★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK132 > 896.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「検察審査会スキャンダル」を徹底的に追及せよ。森ゆうこ議員は、参院予算委員会・・・(山崎行太郎の 『毒蛇山荘日記』)
http://www.asyura2.com/12/senkyo132/msg/896.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 7 月 14 日 11:58:02: uZtzVkuUwtrYs
 

「検察審査会スキャンダル」を徹底的に追及せよ。
森ゆうこ議員は、参院予算委員会において、法務省刑事局長を相手に、
何を問題にしたのか。
それは、検察審査会に、担当検察官が、行っていないという事実である。
つまり、小沢一郎に「強制起訴」議決を下した検察審査会議決は、
無効だということである。

 2012-07-14 :(山崎行太郎の 『毒蛇山荘日記』)


 先日の森ゆうこ議員の、参院予算委員会における法務省刑事局長を相手にした質問と追及に、恐怖感にも似た異様な迫力を感じた人は少なくなかったに違いない。

 いったい、あの迫力は何処から出てきたのか。あれは、司法権力と言う国家権力そのものと直接的に対峙したものが感じる恐怖感と高揚感がもたらした迫力であったように思う。
 森議員は、そもそも、何を質問し、何を追及したのか。
 
 この問題を執拗に追い続けている「一市民が斬る」ブログが、問題の本質をわかりやすく整理しているので、まず紹介しよう。


7月13日 
法務省は検察審査会(=最高裁)を庇って「斉藤検察官検審不出頭」の隠蔽工作!

入手した検察官の出張管理簿から、斉藤検察官が議決前に検審に説明に行った形跡がないことがはっきりした。
http://civilopinions.main.jp/2012/07/76.html

上記の件を森ゆうこ議員が参院予算委員会で追及した。
http://civilopinions.main.jp/2012/07/710.html

森ゆうこオフィシャルサイト参照
http://my-dream.air-nifty.com/moriyuuko/2012/07/post-835c.html


<法務省は森議員に嘘回答をしていた>
以前、森議員が法務省に斎藤検察官の検察審査会への出張記録の提出を求めたところ、以下の回答を得ている。
『......なお、東京地方検察庁に所属する職員が東京地方裁判所内の検察審査会に業務で出向いた場合、両庁舎間の距離が近距離であり、旅費の支給対象ともならないことから、出張扱いとはしておらず、いわゆる出張記録は作成しない取扱いとなっております。』と答えている。
ところが、今回入手した出張管理簿の注意書きには以下の記載がある。
『※1本書は交通費を要しない在勤地内、旅費請求によらない在勤地内及び100キロメートル未満の出張について、出張日毎に作成の上、すみやかに総務課に提出する。』
どこに行こうが出張管理簿は必ず作成するようになっている。
すなわち、法務省刑事局刑事課長が森議員に嘘の報告をしていたということだ。

<参院予算委員会でも、稲田法務省刑事局長がまたも嘘の回答>
森議員の質問に対し、稲田刑事局長は以下のごとく回答した。
「東京地検と東京地裁は明らかに近接していることはご承知の通りだとござ、思いますし、現実に毎日平日には相当多数の検察官らが公判機会などのために、東京地裁に赴いておりますが、これらにつきましても、通常出張扱いとはせず、出張管理簿にも記載していないというふうに考えます。と考えております。えー、ちなみに今ご示しのものは、東京地裁にも行っておりますけれども、併せて、葛飾区小菅にあります東京拘置所に官用車で出向いているということもあり、そのような記載になっているのではないかと思っておりますが、個別の案件については承知はいたして居りません。」
この回答も嘘だ。
検察官が公判で、地裁に赴くものは書かなくてよいはその通りだが、地裁内の検察審査会に説明に行くのは日常の公判業務ではないから、出張管理簿には当然記載しないとならない。
当日官用車で行った分があったので地裁行きも掲載したと言っているが、7月5日の出張管理簿では、堺徹特捜部長が、東京地裁・弁護士会館の2か所徒歩のみでの出張を記載している。(IMG.pdf

<小川敏夫法務副大臣も騙しに加担か?>
これも森ゆうこ議員の著作「検察の罠」の一節(p137〜138)
『 ......当時の小川敏夫法務副大臣が「森さん」と声をかけてきた。
 「森さんが今調べていることは的外れだ。斉藤副部長が9月14日の前に東京第五検察審査会に行ったのは役所の言った通りだから、調べても無駄だ。」
「だったら、副大臣はその証拠を見たんですか?」と尋ねると「見た」と言う。
「じゃあ私にもその証拠を見せてください」と頼んだが、予想通り「見せられない」という答えが返ってきた。そして、「無理に普段開示させない資料まで開示させて、動かぬ証拠を出されたら君が糾弾されることになる」という意味の忠告をされた。
「小川さんは捏造した証拠を見せられたな」と私は思った。
その後、本会議場で、通路を挟んで斜め後ろの席にいる小川副大臣がまた声をかけてきた。
「森さんの追及に耐えかねて、とうとう大鶴(大鶴基成、東京地検次席検事)が辞めたよ。佐久間(佐久間達哉、東京地検特捜部長)も更迭された」......』
小川敏夫副大臣が捏造された証拠を本当に見たかどうかはわからない。
小川氏は、法務省から、森議員の追及をやめさせるよう頼まれ、森議員に嘘の情報を伝え、脅しを入れたのかもしれない。

<起訴議決の主役は、検察でなく、検審(=最高裁)>
多くの皆さんが誤解しているが、検審起訴議決の主役は、検察でなく、検審事務局(=最高裁)だ。
検察は大掛かりな小沢捜査をしたが、起訴できなかった。
申し立てがあって以降は、主役が、検審事務局(=最高裁)に変わった。
検審に検察官を呼ぶのも、検審事務局(=最高裁)の仕事。
検審事務局から声がかからなければ、検察官は検審に行かない。
今回、議決を早めたために、検審の説明をセットできなかったということで、それは検審に責任があるのだ。
森ゆうこ議員の追及に対して、検審事務局(=最高裁)に頼まれた法務省は、斉藤検察官が説明に行ったと見せかける工作をしたと思われる。
法務省は最高裁を助けようとしているのだ。
2012年7月13日


 確認しておきたいことは、次の二つである。
 まず一つは、「検察審査会」には、議決前に「検察官」の参加(出頭)と検察審査会委員たちへの説明が不可欠であること。つまり「検察審査会法第41条6の2項には、検察審査会は、起訴議決をするときは、あらかじめ、検察官に対し、検察審査会議に出席して意見を述べる機会を与えなければならない」ということである。

 ところが担当検事である斉藤検察官の「出張簿」には、検察審査会に赴いたという証拠・形跡が見つからないというのが二つ目である。
 
 言い換えると、斉藤検察官は、検察審査会に行ってはおらず、当然、説明もしていないということだ。しかし、法務省刑事局長は、「斉藤検事は検察審査会に行き、そこで検察審査会の委員たちに説明をしたと主張(嘘)している。
 
 しかし、森議員らが入手した資料(「斉藤検察官の出張簿」)によると、検察審査会に出席した記録も、委員たちに説明したとう記録も残っていない。

さて、ここで、先日の森議員と稲田刑事局長の質疑応答を、以下に引用しておこう。
インターネット中継は以下
http://www.youtube.com/watch?v=63fCjxb8HHg

<森議員と稲田局長の質疑応答記録(約5分)>
森 :法務省、検察審査会法第41条の6の2項にはなんと書いてありますか。
稲田 :ご指摘の検察審査会法第41条6の2項には、検察審査会は、起訴議決をするときは、あらかじめ、検察官に対し、検察審査会議に出席して意見を述べる機会を与えなければならないと定められております。
森 :それはどういう意味ですか
稲田 :当該条文の趣旨でございますが、起訴議決がそれに基づいて公訴提起がなされるという重大な法的効果を持つものであり、被疑者の立場に与える影響が非常に大きいことから、慎重かつ適正な判断を担保するために、その前提として各検察審査員において審査の対象である不起訴処分の理由を十分に把握したうえで判断をすることを確保するものであると承知しております。
森 :事前に説明していなければ、起訴議決は無効ということですか
稲田 :お尋ねは、検察審査会議に検察官の出頭を求めなければその当該起訴議決が無効になるかというご主旨だと思いますが、明らかに当該条項に違反することになるということは間違いないと思いますが、その場合、当該起訴議決が無効になるか否かにつきましては、最終的には裁判所において判断されるべき事柄でございますので、私どもといたしましてはお答えを差し控えさせていただきたいと思います。
森 :その答弁自体おかしいというふうに思いますが、法務省が私に対して担当検察官が出席していてというその記録がないと言っていましたが、ここに情報開示請求されたものがございます。この出張記録とはなんですか。
稲田 :本日配布された資料は、えー、東京地方検察庁が作っている出張管理簿の写しであろうと思います。
森 :徒歩の出張記録は無いというふうにペーパーで回答していましたが、あるじゃないですか。何故嘘をつくのですか。
稲田 :その際にもご説明を申し上げておりますように、東京地検に所属する職員が東京地裁内の検察審査会に業務で出向いた場合、というのは両庁舎間の距離が近距離であり、旅費の支給対象にならない場合であり、出張扱いにしておらず、出張したことの記録を作成しない取扱いになっていると回答したものと承知しております。
森 :出張記録の下の注意書きを読んで下さい。
稲田 :えー、注の1だろうと思いますが、本書は交通費を要しない在勤地内、旅費請求によらない在勤地内及び路程100キロメートル未満の出張について、出張日毎に作成の上、すみやかに総務課に提出するという風に記載されております。
森 :敷地内でも書くことになっているじゃないですか。何故嘘をついたんですか。
稲田:これは、あの、東京地検が定めているものでございまして、えー、私どもの理解といたしましては、先ほども申し上げましたように、近接するような場所で、旅費の支給対象にならない場合については、出張扱いとしていないということから、出張管理簿にも記載をしていないという取扱いをしているという風に承知しております。
(一市民Tのコメント:東京地検が決めたルールに対し、法務省刑事局が勝手な解釈をするのはおかしい)
森 :東京地方裁判所、徒歩という記録があるじゃないですか。何故ここまで資料を出しているのに、未だに嘘をつくのですか。おかしいじゃないですか。
稲田 :あの、繰り返しで恐縮でございますけれども、えー、東京地検と東京地裁は明らかに近接していることはご承知の通りだとござ、思いますし、現実に毎日平日には相当多数の検察官らが公判機会などのために、東京地裁に赴いておりますが、これらにつきましても、通常出張扱いとはせず、出張管理簿にも記載していないというふうに考えます。と考えております。えー、ちなみに今ご示しのものは、東京地裁にも行っておりますけれども、併せて、葛飾区小菅にあります東京拘置所に官用車で出向いているということもあり、そのような記載になっているのではないかと思っておりますが、個別の案件については承知はいたして居りません。
(交通手段が徒歩だけの出張管理簿あり IMG.pdf)
森 :全く理解できません。ここまで証拠を示しているのに、未だに嘘をつく。検察審査会法41条6の2項には、起訴議決の前に、起訴議決の前に担当検察官が出頭して説明しなければなりません。ですから、起訴議決は無効であると申しあげ、そしてこの件に関しての集中審議を委員長に求めて、私の質問を終わります。
議長 :後刻委員会で協議いたします。


元記事リンク:http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年7月14日 14:07:53 : uIjI1jR3Z2
森ゆう子議員は立派だ。徹底的に追及してほしい。
担当検事の不起訴も納得できない。
検事総長の退任でお終いでは余りに国民と小沢氏を舐めている。

02. 2012年7月14日 14:31:23 : xVFeVBfrfs
中村哲治参議院議員のツイッターによれば、17日の参院予算委員会は延期らしいですよ。中村議員によると、質問時間をくれないらしい。それで文句をいったら与党側は、時間でもめるぐらいなら、開催しなくてもよいってことらしい。何か余程森議員の質問はこたえたらしい。3党は出来上がっているのだから、質問時間なんかいらないだろう。チョットTVに映れば、イイだけでしょう。どんどん質問時間を勝ち取って、追いつめて欲しい。
しかし、与党側は姑息な連中の集まりだなぁ!−小人閑居して不善をなすー
国民から見放されるよ。もう見放されているか!

03. 2012年7月14日 14:38:52 : 8hk0duzcU2
鋭い質問で、噂どおりの議員さんだと思いました。
いかんせん、質問時間が短くて残念です。会派の人数を増やすか国会の改革が必要ですよね。

次も期待しています。


04. 2012年7月14日 14:56:53 : aQq0UGoaxY
■検察審査会事務局が、「架空議決」をするまでの登場人物

東京地方検察庁 斉藤隆博 不起訴処分をした検察官
議決書の作成を補助した審査補助員 弁護士 吉田繁實
東京第五検察審査会 傳田事務局長、金子事務官
東京第一検察審査会 長瀬事務局長、手嶋課長

斎藤隆博検察官は検察審査会に行っていない。
この架空議決の議決書を作成したのは、吉田繁實。
議決発表は、傳田事務局長。

ここでのキーマンは吉田繁實で、架空議決書を作成した。
コイツと城山タワー法律事務所の銀行口座を調べて法務省から流れた金を見つける必要がある。
かなりのリスクを負った仕事なので、相当な金が流れたはずだ。
「架空議決」に関わった「傳田みのり」は、いつの間にか消えてしまった。

■裁判になってからの登場人物

 資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記載事件で東京第5検察審査会が民主党の小沢一郎元代表を強制起訴すべきと議決したのを受け、第二東京弁護士会は21日、検察官役となる指定弁護士3人を東京地裁に推薦した。

主任格の大室俊三氏(62)は、京大法学部を卒業後、77年に弁護士登録。過去にはリクルート事件や旧日債銀の経営破綻事件などを手がけ、「ベテラン」「発言力のある大物弁護士」と持ち上げたメディアもある。しかし、ある弁護士は「大室さんは年齢の割に、これまで弁護士会や日弁連で“大物”といえるほどの役職には就いていませんけどね」と首をかしげる。

3人に共通しているのは、民主党の仙谷由人(66)に近いということだ。
「大室氏ら指定弁護士3人は、小沢潰しの“黒幕”とされる仙谷政調会長代行とは浅からぬ仲です。3人とも仙谷氏と同じ第二東京弁護士会に所属し、仙谷氏が今でも顔を出す『全友会』という人権派の“派閥”にそろって名を連ねています」(法曹関係者)

とりわけ、村本道夫氏(57)は仙谷とは東大法学部卒の先輩・後輩の間柄でもある。85年に弁護士登録し、08年には政治資金に関する論文を執筆したと紹介されているが、「メディアで取り上げられるような実績はそれほどない」(別の弁護士)という。事務所のサイトには、趣味の山登りの話を中心に日記を書き、プロフィルではこんな“告白”もしている。

〈(若いころは)法律など大嫌いで見向きもせず、文学や哲学に首をつっこみ、高校で、現代国語や漢文を教えていましたが、思い立って弁護士となりました。それでもしばらくは、法律になじめませんでした〉

高校の教師をしていたとは珍しいが、弁護士が「法律嫌い」で「法律になじめなかった」とは、驚きだ。
山本健一氏(48)は早大法学部を卒業後、99年に34歳で弁護士登録。検事役指定弁護士を受ける以前に、東京地裁の民事調停官(非常勤裁判官)としての勤務経験もある。次々に「国」の仕事を引き受けている。

指定弁護士にも相当金が流れたはずだ。
ダーティ仕事を引き受けた動機は、金と仙谷だと考えられる。
弁護士や公務員は失うものが多く
少しづつ事実を掘り出していけば、この悪人たちの裏に隠れているものも必ず明らかに出来る。


05. 2012年7月14日 16:41:33 : maxkpWHZCo
検察からの攻撃に立ち向かうのは勇気がいるだろう
世論が後押ししなければ議員も体をはれない
検察に抗議に行こう
検察に説明を求めに行こう
教えて検察 抗議行動をよろしく

06. 2012年7月14日 17:51:49 : ebNi6wJF0c
 東京地検に命令を下しているのは、駐日アメリカ大使館だと承知していますが間違っているでしょうか?
田代検事他上司の検事達もこの捏造報告書類を作成し、事件をデッチ上げ乍、
この悪質極まりない事件を平気でスルーし嫌疑不十分で不起訴とは恐れ入る。
関係した検察官達は、命令に従っただけだと開き直っているのです。
偶々、運悪く石川議員が隠し録音した為で、あれが無かったら大成功だったのに至極残念。こんな様子が伺われます。
本件について第5検察審査会が上告していますから、幽霊検察審査会の実態が法廷で暴露される事を願っています。

07. 2012年7月14日 21:47:22 : LjDUeYansg
フロッピー前田氏を特別検察官に任命して、関係者全員を調べさせるか、
さもなくば、小伝馬町の牢屋敷で、締め木に懸けて問うて見たら、
泥を吐くのでは?

08. 2012年7月14日 21:54:33 : f3WFfYK78Q
検察官、ついているものがあるなら、正直にこたえろ。
なかったら、こたえなくともよい。

09. 2012年7月14日 22:45:44 : eDZJK9NGIo
西松建設、陸山会デッチアゲ事件と、この検察審査会の不正行為は、悪徳既得権益集団が、
小沢一郎の政治的な命脈を絶つために企てた奸計だ。
これらの不正行為によって、小沢一郎は3年以上に渡って手足を奪われ、
危うく政治的に抹殺される寸前に追い込まれた。
マスゴミは、この奸計を利用して国民に、小沢=悪のイメージを植えつけた。
今後、小沢一郎の支持が国民の間に高まれば、追い込まれた司法官僚たちは裁判所を利用して、
再度小沢抹殺を試みる可能性もある。
逆に言えば、これらの悪だくみが国民の前に明らかになれば、一気に世論の反転が起こる。
これらの奸計は、悪徳既得権益集団が最も隠しておきたい急所だ。

国民の生活が第一の理想を将来実現するためにも、森ゆうこ議員をはじめとした議員達は、
検察審査会の闇を国会で手を緩めず徹底的に追求して、司法の闇の一部を国民の前に明らかにして欲しい。


10. 2012年7月14日 23:00:35 : iJQPgdxUcw
森議員かっこいい。

彼女の追求で、大鶴も佐久間も追い詰められた?らしいが、まだまだ。

第5検察審査会自体が、本当に疑惑だらけ。

この記事も拡散して、森議員を物心両面で国民がバックアップしましょう!

法務省、最高裁かばいは汚いぞ。


11. 2012年7月15日 00:12:46 : y1ZXCwQiQc
おっしゃる通りで同意です。
が、権力と戦う時に権力に「ちゃんとやれよ」ってのもね・・・
そういう相手とどう戦うのがいいんでしょうね?
もりさん!!

12. 2012年7月15日 00:14:08 : ywBnwZcYuQ
稲田刑事局長・・・・。

って下っ端は消える,消える,今頃ガクブル。


13. 2012年7月15日 01:23:04 : ZH8NmVnWOU
一市民が斬る様が コツコツ事実確認
厳しく執拗に推理し追及してる
森ゆうこ議員がシャープに切り込む
ゴールデンコンビが成立
これで 最高裁事務総局の悪事が解明されれば痛快
抱腹絶倒だ

14. 2012年7月15日 06:12:14 : zV338HpqK2
今月20日付けで、現検事総長笠間(中大卒)が退官し、こんどかねてから噂の小津(東大卒)に替わる、と報道されたが、メデイアではその後、あまり反応しない。この阿修羅でもそれに対する反応がない。結局、司法当局は、うやむやにしようとしているのか!しかし国民は、これを忘れるはずがない。八木さんの市民の会の追及は続いている。

15. 2012年7月15日 07:03:48 : 6umNDqOqhY
検察や、裁判所が揃って嘘をつくこの国の現状に未来はない

マスコミは子供たちのいじめの問題を取り上げる前に己の胸に手を当ててみるべきである、偽善者が大手を振ってお天道様の下を歩くと必ず焼かれることになる


16. 2012年7月15日 08:46:04 : 6qfhm57igE
森ゆう子議員を心から支持しています。小沢さんを追い落とすためのリンチとも言うべき、11人の幽霊市民?によるイカサマ「検察審査会」を悪用し、合法を装つた「起訴相当議決」インチキの数々を剥ぎとつて下さい。秘密、秘密、秘密で何一つ国民の前に明らかにせず、迫害したい相手を容疑者に仕立て上げました。ナチスのやりかたと同じです。ナチスは{国会議事堂放火事件までデツチ上げました」。日本の司法は旧体制「ナチズムとフアシズム」の残滓の濃い組織です。「国民の生活が第一}や{日本の真の民主化への改革」などの志を持つ小沢さんが居ては、自分たちが甘い汁を吸えなくなると危機感を持つた悪党一味{官僚。大手メデイア11社。既得権益勢力」が連携して仕組んだデツチあげの{政治とカネ疑惑」なるものであつたと見ています。なぜ自由と民主主義者の旗手、小沢さんが狙われたのか?。その背景には私の社会学的洞察では、日本がアメリカの手前何十年と偽装して来た自由民主主義を{日本にはふさわしくない制度だ」として投げ捨て、元のフアツショ体制に里帰りして軍国主義と国家主義体制化して、国軍創設、戦争へ動員と言う流れがあると分析しています。その兆候は10以上すぐにでも上げられます。{原発再稼動」や{消費税増税」や原子力、衛星、ロケツトの関連法に{安保目的}追加、武器輸出容認、集団防衛での参戦容認などです。次は上記三派翼賛会の{即決政治」で、石原都知事が提唱している{現憲法の即時廃止宣言」、「日本の核武装]、[尖閣諸島への自衛隊展開」、などへ踏み込む恐れも有ります。反戦平和を小沢さんたちの新党に期待したい。

17. 2012年7月15日 08:50:11 : aaGDCu39zg
森ゆうこ議員の追及はどの問題も本当に素晴らしかった。
これが国会議員の質問というものだ、
ここでは検察審査会の問題に絞るが、要するにはっきりしたことは斉藤検事がが検察審査会の決議をされたと言われる(本当に開催され決議があったかも事実は不明)日以前に検察審査会に行ったということを証明するものはどこにも無いということだ。
従って、検察審査会が法に定める方法で正しく運営されたことを示すものはどこにも無い。
登石推認判事の論法で言えば検察審査会が全く開かれていなかったことさえも推認され、審査会の起訴議決は当然無効であるという判断ができる、

18. 2012年7月15日 10:05:35 : AGvWSGbTuc
「野田総理が小川法務大臣を更迭した事」が問題にならない今のマスコミが問題。

小沢批判は毎日で、検察批判は一日だけ。


19. 2012年7月15日 10:21:34 : Vkk7YVgyeg
○偽証・虚言・詐欺・背任・インチキを許してはならない。

その1 「出張記録は作成しない」という、嘘の報告書を国民の代表である国会議員に提出したこと。
この文書は刑事課長名で提出されているが、このような嘘の回答をしたのは刑事課長という役職ではなく、名取俊也(なとりとしや)という刑事課長であり、その上司は刑事局長の稲田伸夫(いなだのぶお)である。官僚は顔が見えないと言われるが、責任の所在・責任者を明確にするため、担当者の役職名と氏名を必ず記載すべきである。この件については、嘘の決済文書を提出した人間そのものを「公文書偽造」等の罪で糾弾すべきである。上司も同罪である。
*法務省幹部職員一覧 http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/kanbu.html

その2 恥知らずの官僚=嘘の答弁を連発しても処分されないのか。
「徒歩の出張記録は無い」と言う嘘。「何故嘘をつくのですか。」
「敷地内でも書くことになっている」「何故嘘をついたんですか。」
「資料を出しているのに、未だに嘘をつくのですか。おかしいじゃないですか。」
予算委員会における刑事局長:稲田伸夫(いなだのぶお)の答弁は、誰が見ても嘘・偽りに終始している。明らかに虚偽の答弁をしているのが、これを罰する法律はないのか。このような嘘と偽りの答弁は決して許してはならない。このような答弁を許さないためには、官僚に答弁させる前に「証人喚問」の証人として呼びつけ、「偽証すれば懲戒免職および懲役刑」などの厳しい罰則付きの宣誓をさせる必要がある。

森議員はこの件に関しての集中審議を委員長に求めて質問を終わった。以前にも、国会議員136人の署名入りで第5検察審査会の秘密会開催要請があった。また、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」が2日付けで提出した、笠間検事総長以下、最高検・東京高検・東京地検の当時の幹部6名に対する犯人隠避の告発状は、最高検で受理された。この件に関する集中審議の早期開催、秘密会の早期開催を確実にするため、あらゆる方面から声をあげていかねばならない。また市民の会の告発状提出と受理は、それなりの意味があるとは思うが、犯罪者の巣窟に手下の犯罪者をさばくように求めるようなもので、ほとんど期待できない。最終手段として、検察審査会の活用という方法もあるようだが、捜査権も捜査資料も悪の巣窟が握っているため、かなりの困難が予想される。この点についても、早急に抜本的な法改正が必要である。

*以下に巣窟の住人を引用しておきます。
http://www.asyura2.com/12/senkyo130/msg/459.html#c17
最新版
   小沢一郎氏冤罪事件    売国奴クーデター部隊   
竹崎博允 (最高裁長官)検察審査会を影で主導
登石郁郎 (秘書事件裁判官)   ミスター推認  及び 訴因変更
山崎敏充 (前最高裁事務総局長) 一連の謀略実行部隊 名古屋高裁長官へ逃亡
手島健  (東京第一検察審査会総務課長)  イカサマソフト作動者
伝田みのり(東京第五検察審査会事務局長) 架空議決実行
金子政之 (東京第五検察審査会事務管)  架空議決実行
樋渡利秋 (検事総長→TMI総合法律事務所顧問)逃亡
大鶴基成 (最高検検事→早期退職)
佐久間達哉 (特捜部長→左遷)    捏造捜査報告書・アンダーライン 加筆
吉田正喜 (特捜部副部長)
斎藤隆博 (特捜部副部長)   捏造捜査報告書作成   第五検審会説明役
木村匡良 (東京地検・主任検事)    捏造捜査報告書作成
田代政弘 (検事、調書捏造)  捏造捜査報告書作成者
伊藤鉄男 (最高検次長)      鈴木宗男事件特捜部長
谷川恒太 (東京地検・次席検事) 鈴木宗男事件担当検事
岩村修二 (東京地検・検事正)
民野健治 (東京地検・検事) 石川氏秘書取り調べ
前田恒彦 (大阪地検・元検事)     懲役刑2012年5月出所済み
米沢敏雄  (一度目の検察審査会補助弁護士)麻生総合法律事務所
吉田繁実 (二度目の検察審査会補助弁護士)城山タワー法律事務所・架空議決
大室俊三 (弁護士法違反)大室俊三法律事務所 控訴による人権無視
村本道夫 (弁護士法違反)マトリックス法律事務所 控訴による人権無視
山本健一 (弁護士法違反)六番町総合法律事務所 控訴による人権無視
漆間巌  (元官房副長官、政権交代直後に逃亡し、大和ハウス工業顧問に 
麻生太郎 (首相として指揮権発動)
森英介 (法相として指揮権発動)
管直人   (首相として小沢排除を命令)
江田五月  (最高裁長官とトモダチ作戦を敢行)
仙谷由人 (民事法情報センタースキャンダルで法曹界と小沢排除を裏取引)
岡田克也 (イオン天下りで検察と小沢排除を裏取引)
堀田力  (イカサマソフト犯罪)さわやか財団、元特捜(ロッキード)
岩見隆夫 (イカサマソフト犯罪)毎日新聞
星 浩 (報道倫理違反・放送倫理違反)朝日新聞
後藤謙次 (報道倫理違反・放送倫理違反)三宝会、報ステ
岸井成格 (報道倫理違反・放送倫理違反)毎日新聞
橋本五郎 (報道倫理違反・放送倫理違反)読売新聞
杉尾秀哉 (放送倫理違反)    TBS
大越健介 (報道倫理違反・放送倫理違反) NHK
辛坊治郎 (放送倫理違反) タレント
みのもんた(放送倫理違反) タレント
立花隆  (ロッキード事件) 評論家
青山繁治 (放送倫理違反)  評論家
三宅久之 (放送倫理違反)  評論家
田崎史郎 (放送倫理違反)  評論家


20. 2012年7月15日 10:57:37 : ul0qZ1yGag
検察審査会の本来の目的は、被害者や家族の救済でしたが悪用されたのが陸山会事件。<公益の損失>という事で、全くの部外者が申し立てを受理されてしまいました。
抜本的な法改正をしないと制度自体が私刑に悪用されかねないと思います。

21. 2012年7月15日 13:17:00 : 1FJ6ffiXCE
しらばっくれようとして居るのが明らかだ。
早く政権を奪い取って事実を明らかにして欲しい。
国民の生活が第一の党を応援します。

22. 2012年7月15日 13:33:45 : Ec0aivqppo
自民有力議員側に6千万円 裏献金、西松関係者が供述
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030601001177.html

関係者によると、議員への資金提供を認めた西松建設関係者は「10数年前から最近まで、自民党有力議員側に年間約500万円、総額6000万円前後の現金を提供していた。議員本人と1対1の場で渡したこともあった」と供述したとしている


23. 2012年7月15日 15:27:29 : GubalBdG1I
>つまり、小沢一郎に「強制起訴」議決を下した検察審査会議決は、
>無効だということである。

一審では検察審査会の手続きには問題なかったと議決が出てる。

森ゆう子がしつこく言うんなら小沢裁判を二審でも、最高裁でも
やればいい。


24. 2012年7月15日 15:28:45 : ul0qZ1yGag
財政再建至上主義自体が産んだ恐怖政治の一つ、陸山会事件。実態も違法性もそして訴追権も司法権を無視し、時のある種の空気に流されて作り上げた冤罪そのもの。
そして、事件と言い得る事実は皆無だった。

25. 2012年7月15日 17:02:23 : ZytcZBvfKU

何が問題か?

検察審査会に、担当検察官が、行っていないという事実である。

つまり会議は懐疑なのだ。グラックボックスだ。

男たちは癒着のなあなあの世界。
女たちは鋭い。森ゆうこさんこそ正義なり。


26. 2012年7月15日 17:19:57 : rhJM3dciNg
>25
>検察審査会に、担当検察官が、行っていないという事実である。
>つまり会議は懐疑なのだ。グラックボックスだ。

担当検察官がいっていないという事実がどうして、検察審査会の
議決が無効ということなるのか?

会議は秘密なのでブラックボックスは当然でしょう。
ブラック=悪と思い込んでるんじゃない?



27. 2012年7月15日 18:14:39 : 0huCCn4zOU
開き直りは反論じゃないということに、小沢アンチはいつになったら気付くのやら。
>>23
そりゃ、この事実が明るみに出る前の判決だからだろ。
少しは脳ミソ使えよ。

28. 2012年7月15日 19:27:56 : Lmc8wCx4dk
森さんにカンパしよう。

森ゆうこさんを守ろう。

森さんはさっぱりした可愛い女です。

できればボディガート゜をつけてあげたい。

やわらちゃん、彼女の傍にいてね。


29. 2012年7月15日 21:17:09 : CS2ZiQpyGU
26>様 森ゆうこ議員の著書「検察の罠」をお読みください。あなたの疑問が解けます。

30. 2012年7月15日 21:52:01 : Edke1n3woZ
28さんに賛成、大拍手です。

>できればボディガート゜をつけてあげたい。やわらちゃん、彼女の傍にいてね。

森議員に、ガードウーマンが必要ではないでしょうか。芯はそこらの男性「増税賛成なんかの議員よりずっと強い」けど、どうかお気をつけて下さい。


31. 2012年7月15日 23:22:24 : GR2T5686Ns
斉藤検察官に吐かせる方法はないのか?

32. 2012年7月15日 23:47:48 : 9KANIF60H2
>26

知能が低い…

>担当検察官がいっていないという事実がどうして、検察審査会の
議決が無効ということなるのか?

検察審査会法を知らないふりだろナ

>会議は秘密なのでブラックボックスは当然でしょう。
ブラック=悪と思い込んでるんじゃない?

世間ではブラック企業などと使う言葉だョ

黒を白というのか?

アタマ…

悪い…


33. 2012年7月15日 23:55:30 : VnyLGMDKXo
国会で、それもテレビ放映で初めて検察審査会の闇について具体的な事例が世に出た!!
森さんが民主党にいては100%国会質問出来なかった事が、新党に出た事でやっと、やっと国会を通して世に知らしめることが出来た!

これからです、これから!!
実にうれしい!


34. 2012年7月16日 00:37:18 : t8kjSijUjI
国民今はとりあえず阿修羅が、この検察審査会のまやかしをいつまでも追及していくことである。そもそも小沢の起訴相当議決が捏造の疑いがあるのだ。もしこれが証明されれば、小沢裁判はもともとありえない。ここは絶対に手を緩めてはならない。森ゆう子議員を応援します。国民はいつまでお人よしなのでしょうか。もう自分の首が閉まりかけているのにね。
しかし、稲田刑事局長、さすがに高級官僚ですね。国会で、しかもテレビ中継中でも、組織のためには平気でうそをつく。やはり「証人」としてよぶべきです。嘘の証言は、そく官僚クビになるように。そうすればいくら組織のためと言え、せっかく東大に入って、高級官僚やっているのに、一言の嘘でクビになるのはたまらんでしょう。まー、恐ろしいほどの官僚組織、既得権益死守集団だから、組織防衛のために嘘ついて、官僚クビになっても、ちゃんとした互助システムは作っているのでしょうが。しかし、あそこまでしゃーしゃと嘘ついて、まったくお咎めなし〜?

35. 2012年7月16日 15:41:08 : PtG5qWnEnQ
森ゆうこ議員を応援するのはいいとして、
持ち上げすぎで気味が悪い

36. 2012年7月16日 19:35:25 : jvn0q4GtRw
皆さん、素晴らしく問題点を掘り下げて認識されてのコメント。全部読みました。

一度、公人が法に触れた対処すると後には戻れないのでしょうね。

色んな言葉が浮かびます。
毒食らわば皿までも
一蓮托生
赤信号みんなで渡れば怖くない
etc

木村フロッピー事件の検察官・前田の取調べでは外部弁護士も加わって検証したのに
今回、東京地方検察では外部弁護士が加わっていない事の怪しさはどう決着するのでしょう


37. 2012年8月02日 20:13:12 : YKOewYbpBI
>35

森ゆうこは、もはやスーパースター

小泉ブームなどはミーハーな一過性のブームだったが、森ゆうこは検察の不正を憂慮する人たちが待望していた人材。個人的に加えさせてもらえば、女性としても愛嬌がある。もうメシアと言ってもいい。文句ある?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK132掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK132掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧