★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 664.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ブラント首相はユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した。今上天皇は膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。朝鮮日報
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/664.html
投稿者 TORA 日時 2012 年 8 月 21 日 15:29:49: CP1Vgnax47n1s
 

株式日記と経済展望
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu270.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/
--------------------------------------------------------------------------------
西ドイツのブラント首相はユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した。
今上天皇は膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。朝鮮日報

2012年8月21日 火曜日

◆韓中日新冷戦:アーミテージ報告書に見る米国の見解は? 8月17日 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/17/2012081700893.html?ent_rank_news

米国が北東アジアの領土・歴史問題に対し示す公式見解は「どちらの味方でもないので、平和的な話し合いでうまく解決せよ」というものだ。韓中日3国間で領土・歴史問題がどれだけデリケートで複雑かをよく知っているためだ。

 しかし「こうした原則的見解の裏には『日本偏重』というベースがある」というのが外交筋の見方だ。ワシントンのある外交消息筋は15日「特に韓日間の領土・歴史問題においては日本が明白な『加害者』『挑発者』であるにもかかわらず、米国が『話し合いで解決せよ』としか言わないのは、結局は日本に肩入れしているということ」と話す。

 現在の米国にとって最大の目的は「中国けん制」であり、そのため米国の北東アジア戦略の核心は日米同盟から始まる。最近は韓国の戦略的価値が大幅に高まったとはいえ、まだ日本ほどではなく、こうした米国の認識が領土・歴史問題に関する見解にも影響しているというのだ。

 同日発表された「第3次アーミテージ・リポート」にもこうした米国の認識がよく表れている。 この報告書はリチャード・アーミテージ元国務副長官とハーバード大学のジョセフ・ナイ特別功労教授が日米同盟について共同で作成した報告書で、2000年の第1次、07年の第2次リポートは米国の北東アジア政策に大きな影響を与えた。

 報告書には「韓国と日本は歴史的見解の違いを復活させようという誘惑を振り切り、現実の政治の観点から両国の同盟を再検討すべきだ」「両国は戦略的挑戦課題である中国の台頭を念頭に置かなければならない」と書かれている。その一方で、先日の韓国大法院(最高裁判所に相当)による日本統治期の強制連行被害者に対する損害賠償関連判決や、日本政府による米国内慰安婦追悼碑建設反対ロビー活動を「政治的行動」と批判し「こうした行動は感情対立をあおって注意を分散させるだけ」とした。

 これは結局、「『中国けん制』という大きな目標のため、韓日両国は歴史問題をしばらく取り上げるな」ということだ。韓国の主要懸案である歴史問題を「周辺的な事案」と認識している点は日本の見解と一致する。

 13日に行われた米国務省の定例会見でも、韓日間の独島(日本名:竹島)をめぐる論争について、ビクトリア・ヌーランド報道官は「米国はこの問題について特別な見解がなく、両国が対話を通じてこの問題を解決することを望む」と述べた。また、米国は「東海(日本海)表記問題」についても「単一表記原則」の実践を理由に「日本海」表記の方針を崩していない。

◆韓中日新冷戦:「韓中関係は過去にないほど良好」 8月17日 朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/17/2012081700897.html

大統領府のある幹部は16日、記者たちとの懇談の席で「韓中関係はかつてないほど良好だ。両国首脳の間で話し合われるアジェンダ(議題)の性格や内容は、数年前と比べても想像できないレベルになり、両国間では戦略をめぐる対話が随時行われている」と語った。同幹部の発言は、韓中両国間で、北朝鮮情勢の急変などをめぐる論議が行われていることを示唆するものだ。李明博(イ・ミョンバク)大統領は今年1月に国賓として中国を訪問し、胡錦濤国家主席や温家宝首相、全国人民代表大会(全人代)=国会に相当=の呉邦国・常務委員長と相次いで会談、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記死去後の韓半島(朝鮮半島)情勢について話し合うとともに、韓中自由貿易協定(FTA)の締結に向けた交渉の開始についても合意した。当時、大統領府の関係者は「李大統領と温首相は、金総書記の死去を受け、北朝鮮を改革・開放に導く方策について深い議論を交わした」と説明した。

 一方、中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は今年4月「北朝鮮が再び軽率な行動を取らないことを望む」というタイトルの社説を掲載した。社説は「金正恩(キム・ジョンウン)政権が、北朝鮮に対する中国の考えについて見誤らないようにすることが必要だ。もし北朝鮮が中国を人質にするような策略を巡らしたら、必ずその代償を支払うことになる」と主張した。


◆天皇への謝罪要求、何が間違っているのか 8月20日 朝鮮日報
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/646.html

これまで韓国の大統領や政治家は、天皇を神聖視する日本の特殊な状況を意識し、可能な限り天皇に関する発言を公の席では控えてきた。今考えれば、こちらの方がおかしなことだ。

 米国も同じだ。天皇が日本で占める立場を考慮し、戦犯の天皇には戦争の責任を問わず、日本の王室の存続を認めたのだ。

 このような背景から、昭和−今上天皇は国際社会の要求があるたびに、歴史に対する遺憾の意を少しずつ表明することで、責任を回避することができた。1989年に即位した今上天皇は「平成」を年号として使用している。『史記』の「内平外成」と『書経』の「地平天成」から引用した平成という言葉は「世の中と日本内外の平和を願う」という意味だ。

 このように日本の王室が訴える平和を実現するには、まずは心から過ちを認め、これに対する批判を受け入れる勇気から持たなければならない。西ドイツのブラント首相(当時)は1970年12月、ポーランドのワルシャワにあるユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した。日本もこの事実を思い起こすべきだ。天皇は決して神聖不可侵ではない。

 今上天皇は手遅れになる前に、ブラント首相のように膝をついて謝罪する写真を歴史に残すべきだ。


◆日本は歴史、国民感情、国内政治を独島問題に利用するな 8月20日 朝鮮日報
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/647.html

◆韓中日新冷戦:韓国との「外交戦争」決心した日本 8月20日 朝鮮日報
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/648.html

◆韓中日新冷戦:自衛隊統合幕僚長と米軍統合参謀議長が会談へ 8月20日 朝鮮日報
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/649.html


(私のコメント)


アメリカは戦争なしには成り立たない国家であり、世界一の膨大な戦力を維持する為には、膨大な国家予算とそれを正当化する戦争が無ければなりません。戦争のない期間が何十年も続いたら、どんなアメリカ政府でも軍縮を考えるでしょう。戦前の日本も同じであり、日清日露戦争の後は軍縮が行なわれて来ましたが、昭和になって大陸が緊張状態になると軍事予算が拡大されて、それと同時に戦争も拡大の一途をたどった。

軍人さんにとっては失業する事が何よりも恐れるべき事態であり、大正時代の軍縮ではリストラされた士官達が学校に配属されて軍事教練の教官として再就職した。アメリカでも軍縮が行なわれれば多くの軍人がリストラされて夫人や子供と共に路頭に迷わなければならなくなります。だからアメリカは朝鮮戦争、ベトナム戦争、イラク・アフガン戦争と続けて戦争している。

しかしアメリカもリーマンショックで財政が厳しくなり来年度から大幅な軍縮が予定されている。だから軍部はイランやイスラエルを挑発して戦争を煽っていますが、イスラエルやイランもバカではないから戦争はやらないだろう。イスラエルはヒズボラとの戦闘で一方的な勝利が出来ない事がわかった。イスラエルの周辺は地下要塞化されて空からの攻撃が効かなくなっている。

アフガニスタンの戦闘でも地下要塞化されたタリバンとの戦闘ではアメリカ軍は勝利なき戦いを続けている。ベトナム戦争でも地下要塞化したべトコンとの戦闘で勝てないことを悟った。いくらB52から爆弾をばら撒いても地下要塞には効果が無い。イランの軍事施設を地下要塞化しているから爆撃しても効果は限定されたものだろう。

ならば新たな戦場を求めなければなりませんが、台湾か朝鮮半島が有力な候補になるだろう。私はアメリカの台湾政策に不可解な疑問を持っていましたが、中国が経済大国化して軍事大国になれば海軍力を増強して外洋に進出してくるだろう。台湾は中国の目の前にぶら下げられたニンジンであり中国が手を出してくるのを待っていた。しかし中国は「超限戦」戦略で対抗してきて、韓国や台湾を戦わずして手に入れようとしている。

これではアメリカの海軍や空軍や海兵隊はリストラされてしまうから、今まで放置していた南シナ海の小島に中国が進出してきた事にいちゃもんをつけ始めて来た。中国のやり方は大量の漁船を送り込んで他国の沿岸を荒らしまわって追い払おうとすれば中国は軍艦を出してくる。それで小さな小島を占領して領海を広げて行く。その原型となったのが竹島であり、無人島に人を送り込んで領有を宣言すればそれが通る事がわかってきた。

アメリカは竹島問題でも中立を保って関与しない政策をとっている。韓国が竹島をとってもアメリカは中立だから。中国は南沙諸島や西沙諸島を分捕って領有化している。それと同じやり方を尖閣諸島にも適用しようとして来るだろう。このようなやり方が通用するようになれば世界中の海の無人島が分捕り合戦になり大変な事になる。

地球の三分の二が海であり、無数の無人島がありますが、勝手に漁船が乗り込んで島に国旗を立てて俺の島だという事が通用するはずが無いのですが、中国人や韓国人はその常識が通用しない。アメリカ海軍は中立を保って見ているのは思惑が有っての事だろう。最近では世界の海の海底資源が話題になっていますが、一つの島を領有すれば周囲の海が経済水域となり海底資源が手に入る。

しかし他国が領有する無人島に勝手に乗り込んで国旗を立てて自国のものだと言う事が通用しないのは明らかですが、中国は強大な海軍力を持ちつつあるから、フィリピンやベトナムやマレーシアは泣き寝入りだ。中国にとって問題なのは日本ですが、韓国が勝手に竹島を領有しても動かないのを見て尖閣諸島を取りに来た。中国の支配下になった台湾が尖閣は我が国のものだと主張し始めた。

中国がずる賢いから直接出ることはせず、韓国や台湾を使って島を領有させて日本と同盟国のアメリカとの直接対立になるのを避けている。沖縄には米軍基地があるから南シナ海のようには行かないからだ。そこにオスプレイが配備されれば状況が一変してしまう。アメリカが意図しているのは島の領有権問題が世界のあちこちで起きればアメリカ海軍の存在価値が高まると言う事だ。

イギリスとアルゼンチンとの間でもフォークランド諸島の領有権問題がありましたが、アメリカは中立を保っている。いまや世界中が海底資源の争奪戦になっていますが、決め手になるのは海軍力だ。現代でこそ「海を制するものが世界を制する」のであり、16世紀から世界の覇権国家は世界一の海軍国家であり洋上通商路を確保して利益を確保して来た。

例外なのは日本のバカ海軍であり、洋上通商路確保の概念が無く艦隊決戦思想凝り固まってしまった。日本海軍には通商破壊作戦と言う概念が無く、大戦でも僅かな潜水艦でインド洋で僅かに行われただけだ。逆にアメリカの潜水艦に次々と日本の商船が沈められて負けた。フリゲート艦や護送空母といったものもなく、船団を組んでも10隻足らずの船団を護送するのがやっとの貧弱な海上護送戦力しかなかった。

だから日本では陸軍が空母や潜水艦を建造するような事が起きて、いかに海軍がバカであったかがわかります。しかしアメリカもいつまで世界最大の海軍力を維持する事ができるのだろうか? 一隻の原子力空母だけでも年間の維持費が1兆2000億円もかかりますが、これならアメリカは何もしなくても近いうちに国家破産するでしょう。そしてハワイまで防衛ラインを後退させるだろう。

韓国の竹島強奪や中国の南沙諸島強奪に見るように中国と韓国は、他国が領有する無人島を強奪しに来る国家だ。それに対してアメリカは見て見ぬふりをして戦争が起きるのを待っている。放置すれば世界中が海底資源をめぐって無人島の強奪合戦が始まるかもしれない。中国や韓国やロシアは海軍力を強化しているのは海底資源に対する野心の為であり、小さな海洋国家は島を奪われても泣き寝入りせざるを得ない。

そのような状況をアメリカ海軍は待ち望んでいるのであり、ベトナムやフィリピンやマレーシアやインドネシアはアメリカに救いを求めた。しかしアメリカは中国とは直接対決する事は無く、中国と対峙せざるを得ないのは日本だろう。アメリカ海軍にとっては日本は金のなる木であり、日清戦争も日露戦争も米英の指図のままに戦って来た。そして用が済んだら大東亜戦争で始末された。現代起きつつあるのはその再現に過ぎない。

韓国にしても1000年ものあいだ中国の属国であり、こき使われて来た。元寇の役でも駆り出されたのは朝鮮の兵であり、今でも中国の経済大国化で韓国は中国に組み込まれつつある。李大統領の竹島訪問も中国に言われてやったことなのだろう。ニュースを分析すればそう読める。韓国の内政上の問題とする意見もあるが、尖閣の動きからも連携しているのは明らかであり、天皇謝罪発言も中国と連携した発言だろう。つまり中国と韓国は既に一体化してしまっている。

(長くなったので今日はこれで終わり)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月21日 15:40:03 : FGnOQRqLW9
ブラントはあくまでも「ユダヤ人迫害」を謝罪したのであってポーランドに謝罪したわけでもないし、何よりも帰国後には
「戦後のドイツ人の旧東部ドイツ領からの追放という不正はいかなる理由があろうと正当化されることはありません(白水社「過去の克服 ヒトラー後のドイツ」より引用)」」
と述べてポーランドのドイツに対する加害行為を批判し、ポーランドに対しては罪の相殺を図っている人間なんだが。
(だから一時期もてはやしていた朝日新聞などでも今ではほとんど取り上げられない)
韓国側がこういうからには日本もブラントを見習い、韓国の加害行為を批判して、罪の相殺を図るべきだな。

02. 2012年8月21日 15:55:57 : pDTJ60heqw
(私のコメント)はアメリカ情報機関の意向を汲んで垂れ流されたウソウヨ評論家達のコピー、口真似にしか見えないけど。

逆に言うと、仮に日本の従米保守雑誌や産経新聞の論説を韓国語配信したら、韓国版のTORAさんがあちらの国内限定でうける同様の行為をするのは容易に想像出来る。

不毛だよ。



03. 2012年8月21日 16:26:51 : zM7z6jZvkg
Tora, この執拗さが半島そのものなんだよ。もうやめろ。浅ましい。君たち”韓”に日本統治は不可能だ。 東日本大震災につけこんだ嫌がらせの正当化は虚しいだけだ。逆に李がやったり言ったりしたことは、戦後60余年の朝鮮の非礼を日本人の寛容の中に知らしめ、正しい方向に目を開かせるものになる。

半島の言い伝え。”外で殴られ、家で女房を殴る”。 嗚呼、むべなるかな。


04. 2012年8月21日 16:49:05 : jjb9WPbo0c
板違いじゃないか。
朝鮮日報は

05. 2012年8月21日 16:56:33 : bgSVAa2qoA
なんか時代錯誤だよな。ひざをついて謝罪なんて。もう半世紀以上も前のことだろ。
もし時間なんか関係ないというのなら、蒙古襲来のとき尖兵となった朝鮮人どもは日本人に謝罪せよ。てことになる。
つまりさきに侵略したのは朝鮮人どもだ、とも言える。
朝鮮人のしつこさを敷衍すればそうなるのだ。
まさかいまさら蒙古襲来を謝罪しろとはいわない。同じように半世紀以上もまえのできごとを、陛下の代もかわっているのに
「ひざまずいて謝罪しろ」って一国のいうことか? 恥を知れといいたい。

06. 2012年8月21日 17:06:54 : ehliXS69QE
朝鮮に独立運動なんてあったのかね?アンジュングンみたいな個人的なテロリストは居ただろうけど。
フランスのレジスタンスみたいに組織的にサボタージュをやったわけでもないし、パルチザンみたいにゲリラ戦をしてたわけでもない。
独立運動?お得意の捏造だろう。

07. 2012年8月21日 17:15:59 : Op2sM8LHZQ
 土下座とか、膝をついて謝罪しろとか、時代錯誤な表現だ。
ま〜、日本の新聞社もアメ公の命令に従って、情報操作で紛争を煽っているが・・・ね。
韓国人は、今の日本を未だに戦前の記憶と目線でしか見ていないな。日本は李王朝からの依頼で統治し、当時、乞食が住むような不潔で薄汚い朝鮮を、朝鮮人のために数多くの社会的インフラを構築しただけなのにな!
 今、アジアで紛争を起こして何を得たいのか全く訳が分らない。何時までも反日、反日で進歩がない国家だ。
 昨年10月に提携した「日韓スワップ」を中止すると、韓国経済は一気にどん底に落ち込むがそれで良いのかな?

08. 2012年8月21日 18:46:45 : PRrO3CR7Lc
アメリカは戦争なしにはやっていけない国という指摘は正しい。 正しくは、産軍共同体が牛耳っているアメリカと言うべきだろう。 ロッキード・ボーイングなどの軍需産業は軍事予算が削られる結果、倒産寸前の状態じゃないか。 戦争を欲するのはアメリカの軍需産業だけじゃない。 ヨーロッパやロシアも同じような状態だろう。 彼らから見れば日中や日韓で戦争が起きるなら、まさにこの上ないおいしい話。 出来ればクリスマス以前に始まってくれることを祈っているだろうよ。 N.T

09. 2012年8月21日 20:30:23 : ZxsdWdt64w
領土紛争の主役はテロリカだ。
日台中韓露は脇役に過ぎない。
これらの国民はこれからどんな事が
起きても戦争だ等と馬鹿を絶対に言わない事だ。
もし、感情任せに頭がカッカして
戦争しろなどと言ってはいけない。
感情に走ったら人類が終わるぞ。
ダメリカCIAは飼い犬、飼い豚を使い
あらゆる手段を使い戦争を
仕掛けてくるから彼らの挑発には乗らない事だ。
常に冷静でいる事が自分と愛する
家族を救い人々を救う事になるのだ。

10. 2012年8月21日 20:31:14 : mhCaiFHwiA
韓国も米国の植民地状態だろう、なんで隣国なのに反日、反日て言うの、ともに米国の植民地状態から脱すべく協力することが大事。 好き嫌いはあろうが隣国だから、お互いうまくやっていくべき。 お互い米国のぽち(飼い犬)状態から抜け出しましょう。

11. 2012年8月21日 21:20:41 : vQbBv9OPUk
> 西ドイツのブラント首相(当時)は1970年12月、ポーランドのワルシャワにあるユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した。

韓国大統領は在日韓国・朝鮮人を日本へ押し突け、生活保護費を支給させて知らんぷりをしている。本来、生活能力のない朝鮮人を養う義務は韓国政府にあり、日本政府にはない。

李承晩は、李承晩ラインを勝手に設定し、日本海の公海での漁業を、韓国籍以外の漁船で行うことを武力で強制的に締め出し禁止した。これに違反したとされた日本漁船は韓国側による臨検・拿捕・接収し、乗組員が銃撃され、殺害される事件が起こった。
日韓基本条約締結の際の日韓漁業協定の成立(1965年)でラインが廃止されるまでの13年間に、この韓国政府の不法行為により、日本人抑留者は3929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた。抑留者は6畳ほどの部屋に30人も押し込まれるなどの劣悪な抑留生活を強いられ、抑留期間も数年間におよんだ[注]。

この李承晩ラインの設定により、韓国政府は竹島を不法占拠し今日に至っている。不法行為・侵略政策を行っている韓国政府は日本政府に膝をついて謝罪し、速やかに竹島を日本へ返還すべきである。また、強制連行されたと大嘘を吐いて日本に居座っている韓国・朝鮮人を韓国政府は引き取るべきであり、今まで日本に押し付けてきたことを日本に膝をついて謝罪し、日本政府が負担してきた費用を日本へ返還すべきである。

[注] 李承晩ライン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%89%BF%E6%99%A9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3
李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人472人を放免し、在留特別許可を与えた。一方、韓国政府は日本人抑留者の返還には同意したが、日本政府が摘発した韓国人密入国者、重大犯罪者、政治犯等の強制送還は拒絶し、日本国内に自由に解放するよう要求した。


12. あんちっく。 2012年8月21日 21:33:40 : hrcFwVFb245Vo : QIwfX5Pggo
>10
韓国はポチであることが好きな国。
だから1000年もの間中国のポチで在り続け、中国の文化にどれほど傾倒しているかを自国民のランク付けに使ってきた国。

そんな国に独立運動なんて、ありえない。


13. 2012年8月21日 23:05:14 : a1iNOS3XDA
朝鮮、キムチ以外なにが有るの?

在日の無法生活保護費の摘発、国外追放を

法制化せよ!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧