★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 766.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党の谷垣総裁は、法案賛成にまわる代価として「話し合い解散」を見込んでいのに、それが不首尾に終わりそうだ
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/766.html
投稿者 TORA 日時 2012 年 6 月 22 日 13:29:44: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu266.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
自民党の谷垣総裁は、法案賛成にまわる代価として「話し合い解散」を
見込んでいたのに、それが不首尾に終わりそうだと焦っているのだろう。

2012年6月22日 金曜日

◆消費税増税法案成立でも焦りが募る谷垣禎一自民党総裁の誤算 6月22日 田中秀征 [元経済企画庁長官]
http://diamond.jp/articles/-/20471

国会の会期末を控え、消費税増税法案についての民・自・公3党の修正合意が成立。一気に展望が開けたように見えるが、谷垣禎一自民党総裁の顔に歓びはない。むしろ、日増しに焦りの色が濃くなっているように見受けられる。

 谷垣総裁は、変節した野田佳彦首相と比べて愚直なほど一貫して消費税増税の必要性を強調してきた人。ようやく念願がかなうところまで辿り着いたのだから、もっと元気になっても当然であろう。

 推察するに、谷垣総裁は、法案賛成にまわる代価として「話し合い解散」を見込んでいたのに、それが不首尾に終わりそうだと感じて焦っているのだろう。

 政治の局面が大きく展開したとき、そこには必ず勝者と敗者がいる。

 今回の勝者は、財務省と、与野党の財務省OBの政治家と言ってよい。

 すなわち、財務省と民主党の財務省OB、それに自民党の財務省OBの“鉄のトライアングル”が勝者であった。(もちろん、それは現時点のことである)

 野田首相はそれに乗って走り、ここまで歩を進めてきたが、財務省に身を委ねたことによって生じた民主党内の亀裂など今後の政治的困難を思えば、それほど歓んではいられない。

解散を避けたい“鉄の三角形”と野田首相
そして取り残される谷垣総裁
 さて、谷垣総裁には解散要求に関して2つの大きな誤算があった。

 1つは、そもそも「話し合い解散」を、法案賛成の交換条件とすることは、公然とした大義名分には成り得ないことだ。

 政治的密約としてはあり得ても、世論に訴えるにはかなりの無理がある。単なる党利党略、政党エゴとみられることが避けられない。

 おそらく彼が解散・総選挙を主張し続けたのは、落選している多くの同志への温情であろう。

当初の谷垣氏の主張は、法案を作成したら審議採決をする前に総選挙で民意を問うべきだということであった。それなら筋が通り、世論の圧倒的な支持を受けただろう。それを徹底できなかったことが失敗であった。

 もう1つは、衆議院の解散・総選挙を最も避けたいのは、前述の“鉄のトライアングル”と野田首相だということを察知できなかったこと。

 法案を成立させても、直後に総選挙があれば凍結派が圧勝して「単なる消費増税」では葬られることは目に見えている。

 それに、解散・総選挙までそれなりの期間がなければ、実務上の準備を進めて既成事実を積み重ねることができない。また、「駆け込み需要」と「復興特需」によって「経済状況の好転」を実現させる時間もない。

 この認識はそのまま野田首相にも吹き込まれているだろう。

 財務省サイドでは「谷垣さんには解散を言わせておけ」と言うことだったのではないか。

 おそらく谷垣総裁は、修正協議が始まって以来、自分が取り残されていくことを肌で感じてきたに違いない。

 ただ、今回の勝者はあくまでも一次予選の勝者に過ぎない。このまま最後の増税実施まで行くかというと、そうならない可能性の方が高いと私は考えている。

 まずは、採決後の民主党の行方と、その後の3党の協力連携に注目したい。特に民主党中間派と言われる人たちの政治家としての覚悟を測る絶好の機会だと思っている。

◆支離滅裂、党利党略だけの自民党、公明党・・・明日採決しろ!でも今日限りの会期延長は反対! 6月21日 江田けんじ
http://www.eda-k.net/column/everyday/2012/06/2012-06-21.html

自民党、公明党は一体何を言っているのか?!

 日頃は、国会で十分審議?してと言いながら、増税関連の3党修正法案については、昨夜、国?会に提出されたばかりなのに、ろくろく審議もせず、明日採決しろ?と迫る。

 さらに支離滅裂なのは、明日の採決を主張しながら、今日が会期末?の国会延長には反対する。とても常人では理解しがたい、すべて「?党利党略」だけの政党だ。

 その「党利党略」ぶりを解説しよう。

 まず、なぜ、自民、民主は採決を急ぐのか。それは報道されているとおり、早期に民主党の分裂を誘い、早期解散に追い込むためだ。そこで、わざわざ本日、民自公の幹事長会談を開いて「明日採決するよう最大限努力」と合意した。

 なのに、なぜ、今日限りで終わりの国会会期延長に自民、公明は反対したのか?矛盾するではないか。それは、せいぜいお盆前までの延長と思っていた両党が、9月8日までの大幅延長を決めた民主党に裏切られたと思ったからだ。これでは、だらだら国会が続き、早期解散に追い込めなくなる。

 要は、相変わらず国民不在の、政局オンリー、統治党略オンリーの政治が展開されているのだ。「筋」や「論理」、「正当性」のへったくれもない。

 ちなみに、みんなの党は、日頃、「通年国会」(一年中国会開会)と、平場で国民注視の下での国会審議を重視しているので、本日の衆院本会議でも大幅会期延長に賛成、そのうえで、増税関連法案等は十分審議すべしという立場だ。昨日も、私を含め野党6党幹事長で衆院議長に申し入れ、「丁寧な審議をするよう民主党の国対委員長には伝える」との言質を得た。

(私のコメント)


ニュースの焦点はもっぱら小沢一郎の動きに焦点が当たっていますが、自民党がなぜ三党合意に動いたのかと言うことだ。おそらく三党合意と引き換えに「話し合い解散」が密約されていたのに、民主党は大幅な会期延長で騙されたと始めて気がついたのだろう。谷垣総裁は人が良いだけで政治家には向いている人物ではない。そんな人物を総裁に据えるようでは自民党も人材がいない。

自民党は黙っていても選挙になれば民主党批判票が集まって政権復帰が出来る見込みなのに、なぜ三党合意に動いたのだろうか? 自民党も消費税増税に賛成すれば批判票も取れなくなり勝てる選挙も勝てなくなることが谷垣総裁には分からないのだろうか? 「話し合い解散」は密約だから「だまされた」と言う論理は成り立たない。野田総理はマニフェストと正反対の事を平気で出来る男だから「密約」も反故にすることなど平気だ。

79日の大幅な会期延長は、消費税増税の既成事実作りのためであり、「話し合い解散つぶし」なのだ。これらの設計図を描いているのは財務省であり、自民と民主の大蔵OB議員たちなのだ。しかし民主党内の反対派も54名の造反者が出れば与党は過半数割れするから、野田総理不信任案も通る可能性がでてくる。そうなると消費税増税に賛成した自民党と民主党対消費税増税に反対した新党の対決になってしまう。

そのような選挙が行なわれれば、自公民三党合計でも過半数割れして新党が第一党になる可能性がある。現在のような経済情勢で消費税増税すれば90年代の日本よりも酷い状況になる事は明らかだ。谷垣総裁は解散総選挙に焦りすぎて三党合意に踏み切ったのだろう。これには私も驚いた。交渉ごとでは欲に駆られたほうが騙される。

自民党ではあくまでも消費税増税では選挙で民意を問えと言うのが正論であり選挙でも民主党批判票が集まり自民党は大勝したはずだ。それが三党合意で谷垣総裁は台無しにしてしまった。解散総選挙を先送りにしたいのは民主党全員の願いだし、財務省も解散には大反対だろう。解散総選挙で増税反対派が勝てば増税法案は潰されるからだ。

自民党の谷垣総裁がバカだからこうなるのですが、一番喜んでいるのは「新党」で出馬する候補者たちだろう。新党ラッシュが出来て「みんなの党」や「維新の会」などが統一会派を立てて200以上の選挙区に候補者が出ると言う話がありますが、選挙参謀には小沢一郎がなるかもしれない。橋下徹と小沢一郎は万が一のためにパイプが出来ている。それとは別に石原慎太郎が橋下徹と組む話が出ていますが、どう動くのだろうか?

三党合意で民主党も自民党もダメな政党である事が国民にばれてしまった。霞ヶ関の言いなりなのは民主も自民も変わりがない。霞ヶ関が実権を握っている限り増税路線は変えられないし、公務員制度改革も手が付けられない。シロアリ官僚を退治してくれるのは「新党」が政権を取らなければ無利だろう。民主党の失敗を生かして政権を取ったらすぐに法案を提出して成立させる事ですが、参議院では既成政党が多数派だが、来年には参院選挙もある。実績を上げれば参院選でも「新党」が勝つ可能性がある。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月22日 13:34:08 : 0ZWBY5H2nY
最近のトラとNEWSーUSは毒まんじゅうを食った感じで誘導的で面白くない見立てが多い。

02. 2012年6月22日 13:45:40 : lRYfivAqeo
チャリンコだにがき、また転倒か???一緒に野田ブ〜タと引っ込め!!

お前ら無能共はお終い!!!自滅、憎下、民主クーデター一派議席減らす!!!

二人ともオーラが無さ過ぎ!!!!話も下手だ。


03. 2012年6月22日 13:53:59 : 0B1iuTGoak
野田はペテン師であり詐欺師である。谷垣も伸テルも馬鹿だからころりと騙される。普通の出来事である。野田豚を信用したら痛い目にあうのは民主党の反増税派たちによって立証されている。よりにもよって自民公明の馬鹿たちは野田の二枚舌、さらに赤い三枚目の舌に気付かない。お人よし。法案賛成したものの解散はなし。ざまぁみろと勝ち誇る野田豚に罵声の嵐。不信任案を出して、小沢頼み。そ知らぬ顔で却下。そして無事に民主は安泰。自民は壊滅。伊吹何某の目論見が事前に漏れるようじゃ勝てる試合も負けだわな。野田豚舐めて焼けどするの巻。哀れな谷垣政界引退とか。ノブテル自民離党し、親父頼み。日本の政治は恐ろしい。

04. 2012年6月22日 14:34:29 : uv3t8mF4Cs
ノダ豚は財務省の操り人形説を見事に分析した。

05. 2012年6月22日 14:49:20 : VmwONS8AKA
「自公民三党合計でも過半数割れして新党が第一党になる可能性がある」
TORA君そんなこと有り得ないだろうが、三党合計では間違いなく過半数は超える。

「橋下徹と小沢一郎は万が一のためにパイプが出来ている」
小沢が橋シタ小僧と組むことを考えているとしたら余程の馬鹿だ、小沢もそれほどの馬鹿ではあるまい。
野田坊やは何せ坊やのやることだから何を考えているのか予測がつかない。

何れにせよこのグータラ国のことは政界だけでなく何から何まで馬鹿馬鹿しくて話にならない。


06. 2012年6月22日 15:00:20 : lFtrGPhedw
消費増税なら選挙を=橋下大阪市長
大阪市の橋下徹市長は22日、消費税増税を推し進める民主党の対応について、「増税するのだったら信を問うたらいい。増税や社会保障の議論は選挙を踏んでからやるべきだ」と批判した。市役所内で記者団の質問に答えた。
 橋下市長は「(民主党が)前回の政権交代選挙の時、『増税しません』と言ったのを国民ははっきり聞いており、それを前提に票を入れている」と強調。その上で、消費増税への路線変更は「党内手続きは踏んでいるのかも分からないが、国民との手続きは踏んでいない。重大な手続き違反だ」と述べた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012062200442

小沢と歩調を合わせるかのように来たな。
注意すべきはカスゴミの二人を組ませない工作


07. 2012年6月22日 15:17:48 : l2wLeeJmIs
谷垣のあせりは
小沢氏の新党の可能性で
解散しても勝てないと
地方から声が出ていると
やっと状況分析できたからじゃないか?

小沢新党(正義)が出来たら
庶民の敵に協力した悪者の
NO2集団になるんだからね。


08. 2012年6月22日 16:21:29 : FQWHm0NNiQ
すぐ前言を翻す橋下とは何の約束もしないことが大事。

小沢系候補は消費税増税反対を貫き、国民の生活第一に考えればよい。


09. 2012年6月22日 17:55:15 : BDDFeQHT6I
小選挙区制で新党が第一党になるのは至難の業だ、この二大政党制を想定した選挙制度は大政党に圧倒的に有利になっている。
新党が勝利するには全国のすべての選挙区にそれなりの候補を立てそれなりの金を使わなければ勝てない、400名からの候補者と100億近い資金があって初めて自民・民主と互角に戦えるようになる。
確かに今選挙をやれば自民も民主も議員数は減らすだろうが、第三極がトップに立つことは有り得ないだろう、橋下氏や河村氏が幾らがんばっても政局のキャスティングボードを握る程度の勢力になるか疑問だ、唯一可能性があるとすれば充分な選挙基盤を有している小沢グループが新党を立ち上げて橋下氏や河村氏と選挙と政権運営についての充分な合意が出来ればこの3者で第一党になれるかもしれないが過半数は難しいのではないか。
寄せ集め勢力での過半酢割れの政権運営は日本の政治の混迷を招くだろうが、現内閣が政権を担い続けるよりはベターかもしれない。

10. 2012年6月22日 17:59:53 : 3Ke2cdsdHU
面白い。 自民党も消費税反対派が分離すればよろしい。 過去に何を言ったかなど問題にしない野田式にやれば良いのなら、話は簡単では無いのか。 どの道次の選挙は、消費税反対の方が勝つに決まっているから、大義名分などは知ったことじゃない。 来年の参院選挙を考えるのなら、今が離党のチャンスだということぐらいは誰でも判る。 自民・公明・共産なども消えてなくなるのが当然の成り行きだろう。 議席が無くなればただの人になるが、今更ほかにたつきの道のないことを考えれば勝ち馬に乗り換えしかないね。 N.T

11. 2012年6月22日 19:18:00 : BIgfJMRMNE
要するに谷垣も野田のペテンに一杯食わされたと言う事だろ?
野田は本当に人を騙すのが得意だな。

12. 2012年6月22日 20:00:20 : HbEKwKsW2k
>>08

いや、いくら橋下がきに食わなくても、少なくとも候補者の調整くらいはすべきだ
増税反対派が同士討ちして、増税賛成派が漁夫の利を得たら一番馬鹿馬鹿しい。


13. 2012年6月22日 21:04:12 : CEXPR9HOqo
>>12
あまい。橋下は大阪市長という立場で1月にテレビに出演し、野田内閣を絶賛していた。そして異心八策で消費増税にTPPを掲げ、野田内閣と何ら変わらない売国集団と暴露したのだ。その上、福井県大飯原発再稼働の問題もちょっと電力不足を過大にして脅せばあっさり前言を翻した。いくら再稼働の権限がないからといって、計画停電は大阪市や関西広域連合が迫れば念密な計画の下、対応ができたのだから万全に練るよう煮詰めれば良かったのだ。

それなのに明確に安全ではないと関西電力が認めながら、そしてそれを異心が追求しながら、そうした危険な大飯原発を再稼働容認するとあっさり翻し、あとは言い訳ざんまい。目も当てられんわ。

あの程度の小僧と協力してもまたバカを見るのが落ちだ。正直言って、橋下徹は小泉純一郎と野田佳彦を足して2で割ったようなどうしょうもない屑だ。俺は絶対に支持しない。小沢もあの程度の野郎と組んだら終わりだな。そうなれば小沢もB層だ。

これは感情論ではなく、橋下徹の言動や異心八策、そして異心のメンバーを見れば一目瞭然。


14. 2012年6月22日 21:12:30 : FQWHm0NNiQ
谷垣の政治生命?それは何かね、そんなものがどうしたのか。

そんなもの羽根より軽いだろ。変わって誰が出てくるのか。

目つきの悪い兵器オタク 石破か
都知事の坊や 石原か それとも腹壊しの安倍くん
京都の伊吹くんか、元保守党の野田くんか 
まさか 小池ゆり子 悪い冗談か

しかし自民党も人材がいないのう。


15. 2012年6月22日 21:46:12 : VoHQXX9kmw
武村の懐刀の田中秀征の言うことだから、話半分で聞くけど。
石原なんかは消費税増税を旗印にしているんだから、相容れるわけがない。

16. 2012年6月22日 21:53:51 : CEXPR9HOqo
消費増税を掲げるバカはTPPも掲げるどうしようもないバカで、そろいもそろって経済音痴。今や財界までもが経済音痴だ。デフレ下で消費増税だからな。海外の財界人は皆クレイジーと表現しとるぞ。それほど愚かでバカバカしく話にもならんという事だ。経済音痴は我欲で動いているか成金で這い上がったバカだから、歴史から経済学を学ぼうとしない怠け者だ。ああいう脳天が腐った外道共を地獄へ葬りたいわ。

17. 2012年6月22日 23:39:38 : KG1Vwfy5TM
面白く読ませていただいた。

18. 2012年6月23日 13:01:17 : OSyHQPJQ1I
自民党に期待している人間、
つまりネトウヨの精神構造が理解出来ない。

日本の国益に、ならないと言う観点から見れば分かるけど

増税、原子力政策、層化と連立

もはや人間の進化の分かれ目に来ている様に見えるww


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧