★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 839.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
闇株新聞「がんばれ小沢一郎!」自民党のしたたかさが書かれています。
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/839.html
投稿者 日本一新の夜明け 日時 2012 年 6 月 24 日 09:12:20: Rz0UsIHlblQyg
 

日刊闇株新聞
http://yamikabu.blog136.fc2.com/


ハムレットの週末政局「メルマガ発信です」

 有料メルマガ「闇株新聞 プレミアム」の発信が始まってからも、この無料メルマガの更新は(不定期ながらも)続けるとお約束していたのですが、気がつけば前回の発信から1カ月以上もたってしまっていました。

 ここでは、世界の金融市場の出来事など出来るだけタイムリーな話題を書いていきますので、そのまま登録しておいて下さい。このメルマガは無料のまま続けます。

 さて、週明け26日に予定されている消費税関連法案の衆議院での採決では、否決・造反を明言している小沢一郎氏にどれだけ同調者が出るかがカギなのですが、その構造を少し「分かりやすく」書いてみましょう。

 そもそも、この大不況下での「消費増税」だけでも「暴挙」なのに、本来セットであるはずの「社会保障改革」が実質棚上げされ(間違いなく消えてしまいます)、議員定数削減も議論が辛うじて残っているだけで(最終的には違憲判決をクリアーするだけの5減案だけになると思います)、最重要の公務員改革や特別会計の埋蔵金の利用などの「本当の改革」は完全に消滅してしまっているのです。

 最大の問題は、この消費税関連法案(関連するものがなくなっているので、単なる消費税率引き上げ法案なのです)が低次元の「政治の駆け引き」に使われていることです。

 つまり自民党と公明党の思惑が「何もせずに実質与党化する」ことに変わっているのです。採決の前に解散して「民意を問う」と政権は取れるかもしれませんが、結局自らの手で再び増税論議をしなければならないからで、「政治リスクも金も時間もかからない究極の国会対策」を選んだのです。

 それでは与党・民主党議員は何を考えているのでしょう?

「もし小沢一郎に同調して出ていく議員が増えたら、この場合こそ内閣不信任や解散があるかも知れず、無かったとしても小沢グループ(新党)が今後のイニシアティブを握ってしまうので同調するべきか、せざるべきか?」とハムレットのように揺れているのです。

 つまり国政を預かる責任感や政治の信念などとは全く関係なく、動向(小沢一郎氏に何人同調するか?)によって身の振り方を「決断」しなければならないのです。

 こういう場合「力学的」に考えて、同調者が「一定数」を超えると堰(せき)を切ったように雪崩れ込みます。

 その「一定数」が何人なのかは科学的には計れませんが、「かなり近づいてきている」ような気がします。

 まさに「ハムレットの週末政局」なのです。
 
 野田首相及び軽量級の民主党執行部にとって(そもそも何でこんなものに一生懸命になっているのか分からないのですが)最大の失策は、週末の22日に採決してしまわなかったことです。

 普通、議員は週末に地元(選挙区)に帰ります。そこで選挙民から「なんで増税に賛成するのか?」などと詰め寄られると、もとより政治信念などないので「またしてもハムレットになってしまう」からです。

 月曜日の午前零時の「闇株新聞」では、「今週の世界の金融市場」について書くつもりなのですが、「ハムレットの週末政局」の動向次第では「かんばれ小沢一郎!もう少し」にするかも知れません。

がんばれ小沢一郎!
http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-489.html
 最初にお断りしておきますが、本誌は特定の政党や政治家を応援することはなく、小沢一郎氏に対しても特別の「思い」があるわけではありません。

 ただ消費増税を巡る、与党民主党だけでなく野党自民党・公明党を巻き込んだ「あまりにも露骨な国民不在・詭弁と誤魔化し・焼け太り狙い」の行動に対し、ほとんど唯一「体を張って主張を貫いている」政治家だからです。

 国民を代表しているはずの国会議員が矮小な目的のためにコロコロ立場を変えるなかで、「国会議員として当たり前の行動」をしているからです。

 国会で採決されようとしている消費税関連法案とは、本来セットであった社会保障改革が突然出てきた国民会議へ1年もの期間をもって棚上げされ(どうせ途中で消えてしまいます)、さらに議員定数是正(これは辛うじて議論が残っていますが)や公務員改革や特別会計を含む行政の無駄の見直しなどが完全に消滅し、一方的に国民に負担のみを押し付ける「醜悪」なものにいつの間にか変身しているのです。

 ここまで来ると、最初は「財務省のマインドコントロール」で始まったものが、「低次元の政治の駆け引き」に使われているのです。

 さて、今国会の会期が9月8日まで延長されました。これもいろいろ「思惑」があるようなのですが、この消費税関連法案(関連するものが無くなってしまっているので、単なる税率引き上げ法案ですが)は、来週月曜日(6月26日)に採決されるようです。

 しかし週末を挟むと選挙区に帰って批判される議員の「腰がふらつく」可能性があるため、明日(22日)に強行する可能性もあります。

 採決そのものは民主・自民・公明の話し合い(要するに談合)が出来ているため可決は間違いないのですが、ここで小沢グループが何人造反に回るかです。

 53名が造反すると民主党が衆議院で過半数を割れるのですが、基本的には自民党と公明党の「選挙をやらずに今すぐ与党になる」という思惑が根底にあるため、あまり意味が無いような気がします。

 こうなると「解散もあるはずがない」ことになり、自民党も来年夏の任期満了の1〜2ヶ月前に解散して「解散に追い込んだ」というメンツを保つだけでしょう。

 だとすると「民意を反映する機会」が当面失われてしまうことになり、選挙が来る頃になると「誰が公約を破ったか」などは忘れ去られてしまうのです。

 正直に見て「小沢グループの打てる手」は非常に限られてきます。あとは小沢氏のいう「何のために国会議員になったのかよく思い出してほしい」という呼びかけに、何人が応えるのかという「精神論」だけになってしまいます。

 だから、がんばれ小沢一郎!なのです。

 本誌もかつての社会党のように「何が何でも消費税反対」というつもりはなく、「まずはぎりぎりまで無駄を省いて、経済回復を優先し、それらの効果が見えてからやるべき」だと言っているのです。

 ついでに言うと、1997年の消費税引き上げは「これらの配慮がかなりされていたにもかかわらず、かなりの不況を招いた」のです。

 海外のエコノミストが「日本が消費増税を行うなら、より積極的な金融緩和や、やや積極的な財政支出が期待されるので円安になる」と予想し、実際に海外市場では多少「円安」になっていました。

 「完全な間違い」です。

 消費増税(要するに税率の引き上げだけ)さえ通してしまうと、後は大不況になっても「放ったらかし」になるからです。

 「消費増税になると増税前の駆け込み需要で、一時的に景気が良くなるのでは?」というコメントを頂いているのですが、残念ながら全く期待できません。なぜなら実際の引き上げは2014年〜15年なのです。

 2014〜15年に増税があることが分かっているのに(そこで消費活動が低迷することは分かっているのに)、今のうちに設備投資や在庫投資や雇用拡大をする企業はありません。

 あまり指摘する人がいないのですが、実はこのタイミングこそが「最悪」なのです。つまり、すぐに増税できない場合は(当然出来ないのですが)、実行を先送りする増税決定は「もっとやってはいけない」のです。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月24日 09:38:26 : QtNGqnzwR6
闇株新聞は経済板だろ

02. 日本一新の夜明け 2012年6月24日 09:48:57 : Rz0UsIHlblQyg : BqDYEsofgE
政治記事でしたので政治版に投函しました。

03. 2012年6月24日 10:44:23 : nqcQ2HigPw

>正直に見て「小沢グループの打てる手」は非常に限られてきます。

54人以上が離党すれば、内閣不信任案提出するでしょう。

参議院の審議で、消費税増税の可決前の9月に提出すれば、
不信任案は優先採決だから、審議されることになる。

自公が内閣不信任に賛成すれば、解散で、消費税法は廃案になるし、
不信任に反対すれば、「増税派」との批判ができる。
会期は、多少、延長になるだろう。

2014年の国会も、新たな会期になり、
内閣不信任案で、アピールすれば良い。

来夏の選挙まで、消費税廃案の受け皿として、準備ができる。



04. 2012年6月24日 10:46:35 : DWOficeX6U
このサイト、毎日チェックしてます。面白い記事がいつも掲載されてます
小沢さんには、ここは踏ん張って、造反、離党で与党を過半数割れに転落させるべきです。
私が投票した民主党は、もうないです。

05. 2012年6月24日 10:56:47 : W970AptWOA
可処分所得が増えない状況下において、
インフラにかかる経費(電気料金)をアップし、
介護保険代をアップし、
消費税額をアップすれば、
日本の経済状況はガタガタになるし、
それにともなって民心は荒廃し、
いまでもそうなりつつありますが、社会秩序は乱れて行くことでしょう。
そうやって、あの戦争のときのように、
国家と国民にツケが回ってはじめて国民は、
気がつくということでしょう。

06. 2012年6月24日 18:10:12 : oIn6Li8jfA
慌てなくても
菅政権時に有権者は消費税上げに反対だと
菅政権の民主党大惨敗で結論を出している。

野田が再び消費税上げを持ち出したと言う事は
民主党を潰す為にやってる事の証明

自民党も公明党も民主党と一蓮托生で責任を負うことになる。

小沢新党の方が有利な戦いが出来る。


07. 2012年6月25日 09:25:49 : Gj2jKcS0tM
闇株さんは親小沢じゃないけど、反権力だよね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧