★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK132 > 231.html  
民主党、三分裂か? 中間派の行方  鳩山由紀夫「社会保障と税の一体改革関連法案採決にあたって」を読んでの予感
http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/231.html
投稿者 晴れ間 日時 2012 年 6 月 28 日 13:14:30: FhUYgDFvAt2/E

【投稿者の意見】
 政権交代後の民主党の混乱は、起こるべくして起きています。未熟な党の機構整備。明確な綱領もなく、党規則もない。およそ、政党とは言い難い党の運営と組織のあり方。
 マニフェストを完全反故にする政治に突き進んでいる野田執行部。それに羊のように追随する多くの中間派議員。消費税増税法案のような、社会福祉の「棚上げ」と国家機構の「改造放棄」、官僚既得権益勢力の利益擁護でしかない「一体改革」法案。そのような、党存立の根幹にかかわるほどの重要法案を、両院議員総会での議決も経ずに、執行部「一任」で討議打ち切り、独裁的にゴリ押しするという、およそ民主主義の原則とはかけ離れたやり方。
 こういうことをする政党にも、それを容認する政党人、党員にも、民主主義を語る資格はありません。

 国民の夢と期待を担った「政権交代」が、ここまで無様な姿に陥った理由は何でしょうか。下に引用する鳩山由紀夫氏の意見が、参考になると思います。
 政権交代後のマスコミによる民主党叩きと苛烈な小沢叩き。マニフェストを捨てろ、公約は守るな、破れ、と叫び続けてきたのは、ほかならぬマスコミです。官僚独裁・大資本・既得権益勢力の利益の「代弁者」兼「当事者」として、マスコミは、民主党正統派を攻撃し続け、政権交代の夢と実を灰燼に帰させたのです。これらの勢力はまた、対米従属推進勢力でもあります。

 衆議院での消費税増税法案の採決に際し、小沢グループだけでなく鳩山グループからも、「造反者」(造反=マニフェスト遵守)が、少なからず出ました。容易に推測されることですが、鳩山氏も、野田執行部派にこれ以上政権を牛耳られると日本の民主主義が危ない、このままでは民主党が消える、と考えたのではないでしょうか。おそらく鳩山氏は、民主党の三分裂を想定し、中間派の受け皿となる新党立ち上げを決意したのでしょう。
 中間派とは、松下政経塾出身者を中心とする野田政権執行部派の動きにはついていけない、しかしマスコミと検察・司法権力からの集中砲火を浴びている小沢派に行く勇気もない、その中間でおろおろしている人々です。

 国民は(少なくとも私は)、そういう日和見主義の議員には期待しません。今の国難の主要因は、グローバル化により、日本資本主義が国民にパイを分け与えられなくなったことにあります。冷戦下の特殊な位置では、日本はアメリカ合衆国に依存、従属することで利益を得てきました。しかし冷戦終結とともに、それは終わりました。新興国の台頭とともに、日本のお家芸であった製造業の拠点は、日本以外のアジアや新興諸国に移りました。日本の輸出大企業は、国内ではリストラを進めていますが、海外では大量採用を続けています。国内の雇用は伸びず、内需は縮小しています。所得は伸びず、生活不安に怯える社会では子供は生まれません。少子高齢化と人口減少が進みます。マスコミの攻撃に怯える中間派の日和見主義議員に、この国難を乗り切る決意と胆力はあるでしょうか。国民生活擁護のための断固とした行動を取れるでしょうか。否です。

 しかし、私は、鳩山氏とそのグループの勇気ある反対投票に敬意を表したいと思います。今の状況では、中間派の受け皿となる政党を作ることが、日本の政治の混乱を避ける最良の道だと考えます。全ての人が果敢に行動できるわけではありません。小沢グループと鳩山グループで、役割分担することも必要でしょう。
 いずれ「第二の民主党」(党名は何でも可)、ないし「第三極」も含む「政党連合」が生まれ、旧勢力連合(自公と民主党政権簒奪派)と新勢力連合(小沢新党と第三極)の間で「第二の政権交代」が起きることを期待します。

【鳩山氏の声明】
http://www.hatoyama.gr.jp/

   社会保障と税の一体改革関連法案採決にあたって


私は6月26日の衆議院本会議に緊急上程される「社会保障と税の一体改革関連法案」の採決において、政府提案の消費税法改正案については、反対いたしました。

3年前の政権交代で国民が望んだのは、これで日本の政治が変わるということではなかったのでしょうか。そして、その多くの声に応えるために、最もしなければならなかったことは既得権との戦いであったはずでした。既得権により身動きが取れなくなっている政治、経済の現状を変え、国民の皆さまが主人公になって、もっと不公平感なく豊かさを感じて生きていけるような世の中にしよう、というのが我々の主張であり、官僚任せの政治から政治主導へ、それも国民が主導する政治にしようということでした。そのために総理大臣にまで押し上げて頂き、国民の圧倒的な支持の下、既得権に甘えた集団にメスを入れる努力をしました。しかし、米国の意向を忖度した官僚、財務官僚、大手メディアなど既得権側の抵抗は凄まじいものがありました。その力に十分抗し得なかったのは私の不徳の致すところと申し訳なく思っています。
私が目指した方向は決して間違ってはいなかったと今でも思っていますが、その後の政権が、私を反面教師にして、「官僚、米国に抵抗したからうまくいかなかったのだ、そこをうまくやればいいのだ」と180度民主党の進むべき方向が転換されました。何のために政権交代がなされたのか、という憤りを強く感じています。再稼働を含む原発問題、TPPも全く同じ発想です。
そしてこの消費税増税法案です。消費税を上げることは、官僚中の官僚組織、財務省の悲願なのです。

この増税法案に対して地元の意見を聞きました。79%の方が反対意見でした。
また、消費税のアップはいずれやらなければならないとも多くの人々が思っています。
しかし、とくに地方にお住まいの方々にとって、一人平均10万円の増税はとても家計を厳しくしてしまうのではないでしょうか。まずは景気を良くすることが最優先です。

私は、「4年間は消費税を上げる必要はない」というマニフェストを掲げて戦った張本人であり、その間に、野田総理も言ったように、シロアリ退治を徹底的にやるべきであり、シロアリ退治をしないで消費税を上げても、甘い汁を吸いに来るシロアリにたかられてしまうことになるのです。

社会保障と税の一体改革と嘯きながら、社会保障の部分がよく見えません。最低保障年金や後期高齢者の問題など、一番強く訴えたことを、これから国民会議にかけるということであれば、国民会議で結論が出た時に、その財源をどこに求めようかという議論をしても遅くありません。

今民主党に必要なのは、原点に立ち返った政権与党としての理念と政策だと思います。
本来であれば今は、昨年3月11日に東北地方が受けた未曾有の大災害を、国民が一丸となって団結と絆の名の下に復興を目指して力を合わせて尽力している真最中の筈です。
それが現実はその教訓を生かすことなくいつの間にか過去のこととして忘れ去られようとしています。政治の責任は3・11を風化させてはならないのです。現執行部は政権与党としての使命を忘れ、先の選挙で国民がNGを出した旧態依然の自民党の姿そのものに成り下がってしまった感すらします。原発事故の影響で今でも16万に及ぶ人たちが放射能の洗浄も行われず避難生活を不本意にも強いられているにも拘わらず、野田内閣は経済活動を優先するあまり、事故原因が究明されず国民の多くが疑問符を感じる中、原発再稼働に踏み切りました。そしてこの渦中に国民に負担を強いる消費税増税を自公民の談合政治で成し遂げようとは言語道断です。
民主党が政権与党として国民の期待を担うべきことは何なのでしょうか。

単なる消費税増税法案採決の数合わせだけをニュースの焦点として取り上げる報道も問題です。今はまだ東北復興の途中であり、福島の原発事故を教訓として今何を論じていかなればならないかに気づかなければいけないのです。マスコミは政局を占っているときではありません。復興に向けて日本が一丸となっている真摯な日本国民の姿に世界の多くの人々が感銘を受けた事実を忘れてはいけません。

民主党の創業者として立派に振る舞ってほしい、という声も党内から頂いています。
私は民主党を誰よりも愛していますし、その思いで今日まで行動してきたつもりです。
今は、民主党を正しい道に戻すことが私の役割であると思っていますし、間違ったことだけは絶対にやらないという覚悟で仕事をしたいと思っています。

  6月26日
                            鳩 山 由紀夫

.  

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月28日 13:19:35 : kNyy4rC2rI
野田を降ろせばいいだけの話。

党内で倒閣運動をすすめるべき。

自民党が「小沢らを切れ!さもなくば審議に応じないぞ!」と野田を脅迫しているので、
党内に消費税増税反対派が居座れば、審議も遅れて、消費税増税法案を廃案に追い込める。


02. 晴れ間 2012年6月28日 13:30:17 : FhUYgDFvAt2/E : kbr3KeNyL6
投稿者です。はじめての投稿なので、投稿実現まで、少し手間取りました。
野田執行部派を民主党から上手に追い出すには、どうすればよいか。
鳩山氏が「真正民主党」を作り、現在の執行部に同調したくない議員を集めればよいと思います。分党です。

そうすれば、次回の選挙で、有権者に選択肢を示すことができます。

分党後は、小沢党と鳩山党は、選挙協定、政策協定を結べばよい。
みんなの党や、維新、社民党とも、是々非々で共同行動を取ればよい。

残る問題は、連合ですね。このまま反国民路線を付き進むか、少しは非組合員大衆のことも考えるか。
自立した市民なら、自主投票となるのでしょうが。


03. 2012年6月28日 13:33:30 : TStHrdSn5M
間違ったことは絶対にやらないという覚悟、と言ってる時点でもうすでに間違ってるのでは。
鳩山は総理になって、政治資金と脱税の疑いで財務省に首根っこを締め上げられ、
アル中の藤井と野田を財務大臣と副大臣にした時からこうなることを
分からなかったとすれば、その技量に大いに問題ありだ。
今後、政界でどの程度の仕事が出来るのかはなはだ疑問が残る。

小沢が言うように国民の為の政治を命がけでやれば少しは見直すけど、多分無理だろうなぁ。


04. 晴れ間 2012年6月28日 13:37:47 : FhUYgDFvAt2/E : kbr3KeNyL6
>>01
野田だけを下ろしても、類似の残党がいる限り、クーデタ派のやりたい放題も、中間派の日和見主義、右顧左眄も変わらないでしょう。こういう風見鶏は信用できません。
野田派と中間派の間に楔を打ち込み、連合の組織票を野田派から引き剥がすのがよい、と考えます。

05. 晴れ間 2012年6月28日 13:44:48 : FhUYgDFvAt2/E : kbr3KeNyL6
>>03
鳩山は、民主党の「象徴」なのです。
鳩山のいない民主党は、亀井のいない国民新党と同じです。
鳩山のいるところが真正の民主党です。

どの派も一度純化して、その後再結集すればよい。
もちろん、小選挙区ですから、選挙協定は必要です。


06. 2012年6月28日 13:46:06 : l2wLeeJmIs
シロアリが
いつの間にやら
神様に

いずれ喰われる
野の田は肥える。


07. 晴れ間 2012年6月28日 13:55:53 : FhUYgDFvAt2/E : kbr3KeNyL6
9月の民主党代表選挙までは、小沢グループも。鳩山グループも、最大限ねばるべきです。増税法案廃案に注力すべきです。

鳩山グループは、民主党に居座ってもいい。
しかし、党内の主導権を握れるかどうかは、疑問です。
議員の人間的な「質」が、クーデタ派とは違います。


08. 2012年6月28日 14:36:15 : xiDl6ZrNYg
所詮、民主党の中間派は捨て駒でしかない。
対等に遇してもらえない。

それに引きかえ、国民新党は僅か数人の吹けば飛ぶようなグループであるが、
民主党政権とは連立政権を組み対等である。


09. JohnMung 2012年6月28日 14:57:45 : SfgJT2I6DyMEc : VwMpY9l7I2
政治・行政による持続的大量殺人は断じて見過ごせない。

 殺人は火器や刃物によるだけでなく、政治・行政による殺人も十分あり得る。
いま国民が直面している事態はまさしくそれであり、民主主義の破壊=専横政治による持続的大量殺人である。
 裏切り・売国・人殺し推進の野田政権中枢・民主党幹部に協調して、生活破綻、経営破綻・雇用の喪失→自殺者等死者の増大、犯罪の増大に加担するか、それとも ポストやカネ等をちらつかせ消費税増税への賛成ないしは棄権を迫る卑劣極まりない勧誘をはねのけ、政権奪取の原点に返りマニフェストにない消費税増税に反対の意思表示をするか、私たちは議員一人ひとりの投票行動を注視してきた。
 結果は、財務官僚誘導の「三党合意=野合」のもと詭弁・威迫・籠絡等悪辣極まりない画策を続ける野田代表・総理はじめ政権中枢・党幹部に屈する形となった。
 しかし、私たちは、国民・有権者との約束(マニフェスト)の原点に戻り、毅然たる態度でシロアリ擁護の野田総理らと対決する小沢氏と氏に同調する議員を支援し、今後とも行動を共にする。
 座して、生活困窮→死を含む悲惨な結末は望まない。これは、一握りの権力・既得権益亡者(シロアリ)と多くの市民・国民との闘いだから、引くわけにはいかない。

◆野田内閣は裏切り・売国・人殺し推進内閣! ―菅内閣の特性を増幅・専横化―

 権力亡者・既得権益死守(シロアリ擁護)の野田簒奪政権とそれを支える勢力による詭弁・威迫・籠絡等悪辣な画策が執拗に続けられている。正義も大義もない卑劣な奴らのやり方に憤りを禁じ得ない。
 私は、菅内閣を売国人殺し内閣、野田内閣を売国人殺し推進内閣と断定する。
 菅内閣が、一昨年6月自公提案の津波法案の棚晒し・放置をしていなければ、東日本大震災で被災・発生した2万人近くの死者・行方不明者の何割かは免れていたと断言する。また、菅内閣の情報隠蔽・二枚舌等不的確な対応によって、福一の被災者が増大したし、多くの福島県民等が未だに展望が持てない状況に置かれている。
 野田内閣は、国民生活を守ることから目をそらし専ら既得権益死守(シロアリ擁護のエサ創り)の消費税増税を強行している。実施されれば、毎年3万人を超える自殺者をさらに増大させ、自殺しないまでも生活難・経営難から生活弱者・中小企業と雇用者に塗炭の苦しみを押しつけ、そのうち生活破綻→死に至る者が少なからず出ると断言する。
 自公も同罪である。自公は元々消費税増税を推進することを目指してきたし、財務官僚に呼応して、消費税増税に向けた数々の悪辣な画策を執拗に続けてきたことから、国民・有権者から野田内閣に勝るとも劣らない鉄槌を受けるべきである。


10. 2012年6月28日 14:59:29 : JwDwgGy09c
「官僚主導から政治主導へ」を支持して民主党を支持してきましたが、実現できませんでした。
政治家よりも圧倒的に人数の多い官僚が一枚岩で団結を固めているのに比べて、政治家の方は分断されるがままの状態では、やはりいいようにあしらわれてしまうのも仕方がないように思います。
これからは、「官僚の分断」を重視する戦略を立てなければ、いつまでたっても同じ事の繰り返しになってしまうと思います。
官僚もくわしく分析して行けば、それぞれに利害得失、葛藤、諍い、離反などが数多く存在すると思われます。
そこを突いて、官僚を分断支配することによりコントロールしやすくすることができれば、政治主導の行政も夢ではないのではないでしょうか。
同じ事はマスメディアについても言えると思います。
現在の大メディアを中心としたメディアスクラムは非常に強く、国民の意思支配のための情報操作はし放題の状態です。
しかし、綿密に分析すればそれぞれの間には利害の相違などは必ずあると思います。
その違いをこちらからの働きかけにより拡大してゆくのです。
官僚はメディア支配を、この分断支配の方法で行っています。政府公報と言う名の金銭買収や「記者出入り禁止」などの武器を使って支配を行っているのです。
官僚に比べて政治はこの方面でも無力すぎます。

11. 2012年6月28日 16:17:46 : UCzaVORLa2
つぎの選挙で民主は居なくなる。
何をしようが国民の目は変わらない。
ほんとにバカだな。
ウソついて政権を取ってしまった罪は大きい。
地面に頭こすりつけて謝り倒して国民の奴隷になるくらいの
こと言わないと、全滅じゃないのかな。

12. 佐助 2012年6月28日 17:53:39 : YZ1JBFFO77mpI : gHqpcm4bVU

新党は離れた議員も含め落選議員を統合結集させ、民主党と自民党を半減させる方向になると思います。特にみんなの党と連携する橋下新党は、民主党を半減させるでしょう。そして小選挙区と比例区で、新党に吸収されると投票分けが発生するため、新党の当選者の合計は、過半数を越えるはずです。中選挙区制だと新党の過半数割れが発生するので、自公民の話し合い解散が、任期ギリギリで実現化する可能性が高いがわかりません。それは小選挙区の5減と比例区の議席削減と少数党に有利に新配分法の行方次第です。

しかし自民・公明両党は、解散が早ければ早いほど有利と思い込んでいます、どこかの時点で民主党政府に不信任案をつきつけざるをえないでしょう。自民・公明が選挙前に消費税値上げで妥協したので抱きついた民主お化けと一緒に水没して第三の勢力に大敗します。

でも野田政権の のたれ死にと首切りをねらい小沢グループは不信任案をつきつけることになろう,も一度首相(民主党総裁選をやり)の首をすげ替えてから人気の落ちる三ヵ月前に解散の可能性もある。

マスコミは、コップの中の嵐とコップそのものを破壊せよ!という叫びに引きつけられるために、茶番劇(国民には見える馬鹿げたドタバタ芝居)を、正確に報道することも予測することもできなくなっている。とくにマスコミは浮動票が、3対1から1対3に反転する予測もできないだろう。


13. 2012年6月28日 21:17:29 : 6HOLDyROrc
中間派なる集団に属する議員は

国会と、地元とで言うことが全く変わる。さらに発表、発言する場所、時期でも言うことが全く変わる。

早く言えば、信頼できる人物ではない。情勢次第でどちらにでも動くような人物はどの集団に属しようと信頼するに足る人間の集団ではない。

しかし、この種の議員が多い。そのため野田に最後までついて行く人物はほとんどいない。腰砕け人物が多く崩れだすと早い。


14. 2012年6月29日 15:38:37 : cCrcZ0sDf2
>>05  kbr3KeNyL6
>鳩山氏は、民主党の三分裂を想定し、中間派の受け皿となる新党立ち上げを
>決意したのでしょう。
>鳩山のいるところが真正の民主党です。

鳩山は離党はしないと思うよ。
鳩山氏は民主党のオーナーだから。
いくらなんでも鳩山氏が民主党を離党して新党を作って潰されるような仕儀になったらおマヌケな話よ。
そんなの笑い話。

何が鳩山のいるところが真正の民主党ですだよ。
今まで鳩山氏はいたじゃないか!民主党に。
さんざ小沢氏の邪魔ばかりして。
あんまりみんなにたたかれるもんだから、反対票は入れたけど〜鳩山氏はまぎれも無いオリジナル民主です〜。
鳩山が民主党を離党するなんて事はありませんってばっ!
あの目がキョトキョトしてるでしょ!


15. 2012年7月01日 06:52:42 : 4dOySJfSPw
両院議員総会を開けばいい。そして代表信任投票で決めればいいこと。しかし野田はできない、しない。そんなことになれば紛糾。執行部総退陣となるからだ。それは9月にくる。小沢反乱分子とが居なくなれば安泰・・そう考えている。執行部の生存闘争である。国民の否定反発をどのように逃げ延びるか。それしか頭にない。出来損ないの前原岡田をそばにはべらせ、中味のない修飾語で発言しつづける馬鹿野田の真骨頂はどの議員も見抜いている。やり直そうという鳩山の意見に力弱さを感じるが、小沢氏の話となれば、説得力がありすぎる。これは怖い。野田は先が読めず先送り、時間稼ぎで一日でも長くという戦略。それももう限界だろう。国民の官邸前での怒り行動。これは次に民主党議員全員に降りかかってくるのである。わが身可愛いさの我利我利亡者達の改心はあるのだろうか。かなりの数で泥舟から抜け出したいと考えているような気がする。「面白い展開になる」鳩山他人事コメントが真実を伝えている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント投稿場所。
よかったらこの記事の感想を聞かせて下さい。
コメント投稿するとすぐに表示されます。投稿メルマガで即時配信アリ

ペンネーム:
パスワード: ペンネームとパスワードは無くても投稿できます。ペンネーム+パスワードは記録されます。後日投稿するときのためパスワードは覚えておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。これはいつも・みんな同じです。

コメントルールを確認する?
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK132掲示板

ツイッター★阿修羅♪ 投稿コメントツイッター自動つぶやき中

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK132掲示板