★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 568.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「焚き火も、化石燃料も、原発もダメならば、明日からどうしたらいいのか」   曽野綾子氏(週刊ポスト)
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/568.html
投稿者 CERISES 日時 2012 年 8 月 19 日 06:12:42: TSAYrSdovqusM
 

週刊ポストは、私は以前は良く買っていました。近頃はほとんど買っていませんが、ふと、今週号(8月31日号)を買ってみました。以前、買っていたときから、絶対に読まない、曽野綾子氏の連載をふと読んでしまいました。


曽野綾子氏の「昼寝するお化け」という連載。なんと「好評連載○ESSAY−−−492」。なんと492!私からすれば、右翼・左翼ともキライではないが、下記の様な、意味不明、支離滅裂、論理飛躍、牽強付会なエッセイを492回とは!(私の頭が悪いせいもあるのでしょうが)まずは読んでみてください。(原文は2ページですが、理解に苦しみ、書き起こしがつらく、大幅に省略致しまた。※は筆者注)

「次善を選ぶ」

 オスプレイ(ミサゴ)という名の、初めて見るスタイルの軍用輸送機について……』・・・・(中略)政府側も、受け入れなければならない立場の人たちも、共に、この世ではなかなかあり得ない状況を要求しているのであるそれは「安全を確認した上で」ということである。


地上を移動するものは落ちないが、空中を飛ぶもので落ちないものはない。飛行機に乗りさえしなければ、飛行機に乗っていて死ぬことはない。

しかしその危険を負担しないと、私のように世界百二十数ヶ国を見るという人生の贅沢はできない。

百パーセントという確率を支配できるのは、神か悪魔だけなのである。 国家は本来、国土を自分の力で守るほかはない。

 原発の存在も同じようなものだ。

(※唐突にこのフレーズが出てくるが100%安全なものは無いから、原発も必要だと言い、次の話しに繋げているのか?)

東日本大震災の起きる前、地球温暖化を防ぐために人間の道義上の義務のようなものが声高にうたい上げられ続けてきた。

焚き火もC02を出すからダメ。しかし私の旅した広大なアジア大陸でもアフリカ大陸でも、何十億という人が電気もガスもない土地で、薪を燃してずっと日々の食事を作り続けているのだ。長い間水力発電所もやり玉に上がっていた。「もうダムは要らない」「八ッ場ダム建設中止」が聞かれたのはつい先頃のことだ。


ここのところ、週末毎に行われている総理官邸周辺のデモに私は行かないが、教えてほしいことがある。

「焚き火も、化石燃料も、原発もダメならば、明日からどうしたらいいのか」ということだ。

(※3つを並列にする、ここに論理の飛躍というか、支離滅裂というか、読むほうも、訳がわからなくなってくる)

デモの指導者の一人、坂本龍一氏は「たかが電気」と言われた。

(※代々木公園で「たかが電気のために、なんで命を危険にさらさなければいけないのか?」の発言)

氏の音楽が大衆の耳に届くのは、エレキバンドを通してではないのか。

 しかし電気は偉大だ。

(※幼児並みの論理というか、難癖というか・・・がここから延々始まる)

医療の世界では、電気は命そのものだ。手術室は必ず予備の電源を備え、救急車は電話によって出動する。人工呼吸器も停電になったら終わりだ。 金融システムも交通網も、電気によって死命を握られている。もっとはっきりしているのは、民主主義も電気によって守られていることだ。電気のない国で民主主義を完成し、継続している国は世界中に一国もない。最善ではなく賢く次善を選ぶことに我々は馴れなくてはならない。
(※結局最後にタイトルにした、これを言いたかったのだろうが、彼女の思考回路が良くわからない)

以上

※コメント
曽野綾子氏は大江健三郎氏の『沖縄ノート』批判というより、誤読で山崎行太郎氏から、完膚なきまで、誤りを指摘され「耄碌したのか」とまで言われている。
文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ「毒蛇山荘日記」
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071118/p1  2007-11-18
曽野綾子の「誤読」から始まった。大江健三郎の『沖縄ノート』裁判をめぐる悲喜劇。
曽野綾子誤字誤読事件(以下略)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月19日 06:20:10 : Op2sM8LHZQ
>「焚き火も、化石燃料も、原発もダメならば、明日からどうしたらいいのか」   曽野綾子氏(週刊ポスト)

 夜、東電の社屋を燃やせば、結構、明るい!


02. 2012年8月19日 06:42:36 : D88AoPdykw
その前にお迎えがきますよ。フジ・産経御用達のおばあちゃん。

03. 2012年8月19日 07:04:56 : hkKWEVaNQg
この婆さん、いつもこの種の詭弁を弄して都合のいい理屈でけむに巻く。

日本財団とは旧船舶振興会で博打のあがりを利権にしている集団。

故笹川亮一ではイメージが悪すぎたのでこの人が起用された。


04. 2012年8月19日 07:13:38 : 5P0UAKIBTI
何時まで地球温暖化のこと言っているんでしょうか?「温暖化詐欺」のこと知ってっていっているのでしょうか?焚火も化石燃料もどんどん使いましょう。特に石油は洗脳されている人々には信じられないかも知れませんが「無機由来」の資源で無尽蔵に存在します。その証拠に中東の石油は半世紀以上掘削していますが今でも変わらぬ生産を続けています。ただ、無尽蔵にあることがばれると困る人々がいるために誰もこのことを決して言いません。地球は黒点の活動期と長期的には小氷河期に向かって少しずつ寒冷化しています。原発を止めて再生可能エネルギーである石油と自然エネルギーによる社会経済を確立しましょう。

05. 2012年8月19日 07:17:07 : ehliXS69QE
04に同意

06. 2012年8月19日 07:59:42 : ZJij9F0CRQ
さっさと死ねば良いのだよこんなババアは。
そもそも論の立て方が支離滅裂。
焚き火がダメだなんてだれが言ってるのか?
だれもそんなことはいっていない。
火力、水力がダメだなんてだれがいっているのか?
ダムの問題は「ムダな公共事業の是非」の問題であって水力発電はダメだなんてだれもいってない。
原発もそう。いきなり技術力の未熟のままで巨大原発を作ったことに問題がある。
水力も、火力も、風力も地熱でも足りなくなったときのために原子力の利用ということは将来じゅうぶん考えられる。
しかしいまのデタラメではダメだということだ。

07. 2012年8月19日 08:04:22 : ylTlPdYTRI
火葬がダメなら土葬もあるでよ、曽野綾子ばあちゃん。

原発拒否ならローソク暮しかってほざいていた爺いがいたが、
それも有りかななどと思ってしまう。究極の省エネでっせ。


08. 2012年8月19日 08:58:31 : GvRsSFw7re

いろんな意味で今日の日本の病巣を体現している老婆

だそうだ



09. 2012年8月19日 09:14:05 : 52vR2j5s7g
本当に支離滅裂な曽野サン。信用しない作家の一人です。馬鹿も休み休みに言ってほしいといいたいほど。

10. 2012年8月19日 09:15:13 : KQaN7OPCGH
原発が必要なら、防護服を着て福島原発へ行けば良いだけ。
曾野綾子が居なくなっても困る人はいない。
原発でがれき処理を存分にやれば良い。
そしてシネ!

11. 2012年8月19日 09:31:32 : RVnrE5OvJQ
>>03さんに同じ。(04,06さんにも同意)

 更に加えるならばシニシズムの塊。いつも嘲笑・冷笑・揶揄・などで、市民を馬鹿にしきっている。でも体制側には全く持って都合がいいヒトのようですね。文春・新潮・産経などのご用達。その奥に控える「経財界」から一体どれくらいもらっているのか?人間の否定的な面をいやというほど見事に体現している人です。このような人をもてはやす人の人格も、おして知るべしといったところでしょうか。
まあ、何を言おうが本人は蛙の面に何とか・・でしょうがね。


12. 2012年8月19日 09:57:40 : xgQrEp1sYs
競艇は全てを救う????????????

13. 2012年8月19日 10:26:49 : mFgkGWO6Ss
>焚き火も、化石燃料も、原発もダメならば、明日からどうしたらいいのか?
バカというのは心底恐ろしい。原発と焚火・化石燃料がなぜ同列に語れる。
電気は今の世の中必要なものではあるが放射性物質は全く不要のものである。
そもそも地球温暖化というのはCO2が原因ではない。
バカにつける薬はないというがセシウムでもストロンチウムでたっぷり
つければ治るかもしれないな。

14. 2012年8月19日 10:51:14 : vQbBv9OPUk
山崎行太郎は中共と北朝鮮は大好きな“反日教祖”大江健三郎[1]を必死に擁護している。
文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ「毒蛇山荘日記」
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20071118/p1 

大江健三郎は戦争放棄の憲法窮状(九条)を守ろうと未だに活動しているが、尖閣諸島も竹島も中共や朝鮮へ渡せと言いたいのだろう。

[1] “反日教祖”大江健三郎
http://totopapa.iza.ne.jp/blog/entry/2273523/
日本に敵対する者は正義だから、大江は中共と北朝鮮は大好きである。
「北京の青年は明るい目をしている、ほんとうに明るい目だ」「北朝鮮に帰国した青年が金日成首相と握手している写真があった・・・感動的であり、ぼくはそこに希望にみちて自分および自分の民族の未来にかかわった生き方を始めようとしている青年をはっきり見た」(「厳粛な綱渡り」)
 明るい目をした北京の青年も、希望にみちた北朝鮮の青年も、とっくに殺されているだろう。犯罪的な平和ボケで、戦争放棄の憲法窮状(九条)を守ろうと未だに活動している。


15. 2012年8月19日 11:40:19 : 8hk0duzcU2
>「焚き火も、化石燃料も、原発もダメならば、明日からどうしたらいいのか」   曽野綾子氏

何と言う情けない発言をする人でしょう。
明日からどうしたら良いかも分からないとはねえええ。

教えてあげましょう。
「昨日のように、今日のように、その前日のように。」過ごせばよいのです。

原発の電力は使わなくても大丈夫ですからね。
すでに証明されていますから。

残り僅かな人生を有意義にお過ごしください。

               こぶし。


16. 2012年8月19日 12:44:51 : JZ9CfGizWc
皆さんに激しく同意です。
オスプレイについても、この方の認識は間違っています。
ー安全を確認した上でーということは、政府と反対している人達では違う意味があると思います。
政府の言は、曽野氏の指摘しているとおりなのです。
安全なら、飛ばす、落ちない確認など有り得ない事なのです。
反対の人達は、安全など有り得ない、そしてそれが人間の頭上を飛ぶからなのです。
多くの人の生活圏に落ちる可能性があるということです。
しかも低空で甚大なる騒音をともない、生活が破壊されるのです。
あなたのー私のように世界百二十数ヶ国を見るという人生の贅沢ーこんな、どうでも良い物見遊山のお遊びと同列ではないのです。同列で語れる曽野氏の人間性に大いに興味があります。
人の命が懸かっているから反対なのです。
坂本氏の「たかが電気」発言も、氏の音楽を聴く大衆があってこその発言だと思います。
そして「たかが電気」と切り捨てる事ができる程、彼は今もって進化しているのだと思います。
今を生きている人の発言です。
反省無く、過去で生きている方とは違います。

17. 2012年8月19日 14:11:18 : 01g8JRTuhE
曽野綾子さんはカトリック信者なんだよね。イエスキリストの教えに従って困っている人々のために身を粉にして奉仕するのがクリスチャンの務めではないかと。マザーテレサのように。マザーテレサはシスターでしたけど。

18. 2012年8月19日 14:34:42 : isiEx6ML4g
曾野綾子は胡散臭い「作家」だ。

キリスト教徒であることを振りかざして他人には説教を垂れ、自分は中曽根に取り入って御用作家として美味い汁をさんざん吸った。ついでに亭主の三浦朱門を文化庁長官にまで押し上げたのは、この女の政治力もあったんじゃないか。

どんな作品を書くのか知らんが、間違っても試しに読んでみようとは金輪際思わんね。

そしてとうとう支離滅裂の本性が老齢と共に隠しようもなく表れてきたようだ。

政権交代は日本の国会議員の低レベルと最高裁や検察の腐敗をも浮き彫りにしたが、学者、作家、マスコミの無知蒙昧ぶりもあぶりだした。

先行き困難とは言え、欺瞞が暴かれつつあることはいいことかもな。


19. 2012年8月19日 14:42:06 : Vzf6ZGipkA
>>14
最悪の馬鹿だナァ。売国奴の典型だ、オマエは。

20. 2012年8月19日 15:11:57 : p0Inc63CDM
焚き火も、化石燃料も、原発もダメならば、明日からどうしたらいいのか>>

デモの参加者はたしか”原発がダメ”って言ってるだけだろ。
この婆さん認知症だな。
ポストも広告貰ってる以上埋め草記事にしてるんだろ。


21. 2012年8月19日 16:37:48 : iJQPgdxUcw
この人の作品からも言動からも、信心深さというものが一切感じられない。
ただある種の行動力はあるが。その点は認める。

驚くべきリアリストだが、本当に信仰心を持っているのだろうか。
神様を信じているようには見えない。

私の中では体制作家として林真理子と同じレベル。


22. 2012年8月19日 17:46:44 : aBT5W4Lv8U
こいつは、沖縄戦で、日本軍による、集団自殺強要はなかったと言って、大江健三郎に噛みついたんだが、

現在の原発事故以来状況を見れば、当時も今も、日本国家の有り様はまるで変わってないということがよくわかる。

まさに今の現実が、過去をありありと証明してる。


23. 2012年8月19日 17:54:32 : uwyuaLgJi6
曾野綾子の「一日一善」だね??

そこで「旧約聖書」(箴言24章16節)

「正しい者は七たび倒れても、また起き上がる。」


24. 2012年8月19日 18:42:35 : 23AEGHZfaw
清心女子大、精神女子大どっちでもいいや。
キリスト教を仕込まれるとバナナになったり極右になるんだろうか。
極右業界での清心女子大出身者のご活躍って目覚しいものがありますね。

あれ、そういえばイエズス会の情痴大学もあんないい場所にあって極右を飼ってますね。


25. 2012年8月19日 20:35:52 : RVnrE5OvJQ
>>24さん
 情痴大学のヒトとは、渡辺昇一さんですか?デモ現在は名誉教授ではなかったでしょうか? 田舎者ゆえ、具体的に言っていただかないと、なかなかわかりませんので。ヨロシク。

26. 2012年8月19日 21:18:05 : GvRsSFw7re
以下
曽野 そのあやこ
渡部 わたなべしょういち


曽野 「こんなにひどい津波は見たことがない、一千年に一度の災害、と言われていますが、予想の範囲を超えていて、誰にも責任はないことをハッキリしないといけません。その代わり、決められていたよりも手を抜いてつくられていたものに対しては、厳罰を下す。そこを分けて考えないと、誰もやる人がいなくなります。
 私は水力発電のことしか知りませんが、建設には仕様書があって、どこまでの事態を想定するのか、決壊したら何トンの水が何分後にどこに到達するのかが考慮されています。しかし、それを考えるのは東電ではありません。そもそもの想定が甘かったなら、責任は東電ではなく設計側にあります。」

編集部 「天災には文句が言えないので、東電がスケープゴートになっている面がありますね。」

(中略)

渡部 「過剰な原子力・放射能アレルギーのある日本社会のなかで、これだけの原発を建設した人たちは偉いと思う。今となっては、これ以上の地震がきても耐えられるように、より頑丈にするから応援してくれ、というしかないでしょう。」
(中略)


曽野 「原発や被災者支援などに対するマスコミの質問もおかしかったですよ。「明日はどうなるんですか」「物資は公平に配られていますか」ですって。もうやめてもらいたいですね。この非常時に、予定どおりの明日がくるなんて誰にも分からない。
 そして、電気が消えた時点で、民主主義というものは停止するんです。公平も平等も機能しないんです。それがわかっていない。もっとひどいのは、「その委員会はいつ立ち上げたんですか」。緊急の時に過去のことなんか聞くな、でしたね。
 私は報道に関しては、あれだけの地震や津波の映像をきっちり記録してすぐに国民に知らせたり、原子力保安員や東電がきちんとぺーパーをつくって毎日現状報告をしていることは、すばらしいことだと思う。」

(中略)
曽野 「私は、未だに答えのない疑問を持っているんです。「避難所が寒くて凍えそうだ」「低体温症で体調を崩している」「温かいものが食べられない」という報道がありましたが、あれはなぜ? そこらじゅうにあんなに薪があるじゃないですか。瓦礫の処理が大変だと言っていますが、どうして木片は燃やさないんですか。
 同じ高さの石を三つ積めば竈(かまど)ができるんです。そこに、あれだけ燃やすものがあるんだから、あとはどこからか鍋を拾ってくればいい。私だったら、あそこで薪を集めて食事をつくります。」
(中略)

「電気が消えた時点で、民主主義というものは停止するんです。公平も平等も機能しないんです」とか意味がわからないわけだが。
倒壊してる他人の家の木材を薪にしろだとかも、木材が津波で濡れてて火がつかないことぐらいちょっと頭使えばわかるんじゃないの?
鍋にしたってなん週間も放置されているならともかく、被災した直後に鍋を拾ってこいだとか、泥棒しろってことなの?

日本人は立派すぎる

(中略)
渡部 「日本が立派すぎるんだな。」

曽野 「ほんとうにそうなんです。そこがいいところではあるんですが、甘さにもなる。だから、ゲリラ学を教えたいんです。
 もう一つ言うと、私は定年制には大賛成で、ある程度、歳がいった老人は黙ってろ、と思うんです。けれど、世の中には実にたくさんの体験を持つ高齢者がいらっしやる。今回のような場合、そういう人たちの知恵を暫定的にどんどん使えばいいと思う。
 放射線の強いところだって、じいさんばあさんを行かせればいいんですよ。何も若者を危険にさらすことはない。私も行きますよ。もう運転免許は失効していますが、あそこは私有地だから無免許でも構わないでしょう(笑)。
 ほうれん草からヨウ素が出たときも、ある人が「五年後に症状が出るなら、そのころは八十五歳だからちょうどいい」なんて言っている人がいました。」

渡部 「養老院で使うとかね。」

曽野 「かえって元気になるかもしれません(笑)。水道水だって、ヨウ素は八日経てば半減するんでしょう。私は空き瓶に水道水を詰めて日にちを書いておくことにしました。飲まないでいるうちに八日以上経ちましたから、もういいはずですね。」


27. 蒲田の富士山 2012年8月19日 21:57:29 : OoIP2Z8mrhxx6 : a2xEptpdiE
昔、「三浦綾子」と「曽野綾子」が同じ人かと、誤解していたことがあった。
(私は馬鹿です。)
昔、「江藤淳」は、「江藤新平」の親戚なのだどう、とか、推測していた。
(私は馬鹿です。)

28. 2012年8月19日 22:32:44 : qrCW8Avz9U
曽野某 や ネトウヨ と言った右の方の人って 学習しないし、
自分の”脳”で考えようとしないよね

考えると”新右翼”みたいになっちゃいそうで怖いのかな?


29. 2012年8月19日 23:12:30 : VyRVZEyj8Y
そりゃ電力はいるわな。
だけど原発利権はまっぴら。
原発じゃなくたって普通に電気は足りているだろう。
節電したからだって?
皆普通に使っているぞ。使わない電気はこまめに消すけどな。
だけど、そんなの今に始まったことじゃないだろ。
経済に打撃?
震災前の原発が稼働していたころからすでに不景気だったぜ。

30. 蒲田の富士山 2012年8月21日 23:29:25 : OoIP2Z8mrhxx6 : D1U82CJwdg
訂正
親戚なのだどう→親戚なのだろう
すみません

31. 2014年3月12日 22:07:07 : 8ITaxNccBw
時代が代わるとともにすべてのことが良くなるわけではないが、一般に信じられていた権威の化けの皮が剥がれてくるのはいいことかもな。

原発村の御用学者は学者としての専門知識も無かったということがわかった。

マスコミなど社会の木鐸どころかゴミだった。

作家も文豪などともてはやされたこともあったが、ほんの僅かな人間を除いて殆どは、自分で自分の無知を書きたてて笑いを取る芸人だった。
しかし、曾野綾子では笑えんな。根性が卑しすぎるから怒りしか覚えんわ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧