★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 719.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
主権者国民はシロアリ退治なき消費増税を否定する (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/719.html
投稿者 祈り 日時 2012 年 6 月 21 日 15:15:42: HSKePa2Cm.aPs
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-1ed3.html
2012年6月21日 (木)
主権者国民はシロアリ退治なき消費増税を否定する


「主権者国民連合」の活動として実施している民主党国会議員への公開質問状送付に対する「増税反対」の回答が続々と送付されてきている。

野田内閣提案の「シロアリ退治なき消費増税」案への反対を明記する議員は想像を超えるほど多くなると思われる。

日本国憲法は国民主権を定めている。

日本国憲法前文を改めてご確認いただきたい。

「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、(中略)主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。

われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」

主権者である国民が政治の根幹に存在する。

主権者国民の意思に沿う政治を実現することが「マニフェスト選挙」を実施した根本理念であった。

政党は責任ある公約を示す。主権者は公約を吟味して政権政党を選択する。主権者国民から国政を委ねられた政党は、責任をもって公約を遂行する。

もちろん、世の中は変化するから政権は変化に対応しなければならない。しかし、進むべき方向は、主権者国民との約束=契約に基づくものでなければならない。


中国の四経の基本書『大学』の次のくだりをしっかりと胸に刻む必要がある。

「その本乱れて末治まる者は否(あら)ず」

基本に忠実でなければならない。

そして、『論語』にある次の言葉。

「信なくば立たず」


民主党内で野田氏がスイシンする「シロアリ退治なき消費増税」に反対する正統派の議員に対して、「政局がらみ」と批判する声があるが、この批判が「政局がらみ」なのだ。

「シロアリ退治なき消費増税阻止」の旗を掲げて選挙を戦ったのが民主党だ。主権者国民はこの方針に賛成して民主党に政権を委ねた。

この民主党が「シロアリ退治なき消費増税」の旗を掲げて選挙を戦い、主権者国民に否定された自民党と結託して「シロアリ退治なき消費増税」を推進するのは「詐欺」以外の何者でもない。

野田佳彦氏がスイシンする消費増税提案には、根本的な「矛盾」がある。

「矛盾」あるものは最終的に立ち行かなくなる。

これが政治における何よりも大事な基本だ。


野田氏は現在の国会議員の多数を丸め込めば法律が成立し、思うように事が運ぶと考えているのだろう。

しかし、この考え方には致命的な欠陥がある。

それは、議員の数が意味を持つ根拠は「民意の多数」であって、「民意の多数」と切り離された「議員の数」に重い意味はないからだ。

「消費増税を含む税制の抜本改革を行う際には、必ず総選挙で民意を問う」

ことが確認されてきた。

国会で、民意を踏みにじる消費増税法案を可決、成立させても、それで消費増税が実施されることにはならない。

最終的には、総選挙で主権者国民が判断して決定する。

野田氏が暴走して民意を踏みにじる消費増税法案を国会で強硬に可決させても、最終的に総選挙で国民がこれを是認しない限り、消費増税は実施されない。

この意味で、次の総選挙が何よりも重要になる。


政治の迅速性、無駄の排除を重視するなら、総選挙で民意を確かめてから立法作業に入るべきだ。ところが、野田氏がこの基本を無視して暴走しているため、やむなく順序が逆転する。

次の総選挙を必ず「消費増税選挙」にしなければならない。

その際、重要なことは、「シロアリ退治なき消費増税反対」を主張する政治勢力が総選挙での勝利を得るために、選挙協力を実施することである。

小選挙区制の特性として、選挙区では同じ主張を示す候補者を一人に絞り込むことが何よりも重要になる。


もうひとつの柱は、消費増税法案に賛成した民主党議員を必ず落選させることだ。

この「落選運動」こそ、次の総選挙のもうひとつの柱になる。

「主権者国民連合」が実施している公開質問状は、「落選運動」を実施するための基礎作業でもある。

民主党国会議員には、選挙の際の主権者との約束=契約=マニフェストを尊重することの重要性をしっかりと認識してもらわねばならない。

主権者国民の清き一票を足の裏で踏みつける行動が、主権者国民からどのように評価されるのかを、身をもって知らせる必要がある。それが、民主主義の基本を重視するための行動である。

「消費増税法案に賛成する民主党議員を必ず落選させる」

これをネット上の連帯運動として日本全国に広げる。


国民の多数は、財政再建に反対しているわけでも、消費増税そのものを否定しているわけではない。

しかし、財政再建を実現するためには、官僚利権を根絶することが二重の意味で不可欠だ。無駄をなくすという意味と、国民の理解を得るという意味の二つだ。

民主党はこの点を重視して、消費増税検討の前に官僚利権を切ることを確約した。

ところが、その確約を野田氏が踏みにじっているのだ。


次の総選挙では、必ず、「シロアリ退治なき消費増税反対」勢力が勝利する。

勝利させねばならない。


恒例の野田・岡田「天下り決死隊」による三大演説動画サイトを今日もご覧賜りたい。

野田佳彦氏2009年7月14日演説
http://www.youtube.com/watch?v=-3wVwe8a_8c&feature=player_embedded

野田佳彦氏2009年8月15日演説
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

岡田克也氏2009年8月11日演説
http://nicoviewer.net/sm13731857

・・・・・


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. どらみ 2012年6月21日 15:36:04 : TaxpTeHRktbIQ : 384mLCJ0q2
植草さんの仰るとおりです。

次の決戦の場は、総選挙です。
増税への賛否を争点にして、まずは野田民主党執行部&自公の悪の枢軸を、壊滅させましょう。

とりあえず今回の選挙では、ほかの問題については争わず、国民を裏切った勢力を一掃するために、このタイミングでの増税に反対する政治家たちは協力しあいましょう。

増税を阻止した後については、必要ならばもう一度総選挙をやったらいい。そこで民主党、自民党は消滅に追いやり、新たに国会で多数を得た勢力が、増税以外の諸問題に取り組んだらいい。

そうした手順を踏まない限り、日本の民主主義は正常な形に戻らない。


02. 2012年6月21日 17:23:54 : YbXogOJg2A
大前研一が小沢一郎のことを「政局野郎」と呼びました。正論を述べても反映しない日本の国会ではまず選挙で勝って国会に帰って来て、同じ主張を続ける事が大切です。小沢さんも選挙に勝ち続けたからこそ国会で主張出来るのです。マッキンゼィ育ちのCIAの犬が小沢さんを非難するなど100年早い。

03. 2012年6月21日 17:51:29 : y2lzRkszro
さすがは植草先生です。
真に「国民の生活が第一」の運動の中に身をおき、政局を考え、運動の進捗状況をふまえた理念こそ理念の名に相応しいと思われます。
どうやら小沢一郎氏も新党結成へ腹を固めたようです。
状況はまだまだ紆余曲折が予想され、我々にとって厳しいものと思われますが、「国民の生活が第一」を望む我々国民一人ひとりも、決して楽観論ではなく、厳しい状況を認めた上で、あらゆる弾圧、謀略活動に毅然とした態度で立ち向かうよう腹を固めねばなりません。
                名もなき民

04. 2012年6月21日 19:38:11 : rWmc8odQao
きっこ氏
「民主党の中堅議員、若手議員の皆さ〜ん!マニフェストを無視した野田首相の消費税増税案に賛成したら、あなたは次の選挙で100%落選しますよ〜!
野田政権の一員として民主党に残ったら、あなたは次の選挙で100%落選しますよ〜!
日本中の有権者は野田政権に怒り心頭なんですよ〜!」
https://twitter.com/kikko_no_blog/status/215749941694447616

100%敗戦と分かっていても引くに引けない、それが日本軍。石頭が上層に上がっていく不思議なシステムがあるのは今も昔も変わりません。
石ころが浮かんで、木の葉が沈む、不条理の世界がココにあります。
そういうバカバカしい封建組織は早めに崩壊させましょう。

植草氏、がんばってください。応援しております。


05. 2012年6月21日 20:25:22 : oGt2NtOuC6
☆三党合意(消費税増税)に86%が反対、賛成は11%だけ。
 Yahooみんなの政治の調査によれば圧倒的多数が消費税増税に反対している。小沢グループには国民が付いているのだから自信をもって反対してほしい。
ジャン

06. 2012年6月21日 20:58:27 : PqWgA2001M
6月23日(土)午後1:00より
小田急ハルク前で有志による街頭演説会を行います。
主題は「小沢一郎を総理大臣へ」

落選運動の手始めとして 長妻昭(東京7区 渋谷、中野)の落選運動も同時に行います。


07. 2012年6月21日 21:58:01 : sUpHQ8Q75g
そうか
いよいよ日本にも春が訪れるか

08. 2012年6月21日 23:13:41 : ZhpePlsl4M
長妻は渋谷だったか。目黒と勘違いした。よし、わかった。

09. 2012年6月22日 00:47:56 : rWmc8odQao
川内博史氏
「マスコミは、消費大増税法案に対して、賛否のみを聞いてくる。大事な事は、社会保障と税の一体改革と言いながら、社会保障は後退し消費大増税のみになった3党合意は、民主党の自民党化であり許されざることであるということ。賛否表明より、最後まで合意の撤回を求めて努力することが、私の役目。」
https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/215818081233145856

そういう役目もキチンとこなしてくださいませ。そして採決時の反対票の投票もしくは欠席をお忘れなく。


10. 2012年6月22日 01:09:21 : rWmc8odQao
岩上安身氏
「窓の外を見れば、空は晴れているのに、家に届く新聞や茶の間のテレビは「今日も土砂降りです。増税しかありません」と繰り返す。今の日本の現状を戯画化して伝えれば、そういうこと。
 海外の資本は日本国債を買い増ししている。3月末で前年同期比23%増。財政危機に瀕しているなど真っ赤な嘘。日本国債が世界中から安全資産とみられているのは、何も隠された情報ではない。窓の外を自分の目で見れば、わかる程度のこと。
 日本政府は、安全な国債を危険であるかのように嘘をつき、危険な原発を安全であるかのように吹聴する。あべこべである。」
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/215831755213651969
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/215831781281234944

新聞のコラムのようなTweetですね。
人はモノを見ているようで見ていない。目で見ているのに見えていない。


11. 2012年6月22日 02:22:50 : rWmc8odQao
田中稔氏
「消費増税法案の衆議院採決は来週に先送り。今、大切なことは、ここで筋を通す政治家を孤立させないこと。小沢・鳩山グルーブに社民党や、リベラル市民も連携した、国民大連合を。」
https://twitter.com/minorucchu/status/215821158052925441

実質的官僚主義国家日本を民主主義国家にしたいと願う人々は大連合しましょう。
そして、言うべきことを言っている、ちゃんとした政治家を擁護しましょう。


12. 2012年6月22日 03:10:28 : rWmc8odQao
荻原博子氏
「医療保険の保険料は来年も上がるってことですよ。年金の保険料も上がっていく…年金は上がるは、医療保険の保険料は上がるは、電気代は上がるは、今度復興増税はくるは、子ども手当ては減るは、子どもの控除はなくなるは、そういう目白押しの中に、消費税ですよ。怖いですよね。これで景気が回復するというのは、どういう風になって回復するのか、ちゃんと説明してほしいですよね。説明がないですよ。

…(首相)就任のときに「もうノーサイドにしましょう」と言ってたくせに、自分からグチャグチャにしてしまって、よく分からないですよね」
http://podcast.joqr.co.jp/podcast_qr/tera_pod/terapod20120621.mp3 (8分50秒あたりから)

論理もヘッタクレもなし。それでは何を言っても国民には理解されません。当たり前のことです。


13. 2012年6月22日 15:07:26 : 52vR2j5s7g
野田さんが口先だけで「ノーサイド」と言っただけで実行していたらこんな醜い民主党になっていない。小沢さんの見識と政治的センスを生かされないのが実にもったいない。つくずくアホの集団と思う。小沢さんに大義と正義があります。

14. 2012年6月22日 16:30:02 : vtaXSg5Mqs
 増税で財政再建した国はありません。野田の言う「消費増税」でも景気が落ち込まないとしても13.5兆円の税収増でしかありません。それでは50兆円以上の穴を埋めることが出来ないのは小学生の算数でも分かることです。
 かつての藩政改革を思い出して下さい。米沢の上杉鷹山はどのようにして破綻寸前の藩を立て直したのか、長州の村田清風はどのようにして年貢収入の35年分に達した借財銀8万貫の藩財政を立て直して幕末に雄藩として維新へ突き進む財力を蓄えたのか、薩摩の調所笑左衛門はどうやって危機的な薩摩藩の財政を立て直したのか。
 歴史に学べば結論は明らかです。官僚たちの冗費を削減し国内には殖産興業を振興して交易規模を拡大し活発に行うことです。つまり官僚たちのシロアリ体質を改革し、通貨当局を督励してマネーサプライを増やして超円高を是正し、GDP14%の貿易額を中国や韓国並みの35,36%に高めれば経済成長に伴いデフレ経済から脱却して放置していても国債は実質的にインフレ率分ほど減額することになる。
 経済成長に伴う年5%のインフレなら、年に50兆円ほど減額していくことになる。チマチマした「消費増税」などよりも遥かに効果が大きい。しかも橋本政権時代に3%から5%に消費増税して見事に景気悪化を招いたことがある。今度はその時の比ではない。5%から10%への消費増税など狂気の沙汰である。

15. 2012年6月22日 18:01:09 : nQPAO1hzzU
私は増税に反対です。
以下の場合であれば賛成。
1.景気弾力条項
2.イボイス方式
3.消費税の冠に社会保障の目的とつける
4.逆進性の緩和
5.所得減税を同時におこなう
これだけの条件は賛成論者はとても飲めないか
まあ忘れてください

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧