★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 403.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「野田内閣不信任の否決と消費税増税法案の可決」(フランス24サイトに掲載された、AFPの記事)
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/403.html
投稿者 無段活用 日時 2012 年 8 月 14 日 12:14:03: 2iUYbJALJ4TtU
 

(Japon: le Premier ministre survit à une motion de censure : AFP - France24)
http://www.france24.com/fr/20120809-japon-le-premier-ministre-survit-a-une-motion-censure


2012年8月9日 13:28

日本:首相は不信任動議を生き延びる


野田佳彦・日本首相は、木曜日、不信任動議を生き延びた。
これで、消費税引き上げのために重要な法案の国会承認が
可能となる。




AFP - 野田佳彦・日本首相は、木曜日、不信任動議を生き延びた。これで、消費税引き上げのために重要な法案の国会承認が可能となる。

この動議は、衆議院議員の総数480人のうち、賛成86・反対246の圧倒的大差で否決された。もし、これが可決されていれば、野田氏は辞任するか、衆議院を解散しなければならなかった。

この動議は、かつて首相の仲間だった中道派や左派政党からなど成る、小党連合から提出された。

注目すべきことは、主要野党・自由民主党(LPD、中道右派)所属議員の大部分が採決に出席しなかった。公明党(仏教の影響を受けた中道政党)所属議員も同様だった。

野田氏の民主党(DPJ、中道左派)に断固反対の立場をとる、自民党と公明党から殆ど採決に出席しなかったのは、現在5%の消費税を2014年4月に8%、2015年10月に10%へと引き上げる計画を盛り込んだ法案を可決するために、民主党と先日妥協した成果のようだ。

この法案が6月に可決された衆議院(下院に相当)では、民主党が多数派を形成するが、参議院(上院に相当)は野党が主導権を握っており、この法案を成立させるためには、両党の支持が必要だった。

野田氏はこの法案を最重要の政治課題とした。高齢化が進む日本国民の年金を確保し、また、ギリシャの債務を上回り、国民総生産の2倍と、既に巨大となっている日本の政府債務を削減するために、法案はやむを得ないステップであると、野田氏は考えている。

この法案の支持と見返りに、自民党は解散総選挙を強く求めた。野田氏は「近い将来に」投票を実施するかも知れないと公に認めたが、詳細な日時の約束は明言を避けた。



----------------------------------------------------


(Japan lawmakers vote to double sales tax : AFP - France24 English)
http://www.france24.com/en/20120810-japan-lawmakers-vote-double-sales-tax


2012年8月10日 12:16

日本の国会議員が消費税倍増を可決する


2010年、東京・新宿の商店街で、特売を宣伝するブティックの前を歩行者が歩いている。日本の
消費税を2倍にし、債務の大きな穴の一部を埋める法案は、国会での最終ハードルをクリアし、
首相が勝利したが、最終的に、首相はこれが職と引き替えになるかもしれない。



日本のGDPと債務の比率について、いくつかの国との比較グラフ。日本の消費税を2倍にし、債務の
大きな穴の一部を埋める法案は、国会での最終ハードルをクリアし、首相が勝利したが、最終的に、
首相はこれが職と引き替えになるかもしれない。



野田佳彦・日本首相(左)と岡田克也副首相は、東京・国会での参議院特別委員会に出席した。
日本の消費税を2倍にし、債務の大きな穴の一部を埋める法案は、国会での最終ハードルをクリ
アし、首相が勝利したが、最終的に、首相はこれが職と引き替えになるかもしれない。




AFP - 日本の消費税を2倍にし、債務の大きな穴の一部を埋める法案は、金曜日、国会での最終ハードルをクリアし、首相が勝利したが、最終的に、首相はこれが職と引き替えになるかもしれない。

この法案は、同時に、不安定な国の社会保障制度の刷新を準備するものだが、11カ月の任期中ずっと、野田佳彦氏の主要な焦点はこれだった。

回転ドアのような日本の指導者たちの世界で、この法案の成立は、稀に見る形ある成果だ。この数年で、6人の人物が次々とこの役目を果たしてきた。

金曜日、参議院は政府提出の法案を、数週間の駆け引きで主要野党の支持を取り付け、188対49の賛成多数で可決した。

野田氏の党は、強力な衆議院で十分な多数派を享受しているが、参議院では数が足りず、法案成立の見返りに、総選挙というエサを野党に与えなければならなかった。

ウォッチャーたちは、野田氏の民主党は分裂状態にあるが、3年間の生彩に欠いた政権に失望した有権者たちに苦しめられているようで、9月の代表選では、野田氏は罰を与えられるかも知れない。

採決に先立ち、野田内閣の安住淳・財務相は、予想される結果を歓迎した。

日経サイトによれば、「これは歴史的な成果だ」と同氏は記者たちに語り、これは「財政構造改革に向けた、最初の大きな一歩だ」と付け加えた。

「とりわけ、財政再建は日本に必要だ」と安住氏は語り、GDPの約2倍と先進国でも高い水準にある、日本の政府債務に言及した。

「世界経済が不安定な今、財政再建を日本が手堅く処理することで、リスクの一つは除去され、世界は安定へと向かっていく。」

複数の国際機関、日本の各新聞、国内のコメンテーターの多くは、消費税を10%の段階まで引き上げるのはいい考えであると、賛同している。

しかし、世論調査の結果では、この計画に賛成する有権者は半数よりも少ない。ポピュリストの政治家たちも、力ない状態が数年間も続く経済で、より多額の税を払うことを嫌がる人々に乗じている。

木曜日、小党連合−民主党の造反者だった議員たちなどから成る−から首相不信任動議が提出されたが、自由民主党(LDP)はこの動議に賛成せず、野田氏はこれを乗り切った。

しかし、「近い将来」に選挙を行うとした、野田氏の曖昧な約束に、野田氏自身の党の議員が嫌気している。議員の多くは、有権者たちの民意が問われる次の機会に、議席を失うことになりそうだ。

増税に際して民主党に協力したにも係わらず、自民党は、野田氏退陣のためにいかなる機会をも利用しようとしているように見え、自党からの首相不信任案提出の可能性を否定していない。

「野田氏を首相職から排除する動きが始まるかも知れず、9月の党代表選での野田氏の再選はいまや疑わしい」と、一橋大学の加藤哲郎・政治学教授は語った。

「勿論、欧州が政府債務危機に苦しんでいるという、世界経済の文脈では、増税は重要な課題なので、野田氏は歴史に名を残すことになるだろう。」

「しかし、野党との取り決めで政治危機を先送りしているだけなので、前任者たちと同様、野田政権も短命となる運命だ」と、加藤氏は語った。



----------------------------------------------------

(投稿者より)

AFP通信が配信し、フランス24サイトに掲載された記事です。上の記事はフランス語サイト、下の記事は英語サイトに掲載されました。誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。

散漫に読めば、消費増税を歓迎しているようにも読めますが、私には、記者が斜め上から事態を冷ややかに見ているように読めました。

「…法案はやむを得ないステップであると、野田氏は考えている」"M. Noda ... voyant une étape obligée ..."、あくまでも野田氏の考えでしょう。「採決に先立ち…予想される結果を歓迎した」"Ahead of the vote ... hailed the expected outcome"安住氏とは、結果が出る前に、予想に基づいて歓迎声明を出すような人物です。しかも、それを自社サイトに掲載したのは、日経でした。

「ポピュリスト」"populist"、例えば、日本では小泉氏の政治手法が「ポピュリズム」と評されましたが、米国では一昨年からの「ティーパーティ」を支えた思想が"populism"でした。意味合いはまるで違います。

野田氏がやったことは、まずは、主権者である国民への全面的な裏切りです。次には、自分たちのために国民生活を食い物にするという、既得権益層の意思表示です。さらには、日本の国富をさらに収奪して、海外に流す動きの一つです。

次の選挙で3党を少数に追い込み、これを廃案に追い込む。主権者は、私たちです。

ちなみに、"dans un avenir proche ""in the near future"、"avenir""future"を重視すれば「近い将来」です。"dans""in"を重視すれば「近いうち」です。いずれにしても、くだらない話です。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年8月14日 12:48:06 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

これで『勝った!』って思ってる連中が居るんだろうから、ほんと、オマヌケだよね〜

『国民の声を聞かず、勝手に決める政治』

って、TVタックルにさえ“揶揄”される政治の混乱(増長)が、今までのように“粛々と見逃される”とでも?

後悔したときは遅いからね、と既得権益死守陣営に、心から助言しておく。


02. JohnMung 2012年8月14日 13:07:25 : SfgJT2I6DyMEc : uTHPx9LphM
01>日高見連邦共和国さん 久しぶりです。
 久々に、新盆でPCに向かい書き込む時間がとれました。
 明日午後3時頃まで、できるだけ書き込みをして、また1〜2週間の旅に出ます。今後ともよろしく。
 以下は、少々多いが、消費税増税関連の愚作(率直な想いを込めた)です。再掲(部分補正)も含むので、目障りまたは時間のない方はスルーして下さい。

★消費税増税関連ダジャレ川柳(カネ無し庶民の抵抗)
 津波法 棚上げしてまで 消費税(ぜい)上げ説く (発足直後の菅政権の大いなる無責任・背徳行為)
 津波法 棚上げしたが 被災増す (津波法棚上げが震災・津波対応を遅らせ、約2万人の死者・行方不明者を発生さす・・・菅人殺し内閣の第一章)
 菅民主 参院選では 惨敗す (自民抱きつき消費増税策に国民の反撃)
 惣五郎 身命賭して 領民(たみ)救う (「佐倉義民伝」として伝わる下総・千葉県民の誉れ)
 野田どぜう 国民(たみ)に背を向け 消費税(ぜい)上げる (上総・千葉県民の面汚し)
 藤五郎 身命賭して 領民(たみ)救う (ベロ出しチョンマー千葉県花和村の玩具―に込められた悲話であり、下総・千葉県民の誉れ)
 大嘘を ついてベロ出す 野田どぜう (出したベロの色は玉虫色)
 消費税(ぜい)上げに シロアリ退治 そっちのけ (心は既得権益擁護・増幅)
 シロアリの 利権守るに 生命懸け (ペテン師野田の真骨頂)
 51(ごいち)対 49(よんきゅう)でも 過半なる (採決抜き党内論議帰結の野田流言い逃れ)
 前原の 一任横奪 了承に (非民主専横党内論議のダメディア見出し表現)
 菅・野田ら 非民主運営 常套化 (松下政経塾+極左運動崩れによる非民主専横党内運営常套化)
 簒奪は 菅・野田プラス 自見下地 (政権も政党も簒奪一味)
 閣議にて 自見大臣に 資格なし (消費税増税案の閣議決定疑惑)
 勝財務 自公民主 洗脳す (勝次官シロアリ一味のコンダクター)
 民自公 勝の意のまま 動き出す (オセロ民自公状態、大政翼賛への露払い)
 注意せよ 三党野合は 翼賛化 (三党合意は消費税増税に止まらぬことを要警戒)
 民自公 増税推進 三政党 (時代はだんご3兄弟から談合3政党へ)
 消費税(ぜい)上げは 民主が主犯と ほくそ笑む (主犯にされたくない谷垣自民の狡賢さ)
 公明は 屁理屈並べ 好い子ぶる (消費増税賛成も条件付けて与党暴走に歯止めとは・・・反対すれば済むこと。一事が万事、公明党=「股座膏薬」の面目躍如)
 民意より 三党合意 重いとは (国民の多数に背いた三党合意に正当性無し)
 民自公 シロアリ崇め 国民(たみ)棄てる (民自公の正体)
 やるべきは 累進税率 復元だ (所得税・法人税の累進税率を旧来の水準に戻せ)
 宗教 法人課税を 進むべき (宗教法人課税は早期に断行すべき)
 独法の 貯め込むカネを 引き上げよ (出資金、補助金等で貯め込んだカネを引き上げよ)
 決められぬ 政治は国民(たみ)を 背くゆえ (野田どぜうの白々しい勘違い)
 野田の言う 政治行政改革 生半可 (小沢氏らの言う「統治機構を含む政治・行政の抜本改革」とはほど遠い内容)
 天下り 独法特会 廃止せよ (天下り先の独法、特会が累積債務の元凶)
 天下り 受入機関に カネやるな (天下り受入団体・機関等の貯め込んだ金を引き上げ補助金等の支給を停止せよ)
 企業・団体 献金辞めねば 政党交付金(こうふ)断て (企業・団体献金辞めぬ政党に政党交付金は支給するな)
 野田どぜう 弱者虐めの 売国奴 (やることなすこと従米隷米の弱い者虐め)
 消費税(ぜい)上げて 今更お詫びは 白々し (野田よ しらばっくれるな → 駄洒落英語表現 No da! Don’t give me white leaves. よい子悪い子普通の子はこんな英文もどきはまねしないようにね)
 民自公 シロアリ議員 皆落とそう (弱者はじめ大多数の国民無視の政治家を落選させよう)
 権力に 盲従マスゴミ 国民(たみ)の敵 (権力に盲従し既得権益を擁護するマスメディアは故国民の敵だ)


03. 2012年8月14日 13:08:32 : l8g9YkYI5c
野田の売名政策(消費税増税)は絶対に執行させてはならないし、国民も認めないだろう!
原発推進もまた同じ!

国民の嫌がることを実行するのが政治家の役割と勘違いしているとしか思えない。これは自分たちがこの国を動かしていると自認している官僚の発想だ。国民の立場に立つべき政治家が官僚の軍門に下っては退陣してもらうしかない。国民も当然そう判断する。


04. JohnMung 2012年8月14日 13:14:09 : SfgJT2I6DyMEc : uTHPx9LphM
02>訂正
 故国民の敵だ → 国民の敵だ

05. 2012年8月14日 18:18:01 : EypVuclbbY
むしろ外国の報道機関の方がやや辛口で直接的にくる内容である。消費税以外な方法でやる事があるぞと忠告文である。

06. 2012年8月14日 19:48:38 : QSKJMEiSmA
自民も公明も 不信任案という重要案件の是非が判断できずに棄権するとは・・・

議員個人の判断にまかせるならともかく

党議として 判断を放棄する行為は政党の体をなさない。


07. 2012年8月14日 21:31:07 : VXP60kBWUM
日頃、信頼している占いさん、曰く。

平成27年から景気が萎縮して、皆さん大変ですよ!

ヨシショ経済評論家よりよほど、信頼したくなる。

歴史にタイトルを記録しておこう。

平成の「野田恐慌」と。

野田が、日本の平成恐慌時の首相であったという事と、日本の歴史を捻じ曲げたという記録を義務教育の教科書に永遠に記録される。


08. 2012年8月15日 07:57:32 : J5YhrlP0FU
野田豚恐慌はやってくる。この亡国の政治屋野田豚はまだまだ大きな関門が待ち受けている。内閣不信任案は谷餓鬼を騙して延命に成功はしたものの、次に待ち受けるのは解散風をどう乗り切るかである。勝なる参謀長の退任であとは好きにやってくれ、と席を立った後は、野田豚には支える男がいなくなった。冷たいものだ。所詮、勝海舟の孫にあたるという嘘をついた男である。狐と狸の化かし合いも終了。狸御殿の裸芸ももう見飽きたとばかり、仕事は終わったと悠々自適な悪代官は表舞台から身を引いた。野田豚の引いた恐慌路線はこれで足音は音を立てて迫ってくる。07さんのいうとおりのシナリオは間違いない。そして一ヵ月後、野田豚までいなくなる。次回選挙で野田豚は確実に落選する。史上初めての出来事となる。国民にNOを突きつけられた唯一の政治家は末代の恥さらしとなる。船橋市民の怒りは収まりそうにない。民主党はお終いである。指導者なき政党は結局は無責任政党として名も消える。厄病神に占拠された無責任政党への国民の反発は異常である。
なんと無責任な奴らだろう。後は野となれ山となれ。日本無責任時代の到来である。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧