★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 464.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
◎大筋合意は事実上の「小沢切り」だ (永田町幹竹割り) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/464.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 6 月 15 日 08:53:53: igsppGRN/E9PQ
 

◎大筋合意は事実上の「小沢切り」だ
http://thenagatachou.blog.so-net.ne.jp/2012-06-15
2012-06-15 06:32 永田町幹竹割り


最後までもめた消費増税法案をめぐる3党協議が自民、民主両党の大筋合意で、衆院での可決と会期延長へと大きく動き出した。この結果政局の焦点は民主党内の了承手続きに移行する。ここで潮流に待ったをかけて立ちはだかるのが民主党元代表・小沢一郎と元首相・鳩山由紀夫だ。この期に及んで消費増税法案に反対で足並みを揃えた。マニフェスト原理主義者の小沢と、「国民的冷笑の人」鳩山が、「総選挙圧勝をもたらした公約を棚上げにするのがけしからん」で一致したのだ。近ごろの「政局」にとっては欠かせないこのコンビだが、小沢も方向音痴の「鳩が出るぞ」が頼りでは、勝利はおぼつかない。昨年の首相・菅直人への不信任案への体たらくが如実にそれを物語る。

 民主、自民、公明3党は14日までに、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連7法案の修正で大筋合意した。この結果、7法案とは別に自民党が“仕掛け”ている「社会保障制度改革基本法案」の扱いに移行した。15日未明までぎりぎりの折衝が続いた結果、民主、自民両党で基本合意に達した。焦点の最低保障年金の創設と、後期高齢者医療制度廃止の撤回問題で、自民党が文言で柔軟姿勢を示し、両党とも有識者による「国民会議」への“棚上げ”で決着した。筆者が7日の段階で予想したとおりとなった。自民党にしてみれば合意をしなければ解散が先延ばしになるとの判断がある。また大筋合意は政治的には自・民両党による「小沢切り」を意味する。自民党の関心は合意後の民主党の“分裂”に移行しつつある。首相・野田佳彦の姿勢は明らかに反対派の離党やむなしである。

 こうした土壇場状況の中で、出てきたのがもっぱら政局を糧として生きる政治家達の“うごめき”だ。鳩山は自身のグループで「何のために消費税を増税するのかがまるで欠落しており、このままでは国民が納得するはずがない。今の野田政権は考え方が転倒しており、われわれとして何ができるか考えながら、行動で示していく必要がある」と“決起”を促した。だがこの鳩山の主張は相も変わらぬ「方向音痴性」に満ちあふれている。「何のために増税するか」などと今頃言い始めているのは、問題が自らの能力の許容範囲を超えていることを物語る。いまごろ破たんしたマニフェストにすがるようでは、「まるで欠落している」のが、自分の脳細胞であることが分かっていない。

 一方で繰り返される小沢の発言は「国民への冒涜、背信」だ。14日も「政権交代で主張した、いろいろな政策をかなぐり捨てても、消費税の増税を実現しようという向きがあると聞いているが、それはわれわれ自身の自殺行為であり、国民に対する冒とく、背信行為だ」とボルテージを最高レベルに上げた。しかし国民の方は「待ってくださいよ、小沢さん」と言いたいだろう。自らの政治資金で4億円ものカネの動きを「知らない」で通すのが、国民の政治家への信頼に対する冒涜でなくて何なのだろうか。背信そのものでもある。これを言ってもカエルの面になんとやらで無駄だろうが。

 その2人が14日会談して「民主党が政権を取ったときに約束したさまざまな公約が、棚上げされそうになっている。このまま消費増税だけに突っ走ることになれば、国民がとても納得できる話ではなく、そうなれば法案には賛成できない」(鳩山)という点で一致した。マニフェスト至上主義者の2人が総選挙で「政権を取れば16.8兆円がひねり出せる」とするばらまき公約で国民を欺いたものの、馬脚が現れて消費増税の選択しかなくなってきていることなど、知らぬふりだ。しかし、2人が反対で合意に達しても“勢い”が見られないのはなぜか。鳩山が「野田君に直談判する」と息巻いても、小沢は「おれも野田君に言ったんだが、言うことを聞かない」と乗り気を示さなかったと言われる。野田のぶれない勢いに気圧されているのだ。

 小沢の脳裏には昨年夏に鳩山から食らった苦い経験がよぎっているに違いない。小沢と鳩山は自民党が提出する菅内閣不信任案に乗ろうということで一致していた。ところが鳩山が菅との会談の結果を踏まえて、小沢を裏切ったのだ。鳩山は不信任案採決当日である6月2日の代議士会で「民主党がバラバラに見えてしまっては国民から『何をやっているのか』とそしりを受けてしまう。一致して行動できるようにしたい」と小沢に置いてけぼりを食らわしたのだ。

 小沢にとって鳩山は信用出来ないし、頼りにもならない。しかし利用できるうちは利用したいという魂胆があるに違いない。背景には小沢が信奉する“数の力”がある。ルーピーでも数のうちなのだ。小沢と鳩山が一致すれば、中間派も反対に向けて雪崩を打つという読みがあるのだ。小沢は野田がもう説得しても聞く耳持たずに、自民党と共に増税に突っ走ると読み切っているのだろう。しかし野田は、反対派を切る事態となれば、解散を決断することは間違いない。その場合はただでさえ8〜9割が落選する小沢チルドレンや鳩山グループに刺客を立てて、血で血を洗う激突も辞さないだろう。既に始まっている多数派工作の中で、チルドレンや鳩山グループにも迷いが生じ始めていることも確かだ。「民・自合意」は滔滔(とうとう)たる消費税成立への流れである。小沢は取り残され孤立したのが実態だ。総選挙の結果までのスパンで判断すれば、小沢の1人負けと「鳩山落選の危機」が濃厚であり、両者にとって展望はない。


       ◇

民主“内戦”状態 「反増税派」結集、執行部にも亀裂
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120615/stt12061508110003-n1.htm
2012.6.15 08:07 産経新聞

 社会保障・税一体改革関連法案をめぐる修正協議が大詰めを迎え、民主党内の抗争が激化している。倒閣も辞さない小沢一郎元代表は14日、親小沢派でも反小沢派でもない「中間派」も巻き込んだ多数派工作に邁進(まいしん)。採決先送りを狙う輿石東幹事長は野田佳彦首相からの信頼を失いつつあり、今や不満分子の動きを黙認する立場をとっている。民主党は「内戦」状態に突入した。

 14日夕、都内の憲政記念館に議員約120人が集結した。「消費大増税採決に反対する超党派国民集会」と銘打たれた集会は小沢系が主導。「大増税阻止」と書かれたのぼりが立ち並び、「野田政権打倒」に向けた決起集会の様相を呈した。

 小沢氏は挨拶に立たず、代わってマイクを握ったのは鳩山由紀夫元首相。

 「談合で増税だけを決めるのは主客転倒だ!」

 会場のボルテージは最高潮に達した。その夜、「小鳩枢軸」の2人は都内のホテルで密会した。

 鳩山氏「野田さんと近く会談するつもりです」

 小沢氏「野田さんはかたくなに『賛成してください』と言うだけだ。会ってもそうだと思うよ」

 民主党の創立者と自負する鳩山氏には、できれば党分裂は避けたいとの思いがある。しかし、小沢氏と首相の亀裂を修復することは、もはや不可能だ。小沢氏は14日昼のグループ会合でも、首相のとる増税路線を「われわれ自身の自殺行為であり、国民に対する冒涜(ぼうとく)だ」と糾弾している。

 小沢氏と別れた後、鳩山氏は記者団に「国民に約束したことを棚上げし増税に突っ走れば、賛成はできないことで一致した」と明言した。

 もっとも、小沢、鳩山両氏にとって戦況は不利だ。もし、一体改革関連法案をめぐる修正協議が調い、自民党が衆院採決で賛成票を投じれば、小沢系と中間派が手を握っても、成立を阻止することは難しい。

 首相側はすでに「造反リスト」を作成済みで、採決で勝算ありと踏む。首相が強気なのはこのためだ。

 前原誠司政調会長も14日の記者会見で、中間派が意見調整のための両院議員総会の開催を求める署名集めをしていることについて「両院議員総会は政策決定を行うところではない」と切り捨てた。

 一方、これまで首相と小沢氏の間を取り持ってきた輿石氏の立場が微妙になってきた。首相は13日の政府・民主三役会議で自民党の対案を修正し共同提案するよう前原氏に指示したが、実は輿石氏はこのことを事前に聞かされていなかった。

 首相の意に反して採決先送りに執念を燃やす輿石氏が首相からはしごを外されるのは自業自得だが、問題は、中間派の旧民社系に所属する城島光力国対委員長も首相の意図を事前に知らされていなかった点だ。旧民社党系の幹部は警戒感を隠さない。

 「民主党を割って自公と一緒にやるという前原氏と仙谷由人政調会長代行の思惑に首相は近づいている」

 前原、仙谷両氏は同じグループに属しており、「派閥闘争」のにおいが漂う。

 自民党古賀派の14日の定例会では出席者からこんな発言が飛び出した。

 「民主党の“治安”がどうなるかを見ておかなければ。シリアのようになるのかどうか…」 (坂井広志)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月15日 09:16:23 : FbdGnWDQco

この記事の投稿者の思惑通りに動くかどうか、極めて懐疑的にならざるをえない。

 最終的な鍵を握るのは国会議員ではなく主権者・国民である。その点を見間違えないように。

 70%前後の国民は消費増税反対を表明しているのが現状である。勿論、我々も又消費増税断固反対に変わりはない。増税する意味は何か。鳩山氏に限らず大勢の国民は疑問に思っているのだ。これが「方向音痴」というのか!この投稿者がオンチなんじゃないか。

 偏見を持たず、物事は常に大局的観点から判断すべだ。


02. 2012年6月15日 09:22:20 : 6WgvlolPgs
「しかし国民の方は「待ってくださいよ、小沢さん」と言いたいだろう。自らの政治資金で4億円ものカネの動きを「知らない」で通すのが、国民の政治家への信頼に対する冒涜でなくて何なのだろうか。背信そのものでもある。これを言ってもカエルの面になんとやらで無駄だろうが。」

途中まで読んだが正にカエルの小便記事だ!!!
まだ、4億円を持ち出してるアホ!!!


03. 2012年6月15日 09:24:08 : qowUemDYp2
政局ばかりで政策なし。お主は消費税増税に賛成か反対か?
賛成だから小沢は嫌いか、小沢が嫌いだから賛成か、たった
それだけのことか?
これからは政策への自らの立ち位置を論じて、政局をはなせ。
勿論、吾輩は大反対。

04. 2012年6月15日 09:28:42 : qowUemDYp2
>2
国民とはお主のことか?
国民は納得しないなどと言わないで、俺は納得しないと言え。

05. 2012年6月15日 09:49:45 : QYOUiDz6HQ

小沢グループ:「数の力」頼みに焦り
毎日新聞 2012年06月15日 02時06分(最終更新 06月15日 08時14分)

 税と社会保障の一体改革関連法案をめぐる民主、自民、公明3党の修正協議が大詰めを迎える中、増税に反対する民主党の小沢一郎元代表のグループが焦燥感を強めている。自民党が賛成に回れば、造反しても法案の成立阻止は難しい。党内最大勢力という「数の力」も通じず、グループ内にも動揺が広がっている。

 「政権交代の主張をかなぐり捨ててでも消費増税を実現しようとしている。国民の代表としてどう行動するか。そのことが問われている」。元代表は14日のグループ会合で約90人を前に力説し、暗に造反をうながした。

 首相は自民党との協力にかじを切り、21日の会期末までの衆院採決に突き進む。採決を先送りさせ、9月の代表選で野田佳彦首相の退陣を迫るグループの基本戦略は破綻しつつある。グループ幹部は「誤算だった。自民党がここまで妥協するとは思わなかった」と語る。グループ内でも「法案も否決できず、処分されるだけでは造反は多くても40人」(中堅議員)という冷めた声もでている。

 元代表は14日夜、鳩山由紀夫元首相と国会近くのホテルで会談。マニフェストの社会保障政策を棚上げするなら採決に賛成できないとの認識で一致した。
http://mainichi.jp/select/news/20120615k0000m010147000c.html


06. 2012年6月15日 10:18:15 : hYZoapMOfA
財界・マスコミ大応援団の効果も薄く、庶民に政府特攻隊は評価されてないから。
法案可決が勝ちでもあるまい

07. 2012年6月15日 10:38:34 : FSm6f7Nw2o

違うだろう。

都内の憲政記念館に議員約120人が集結した。
「消費大増税採決に反対する超党派国民集会」を行ない、
国会で消費税を通さないこと、を明らかにした。

これは党が割れても良いことを前提にし、
「増税、対、反増税」で、
選挙で戦うことを、決意したことになる。

引き返すことを判断できない、仙谷、前原、岡田らは、
それでも強行しようとしている。

反対派は、消費税を争点とし、次の選挙の勝利を確信して、
増税派は、そうはさせないとしている。

しかしながら、「増税派、対、反増税派」に分かれて
次の選挙の争点になるよう、事を進めたのであろう。
 1)ノボリを製作した
 2)決起集会を開いた

だから、今ここの民主党内の戦いだけでなく、
次は、国会での戦い。その次は、来年の選挙の、根強い戦いになる。

僕は、あのノボリが目印で、次の選挙を投票するが、
世論調査でも反消費税が多いだろう。

そういう人は多いと思う。



08. 2012年6月15日 11:08:40 : gqBrtGQh9M
>>05
小沢氏関連の記事では、「冷めた声」「〜と突き放した」「〜と切り捨てた」が
大手メディアの常套句だな。

09. 2012年6月15日 11:25:56 : VU2KZhbRUI
>その場合はただでさえ8〜9割が落選する小沢チルドレンや鳩山グループに刺客を立てて、血で血を洗う激突も辞さないだろう。


毎度だが、くだらない政権ヨイショしか書けないな、こいつは。

野田一派と自公の議席にも、逆に「反増税派」からの刺客が立つ。

で、「大連立」の似たもの同士の民自候補2人と、「反増税派」1人では、政策が真逆なんだから、当然、「反増税」の民意は集まりやすい。百歩譲って半々であっても、「反増税派」が勝つ。共産党以外は選挙協力すれば、まずは負けない。


10. 2012年6月15日 12:25:29 : Hh07428xFY
権力への提灯持ち記事なのははっきりしているが、それにしても政局分析などに値しない低レベルな駄文。
突っ込みどころ満載であほらしい。
こんな駄文をブログに書き散らしていることも見るに恥ずかしいが、いい歳をしてそれに気付かないのは哀れである。

笑止の一言に尽きる。


11. 2012年6月15日 14:44:38 : DiDb5Qc5EA
確かに、小沢Gは弱そうな議員が多そうだ。
これは、漕ぎ手の数を増やして、船長が舵をとる予定だったからしょうがない。
(とんでもない船長に代わったのが、今の民主党)
しかし、そこに出す刺客が居るのか?
総理経験者や大臣経験者が刺客でも落ちるだろう。
大きなうねりが無いと刺客は有りえないのだ。

それにしても、今は人が居ない!
小泉が出て来た頃、今は亡き父に「小泉って?」と聞いた事が有る。
政治好きの父は「あんなもん、小物や!」の一言であった。
(父は選挙が好きで、応援演説をよくやっていた。家族が病気でも選挙)
今から思えば、あのころから人が居なくなってきたと思う。
ずーっと政治の中心にいたのは小沢氏ぐらいか?
首相以外で、無罪判決が外国の新聞に取り上げられる議員がどれだけいるのか?


12. 2012年6月15日 15:18:50 : lRYfivAqeo
チンチクリンノチ〜〜〜ン!!!読む価値無し!!!


13. 2012年6月15日 15:40:25 : BIgfJMRMNE
3党で1枚岩になっているかのような大筋合意の「小沢切り」だが、自民や公明が民主同様1枚岩になっているとは思えないけどな。

14. 2012年6月15日 17:04:25 : swlnfR07HU
自民党内にも少なからず反対派がいるはずなのだが、マスコミの政局解説ではそこを言わない。

15. 2012年6月15日 18:02:36 : UPdFbAR04Q
この投稿者は頭大丈夫か?輿石が野田の信頼を失いつつ有ると書いているが、今 野田に信頼されたら恥ずかしくないか?国民支持率20%の野田に信頼されているのは、岡田、前原、安住、仙谷、枝野等の能無し議員と国民からノーを突きつけられた自民党だろう。野田なんかに信頼されてはいけないのだ。国民に信頼される議員に為れよ。民主党の情けない議員達よ。

16. 2012年6月15日 21:16:43 : h5kQQ9U5gE
杉浦って誰だか知らないけど、このひともしかして創価信者?いや統一信者かな。

増税法案についての意見はなくて、ただただ小沢に執着するだけ。

いずれにしても相当に脳がやられてますね。


17. 2012年6月16日 00:49:57 : 8xRegRv4xk
小沢さんを切るとか切らないとかじゃなくて、ほんとに消費税上げてもいいの?

消費も冷え込むし、自殺者が増えると思うけど。

人殺し政権だな。


18. 2012年6月16日 16:43:07 : whspCz2MiI
消費税増税に伴って、隠している所得税、相続税も同時に上がる。

おまけに原発再稼働。

「大増税阻止」と書かれたのぼりの無いものは、次期総選挙で落選確実。

小沢派、橋下派の連合は、自公民を越えており、真の政権交代時に投票した国民は、数を減らすことなく、残存していることを忘れてはならない。

第3局の奮闘を期待する。
小沢派は、今回増税が可決なら、新党結成に立ち上がれ。
国民の大多数は、増税に反対、原発再稼働を否定、安心して民主党から離れよ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧