★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 507.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
本澤二郎の「日本の風景」(1132)<尖閣問題の真相背景><国際関係に寛容・リベラル不可欠><戦争を知らない偏狭右翼>
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/507.html
投稿者 五月晴郎 日時 2012 年 8 月 17 日 18:29:29: ulZUCBWYQe7Lk
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/51995068.html

<尖閣問題の真相背景>

 日中国交回復は72年9月、時の田中内閣によって実現した。戦後の日本外交史の金字塔であろう。それから40年。本来であれば、40周年を祝う東京と北京のはずだった。中国は、この間、経済成長を成し遂げ、政治経済軍事の大国になったのだが、経済のインフラ面では日本のODAが応分の役割を果たした。これは賠償放棄した毛沢東・周恩来の政治決断に対応した大平正芳の報恩からの政治判断であった。

 こうして日中関係は「友好」の2文字で推移するはずだった。だが、常に横やりが入った。田中はロッキード事件で倒れ、大平も自民党台湾派の攻勢の中で、命を落とした。日中分断はワシントン右翼の願望であり、日本の反中派に塩を送ってきた。それは今日も継続している。
 ワシントンの策略は、反中勢力に肩入れ、リベラルな政権の存続に抵抗してきた。筆者がCIA支配に反発する理由である。日本の政界は、中国を軸に揺れてきたといってもいい。右派は歴史認識を浮上させて、北京に揺さぶりをかける。そこに台湾問題もからませる。

<「友好」を忘れた対中外交>

 中国の台頭とアメリカの経済的沈下が、日米の軍事部門を中心に、北京への敵意とむき出しの対抗心となって現出する。最近の目立つ現象だ。米軍再編による沖縄の米軍基地強化・自衛隊の米軍従属化がそれである。野田内閣は、憲法が禁じる集団的自衛権の行使に踏み込もうとさえしている。中曽根を見習おうと言うのだ。
 昨今の露骨な中国脅威論は、防衛白書から外交青書にまで及んでいる東京である。ワシントンに歩調を合わせた愚策である。72年当時の「友好」の原点を棚上げ、忘れようとする東京の政権が次々と誕生した。北京をいら立たせて当然だろう。
 北京が日米に警戒心を抱く理由だ。もしも、日本政府が72年の「友好」の原則、平和友好条約を真摯に受け入れた対応をすれば、たとえばレアアース問題も尖閣上陸など起きない。
 頭を冷やして「72年に還れ」といいたい。

<右翼政権の連鎖>

 北京をいら立たせてきた理由は、東京に誕生する右翼政権による対中政策にある。歴史問題と台湾問題を浮上させてきた。村山・橋本・小渕恵三内閣までは、北京と東京にさしたる政治問題は起きなかった。台湾派の森喜朗内閣が誕生し、台湾寄りの対応を露骨に示すことから北京は緊張した。
 親中派の加藤紘一が森打倒に動いた理由の一つと言える。72年の国交正常化宣言やその後の平和友好条約に反する森政治に対して、堪忍袋の緒が切れたものだろう。続く小泉内閣は、戦争犯罪者が合祀されている靖国神社に6回もの参拝を強行した。北京政府と中国の人民が怒り狂った。小泉戦略がワシントンに操作されていたことの証しであるとみたい。
 小泉後継の安倍首相はA級戦犯容疑者の孫である。いいわけがない。続く福田康夫内閣で日中関係は明るさを見せた。ところが台湾派の麻生内閣は逆転させたが、鳩山―小沢連合の民主党内閣の誕生で、事態は好転するはずだった。

<鳩山退陣の衝撃と小沢事件>

 小沢一郎は日中友好の証しとして、仲間の国会議員を引率して北京を訪問した。鳩山由紀夫首相は東アジア共同体構想をぶち上げて、ワシントン一辺倒から舵を切った。いうなれば田中―大平時代の再現を彷彿とさせる場面だ。
 アジアの時代に歩調を合わせる鳩山政治は、しかし、CIAの陰謀が待ち構えていた。小沢と鳩山に検察とマスコミが襲いかかったのだ。
 ワシントンは小沢と鳩山に反米のレッテルを張り、霞が関とマスコミを背後から攻撃をさせるのである。
 普天間問題で鳩山を退陣させたCIAは、小沢逮捕にも執念をたぎらせた。だが、これは成功しなかった。検察の証拠のねつ造が発覚したからである。検察の信頼は完璧に地に落ちてしまった。回復不能な状態である。
 小沢事件化と鳩山退陣は、北京に衝撃をもたらした。日中友好の芽が潰されてしまったのだから。続く菅内閣は、国会本会議の壇場で中国脅威論を公言し、北京を驚かせた。続く野田の松下政経塾内閣のもとでの、中国封じ込め政策に身構えるようになった。
 偏狭な国家・民族主義の台頭である。

<国際関係に寛容・リベラル不可欠>

 外交は話し合い・対話が原則である。全方位外交を主導した福田赳夫内閣は、背後の岸の壁を乗り越えて、日中平和友好条約を締結した。国際関係を正常に機能させるためには、寛容が何よりも重要である。
 日本は軍事を否定する平和憲法を保持している。リベラルの最高価値は寛容なのである。そうしてこそ軍事衝突を回避できる。軍事力による紛争処理は、新たな暴力を正当化しかねないだろう。
 東京にリベラルな政権が誕生した時に国際関係は正常化する。右翼・国家主義のもとでは、隣国との衝突や軋轢が生まれる。

<戦争を知らない偏狭右翼>

 今回の尖閣上陸に絡んでの14人の中国人の拘束に対して、急ぎ強制送還した政治判断は、前回の失敗を多少学んだためだろう。同時に「死に体」内閣に外交問題を処理する能力のないことの表れだろう。「友好」の関係が構築されていれば、そもそも香港からの船が動くことなど無かった。トラブルの根を事前に摘むことが出来たのだ。
 困ったことは右傾化野党の反応である。右傾マスコミとテレビに登場する偏狭な民族主義者の暴走発言である。
 NHKに至っては、右翼学者を起用した外務省の将来シナリオ、それは軍拡・日米同盟強化・核武装化なのだが、それをこの時とばかりに披歴・宣伝するのである。戦争を知らない民族・国家主義の輩を集めての、同省の危険な軍事計画そのものに、霞が関の重大な問題を提起している。憲法の上に、ワシントンを置いた愚かな作戦計画に驚愕するばかりだ。

<大平政治に戻れ>

 日本は十二分すぎるほど右翼化してきた。議会・新聞テレビも。その結果が、複雑な外交問題を露呈させた。北方領土・竹島・尖閣である。隣国の全てとの難題に、方法など無い。
 対話のみである。その原動力は「友好」の2文字しかない。寛容な・リベラル外交しかない。歴史を直視するしか道はない。大平政治に戻れ、と訴えたい。

2012年8月17日13時55分記
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月17日 18:55:49 : kFGC7xohUs
尖閣問題での小沢氏の主張は小沢氏本人のHPから引用すると以下の通り。

http://www.ozawa-ichiro.jp/massmedia/fuji/2004/fuji182.htm
日本固有の領土である尖閣諸島・魚釣島に、中国人活動家七人が不法上陸した事件は、小泉政権の情けないまでの「事なかれ主義」を露呈した。
基本的に、尖閣諸島はいずれの国家にも属さない領土だったが、明治二十八年に日本の領土に編入された。翌年から、桟橋や船着場、貯水場などを建設する開拓が進められ、民間人によってカツオ節の製造などが行われた。
戦後、米国の施政下に置かれ、昭和四十六年の沖縄返還協定に伴って返還されたが、関係各国からの異議はなし。中国や台湾が領有権を問題にし始めたのは、その後、東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化してから。
歴史的にみても、日本の領土であることはハッキリしているのだ。
ならば、今回の確信犯といえる不法上陸についても、沖縄県警が出入国管理法違反(不法入国)で中国人活動家七人を現行犯逮捕したのだから、日本の法律に従って適正に淡々と処理すればよかった。
だが、小泉政権は中国が騒ぐのを恐れたのか、政治的判断で彼らを送検もせずに強制送還してしまった。これでは、尖閣諸島に関するわが国の主張にあいまいさがあると、他国に疑われても仕方ないではないか。
マスコミの中には、強制送還が決まるまでは「毅然とした態度を取れ」などと訴えていたのに、いったん政府判断が出た後は黙り込んでいる社もある。そんなに現政権に逆らうことが怖いのか。言論機関の誇りはどこに行ったのか。
僕が首相の立場なら、日本の主権を意図的に侵した活動家七人は法律にのっとって適正に処理する。そして、日本の領土である尖閣諸島に海上保安庁の警備基地などを設置して、国家主権の侵害を認めない。
(以下略)

どうも本澤二郎は小沢氏のHPすら見てないらしい。


02. 2012年8月17日 20:39:30 : kacHRfTVBc
>>1のkFGC7xohUsさんは同じコピペをいったい何度貼ったら気がすむのだろうw
読解力がまるでないし・・・。

03. 2012年8月18日 01:16:37 : kFGC7xohUs
>02
同じコピペを何度貼っても自分にとって都合の悪い小沢氏の主張は故意に無視する人間ばっかりなので仕方無いですねw

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧