★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 679.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東電OL事件の謎 この国を覆う途方もない力 大飯原発再稼働
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/679.html
投稿者 kitchin55 日時 2012 年 6 月 20 日 20:14:43: 2ivZDLx2OTlMY
 

http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2012/06/post-a68b.html

東電OL事件には、こだわる。
この事件は、原発事故後から振り返れば、およそ見え方が違う。
桐野夏生「グロテスク」は切り口が全く見当はずれだった可能性がある。そのことを桐野氏本人も嘆いているようにも思われる。
ネットで広く流通している、この事件が、どこかの「ムラ」と関係しているという見方を否定する材料が見当たらないからだ。
「ムラ」退治の手がかりを、この事件が残していてもおかしくない気が益々強くなってきている。
以下、本文である。
----------------------------

何に対して、怒りを向ければいいのか。

検察(警察を含む)なのか、政府なのか、メディアなのか、東電なのか、さらに大きな誰かなのか、それともこの社会の、あるいはこの世界の構造なのか。
今の僕には、「東電OL殺害事件」と呼ばれてきたこの事件に、一体誰が、このような力を加えているのか、不明だ。
それを“マフィア”と呼ぶのは容易だろうが、その実体が何なのか、とにかく、僕には、わからない。
そしてひたすら恐ろしい。

大飯原発の敷地内には、活断層があることが明らかになった。
その大飯原発について、一国の総理が「安全だ」と断言して、再稼働を表明した。
あの誠実な印象の強い嘉田由紀子滋賀県知事まで、再稼働(一時稼働)に同意させられたのは、僕には、信じられないできごとだった。
何か途方もない力が、そうさせている。
東電OL事件を、どこまでも歪ませようとする力は、この力の周辺から発されている。

朝日新聞が、6月8日から10日まで3回に分けて、『15年の叫び 東電社員殺害』と題する検証記事を掲載した。

ゴビンダさんの友人や、2審無期懲役判決の根拠とされた供述をしたとされる、現場アパートの大家にも取材したすぐれた記事だ。

だが、この記事は、この事件に触れれば触れるほど、あからさまになる決定的な矛盾について、寸前まで接近しながら、敢えて避けている。

被害者の体内に残された精液が誰の物かが、まともに問題とされてこなかった経緯について、第3回に当たる6月10日の記事には、このような記載がある。

“別の捜査関係者は「(体内精液の)鑑定をそれほど重要視しない警察の姿勢もあった」と認める。「事件当日の夕方に被害女性と性交し、事件発生時刻にはアリバイがあった男性と同じO型だったことから、証拠として重要視されてこなかった」”


体内精液は、この「アリバイのある男性」(以下、Aという)が、コンドームを使用せずに、性交に及んで残した物になっていた。ポイントは、Aが「コンドームを装着せずに性交した」と供述していなければ、そのようなストーリーにはならないことだ。

Aは、被害者と約束の上、ホテルで、買春に適切なだけの対価を払った(むろんホテル代は客持ちである)。正規のなじみ客だ。
被害者が、将来を嘱望される俊才であったことは公知(社会に広く知られた事実)であり、Aは、被害者の知性に惹かれた客だと想像される。肉体の関係を伴う売春にあっても、人気のある女性は、何かしら人間的な魅力があるという。被害者の場合、固定客にとっての魅力は、何よりも、売春にはふさわしくないほどの、すぐれた知性だったろう。
そうした被害者のなじみ客であったAが、ゴビンダさんとは、ほど遠い裕福な階層の日本人男性であったことは容易に推測可能だ。

そのAが、コンドームを使用せずに性交したと供述しない限り、朝日新聞のこの記載は成り立たない。

Aの供述は、それ自体として極めて不自然だ。
一定の社会的地位があれば、性病の感染がどれほどのダメージになるか、容易に想像できる。
まして被害者は、風俗嬢の中でも最底辺を蠢く街娼をしており、性病検査を定期的に受けていた形跡も窺えない(性病罹患を恐れるから、旧日本軍は、日本兵にコンドームを支給していたのだ)。

コンドームを使用せずに性交した(そして、被害者体内に精液を残した)という供述自体が極めて不自然なのだ。

そして、ゴビンダさんの再審開始の決め手となった鑑定によれば、被害者の体内精液はAのものではない。
むろん、Aの精液が別に検出された訳ではない。第三者の精液だけが被害者の体内にあったのだ。

すなわち、Aが、コンドームを装着せずに、性交して、射精した事実は、ない。

Aは、意図的に、虚偽を供述している。

ゴビンダさんを犯人とした捜査・判決は、全てAの虚偽供述を大前提としている。

あまりにも明らかなのは、Aが虚偽の供述をして、検察の捜査を誤らせ(?・合作の可能性も?)、無実のゴビンダさんの15年にわたる取り返しの付かない人生を奪ったことだ。

ところが、記事は、このあまりにも当然の疑問に封印してしまう。
一連の検証記事では、関係者に取材し、公判の模様も取材しながら、この当たり前の疑問をスルーしてしまうのだ。

この検証記事によれば、

“弁護団の一人も「B型の元被告に不利な証拠ではなく、鑑定の必要は感じなかった」と語る。”

とするに止まっている。

はるか遠方から、この事件を見ているだけでも、Aは、捜査関係者と、2審の裁判官、そして有罪判決を確定させた最高裁を除けば、今回の冤罪事件の最大の責任者である。このことは、普通に考えれば、誰にも明らかだ。
ゴビンダさんの代理人弁護士であれば、国家賠償とともに当然にAに対する損害賠償を考えるだろう。

しかし、Aの虚偽供述については、ゴビンダさんの無実を晴らすために、献身的に弁護に当たった勇敢な弁護団ですら、触れることができない。Aの責任に触れることは許されないのだ。

さらに付け加えれば、僕が、この事件に関心を持った傑出した著作の著者である佐野眞一氏すら、この疑問に対して何らの示唆も示さない。

「アリバイのある」Aは誰なのか、Aはなぜ虚偽供述をしたのか、この疑問が解かれるまで、そして、真犯人が明らかにされるまで、この事件は終わらない。

この事件の真犯人を明らかにすることは、その社会的地位からはおよそ考えられない街娼という心身を賭した奇矯な行為に及んでまで何かを訴えたかったと思われる、被害者があの世から望んでるいるような気がしてならない。

これからも、恐怖に怯えながら、この事件には拘りそうだ。
いつまで拘るつもりかと言われれば、地球の表面から消除されるまで、と答えれば超格好いいし、お守りになるかもしれないので、そうしておこう。  

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月20日 21:44:08 : dlp5rHUhkk
今や原子力は100%安全ではなくなったのです。原子力発電所にミサイルを打ち込まれたらどうしますか。あらゆる可能性を検討しなければならないのです。地震、津波、火山の噴火、戦争を想定して安全対策を万全にできるのでしょうか。東電OL事件の真相を追究してください。彼女は東電の企画室副長だったのです。極めて汚い人物破壊工作ではないかと思われるのです。原子力の安全性を地震学者の立場から問題提起した人(島村英紀氏)も冤罪で刑を受けています。

02. 2012年6月20日 22:05:50 : 8UzFzDXlxw
原発広報HP作成業者に3年で10億円が渡っている件について
インターネットの掲示板に書いたら、歩いているとき女性の横を
通りすぎようとした瞬間その女性のスカートがすとんと落ちて
下半身下着だけになった。その後地下街に行ったら、スカートが
まくれて下着が丸見えの女性がすぐ近くに立ってた、それから
駅のベンチに座ったら、すぐそばのベンチの女性が立ったとき
スカートがまくれあがって下着丸見え状態になった、という様な
ことが身近に頻々と起こるようになった。

何とかして貶めてやろうという勢力が確実に居る。
原発関連とか電力関連広報や、原発労働者管理してるような
勢力と同一勢力だろう。

原発広報HP作成業者に3年で10億円が渡っている件について、
制作業者追及してみれば、上記のような性的陥れ仕込みが、すぐ
あなたの身にも降りかかってくる。
東電OLの件も解明できる可能性がある。
みなさんも業者追求に挑んでみてくれ。


03. 2012年6月20日 22:47:07 : Op2sM8LHZQ
 東電OLは東大卒で「地熱発電」の提唱者だった。彼女の論文は大変優れており、父親とともに「地熱発電」の研究を精力的にやっていた。
 1997年3月、原発より地熱発電が有望≠ニの優れたレポートを書いたエリート東電OLが殺された「東電OL殺人事件」で、犯人とされたネパール人の男性が再審請求を勝ち取ったが、完全な「冤罪事件」だった。
 同年4月、「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」が成立し、それまで国庫補助対象だった地熱発電≠ェ外された(地熱はエネルギー資源不足の日本にとって純国産の再生可能エネルギー資源として有望視されている)。
 被害者のOLは死後、売春婦だった≠ニマスコミに報道され、東電の技術者で反原発の父親も同じ年に突然の癌≠ナ死亡した。

04. 2012年6月20日 22:59:27 : J3bY7ZW9hc
そういえば売春手帳がエライ事務的だった気がする。売春ならコンドームを付けさせるだろう。いやそれより本人が知性とはかけ離れた色基地外だったとしても場末の不特定多数を相手にする売春を選ばないだろう。いや外人なら誰でもいいと言う感じだったのだろうか。それなら黒人が入っていないのはおかしい。もう結局複雑すぎてわけが分からなくなる。佐川君事件の方が簡単だ。それにもう一つ不思議なのは親も動顛したり悲しんだそぶりを見せなかった。坦々と事実を受け入れていたと記憶している。親も諦める何かを知っていたのだ。売春婦として殺されることを驚かない何かを知っていたのだ。もー本当にわけがわからない。

05. 2012年6月21日 02:00:36 : DiDb5Qc5EA
今までにも投稿してきたが、
Aがコンドーム〜 と同様に、被害者もコンドームを使用させるはずである。
従って、体内の精子は犯人の者であると思う。
普通の状態なら、コンドームを使用させられていたはずだからだ。

それと、警察は出来る限りの鑑定をしているはずだ。しないはずがない!
ゴビンダ氏が犯人であると言う鑑定が出れば、有罪にもっていき易いからだ。
都合の悪い鑑定結果には、知らない顔をしているはずだ。

しかし、この売春は理解に苦しむ。(5千円程度と言う金額の安さからもだ!)
本当に売春をしていたのだろうか?
我々が外人を見ると区別がつき難いのと同様に、外人も日本人は判り難い。
似た様な女が居れば、メイクでどうとでもなるだろう。

貧しい外国人に対するボランティアという事では納得出来ない。
今となっては、全てが闇の中と言う事だろう。


06. どぶさいら 2012年6月21日 03:41:31 : loFw68yS.9s8U : StD4ulU0xI

>今となっては、全てが闇の中と言う事だろう。

今の腐った司法界の感覚では、ほとんど、そういえるかもしれないが。

何しろ、どうやら、まともな捜査はされておらず、予め意図された作為の混沌の中にぶちこまれているのだから。

しかし、真実に迫る力は、今や、数百倍に増しているのではないか?


07. hatayo-ku 2012年6月21日 18:12:40 : YYpe.skc/2gyw : vADJ26RFZg
    僕もニュースや新聞でこの記事お目にしたことがあるけれど、この事件の裏には何か大きな力が蠢いていると思った。本当に日本の警察は腐ってる。どうして正しいこと押している人がこんな目に合うのだろうか。全く理解ができない。     

08. 2012年6月21日 21:25:56 : Q5D5fFKwyw
猫パンチ村
どうか、地球の表面から消されないようにしてください。
黒木さんもそうだけれど、犯罪にどす黒い権力が絡むと、容赦しない。

09. 2012年7月16日 19:26:06 : NnEaB876bg
 泰子さんのような方がどうして遅い時刻に治安の悪い地区に入られていたのでしょうか。泰子さんは独りで、原発労働者だった方々の調査をされていたのではないでしょうか。おでんやサラダやビールなどそのような元原発労働者にお話を聞くための手みやげだったのではないでしょうか。手帳に書かれていた金額は売春のお金ではなく、泰子さんが支払った情報提供料なり生活補助費だったのではないでしょうか。たしか3500円とか5000円とか1日数件とか、売春ではあり得ない金額と回数だったように記憶しています。
 「原発ジプシー」に出てくるような方と接触しているうちに、原発労働者を供給している組織の認識するところとなったのではないでしょうか。 
 事件被害者として亡くなられた泰子さんに対する興味本位のバッシングにはどのような意味があったのでしょうか。東電が泰子さんをおとしめたかったとしか思えません。それは原子力推進事業に反対の意見を持つ社員に対する見せしめの意味があったのではないでしょうか。
 東電の勝○会長が「東電はや○ざさえあつかえる。」と居丈高にインタビュアーにおっしゃったとどこかで読みました。居丈高になるとき、案外人間はふだんの心理的防備がとれ、本当のことを言うことがあります。恐らく本当にや○ざを扱ったことがあったのでしょう。それが泰子さんの殺害事件だったのではないでしょうか。
 この事件が起きた頃、日本国民は警察・検察・裁判所がぐるになって捏造を行う可能性があるなどとは夢にも思わなかったものでした。今、泰子さんの悲劇とその後の茶番は何だったのかを国民は考え直す必要があると思います。

10. 2013年11月19日 18:00:11 : o50whEifEo
Aは手帳に記載されていたそうですな。
そして、事件発生後すぐに東電を退社したそうですな。
何でも、今は大手製薬会社の社長らしいですな。
Aはどうして東電をやめられたのかな?
被害者の体内に残された精液がAのではないということなら
Aは誰をかばったのでしょうな?
Aは総理経験者の子らしいですな。
被害者とAは親密だったのでしょうな。
その仲をメチャメチャにしたかったのでしょうな。
誰がAの名を手帳に書いたのでしょうな。
Aが東電に残っていれば今は社長だったかも知れませんな。

11. 2014年5月29日 02:28:56 : qRHcGH33Kk
荒野の声 NO.116


原発関係者の不審死
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano120422.html

私の身近な人物から恐るべき情報が寄せられた。これを見ると日本もアメリカ並みになったなあと思わされる。日本人はこんなにも非情な民族であったのだろうか。それともアメリカからの差し金、あるいは工作員の仕業なのだろうか。これは原発事故の放射能より怖い話だ。


 〜〜〜〜〜


2002.10/25石井紘基議員 暴漢に襲われ死亡原発利権を追及していた
http://twitter.com/#!/kharaguchi/status/74616286386196480
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E5%88%BA%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


1997/3/19 東電OL殺人事件父が東電社員で、娘が東電に入社父は、原発の危険性を指摘したため、降格させれら52歳で病死父と同様に反原発派になり論文も提出OLどころか企画部経済調査室副長と立派な管理職そのときの部長が勝俣会長、課長は藤原副社長(参考文献:東電OL殺人事件 [単行本] 佐野 眞一 (著) )
http://www.ne.jp/asahi/davinci/code/history/hanzai2/index2.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧