★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 360.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
6月12日 東京第五検察審査員(?)は小沢事件を熟議(?)しながら、19件の他の事件も議決していた!…一市民が斬る!! 
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/360.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 12 日 16:53:16: igsppGRN/E9PQ
 

6月12日 東京第五検察審査員(?)は小沢事件を熟議(?)しながら、19件の他の事件も議決していた!本当かな?
http://civilopinions.main.jp/2012/06/61219.html
2012年6月12日 一市民が斬る!! [Civil Opinions Blog]


<NEWS23クロスを観ると、東京第五検察審査員(?)は能力の高い人達の集まりだ>

NEWS23クロスをもう一度観て欲しい。
「小沢一郎起訴議決 検察審査会の審査員が証言」
http://www.tbs.co.jp/news23x/feature/f201204260000.html

審査会議では15cm厚さのまとめ資料が配られたという。
まとめ資料が15cm厚さ?1500枚を超える大作のようだ。
誰がこんな膨大な資料をまとめたのか?
通常、事件と捜査経過をまとめるなら、素人に分かりやすくもう少しコンパクトにまとめるはずだ。おかしい。
資料を読み込むのに半分以上の時間を費やしたという。
審査員・補充員が、なじみのない分かりにくい内容、しかも厚さ15cmもある資料を読み込んだとは驚きだ。
普通の人は、資料を見せられただけでギブアップする。
資料を読み込んで、ホワイトボードを使って説明し、議論をしたという。
そして議論が出尽くし、議決したという。
平均年齢34.55歳の若者達だ。
能力の高い、真面目な若者達ばかりの審査会議って存在するのだろうか。


<東京第五検察審査員(?)は22年度中に33件の案件を議決していた>

検察審査会法では、それぞれの案件を審査し、議決すると審査事件票なるものを作成することが義務付けられている。
森ゆうこ議員が、最高裁に、「東京第五検察審査会が22年度中に議決した案件の審査事件票」の開示を要求した。
開示したのは、以下の33枚の事件票だ。なお、これらは一回目審査の分のみだ。二回目審査は審査事件表を作ることを義務付けられていないので作っていないという。
I氏が森ゆうこ議員から頂いたものをここに添付した。特別秘密にしておくものでもないと思い掲載させて頂いた。
22年度審査事件票.pdf
http://civilopinions.main.jp/items/22%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E7%A5%A8.pdf

毎度情報開示を断る最高裁が、審査件名もマーキングせずに開示してきた。何故開示したのか疑問が沸く。


<小沢事件は14件の申立てがあった>

33件のうち、14件は「小沢氏の政治資金規正法違反被疑事件」の一回目審査分だ。
事件票によると、別々に14組が小沢案件について申立てをしている。
うち13件が「申立て権がない」として4月27日に申立てを却下されている。
2月12日の申立てられた1件(追番号5)のみが審議され、3月9日から4月27日まで8回の審査会が開かれ4月27日に議決されたことになっている。

4月27日に一回目議決の発表がなされた事実はあるが、これを持って審査会議が開かれたかどうかはわからない。


<東京第五検察審査員(?)は熱心だ。小沢事件以外に19件の案件を議決していた?>

えっと驚く。
最高裁の報告によると、22年度中に、小沢事件以外に19件の事件を議決したとのことだ。
小沢事件だけでもとても大変だと思っているのに、それ以外に19件も審議し議決したというのだ。

東京には6つの検察審査会がある。東京第五が小沢事件で手一杯になっているのに、他の事件の審査を入れるのは解せない。どこの審査会で処理してもよいのだから、他に回してもよいはずだ。
一市民Tは何度も東京の検察審査会事務局を訪問したが、事務局の職員はいつも本当に暇そうにしている。小沢事件が入っている時ぐらい東京第五は他の事件を受付けなくてもいいように思う。


<33件もの審査事件票をわざわざ呈示したのは、「東京第五が架空でない」と思わせる目的もあったのだろう>

一市民Tの見立てはこうだ。
@順繰りに東京第五で申立てを受付けた。
受付けることにより、東京第五以外の事務局職員も東京第五が審査員を選んでいないことなど気づかない。
A東京第五は、受け付けた申立て事件に対し、小沢事件と同じように、架空の審議日程を決め、それに合わせ審査事件票を作成した。
B議決結果を申立人に通知した。

市民や森議員は、この審査事件票の存在を知って、審査会議の存在を疑わなくなった。
審査事件票と歳出支出証拠書類を見、NEWS23クロスの映像を見せられと、審査員や審査会議の存在を疑わなくなるのは無理もないことだが、騙されてはいけない。

今もって疑惑は何も解明されていない。

審査員の"生年月"すら開示しない。
審査員が存在した証拠は何もない。
審査会議の開催日、会議室名すら開示しない。
会議録も見せない。
審査会議が存在した証拠は何もない。
9月14日に議決されたのも謎。
新聞報道も謎だらけ。

疑惑の追及をあきらめてはならない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 大阪都民N 2012年6月12日 17:56:49 : Bgxu4vtAPr0EY : VTPSRvVXXw
簡単に整理すると、こんな感じ。
小沢氏の件は7月13日から始まり、第7回目の9月14日に議決、第8回目の10月4日に議決書に署名されているが、その間にこんな審査をしていた、ということ。


7月13日 第1回
【6月22日と7月13日の2回で議決した別の障害事件(追番号26)の審査議決】

7月31日 第2回

8月 4日 第3回 第1群と第3群が交代、宣誓書署名
【8月4日と8月10日の2回で議決した別の障害事件(追番号27)の1回目審査】

8月10日
【8月4日と8月10日の2回で議決した別の障害事件(追番号27)の審査議決】

8月24日 第4回


8月31日 第5回
【8月31日1回で議決した別の障害事件(追番号28)の審査議決】

9月 6日 第6回

(9月7日) この頃、審査補助員に吉田弁護士が決まったとの報道

9月14日 第7回
起訴議決(この日に議決があったとの報道は10月5日)

9月28日
【9月28日1回で議決した別の特別公務員暴行障害事件(追番号29〜32)の審査議決】
【9月28日〜12月13日まで3回で議決した別の詐欺事件(追番号33)の初回審査】

この日は、斎藤副部長が説明のために出頭した、という情報がある
また、審査補助員の吉田弁護士の旅費請求書が出され、審査会長が決済している

10月 4日 第8回 議決書署名


02. 2012年6月12日 20:08:21 : 8dKCLC0Lxo
第一検察審査会の方はどうなのだろう。
申立は第一検審にもなされていて、こちらは2010年に不起訴不当の議決がされている。
同じ事件を(訴因を分解しているので別の事件とか強弁するのだろうが。算数の素因数分解は知っているが、刑訴法の訴因分解など聞いた事が無い。裁判なら一事不再理に反するのではないか。)2枚おろしにして料理しているのかと驚いたものだが、あまり大騒ぎにならなかった。

この申立人は、第五と重複していることはないだろうか。
どのようにして第一と第五を振り分けているのだろう。


03. 2012年6月12日 20:10:36 : 8dKCLC0Lxo
02です。すみません、訂正です。
「2010年に」→「2010年7月に」

04. 2012年6月12日 20:29:16 : fgll74197c
http://mugendo.co.jp/

05. 2012年6月12日 20:44:49 : RsreIIQ23Y
最高裁は森ゆうこ議員に反論しない以上
森ゆうこ議員の主張は正しいということだ
わかったか
真相の道!

06. カッサンドラ 2012年6月12日 22:33:08 : Ais6UB4YIFV7c : MbFj3gJUKQ
こう言っては申立て者に失礼だが、審査に値しないような案件でいちいち審査員・補充員を召集していたのでは職業を持っている審査員はたまらないし、日当・旅費の支出も馬鹿にならないだろう。だからある程度ためておいて、流れ作業で一気に議決を出していくのではないだろうか。

おそらく「熟慮の審査」などやっている暇はないだろう。もしかすると議決書は出来ていて、検察審査会長と検察審査員の署名・捺印を入れればいいように事務局が計らっているのかもしれない。でなければ「審査員を経験して」のような間延びした経験談は間違っても元審査員の口からは出ないはずだ。

最高裁は「審査員はいた」ことを疑いようがなくするために、いろいろと大変なようだ。結果として「審査会は悪くない」となれば、残る悪党は検察だけになるから。
しかし審査員が「いた」にしろ「いなかった」にしろ、9月14日のドンピシャの議決日は動かしようがない。なにしろ「2回目の議決書」に明記されているのだから。そして議決日を決定できるのは、参考人として審査会に呼ばれるだけの検察ではない。


07. 2012年6月12日 22:36:14 : BDDFeQHT6I
審査会が行われたか否も大事だが、偽造操作報告書が提示された時点で検察審査会の正当性は否定されたし検察審査会制度の欠陥が完全に露呈されている。
今後検察審査会を開催しても検察から提示される操作飼料も証拠も線ら異性が0%なので実質的審査は無意味となった。
検察の意向で提示される資料で議決をしても検察の目論み通りの結果しか出せないのは明白で検察審査会制度は検察の手により無意味なものとなった。
検察の起訴・不起訴の正当性を検証するための検察審査会への捜査資料の提示が検察の裁量に任されている事1つをとってもこのシステムがまともに機能しないだろう事は誰が見ても明かだ。
こんな馬鹿馬鹿しい、検察の判断の追認システムを誰が考え出したのか検証する必要があるのは当然だが、当然検察審査会制度は直ちに廃止するのが妥当だろう。
検察審査会は被告の弁護士が集めた証拠だけで裁判をやるようなものでまったくの茶番劇だ。

08. 2012年6月13日 08:58:28 : t4NBybj7Yk
>能力の高い、真面目な若者達ばかりの審査会議って存在するのだろうか。

審査会議が存在するから議決が有るんだろうが。

一市民は、人の言うことを理解せず、妄想にこりかたまり
毎回同じ事を繰り返す。


09. 2012年6月13日 09:00:22 : exb8PljdJc
どんなにイカサマ手口を糊塗しょうとして自称審査員にもつともらしく弁明させてもムダだ。秘密秘密秘密のナチスのゲシュタポのような組織のブラツクボツクス内で、残忍残虐でかんねい,狡智に長けた連中が、検察不起訴で無罪の小沢さんをマフイア並のやりかたで市民のリンチにかけて「政治的殺処分」にするために合法を装いやつたことの反証には全然なつていない。自称審査員と称する男は本当に審査したのなら、11人が堂々とテレビに出て来て名前を名乗り顔を見せあらゆる疑問に答えればいい。「証拠もクソもない、かまわん、やつてしまえ」と言うのが小沢さんに対する日本の司法と日本の旧体制「ナチズムとフアシズム」の残党一味「官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力」の悪党一味が連携してのやり方だ。11人の幽霊市民?によるイカサマ検察審査会のトリツクをバクロして欲しい。検察審査会議決と称する起訴は、マフイアのリンチと同じで、人道に対する許されざる犯罪だ。妄想と邪推と推認と心証を「動かしがたい証拠」より優先する小沢さんに対する日本の司法の民主化が必要だ。検察審査会悪用の秘密秘密秘密のナチスのゲシュタポ式のやり方での迫害は断罪されるべきだ。小川前法相は指揮権発動し疑惑の田代検事を逮捕すべきだ。司法に一片の良心と正義感があるなら今からでも遅くはない。歴史的社会学的に考察するとナチスによるユダヤ人迫害と小沢さんへの迫害は、同じ、相似的反復行為なのだ。つまり、ナチズムとフアシズムにとり、存在そのものが、邪魔なのだ。全メデイアに連日にわたり口をきわめて罵倒させた点や口実も「ヤツはカネの面が怪しい」などなど同じ。襲撃も煽動されて洗脳され血走り狂気の目線をぎらつかせた市民にやらせた。「レーム指揮下の市民突撃隊に日本は市民検察審査会に。

10. 2012年6月13日 09:04:50 : exb8PljdJc
11行目「逮捕すべきだ」は「逮捕すべきだつた」の脱字です。よろしく。

11. 2012年6月13日 09:53:36 : sccEcWFCTo
08様>
やはり使い捨て、1発IDさんですね。

<審査会議が存在するから議決が有るんだろうが。>

議決書ぐらいいくらでも創作できますよ。最高裁イカサマ事務総局のように、開催したと立証できる証拠を提出しなければね。

一市民さんは、「色々な状況を調べると審査会議が存在しない可能性が非常に高い。なぜ議決だけがあるのかが不思議」を問題にされています。


一市民さんはこの件で多くの投稿をされています。投稿を全てチェックされると、貴方のようなコメントは恥ずかしくて出来ないでしょう。


12. 2012年6月13日 12:57:27 : 1HepMpfFrI
一市民 様、

私も07番さん同様、ただちに検察審査会を中止・廃止にしていただきたいと思います。山下弁護士の「国民と司法の関係〜研究会」での発言です。「審査員はすべての証拠を見ているわけだはない、事務局がエッセンスを選んでいる」。

ということは、事務局がいかようにでも審査員を誘導できるということです。しかも小沢事件では、検察(田代、佐久間らが作成したでっち上げ報告書)が、検察審査会に提出したとされ、それを基に審査会が起訴相当と判断した・・・公正・中立に判断がされたのではない、判断のもとになっている証拠書類が間違っていたということは、起訴議決が無効であると思います。

 ・無罪になっても検察審査会(審査員ら)は誰も責任を負わない。
 ・これほど問題になっている検察審査会が自ら検証することもしない。
 ・検察審査会事務局は、疑惑(平均年齢の不自然さ、審査員らの出頭日を不開示  審査員の生年月の不開示等、「会議録」を公開しないなど。

他にもたくさん言いたいことがあります。このように看過できない数々の問題がある検察審査会が中止にならないのが不思議です。

検察審査会が開かれたかどうか国民に疑惑をもたれているにも拘らず、何ら説明責任を果たそうとしない検察審査会、あるいはその元締めである最高裁に対し何らかの法的処分を求め、今行動を起こす時です。
大阪都民Nさんともタイアップして。

 

 


13. 2012年6月13日 13:31:19 : t4NBybj7Yk
>6月12日 東京第五検察審査員(?)は小沢事件を熟議(?)しながら、19件の他>の事件も議決していた!

議決するのが検察審査会の仕事だから当たり前ではないのか。
どこに問題がある。

小沢の件は起訴相当の議決でおわり。単なる事務処理だ。


14. 2012年6月13日 16:28:06 : aaGDCu39zg
08,13t4NBybj7Yk よほどの馬鹿か、事実や真実を見たくない阿呆。

>>審査会議が存在するから議決が有るんだろうが

この一言でそれが分かる。
我々が確認できているのは検察審査会事務局が決議があったとしてその決議書を貼り出したということだけだ。


15. 2012年6月13日 16:43:46 : w1ZXEaaeGM
一市民様、いつもありがとうございます。
勉強になります。
以下の書籍がありました。
ご参考まで。

新藤宗幸 著『司法官僚  裁判所の権力者たち』岩波新書(2009)

 政党は国政選挙のたびごとにマニフェストを作成し、政権の座についたときの責任を市民に約束している。だが、いずれの政党のマニフェストも、裁判所情報公開法の制定をはじめとした司法民主主義の確立を約束していない。市民のための司法を築くことは、政治の責任そのものなのだ。まずは裁判所情報公開法を制定し、司法の実態を市民が知りうる条件が政治の手によってつくられていかねばならない。



16. 2012年6月13日 19:19:41 : C3ExWDHMP6
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9F%8F%E5%B8%82%E6%88%B8%E7%B1%8D%E6%94%B9%E3%81%96%E3%82%93&search.x=1&fr=top_ga1&tid=top_ga1&ei=UTF-8
下総の盗賊団、現代に復活、水戸の隠密、日暮ゲンバ、も、生きている。

17. 2012年6月13日 19:31:14 : StNU6eBKx6

33案件すべて34.55歳の若者たちが審査した?

18. 2012年6月13日 20:33:46 : N21777v9wA
妻に見限られる男w
妻より、ブサヨには好かれるのかw

19. 2012年6月14日 15:38:11 : jvn0q4GtRw
これだけ審査員が「いた」「いなかった」の話題に13人ですか?誰も反応しないって幽霊ですかね〜

最高裁事務総局でしたか兎に角、過去から悪事を重ねてきていてもう後戻りが出来ないのでしょう
銭酷にまで弱みを握られてはもう組織崩壊ですな


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧