な進化は衝突を通じて行われる[207]。
ドイツではナチスが社会進化論を、ドイツ国家における彼らの人種差別主義の概念の推進に使用したが、それには現在も人種間で行われている競争や衝突である「人種闘争」で、アーリア民族やアーリア民族に必要なものが勝利する、というナチスの信じる概念が含まれた[208] 。彼らはドイツのアーリア民族が、彼らが弱いとみなした民族を抹殺する事によって強化される事を試みた。最終的には1930年代後半からT4作戦が開始され、約275,000人のドイツ人や非ドイツ人の障害者や高齢者の市民が、一酸化炭素ガスを使用して組織的に殺害された[209]。
社会的干渉主義 [編集]
ファシストの運動は通常、国家の利益を推進するために、社会的干渉を是認する。ファシストは、彼らの目指す変革された社会の一部として「新しい人」や「新しい市民」を作ると発言した[210]。障害者など不適切とみなされた出産の中絶や、文化への干渉を行った。

経済政策 [編集]
ファシストは彼らのイデオロギーを、資本主義とボリシェビズム(共産主義)の間の「第三の道」と宣伝した[211]。イタリアのファシズムはコーポラティズムを含み、経済を含めた政治体制は、国家レベルの公式な仕組みによって、雇用主や労働者や国家官僚が共同的に管理された[212]。
ファシストは新しい国家的な、階級を基本とした経済体制を提唱し、それは「国家コーポラティズム」や「国家社会主義」や「国家サンディカリズム」などの異なった名称で呼ばれた[43] 。全てのファシスト運動の共通の目的は自治の除去で、場合によっては既存の大規模な資本主義の除去だった[213]。
ファシストの政府は私有財産を含めた統制を実行したが、国有化はしなかった[214]。経済政策は職業別の労働組合を、国家や党が統制する労働組合に集約するなどの、強力な国家権力と広範なイデオロギーによって実施された[215] 。イタリアのファシストとドイツのナチスの両方は自給自足の「閉鎖経済」を、莫大な経済計画を通じて構築する試みを行ったが、しかしいずれも経済的な自給自足には至らなかった[216]。
国家コーポラティズム、国家社会主義、国家サンディカリスム [編集]
ファシズムは労働者階級の労働者を、彼らの発生させたコーポラティズム的で社会主義的でサンディカリズム的な路線に統一する事を支援し、強力な労働者の国家を作ることを推進したが、労働者階級の国家ではない[217]。イタリアのファシズムの経済はコーポラティズムを基本とし、他の多数のファシスト運動も類似のコーポラティズムを推進した。


オズワルド・モズレー
イギリスファシスト連合のオズワルド・モズレーは、ファシストのコーポラティズムを「それは人間の身体のような組織された国家を意味し、それぞれの器官はその個々の機能を遂行するが、全体として強調して動く」と述べた[218] 。ファシストは小ブルジョアまたは小規模事業者には敵意がなく、彼らは労働者を含めた集団と、上流階級のブルジョアや巨大事業者やマルクス主義からの防衛を約束した。これらの集団の推進は、ファシズムを意味する「中道の過激主義」(extremism of the centre)という用語の源となった[219]。
ファシズムは資本家や自由民主主義者を、階級闘争を作り出し、搾取により共産主義者を作り出すとして非難した[220]。
経済計画 [編集]
“ ファシズムは腐敗した資本主義である[221] ”
― ウラジーミル・レーニン
ファシズムは、大恐慌の発生前の時代に支配的となった自由放任の経済政策に反対した[222]。大恐慌が始まった以降は多くの民衆が政治的スペクトルを超えて、自由放任の資本主義を非難し、ファシズムは彼らのイデオロギーを資本主義と共産主義の間の「第三の道」(第三の位置)として推進した[211]。

ファシストの思想では、私有財産は「個人の利益の前に、共同体の利益」を確実にするための規制が行われるべきとする[223] 。私有財産権は認められるが、国家への貢献を条件とされた[224]。例えば「ある農場主が羊や雇用を減らすか小麦を値上せざるを得ない場合、彼の利益より雇用」である[225]。しかしながら、彼らは成功した小規模事業者の利益は推進した[226]。ムッソリーニは、利益は働いて生産した人々から持って行かれるべきではない、と書き、以下のように述べた。
他者によって生産された、金持ちの上位10位のヒル(吸血鬼)の人間は、私は尊敬せず、憎んでさえいる[227]。

社会福祉 [編集]
ムッソリーニは、イタリアの民衆を「再作成」する「社会革命」を約束した。Patricia Knight によると、これは部分的にのみ達成された[228]。イタリアのファシストの社会政策から最も利益を得た人々は中流階級と下位中産階級の構成員で、彼らは政府が創出した巨大な労働力により就業でき、1930年のみで約50万から100万人分の職が増加した[228]。健康と福祉の支出はイタリアのファシズムのもとで劇的に増加し、予算に占める福祉の割合は1930年の 7% から、1940年には 20% に上昇した[229]。

その他の関連 [編集]
ファシズムと人種差別 [編集]
ファシストは人種問題や人種差別問題では統一されていない。ムッソリーニは1919年の演説で、ロンドンやニューヨークのユダヤ人銀行家が人種の繋がりによってモスクワのユダヤ人と結託し、ソビエトの指導者の 80% がユダヤ人だとして、ソビエト連邦を非難した[230]。1920年の彼の自伝で、彼は「人種と魂は我々全ての上に強く影響する」と書き、第一次世界大戦について「ヨーロッパの衝突は国家の利益の衝突だけではなく、人種の優位の可能性の衝突と見る者がいる」と言った[231]。1921年のボローニャの演説では、ムッソリーニは「ファシズムは、深遠や、我々アーリア人種や地中海人種の永続的な必要から生まれた」と公言した[230]。ムッソリーニは、アフリカやアジアの人種達とは対照的に、白色人種の出生率が低い事を懸念した。1928年に彼はアメリカ合衆国の黒人の高い出生率と、ニューヨークのハーレムなどの特定の地域では人口で白人を超えている事を記した。彼は彼らの成長する力への貢献として、アメリカ人の白人との比較で彼の人種上の重要な懸念を記述した[232]。白人の低い出生率の問題に関して、ムッソリーニは1928年に以下を述べた。
都市が死ぬ時、若い生命や新世代の血を奪われた国家は、今や齢をとった退化した人々が割合を占め、攻撃を仕掛けて来る若い人々からもはや自分自身を防衛できない。(中略)都市であれ国家であれ、これは発生するが、しかし無限に近い大きな期間で見れば、白人人種や西洋人種の全体は、我々の人種よりも何倍もの出生率を持つ他の有色人種によって水没させられうる。[233]。

ファシズムと宗教 [編集]
ファシズムの宗教に対する姿勢や態度は、迫害や非難や協力や取り込みなど、全域にかけて実施された[234][235]。 ムッソリーニの伝記作家によると「最初はファシズムは猛烈な反カトリックで、人々の心を支配的にする上で教会は競争相手だった」[236] 。ムッソリーニは本来は無神論者で、反カトリックの文書を出版し、教会の資産の没収を計画したが、最後には妥協した[234]。ムッソリーニは政治的な正当性のためにラテラノ条約を締結してローマ・カトリック教会を支持し、苦しい議論はあったがバチカンからファシスト党の統治が受け入れ可能との公式見解を得た[237]。イタリアではプロテスタントはカトリックほどの影響力は無く、少数派のプロテスタントは迫害された[238] 。ムッソリーニの内務省副大臣のBufferini-Guidiは、イタリアのプロテスタントやエホバの証人の全て礼拝所を閉鎖する指示書を発行し、彼らの指導者は投獄された[239]。いくつかの場合では、人々は彼らの信仰によって殺害された[240]。
ヒトラーやナチスの統治では、キリスト教の彼ら自身のバージョンとして積極的キリスト教を試みた。その聖書の解釈には大きな変更があり、イエス・キリストは神の子で、ユダヤ人ではなかったと主張した。更にキリストはユダヤ人を軽蔑し、ユダヤ人はもっぱら彼の死を願ったと主張した。しかし1940年に、ヒトラーは積極的キリスト教のシンクレティズムな概念を放棄した[241]。

ファシズムとナチズム [編集]
ナチズムはドイツでアドルフ・ヒトラーに率いられた政治運動で、広義にはファシズムの1形態とみられている。ナチスは極端な国家主義や軍国主義、反共主義などをイタリアのファシストと共有し、ヒトラーはムッソリーニを敬愛して、イタリアのファシストが使用したローマ式敬礼を真似してナチス式敬礼の基礎ともした。
しかしながら、ナチスはオリジナルのファシストの概念に、人種差別主義や反ユダヤを追加した。イタリアのファシストは当初は人種差別に関心を持っていなかったが、1930年代までにはイタリアのアフリカ植民地で強硬な白人至上主義のドクトリンを採用した[242]。1930年代の初期にはイタリアのファシストとナチス・ドイツの間には、ドイツによるオーストリア合邦(アンシュルス)や、更に強力な「大ドイツ」の問題で緊張が存在した。イタリアのファシズムはヒトラーの権力の増大とドイツとの同盟の必要性への回答として、反ユダヤのレトリックを徐々に採用し、最終的には反ユダヤの政策を採用した。
ファシズムと保守主義 [編集]
ファシストは、近代化(特に自由主義と社会主義)の力に対して、社会秩序や伝統的な価値、国民の文化、文明化などをしばしば主張した。同時にまたファシストは、政策への急進主義的な新しいアプローチの提案や、社会を変革できる新体制の政府を主張した[243]。このようにファシズムは、保守主義と急進主義の両方を試みた。ムッソリーニは「私は反動的であり、革命的である」と述べた[244]。
第一次世界大戦はヨーロッパに大量の社会変革をもたらし、ドイツ帝国やオーストリア=ハンガリー帝国、ロシア帝国、を含む伝統的な王政を消滅に導いた。戦前のヨーロッパでは政治的や経済的や知的なエリートで、それ自体が危機だと気がついた人々を、強力な支持者として保守主義が引きつけた。中央および西ヨーロッパの既成のエリートは、普通選挙の導入や、伝統的な社会階層の崩壊や、古い複数民族の帝国におきかわる国民国家の創設によって、弱体化されるか無力にされた。同時に、特に地方の小作農や熟練工などの人口のいくつかの階層が、近代化の将来や、社会の流動性の増加、福祉国家の創設などに脅威を感じた。更に続く十月革命では、労働者階級が蜂起して共産主義の内乱となる脅威を感じた。通常はこれらの階層は伝統的な保守を頼ってきたが、しかし伝統的な保守政党は戦争の余波で非常に弱体化したため、右の政治的な空白が発生した[245]。
この政治的な空白はファシスト運動の台頭により埋められた。彼らは力を得て、より古い保守的な階級から支援を受け、場合によっては伝統的な保守政党からの直接支持も得た[246]。
ファシズムはまた大衆運動で、特に下層の中産階級や、熟練工、小作農などの一般大衆から、一般人のメンバーを引きつけた。これらの人々の多くは保守的な経歴からは来ておらず、彼らの一部は古典的自由主義に強く影響を受けていた[247]。その投票者に、ファシズムは自分自身を、エリートと一般人の利益を調整できる新しく革命的な保守主義として提示した。ファシストのイデオロギーは、社会の不平等と階層が富裕者と貧者ともに利益でありうるという階級協調の概念を強調した。ファシストのコーポラティズムのモデルは、伝統的な王政でのものとは相違があるが、いくつかの基本原則の基礎と位置づけられた。
アドルフ・ヒトラーは1937年に以下を公言した。
我々の計画の主要な政策は、自由主義の個人主義の概念や、マルクス主義の人間性の概念の廃止と、それらの代わりに魂を根源として共通の血によって統合された民族共同体を置き換えることである[248]。
ファシズムと全体主義 [編集]
詳細は「全体主義」を参照
全体主義は政治学で使用される用語で、人間の全ての側面を支配する目的を持つイデオロギーや組織を指す。技術上の理由により、全体主義は最近のみで課題となった。20世紀より前では、中央の政府がその市民の大多数の情報をリアルタイムに収集可能なほどには通信は高速ではなく、全てに行き渡るプロパガンダの存在を可能にするほどにはマスメディアは開発されておらず、比較的少数の武装した兵士がより多数の非武装の大衆をコントロールできるほど武器は効率的ではなかった。20世紀にこれらの技術的な障壁が崩れ、全体主義的な政府が可能となった。
多くの著者は全体主義的な政府は20世紀に登場したと論じるが、しかし「どの」政府やイデオロギーが全体主義的かは合意が存在しない。ナチズムとスターリニズムは、全体主義であると最も多く考えられている2つのイデオロギーである。アドルフ・ヒトラーとヨシフ・スターリンは、全体主義の指導者の例として最も多く挙げられている2名の人物である。彼らは両方とも、彼らの国で絶対的な権力を握り、彼らの周囲に個人崇拝を築き上げた。彼らは、極端な形での検閲や警察国家政策、大量虐殺などの類似した手段を使用した。1920年代の初期にヨーゼフ・ゲッベルスとオットー・シュトラッサーは、スターリニズムをナチズムのロシアでの形態とみなし、ソビエト連邦との同盟の形成を望んだ[249]。しかしヒトラーは1926年2月のナチス党の会議で彼らの提案を却下した。ナチスドイツとソビエト連邦は、第二次世界大戦の直前に相互の利益となる独ソ不可侵条約を締結したが、ドイツは後に合意を破りソビエト連邦を侵略した。
種類と派生 [編集]

学者によってファシストと認識される運動には色々な種類があり、何をファシズムと定義するかはしばしば議論となっている。ファシストと自己定義したオリジナルの運動はベニート・ムッソリーニと彼のファシスト党である。ジョヴァンニ・ジェンティーレなどの知識人達がザ・ドクトリン・オブ・ファシズムを作成して思想を構築した。しかしオリジナルのファシズムから派生した潮流の多くは、ファシズムという用語を広い意味で使用したり、別の名称で党派の自己定義を行った。主要な例にはスペインのファランヘ党、ラテンアメリカなどの統合主義、ルーマニアの鉄衛団、ドイツなどのナチズムなどがある[250]。
一覧 [編集]
「国家社会主義ドイツ労働者党#類似政党」、「ネオ・ファシズム」、および「ネオナチ」も参照
各国・各地域の主なファシズム政党や運動の一覧は以下である。上述のようにファシズムの定義や範囲には多数の議論があり、多くの学者の間での合意は無いが、ここでは便宜上、一覧表の「分類」は以下の分類で記載した。
分類 内容
ファシスト(自称) 党名で公式に「ファシスト」または「ファッシ」または「ファシズム」を掲げたもの(以下のネオ・ファシズムを除く)
ファシスト(類似) 党名で公式に「ファシスト」または「ファッシ」または「ファシズム」を掲げていないが、多くの学者から「ファシスト」と呼ばれているもの
ナチズム(自称) 広義のファシズム。党名で公式に「国家社会主義」(national socialism)を掲げたもの(以下のネオナチを除く)
ナチズム(類似) 広義のファシズム。党名で公式に「国家社会主義」(national socialism)を掲げていないが、多くの学者から「ナチズム」と呼ばれているもの
ネオ・ファシズム 広義のファシズム。第二次世界大戦終結後に設立されたネオ・ファシズムやネオナチ
その他 ファシストの特徴をある程度持っているが、多くの学者は「ファシズム」ではないとしているもの[251]
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


06. 2012年6月06日 13:48:06 : qS66mZKQZU
管理人よ、いい加減、この長文投稿のキチガイをなんとかしろよ。

07. 2012年6月06日 14:34:46 : 8CYIP2OzWI
06の方へ:

長文で済みません。

参照事項を注1)注2)でやるやり方を知らず、申し訳ありません。

本屋で立ち読みします。


08. 2012年6月06日 20:57:24 : 8CYIP2OzWI
渡邉恒雄 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/渡邉恒雄 - キャッシュ

樋口恵子 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/樋口恵子 - キャッシュ
ja.wikipedia.org の結果をすべてブロック


09. 2012年6月06日 21:41:09 : lRYfivAqeo
06の仰る通りです。

阿修羅板は、自己満足の吐き捨て場では有りません。

今度投稿する時は、要点のみ投稿する事を、望みます!!!


豚トン野田ブーブーの答弁じゃ〜〜ないんだから、単刀直入に願います。


10. 2014年8月25日 15:09:52 : vjqOm8dZkE
>>09さん

いやいや、最近、こういうのもアリかな、と思うようになりました。
今じゃ、阿修羅は重要資料の保管庫的な役割を担っているんじゃないでしょうか。
魚拓だって消される時代ですから。
あちこちの情報ブログでよく引用されてるのを見かけます。
「阿修羅でアレなんだけど」と前置きしながら(笑)
かなり昔の投稿を引っ張り出して紹介してる人がいました。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧