★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK133 > 899.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
地方議員と行政委員は聖域か 高額な報酬にメスを産経ニュース日本は欧米の10倍
http://www.asyura2.com/12/senkyo133/msg/899.html
投稿者 gikou89 日時 2012 年 8 月 06 日 00:29:07: xbuVR8gI6Txyk
 

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120805/fnc12080512530001-n1.htm

消費税増税を国民に求めるなら、国会議員や国家公務員が身を削れとの声が強まっている。では、国以上に消費税の引き上げ率が高い地方はどうか。すでに地方公務員の高給与についてはこの欄でも指摘したが、地方議会と行政委員会はほとんど手付かずの聖域だ。ここにもメスを入れねばならない。


日本は欧米の10倍


 大阪府吹田市で奇妙な騒動が続いている。井上哲也市長自ら給与を10%カットする条例改正案を議会に提案したところ、2度も否決されたのだ。本来なら議会が首長などの給与をチェックすべきなのに、これでは本末転倒だろう。

 手続き上の問題が表向きの否決理由だが、実は議員報酬への波及を恐れたためとみられている。その議員報酬は月額65万円、年収1千万円超で、類似都市(人口35万規模)より15%程度高いという。

 いや、そもそも日本の地方議員の報酬は同市に限らず、諸外国に比べて著しく高く、議員数も総じて多い。表は事業仕分けで知られる政策シンクタンク「構想日本」が2008年にまとめた国際比較だが、これを見れば一目瞭然だろう。

 議員1人当たりの年間報酬(政務調査費や諸手当を含む)680万円は、欧米のほぼ10倍である。直接民主主義制のスイスや典型的な地方分権国家であるドイツは議員数こそ日本を大きく上回るが、スイスはほとんど無報酬だ。ドイツも手当を含めて50万円程度だから、議員の費用総額でみると、日本の4分の1にすぎない。

 なぜ、こうも違うのか。欧米の市などの基礎自治体では議会出席手当や議員活動に関する経費の実費支給しかないのが原則だからだ。州レベルやロンドン、ベルリンといった特別都市では給与が支給されているが、その額は日本の都道府県議会議員よりはるかに少ない。


日当制の名誉職


 こうした報酬体系は、州議会議員などはフルタイムの議員活動が必要な専業職、基礎自治体議員はボランティアの名誉職と位置付けられていることによる。実際、ドイツの地方自治法は「議員は名誉職」と規定している。議会の開始時間もドイツなど多くの国が夕方からで、会社員でもだれでも議員活動ができる。

日本の議員数が多いのはドイツを参考にしたためといわれるが、報酬は自分たちが条例で定める“お手盛り”状態になっているわけだ。それでいて多くの議会は吹田市のように本来のチェック機能を果たしていない。ただ、日本にも福島県矢祭町のように1回3万円の日当制を導入した例もある。自治体規模に考慮も必要だが、これは大いに参考になろう。

 地方議員以上に盲点となっているのは、有識者などで構成される行政委員会の委員報酬だ。いじめ問題で機能不全が指摘されている教育委員会や地方公務員の高給与を放置している人事委員会、選挙の時期しか活動しない選挙管理委員会などがこれに当たる。

 どこでも委員は委員長を除いて非常勤であり、委員会開催は月にせいぜい1〜3回だ。これで報酬月額はどの程度なのか。各自治体ばらばらに条例で定めているので、いくつか聞いてみると−。


月1回で数十万円


 東京都は教委、人事委、選管とも43万円だった。別に23区を統括する特別区人事委があり、こちらは42万9千円という。区によっては減額の動きがみられ、都庁のおひざ元である新宿区は教委24万6千円、選管は日額制を導入し1回3万円になった。千代田区なども教委の現行月額25万円を日額併用制(16万円+出席1回2万5千円)に切り替える条例改正案が継続審議となっている。

 多摩地区は小金井市の場合、教委が11万5千円、選管6万7千円と23区に比べれば少額だが、近隣都市を含めて日額制などの議論はほとんどない。全国の自治体も動きは極めて鈍いようだ。

 繰り返すが、委員は非常勤で委員会開催数もごくわずか、かつ会議時間はせいぜい1回2時間程度だ。しかも、地方に行けば委員のほとんどは地元有力者や弁護士などで占められ、議論らしい議論もなく有名無実化しているといわれる。そのあり方自体を改めて問い直さねばならないが、せめて報酬だけでも低額の日額制にして然(しか)るべきだろう。

 地方は財源が足りないと言っては、財政破綻寸前の国に対して地方交付税の増額要求に血道をあげる。その一方で議員や行政委員までが高額報酬を貪っている。地方が自立に向けた改革を進めるには、まず彼ら自らが身を削ることである。(客員論説委員・岩崎慶市)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月06日 00:34:19 : JBUINOeipA
幾ら自民党の舎弟とは言え、自民党の身代わりになって火中の栗を拾い消え去る道を選ぶか、
生き残りの道を画策するか、二つに一つだな。

ここは庶民いじめの消費増税などやめて、死んだ気になって公務員給与を完全民間並み是正(年収手当込み350万円)にしたら、生き残れるかもよ。
それをやり遂げたら、一度でも国会議員になれた甲斐があると言うものだ。
 


02. 2012年8月06日 01:21:38 : SfUPMSJyDo
そういえば新聞屋にテレビ屋の給料も日本は高すぎる。

3分の1から4分の1程度が妥当なところだ。

試しにマスコミ業界を辞職してほかの分野で仕事を探してみればいい。

よくて3分の1程度だろう。


03. 2012年8月06日 02:32:56 : RsreIIQ23Y
地方議員や教育委員などは
本業の合間にできるようにすべきだ
政治家などという職業にするから
感覚がマヒするのだ
スェーデンでは仕事を終えた
夕方から議会を開くという
世のため人のために働く
政治家を育てるのは
我々国民の責任である
まずは、ノブタや口先男を
失業させよう

04. 2012年8月06日 07:18:04 : opuSlfFAh2
産経もマトモな事を言うもんだ。良いぞ!でも?何故?同した変化?

良いか!世界比較をしてから正論を書こう!!

良い事言えば産経でも国民は評価するのだぞ!!


05. 2013年1月05日 01:51:58 : HcqN6CaBOs
聖域じゃなくて伏魔殿。
ひたすら邪悪なだけのもの。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK133掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK133掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧