★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 268.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
読売の声は神の声…マスコミは巫女か霊媒師 (稗史(はいし)倭人伝) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/268.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 10 日 13:58:26: igsppGRN/E9PQ
 

読売の声は神の声…マスコミは巫女か霊媒師
http://yamame30.blog103.fc2.com/blog-entry-296.html
2012/06/10 【稗史(はいし)倭人伝】


洗脳された人間にとって、洗脳した人間の声は神の声である。
洗脳された人間には、理性も知性も意味を持たない。
ただただお告げの実践こそが価値ある行為なのである。
そして次のお告げを待つ。
お告げがないと、神に見捨てられたかのように不安になる。

野田を洗脳したのは財務省である、と思っていたがどうもそれだけではなさそうだ。
小川前法相の指揮権発動つぶしの素早い動きをみると、検察・法務省の洗脳も進んでいたのだろう。
大飯原発の性急な再稼働決定をみると、経産省の洗脳もかなりのものである。

どうやら野田の洗脳は、個々の官僚の仕事ではなく、官僚機構、官僚組織そのものが担ったものなのであろう。
野田の神は官僚なのである。

官僚が野田にとっての神ならば、神の声を伝える者がいる。
神自身が直接伝えることもあるが、巫女や霊媒師の役目を務めるものがいる。
新聞・テレビである。
この連中は神の声を伝え、お告げの正しさを保証し、お告げの実践を要求し、後押しする。

読売・社説
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/

6月9日付 大飯再稼働へ 国民生活を守る首相の決断
6月9日付 消費税修正協議 日本再建の大局を忘れるな
6月8日付 東電OL殺害 検察を敗北に導いた新証拠
6月8日付 上海協力機構 欧米への対抗姿勢を懸念する
6月7日付 修正協議へ 党利党略排し大胆に譲歩せよ
6月7日付 人口減少本格化 次世代支援にもっと知恵を
6月6日付 日本の製造業 成長市場の攻略で巻き返しを
6月6日付 菊地容疑者逮捕 「オウム」実態解明につなげよ
6月5日付 野田再改造内閣 日本の命運かかる6月政局
6月4日付 内閣改造へ 消費税修正協議の環境整うか
6月4日付 ユーロ急落 欧州の努力を促す市場の警告
6月3日付 「開店休業」国会 法案停滞は与野党の怠慢だ
6月3日付 シリア情勢 停戦を順守させ流血止めよ
6月2日付 野田・輿石会談 首相はぶれずに「採決」へ進め
6月2日付 円と人民元 日中貿易を拡大する直接取引
6月1日付 大飯再稼働へ 「容認」とは福井県に失礼だ
6月1日付 中国書記官疑惑 諜報活動への警戒を怠るな
5月31日付 野田・小沢会談 「もう一度」は時間の浪費だ
5月31日付 原子力規制組織 緊急時には首相指示が要る
5月30日付 国会事故調 反省なき菅前首相の脱原発論
5月30日付 エジプト情勢 イスラム伸長で進む「二極化」
5月29日付 エネルギー比率 「原発ゼロ」では立ちゆかない
5月29日付 携帯ゲーム規制 健全性を重視したビジネスに
5月28日付 社会保障改革 中長期の政策課題は切り離せ
5月28日付 海底資源開発 政府主導で戦略を構築せよ

消費税と原発再開への叱咤激励、野田応援一色である。
現在のところ、神の関心はこの2つのようである。

読売自身が洗脳されているようにもみえるが……。
やはり、お告げを伝える巫女というところだろう。
神の声を発する官僚。
神の声を伝えるマスコミ。
神の声に従う野田。

そして日本の神の上に控えている世界神がいる。
財務省に100兆円のお金を出させる神。
神の意向に沿う者だけが出世できる外務省。
神の国の経済システムに組み込まれることを願う経産省。
神の国の軍隊に有料で駐留して貰っているアホ国家。

神に会っていただくだけでありがたがる総理大臣。
総理大臣の評価は神に会っていただく時間の長さで測られる。

さて神のお告げの一例をみてみよう。

野田・小沢会談 「もう一度」は時間の浪費だ(5月31日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120530-OYT1T01460.htm
首相が民主党の小沢一郎元代表と会談し、消費税率引き上げ関連法案の成立への協力を要請した。「社会保障と財政の状況を踏まえれば、一体改革は待ったなしだ」と迫った。
 小沢氏は、「増税前にやるべきことがある」と従来の姿勢を崩さず、法案に賛成できないと明言した。さらに、「行政改革による無駄の排除」「社会保障の理念の後退」「デフレ脱却が途上」の3点を主張したという。
 双方の主張を吟味すれば、明らかに大義は野田首相にある。

早くも神のご託宣が下された。
神は論理を超えた存在である。
神は説明しない。
神は告げるだけである。

『大義は野田首相にある』

解釈や説明は巫女や神官の仕事である。
ここからが巫女の仕事、巫女の腕の見せ所である。

>消費税率引き上げは昨秋以降、党代表選や一体改革関連法案の了承などの党内手続きをきちんと経ている。少子高齢化に伴って社会保障費が増大する中、増税先送りは財政を一段と悪化させよう。
 小沢氏の「増税前にやるべきことがある」との主張は、改革先送りのための常套(じょうとう)句に過ぎない。行革やデフレ脱却の重要性は、党内論議で何度も確認されている。

もともと神は我が儘勝手、不条理な存在である。
その理不尽な言葉を解釈する巫女はありとあらゆる屁理屈を動員する。
愚かな民衆を騙すのはさほど苦労ではない。

もともと大衆全部を納得させようとしているわけではないのだ。
大多数が納得すれば、残りの少数は黙ってしまうと思っているのだ。

> 関連法案の成立には、自民、公明など野党との法案の修正協議が欠かせない。自民党は「小沢氏との決別」を協力の条件の一つに掲げている。再会談が与野党協議の妨げとなるのなら、いずれ会談打ち切りを決断する必要がある。 
 野田首相は、関連法案採決時の党内からの造反について「党として対応する」と語り、処分を辞さない構えだ。一体改革に「政治生命を懸ける」と言明している以上、今国会での法案成立を最優先すべきで、安易な妥協は禁物だ。 
 自民党が社会保障制度改革基本法案の骨子をまとめるなど、一体改革をめぐる与野党協議の機運は徐々に高まってきている。この機を逃してはならない。

巫女の解釈は明確でなければならない。
断定的でなければならない。
解釈に曖昧さを残してはいけない。
読売はそれをしっかり実践している。
理想的な巫女の姿勢を保っている。

神は正邪を超えた不合理な存在である。
巫女はその神のお告げにもっともらしい解釈を与えて飯を食っている。

神は、神の存在、神の正義、神の全知全能を疑う者には罰を下す。
そしてそこでも巫女の口を借りることになる。
神の僕たる読売・朝日ほかのマスコミは日々競って神への忠誠に励んでいる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 五月晴郎 2012年6月10日 14:01:27 : ulZUCBWYQe7Lk : TwDRqxNMUg
赤カブさん、あんたは「神の声を伝える者」の告げ人だっただろうが。

02. 日高見連邦共和国 2012年6月10日 16:29:54 : ZtjAE5Qu8buIw : np1eC180Aw
『赤かぶ』さん’s

恐山のイタコにでも聞いてんじゃねー!?

って言うかさ、霊媒師につく“霊”って、ほとんどが“卑しい低級霊”だって知ってた?
せめて魔界の“七大魔使”級が憑依してんなら、まだしも、せいぜいが“蛇”・・・

マスコミは本来“審神者(さにわ)”であらねばならぬ筈。
自らが邪なものに喜んで“憑依”されてどうすんのさー!!

『審神者(さにわ)』ってー?
ウェキで調べるの蛇!!


03. 2012年6月10日 16:43:16 : 2oD5Qm3Tbk
デジタルシニアーズは考えます。
彼の国の支配層の忠実なしもべのマスコミが原発再稼動を主張しているのだから
しばらくは地震テロは無いという事だろう。
611に何も無ければ。
しかし、喉元にアイクチを突きつけられている状況は変わらないって事だ。
今、世界で抜きん出た武力を保持している米軍次第かもしれない。
○×11のテロが起これば日いずるヤマトの国は消滅すると云う事だ。

04. 2012年6月10日 17:11:08 : sNY5d2Naog
小沢裁判で明らかになった「法務省、検察庁、最高裁判所の陰謀」を理解するには、アメリカ神の存在も「くだらない憶測」と云っていられない。
どうも本当らしい。
戦後の官僚(省庁を選ばず)のエリート、大新聞記者、NHK政治部エリートがアメリカへの派遣、留学時に洗脳されたか、「尻尾を捕まれて」アメリカの意向に沿うよう脅迫されているのか、と思われてならない。
事態の推移を見ると、全く正気の沙汰とは思われぬ行動ばかりである。
「ウソを平気でつく」
「民主主義の原則を平気で破る」
「虚偽の公文書を裁判の証拠に使う」
「検察組織のダブルスタンダードを恥じることなく実行行使する」
「虚偽の映像を作ってテレビに流す」
「新聞、テレビは、自身で取材せず、役所の発表だけを記事にして恥じない」
「目的のためには手段を選ばず、平気で悪に手を染める」
日本国民はこんな政府(官僚、政治家?)を目にしても、耳にしても「何とも思はない」ように自身を洗脳している。これを「自主規制」と云う。
『世も終わり』である。

05. 2012年6月10日 17:12:51 : B1ZhhZMSbM
並みの政治家は自分の損得で行動します。さからった場合、ものすごく困ったこと
になると思っているのでしょう。洗脳されているというよりも脅迫されていると
言ったほうが近いが、そういうことはタブーで誰も言わない。
国民の損得で行動する政治家が少なすぎる。

06. 2012年6月10日 18:02:49 : BDDFeQHT6I
ポダムの読売社説は某国様の要求そのもの、日本を弱体化させて米中関係で世界をコントロールしようとする某国の願望がそのまま現れている。
@原発:余りに危険なので某国国内では長期間新規原発が凍結されているので濃縮ウランの調達は日本の原発で続けたい、日本が保有している濃縮ウランなら何時でも取り上げることが出来る。
A消費税増税:日本の景気が上向くと中国の対某国貿易(実際は某国経済の衰退で魅力がなくなっている)が対日貿易になり某国の中国への影響力が無くなる。
BTPP:日本の富の源泉である個人資産を某国の金融・保険会社に運用を移し運用益を某国企業で独占したい。
これらの某国様の要望をストレートに表現しているのが読売新聞の社説だろう。

07. 2012年6月10日 19:46:26 : TT5LInkBoI
この見方は当たっている。同意できる。

読売の主張、社説に合理的な論理を求めても無駄だということはこのような理由があることによる。もちろん議論にさえしようとしないのが読売に主張。


08. 2012年6月10日 20:09:17 : Op2sM8LHZQ
>読売の声は神の声

 こんな恥ずかしいことを!
ゴミ売りの声は“紙”の声!


09. 2012年6月10日 23:45:29 : B0Alh0W1lE
稗史(はいし)倭人伝  これまでも拝読して何度も目からうろこでした。今回の投稿もまた説得力があります。コピーして周りに配ります。
本当に貴重な仕事をしておられますね。どんな方なんでしょう?


10. 2012年6月11日 10:51:26 : M4ZGOzHw2E

だって、去年の新春1月3日号の一面が、

ジョセフ・ナイだよ。神の声=○○○○合衆国って事?

まわりくどい事しないで、

小さい時から、教科書に、日本はアメリカの植民地なのでと書いて

教育しちゃえばいいのにね。

読売の記者は、ラクでいいよね。何にも考えずに、言われるまま書けばいいんだも

んね。それが、お仕事。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧