★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 552.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
醜女:仙谷の豚児:野田の豚顔は土手のカボチャ?=ジャックランタン!が悪戯か金くれ!魑魅魍魎顔だった!
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/552.html
投稿者 アサマタロー 日時 2012 年 6 月 17 日 08:27:12: UiY46YlCu.Moc
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
阿修羅投稿に:
【3党協議が合意に至ったのは、消費税増税に異様に拘る野田が、合意を目指すように執行部に指示し続けてきたのが最大要因だ。代償として民主党はマニフェストで掲げた政策で次々に譲歩していった。
土手かぼちゃ===ハロウイーン?===野田は、自分の利益と既得権益の犬となって国民を裏切ったのだ。その結果、マニフェストにも載っていない消費税増税を実現に向かわせ、
もともと掲げていたマニフェストはすべて廃棄という異常な事態に陥った。】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

野田は豚顔と思ったが、カボチャ!=ハロウイーンのカボチャだ!大きく口を裂き目を剥き国民に襲いかかる悪魔顔だ!そして、トリック=悪戯!かトリート=金出せ、物をくれ!かと国民を恐喝する悪魔=魑魅魍魎の化身だった。斑目=デタラメと言い、菅:違い、仙石谷(ダニ)、野豚=魑魅魍魎の世界=ハロウイーンカボチャ顔、すべてが皮肉な天の配剤だ!安住も自分だけ【あんじゅう】?

野田は国民の負託は一切受けていない!正統性の無い政権は増税を決められない。
     【代表なくば課税なし!】を今一度、考えよう!!!!

1、野田らが2009マニフェスト=公約無視は自分達:現執行部が作成関与して居ない証明=国民が選択した公約の順守が正統性の唯一の根拠だ!!即ち、野田らに政治遂行の国民の負託=正統性の付与は全くない!のです。

2、野田は演説内容が一番良いと言われ民主党議員を騙し、泣き虫海江田に勝った!!ブログの内容に全く拘泥しない不思議=ブーメラン演説は盗作・代作の証明だ!そして拘るのは消費増税だけだ?

3、民主党議員が洞が峠:筒井順慶か?正統性は国民の負託を無視する事か?公約しなかった増税か?馬鹿でも解かる!!安保改定以来の国民の怒りは届いたか!!許せん!!
絶対、庶民大衆国民が潰してやる!!増税賛成議員を集団自決させてやる!!

国民はこんな奴らに舐められて良いのか!!!怒れ!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ハロウィン、あるいはハロウィーン】(Halloween, Hallowe'en)は、ヨーロッパを起源とする民族行事で、毎年10月31日の晩に行われる。ケルト人の行う収穫感謝祭が、他民族の間にも行事として浸透していったものとされている。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で盛大に行われる。
ケルト人は、自然崇拝からケルト系キリスト教を経てカトリックへと改宗していった。カトリックでは11月1日を諸聖人の日(万聖節)としているが、この行事はその前晩にあたることから、後に諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)、Hallowseveが訛って、Halloweenと呼ばれるようになった。そもそもキリスト教の教えと、【魑魅魍魎が跋扈するハロウィンの世界は相容れるものではなく、聖と俗との習合がハロウィンという名称のみに痕跡を残している。】
目次 [非表示]
1 概要2 歴史3 ハロウィンの行事3.1 トリック・オア・トリート3.2 ジャック・オー・ランタン3.3 仮装3.4 ダック・アップル4 日本での受容5 ハロウィンが題材の作品5.1 映画5.2 書籍5.3 音楽5.4 その他6 脚注7 関連項目概要 [編集]

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。601年にローマ教皇・グレゴリウス1世が宣教師にケルト人へキリスト教改宗の策として、「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさいと広めなさい」と言ったのが今のハロウィンになったきっかけでもある[要出典]。
これに因み、31日の夜、カボチャ(本来はカブ。スコットランドではカブの一種の「スィード (swede) 」を用いる[1]。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern) 」を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が近くの家を1軒ずつ訪ねては【「トリック・オア・トリート(Trick or treat. ご馳走をくれないと悪戯するよ)」と唱える。】家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
現代では主にアイルランド、イギリス、アメリカ、カナダ、プエルトリコ、ニュージーランド、シーランド、そしてオーストラリアの一部に広まっている。これらの国ではハロウィンが盛大に開かれるが、プロテスタント信徒が多いせいもあって、その翌日にあたる諸聖人の日には通常、これといった行事は催されない。宗教改革以降、プロテスタント諸国ではカトリック教会の祭日である諸聖人の日が徐々に廃れたため、ハロウィンのみが残された格好になっている。
アメリカの一部の学校では、ハロウィンがキリスト教由来の行事ではないことから、「ハロウィンを行わないように」という通達が出されることがある[2]。
東方教会(正教会・東方諸教会)の広まる地域(東欧・中東など)においてはハロウィンはあまり普及していない。【ロンドンにあるロシア正教会の司祭はハロウィンを「死のカルト」であると批判している[3]。】またロシアにおいてはロシア教育省が宗教行事の一環であることを理由に、公立学校に対してハロウィンの関連行事を行わないよう通達を出している。
カトリック信徒の多いラテン系諸国(イタリア・スペイン・ポルトガルおよび中南米諸国)ではあまり普及していない。これらの国においては、諸聖人の日が重要視されており、祝日に制定している国もある。
ドイツと日本においてはアメリカの大衆文化として一部受容されている(日本については後述)。
歴史 [編集]

古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサウィン(英語版)(サオィン /ˈsaʊ.ɪn/、サワーン /ˈsaʊn/、サーウィン /ˈsɑːwɪn/[4]または、サウィーン、サーオィン、サムハイン)祭であった。ちょうど短い日が新しい年の始まりを示していたように、日没は新しい日の始まりを意味していた。したがって、この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、火をつけ、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。
11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、「妖精」(「シー (Sith) 」と呼ばれる。女の妖精はバンシーと呼ばれた)などの悪霊が入らないようにする。というのも、1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。
祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。アイルランドでは10月最後の月曜が祝日となっており、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っている。この祝日に続く週は、学期の半ばであるがすべての学校が休みになり、一般にハロウィーン休みと呼ばれる。


ハロウィンのために魔女やお化けに仮装した子供たち
ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・デイ)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランドおよびイングランド北部においては広く普及したままであった。
ハロウィンの行事 [編集]

トリック・オア・トリート [編集]

「トリック・オア・トリート (Trick or Treat) 」の習慣は、クリスマスの時期の酒宴(古い英語で wassailing と呼ばれる)の習慣に似た、soulingと呼ばれるヨーロッパの習慣から発展したと思われる。11月2日の死者の日に、キリスト教徒は「魂のケーキ (soul cake) [5]」を乞いながら、村から村へと歩いた。物乞いをするときには、亡くなった親類の霊魂の天国への道を助けるためのお祈りをすると約束した。魂のケーキの分配は、サウィン祭のとき徘徊する幽霊に食べ物とワインを残す古代の風習に代わるものとして、キリスト教会によって奨励された。

ジャックランタン
「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern) 」(お化けカボチャ、カボチャちょうちん)は、オレンジ色のカボチャをくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで照らしたもので、最もハロウィンらしいシンボルである。ハロウィンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置く。これは「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を象徴したものである。
詳細は「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」を参照
仮装 [編集]


大きくオレンジ色の外皮が特徴的なアメリカのカボチャ
ハロウィンで仮装されるものには、幽霊、魔女、コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神、などの民間で伝承されるものや、ドラキュラやフランケンシュタインのような文学作品に登場する怪物が含まれる。ハロウィン前後の時期には、これらのシンボルで家を飾る。
1990年代以降、仮装の対象としてあまり扱われなくなったモチーフも多い。黒人・インディアンなどは人種差別の見地から、妊婦や身体障害者なども同様の見地から好まれないようになった。
ダック・アップル [編集]
「 ダック・アップル (Duck Apple) 」(リンゴ食い競争)はハロウィン・パーティーで行われる余興の1つで、水を入れた大きめのたらいにリンゴを浮かべ、手を使わずに口でくわえてとるゲーム[1]。
アガサ・クリスティ著『ハロウィーン・パーティー』の中ではこのリンゴ食い競争の他[6]、昔から代々伝わってきたゲームとして、小麦粉の山から6ペンス硬貨を落とさないよう小麦粉を順番に削り取る「小麦粉切り」や、ブランディが燃えている皿から干しブドウを取り出す「スナップ・ドラゴン」(ブドウつまみ)などが紹介されている。
日本での受容 [編集]

日本では宗教的背景の上でハロウィンを開催している例は皆無といってよく、クリスマス等と同じくあくまでイベントとして楽しむもので、娯楽化、商業化されたものである。
ハロウィンのパレードとしてはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」が知られる。このパレードでは約3000人による仮装パレードで約10万人の人出を数える(2010年で14回目)[7]。
東京ディズニーランドでも1999年まではイベントはなかった。しかし、2000年に入ってから次第に秋のイベント化し、今では9月初旬からイベントが始まる。
欧米系島民が多数在住する東京都小笠原村父島では、島民の秋のイベントとして定着しており、幼年の子どもたちの大多数が参加する程の盛況振りを見せている。
日本のカトリック教会でも11月1日の「諸聖人の日」を祝日としているが、プロテスタントを含め、キリスト教会あるいはキリスト教系幼稚園等の行事としてハロウィンが行われることはほとんどない。まれに行われる場合も宗教とは関係のない世俗的親睦行事と位置づけられる。
2007年10月27日にはJR山手線、大阪環状線に数十人のグループが押し寄せ、車内の蛍光灯を外す、網棚の上に寝転ぶ、他の乗客とトラブルを起こすなどして電車を遅延させるなど暴徒化する者もいた。JR内での騒動は1990年代から散発的に報道されていたが、2005年から大きく報道されはじめた。しかし状況は改善せず、2008年にはJR側が警視庁と連携を取りながら事前にビラを配り、ガードマンを配置するなど対応を強化するなどの対応をとった[8]。
ハロウィンが題材の作品 [編集]
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月17日 08:33:47 : hVWo8DcXjM
2012.6.17のフジ報道2001の平井が又元気になってきて占い?法案が通れば、選挙は晩秋!立命経済卒の馬鹿が八卦見?オセロの占い師みたいな素人、政治学も知らない御用マスコミの証明。

02. 2012年6月17日 09:17:41 : hVWo8DcXjM
ジャックランタン
ハロウィンのジャックランタン。
20世紀初頭にカブで作られた伝統的なジャックランタン。
ジャックランタン(英: Jack-o'-Lantern, ジャック・オ・ランターン)は、アイルランドおよびスコットランドに伝わる鬼火のような存在。名前は "ランタン持ちの男" の意。火の玉の姿の他、光る衣装を身に纏うカボチャ頭の男の姿であらわれることもある。別名提灯(ちょうちん)ジャック。
目次 [非表示]1 伝承上の人物2 灯具3 フィクションでの登場4 関連する項目
伝承上の人物 [編集]

生前に堕落した人生を送ったまま死んだ者の魂が死後の世界への立ち入りを拒否され、悪魔からもらった石炭を火種にし、萎びて転がっていたカブをくりぬき、それを入れたランタンを片手に持って彷徨っている姿だとされている(→ウィルオウィスプ)。
また、悪賢い遊び人が悪魔を騙し、死んでも地獄に落ちないという契約を取り付けたが、死後、生前の行いの悪さから天国へいくことを拒否され悪魔との契約により地獄に行くこともできず、カブに憑依し安住の地を求めこの世を彷徨い続けている姿だともされている。
旅人を迷わせずに道案内をすることもあるという。
灯具 [編集]

この話がアメリカに伝わったのち、カブのランタンは、移民したアイルランド人によりアメリカでの生産が高かったカボチャのランタンに変化したが、スコットランドでは現在もカブ(ルタバガ)を使っている。この他、毎年10月31日のハロウィンの日に作るカボチャのロウソク立てをジャックランタンと呼び、善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果があるといわれている。


03. 2012年6月17日 09:32:09 : RsreIIQ23Y
政局予想屋の平井ボーヤが
晩秋に総選挙だって
増税賛成の公明支持のみなさん
自民も民主も解散せずに
トリプル選挙です
来年は財産はたいて
頑張ってください

04. 2012年6月17日 11:39:00 : PCJFou3KSg

意味不明。


05. 2012年6月17日 12:54:01 : lRYfivAqeo
選挙が楽しみですね〜〜〜。必ず天罰が下る!!!

国民を舐めたらアカンデ〜〜〜〜ヨ!!!


06. 2012年6月17日 16:35:14 : qOoMv2KpBc
クルクルパー投稿はやめろ!

・・・まー、これが阿修羅の本質なんだが。


07. 2012年6月17日 19:14:06 : hVWo8DcXjM
野田の膨張しきった顔は豚顔と思っていたが、どなたかが『土手のカボチャ』と至言。美味しい有用な豚に失礼だったと反省した。とんかつ大好きには豚を悪く言いたくない為。

野田は中身をくり抜かれたカボチャのはち切れんばかりのハロウイーンのランタンにソックリだ。そんな顔は魑魅魍魎の悪魔顔と言う事。平気で嘘吐き、ブーメラン演説、それで代表・総理になったのにそれが盗作・代作だった事は明白だ。自分が言った事を平気で悪びれず消費増税に命かける。早く死んでくれ!日本国民の為に。


08. 2012年6月21日 12:52:21 : 0SpTWFMxbU
腐った巨大カボチャ。
総理大臣になってから、人相が悪くなりましたねー。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧