★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 141.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なんだぁ、誰が首をかしげていいと言ったぁ?by刑務官(つぶやきいわぢろう)
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/141.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 8 月 07 日 09:31:19: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://blog.iwajilow.com/?eid=1071430

なんだぁ、誰が首をかしげていいと言ったぁ?by刑務官
2012.08.06 Monday

ヒロシマに原爆が落とされてから67年。
なぜ、ヒロシマに原爆が落とされなければならなかったのか。
硫黄島が全滅し、東京大空襲があり、沖縄戦があり…それでもポツダム宣言を黙殺したことも大きな要因のひとつだと僕は思います。

官僚と軍部と御用学者の保身のためのご意見しか聞かず、自分たちの保身のためだけに政治を行う。それが戦争の悲劇をもたらした。この構図は原発でもそうですが、すべてにおいて同じです。

ゴビンダさんが帰国する時に「刑務所で暴行された」と発言しました。
これに対して法務大臣は「そういう記録が残ってないから、そういう事実はない」と意味のわからない回答をしました。本当にこの人頭大丈夫か?こんな人間が法務大臣なんですよ。確実に人間としての普通の能力に欠けているでしょう。よくここまで生きてこられたと思います。
暴行した人間が「暴行しました」って、記録に残すか?犯罪の証拠ですよ。そんな記録残している人がいたら、その人の気が狂っていると思います。


滝法相:マイナリ元被告に暴行の記録ない…記者会見
毎日新聞 2012年06月19日 10時58分
 東京電力女性社員殺害事件で、再審開始決定を受けて釈放され、母国ネパールに帰国したゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)が「日本の刑務所で殴られた」と発言したことについて、滝実法相は19日の閣議後の記者会見で、暴行の事実を否定した。
 滝法相は「(元被告の発言の)報道を受けて(収容されていた)横浜刑務所内を調査し、医務関係の記録も調べたが、そういう事実はなかった」と述べた。

こういうときにやるべきことは、「暴行があったのではないか」という前提での調査です。暴行があったという告発をするときに今いる人が、不利益を受けないように配慮しながら慎重に進めていく。受刑者への匿名での聞き取り調査やアンケート、それをもとにした職員への聞き取り調査。そういったことを一切やらず、官僚に聞いてみたら「そんなことやってないっすよー」と言われて「そういった事実はない」と結論付ける。大丈夫か―?

「刑務所でこんなことが行われているんです」

冤罪を訴えながら、刑が確定し服役している方のご家族から、刑務所の実態を書いたメモをいただきました。強きに弱く、弱きに強い小役人の典型が明らかにされています。自分に絶対逆らうことのできない人間をただひたすらいじめるという人間が僕は大嫌いです。ただ僕もこういう人間に対して「それはおかしいだろ」と言ったら、飛ばされましたが…。それはともかく、ご家族の許可をいただきましたのでその内容をここで報告させて頂きます。

「運動の時間『集合がかかったので走っていくと『誰もおまえに指示してねーよ』と怒鳴られ次の『集合』でじっとしていると『なんでお前だけ動かねーんだよ』と怒鳴られた。また或時工場の外からその刑務官が窓をノックするのでそちらを見ると、工場に入って来て『何、よそ見してんだよー!仕事に集中しろ!』と怒鳴られた。
このような対応に首をかしげると『なんだぁ。誰が首をかしげていいと言ったぁ!?』というので『では首をかしげては行けないという規則なり刑事収容施設法の根拠を示してください』というと『知るかぁ!自分で考えろ。又見に来るからな」と怒鳴られた。

このようなことが数回あり、上層部の刑務官たちに喚問されるが上記の刑務官たちの大げさで
ウソばかりの報告書の内容にいくら説明しても『刑務官がウソをつくはずがない』としてその報告書の内容が信じられてしまった。そして懲罰をかけられた。

施設の規則が書かれたものがないため刑務官の言うことが統一されておらず説明が人によって違うことがある。『さっきはああ言われた』というと『俺がこう言っているんだから、こうなんだよ!』と自分がルールブックだというような対応の刑務官がいる。

通常**曜日に手紙を提出するが配属された工場長は△△曜日に手紙を収集し自分の悪口が書かれていないかチェックしてから投かんする。万が一自分の悪口や不満などが書かれていたりしたらすごい剣幕で怒られる。検閲の担当でもない工場長が手紙をチェックするのは越権行為である。この工場長は鬼軍曹のような人で有名らしい。とても気分屋。

逮捕前から薬を服用しているが今処方されている薬は便秘になりやすいため、家族に成分などを調べてもらおうと思い工場長に『何という名前の薬か教えてください』というと、『いつもネットで下らないことばかり調べてもらってんじゃねーよ!』と怒鳴られてた。『自分の身体や健康は自分で守るしかないので』と答えると『それなら便秘にならない体操を調べてもらえばいいだろ!』と怒鳴られた。
→こちらから手紙とともに送っている書類(ネットで見つけた冤罪事件や警察不祥事など様々気になる事件、裁判情報などのプリントアウト・新聞コピーなども)工場長が全てチェックしている。

7月某日、ラジオやテレビの視聴時、何か物書きをしていたXさんが巡回していた刑務官に『今は物書きの時間ではないぞ』と注意されたらしい。
そのことが申し送りで工場長の耳に入りその段階で『Xさん=自分』ということにされていた。何も注意されていないし、注意をしたという刑務官の顔を見たらその日に『団扇を使って良い時間帯』を質問した人だったので『団扇のことを聞いた私』と『注意をしたXさん』を混同しているのではないか。

結局、連行され上層部の刑務官の前でも同じような説明をした。その際、『もし刑務官がそっ気口を開けて私に何かの注意をしていたとしてもラジオかテレビに熱中していて私はそのことに気づかなかったのだと思います。そうだとしたなら大変失礼いたしました。申し訳ありませんでした。今後気を付けます』とも言ったのだが、
『職員と言っていることが違う。虚偽申告の疑いで調査だ』と言われた。
『調査』というのは懲罰を科す前段で刑事司法でいうと被疑者(容疑者)、または被告人に近い扱い。
そして他の工場に移され、独居からも飛ばされ、今まで積み重ねてきたものが全てがなくなりゼロからのやり直しになる。今は調査と懲罰の人たちがいる棟のフロアに収容されている。調査(=取調)の結果が出るまでの1〜2週間、他の人とは隔離された生活になりテレビ・グランド運動はなし、風呂は一人。

最近、あらゆる不正行為などについて『おかしいと思います』と工場長に相談していたから『面倒臭いやつ』と思われて飛ばされることになったような気がする。
子の頃自分に対する対応が特にきつかったし、おかしかった。しまいに書き物を注意されたことの記憶がないということで『お前大丈夫かぁ?調べてもらってこい』と怒鳴られた。
そして『お前の言うことだけ信じるわけにはいかねー!俺はお前のことを信じてねーンだよ!』と言われた。聞き取り調査もせずに決めつけられた。説明の機会は全く与えられずいつでも刑務官が正しいとされる。

工場長は理由の全く分からない事で怒りだし、机やロッカーを蹴飛ばし耳を疑うような暴言を大勢の前ではく。部下の刑務官のことを受刑者の前で大声で罵ったりすることもある。そのような工場の状況を外部などに相談する可能性のある自分のような存在には神経をぴりぴりさせている。自分が指揮している工場がまとまっていないと上層部に思われるのを極端に嫌がっている。

工場長はものすごい怒りと憎しみの表情で顔を近づけて(もしくは拡声器で)ひたすら何十分も怒鳴ってくる。監視カメラの死角となるトイレの中で延々と怒鳴り続ける。
「差し入れで家族に迷惑かけるんじゃねー!次の面会では何も入れてもらうな!いいな!?」と言われた。

工場に配役されいきなり30分、1時間、時にはそれ以上怒鳴られる人もいる。その場で『この工場ではやっていけない』と作業拒否する人が何人もいる。そういった人たちはその後、懲罰になる」

これが矯正施設とされる刑務所です。立派な矯正施設だと思うとともに、これだけ立派なんだから全面的に公開したらいいと思います。

受刑者の方々はこういった方々を「先生」と呼ばなければなりません。

ある冤罪被害者の方はこういっていました。
「犯罪を犯したのなら、ともかく、やってもないのにこれですから…」

田代検事の虚偽報告書事件の不起訴は容認し、死刑は執行し、ゴビンダ発言は「そういう事実はない」。この法務大臣ってまさに官僚の操り人形を地で行っていますね。恥ずかしくないのかなぁ。まぁ、恥ずかしいと思う感性があったら大臣なんてできないのでしょうけども…。「マリオネット滝」とでも呼んであげましょうね。

せめてゴビンダさんの発言については再調査するべきではないでしょうか。。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月07日 09:58:49 : PNkGCibmQw
毎年この時期になると広島長崎、マスコミで、やれ鎮魂だ、やれ追悼だの式典が行われるが、
戦後70年間、何故侵略戦争が行われ、原爆が落とされる所まで行かなければならなかったのかの本当の理由は隠され、歪められ、割愛されてきた。

だから、今後何十回となく同じことを繰り返しても、何の進歩も本当の反省にもならない。

本当の理由は、天皇を中心とした非民主国家であったこと、国民の命など屁とも思わない天皇とその取り巻き連中の欲望の為に侵略戦争は始められ、広島、長崎、次は自分の頭の上となった時、天皇の鶴の一声で終わらされたと言うこと。
これが総てであり、これ以上でもこれ以下でもない。
 


02. 2012年8月07日 10:47:23 : WeSVFC3cAw
そういう面もあっただろう。
しかしその根源は偽ユダヤの戦争詐欺にある。

03. 2012年8月07日 10:58:49 : Op2sM8LHZQ
>ヒロシマに原爆が落とされてから67年。
なぜ、ヒロシマに原爆が落とされなければならなかったのか。

 有色人種だからだ。ヒトラーが支配したドイツには、
落とすことは考えていなかった。
黄色人種の日本人が、白人の上に立つことは、彼らにとって許されないこと。


04. 2012年8月07日 11:02:01 : PNkGCibmQw
>>01

つまり、広島、長崎には、天皇に侵略の夢を捨てさせ、考え直させる為に落とされたのです。
はっきり言って、天皇の犠牲にされたのです。


05. 2012年8月07日 11:34:17 : oYekd03kNs
天皇制が廃止になっていたら、日本も変わっていただろうと、
”戦後史の正体”を読んで感じた次第。

昭和天皇も、自らの命、地位がほしかったのでしょう。
従米隷属で、天皇制は生き残れた。

国民は、天皇をただ崇めるだけでなく、その実態を知る必要もあるようです。
明治時代から、国家を束ねるため利用されてきた。
天皇家も、かえって迷惑だったかもしれません。
そうおもいます? 大室寅之助さん!

万世一系の天皇家ですから、日本民族として尊重はしないといけません。
しかし、江戸時代あれほど貧乏だった天皇が、今の日本一の資産家になったのは
どのようないきさつなのでしょうか?

天皇家には、謎がたくさんあります。
天皇家を良く知ることで、理解が始まるのかもしれません。


06. 2012年8月07日 12:15:23 : fgll74197c
広島、長崎への米軍による核攻撃に批判は無いのは何故なの?
当時の天皇や政府とマスゴミだけ責めて、核攻撃してピカドンで
100万人の民間人を虐殺した米国に、謝罪と賠償金を求めないのは
何故なの?負けた国だけが悪いの?戦勝国だけが正しいの?アメリカと
国民党が日本は侵略したと言うがあの戦は自存自衛民族解放戦争ではなかったの?

07. 2012年8月07日 12:20:00 : hMwnElnAnw
 私はドイツへ旅行に行った際、どうしても見ておきたかったところが2つありました。1つ目はドイツ国内最大の強制収容所だったダッハウの街の現在の姿。
2つ目はヒトラーが最後に愛人エヴァとともに自決した総統官邸地下壕の跡地。見たいところはたくさんあったけど、この2つは絶対外せないという思いだった。

強制収容所というとアウシュビッツがあまりにも有名であり、今でもドイツ国内はもとより外国からも多数の人たちが訪れる場所ですが、一般の人たちはアウシュビッツがポーランドにある街であることさえ知らない。それほど第二次大戦は遠い昔のこと? ダッハウに行った時、まったくそうではないことを私は思い知った。

連合軍がこの街に攻め入った時、真っ先に解放したこの収容所へ、司令官たちはダッハウの一般市民たちを強制的に連れて来させ、現場を見させて彼らにユダヤ人捕虜たちの死体の山を片付けさせた。つまりドイツ国民はヒトラーと同罪であることを身をもって体験させた。そういうことがこの収容所跡地(現在は記念館)を見学すればよくわかる。もちろんそこのガス室や死体焼却室も当時のまま残されていた。

戦後の日本とドイツの最も大きな違いは、「自分たちの悪の歴史をちゃんと直視して戦後教育に生かして来たか、そうして来なかったか」だと痛切に思った。もちろんドイツ国民は強制的に直視させられたことがきっかけだったが、彼らはその後は自分たちでちゃんと見つめて来ているのです。

戦後の出発点から日本とドイツでは大違い。多くの一般日本国民が食べるものもなくじゃがいもの葉っぱをかじって飢えをしのいでいた時、霞が関では「血のしたたるステーキ」を食べていた話は、今ではみんな知っている。今の日本は当時と支配体制は何も変わっていない(当たり前です、何の反省もないのですから)。
この国は、国民が自ら真に立ち上がらないと変えられない国なのです。
政治家なぞ、官僚の使い走りに過ぎない(野田豚はその典型)。


08. グッバイ腰痛 2012年8月07日 12:40:38 : 0ihDiTSRzGWhE : J9jrXQQ88U
刑務官を「先生」と呼ばせたり北朝鮮の強制収容所みたいな扱いですな。

09. 2012年8月07日 12:41:42 : fgll74197c
何故敗戦国だけが悪いの?七つの海を支配した大泥棒国家、
強盗国家のイギリスはどうなの?空襲と核攻撃で数百万の
我が民間人を死傷させた米国は正しいの?侵略の定義って何?ロシアは満州に侵略し資産を持ち逃げし100万人くらいの日本人をシベリアに連れ去り70万人
殺害したとされてますが何故ロシアに損害賠償と謝罪を求めないの?

10. 2012年8月07日 12:42:35 : W4GCToIQMD
>>04
ゲーム感覚で侵略戦争は始められ、やばくなったら終えられた。
始めた天皇には何の損もなく、子孫は今も税金で豪勢な暮らしをしている。
苦しんだのは、犬死にさせられた400万人の国民。

一体その責任は誰が取るんじゃい。
まだその責任は取らされていない。
 
因みに、南京大虐殺の現地司令官は天皇の伯父の朝香の宮と言う奴だ。
B級戦犯で処刑されるどころか、帰国して90歳までゴルフ三昧の生活をした。
自衛隊の朝霞駐屯地はその名から取った。豆知識な。

本当、日本て歪んだ国だと思うよ。
今庶民いじめの消費大増税がされようとしているが、繋がる所があるんじゃないか。
 


11. 2012年8月07日 12:55:35 : fgll74197c
南京大虐殺は本当にあったんですか?
当時の皇軍が罪のないシナ民間人を大虐殺
しなければならない理由ってなんですか?
軍律に厳しい松井司令官が無法をした
軍人を許すとは思えませんが。
今シナ政府は30万人が虐殺されたと
言ってますが当時の南京市の人口は25万人だと
言われてますが数が合わないのでは?

12. 2012年8月07日 13:06:11 : fgll74197c
戦後多くの引揚者が上海、南京方面から引き揚げてます。
もし大虐殺があったならシナ人の特性から言って
あの地域にいた我が同胞は皆殺しにされた可能性が強いですね。

13. gataro 2012年8月07日 14:34:21 : KbIx4LOvH6Ccw : NaYZpcz6BY
>>12

信じようと信じまいと ⇒

講演会記録集
キムはなぜ裁かれたのか
―韓国・朝鮮人 BC 級戦犯問題が問いかけるもの―
講師 内海愛子
2009 年 5 月 24 日
いわき市文化センター
主催:いわきフリースクール

以下は記録集(http://kbcq.web.fc2.com/siryo/doshinkai/siryo-09utsumikouen.pdf)P38〜P39からの抜粋

--------------------------------------

 戦後、戦争中の犯罪の責任を裁くということの難しさはあると思います。それを乗り越えようとした裁判が、中華人民共和国の戦争裁判です。周恩来が主導しての裁判でした。さきほども話しましたが、日本軍に殺された中国人は2000万人を下らないという数字もあります。戦犯容疑者が通るとき、民衆が押し寄せてきて彼らに襲いかかろうとしましたが、解放軍の兵士は日本人の戦犯容疑者に背を向けて民衆の方に顔をむけて立ったそうです。それが日本兵には衝撃だった。明らかに中華人民共和国の軍隊は、自分たちを民衆から守るという警備だったのです。収容所に入ったら 3 食、白い御飯が出た。中国は建国したばかりでこんなに豊かなのかと思ったら、監視している中国兵はコーリャンとヒエを食べていた。なぜ日本人に白米を食べさせるのか、白米を食わせて殺す気か、と思ったそうです。「あなたたちは白い御飯を食べて育ってきた。だからなけなしの米をあなたたちに出すんだ」と言われて、やはり衝撃を受けた。労働もなく、腹一杯食べて、そこでじっくり彼らは過去と向き合った。

 ある人は 5000 人殺したと話すので、どうやって 5000 人も殺せたのか聞いたことがあります。一人ずつ殺したのではなく堤防を決壊させそうです。堤防を決壊させれば村が全滅することはわかっていても、作戦上それをやったのです。物資の徴発のときにも殺しています。彼は孫の目を見て、殺した中国人の赤ん坊と重なった、戦争犯罪を考えるようになったと話していました。殺した側の日本兵の一人ひとりも心に傷を持っている人もいます。その心の傷に私たちが耳を傾ける。むずかしい戦争裁判の記録を読まなくても、一人ひとりの兵士やアジアの被害者の人生に寄り添って行く、あるいは話を聴いて考えていくことが大切だと思っています。

 近藤さんという人は中国で住民を殺した。沖縄では米軍にさんざんやられて生き残った。市民グループが彼の体験を非常にていねいに聞き取りしています。そして、かれらが中国に行く時、近藤さんは一緒について行き、遠くから聞き取りの様子をじっと見ながら、自分の過去と向き合っていた。その旅を繰り返しているうちに、彼はこの村に来てこういうことをやったと告白すると、彼を覚えている村人がいました。加害責任の告白を聞くのは、ある意味では被害者証言を聞くよりたいへんなこともあります。日本軍の兵士の中にもたくさん心の傷跡を持った人がいます。その人たちの話しを聞くことも戦争責任を考える上で重要な作業です(『ある兵士の二つの戦場』社会評論社)。

==============================================

http://www.flcflc.com/muramoto/10/06.html

2010年6月 撫順の奇跡〜人道主義に基づく加害兵の修復モデル(女性ライフサイクル研究所)

敗戦後、中華人民共和国が建国された翌年の1950年、5年間にわたる過酷なシベリア抑留に続き、969人の日本人が中国戦犯として中国に引き渡され、撫順(中国遼寧省)にある戦犯管理所に拘禁された。戦犯たちは厳罰を覚悟していたが、そこには、周恩来の「戦犯とても人間である。その人格を尊重せよ」「ひとりの死者も出してはならない」という人道主義政策に基づき、強制労働がないばかりか、食事、運動、文化、学習などあらゆる面での保障があった。そこで6年の歳月をかけて反省と謝罪を行う機会が与えられ、1956年から軍事法廷が始まった。45名の受刑者を除く収容者は起訴を免除され、1956年に帰国した。死刑はゼロだった。最後の受刑者も1964年には帰国している。

帰国後、彼らは、1957年に中帰連(中国帰還者連絡会)を結成し、証言活動を行ってきた。2000年に公開された証言映画「日本鬼子(リーベンクイズ)」や国際女性戦犯法廷で、私も彼らの証言を聞いたが、自らが犯した残虐な犯罪を告白し、懺悔するという行為がどれほど困難であるかは想像に難くない。DVやセクハラなどの加害者修復に関わるなかで、悪にはある一線を越えると引き戻せないラインがあって、あとはただただ自分のしたことを正当化するほかないという印象を持っている。戦時中、日本軍の兵士たちは、イニシエーションとして、まずは生きた人を殺すという行為が強いられたが、この一線を強制的に越えさせることによって、「鬼子」として突き進むしかない状態が作り出されたのだと考えている。中帰連の人たちは、一線を越えた後で、引き返そうと努力し続けた人たちである。なぜ、このようなことが可能だったのか。

半世紀を経て、中帰連のメンバーは高齢化し、その多くが亡くなっていくなかで、2002年、中帰連は解散、その精神から学び、未来へつなげようとする若い世代が「撫順の奇跡を受け継ぐ会」を発足させ、全国で活動を続けている。撫順戦犯管理所は、今年の6月20日にリニューアル・オープンされ、「受け継ぐ会」によってツアーが企画された。残念ながら私は行くことができなかったが、参加した小田博志さん(北海道大学)を研究会に招き、話を聞く機会を得た。

小田さんは文化人類学者で、これまでおもにドイツにおける市民レベルの和解について研究してきた人だが、彼に言わせれば、このように加害兵が自ら罪を告白し、悔い改めるという前例は世界でも稀ではないかという。ドイツは戦犯を時効なく処罰するという方針を取ったため、加害兵が罪を告白することは難しかった。南アフリカの真実和解委員会では、加害者が事実を供述すれば恩赦するという方針を取ったため、罪の告白はなされたが、心理的次元での変化は起こらなかったのではないか。アメリカの元米海兵隊員アラン・ネルソンさんは例外だが、個別例はあったとしても、このように大規模に反省が行われたのは他に例を見ないのではないかという。

しかも、撫順戦犯管理所では、管理所職員たちと収容者たちとの間に深い友情が生まれている。職員たちは、自分たちの肉親や友人たちを日本軍の兵士に殺され、当然ながら、最初は憎しみと復讐心でいっぱいだったが、「あと二十年したらわかる」という周恩来に説得され、戦犯を人道的に扱うという苦しい努力を続けた。たとえば、自分の担当する戦犯が自分の父親を目前で虐殺した仇だったことを知ったある若い職員は、悩んだ挙句、転勤希望を出すが、「今、君が日本人たちを見捨てるなら、彼らはきっとまた新たな侵略者を続く世代に生み出すに違いない。これでは、第二、第三の君の父を失うことになる」と説得され、仇を援助し続けた。そして、彼らは、「あと二十年したらわかる」という予言が正しかったことを知るのである。四半世紀を過ぎた1984年になってようやく再会がかなった時、彼らは、熱烈に抱き合い、涙を流して喜び合ったという。まさに奇跡である。

「殺人をするには、相手の人間性を否定し、自分の人間性をも捨てていかなければならない。殺した相手がモノではなく人だったことを理解していくプロセスこそ、自分の人間性を回復することに他ならない」と小田さんは言っていた。なるほどそうだ。そして、人間性を取り戻していくには、自分自身が人間として扱われなければならない。加害者の修復は加害者だけで成しえないのではないか。戦犯管理所の人道主義は、それまで日本軍によって人間性を否定されてきたあり方を根底から修復しようとするものだった。ふと、人間性を否定されたまま帰国し、過去にふたをして働き続けた多くの日本人男性たちは、その後、いったいどのような人生を送ったのかという疑問がよぎる。

撫順で起こった奇跡を人類の遺産として受け継ぎ、普遍化していかなければならないのではないかということを確認しあって、研究会を終えた。いつか撫順へも行ってみたい。


14. 2012年8月07日 15:56:04 : g2bPSpXOvY
>>07 >戦後の日本とドイツの最も大きな違いは、「自分たちの悪の歴史をちゃんと直視して戦後教育に生かして来たか、そうして来なかったか」だと痛切に思った。彼らは自分たちでちゃんと見つめて来ているのです

同感です。
ドイツでは、ネオナチがアウシュビッツはなかったと主張していますが、
そう言った民心を惑わす行為は市民により叩き潰されています。

中国が南京大虐殺が30万人だと言っているらしいが、被害国として多少誇張されているのだろう。
日本政府が公式に20万人殺したと認めている。

終戦後、日本人の引き揚げに際して、蒋介石は「日本人には手を出すな」と命令を発していた。


15. 2012年8月08日 01:18:34 : TtqVZM8Maw
話しを本旨に戻して

滝という法相は東大出身の元官僚大臣

記録に残っていないから暴行の事実は無い?

出来の悪い「東大話法」にしか過ぎない

こんなミンス党は早く潰れてしまえ!!!


16. 2012年8月08日 10:00:08 : OtpL1qAY6M
広島と長崎に原爆が投下されたが、
終戦間際の駆けこみ投下であった。

しかもプルトニュウム型とウラン濃縮型。
アメリカによる核実験場であった。


17. 2012年8月08日 10:37:16 : rrhrFN6JLd
日本の中学、高校では時間が足りないとして昭和史はほとんど教えないのでは?
たぶん教えたとしても嘘で固められているから教えないのか

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧