★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 456.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
たった1人で希代の権力亡者追い詰めた「松田賢弥記者」お見事(元木昌彦 )
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/456.html
投稿者 sengoku83 日時 2012 年 6 月 15 日 04:00:30: 2b5SdFoA4TQcY
 

(前略)

長々と書き連ねたことをお許しいただきたい。これは「週刊文春」に掲載された「小沢一郎 妻からの『離縁状』全文公開」(ジャーナリスト松田賢弥+本誌取材班)からの引用である。

これを読みながら涙が出て止まらなかった。この欄で何度も書いているが、私と松田記者が小沢一郎をやろうとお思いたったのは、小沢が自民党最年少の幹事長になった頃だった。ふてぶてしい面構えで、田中角栄の庇護を受けて伸びてきた若き実力者に注目し、小沢を中心に据えて永田町を見ていこうというものだった。

私は小沢の憲法観や「普通の国」という考え方には批判的だったが、彼が今後どう動いていくのかには興味があった。私たちの予想通り、小沢は権力者への階(きざはし)を順調に上っていった。途中、心臓病で倒れたり、自民党を離党し新党をつくったが、常に権力の中心にいた。

私が「週刊現代」編集長時代には、毎週のように松田記者の手による小沢批判が誌面に載った。金脈研究はもちろんのこと、紀尾井町の料亭「満ん賀ん」の女将とのラブロマンスから「隠し子」のことまで書いた。正直、なかにはなかなか書きにくいこともあったし、十分に裏のとれないこともあった。それは小沢が若いタレントに産ませたという子どものことだった。彼女の素性はわかったが、なぜ何年か経って「満ん賀ん」の女将だった愛人がその子を引き取ったのだろうか。詰め切れない「謎」の部分もすべて、今回の妻・和子の地元の親しい後援者にあてた手紙に書いてある。

妻に、男としてはもちろんだが、政治家としてここまで完膚無きまでに批判された代議士は聞いたことがない。「あいつ(●●●●)とは別れられないが、お前となら別れられるからいつでも離婚してやる」という心ないひと言が、彼女にここまで書く決意をさせたのだろう。馬鹿な男だ。小沢一郎という政治家の終焉である。妻から捨てられ、地元から見捨てられた政治家は生きてはいけない。消費税増税反対に最後の力を振り絞るのだろうが、もはや小沢の帰るところはない。

私が現役を離れたため、たった一人で小沢を追い込んだ松田記者の執念の取材はお見事というしかない。

http://www.j-cast.com/tv/2012/06/14135645.html?p=2
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月15日 04:17:42 : IHDkRN1kEI
ガセネタ屋松田の記事などばかばかしくて話にならない。

全然追い詰めていないし、追い詰められているのは松田の方だ。

名誉毀損で億単位の賠償金を払うことになるぞ。せいぜい野中にでも泣きつくことだな。ゴミが。


02. 2012年6月15日 04:21:25 : NCo1oq7wKU
\(~o~)/ふぁ〜 パ・チ・パ・チ・パ・チ

元木昌彦 つう、こいつもチンケなバカの仲間か。

何が楽しくて生きてやんの? シッコしたから、また寝よぉ。

 


03. 2012年6月15日 04:33:11 : RufpgDo1AM
それだけの
執念とエネルギーを
本当の売国奴勢力、
巨悪のの暴露に
費やしていたら
ピュリッツァー賞も
夢ではなかったろうに。

ひがみ根性と
奴隷根性が
日本のジャーナリズムを
ただの御用マスコミ
民主主義の敵に
貶めたということか。


04. 2012年6月15日 04:35:40 : UA2h57l2Cc
恥知らずな連中。ちょっと羨ましい。こんな連中がジャーナリストとは。日本が良くならないわけですね。

05. どらみ 2012年6月15日 04:38:36 : TaxpTeHRktbIQ : 384mLCJ0q2
雑誌の編集長までしていた人が、あの手紙を読んで、実際に小沢氏の奥さんが書いたものだと騙されるとは・・・

もともと原稿読みとしての能力がなかったのか、それともボケたのか


06. 2012年6月15日 04:47:54 : EiB4f7Czjn
テレビが全く取り上げないのは、和子夫人が認めずまたは取材に応じず、裏が取れないからであろう。これは、文春は大変なことになるぞ、首をおあっらおけよ。

07. JohnMung 2012年6月15日 04:50:56 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2
消費税増税に反対・慎重なみなさん

 希代のガセネタ・ごろつき自称ジャーナリストの松田賢弥をよいしょする元木昌彦の投稿記事は無視して、本日(15日)以降数日は、下記のことにエネルギーを集中しませんか。

 野田・岡田、前原らは、社会保障の自民党案を丸呑みしてでも、消費税増税の採決に向けて盲進しようとしているようです。日程的にも本日(15日)が大きな山場となるはずです。野田総理の意向を受け、民自公実務者協議の15日中の決着を目指しています。放っておくと、民自公野合の体制づくりが進み、そのほかの重要法案も成立されかねないと危惧します。
 松田賢弥・文春、仙谷エロ爺等の記事がこの時期に持ち込まれたのは、すでに何人かのコメント書き込みでも触れられていますが、消費税増税等へのみなさんの注意をそらし対応を遅れさせるためです。文春、仙谷等への対応はひとまず置いて、本日(15日)以降数日は民主党野田・岡田、前原らの愚挙を許さないようネット内外での行動を集中・強化しませんか。


08. 2012年6月15日 04:51:00 : Gt8HapteAM
結局検察の期ずれ事件と同じ。見込み捜査をしたが、裏が取れなかった。本来なら週刊実話ですら、実話にならないからと蹴られるような記事を、素人の検察審査会のごとき文春が採用。

09. 2012年6月15日 04:57:44 : RsreIIQ23Y
今月の官房機密費が
普段の一億から
3億4億になっても
驚かない
機密費の公開は
主権在民の肝だ
こんなクズにまで
官邸のナマホが出ているのでは
たしかに日本はギリシャになる

10. 2012年6月15日 05:01:57 : F6TcVksyhY
元木の私怨が日本の政治を腐らした。飼い犬松田賢弥は小沢を叩く事で反小沢権力と結びつき、ついに検察まで動かした。
その結果が今の政治状況だ。
で、くだらない謀略文書で勝利宣言か?
勝利宣言よりも地獄に落ちろ元木!

11. 2012年6月15日 05:05:36 : B7RoZbmP66
>>05
意図的という選択肢はないかねw
>>06
ところが大阪朝日放送は昨日の夕方にかなりやってる

これから続くかもしれない

早めに手を打ったほうがいい

とにかく、これは意図的な謀略であるから。何でもするよ

ちなみに朝日放送は橋下とズブズブ


12. 2012年6月15日 05:18:00 : oNqclzIefs
たしか小沢は朝鮮の為外国人参政権シャカリキの政治家でしたね、消えた方がいいですね。 南朝鮮まで行って大統領にこの件確約までしたようで驚きです。

13. 2012年6月15日 05:23:38 : T55fzWB3z2

検察と同じパターン(笑)

一人が嘘ついて嘘を引用して売国奴どもがリレーをしていく。

いつまで同じことしているんだくそ野郎ども(怒)

文春は終わったな立花と一緒に(笑)

ちょうどいい時期だイエローヤンキーどもの終焉。


14. 2012年6月15日 05:38:26 : fUdL4cYaQc
エリート官僚、大マスコミ、検察特捜部、自民党の守旧派、そして民主党のシロアリ派。その手先で活動する松田、元木何某、は下記の人たちと同じ仲間です。
http://jiyuu.dreamlog.jp/archives/5100975.html
♪♪みんな仲間だ、友だちだ♪♪
こうやって、消費税増税審議の大詰めにあたり、
増税の邪魔をする小沢一郎氏に、総攻撃をかけています。
もう、何でもありです。

15. JohnMung 2012年6月15日 05:40:57 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2
12> 2012年6月15日 05:18:00 : oNqclzIefs
 >たしか小沢は朝鮮の為外国人参政権シャカリキの政治家でしたね、消えた方がいいですね。 南朝鮮まで行って大統領にこの件確約までしたようで驚きです。
   ↑
 ID=oNqclzIefs は「在特会」御用達!!
 ボケ盗ろうとするな! 超民族差別主義者の確信犯めが!

16. どらみ 2012年6月15日 05:56:26 : TaxpTeHRktbIQ : 384mLCJ0q2
11さん、
わたしの想像では、
週刊文春及び文春の執行部は、この手紙がインチキであること、そうでなくても、インチキの可能性が高いことは、承知していたと思うのです。

それでも掲載を強行したのは、これがどこかの政治勢力との「コラボ企画」であるからでしょう。

彼らは確信犯なので、小沢さんもここでヘタに否定の声明とか出すと、「なら証拠を示せ」とか言い出して、彼らの「話題づくり」に協力させられることになりかねません(来週号にこのテーマの「第2陣」を掲載するとかね)。

ですから、小沢さんの陣営としては、世間の反応を見ながら、もっとも有効な対応策を考えて、反撃の機会を窺がっているのだと思うのです。

今週は消費税増税の採決の問題が優先されるでしょうから、小沢陣営は、この件で表立って動かないでしょう。裏では思いっきり、中間派の人たちや、他政党のキーマンたちに働きかけをしていると思いますが。

文春以外のメディアについては、さすがに、報道の仕事をある程度やってる人間であれば、あの手紙の文面をみて、胡散臭いと思うはずですから、どこも突出した報道などは避けるはずです。サンケイ系の一部メディアで、2次報道が行われているのは、彼らが仲間だからでしょう。

しかし、フジTV系列では2次報道がされてないですから、サンケイ系でもそろってお仲間ということはないのでしょうね。

小沢陣営がもし意地悪い作戦を立てているとしたら、どのメディアが2次報道をするか見極めて、敵をしっかりあぶりだしてから、反撃に乗り出すのかもしれません。


手紙は、そのものが本物だとしても、関係者全員に了解を得ないでの私信の公開をしたことには、様々な問題を含んでいますし、ましてやガセであれば、マトモなメディアなら責任者が更迭されるレベルの大問題に発展します。

それで、大手のマスメディアは慎重になっているわけですから、逆にいえば、このタイミングで2次報道をするのは、反小沢の意図をはっきりもっている(処分覚悟)証といえるでしょう。

ちなみに、元木昌彦は、文春ではなく現代(講談社)の出身で、編集者としては過去の人ですから、この件では仲間には入れてもらえてないでしょう。それでわたしも、件の手紙を読んで「本物」と判断したこの人の見識(というか原稿を分析する編集者としての能力)に、あらためて驚いてしまった次第。


17. JohnMung 2012年6月15日 06:04:19 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2
どらみさん

 元木昌彦って惚けたと思えばいいのでは!


18. 2012年6月15日 06:52:49 : 0wpHL1FTZA
「希代の権力亡者」はこの謀略工作を実行した既得権益層にふさわしい称号だ。
自分達の権力を維持するためには嘘でもなんでも「国民をだませればよい」という姿勢があらわれている。
もはや現在の既得権益層に日本の政治を任せることはできない。

19. 2012年6月15日 07:10:15 : B7RoZbmP66
>>16
そうですね
しかし元木昌彦も理解してると思いますよ
ちょっとメディア全体の根っこが腐ってきてる
そんな感じがしますね

今回、2ちゃんをなどを見ているとネトウヨの工作とセットだったのかな?とも思います
一瞬、祭り状態でしたからね
あいつら声だけはでかくて、「嘘も100回言えば」を地でいってますからなw

ただ、流石に滅茶苦茶な内容なので長続きしてません

それと
>大手のマスメディアは慎重になっているわけですから

これも油断は禁物と思います
事実、朝日は昨日大々的に報道した
むしろタイミングを見計っている感じ。波状攻撃を仕掛けるつもりではないかと危惧しています

そのためには、小沢陣営も早めに打って出る必要があると思います
夫人を表舞台に出す決断も必要だと思いますね

今回、夫人への精神的ダメージを除けば、あまり小沢に不利な要素はない
これが偽者でも本物でもね


20. 2012年6月15日 07:56:29 : VU2KZhbRUI
J-castって、時々見て、記事に腹が立って投稿すると、ほとんど掲載してくれない。

で、コメント欄は大半がネトウヨの感想文。

クズサイトの、クズライターによる、クズ記事。


21. 2012年6月15日 08:07:23 : lRYfivAqeo
文化放送「吉田照美そこ大事なとこ」を毎日拝聴している。唯一信用できる番組。

同じラジオでも、早朝5時放送の日本放送高島ひでたけの番組の、悪質さには、
怒りを感じている。ラジオ2台で信頼している局と不信感を感じている局を、
毎日メモしてチェックしている。

文春記事が誤報飛ばし記事かどうかを、これから見極める為だ!!!

不治惨軽古珍蚊屋お抱えアナウンサーの、哀れさを感じる。


22. 2012年6月15日 08:07:27 : eIr8TgfJtM
私は、小沢さんの奥様と同じ位の年代の女性ですが、そんなに嫌いで憎くて離婚されたのなら手紙の最後の署名に「小澤 和子」はないでしょう。

今は、離婚しても元夫の姓を名乗っても言い様ですが、ここまで夫の事を他人に悪し様に言うなら、元夫の姓など離婚したその日から名乗らないはずと思います。例え支持者に出した手紙であっても、最後には自分の決意の表れととして、「福田 和子」と署名するのではないでしょうか。

この手紙は、男の方が書いたとの噂も阿修羅には書いてありますが、女性の心理が解からない所を見るとそうかもと、思ったりします。

何十年も連れ添って、裏切られた憎しみなら元夫の姓などその日の内にさよならです。小澤さん側が反論しないのは、今が大事な時だからです。こんなゴシップネタで、今「本当だ。嘘だ。」と騒げばマスコミの思う壺です。
「陸山会」事件でマスコミの「えげつ」なさは嫌と言う程見せ付けられました。
皆さんも「敵」に取り込まれないよう落ち着いてほしいものです。


23. 2012年6月15日 08:12:15 : xiDl6ZrNYg
仙谷のセクハラ報道の過熱ぶりを冷やすための小沢批判のガセネタ報道である。
松田ではなく、元木が主役で捏造したのかもしれない。
隠れていれば良かったのに。


24. 2012年6月15日 08:17:34 : QmyrjoZuIs
やっぱり元木昌彦はこんな管欄人間だったんだ。

25. 2012年6月15日 08:23:10 : Yh9YF3rPWk
3,11の時、勝俣に中国接待旅行の人ですね。

26. 2012年6月15日 08:32:04 : NZEG1SHVSw
本当に松田さんお疲れ様。これであの大バカ小沢カルト達恥ずかしくてここに来れないでしょう。
本当に小沢カルト達って頭悪い(>.<)

27. 2012年6月15日 09:28:30 : FbdGnWDQco

26>>に申す。

 「大バカ小沢カルト達恥ずかしくてここにこれないでしょう。」?!?!

 他人の誹謗中傷に人生の大部分を費やすほどの「大バカ」がいるでしょうか!

 大の男が人様のプライバシーをネタに衣食住を賄っている。恥ずかしいと思わないのかね? 

 他人をコケにして集団を結成するようなカルト達って「本当にブレインがプア」


28. 2012年6月15日 09:41:09 : hVWo8DcXjM
色んな人が居るんだ!!!ご苦労さん!!どれだけ金を貰うと出来るんだろう?
恨みがあるのか?顔写真が有れば人相で一般人は判断出来るが!松田・元木の顔写真を業界人は阿修羅に掲示して下さい!!!姑息な仙石谷タイプだと思うが!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

元木 昌彦(もとき まさひこ、1945年11月24日 - )は日本の編集者、ライターである。
目次 [非表示]1 経歴2 編集者としての実績3 著書3.1 単著3.2 共著4 連載
経歴 [編集]

1966年 - 早稲田大学商学部入学
1970年 - 講談社入社
1990年 - 『FRIDAY』編集長
1992年 - 『週刊現代』編集長
1999年 - 「Web現代」編集長
2007年 - 「オーマイニュース」日本版編集長。後に社長も務める
編集者としての実績 [編集]

『週刊現代』編集長時代、陰毛の写ったヌード写真を指して「ヘアヌード」という言葉を生み出し、誌上に積極的に掲載した。部数も右肩上がりに上昇し、『週刊文春』を抜き、『週刊ポスト』に次いで男性誌で2位となった。
「オーマイニュース」編集長時代、サイトの刷新を図ったが成果を上げられずに約1年で退任した。前任の鳥越俊太郎に続いて、2代続けて編集長の座を投げ出す事態となり、「オーマイニュース」はその後「オーマイライフ」として出直しを図るも2009年に閉鎖された。
著書 [編集]
単著 [編集]
『週刊誌は死なず』 朝日新聞出版〈朝日新書〉(原著2009年8月7日)。ISBN 9784022732927。
『競馬必勝放浪記』 祥伝社〈祥伝社新書〉(原著2009年2月27日)。ISBN 9784396111472。
『週刊誌編集長…週刊現代・フライデー・Web現代編集長が明かす、スキャンダル、事件報道現場の3300日』 展望社(原著2006年4月)。ISBN 9784885461477。
『孤独死ゼロの町づくり…緊急通報システムが実現する高齢化社会のセーフティネット』 ダイヤモンド社(原著2008年3月14日)。ISBN 9784478004456。
共著 [編集]
『編集者の学校』 講談社Web現代編、本田靖春他共著、講談社(原著2001年10月)。ISBN 9784062108355。
『裁判傍聴マガジン…日本初!』第1巻、北尾トロ共著、イースト・プレス〈East Press Nonfiction Special〉(原著2008年4月)。ISBN 9784872578430。
連載 [編集]
元木昌彦の深読み週刊誌(「J-CASTテレビウォッチ」、ジェイ・キャスト)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


29. 2012年6月15日 09:45:49 : Mnxczxr6Dw
元木は東電にキンタマ握られたあやつり人形だよw
         ↓
------------------------------------------------------------
Willの花田紀凱は東京電力から何ぼもろてるんや?

1 :文責・名無しさん:2011/03/31(木) 21:03:59.06 ID:yquJILXl0
福島で今こんな事が起きている!「週刊文春」青沼陽一郎の現地ルポ出色
2011/3/24 18:39
私も参加していた「マスコミ接待リスト」記事の中国ツアー
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/24091244.html?p=3

勝俣恒久東京電力会長
鼓紀男東京電力副社長
荒木浩東京電力相談役(前会長)
笹森清前連合会長(東京電力OBの)
花田紀凱元週刊文春編集長、現月刊「WILL」編集長
元木昌彦元週刊現代編集長(日刊ゲンダイではない)
門田隆将元週刊新潮編集長
石原萌記月刊「自由」

「愛華訪中団」リスト
2005年
荒木浩・東京電力顧問を団長
大林主一・東京中日新聞相談役
石原萠記
花田紀凱・「will」編集長 他
http://www.taibunkyo.com/news/197_txt.htm

2008年
団長は東京電力顧問の荒木浩さん
鼓紀男東京電力副社長。
笹森清前連合会長。
石原萠記
花田紀凱「Will」編集長
元木昌彦元週刊現代編集長 他
http://ameblo.jp/motokimasahiko/archive1-200808.html

2 :文責・名無しさん:2011/03/31(木) 21:09:47.49 ID:yquJILXl0
WILL 2011/05月緊急特大号
【総力大特集 東北関東大震災】  目次
http://www.zassi.net/mag_index.php?id=228

・天皇陛下のお言葉 全文
・〈蒟蒻問答〉菅総理で日本はメルトダウン 堤堯 久保紘之
・原発は地震で壊れるようにできている 武田邦彦
・“災害史観”日本人は必ず立ち上る 大石久和
・自衛隊の活躍をTVはなぜ報じないのか 水島総
・原発事故でメディアが報じないこと 堤堯
・〈緊急グラビア特集〉死者・行方不明 15000人超
天も怒った史上最低の宰相 渡部昇一
菅総理の卑しい魂胆 山際澄夫
アメリカ起死回生の秘密兵器TPP 東谷暁
小沢一郎不動産疑惑の核心 秘書裁判から見えてきた 長谷川学
追悼・谷沢永一先生 渡部昇一
〈本家ゴーマニズム宣言〉八木様のY談 小林よしのり

    ↑

今、日本のマスコミ、ネットで最重要のキーワードの一つである
「東京電力」という単語が見出しにありません

3 :文責・名無しさん:2011/03/31(木) 21:34:55.71 ID:n66Jhru+O
原発事故を起こしたのは東電。
しかし、花田は東電より、事故処理に当たる菅政権を叩いている。
本末転倒だ。
東電の責任を隠すために、
菅政権を悪者にしようという魂胆が見え見えだ。
愛国雑誌を装っているが、実態は東電の犬。
産経と同じ路線。
こんな雑誌を真面目に読むのはウヨぐらいだろう。

4 :文責・名無しさん:2011/03/31(木) 22:05:43.98 ID:TVFaMZtY0
右翼系雑誌『WiLL』の最大スポンサーは東京電力の模様
2007/05/19 5:32:55
 毎月、過激な右翼思想を展開する、元『週刊文春』編集長の花田紀凱氏が編集長を務める月刊雑誌『WiLL』。
発行所は「ワック・マガジンズ」(東京都千代田区)という株式会社なのだが、
その実態は一般にはそれほど知られていないので紹介する。
同社の代表を務めるのは鈴木隆一氏(58。
そもそもは月刊『文藝春秋』の契約記者だったそうだが、その後、新潮社に入社、
写真週刊誌『FOCUS』創刊に携わり、局次長まで務めているという……。
 5月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2007/05/w_5cad.html?optimized=0

------------------------------------------------------------


30. 2012年6月15日 09:49:12 : FSm6f7Nw2o

この件は、
仙谷のセクハラ敗訴に、目くらましでぶつけた、
ネタだろう。

文春も、危ないと分かっていても、
ぶつけるように、指示でもされたのか。

それとも、ガセネタでも、飛ばさないと、
雑誌が売れない危機なのか。

一発のガセネタでも、たび重なると、、、
読者は減るだろう。



31. 2012年6月15日 10:25:40 : rwSKXZTEq6
> たった1人で希代の権力亡者追い詰めた「松田賢弥記者」お見事

同感!
日本にも真実を追究する勇気のあるジャーナリストが居ることが良く分かった。
松田賢弥記者が居なければ、希代の権力亡者小沢一郎の嘘に気付かない日本人は沢山居るだろう。

> 馬鹿な男だ。小沢一郎という政治家の終焉である。妻から捨てられ、地元から見捨てられた政治家は生きてはいけない。

しかし、50万人の在日が後押しするだろう。

朝鮮王朝ドラマを見ると、嘘吐き朝鮮文化が良く分かる。
王族や貴族は親兄弟の間で、嘘の証拠をでっち上げ、証拠が嘘であることを知りながら相手を貶め殺害するか追放する。

この嘘吐き文化は今の韓国・北朝鮮でも生きている。
売春婦を無料で働かされた性奴隷だと大嘘を言い、日本政府に謝罪と賠償を要求する、
竹島問題では、朝鮮の古地図の済州島の直ぐ東にある小さな島を西へ100km移動する改竄を公然と行い、大昔の地図にも竹島は朝鮮領と書かれていると平気で大嘘を吐く。

この嘘吐き朝鮮文化は日本文化とかけ離れている。

小沢一郎は裁判で政治資金報告書の虚偽記載を知らなかったと主張したが、知らなかったはずはない、虚偽記載を知っていたと認定された、つまり、小沢一郎は公然と嘘を吐く大嘘吐きだと裁判で認定された。

このサイトのコメントの大部分は文春の手紙は偽だ、
>>01 ガセネタ屋松田の記事などばかばかしくて話にならない。
> 全然追い詰めていないし、追い詰められているのは松田の方だ

ばかりである。
日本には在日は50万人居り、その内の数十人が公然と嘘を投稿すれば今のような状態になる。
つまり、本サイトは朝鮮系の嘘吐き掲示板になっている。

小沢一郎は「国民の生活が第一」と称して在日に外国人参政権付与を主張しているが、まさに小沢一郎は嘘吐き政治家であり、追い詰められた現在、在日の支持が唯一の頼みだろう。
また、在日に取っても小沢一郎は頼みの綱だろう。

しかし、今や全ての日本国民は小沢一郎の嘘に騙されてきたことに気付くだろう。
「日本国民の生活が第一」のためには、小沢や在日に本国に帰国して貰うことである。


32. 2012年6月15日 10:59:06 : 6lEL0QePhA
 買い手のない週刊文春のこのての偽記事も、これまで。

今日が、逮捕日だったなんてことは。

高橋克也容疑者とみられる男を確保 東京・大田区で
産経新聞 6月15日(金)10時18分配信

大型スーパーでバッグを物色する高橋克也容疑者=川崎市(警視庁提供)(写真:産経新聞)
 オウム真理教による平成7年の地下鉄サリン事件で、警視庁は15日、殺人と殺人未遂容疑で特別手配されているオウム真理教元信者、高橋克也容疑者(54)とみられる男を東京都大田区西蒲田の漫画喫茶で発見、身柄を確保した。自分が高橋容疑者だと認めており、同日中に逮捕する。平成7年5月の特別手配から17年1カ月後の身柄確保となった。これで一連のオウム事件の特別手配容疑者3人全員が逮捕されることになる。



33. 2012年6月15日 13:41:11 : VXyecWHd2Q
謀略もこう露骨であると通常の美意識を持っている人間はかえって嫌悪感を覚える。

小沢さんの夫婦仲がどうであれ、70歳前後の長年つれそった夫婦の間に波風あるのは当たり前。特に高齢人口が多い現在の日本では「いまさら感」ありまくり。
これで小沢に決定的ダメージを与えたと思うセンスが、もうすでに時代に遅れているな。

小沢はどんどん歩いて行く。ひょっとしたら家族もほったらかしなのかも知らん。付いて来れない人間に容赦はない。それが小沢が憎まれる最大の理由かもな。


34. 2012年6月15日 14:25:34 : swlnfR07HU
元木昌彦は小沢嫌い。
昔、愛川欽也パックインジャーナルに出た時にも小沢批判してた。

35. 2012年6月15日 14:54:45 : HtMCzYevZw
>>22
他スレッドのどこかで、「福田 和子」は犯罪者の名前として著名だから
福田 和子にはできなかったのだろうという推理があった。
これはなかなかの名推理じゃないかな。

一般には離婚しても姓を変えない女の人は子どもと同じ姓になるため、
または子供(自分のほうにつく場合)が姓を変えないで済むようにする、
ということなのだが、この人の子供はもう成人しているからそれをそんなに
気にするとも思えないし。

この手紙がもし本物なら、小沢事務所ではリークした犯人を探している最中だろうから
いずれそちらのほうで何か反応があるかもしれませんね。
(後援会をやめされられた人がいないか、とかの調査は一般人には無理ですが)
私ならばリークしたのは女の人ではないかと疑うところですが。


36. 2012年6月15日 16:42:42 : L1nBQfajpc

ガセネタを礼賛?(笑)

37. 2012年6月15日 16:55:44 : AX9RzbOfUg

奥さんが、夫を誹謗中傷するようなネタを賞賛するとは・・・。

元木の育ちの悪さがよく分かる。

これ、社会常識でしょ。


38. 2012年6月15日 17:26:32 : Yu332czIU6
>これを読みながら涙が出て止まらなかった。

クールに本質を突いた週刊誌批評で定評のある元木氏、この大袈裟で演劇的な表現には流石にウソでしょう、と苦笑してしまう。元木氏はいつも判官贔屓なところがある。ブラックジャーナリスト・松田賢弥氏の記事に信用性がない事実の裏返しなのだろう。「完膚なきまでに」「追い込んだ」と最大限の賛辞を送っているところに本音では「文春、どうせ今週もコケるんだろうな…」という諦めの色が見て取れる。週刊文春読者の「またか…w」という、困ったような失笑が目に浮かぶ。送り手の意図的な焚き付けがここまで露骨では受け手の気持がますます冷め、増税反対派はさらにこれで勢いづく。この記事で増税賛成に転向する人間はいないだろうw その時点でこの記事の役割は終わっている。ウケないネタ、笑えない冗談、単純に的外れな文春の凋落ぶりが冷たく無視されるのみである。


39. 2012年6月15日 18:43:27 : BIgfJMRMNE
>22さん

最後の「小澤和子」もそうだけど、離婚の理由に夫である「小沢一郎」ではなく、政治家「小沢一郎」に対する憎悪で始めるところがバカだよね。
どこの世界に離婚の理由を小沢の政治家としての行動を最初に挙げるバカがいる。
これは松田賢弥のアホが小沢に抱いている感情と一致するんだけど、その後の愛人や隠し子、放射能も松田賢弥の知識そのまんまなんだよね。
小沢夫人であれば松田賢弥の知らない小沢一郎のことも知っているはずだし、本当に憎悪から来る離婚であれば、長年連れ添っているんだからもっと他の事も暴露する。
手紙にはその様な事は書かれていないし、内容がほぼ松田賢弥が小沢一郎に持っている知識とほぼ同じ。
以上をもって松田が書いた駄文を。小沢夫人が書いたように見せかけただけ。


40. 日高見連邦共和国 2012年6月15日 18:52:55 : ZtjAE5Qu8buIw : C7Wqvb1wZA
>>31 ID=rwSKXZTEq6=『白旗逃走』くん

相変わらず“朝鮮マンセー”ネタしかないのかい?
“せっかくの機会”なんだから、“新鮮なネタ”のご披露は無いのかい??

>地元から見捨てられた政治家は生きてはいけない。

その客観的・具体的“証拠”を並べて見せてみな〜!!


41. 2012年6月15日 21:05:23 : BIgfJMRMNE
>たった1人で希代の権力亡者追い詰めた「松田賢弥記者」

ほう、それだと他のジャーナリストは全員松田を無視しているという事か。
松田は他のジャーナリストの連中から、爪弾きにされて無視されてるのけ?(爆笑)
笑わせんなよwww


42. 2012年6月16日 00:44:10 : 8xRegRv4xk
奥さんが「私はこんな手紙を書いていない」って言えば済むことなのに。

ああでもないこうでもないと騒ぎたてているのがバカらしくなる。


43. 2012年6月16日 02:47:42 : gncEO9FxHk

週刊ゲンダイ、立花隆の緊急投稿で、推論ばかりとバッシング受けてた・・・

>29の裏付けもあったのか!?


44. 2012年6月16日 03:05:12 : 8aOJmcBdq2
全て、ゴロツキ仙石が首謀者。

仙石の抹殺こそ、国民の使命である。

万死に勝る、極悪人である。


45. 2012年6月16日 04:25:37 : 0SpTWFMxbU
記事見たけど、松田は奥さんに会ってねえじゃねえかww

46. 2012年6月16日 06:42:33 : LQOA16BGuE
支援者に対して「北上出身の第一秘書の川辺」などと細かいことまで書くか?
「先生の命令で秘書達を逃がしました。」ってのも命令じゃなくて指示だろ。
ホントに子供の作文並みだよ。

47. 2012年6月16日 09:22:38 : vtaXSg5Mqs
松田某の「快挙」と涙する前に「バカなことはよせ」と止めるのが友人の立場だろう。たとえ本物でも私信を公開するには本人の承諾を得て「裏取り」をするのがジャーナリストの基本だ。それすらせずに、もしかしたら永田メール程度のガセかもしれないと疑問を抱かないのはジャーナリストとして致命的だ。小沢氏に対する好悪の念とは別に、最低限守るべきジャーナリストとしての作法は守った方が身のためだと、友人なら忠告すべきだ。

48. 2012年6月16日 19:31:31 : ee7BOlLwXo

ジャナリズムこそ我が国のB層の人間の集まりだ。

 納得?


49. 2012年6月17日 00:30:49 : t3s3DapIf6
元木昌彦って奴もブラックジャーナリストなんだな
原発利権の犬か・・・松田の仲間ならこいつも同和部落民だろう

50. JohnMung 2012年6月18日 08:04:42 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2
31. 2012年6月15日 10:25:40 : rwSKXZTEq6
 >> たった1人で希代の権力亡者追い詰めた「松田賢弥記者」お見事
 >同感!
     ↑
 ID=rwSKXZTEq6は、民族差別主義「在特会」御用達のごきぶりポチ!
 最近は、このIDではなく、別のIDを使い分けているようだ。

51. 2012年6月18日 12:56:48 : BIgfJMRMNE
小沢の離婚が事実なら他のジャーナリストが一斉に飛びつく案件だな。
それが松田賢弥のみが書いて、他のジャーナリストが後追いしないという事は、松田賢弥は他のジャーナリスト達から信用されておらず、無視されているという事だな。
ジャーナリスト達の間でも、松田賢弥はブラックジャーナリストという認識があるようだ。
分かったか?rwSKXZTEq6

52. 2012年6月19日 17:10:07 : NwlkA4uSKg
元木昌彦67才いい年して恥ずかしくないのか?
編集長までやった人間が捏造記事を賞賛?という事は・・自分が編集長で関わった雑誌記事も殆ど捏造だったんだろうな〜〜

処で松田賢弥は何歳なんだ?


53. 2012年6月26日 01:03:27 : IW2qNMbAJU
手紙ばらまいたのは在特会だろ?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧